ラブライブ 面白い。 『ラブライブ!』は面白いけど『ラブライブ!サンシャイン!! 』が面白くない気がするのはなぜだろう……

ラブライブ!サンシャイン!は面白いと思いますか?私はμ'sの頃...

ラブライブ 面白い

皆さん、こんにちは。 でぶライフ!木賃ふくよし 芸名 です。 本日は ラブライブ! って作品の話をする訳ですが、割とその悪口になってしまうので、 ラブライブ! が好きな人はゲラウヒア。 ブラウザの戻るボタンを押してください。 押して? お願いだから。 何故かワタクシ、アニメ好きだと思われがちなのですが、実は アニメはほとんど観ません。 別にアニメが嫌いな訳ではなく、 面白い作品なら別に、漫画でもドラマでも映画でもアニメでもゲームでも気にしない感じなので、良くも悪くも、 アニメだから観るとか、アニメだから観ないってのがない感じです。 ただ、ドラマやアニメは 視聴時間が長くなりがちなので、ぶっちゃけ観てる時間がない。 なので、集団芸術で基本的に2時間で終わる映画を好む傾向はあります。 ただ、これは歌でも映画でも小説でも、 基本的に恋愛ものは自発的に選びません。 2人がくっつくかくっつかないかって話をダラダラやられても、あんまり面白いと思わないからです。 無論、それでも面白ければ観ますけどね。 基本は物語が面白いのが好き。 同じ恋愛ものでも、老年の恋を描くとか、変愛を描くとか、そーゆーのはテーマ次第で好んだりもします。 あと、 キャラクタ売りの作品も、あまり好きではありません。 要は、 美少女とか美少年がわんさか出てきて、特に内容がない作品に、興味をそそられません。 更に言うと、 テンプレートみたいなキャラクタが、 黒髪ロング クールで無口 ツンデレお嬢様 ロリ 活発なスポーツ少女 みたいに並べられて、 「どーせお前ら、どれかは性癖に刺さるんだろ?」的なのは好きじゃないんです。 なので、一番最初の見た目で、 女の子が5人ぐらい揃ってると、 最初のフィルタで刎ねられます。 したがって、 魔法少女とか、アイドルもの、ハーレムものは基本的に観ません。 特にハーレムもの。 ワタクシのスタンスはこんな感じです。 やけに前振りが長いのは「ラブライブ! が嫌いな人は読まないで!」って書いたら、 かえって読んでしまうファンがいるので、その人に怒られないようにする予備策に過ぎません。 なお、ワタクシは 観てもいない作品を批評するのは下劣だと考えていますので、 ラブライブ! そのものを貶すつもりがない事ははっきり宣言しておきます。 ぶっちゃけ、1話たりとも観てないし。 さて、そろそろ本題です。 とあるお客様と話してたら、 「アイドルマスター」のアニメが良い出来だった、という話になったんですよ。 ラブライブ! じゃなくて、アイマス。 まぁ、ワタクシは こっちも観てないんですが。 もう、数年前になりますので、どのアニメかは知りません。 いっぱいあるらしいので、いつのどのアニメなのかは全くわかりません。 わかっているのは、XENOGLOSSIAではないらしい事ぐらい。 アイマスの何の作品かは知りませんが、 キャラクタの心理描写や成長譚がきめ細やかで非常に良い出来だった、と褒めてらしたんですよね。 なるほど。 ぶっちゃけ、おっさんなので、 アニメ美少女がたくさん出てきても、 あんまり区別がついてないんですよね。 なので、 ストーリーがしっかりしていて、キャラクタが絵ではなく、物語や動き、演技などで描き分けられている、というのは重要。 アニメ絵の区別がだんだん付かなくなってきてるおっさんとしては、かなり重要なポイント。 そこで、ワタクシはその旨を伝えようと、こう言ったんです。 「なるほど。 ワタクシ、女の子がいっぱい出てくるアニメをさっぱり観ないんで、アイマスとかラブライブ! とかアイカツ! とか全然区別が付いてないんですよね。 特に、 ラブライブ! とか キャラクタが 全部一緒に見える んですよ。 髪型と色が 違うだけ で、、、」 そこに演技とか動きや物語が加わると、違ってくるんでしょうね。 ちゃんと観てみないと、見た目で判断しちゃいけませんなぁ。 って 続けようとしたんですが、その言葉を遮るように、お客様が言ったんです。 「ちょっと待て。 俺はラブライブ! は観てないけど、 それは乱暴で、 とても失礼な話だ。 あんたもワインを商材にしてるだろ。 我々はワインを並べられて、 この赤ワインと この赤ワインが こんなに個性に 違いがある。 って言われても、同じ赤ワインだ。 興味がない人間には同じでも、好きな人間なら、一緒にされたくはない」 って 割と本気で叱られました。 後に、 「こう続けるつもりだったんです」と弁明をし、事を荒立てる事なく済んだのですが、 ワタクシも言葉が過ぎた事を反省。 ジャンルが違うだけで、思い入れがあるものを貶されるのは、誰しも心地が良いものではありませんからね。 貶す意図がなかったとは言え、言葉選びには気を付けないと、と色々勉強になりました。 そして数日後。 そのお客様がご来店され、開口一番に言いました。 「この間は、ごめんな。 あれからラブライブ! を貶すつもりはありません。 これはあくまでお客様の意見です。 ワタクシはラブライブ! を観た事ないです。 ちなみに、 この話をラブライブ! が好きな女の子 20代 にしたんですけどね。 「そんな事ないですよ。 面白いし、ちゃんと区別つきますよ! ラブライブ! サンシャインは 髪の毛と色を シャッフルしただけ ですけど」 って言われました。 ワタクシはラブライブ! を観てませんし、ラブライブ! を貶すつもりは毛頭ありません。 アイマスやアイカツ! についても同様です。 なお、ワタクシは どんなに好きな作品であろうと、悪い部分は悪いと認めた上で、駄目な部分も包括して好きでいたい派です。

次の

アニメ『ラブライブ!』がなぜ超人気なのかその魅力を強烈なファンに聞いてみた

ラブライブ 面白い

「ラブライブサンシャインってどんなアニメ?」 「ネットで有名だけど、本当におもしろいの?」 こんにちは!くりです。 アニメ「ラブライブサンシャイン」を観たことありますか。 先日、ぼくは最近2週目が終わりました。 ラブライブサンシャインはとても面白く、時には感動させてくれます。 人生に悩んでいる、辛い時に見ると、涙してしまうことも。 ぼくの人生の一部に、ラブライブサンシャインがあると言っても過言ではありません。 そんなぼくが、ラブライブサンシャインの魅力を、観たことがない人に向けて、語っていきたいと思います。 ( 極力 、ストーリーは見えないように、そして結末は分からないように作成 しています) このように、このアニメは、アニメ好きだけが見るものではありません。 ラブライブはアニメというより、れっきとした青春劇です。 かというぼくも、普段アニメをあまり見ません。 むしろ毛嫌いしていたくらいなのですが、「ラブライブサンシャイン」に関しては、とてもハマってしまいました。 そのハマる程の魅力を、これからご紹介したいと思います。 なぜラブライブ!サンシャイン!! は面白いのか これからなぜラブライブ!サンシャイン!! は面白いのかを紹介します! 1.努力で這い上がる姿がよく描かれている。 このアニメには、テーマがいくつかあります。 その一つは、 「0から1へ、1からその先へ」です。 ラブライブサンシャインは、9人の女子高生がアイドル活動をして、高みを目指す物語です。 しかし、初めから9人集まり始めたわけではなく、元々メンバーは二人しかいませんでした。 そして、女子高生アイドルの大会、「ラブライブ!」に向けて、互いに励まし合い、練習にうちこみ、歌詞や曲、踊りなどを完成させました。 そして「ラブライブ!」予備予選大会、当日。 はじめての大会をむかえ、緊張とたたかいます。 震える体と声、そこでもお互いを励まし合い、ステージに上ります。 そして、結果は最下位。 得票数で順位が決まります。 彼女たちの得票数は 「0票」でした。 このように、物語は挫折からスタートします。 一生懸命、学校前や駅前で勧誘して、メンバーを集め、慣れない歌詞作りや、振り付けを覚えたり、作曲もしました。 そこまでしても、結果は最下位。 この結末に涙が出そうになります。 しかし、魅力的な部分はここからです。 努力を積み重ねた結果、最下位を取った人は、この次はどう行動するでしょうか。 多くの人は挫折して、その道を諦めるでしょう。 でも彼女たちは違いました。 新メンバーを加入して、さらなる曲を作り、練習をはじめます。 このように、挫折をしても諦めることはしません。 その頑張る後ろ姿に、多くの人は心打たれることが多いでしょう。 決してほわほわしたアニメではありません、スポ根アニメです。 ラジオでロンブー淳さんが、 「ルーキーズと一緒、「こんな青春を送りたかった」なんて再認識させてくれる、だから60、70歳の人にも見せてあげたい」 と言っていました。 この言葉通り、誰にでも共感できる、そして心を動かされるアニメになっています。 (ラジオ中に、68歳の父がハマりました。 というはがきが紹介されました。 世代を超えるようです。 ) 「今から0を100にするのは無理だと思う。 でも、もしかしたら、1にすることはできるかも」 1期第8話「くやしくないの?」 2.助け合う友情を教えてくれる。 芸人の有吉さんは「ワンピース」が好きだそうです。 その理由は、「友達が少ないから、ワンピースのような友達が助け合う姿が見たい」だそうです。 ぼくも友達が少ないので、 ラブライブサンシャインのような、友達と練習をして、励まし合い、目標に向かって走っていく姿を見ることがとても好きです。 作中には、メンバーが危機に陥ったり、学校が廃校になる可能性がある、などの場面が多く見ます。 そこでも、皆で意見を出し合い、協力して、解決に向かいます。 その場面を観ている時に、「こんな青春を送りたかったな~」なんて思うかもしれません。 ぼくは「ラブライブサンシャイン」を観終えた時、「自分ってちっぽけなんだな」と感想をいだきました。 そして、その感情を胸に、新たな一歩を踏み出そうとしています。 どうやら、人生までも変えてくれるそうです。 普通の皆が集まって、一人じゃとても作れない大きな輝きを作る。 1期第11話「友情ヨーソロー」 3.音楽の歌詞がとてもいい。 「ラブライブサンシャイン」の作中に出てくる曲の歌詞が、とてもいいです。 明るく、励ましてくれ、時には感動させられます。 ここでは歌詞の抜粋を紹介したいと思います。 始まった時の sunshine story ときめきずっと大事にね 夢をつかまえにいくよ! どんなことが起こるのかわからないのも、楽しみさ! 面白い、興味ある、なんて思ったらすぐに行動しよう。 そうしたら、何かが起こり、何かを変えてくれる。 未来をどうしようかな みんな夢の形を 探して 泣いたり笑ったり 未来の僕たちは きっと答えを持ってる はずだから 本気で駆け抜けて とりあえず、皆で進んでみよう。 まだ見ぬ未来、知らないことはとても恐ろしいこと、だけど皆がいるなら安心だ。 そして、きっと分かるはず。 なんて解釈をしています。 きっかけは何でもいいから 一緒にときめきを探そうよ 本当にきっかけなんて、なんでもいい。 小さなことでも人生は変わるから。 youtubeで曲を聞いて、アニメを見始めた人は多いです。 それほど、曲や歌詞が魅力的です。 ぼくが海外にいて、日本語に飢えていた時、毎日ラブライブサンシャインの音楽を聞いて、自分を励ましていました。 本当に思い出の曲です。 歌詞は畑亜貴さんが作っています。 なんと畑亜貴は、今年で53歳になるそうです。 若い人が作詞したら、もっとキラキラした歌詞になると思いますが、畑亜貴のような人生経験が豊富な方が作ると、キラキラした、そして人の心を動かす歌詞になるのですね。 「自分のことを普通だって思ってる人が諦めずに挑み続ける、それができるって凄いことよ」 2期第6話「Aqours WAVE」 4.何もないことを認めている。 ラブライブ!に出場したり、結果を出したりしていますが、元々は普通の子達でした。 作中にも「自分は普通だ」と悩んでいる姿が見受けられます。 普通の自分たちが、ラブライブ!で勝てるわけない、と葛藤します。 しかし、1期第12話「はばたきのとき」で、主人公はこう言います。 「私まだ何も見えてないんだって、先にあるものが何なのか。 このまま続けても0なのかそれとも1になるのか10になるのか。 ここでやめたら全部分からないままだって。 だから私は続けるよ、スクールアイドル!」 1期第8話「くやしくないの?」 5.「輝きたい」がテーマである。 「でもただ見てるだけじゃ始まらないって!うまく言えないけど…今しかない瞬間だから…だから輝きたい!」 1期第3話「ファーストステップ」 この作品は「輝き」がテーマになっています。 上記、ぼくが一番好きなセリフです。 限られた時間の中、精一杯もがき、輝きを見つける。 この人生において大切なことを、忘れていた人も多いと思います。 キラキラとしたアイドル物での中に見える、この人間臭さが作品の魅力の一部となっています。 「今こうしていることがたった一度きりだって分かっているから、全力になれる」 2期第11話「浦の星女学院」.

次の

【男女別】ラブライブ!好き100人が選ぶ「推しキャラ」人気ランキング2015

ラブライブ 面白い

「 」新シリーズのプロジェクトメインメンバーの名前・ビジュアルが発表され、さらにTVアニメシリーズのメインスタッフも明らかになった。 メインメンバーは5人。 (しぶや かのん)、(タン クゥクゥ)、(あらし ちさと)、(へあんな すみれ)、(はづき れん)。 キャラクターデザイン原案に 室田雄平さん、キャラクターデザインに 斎藤敦史さん、音楽担当として 藤澤慶昌さんが参加する。 「ラブライブ!」新メンバーの声優は? タイトルは?…気になっちゃう! 新シリーズではTVアニメ制作とあわせて、メインキャスト一般公募オーディション(受付終了)や、「 LoveLive! Days ラブライブ! 総合マガジン」での読者参加型の学校投票企画を継続して行っていく。 5月18日(月)発売の『LoveLive! Days ラブライブ! 総合マガジン Vol. 07』では、キャラクターやスタッフといった情報に加え、メインメンバーのプロフィールと、舞台となる新設校の学校名投票企画の結果を掲載。

次の