きめつのやいばねずこかわいい。 鬼滅の刃でねずこが鬼化?覚醒した経緯や理由は?

竈門禰豆子 (かまどねずこ)とは【ピクシブ百科事典】

きめつのやいばねずこかわいい

無惨の回想シーン 私にはいつも死の影がぴたりと張り付いていた 私の心臓は母親の原の中で何度も止まり 生まれた時には死産だと言われ 脈もなく呼吸もしていなかった 荼毘(火葬)に付されようという際に 踠いて踠いて、私は産声を上げた 私は私が強く念じたことを必ず叶えてきた 実行してきた しかし一個体にできることは限界があった 産屋敷 お前の言ったことは正しかったと認めざるを得ない 生き物は例外なく死ぬ 思いこそが永遠であり不滅 確かにそうだった 殺した人間など誰異ゴリ覚えていない 肉体は似ねば終わり だが、どうだ 想いは受け継がれ決して滅ばず この私すらも打ち負かしたのだ 私はその事実を目の当たりにし 感動して震えた と泣く無惨 私の肉体は間もなく滅びるだろう 陽の光によって だが 私の想いもまた不滅なのだ 永遠なのだ 私はこの子供に想いのすべてを託すことにする 呼吸も心臓も停止しているが細胞全ては死滅しておらず生きている まだ間に合う 炭治郎の顔に無惨が手をかける 私の血も力も全て注ぎ込もう もしも即死を免れ、生きることができたなら…。 竈門炭治郎、お前は 陽の光をも克服し最強の鬼の王となるだろう なぜならお前は竈門禰豆子と血を分けた兄であり あの化け物と同じ呼吸を使うことができた 唯一の者 お前は死なない 私は信じる 私の夢を叶えてくれ炭治郎 お前が…。 自分の血を分け与えて崩れる無惨…。 鬼の王炭治郎 鬼滅隊メンバーの隠たちが悲しむ中 お前が滅ぼせ 私の代わりに 鬼狩りを と無惨の声で目を覚ます炭治郎 驚く鬼滅隊の隠たち 炭治郎の左腕が生える 炭治郎が鬼滅隊の隠を攻撃しようとした時 冨岡義勇が庇う 困惑する鬼滅隊の隠たち 炭治郎?なんで? 冨岡義勇が鬼滅隊の隠に離れろと叫ぶ 日が昇り鬼化した炭治郎に直撃する ぎゃあああああああ と踠き叫ぶ鬼化した炭治郎 冨岡義勇が惚けるな、離れろ!と鬼滅隊の隠たちに指示する 動ける者 武器を取って集まれー!! と隊全体に冨岡義勇が呼びかける 最凶の鬼 冨岡義勇が 炭治郎が鬼にされた 太陽の下に固定して焼き殺す 人を殺す前に炭治郎を殺せ と隊全体に指示をする 陽の光で右腕が燃える、鬼化した炭治郎 日影に隠れようとしたところを 日影にはいかせん!と冨岡義勇が脇腹を刺し食い止める ぎゃあああああああと叫ぶ、鬼化した炭治郎 一瞬遅れてたら間違いなく隠を殺していた 頼む、このまま 炭治郎のまま死んでくれ と冨岡義勇が喰い止めながら願う しかし!!!!! 鬼化した炭治郎の陽光灼けが止まった 馬鹿な 驚く冨岡義勇 鬼化した炭治郎に殴られる冨岡義勇 伊之助が鬼化した炭治郎に…。 鬼化した炭治郎が冨岡義勇を攻撃する瞬間 何してんだ!と止めに入る伊之助 失血でグラつく冨岡義勇 伊之助が鬼化した炭治郎に 半々羽織りだぞ 仲間だぞ!!と炭治郎に呼びかける 善逸も炭治郎と呼びかける しかし…。 鬼化した炭治郎はグルグルと唸り 鋭い眼光で伊之助を見る 嘘だろ、炭治郎 もうみんな戦えないよ、ボロボロで こんなのあんまりだ 禰豆子ちゃんどうするんだよ、炭治郎 と善逸が嘆く 鬼化した炭治郎が伊之助に襲いかかる 鬼化した炭治郎と伊之助が戦っている最中に 伊之助の回想シーンが流れる 俺たちは仲間だからさ 兄弟みたいなものだからさ 誰かが道を踏み外そうになったら皆で止めような どんなに苦しくても辛くても 正しい道を歩こう 善逸が炭治郎やめろと叫ぶ 俺が斬る 俺が止める、俺が…。 伊之助が決意する 一瞬、伊之助が これも食べていいよと魚を笑顔で差し出す炭治郎が思い浮かぶ 首を切り落とそうとした伊之助だが 斬れねえ だめだ炭治郎、できねえ と泣きながら止まってしまう 鬼化した炭治郎が伊之助を襲う 201話の感想・考察 無惨は生きてると思いましたが まさか炭治郎に乗り移って 炭治郎が敵になるとは思いませんでした。 それも陽の光を克服したから 日輪刀も効かない どう倒していくか気になりますね。 こうなるとまだストーリーが続くような気がします。 伊之助が炭治郎を攻撃できないところも 伊之助の人間性が出て良かったです。 次号が楽しみです! ここから私の考察になります。 伊之助に襲いかかる炭治郎ですが 伊之助には攻撃できない気がします。 炭治郎の精神と無惨が戦う感じになり 自らの攻撃を食い止めるのではないか?と思います。 ここから炭治郎と無惨の精神の中の対決という感じになり 禰豆子が何かしらのトリガーになって関わるのではないか?と思います。 どうなるか目が放せませんね!.

次の

鬼滅の刃でねずこが鬼化?覚醒した経緯や理由は?

きめつのやいばねずこかわいい

今、少年ジャンプでじわじわ人気が高まってきている「 鬼滅の刃(きめつのやいば)」。 この作品の魅力といえば、• 大正浪漫• 刀剣バトル• どくどくなギャグ• 炭治郎の真面目な性格• 善逸のヘタレっぷり• からの超強キャラ• 伊之助の被り物• 鱗滝さんと鉄穴森さんのキレっぷり などなどいろいろありますが、なんといっても・・・ ヒロインが可愛い!! でも、どんどん新キャラが登場していて、だんだんわからなくなってる人もいるんじゃないかと・・・ (ぶっちゃけ、自分も・・・) 一旦、ここらで振り返ってまとめてみましょ! 竈門禰豆子(かまどねずこ) 主人公・竈門炭治郎(かまどたんじろう)の妹。 竈門家が鬼の襲撃を受け、母と兄弟が命を落とす中、鬼化するもなんとか生き延びた。 炭治郎に残されたたった1人の家族であるため、炭治郎からは大事にされてる。 まずは、禰豆子から。 その後 話せるようになった。 常に笑顔でいるのも、カナエが大好きだと言った自分の笑顔を絶やさないでいるため。 童摩と戦った末に亡くなる。 入隊した理由は「添い遂げる殿方を見つけるため」。 捌杯娘で、女性らしく、華奢に見える肉体には筋肉が詰まっている。 2歳の頃、弟を身籠っていた母を気遣い、漬け物石を持ち上げた。 その道中にカナエとしのぶに出会う。 最終選別の時には、土埃1つ付けなかった実力者であり、しのぶの継子。 童摩と戦ってしのぶが亡くなった際、怒りを現にした。 普段は医師として活動し、禰豆子を人間に戻すための研究をしている。 その後、ついに「鬼を人間に戻す薬」を完成させる。 愈史郎を鬼にしたのは、珠世である。 狭霧山で炭治郎を指導した。 実は既に亡くなっていた。 「私達、鱗滝さんが大好きなんだ」が口癖。 いつもニコニコ笑っている。 「死ぬほど鍛える、結局それ以外に出来ること無いと思うよ。 」など、少し脳筋な場面も。 鬼への恐怖から戦いに行けなくなり、蝶屋敷で働いている。 以前は自身の事を「私は最終選別でも運よく生き残っただけ、後は戦いに行けなくなった腰ぬけなので。 」と言っていたが、炭治郎に励まされ、今は少し自信が持てている様子。 この3人はいつも仲良し。 童摩によって惨殺され殉職。 花の呼吸の使い手。 ふわふわした雰囲気で、しのぶの笑顔が大好き。 「鬼と人間が仲良くなる事」を夢見ていた。

次の

みんな可愛い!「鬼滅の刃」のヒロインをまとめてみた

きめつのやいばねずこかわいい

長い髪の数か所を部分的に結び額を出し、麻の葉文様の着物にの帯を締めた少女。 家族と共に慎ましやかながらも幸せな生活を営んでいたが、唐突に、そして理不尽に訪れた残酷な災厄により人ならざる となってしまう。 人を喰らう鬼としての業に抗い、兄と共に人を護りながら、己が人へと戻るための果てしない旅路に踏み出す。 人物 人間であった頃 竈門家六人兄妹の長女で、町でも評判の美人(美少女)であった。 その容姿の美しさは、炭治郎の同期隊士・の目には輝いて映るほど。 内面は家族想いの優しい少女であり、行商に赴く長男・炭治郎に次いで、家庭で母親と共に弟妹たちの面倒を見る役目を担っていた。 ただ優しいだけではなく、兄に似て我が身を省みない面もあるという。 弟の竹雄の語りでは、昔小さい子にぶつかって怪我をさせたガラの悪い大人に対し、「謝ってください」と怒ったことがあるらしい。 その際に竹雄は、「 人のために怒る人は 自分の身を顧みない所があるから そのせいでいつか 大切なものを失くしてしまいそうだから怖いよ」と零している。 鬼化して直後 物語冒頭にてによってにされた直後、まさに飢えた獣として炭治郎を襲う。 しかし炭治郎からの呼びかけを受け、そこに来たと炭治郎の行動を見た禰豆子は、兄を庇う姿を見せた。 その後どうやってか義勇に無力化され、落ち着いた様子になる。 その後は簡単なコミュニケーションしか取れず、行動原理も非常に単純。 また、人を喰らわせないようにする保険として、竹製の口枷を常に噛まされている事もあり、会話も不可能。 朗らかだった表情も虚ろな眼のみとなってしまった。 指の爪は鋭く尖っている。 しかし、本人の資質によるものか意思の強さによるものかは定かではないが、人肉を喰らわずにはいられないはずの鬼としての飢餓を抑え込み、逆に鬼としての力を兄(家族)を護るために振るうという、鬼としては異端の 同族殺しとでも言うべき存在となった。 炭治郎がの徒弟となり修行を始め状況が落ち着くと、何故か禰豆子は眠り続け目を覚まさなかった。 眠り続けた2年後 炭治郎が修行と試練を超え鬼殺隊の一員となり鱗滝の家へ帰ると禰豆子が目を覚ましており兄を出迎えた。 しかも「奇跡」とも言い表せられるほどに鬼としては特異な事に、人を喰らってエネルギーにする体質の代替として 鬼が本来行わないハズの「睡眠」によってエネルギーを補充するよう体質を変質させたらしく、その後戦闘行動で消耗するとよく眠り、それ以外も基本的に眠っているか赤子のようにぼーっとしているようになった。 (ただし、飢餓自体は感じているようで、切迫した状況下では人の血に涎を垂らしてしまっている。 それでも衝動を理性で抑え込んでいるため、人を傷つけたことは無い) 鬼は日光を浴びると灰化するため、移動する日中は常に炭治郎の背負う「箱」の中で眠っている。 そしてアプローチは異なるが、 に続き自力で無惨の呪いを外した鬼でもある。 戦決着後は、千年間現れる事のなかった 日光を克服した唯一の鬼となり、たどたどしくではあるが言葉を話せるようにもなった(そのため、口枷も外されている)。 精神面においては、人喰い鬼となった人間の常として記憶の混濁と幼児化が生じている。 戦闘中は鱗滝による暗示により、人間を全て「家族」と認識し 「家族を傷つける鬼を滅する」よう意識下に刷り込まれているため、自らの近くで鬼に人間が傷付けられると激昂して鬼へと襲いかかる。 しかし、自身の意志もある程度残っているようで、最愛の兄である炭治郎の言葉や導き手に従い、判断して行動する面もある。 炭治郎を除く家族たちが既に死去していることは理解しており、無惨に対する憎悪と怒りは、彼の血が濃い上弦の鬼に対しても向けられる。 戦闘以外の場面では子供のように兄に触れあって甘えることが多い。 敵対する鬼の血鬼術によって眠りから覚めない炭治郎に対してすら、そうとは理解できずに、ただ「撫でて欲しい」という幼い欲求に従って無理矢理起こそうとした挙句、爆血(後述)で兄を火だるまにするなど、浅慮な行動が目立つ。 しかしながら、累との戦い以降は比較的感情豊かになってきており、自分を傷つけ挑発したに対して プンプン怒ったり、可愛らしい金魚を見て和む姿も見られる。 また、番外編としてアニメでの次回予告で水の呼吸の型を兄のまねをしてやっていたり、骨が折れた兄を心配する様子が描かれている(喋れないので、ほとんど「う~」というような声でやり取りしている)。 余談だが、6巻のおまけページでは目にハイライトが描かれており(本編では56話から描かれるようになっている)、日に日に何かしらの変化が起きているものと考えられる。 兄と同じで、目を閉じた時に死んだ家族から言葉を貰うことがある。 そしてアニメ第19話『ヒノカミ』にて、実に 17話ぶりに言葉を発した(実際に口から発したわけではなく、技名として漫画では描かれていたものを禰豆子自身が脳内で言ったようなものである)。 また、第25話『継子・栗花落カナヲ』でのアニメオリジナルシーン(蝶屋敷の禰豆子が眠る部屋で炭治郎が禰豆子に語りかける)で、「禰豆子が人間に戻るために珠世のもとへできるだけ強い鬼の血を送らなければいけない」「…自分にそれができるのだろうか」と考え込む炭治郎。 すると「 お兄ちゃんなら大丈夫」励ます禰豆子の声が聞こえた(しかし振り向くと禰豆子は変わらず眠っており、幻聴のようなものだった)。 での立場 那田蜘蛛山にて蟲柱に見つかりその場で即処分されそうになるが、鬼殺隊の最高管理者からの指令により庇われ、禰豆子のために柱合会議が開かれた。 会議では一部の柱らから反発もあったが、• 産屋敷耀哉が炭治郎と禰豆子を現状打破の要素になり得ると判断したこと• 2年間禰豆子が人を襲ってないこと• そしてその場で不死川実弥により刺されて消耗した禰豆子が不死川の血を見ても襲わなかったこと これらが実績になり、結果 禰豆子が人を襲わない限り処分を見送ることになった。 なお、もし禰豆子が人を襲った場合はその場で炭治郎が禰豆子を処分した後、その責任を持って炭治郎もその場で自害し、並びに彼女らを鬼殺隊へ手引きした鱗滝左近次・冨岡義勇の両名も腹を切ることになっている。 竈門兄妹と一緒に行動している我妻善逸やはそうでもないが、鬼殺隊には身内やよく見知った仲間が鬼に殺されているものもいる。 柱から禰豆子への処分要求が強いのも、そういった鬼の所業を見続けたことによるものである。 能力 身体能力 鬼の基本特性としてほとんど不死身であり、日光を浴びるか、鬼狩りの振るう日輪刀で頸を撥ねられる以外は基本的に死ぬ事が無く、四肢をもがれても短時間で再生する。 ただし禰豆子本人は格闘技術を習得しているわけではなく、上述の通り複雑な思考も出来ないため、攻撃パターン自体は非常に単調で見切られ易いという弱点もある。 ただし、成人の姿は 鬼化を進行させた姿でもあるため鬼としての闘争本能が現れるようになり、体力の消耗も大きいため飢餓状態に陥りやすく、長く使っているとそれらが重なって人喰いの衝動に駆られやすくなる。 そのため最初に変身した際は、敵に重傷を負わせた後に危うく暴走しかけたが、すんでのところで炭治郎に抑えられ、母の子守唄を聴かされてなんとか落ち着く。 また、この戦いを経て力の制御を覚えたらしく、再び成人の姿となった際は暴走すること無く、更なる強敵を相手に兄と共闘している。 血鬼術 爆血(ばっけつ) 事により、血が付着した対象を焼却あるいは爆裂させる術。 その火力は鬼舞辻無惨の直属であるの鋼糸すら、滅却せしめた。 だが威力以上に、この術の最大の特徴となるのは、 人喰い鬼の細胞のみを焼却する効果である。 人間や衣類はこの炎に触れても燃えず、むしろこの火で人を包めば鬼が生み出した毒を人の体内から消滅させる 解毒効果や術の効果を弱める効果さえある。 また、鬼をこの血鬼術の火で焼くと、焼いた部分は 再生能力が鈍り中々治らなくなる効果もあり、特に再生能力が高く身体欠損すら秒で治る上弦の鬼に対しても、この火で焼けば多少は足止めすることができる。 一般の鬼に対しては未使用なのでどの程度効果があるか不明である。 血を媒介とする必然から、負傷していない状態では自身の爪で己の身体を傷つける事で発動させる。 禰豆子自身もこのエネルギー消費を本能的に理解しているようで、敵対する鬼の強さを鑑みて、可能な限り体術のみで戦おうとする傾向を見せている。 兄・炭治郎の刀に自分の血を塗り、血鬼術を発動して燃やした刀。 燃えた炭治郎の刀は黒から赤へとその色を変えた。 この状態の刀にて上弦・半天狗を斬り、その厄介な能力を一時的に鈍らせることに成功する。 ネタバレA 無限城決戦編における禰豆子 ネタバレB 鬼の首魁「鬼舞辻無惨」との最終決戦及び「」。 ネタバレC。 ネタバレA 柱稽古の直前から鱗滝の元へ預けられていたらしく、珠世から寄越された 「鬼を人間に戻す薬」を投与された影響で、高熱を出して寝込んでいた。 ネタバレB その最中、父・から夢枕で 「炭治郎が危ない」と告げられた禰豆子は目覚め、拠点から飛び出していってしまう。 炭十郎の導きのままに、元柱の鱗滝すらも追い付けない程の速さで疾走し、鬼殺隊が交戦している市街地が見えてくる頃には、 瞳が人間であった頃のそれに戻り始めていた。 禰豆子が戦闘に主に用いる手段は蹴りである。 慎ましく和服に身を包んだ美少女は、戦闘時にはその美脚を惜しみなく曝け出す。 惜しみなく。 ファンの間でたびたびその(鬼の頚を捻じ切るほどの)健脚が話題に挙がるが、劇中である大正時代(特に農村部)の女性は下着を着用しないのが一般的であったため、 である可能性が高い(半天狗戦では、臀部が描かれたコマがある)。 『もう一人の主人公』 物語が進むにつれ炭治郎の血筋の特異性に焦点が当てられるようになるが、当然妹である禰豆子も同じ血筋を受け継いでおり、それが彼女の特異性に関連している可能性がある。 PC上の表示 正確には、禰豆子の「禰」の字は、しめすへんが「礻」となる。 しかし現在のJISでは正しい字形が示となっているため、Unicodeの異体字セレクター対応の環境でなければ、本来の字形で表示できない。 「礻爾豆子」とは書けるが見た目においても、検索性においても推奨されない。 フォントによっては礻で表示される場合がありえる反面、異体字セレクターに対応していないソフトは多く、フォントも異体字セレクターに対応していないフォントがある。 なお、「禰」の字形が現在のものになったのは1983年のJIS83、同じJIS83では「竈」と「竃」が入れ替えられている。 1900年頃に生まれた(と思しき)禰豆子が長生きすれば困惑していただろうか…。 関連イラスト.

次の