モーセ 十戒。 モーセの十戒

モーセの「十戒」とは何ですか?

モーセ 十戒

モーセと聞けば何を思い浮かべますか? 私はやはりあの有名な海が真っ二つに割れるシーンでしょうか。 モーセが主人公となる旧約聖書の『 出エジプト記』は大きく分けると二つのテーマから構成されています。 一つ目はイスラエルの民たちを引き連れての エジプトからの脱出です。 出エジプトに関する記事はこちらをご覧ください。 そしてもう一つが、脱出後にモーセが神から授かった十の教え、所謂『 十戒』です。 今回はこの『十戒』についてお伝えさせていただけたらと思います。 モーセの十戒って何? モーセの十戒は旧約聖書『出エジプト記』20章3節から17節に登場するモーセが 神から授かった十個の規則のようなものです。 十戒の内容は神の意思が反映されていると考えられています。 モーセはこの十戒をイスラエルの民たちを連れてエジプト脱出の後にシナイ山にて、神より授かったとされています。 モーセの十戒の内容って? 神は私のみである と宣言されているのです。 唯一の神であるヤハウェに関する記事もございますので、よろしければこちらもご覧ください。 偶像を作ってはいけない あなたは自分のために、刻んだ像を造ってはならない。 上は天にあるもの、下は地にあるもの、また地の下の水のなかにあるものの、どんな形をも造ってはならない。 それにひれ伏してはならない。 それに仕えてはならない。 あなたの神、主であるわたしは、ねたむ神であるから、わたしを憎むものは、父の罪を子に報いて、三、四代に及ぼし、 わたしを愛し、わたしの戒めを守るものには、恵みを施して、千代に至るであろう。 ー旧約聖書『出エジプト記』20章4~6節 二つ目、 偶像崇拝の禁止です。 はっきりと 主であるわたしは、ねたむ神である と神様自らおっしゃっているのも少しびっくりなところです。 しかしながら、神様を愛し、戒めを守れば千代に渡って恵みを受け取れるというのも凄いですね。 とにかく徹底した神様への忠誠が大切なようです。 神の名をみだりに唱えてはいけない 三つ目、 神の名をみだりに呼ぶことの禁止です。 あなたは、あなたの神、主の名を、みだりに唱えてはならない。 主は、み名をみだりに唱えるものを、罰しないでは置かないであろう。 ー旧約聖書『出エジプト記』20章7節 名前をみだりに呼んではならないというのが、なんとなく神様の尊さを表しているような気がします。 「みだりに」と表記されているあたり、全く呼んではいけない訳ではなさそうですが、あまり呼ばない方がいいみたいですね。 安息日を守る 安息日を覚えて、これを聖とせよ。 六日のあいだ働いてあなたのすべてのわざをせよ。 七日目はあなたの神、主の安息であるから、なんのわざをもしてはならない。 あなたもあなたのむすこ、娘、しもべ、はしため、家畜、またあなたの門のうちにいる他国の人もそうである。 主は六日のうちに、天と地と海と、その中のすべてのものを造って、七日目に休まれたからである。 それで主は安息日を祝福して聖とされた。 ー旧約聖書『出エジプト記』20章8~11節 四つ目は 安息日についてです。 これは 旧約聖書『創世記』に登場する 天地創造から由来しています。 神様がこの世界を六日間で造られ、七日目に休まれたというところですね。 この天地創造の過程を知りたい方はこちらの記事をお読みください。 実はこの安息日ですが、日曜日を始まりとする週の七日目なので 土曜日なのです。 キリスト教の方が日曜日に礼拝をしているので、安息日は日曜日と思いがちですが、聖書的に言うと安息日は土曜日です。 父母を尊敬する あなたの父と母を敬え。 これは、あなたの神、主が賜わる地で、あなたが長く生きるためである。 ー旧約聖書『出エジプト記』20章12節 五つ目、 両親を尊敬しなさいとの教えです。 神様は自分のことを唯一神であり、自分を愛せと要求されますが、きちんと父母への尊敬も示さなければならないことをおっしゃっています。 その理由が「 あなたが長く生きるため」というのはなんとなく真理のような気がします。 してはいけないシリーズ あなたは殺してはならない。 あなたは姦淫してはならない。 あなたは盗んではならない。 あなたは隣人について、偽証してはならない。 ー旧約聖書『出エジプト記』20章13~15章 引用文そのままだったので、6~9つ目の教えを割愛させていただきました。

次の

出エジプト記の真実―モーセが紅海を割った奇跡や十の災いは歴史的事実か

モーセ 十戒

1.あなたは、わたしのほかに、何ものをも神としてはならない。 2.あなたは、自分のために、刻んだ像を作ってはならない。 3.あなたは、あなたの神、主の名をみだりに唱えてはならない。 4.安息日を覚えて、これを聖とせよ。 5.あなたの父と母を敬え。 6.あなたは、殺してはならない。 7.あなたは、姦淫してはならない。 8.あなたは、盗んではならない。 9.あなたは、隣人について、偽証してはならない。 10.あなたは、隣人の家をむさぼってはならない。 これが「十戒」の本文です。 「十戒」は、天地を創造された神様がイスラエルの民に、モーセを通してシナイ山で与えられた、十の戒めです。 旧約聖書の出エジプト記20章と申命記5章に記されています。 しかし、この「十戒」は、当時のイスラエルの民だけのものではありません。 あらゆる時代のあらゆる人に適用し得る人間生活の規範なのです。 最初の4つの戒めは、創造主なる神様と人間の関係についてです。 残りの6つは人間同士の関係についてです。 「十戒」は、私たちの生活の全領域に対する、創造主なる神様の関心を示しています。 神様は、家族関係、人間の生命への関心、性、財産、言葉、思いを支配する基準を定められたのです。 私たちを創造された神様が、私たちがどう行動すべきなのかを示しておられるのが「十戒」なのです。 イエス・キリスト様は「十戒」の根本精神を、2つの教えに要約されました。 「心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ」 「あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ」 「十戒」は、神様があなたに与えられたものです。 残念ながら、多くの人々はこの十戒を破り、自らに滅びを招いています。 あなたはいかがですか。 教会には、救いがあります。 ぜひ、1度お越しください。 Posted in:.

次の

モーセの十戒

モーセ 十戒

モーセは英語表記では Moses で、一般に モーゼという場合も多い。 ユダヤ教の聖典であり、キリスト教でも聖典とされる『』で、(ユダヤ人)の「」を指導し、のシナイ山で神ヤハウェから 十戒を授けられたとされているである。 イスラエルの民とユダヤ教ではアブラハムなどとともに最も重要な人物とされている。 モーセは実在したか 出エジプトの指導者モーセ(ヘブライ語で「モーシュ」)であるが、聖書以外の史料にはその名は現れず、その実在は疑わしい。 しかし、最近の研究ではモーセという名はヘブライ系ではなくエジプト系の人名であり、「これは、古代の架空の人物の命名法としてはうまくできすぎている。 それゆえ、エジプトを脱出したグループの指導者にこの名の人物がいたと言うことは、歴史的にも十分ありうることと考えられる。 」 <山我哲雄『聖書時代史・旧約編』2003 岩波現代新書 p. 30> 十戒 ヘブライ人を率いて「出エジプト」の途上にあった モーセが、シナイ半島のシナイ山で、神から授けられた戒律。 の『出エジプト記』第20章にある。 「十戒」(Ten Commandments)は以下の10ヶ条からなる。 1.汝は私の他に、何者をも神としてはならない。 2.汝は自分のために刻んだ像を造ってはならない。 3.汝は、汝の神・主の御名をみだりに唱えてはならない。 4.安息日を覚えて、これを聖とせよ。 …… 5.汝の父母を敬え。 6.汝殺すなかれ。 7.姦淫をしてはならない。 8.汝盗むなかれ。 9.隣人について偽証してはならない。 10.汝の隣人の家をむさぼってはならない。 」 この第1条に 一神教の原理、第2条に 偶像崇拝の禁止、というの特徴が現れている。

次の