安心院 殺人 事件。 トラブルか強盗!?大分県宇佐市安心院町荘で山名高子さん親子が倒れているのが発見される。犯人の名前や顔画像は?

「ひぐらしのなく頃に」が殺人事件を引き起こしたのか?――東京大学特任講師・吉田正高氏に聞く: J

安心院 殺人 事件

写真はイメージです Photo:PIXTA 平成は「光市母子殺害事件」「神戸連続児童殺傷事件」など、未成年者による残忍な凶悪事件が相次いだ。 昭和末期にも「女子高生コンクリート詰め殺人」「名古屋アベック殺人」のような事件史に残る想像を絶する凄惨(せいさん)な事件が相次ぎ、そのたびに「厳罰が必要」「更生が優先」など少年法を巡る議論が起こってきた。 2016(平成28)年には18歳から選挙権が得られる改正公職選挙法が施行、民法の成人年齢も改正され22年から18歳となる。 少年法も適用年齢を引き下げる議論が法制審議会で進んでいるが、日本弁護士連合会や一部の刑法学者が反対を表明している。 少年法はどうあるべきか読者の皆様に考えていただく参考として、平成に起きた未成年事件を振り返ってみたい。 (事件ジャーナリスト 戸田一法) 死刑執行された事件も 1992年3月5日から6日にかけて、関光彦元死刑囚(事件当時19、死刑執行)が千葉県市川市のマンションに侵入し、高校1年の女子生徒(当時15)の両親と祖母、妹の4人を殺害する事件が発生した。 関元死刑囚は事件前、通りすがりの女子高生と別の女性の2人に対する強姦事件を起こしていたが、その後、暴力団組員とトラブルになり、解決金として200万円を要求されていた。 そのため、生徒手帳を見て住所と氏名を確認していた女子高生の自宅に侵入し、金品強奪を計画した。 そして、たまたま鍵が掛かっていなかった玄関ドアを開け、1人で留守番をしていた祖母を絞殺。 さらに帰宅した女子高生と母親をうつぶせにさせ、母親の背中に包丁を立て続けに5回突き刺した。 その後「気分転換に」死亡した祖母と母親のすぐ近くで、女子高生を強姦した。 さらに帰宅した父親の背後から包丁で襲い、現金と通帳を強奪。 さらに会社に置いてある通帳のありかを聞き出すと、とどめを刺した。 女子高生を連れて会社に通帳を取りに行かせた後、マンションに戻ったところ妹が泣き始めたため、背後から胸に貫通するほどの力で刺殺した。 奪った現金は約34万円、通帳額面約424万円に上った。

次の

未解決事件

安心院 殺人 事件

概要 [ ] 本作は、名探偵アティカス・ピュントがイギリスの片田舎で起こった同じ屋敷で起こった変死事件とそれに続く殺人事件を解き明かすまでを描く上巻と、アティカス・ピュントシリーズの作者アラン・コンウェイの新作『カササギ殺人事件』の失われた結末と作者の自殺に疑惑を抱いた女性編集者が自ら謎を解き明かそうと推理を繰り広げる下巻の2部構成となっている。 上巻の章題は「一羽なら悲しみ、二羽なら喜び。 三羽なら娘、四羽なら息子。 五羽なら銀で、六羽なら金。 七羽ならそれは、明かされたことのない秘密」というのになぞらえて「第一部 悲しみ」「第二部 喜び(ジョイ)」「第三部 娘」「第四部 息子」「第五部 銀」「第六部 金」となっており、「第七部 明かされたことのない秘密」が欠落したまま下巻に入る。 作者は、これまで誰もやったことがないことに挑みたかった、そのため本作は構想が浮かんでから執筆するまでに15年かかったと述べている。 また、作者はシリーズを映像化した『』の脚本家として腕を振るってきた経歴がある。 その作者による本作は、への作品でもある(参照)。 あらすじ [ ] 7月、州の片田舎にあるパイ屋敷の家政婦、メアリ・ブラキストンの葬儀がしめやかに執り行われた。 彼女は鍵のかかった屋敷の階段から落ちて死んでいるところを、屋敷の庭園管理人であるネヴィル・ブレントによって発見された。 不慮の事故死として処理されたが、その3日前、彼女は息子のロバートとの前で口論し、ロバートが「おふくろなんか、ぽっくり死んでくれたらありがたいのにな」と言い放ったことから、ロバートが彼女を殺したのではないかと、村中で噂されていた。 その噂を苦に病んだロバートの婚約者、ジョイ・サンダーリングは、名探偵アティカス・ピュントに助けを求めるが、事件でなければアティカスは自分にできることはない何もないと断る。 ところが、数日後、パイ屋敷で屋敷の主人であるサー・マグナス・パイが、玄関ホールでの剣で首をはねられて死んでいるのが発見された。 同じ屋敷内で起きた連続死に、アティカスは偶然ではないと感じ、捜査を始める。 最初の死者であるメアリ・ブラキストンは、村中の人々の秘密やゴシップを収集して日記帳に書き記しており、彼女の死に胸をなでおろした者が少なからずいることが分かった。 また、第2の死者であるマグナス・パイは、死んだメアリ以外からは誰からも好かれておらず、彼の死によって遺産相続する妻のフランシス、双子であるのに屋敷を追い出された妹のクラリッサ、マグナスに首を言い渡された庭園管理人のブレント、屋敷と牧師館の間の森を売り払って住宅地にしようとしていたマグナスに憤っていた牧師など、誰もが怪しく思えた。 しかし、メアリの葬儀に密かに訪れてひっそりと立ち去った人物、かつての夫であるマシュー・ブラキストンから、幼くして死んだメアリの次男のトムが飼っていた犬が何者かに殺されていたことや、トムが溺死した経緯を聞いたアティカスは、ついに真相に到達し、助手兼秘書のジェイムズ・フレイザーに犯人の名を告げる。 (以上、上巻) アティカス・ピュントシリーズの作者アラン・コンウェイの新作『カササギ殺人事件』の原稿を読んでいた《クローバーリーフ・ブックス》の編集者スーザン・ライランドは、アティカスが犯人の名を告げたところから先の原稿がないことに困惑する。 その後もたらされたアラン・コンウェイの自殺のニュースと、出版社の社長チャールズ宛に届いたアラン直筆の遺書。 アランは不治の病で医者から死を宣告されていたらしい。 『カササギ殺人事件』の失われた結末部分の原稿を探し回るスーザンは、やがてアランの自殺に疑惑を抱くようになる。 登場人物 [ ] 上巻 [ ] アティカス・ピュント 名探偵。。 により医師に残り3か月の余命を宣告されている。 ジェイムズ・フレイザー アティカスの助手兼秘書。 サー・マグナス・パイ。 レディ・フランシス・パイ マグナスの妻。 フレデリック(フレディ)・パイ マグナスとフランシスの息子。 クラリッサ・パイ マグナスの双子の妹。 メアリ・エリザベス・ブラキストン パイ屋敷の家政婦。 マシュー・ブラキストン メアリのかつての夫。 ロバート(ロブ)・ブラキストン メアリの長男。 自動車修理工場勤務。 トム・ブラキストン メアリの次男。 ネヴィル・ジェイ・ブレント パイ屋敷の庭園管理人。 ロビン・オズボーン 牧師。 ヘンリエッタ(ヘン)・オズボーン ロビンの妻。 エミリア・レッドウィング 医師。 アーサー・レッドウィング エミリアの夫。 エドガー・レナード エミリアの父。 元医師。 ジョージー(ジョイ)・サンダーリング ロバートの婚約者。 エミリアの診療所勤務。 ジェフ・ウィーヴァー 墓掘り。 ダイアナ・ウィーヴァー ジェフの息子アダムの妻。 ジョニー・ホワイトヘッド 骨董屋。 ジェマ・ホワイトヘッド ジョニーの妻。 ジャック・ダートフォード フランシスの愛人。 レイモンド・チャブ 警察刑事課の。 下巻 [ ] スーザン・ライランド 《クローバーリーフ・ブックス》文芸部門の編集者。 アラン・コンウェイの担当。 チャールズ・クローバー 《クローバーリーフ・ブックス》の。 ジェマイマ・ハンフリーズ チャールズの秘書。 アラン・コンウェイ 作家。 ウエストミンスター校の元教師。 メリッサ・コンウェイ アランの元妻。 フレデリック・コンウェイ アランの息子。 クレア・ジェンキンズ アランの姉。 ジェイムズ・テイラー アランの恋人。 アンドレアス・パタキス スーザンの恋人。。 ウエストミンスター校の教師でアランの元同僚。 ケイティ スーザンの妹。 マーク・レドモンド 映像関係のプロデューサー。 ジョン・ホワイト ・マネージャー。 トム・ロブスン 牧師。 ドナルド・リー ウェイター。 元作家志望。 アランに自作の構想を盗作されたと主張している。 リチャード・ロック。 サジッド・カーン 弁護師。 アガサ・クリスティへのオマージュ [ ] 上巻に登場する名探偵アティカス・ピュントは几帳面そうな小柄な男で、を生き延びてドイツからの難民としてイギリスに渡って来る前は、ドイツでは警察官として、イギリスでは私立探偵として数えきれないほどの事件で警察に協力してきたという、を彷彿とさせる設定である。 アティカス・ピュントシリーズの作者、アラン・コンウェイの仕事部屋にはクリスティ全集が置かれている。 下巻には『』と同名の章がある。 また、下巻の「作家の孫」の章では、アガサ・クリスティの実在の孫、マシュー・プリチャードが登場し 、スーザン・ライランドと「セブン・ダイヤルズ」というカクテル・バーで会っている。 さらに、「作家の孫」の章でマシュー・プリチャードはスーザンに、コンウェイの本には祖母(アガサ・クリスティ)の本から借りた人名・地名がちりばめられていると語っている。 それを聞いたスーザンは、『カササギ殺人事件』 の中で以下のような例を思い浮かべている。 サー・マグナス・パイ夫妻が宿泊していたホテル《オテル・ジュヌヴィエーヴ》は、『』に登場するホテルと同じ名前である。 ロバート・ブラキストンが喧嘩に巻き込まれた《青蛇》亭は、が住むの酒場のと同じ名前である。 レディ・パイとジャック・ダートフォードが昼食をとった《カーロッタズ》は、『』に登場する米国人女優カーロッタ・アダムズからとられたものではないか。 3時50分発の列車に乗ったジェイムズ・フレイザーが死んだ乗客に気付かなかった話は、『』を意識したものだろう。 ブラキストン一家が住んでいたシェパード農場は『』の語り手ジェイムズ・シェパード医師の名前で、レナード老医師が葬られた村の名前は同作の舞台キングズ・アボットと同じ名前である。 『カササギ殺人事件』の筋立てに古いが使われているのは、童歌が好きだったクリスティが『』や『』、『』、『』など、何度となく使った技法をなぞったものだろう。 ランキング [ ]• 海外部門 第1位• 海外編 第1位• 2019年 海外編 第1位• 2019年 海外編 第1位• 2019年 翻訳小説部門 第1位• 第10回 第1位• 第7回 第1位 脚注 [ ] [] 注釈 [ ].

次の

7年ぶり急転…「島根女子大生殺人事件」犯人が撮影したおぞましい写真(1)遺品の中に…

安心院 殺人 事件

概要 [ ] 本作は、名探偵アティカス・ピュントがイギリスの片田舎で起こった同じ屋敷で起こった変死事件とそれに続く殺人事件を解き明かすまでを描く上巻と、アティカス・ピュントシリーズの作者アラン・コンウェイの新作『カササギ殺人事件』の失われた結末と作者の自殺に疑惑を抱いた女性編集者が自ら謎を解き明かそうと推理を繰り広げる下巻の2部構成となっている。 上巻の章題は「一羽なら悲しみ、二羽なら喜び。 三羽なら娘、四羽なら息子。 五羽なら銀で、六羽なら金。 七羽ならそれは、明かされたことのない秘密」というのになぞらえて「第一部 悲しみ」「第二部 喜び(ジョイ)」「第三部 娘」「第四部 息子」「第五部 銀」「第六部 金」となっており、「第七部 明かされたことのない秘密」が欠落したまま下巻に入る。 作者は、これまで誰もやったことがないことに挑みたかった、そのため本作は構想が浮かんでから執筆するまでに15年かかったと述べている。 また、作者はシリーズを映像化した『』の脚本家として腕を振るってきた経歴がある。 その作者による本作は、への作品でもある(参照)。 あらすじ [ ] 7月、州の片田舎にあるパイ屋敷の家政婦、メアリ・ブラキストンの葬儀がしめやかに執り行われた。 彼女は鍵のかかった屋敷の階段から落ちて死んでいるところを、屋敷の庭園管理人であるネヴィル・ブレントによって発見された。 不慮の事故死として処理されたが、その3日前、彼女は息子のロバートとの前で口論し、ロバートが「おふくろなんか、ぽっくり死んでくれたらありがたいのにな」と言い放ったことから、ロバートが彼女を殺したのではないかと、村中で噂されていた。 その噂を苦に病んだロバートの婚約者、ジョイ・サンダーリングは、名探偵アティカス・ピュントに助けを求めるが、事件でなければアティカスは自分にできることはない何もないと断る。 ところが、数日後、パイ屋敷で屋敷の主人であるサー・マグナス・パイが、玄関ホールでの剣で首をはねられて死んでいるのが発見された。 同じ屋敷内で起きた連続死に、アティカスは偶然ではないと感じ、捜査を始める。 最初の死者であるメアリ・ブラキストンは、村中の人々の秘密やゴシップを収集して日記帳に書き記しており、彼女の死に胸をなでおろした者が少なからずいることが分かった。 また、第2の死者であるマグナス・パイは、死んだメアリ以外からは誰からも好かれておらず、彼の死によって遺産相続する妻のフランシス、双子であるのに屋敷を追い出された妹のクラリッサ、マグナスに首を言い渡された庭園管理人のブレント、屋敷と牧師館の間の森を売り払って住宅地にしようとしていたマグナスに憤っていた牧師など、誰もが怪しく思えた。 しかし、メアリの葬儀に密かに訪れてひっそりと立ち去った人物、かつての夫であるマシュー・ブラキストンから、幼くして死んだメアリの次男のトムが飼っていた犬が何者かに殺されていたことや、トムが溺死した経緯を聞いたアティカスは、ついに真相に到達し、助手兼秘書のジェイムズ・フレイザーに犯人の名を告げる。 (以上、上巻) アティカス・ピュントシリーズの作者アラン・コンウェイの新作『カササギ殺人事件』の原稿を読んでいた《クローバーリーフ・ブックス》の編集者スーザン・ライランドは、アティカスが犯人の名を告げたところから先の原稿がないことに困惑する。 その後もたらされたアラン・コンウェイの自殺のニュースと、出版社の社長チャールズ宛に届いたアラン直筆の遺書。 アランは不治の病で医者から死を宣告されていたらしい。 『カササギ殺人事件』の失われた結末部分の原稿を探し回るスーザンは、やがてアランの自殺に疑惑を抱くようになる。 登場人物 [ ] 上巻 [ ] アティカス・ピュント 名探偵。。 により医師に残り3か月の余命を宣告されている。 ジェイムズ・フレイザー アティカスの助手兼秘書。 サー・マグナス・パイ。 レディ・フランシス・パイ マグナスの妻。 フレデリック(フレディ)・パイ マグナスとフランシスの息子。 クラリッサ・パイ マグナスの双子の妹。 メアリ・エリザベス・ブラキストン パイ屋敷の家政婦。 マシュー・ブラキストン メアリのかつての夫。 ロバート(ロブ)・ブラキストン メアリの長男。 自動車修理工場勤務。 トム・ブラキストン メアリの次男。 ネヴィル・ジェイ・ブレント パイ屋敷の庭園管理人。 ロビン・オズボーン 牧師。 ヘンリエッタ(ヘン)・オズボーン ロビンの妻。 エミリア・レッドウィング 医師。 アーサー・レッドウィング エミリアの夫。 エドガー・レナード エミリアの父。 元医師。 ジョージー(ジョイ)・サンダーリング ロバートの婚約者。 エミリアの診療所勤務。 ジェフ・ウィーヴァー 墓掘り。 ダイアナ・ウィーヴァー ジェフの息子アダムの妻。 ジョニー・ホワイトヘッド 骨董屋。 ジェマ・ホワイトヘッド ジョニーの妻。 ジャック・ダートフォード フランシスの愛人。 レイモンド・チャブ 警察刑事課の。 下巻 [ ] スーザン・ライランド 《クローバーリーフ・ブックス》文芸部門の編集者。 アラン・コンウェイの担当。 チャールズ・クローバー 《クローバーリーフ・ブックス》の。 ジェマイマ・ハンフリーズ チャールズの秘書。 アラン・コンウェイ 作家。 ウエストミンスター校の元教師。 メリッサ・コンウェイ アランの元妻。 フレデリック・コンウェイ アランの息子。 クレア・ジェンキンズ アランの姉。 ジェイムズ・テイラー アランの恋人。 アンドレアス・パタキス スーザンの恋人。。 ウエストミンスター校の教師でアランの元同僚。 ケイティ スーザンの妹。 マーク・レドモンド 映像関係のプロデューサー。 ジョン・ホワイト ・マネージャー。 トム・ロブスン 牧師。 ドナルド・リー ウェイター。 元作家志望。 アランに自作の構想を盗作されたと主張している。 リチャード・ロック。 サジッド・カーン 弁護師。 アガサ・クリスティへのオマージュ [ ] 上巻に登場する名探偵アティカス・ピュントは几帳面そうな小柄な男で、を生き延びてドイツからの難民としてイギリスに渡って来る前は、ドイツでは警察官として、イギリスでは私立探偵として数えきれないほどの事件で警察に協力してきたという、を彷彿とさせる設定である。 アティカス・ピュントシリーズの作者、アラン・コンウェイの仕事部屋にはクリスティ全集が置かれている。 下巻には『』と同名の章がある。 また、下巻の「作家の孫」の章では、アガサ・クリスティの実在の孫、マシュー・プリチャードが登場し 、スーザン・ライランドと「セブン・ダイヤルズ」というカクテル・バーで会っている。 さらに、「作家の孫」の章でマシュー・プリチャードはスーザンに、コンウェイの本には祖母(アガサ・クリスティ)の本から借りた人名・地名がちりばめられていると語っている。 それを聞いたスーザンは、『カササギ殺人事件』 の中で以下のような例を思い浮かべている。 サー・マグナス・パイ夫妻が宿泊していたホテル《オテル・ジュヌヴィエーヴ》は、『』に登場するホテルと同じ名前である。 ロバート・ブラキストンが喧嘩に巻き込まれた《青蛇》亭は、が住むの酒場のと同じ名前である。 レディ・パイとジャック・ダートフォードが昼食をとった《カーロッタズ》は、『』に登場する米国人女優カーロッタ・アダムズからとられたものではないか。 3時50分発の列車に乗ったジェイムズ・フレイザーが死んだ乗客に気付かなかった話は、『』を意識したものだろう。 ブラキストン一家が住んでいたシェパード農場は『』の語り手ジェイムズ・シェパード医師の名前で、レナード老医師が葬られた村の名前は同作の舞台キングズ・アボットと同じ名前である。 『カササギ殺人事件』の筋立てに古いが使われているのは、童歌が好きだったクリスティが『』や『』、『』、『』など、何度となく使った技法をなぞったものだろう。 ランキング [ ]• 海外部門 第1位• 海外編 第1位• 2019年 海外編 第1位• 2019年 海外編 第1位• 2019年 翻訳小説部門 第1位• 第10回 第1位• 第7回 第1位 脚注 [ ] [] 注釈 [ ].

次の