インスタ igtv 表示されない。 PCからもOKなIGTVの機能と使った感想│神らぼ

IGTVの使い方:チャンネルを作成する方法、投稿する方法、注意点

インスタ igtv 表示されない

インスタグラムには通常の投稿やストーリーズ、コレクション、タグなどいろいろな機能がありますが、検索画面の上のほうにひっそりとある「IGTV」という機能はご存知ですか? 写真を投稿したりストーリーズをアップしたりしていても、このIGTVは使ったことがない、機能を知らない、「アイコンは見たことがあるけど使い方がよく分からない」という方もいらっしゃると思います。 この記事では、Instagramで1分以上60分以下の動画をシェアできる「IGTV」の特徴や使い方、作り方、インスタ集客で活用する方法についてご紹介します。 InstagramのIGTVとは? 一般的にInstagramというと、「画像を投稿するアプリ」というイメージを持っている方が多いのではないでしょうか? 実は、アップロード後、24時間で消えてしまうストーリーズよりも、きちんとした動画をアップしてインスタ集客に活用したい方におすすめなのがIGTV機能です。 このIGTVはストーリーズほど手軽に投稿はできないものの、写真と同じ感覚で動画を投稿し、プロフィール画面から過去の動画をさかのぼって見られることが最大の特徴です。 まさに、IGTVはインスタグラムの中のYouTubeなのです。 IGTVの使い方 IGTV動画の閲覧方法 アプリの下にあるメニューから虫眼鏡のアイコンをタップして[検索]を開き、画面右上にあるブラウン管テレビのアイコンをタップして[IGTV]のメニューを表示します。 バージョンによって見え方が違います。 この画面では、フォロワーが公開している動画や、Instagramの「おすすめ動画」が表示されます。 サムネイルをタップすると動画が再生され、右から左にフリックすることで次の動画が再生されます。 IGTV動画を投稿する方法 スマホから動画をアップロードする場合、1分〜15分の間の動画を用意します。 カバーを選択する画面が表示されたら、IGTVで動画が一覧になっている時に表示されるカバー画像を動画のフレームの中から選択します。 (スマホのカメラロールに保存されている画像を設定することもできます。 タイトル• IGTVシリーズ追加• 動画を表示するSNSの設定• プレビューを投稿するか 以上の設定をします。 タイトルや詳細は動画のサムネイルの上に表示され、ユーザーが動画を見るかどうかを決める際に重要なので「わかりやすくキャッチーなタイトル」にしましょう! 通常、IGTVにアップした動画は検索画面の右上のアイコンからしか見ることができないので、ユーザーに動画をアップしたことを知ってもらうために「プレビューを投稿」をオンにしてタイムラインに表示させる設定にしておきましょう。 すべての設定が完了したら、画面右上にある「投稿する」をタップして動画を投稿します。 動画アップ後にできる操作 インスタのプロフィール画面から動画をタップし、メニューのアイコンを選択するとリンクをコピーしたり、インサント(ユーザーの反応)などを表示することができます。 この中でも特に「リンクのコピー」と「インサントの表示」という2つの機能をご紹介します。 リンクをコピーする ストーリーズで公開した動画は、InstagramのフォロワーにDMで共有することはできても、URLを取得してお店のホームページにアップしたりFacebookなど他のSNSで宣伝することはできません。 一方でIGTVでは公開した動画のURLを取得できるので、お店のホームページに埋め込んだり、QRコードを作ってパンフレットから動画を見てもらうなど、より自由に動画を見てもらうことができます。 インサントをチェックする Instagramのストーリーズや、写真の投稿など他の機能と同じように、IGTVもユーザーの行動をグラフや数値で表示してインサントすることができます。 「インサントを表示」をタップすると、以下の内容をチェックできます• 動画の再生数• いいね!数• コメント数• 平均再生率 (動画の再生回数は動画が3秒以上視聴された回数を、平均再生率は動画の再生率を指します。 ) 特に、平均再生数がグラフで表示されるので、ユーザーが離脱したタイミング(動画の視聴をやめたか)」についても詳細なデータを分析できます。 IGTV動画の保存方法 動画を再生している状態で、画面左下に並んでいる4つのアイコンのうち一番右にある「…」メニューアイコンをタップし、「保存」をタップするとIGTVの動画を保存できます。 現時点ではIGTVの動画を端末のカメラロールに保存する方法はないので、もしスマホに保存したい場合は「画面録画」の機能などを使用しましょう。 IGTVを活用した集客方法 IGTV動画で店舗への集客方法 24時間で投稿した動画が消えるストーリーズは、リアルタイムの情報をユーザーに適しています。 それに対して、IGTVは動画をアップするとプロフィールからいつでも見てもらうことができるので、お店や商品の紹介などをお知らせするのに活用できます。 メニューの紹介には画像の投稿が向いているかもしれませんが、商品を作っている様子のダイジェスト動画やお店のスタッフからのメッセージなど「過程を伝える」には動画コンテンツが適しているといえます。 例えば、レストランなら料理を作っている動画、エステなら施術を行っている動画、ラーメン屋ならラーメンを食べている動画、猫カフェなら猫と遊んでいる動画、遊園地ならアトラクションを楽しんでいる動画などなど、色々なものを動画で表現できます。 お店のジャンルや雰囲気によって具体的な活用方法は違ってくるかもしれませんが、いずれにしても動画を使うことでフォロワーの印象に残るコンテンツを作ることができます。 更に、IGTVはインスタグラムの投稿やストーリーズの投稿ではできない、詳細欄にURLを貼ることができるのです。 このURLは通常のインスタ投稿から見たときにはリンク先に飛ぶことはできないですが、「IGTV」ボタンやアプリから見ると、リンク先に飛ぶことができます。 そのため、IGTVの動画でお店や料理、施術などを紹介して、予約サイトへ誘導したり、ホームページに飛んでもらったりできるのです。 直接集客ができるので、この機能は大きいですよね! IGTV動画から他のSNSやブログへ集客する方法 次に、IGTVはYouTubeやブログなどへの集客することができます。 これは上の理由の通りですが、詳細欄にURLを貼れるので、そこで直接他の媒体へ誘導することができます。 特に、YouTubeに誘導してアクセスアップさせるのに最適で、途中までIGTVで動画を流して、全編はYouTubeに飛んで見てもらうことができます。 また、力を入れているブログやツイッターなどのSNSがあれば、そちらに誘導することもできます。 こうやってアクセスアップしたり、メイン媒体に誘導して集客したりしています。 IGTVをSNS集客する際の注意点 IGTV機能の使い方や特徴などをご紹介しましたが、実は「画像をシェアするSNS」という認識が強いInstagramにおいてIGTVは多くの人に浸透していないのが現実です。 しかし、IGTV機能を知っている人が少なくても、アップした動画はストーリーズで宣伝ができたり、インスタ投稿としてタイムラインの表示からIGTVに誘導できたりする効果があります。 IGTVをアップするときは動画を「プレビューをタイムラインに投稿する」を選択してインスタのタイムライン(フィード)にも流れるようにするのがオススメです。 まとめ この記事では、Instagramの中でも意外と活用する人が少ない「IGTV」の作成方法や使い方、集客方法、SNS運用での注意点などについてご紹介しました。 少し手間がかかるところはありますが、公開後24時間で消えてしまうストーリーズと違って、長期間にわたってユーザーに見てもらえる動画をアップできるところがIGTVのメリットです。 1分〜15分(パソコンからの投稿なら一定条件をクリアすれば1分~60分)と、インスタとしては長めの動画を公開できるので、 お店や施術などの紹介だけでなく、スタッフからのメッセージや料理を作っているシーン、施術を行っている場面など「過程を伝える」ための動画として活用してみると良いですよ! 画像・写真の共有に強いInstagramとIGTVの動画をかけ合わせて、SNS集客に活用していきましょう!.

次の

インスタの新たな動画アプリ「IGTV」が登場!YouTubeと何が違うの?使い方は?

インスタ igtv 表示されない

もくじ• IGTVのポイント 最長60分までの動画を投稿できる 『IGTV』では、最長60分までの動画を投稿できます。 ちなみに、Instagramは最大60秒、Instagram Storiesは最大15秒でした。 『IGTV』で、一気に表現できることが増えますね! ただし、 60分の動画を投稿するには、条件が2つあります。 (条件1)フォロワー数の多いアカウントであること (条件2)認証済みのアカウントであること また、パソコンからアップロードする必要があるそうです。 上記の条件を満たしていないアカウントは、 15秒~10分にする必要がありますので、ご注意ください。 その他の条件は以下のとおりです。 ファイルタイプ:MP4ファイルフォーマット アスペクト比:縦型で、アスペクト比を4:5~9:16 ファイルサイズ:(10分以内)上限650MB。 (最大60分)上限5. 4GB。 すでに多くの投稿がされており、 渡辺直美さんやひょっこりはんの作品がありました。 FacebookにIGTV動画をシェアできる 『IGTV』の動画アップロード時に、Facebookにシェアが可能です。 InstagramアカウントがすでにFacebookにリンクされている場合は、 ディフォルトでシェアがオンになっています。 シェアしたくないときには、注意が必要です。 今のところ、広告は表示されない 現時点では、『IGTV』に広告は表示されていません。 ただし、盛り上がり次第ではクリエイターのマネタイズできるようになりそうです。 広告分配モデルが確立されれば、Youtubeのように大ブームになるかも!? Instagramとデータが共有できる 『IGTV』のデータはInstagramと共有できます。 Instagramのアカウントで、『IGTV』にログインすれば、 フォロワー・フォロー中、プロフィールが共有されます。 IGTV内で動画編集はできない 『IGTV』アプリ内では、動画の編集はできません。 テロップ入れ、色味編集、長さ調整などは、 別アプリかパソコンソフトなどで編集する必要があります。 IGTVの使い方 『IGTV』の操作は、スワイプアップを多用します。 スワイプアップとは、画面下から上にスワイプする操作です。 慣れないうちは少し手間取るかもしれません。 スワイプアップでメニュー表示&動画検索 メニューを表示するには、画面下からスワイプアップ。 メニューからは、検索、投稿、IGTVの設定ができます。 画面タップで、いいね!やコメントができる 再生中に、画面をタップすると、いいね!やコメントができるようになります。 Instagramと同じアイコンなので分かりやすいです。 左右のスワイプで動画を選択できる 『IGTV』は、自動的に再生されていきます。 次の動画を見たいときは、右にスワイプ。 前の動画は、左にスワイプで、カンタンに切り替えられます。 チャンネル作成の方法(IGTVアプリから) 『IGTV』に投稿するには、まず自分のチャンネルを作る必要があります。 チャンネル作成の手順は以下のとおりです。 動画投稿の手順 1.メニューを表示します。 (画面下からスワイプアップ) 2.自分のアイコンをタップします。 3.[+(プラス)]をタップして、投稿する動画を選択します。 4.[カバーを編集]をタップすると、画像を選択できます。 カバーとは、いわゆるサムネイル写真です。 5.タイトルと説明文を入力して[投稿する]をタップします。 こちらも、私はできませんでしたが、 からも投稿ができるようです。 キッチリ編集した動画や、時間の長い動画は、 パソコンから投稿したほうが良さそうですね。 まとめ すでに、渡辺直美さん木下優樹菜さんなどいろいろな方の作品があり、 ついつい時間を忘れて見続けてしまいます。 個人的には、ゆうこすこと菅本裕子さんのつくりが参考になりました。 縦に表示されるテロップが、すごく読みやすいんです。 今までテレビや映画などで横テロップばかり見ていたので、新鮮でした! Instagramでは、「インスタ映え」という言葉ができるほどのブームですが、 『IGTV』は、どんな盛り上がりになるのか楽しみです!.

次の

IGTVの基本的な使い方について徹底解説!【インスタグラムアプリ】

インスタ igtv 表示されない

まだまだ使ってる人がそう多いとは思えないインスタグラムのIGTVですが(少なくとも僕がフォローしてる人やフォローされてる人はあまり使ってない) 最近はスマホの縦画面に最適化された動画配信サービスというのも案外便利なのかもなと思うようになってきました。 横向きの動画だったとしてもスマホ自体を横に持って観れば良いわけですもんね。 YouTubeとかアマゾンプライムビデオとかでも全画面で観る時にはそうしてますからね。 というわけで最近は横向きの動画を僕自身のアカウントやお客様のアカウントで積極的にIGTVへアップするようにしています。 特に1分以上の動画は普通の投稿としてアップすることが出来ないですから、そういう長い動画とかをアップしたい時にIGTVはなかなか良きです。 ただ、IGTVに動画をアップする際、そもそも横向きで撮られた動画は選択できない仕様になっているので、横向きの動画をIGTVにアップする時はひと工夫必要になります。 といってもアプリでサクッとやれるので非常に手順は簡単です。 動画のアイキャッチは縦向きに作ってますが、再生すると動画は横向きで表示されるのでスマホの場合には本体そのものを横向きにして観れば十分に観やすいわけですね。 僕がiPhoneで使ってるアプリ『ビデオ回転』 ちなみに僕が使ってる動画を回転させるアプリはこれです。 すいません。 最近Androidではこういった作業をしてないのでどのアプリがオススメか?紹介ができないんですが、『動画回転』などでストアを検索するといろいろ類似したアプリが出てきますので、実際にどれが使いやすいか?試してみて頂ければと思います。 アプリをとって起動したら画面左下のカメラアイコンをタップして回転させたい動画を選びます。 次の画面では右下に表示されてる「選択」をタップします。 自動でビデオが圧縮されて動画を回転させられる状態になるので、下に貼ってあるスクリーンショットのキャプションにもある通り、1. の回転アイコンをタップして動画を回転させてから、最後に一番右にある2. の保存ボタンをタップして回転させた動画をカメラロールに保存します。 これで動画の向きが変わって、IGTVにアップすることができるようになります。

次の