ヒゲダン ブラザーズ 歌詞。 【Official髭男dism/イエスタデイ】歌詞の意味を解釈!「ハローワールド」主題歌として完璧すぎる。

ヒゲダン・Pretender歌詞の意味を解釈!詐欺師の憂鬱って何?

ヒゲダン ブラザーズ 歌詞

インタビュー:宮本英夫 君はヒゲダンを見たか。 ファンクでポップでハッピーな、一発で耳に残るキャッチーな音楽性。 確かな演奏スキルと、ほっとけないフェロモンを秘めたソウルフルな歌唱力。 揃いの衣装に明るいキャラ、エンタメ度の高いライブ・パフォーマンス。 ネクスト・ブレイク候補最右翼、ヒゲダンことOfficial髭男dismのNew Digital EP「LADY」は10月13日リリース、そして東京・赤坂BLITZを含む過去最大規模のワンマンツアーは地元・島根から11月3日キックオフ。 CDデビューから約2年、ヒゲダンはいかにして多くのリスナーの愛されバンドへと成長したのか。 自分で組んだオリジナルバンドで、ワンマンツアーの初日が地元でできるのは、すごくうれしいなと思います。 東京で好きな場所とか、できました? 好きな場所ですか?よく行く場所は、近くの公園ぐらいですけど 笑。 でもやっぱり、ライブ会場とか、テレビやライブDVDとかで見た場所に行くのはすごくうれしくて、テンション上がりますね。 東京にずっと住んでると、普通だと思っちゃうんですけどね。 僕らの地元は島根県の県庁所在地・松江ですけど、ライブができる会場は、ホールも含めて両手の指で数えられるぐらいしかなくて、都内に比べれば全然なので。 そこで自分たちが、今年の6月には渋谷クアトロでやらせていただいて、次は赤坂BLITZで、やりたかった場所で一つずつやれてるのがすごく面白いし、新しい会場でライブをしたり見たりするたびに、「次はワンマンライブでここでやりたいな」と思います。 先日、日比谷の野音のイベントに出させていただいた時にも、テレビで見ていた場所だし、すごく素敵な場所だと思って、「ここでワンマンライブやらなきゃ」という感じになりましたね。 地元ではあるんですけど、僕らはまだまだなので、とりあえず中ホールから始めてみようと思ってます。 でも中ホールも、昔来られた方で言うとチャットモンチーさんとか、もっと前の世代で言うと尾崎豊さんも来たらしいです。 いろんな方がそこでやっていて、何より僕ら、部活で年に一回発表会をやっていて、それも中ホールだったんですよ。 自分が組んだオリジナルバンドで、ワンマンツアーの初日がそこでできるのは、すごくうれしいなと思います。 その、高校時代に部活をやっていた頃、藤原さんはブラックミュージックのバンドと、メタルのバンドと、二つのコピーバンドをやっていたとか。 そうですね。 ああ、それは、基本的に嫌いな音楽があんまりなくて、それが自分のいいところでもあり、悪いところでもあると思ってるんですけど。 「このアーティストが好き」といって追っかけ続けたアーティストって、実はあんまりいなくて。 ONE OK ROCKとaikoさんぐらいで。 そうですか。 あの方たちはライブが最高で、曲もすごく良くて、ずっと追っかけてるんですけど。 それ以外になると、全部の曲が好きだという感じではなくて、アルバムを全部通して聴けるアーティストはなかなかいないし。 ブルーノ・マーズとか、めちゃくちゃ大好きですけど、やっぱり飛ばしちゃう曲もあって。 全部のジャンルをしっかり音楽として成立させながら自分の色をしっかり出していく、そういうアーティストがあこがれですね。 そうなんですよ。 それで気がついたら、メタルも聴いてブラックミュージックも聴いてJ-POPも聴いて、自分の気に入ったものをたくさん聴くようになっていったので。 今でも「こういうジャンルを聴いてます」というのが、なかなか言いづらいです。 でも器用貧乏という感じじゃなくて、全部のジャンルをしっかり音楽として成立させながら自分の色をしっかり出していく、そういうアーティストがあこがれですね。 元はドラムを叩いていて、何で歌い始めたのか、僕もあんまりよくわかってなくて 笑。 ドラムをやってた時期が長くて、歌を歌い始めたのはヒゲダンを結成したぐらいの頃で。 ドラムのバンドでも、作曲をやってたんですよ。 そこで、自分が作った曲が思う通りに歌われないというストレスがあって、気がついたら自分で歌い始めていたって感じですね。 なるほど。 でもやっぱり歌は、納得のいくものを作るのがすごく難しいなと思いますね。 そもそも自分の声質について、自分の主観を取り去って考えるのがすごく難しくて。 自分の声がそんなに好きじゃないけど、素晴らしい歌を残すためにはどうすればいいんだろう?ということを、いつも考えていて、気づいたら歌のディレクションを、自分でいろいろやれるようになってきていたという感じです。 偉そうですけど、あの頃よりは、歌がものすごくうまくなってる。 あれはあれで、ライブっぽいというか、ラフな歌い方が生々しくていいんだけれど。 ありがとうございます。 うれしいです。 ありがたいことに、最近はライブで「歌唱力が高い」と言ってくださる方もいるんですけど、自分の中ではまだまだそうでもなくて。 理想に掲げているボーカリストに比べると全然まだまだなので、そこは頑張っていきたいなと思いつつ、確かに旧作から聴いていくと、歌のレベルがちょっとずつ上がってるのがわかるのも、人間味があって面白いなと思ったりします。 こうやって見てみると、ソングラインティングの面でも歌唱力の面でも、自分なりに成長していることがわかりますね。 柱に身長を刻んでる感じです。 応援したくなる。 こっちの気持ちと重ねられるので。 やりたいことも、視野が広がるにつれて変わっていってるなとすごく感じてます。 ジャズとか、昔は全然聴いてなかったジャンルを聴き始めたりして、どんどん「こういうこともやれる」と思うようになっていって。 最近はTHE ROOTSをよく聴いてるんですけど、また新たなジャンルの扉を開こうとしてますね。 今度リリースされるものも、けっこう振り幅の激しい4曲入りになっているんですけど。

次の

ヒゲダンの歌詞はなぜグッとくる? Official髭男dism「Pretender」を軸に特徴を読み解く

ヒゲダン ブラザーズ 歌詞

出典:Official髭男dism公式チャンネル 「コーヒーとシロップOfficial Video」 作詞:藤原聡 作曲:藤原聡 キャッチコピーは、「いつか一人前になるために頑張っていこう」 社会人応援ソングです。 この曲を聴いていると、凹んでいる時に優しく励ましてくれるような気持ちになります。 このMV見てると自分が営業の時を思い出して泣けてきます。 なんでこんな素敵な歌詞を書けるのだろうと思ったら、ボーカルの藤原さんは元銀行員なんだって…きっとこの曲と同じ気持ちになったのだろうなぁと勝手に思ってしまいました。 バッドフォーミー 「」 出典:Official髭男dism公式チャンネル 「115万キロのフィルムOfficial Audio」 作詞:藤原聡 作曲:藤原聡 今後は、結婚式ムービーにこの曲が使われていくだろうと安直に予想出来る程のラブソングです。 」と思っていましたが、実際聴いてみると「なんやねんこの熱いラブソングは!? 」に変わりました。 私はこの歌詞を聴いて、夏目漱石が「I LOVE YOU」を「月が綺麗ですね」と訳したという有名なエピソードを思い出しました。 異性に犬かキャットかで死ぬまで喧嘩しよう!と言われたら察してあげてください。 多分告白です。 「始発が導く幸福論」よりも遠距離の切なさをストレートに綴っています。 いや、遠距離というよりもデートが終わった後の切なさでしょうか。 恋愛マスターの方誰か教えてください。 夜に聴きたい一曲です! ブラザーズ 「」.

次の

【Official髭男dism(ヒゲダン)】メジャーデビュー2年で紅白初出場!|人気ランキング曲TOP5を紹介

ヒゲダン ブラザーズ 歌詞

diskgarage. 相手の今までの恋愛をなかったことにして自分のものにしたいという束縛にも似た熱い想い。 ボーカルであり作詞・作曲を担当している藤原聡さんはどんな想いでこの歌詞を書き上げたのでしょうか。 ここでは、藤原さん本人のコメントなどを参考に「LADY」の歌詞の意味(解釈)について考察してみたいと思います。 後半では、今後さらなるブレイクを予感させるOfficial髭男dismのメンバーについても簡単に紹介していますのでお楽しみ下さい。 スポンサーリンク Official髭男dism「LADY」の歌詞の意味(解釈)とは? 「LADY」ー Official髭男dism 作詞: 藤原聡 作曲: 藤原聡 僕らはマジックで 記憶を上書きし合った 「初めて」を独り占めしたくて 君は言ったよね 跡形もなく塗りつぶして 本当に「初めて」になれたらと そんな思いに2人して 年甲斐もなく 「アイ」とフリガナつけた 痛くて 怖くて 嬉しくて 夢みたいだね 幼くて ためらってすれ違っても愛しいのはお互い様 馬鹿みたいだね 面倒くさくて 世界で一番素敵なLADY ah いつかは慣れて 辛くもなくなるさとか 過去があるから 幸せを守れるんだとか 気付けばもう気の利いた事も言えなくなって 僕らなんて なんて小さくなってしまったのだろう 何度涙を流しても 消えない油性インクのしぶとい「アイ」が 痛くて 憎くて 情けなくて 夢みたいだね 幼くて 意地張って離れたって 寂しいのはお互い様 馬鹿みたいだね 面倒くさくて 世界で一番素敵なLADY ah 不確かで もどかしくて 耐えられないほどの想いを 生まれて 初めて 君が僕にくれた 僕は君に溺れた 夢みたいだね 幼くて ためらってすれ違っても 愛しいのはお互い様 馬鹿みたいだね 面倒くさくて 世界で一番素敵なLADY ah 夢みたいだね 幼くて 意地張って離れたって 寂しいのはお互い様 馬鹿みたいだね 面倒くさくて 世界で一番素敵なLADY ah 愛しくて 愛しくて たまらないLADY ah 世界で一番素敵なLADY ah ヒゲダンの「LADY」の歌詞の意味を紐解いていくために重要な油性の「マジック」ですが、 作詞した藤原さんはこの曲について以下のようにコメントしています。 「LADY」は恋愛の曲なんですけど、20代30代になって恋愛すると、それが初恋ということはなかなかないし、みんな気にしないと言いながらも、相手の過去のこととか、理性の裏側でこっそり気にしてるじゃないですか?そこで、 記憶というものを紙に擬態化して、二人でマジックで記憶を上書きしようとするという、そういう表現を思いついて。 「LADY」で一貫して歌われている内容は、「初めて」ではないけど、「初めてのように好きな相手に溺れていく二人」なのかなぁと思います。 上記の藤原さんのコメントからも、マジックを使ってお互いが付き合ってきた過去の人達はなかったことにしたいという想いが強く伝わってきますね。 そして、以下のように続きます。 そんな思いに2人して 年甲斐もなく 「アイ」とフリガナつけた 私がこのフリガナの「アイ」について感じたのは、愛という漢字にフリガナが必要なくらい「恋愛に対して幼い二人」を表現しているのかなということです。 もう二十歳を超えた(もしくは30代)年齢であるにも関わらず、お互いにとって「初めて」の存在でいたい。 やはりこういった初々しく思う気持ちからこのフリガナの「アイ」が来ている印象ですね。 そして、そんな好きな相手に溺れていく様子は、 気付けばもう気の利いた事も言えなくなって 僕らなんて なんて小さくなってしまったのだろ う に出ているように思えます。 最初は、相手の過去の恋愛に対して、励ますような客観的な視線があったのに、 気の利いたことさえ言えなくなるほど恋に落ちた様子が表現されてるような。。。 そうやって理解すると、歌詞の終盤にでてくる「 僕は君に溺れた」というフレーズに綺麗に結びつく気がするのです。 スポンサーリンク 二人は今も付き合っているのか? 歌詞を読んで最初に感じた印象は、一緒に居ないときでさえ想いを寄せ合っているほど恋に落ちた二人を男性側から歌っている曲に思えました。 しかし、何度か見返すうちに疑問に思えてきたのは、この二人は現在も付き合っているのかというもの。 何度涙を流しても 消えない油性インクのしぶとい「アイ」が というフレーズや、 不確かで もどかしくて 耐えられないほどの想いを 生まれて 初めて 君が僕にくれた 僕は君に溺れた というセリフは過去に大好きになった相手に対して使われてもおかしくありません。 この「LADY」はお互いに好きなんだけれども、何らかの理由で離れ離れになっていて、 その最高の女性のことが忘れられないというふうに聴いても面白いのではないかなと思います。 楢崎さん(ベース)と松浦さん(ドラム)は同じ大学の軽音楽部で、ギターの小笹(おざさ)さんは、対バンをきっかけに音楽の嗜好が合うことから意気投合し、仲良しになったそうです。 (お互い「Children Of Bodom」というメタルバンド好き) 2016年2月に上京し、バンドとしての活動を本格化させた彼らは、国民的なバンドになることを目標に掲げ『聴き手の人生とタイアップ』するというキャッチコピーのもと聴き手に寄り添った音楽を生み出してきました。 そんな彼らの音楽は2018年4月からスタートの月9ドラマ「コンフィデンスマンJP」のドラマ編成部の耳に留まり主題歌を担当するアーティストに大抜擢。 現在人気、知名度共に急上昇中の4人組グループです。 diskgarage. 藤原聡(ふじわら さとし)ボーカル&ピアノ及び、作詞作曲を担当• 小笹大輔(おざさ だいすけ)ギター担当• 楢崎誠(ならざき まこと)ベース担当• 松浦匡希(マツウラ マサキ)ドラム担当 インディーズバンドでありながら、業界のミュージシャンたちからも支持を集めているヒゲダンの4人。 2018年の彼らの飛躍に期待です。 今回は、今年大きな注目を集めそうなバンド、Official髭男dismの曲の中から、しっとりとしたバラードナンバー、「LADY」を紹介させて頂きました。 ボーカルの藤原さんは、歌い方で感情を表現しながら聴き手に届けることを意識されているそうですが、この「LADY」では、「大人なのに子供の感情が止まらないという思い」が曲の随所に詰まっているそうです。 そんな藤原さんの歌い方にも注目の「LADY」。 きっとあなたの心にも響く素敵な曲ですよ。

次の