ディープフェイク 有名人。 AIで架空の人物を生成!ディープフェイクとは?

AIで架空の人物を生成!ディープフェイクとは?

ディープフェイク 有名人

偽動画に対して「 操作されたメディア」という警告を添える。 ユーザーが偽動画だと理解した状態で投稿を見られるようにすることで、誤った情報が拡散するのを防ぐ狙いだ。 動画に添えられたツイートや投稿者情報などから、人を欺く意図があるかどうかも考慮する。 新方針の対象は「改ざん・合成されたあらゆる動画に及ぶ」(信頼・安全担当副社長のデル・ハーベイ氏)。 機械学習技術を用いて本物そっくりにしたディープフェイクのほか、視聴者に誤解を与えるために再生スピードや字幕を編集した動画も警告ラベルを付ける対象となる。 ディープフェイクの検出技術やツイッター上での専門家の指摘などをもとに偽動画を特定するという。 偽動画によって誰かに身体的な危害をもたらす要因となったり、社会に重大な混乱を招くリスクがある場合は投稿を削除する。 偽動画を巡っては2019年に、民主党のナンシー・ペロシ下院議員のスピーチの速度を変え、ろれつが回っていないように編集した動画がSNS(交流サイト)で拡散された。 ツイッターで新施策を担当するヨエル・ロス氏はペロシ氏のような例が再び起きた場合「警告ラベルを付け、ツイートの内容によっては削除を選ぶ可能性がある」と指摘した。 ツイッターは同方針の決定に先駆け、19年11月からユーザーの意見を広く募ってきた。 6500人以上から回答があり、9割近くが偽動画に警告ラベルを付けることを支持したという。 新方針は日本でも同時期に実施される。

次の

AIで架空の人物を生成!ディープフェイクとは?

ディープフェイク 有名人

ページコンテンツ• アダルト系と非アダルト系 ディープフェイク動画(deep fake)というと、アダルト・AV系が多いと言われますが、動画サイトを見ても意外に見つからない。 そりゃそうですよね。 AV動画にアイドル、有名人の顔を貼り付けたフェイク動画は法的にも問題。 訴えられる可能性があります。 やはり、違法動画は、Youtubeなどメジャーサイトでは禁止、削除されることが多いんです。 ここでは、まず非アダルト系の面白動画を紹介して、ディープフェイク動画の雰囲気をお伝えしたいと思います。 後半でアダルト・AV系のディープフェイク動画サイトの探し方を紹介します。 テレビで紹介された【ディープフェイク】動画 deep fake動画 最近はテレビでもディープフェイク(deepfake)が紹介されるようになってきました。 先日も、テレビ東京の【内村のツボる動画大賞】で、フェイク動画特集!ゴールデンタイムにこんな番組をやるとは!? ビックリです。 こういった拡散を目的とした動画はYoutubeやニコニコ動画に掲載されます。 検索ワードとしては、こんなものが考えられます。 ディープフェイク• deepfake• フェイク動画• 〇〇(人の名前)+フェイク動画 すでに沢山の動画が上がっていて、ディープフェイクでないものも多いので、具体的に人の名前を入れて検索した方が確実です。 赤ちゃんにハライチ澤部の顔を当てはめてみた!【内村のツボる動画大賞】 不気味でカワイイ。 表情が絶妙の澤部ベイビー 顔の輪郭が見えてしまってるのが、顔ズラみたいで、笑えます。 政治家はいじりやすいんですかね。 このくらいなら文句言わないだろう、ということか。 さすがに、親子で合成は、決まり過ぎです! 全然違和感がない。 小泉純一郎元首相の若かりし頃という感じです。 そんな若いころの純一郎さんって、記憶にないですけど。 アダルト・AV系ディープフェイク動画サイト deep fake サイト ではいよいよ、アダルト・AV系です。 違法すれすれ、マジ違法の動画もありますので、自己責任でお願いします。 ディープフェイク動画を個人的につくること自体は違法ではありませんが、それを誰かに見せたり、不特定多数が見られる状態にする、いわゆるサイトにアップすると、違法になる可能性が高くなります。 また、違法動画だと分かっていながら見ると、それも罪に問われる可能性があります。 ま、リスクを承知の上で、ちょっと見る感じでしょうか。 やばい画面が出たら、すぐに閉じられるように、心づもりしておきましょう。 個人情報が漏れないように、ブラウザのシークレットモードでアクセスすることもお忘れなく! ディープフェイク専門サイト(日本のアイドル、芸能人、有名人が多い) いつまで続けられるわかりませんが、専門サイトもあるようです。 こんなキーワードで検索してみてください。 frefla• フィリップ2世 直接アダルトサイトへ行って検索 海外のアダルトサイトには、多くのディープフェイク動画があります。 削除されたり、サイトが閉鎖されたり入れ替わりが激しいので、常に最新情報が必要ですね。 サイト内での検索ワードは「deepfake」やアイドル、芸能人、有名人の名前をダイレクトに指定するなど こんなサイト名を探してみてください。 Pornhub• XVideos• xHamster Twitterで検索 サイトの立ち上げ、閉鎖が激しいので、最新情報は時系列の検索が最適。 ということで、Twitterで検索していると、たまに見つかったりします。 〇〇(有名人の名前)+フェイク動画• 〇〇(有名人の名前)+deepfake動画 などで検索。 とか言っても、shigeはそんなにチェックしてませんよ~ あまり期待しないことですね。 ディープフェイク動画とは、ディープフェイク動画の作り方(解説編) ではでは~.

次の

クイズ違和感のAIで顔をノブにするアプリは?ディープフェイクがヤバすぎ|kaznaoのエントピ

ディープフェイク 有名人

NPO法人「ファクトチェック・イニシアティブ」(FIJ)が12月5日、インターネット上のフェイクをめぐるセミナーを東京都内で開いた。 セミナーでは世界中で問題視されている「ディープフェイク」がひとつのテーマとして取り上げられ、桜美林大学教授の平和博さんがその現状を語った。 平さんによると、そもそも「ディープフェイク」はハンドルネーム「deepfakes」が、2017年の秋口にAIを使った動画を掲示板「reddit」にアップしていたことが発端とされている。 エマ・ワトソンや、メイジー・ウィリアムズなどの有名女優の顔だけを、既存のポルノ動画に貼り付けたものを作成。 共有していた。 さらに2018年に入ると別のユーザーが「FakeApp」というツールを「reddit」で公開。 こうしたツールを用いたフェイク動画がポルノ動画サイトを通じ、一気に拡散したという。 日本人女優やアイドルも被害に その後、オープンソースのサービスを経由し、「ディープフェイク」のツール自体もはネット上に広がったという。 オンライン上の有料サービスも出現。 1時間あたり2ドルほどの利用料で、「顔を丸ごと交換するのに4時間」で済むようなサイトも存在する。 「お手軽に顔交換ができるようになっている」(平さん)のが現状だ。 実際、日本人女優やアイドルが被害に遭っているケースもポルノ動画のサイトでは散見される。 BuzzFeed Newsが確認しただけでも10個以上は存在し、多いものでは300万回以上再生されているものもある。 サイバーセキュリティ会社「DeepTrace」の調査(2019年10月)によると、過去7か月で1万4678のディープフェイク動画が確認された。 1年で倍増しているといい、その96%がポルノ動画だった。 ディープフェイクに特化した上位4つのポルノサイトでは、数百人の女性有名人のフェイク動画が、計1億3400万回以上も再生されているという。 平さんは「一部では一般人へのリベンジポルノの手法としても使われている。 ディープフェイクは、女性に対する人権侵害の問題になっている」と語る。

次の