ネット 繋がり にくい。 インターネットが繋がりにくい原因と対策【電波と天気の関係】

【eo公式】eo光ネットが突然つながらなくなったときの対処方法

ネット 繋がり にくい

対処方法を覚えておけば、ストレスが軽減! スマートフォンの利用に関しては、ニュース、メール、ソーシャルネットワークなど、通信が繋がっていることが前提で利用されるユーザーが多いと思います。 スマートフォンに保存されている音楽や写真を楽しむ場合を除いて、ネットに接続された状態で利用するのが、スマートフォンのメインの活用方法となります。 そのため、スマートフォンがネットに繋がりにくい状態になると、非常にストレスがたまります。 ネットに繋がらない状態での対処方法を覚えておくことで、ストレスを軽減できます。 圏外になってしまった場合 LTEや3Gの電波の届く場所にいる場合で、スマートフォンの電波感度表示が悪くなり、圏外になってしまう場合があります。 この場合の対処方法としては、フライトモードのオンオフを行うことで復帰する場合があります。 また、端末の再起動にて復帰する場合があります。 また、SIMカードがきちんと刺さっていないと圏外になる場合がありますので、SIMカードの挿しなおしをしましょう。 電波は繋がっているがネットに繋がらない場合 電波が繋がっており、通話はできますが、ネットに繋がらない場合があります。 この場合は、いくつか設定を見直す必要があります。 まず、モバイルネットワークがオンになっていることを確認します。 そして、通信モードを、使用している通信カードに合わせて選択します。 その後、使用しているSIMカードで利用できるアクセスポイント名(APN)の設定が正しいかどうか確認します。 アクセスポイント名は、プリセットされているリストから選択しますが、リストに入っていない場合は、手動で設定します。 設定の項目は、各通信会社のHPを参照しましょう。 入力項目としては、「アクセスポイント名」「ユーザー名」「パスワード」「認証方式」を設定し、保存して選択します。 アクセスポイント名を設定後、端末の再起動が必要な場合もあります。 無線LANの接続に失敗してしまう場合 無線LANの接続に失敗してしまうとオフラインになってしまいます。 この場合は、無線LANの設定をオフにして、携帯回線にて接続をするようにします。 また、無線LANの電波が多く飛んでいるような場面では、接続をしても、速度が遅くなってしまう場合があります。 公衆無線LANに関しては、接続しても不安定な場合があります。 接続ユーザーが多い場所においては、特に不安定になる傾向があります。 この場合は、携帯回線を利用しましょう。 LTEと3Gの切り替えで感度が悪くなる場合 LTE通信中にLTEの電波がオフになると、3Gの電波に繋ぎにいく場合があります。 電車などの移動中によく発生します。 この場合、LTEから3Gに切り替わるときに時間がかかる場合があります。 また、3Gにうまく切り替わらずに、オフラインになってしまう場合があります。 この場合は、電波感度の良い場所まで移動しても復帰しないことがあるので、機内モード(フライトモード)のオンオフや再起動をしましょう。 端末の持ち方や方向を変更する 原始的な方法ではありますが、スマートフォンの電波感度をアップさせる方法として、端末の持ち方を変える方法があります。 スマートフォンの通信用のアンテナは端末内に内蔵されています。 内蔵されている場所は、本体の上部だったり、下部だったり、端末によって様々です。 そのため、端末を握ってしまうと感度が落ちるような場合があります。 電波感度が悪くならないように、強く握らないというのも方法です。 また、屋内などで電波感度が悪い場合は、スマートフォンの位置を少し変えるだけで、電波感度が良くなる場合があります。 少し高い位置に置いたり、テーブルの上に水平に置いたり、いろいろな置き方をすることで、改善する場合があります。 電波感度の良い端末に機種変更する 住んでいる場所によっては、通信環境が悪い場合があります。 ただ、この場合でも、機種変更をすることで改善する場合もあります。 特に、NTTドコモの回線を使用しており、山間部などで利用する場合は、FOMAプラスエリアに対応している端末を利用した方が有利となります。 まとめ 以上のように、ネットに繋がりにくい場合、いろいろな対処方法があります。 ここに記した内容は基本的な操作方法となりますので、是非試してみてください。

次の

スマホが遅い…スマホの動作が遅い原因と対処法! [スマートフォン] All About

ネット 繋がり にくい

スマホが遅い原因は何か突き止める 一口に「スマホが遅い」といっても、その症状は以下の3つに分けられます。 インターネットが遅い WebブラウザやSNSのアプリなど、ネットに接続するアプリで、データが送られてこない現象です。 スマホ自体の動作が遅い 全体的に動きが重たく感じるケースです。 個別のアプリが遅い 特定のアプリのみが反応しない、といったケースです。 順番に対処法を説明してきましょう。 <スマホの動作が遅い原因と対処法! 目次>• Webブラウザにページが表示されない、YouTubeなどの動画が再生されないなど、ネットのスピードが遅く感じられるなら、まずはスピードテストアプリで実際の速度を計測してみましょう。 普段数十Mbps出ているのに、1Mbpsを切るようであれば、何らかの原因で通信速度が遅くなっています。 Wi-Fiは一度接続すると、次から自動でつながる。 遅い公衆無線LANの接続は設定から削除しておこう(画面はiOS)。 ネットが遅いと感じる主な原因は以上の2つではないでしょうか。 もちろん、人の多く集まる場所や、時間帯によっても通信速度は変わってきます。 とくに、流行りの格安SIM(MVNO)では、大手キャリアに比べて使用している回線が細いため、場所や時間帯により低速になる傾向があります。 起動中のアプリを終了させてみましょう。 Androidの場合は、起動中のアプリが表示されている画面から、バックキーを押すことでアプリが終了します。 ホームキーを押してもアプリ自体は終了しません。 ただし、すべてのアプリがバックキーで操作で終了できるわけではありません。 電源ボタン長押しで「再起動」または「電源を切る」メニューが表示される。 iOSでは、スリープ/スリープ解除ボタンとホームボタンをアップルマークが出るまで押し続けることで再起動できる。 アンインストールでなくても、設定で「無効化」させることで、バックグラウンドでメモリーを消費することがなくなります。 また、アプリを本体メモリーからSDカードに移動させることでも、メモリー不足による速度低下を回避できます。 さらに、ホーム画面の表示も、メモリーを消費します。 使っていないウィジェットやアイコンの削除、アニメーション効果のあるライブ壁紙を静止画に変更することでも表示は速くなるでしょう。

次の

家のWi

ネット 繋がり にくい

スマホが遅い原因は何か突き止める 一口に「スマホが遅い」といっても、その症状は以下の3つに分けられます。 インターネットが遅い WebブラウザやSNSのアプリなど、ネットに接続するアプリで、データが送られてこない現象です。 スマホ自体の動作が遅い 全体的に動きが重たく感じるケースです。 個別のアプリが遅い 特定のアプリのみが反応しない、といったケースです。 順番に対処法を説明してきましょう。 <スマホの動作が遅い原因と対処法! 目次>• Webブラウザにページが表示されない、YouTubeなどの動画が再生されないなど、ネットのスピードが遅く感じられるなら、まずはスピードテストアプリで実際の速度を計測してみましょう。 普段数十Mbps出ているのに、1Mbpsを切るようであれば、何らかの原因で通信速度が遅くなっています。 Wi-Fiは一度接続すると、次から自動でつながる。 遅い公衆無線LANの接続は設定から削除しておこう(画面はiOS)。 ネットが遅いと感じる主な原因は以上の2つではないでしょうか。 もちろん、人の多く集まる場所や、時間帯によっても通信速度は変わってきます。 とくに、流行りの格安SIM(MVNO)では、大手キャリアに比べて使用している回線が細いため、場所や時間帯により低速になる傾向があります。 起動中のアプリを終了させてみましょう。 Androidの場合は、起動中のアプリが表示されている画面から、バックキーを押すことでアプリが終了します。 ホームキーを押してもアプリ自体は終了しません。 ただし、すべてのアプリがバックキーで操作で終了できるわけではありません。 電源ボタン長押しで「再起動」または「電源を切る」メニューが表示される。 iOSでは、スリープ/スリープ解除ボタンとホームボタンをアップルマークが出るまで押し続けることで再起動できる。 アンインストールでなくても、設定で「無効化」させることで、バックグラウンドでメモリーを消費することがなくなります。 また、アプリを本体メモリーからSDカードに移動させることでも、メモリー不足による速度低下を回避できます。 さらに、ホーム画面の表示も、メモリーを消費します。 使っていないウィジェットやアイコンの削除、アニメーション効果のあるライブ壁紙を静止画に変更することでも表示は速くなるでしょう。

次の