精神 障害 者 手帳 3 級。 精神障害者手帳の2級と3級ではどんな違いがあるの?

精神障害者手帳3級

精神 障害 者 手帳 3 級

精神障害者保健福祉手帳の等級とは? 精神障害者保健福祉手帳の交付を行う際、各都道府県の専門機関が審査をし、障害の重さによって 1級、2級、 3級の等級に分けられて手帳に記載されます。 1級が最上位の等級になり一番重い障害で、数字が増えるごとに障害の程度は軽くなります。 また、等級によって受けられるサービスが違いますので、当事者は自分の等級をしっかりと把握しておくことが必要です。 1級の判定基準 1級の目安 精神障害が日常生活の用を弁ずることを不能ならしめる程度のもの。 他人の援助を受けなければ、ほとんど自分の用を弁ずることができない程度のもの。 入院患者においては、院内での生活に常時援助を必要とする• 在宅患者においては、医療機関等ヘの外出を自発的にできず、付き添いが必要である• 家庭生括においても、適切な食事を用意したり、後片付け等の家事や身辺の清潔保持も自発的には行えず、常時援助を必要とする• 親しい人との交流も乏しく引きこもりがちである• 自発性が著しく乏しい• 自発的な発言が少なく発言内容が不適切であったり不明瞭であったりする• 日常生活において行動のテンポが他の人のペースと大きく隔たってしまう• 些細な出来事で、病状の再燃や悪化を来しやすい• 金銭管理は困難である• 日常生活の中でその場に適さない行動をとってしまいがちである 障害の状態 精神疾患(機能障害)の状態 1、統合失調症によるものにあっては 、高度の残遺状態又は高度の病状があるため、高度の人格変化、思考障害、その他妄想・幻覚等の異常体験があるもの 2、気分(感情)障害によるものにあっては、高度の気分、意欲・行動及び思考の障害の病相期があり、かつ 、これらが持続したり、ひんぱんに繰り返したりするもの 3、非定型精神病によるものにあっては、残遺状態又は病状が前記1、2に準ずるもの 4、てんかんによるものにあっては、ひんぱんに繰り返す発作又は知能障害その他の精神神経症状が高度であるもの 5、中毒精神病によるものにあっては、認知症その他の精神神経症状が高度のもの 6、器質性精神障害によるものにあっては、記憶障害、遂行機能障害、注意障害、社会的行動障害のいずれかがあり、そのうちひとつ以上が高度のもの 7、発達障害によるものにあっては、その主症状とその他の精神神経症状が高度のもの 8、その他の精神疾患によるものにあっては、上記の1~7に準ずるもの 能力障害(活動制限)の状態 1、調和のとれた適切な食事摂取ができない 2、洗面、入浴、更衣、清掃等の身辺の清潔保持ができない 3、金銭管理能力がなく、計画的で適切な買物ができない 4、通院・服薬を必要とするが、規則的に行うことができない 5、家族や知人・近隣等と適切な意思伝達ができない 協調的な対人関係を作れない 6、身辺の安全を保持したり、危機的状況に適切に対応できない 7、社会的手続をしたり、一般の公共施設を利用することができない 8、社会情勢や趣味・娯楽に関心がなく、文化的社会的活動に参加できない(上記1~8のうちいくつかに該当 するもの) 2級の判定基準 2級の目安 精神障害の状態が、日常生活が著しい制限を受けるか、又は日常生活に著しい制限を加えることを必要とする程度のもの。 必ずしも他人の助けを借りる必要はないが、日常生活は困難な程度のもの。 付き添われなくても自ら外出できるものの、ストレスがかかる状況が生じた場合に対処することが困難である。 医療機関等に行く等の習慣化された外出はできる• また、デイケア、障害者自立支援法に基づく自立訓練(生活訓練)、就労移行支援事業や就労継続支援事業等を利用することができる• 食事をバランス良く用意する等の家事をこなすために、助言や援助を必要とする• 清潔保持が自発的かつ適切にはできない• 社会的な対人交流は乏しいが引きこもりは顕著ではない• 自発的な行動に困難がある• 日常生活の中での発言が適切にできないことがある• 行動のテンポが他の人と隔たってしまうことがある• ストレスが大きいと病状の再燃や悪化を来しやすい• 金銭管理ができない場合がある• 社会生活の中でその場に適さない行動をとってしまうことがある 障害の状態 精神疾患(機能障害)の状態 1、統合失調症によるものにあっては、残遺状態又は病状があるため、人格変化、思考障害、その他の妄想幻覚等の異常体験があるもの 2、気分(感情)障害によるものにあっては、気分、意欲・行動及び思考の障害の病相期があり、かつ、これらが持続したり、ひんぱんに繰り返したりするもの 3、非定型精神病によるものにあっては、残遺状態又は病状が前記1、2に準ずるもの 4、てんかんによるものにあっては、ひんぱんに繰り返す発作又は知能障害その他の精神神経症状があるもの 5、中毒精神病によるものにあっては、認知症その他の精神神経症状があるもの 6、器質性精神障害によるものにあっては、記憶障害、遂行機能障害、注意障害、社会的行動障害のいずれかがあり、そのうちひとつ以上が中等度のもの 7、発達障害によるものにあっては、その主症状が高度であり、その他の精神神経症状があるもの 8、その他の精神疾患によるものにあっては、上記の1~7に準ずるもの 能力障害(活動制限)の状態 1、調和のとれた適切な食事摂取は援助なしにはできない 2、洗面、入浴、更衣、清掃等の身辺の清潔保持は援助なしにはできない 3、金銭管理や計画的で適切な買物は援助なしにはできない 4、通院・服薬を必要とし、規則的に行うことは援助なしにはできない 5、家族や知人・近隣等と適切な意思伝達や協調的な対人関係づくりは援助なしにはできない 6、身辺の安全保持や危機的状況での適切な対応は援助なしにはできない 7、社会的手続や一般の公共施設の利用は援助なしにはできない 8、社会情勢や趣味・娯楽に関心が薄く、文化的社会的活動への参加は援助なしにはできない(上記1~8のうちいくつかに該当するもの) 3級の判定基準 3級の目安 精神障害の状態が、日常生活又は社会生活に制限を受けるか、日常生活又は社会生活に制限を加えることを必要とする程度のもの。 一人で外出できるが、過大なストレスがかかる状況が生じた場合に対処が困難である• デイケア、障害者自立支援法に基づく自立訓練(生活訓練)、就労移行支援事業や就労継続支援事業等を利用する者、あるいは保護的配慮のある事業所で、 雇用契約による一般就労をしている者も含まれる• 日常的な家事をこなすことはできるが、状況や手順が変化したりすると困難が生じてくることもある• 清潔保持は困難が少ない• 対人交流は乏しくない• 引きこもりがちではない• 自主的な行動や、社会生活の中で発言が適切にできないことがある• 行動のテンポはほぼ他の人に合わせることができる• 普通のストレスでは症状の再燃や悪化が起きにくい• 金銭管理はおおむねできる• 詳しくはお住いの地域の担当窓口にお問い合わせください。 自動車税、自動車取得税の減免 都道府県によって違いがありますが、東京都では 1級のみが減免の対象になります。 また、その他の障害者割引と手帳で受けられるサービスに関してはこちらの記事をご覧ください。

次の

・精神障害者保健福祉手帳の障害等級の判定基準について(◆平成07年09月12日健医発第1133号)

精神 障害 者 手帳 3 級

精神障害による障害年金1級の基本情報 障害年金1級の大まかな認定基準 身体機能の障害または長期にわたる安静を必要とする病状が、日常生活の用を弁ずることを不能ならしめる程度のもの 他人の介助を受けなければ日常生活のことがほとんどできないほどの障害の状態です。 身の回りのことはかろうじてできるものの、それ以上の活動はできない方(または行うことを制限されている方)、入院や在宅介護を必要とし、活動の範囲がベッドの周辺に限られるような方が、1級に相当します。 精神障害の種類別認定基準 : 1級 統合失調症、統合失調症型障害及び妄想性障害並びに気分(感情)障害(うつ病、躁うつ病)• 統合失調症によるものにあっては、高度の残遺状態又は高度の病状があるため高度の人格変化、思考障害、その他妄想・幻覚等の異常体験が著明なため、常時の援助が必要なもの• 例えば、家庭内の極めて温和な活動(軽食作り、下着程度の洗濯等)はできるが、 それ以上の活動はできないもの又は行ってはいけないもの。 病院内の生活でいえば、活動の範囲がおおむね病棟内に限られるもので、家庭内の生活でいえば、活動の範囲がおおむね家屋内に限られるものです。 精神障害の種類別認定基準 : 2級 統合失調症、統合失調症型障害及び妄想性障害並びに気分(感情)障害(うつ病、躁うつ病)• 統合失調症によるものにあっては、残遺状態又は病状があるため人格変化、思考障害、その他妄想・幻覚等の異常体験があるため、日常生活が著しい制限を受けるもの• 「傷病が治らないもの」については、 障害手当金に該当する程度の障害の状態であっても3級に該当します。 精神障害の種類別認定基準 : 3級 統合失調症、統合失調症型障害及び妄想性障害並びに気分(感情)障害(うつ病、躁うつ病)• 統合失調症によるものにあっては、残遺状態又は病状があり、人格変化の程度は著しくないが、思考障害、その他妄想・幻覚等の異常体験があり、労働が制限を受けるもの• 気分(感情)障害によるものにあっては、気分、意欲・行動の障害及び思考障害の病相期があり、その病状は著しくないが、これが持続したり又は繰り返し、労働が制限を受けるもの 症状性を含む器質性精神障害• 認知障害、人格変化は著しくないが、その他の精神神経症状があり、労働が制限を受けるもの• 認知障害のため、労働が著しい制限を受けるもの てんかん 十分な治療にかかわらず、てんかん性発作の「意識障害を呈し、状況にそぐわない行為を示す発作」又は「意識障害の有無を問わず、転倒する発作」が年に2回未満、もしくは、「意識を失い、行為が途絶するが、倒れない発作」又は「意識障害はないが、随意運動が失われる発作」が月に1回未満あり、かつ、労働が制限を受けるもの 知的障害 知的障害があり、労働が著しい制限を受けるもの 発達障害 発達障害があり、社会性やコミュニケーション能力が不十分で、かつ、社会行動に問題がみられるため、労働が著しい制限を受けるもの 障害年金3級の金額はいくら? 障害基礎年金3級の支給金額 障害基礎年金に3級はありません。 障害厚生年金3級の支給金額 報酬比例の年金額、または最低保証額(585,100円) 障害手当金が受給できる精神障害とは? 症状性を含む器質性精神障害で「認知障害のため、労働が制限を受けるもの」は 障害手当金に該当します。 その他の精神障害の種類は、障害手当金の認定基準が設けられていません。 また、障害手当金は、年金としてではなく 一時金として支払われます。 精神障害の場合は、身体障害などと違い、数値的な等級認定が難しく、一般的な判定の基本である日常生活や就労状況で審査が行われるため、仕事をしていることは不利に働くことが多いようです。 就労することができず障害年金を受給できた場合でも、更新時に仕事ができている事実があると、状態が良くなったと診断されて、支給停止になるケースもあります。 障害年金3級は仕事をしていても受給できる? 障害厚生年金3級では認定基準で「 労働が制限を受けるか又は労働に制限を加えることを必要とする程度のもの」とあるため、パートタイム程度でしたら仕事をしていても受給できるようです。 また、フルタイムで就労していたとしても、状況により、障害厚生年金3級を受給できたケースもあるようですので、年金事務所などで相談してみましょう。 精神障害による障害年金の更新手続きについて 更新時期はいつ? 障害年金を受給されている方は 定期的に診断書(障害状態確認届)を日本年金機構に提出する必要があります。 一般的に更新と呼ばれますが、その時期は人それぞれで、初めて更新される方は 年金証書の「次回診断書提出年月日」に更新時期が記載されています。 精神疾患で、障害の状態が変化しやすい方は毎年更新が必要になる場合もあります。 手続きの仕方 手続きの流れ 更新月(誕生月)の3ヶ月前の末ごろになると、 障害状態確認届(診断書)という書類が日本年金機構から送られてきます。 更新の手続きはその診断書を医師に書いてもらい、更新月(誕生月)までの期間の間に、所定の場所に提出するだけです。 診断書(障害状態確認届)の提出先 診断書(障害状態確認届)の 提出先は、同封の返信用封筒で日本年金機構あてに郵送、もしくは近くの年金事務所または街角の年金相談センターに提出してください。 また、障害基礎年金のみを受けている方は、お住まいの市区町村役場の窓口でも提出できます。 必要書類 障害年金の更新に必要な書類は 診断書(障害状態確認届)のみです。 障害年金の申請の時のように多くの書類は必要ありません。 結果はいつわかるの? 更新の結果は、提出月の 約3か月後に文書またはハガキで通知されます。 受給中の障害年金は、提出月から3か月後の分までは保障されており、その後の障害年金は、審査結果に応じて変更、または継続されます。 また、審査結果により 等級が変更になった場合は、「 支給額変更通知書」という書類が届きます。 障害年金と精神障害者手帳の関係について 障害年金と精神障害者手帳の等級基準は同じ? 障害年金と精神障害者手帳はそれぞれ別の制度です。 障害年金と精神障害者手帳の等級は1級、2級、3級と同じような区分になっていますが、精神障害者手帳の2級を認定されたから、そのまま自動的に障害年金も2級が認定されるというわけではありません。 あくまでも、障害年金は障害年金用の診断書を日本年金機構へ提出して審査を受ける必要があり、その結果、手帳とは違う等級で決定される可能性があります。 年金受給者は精神障害者手帳の申請、更新がスムーズ? 障害年金受給者は、精神障害者手帳の申請や更新時に障害年金証書を添付することで、医師の診断書を省略することができます。 また、精神障害で障害年金の支給が決定された後に精神障害者手帳取得の手続きをすれば、同じ等級の手帳がもらえます。

次の

・精神障害者保健福祉手帳の障害等級の判定基準について(◆平成07年09月12日健医発第1133号)

精神 障害 者 手帳 3 級

Q 最近身内になった方が、精神障害者手帳2級を持っていることを知りました。 普通に遊んでいますし、喋れます。 料理もしているし、ゲームもしています。 普通の生活はできていると思います。 仕事はできないそうです。 たまに頭が痛くなるとか。 なぜこのような質問をしているかと申しますと 子作りをしていると聞いたからです。 薬を飲んでいないなら妊娠してもいいと書いてあるサイトは見ましたが、子育ってって楽じゃないですよね。 私にも子供がいますが、やはり大変でした。 普通の人でも精神的に不安定になると思います。 ことあるごとに「鬱だから」と言ってひきこもる彼女が、このタイミングで子供を作っていいのか疑問なのです。 友人だったら応援するかもしれません。 しかし、身内となると、そうは言っていられません。 何かあった時に産まれてきた子供がかわいそうです。 中立なご意見をお願いします。 A ベストアンサー あなたの身内がどんな精神障害かは解らないですが薬で症状が和らぎ普通に生活できる人もいます。 理解あるパートナーが本人の調子の悪い時に100%面倒(家事、子育てなど)を見てくれるならまだ良いですがなかなかそういう訳にもいかないのが結婚生活だと思います。 そんな状況下で育てられたこどもは不安ですよね 2級ともなると年金が支給されるほどのかなりの重度なので一人では生活できない程度です。 自己の判断もできない状況が多々あると思われます。 そんな人が子育てはちょっと無理かな、子育てが出来るなら仕事もできるんじゃない?と思うのは当然ですよね。 私もそんな状況で子育てには賛成できません ですががやはり決めるのは本人です あなた自身がいろいろと調べた結果それを踏まえてアドバイスするのは良いでしょうがそこまでにしておいた方が良いのかもしれません。 強要すると症状が悪化するかもしれないのでなるべくその方の両親を通した方が良いかもしれない。 Q 29歳男性です。 現在うつ病で通院中で、精神21条の適 応を受けています。 原因不明の不定愁訴などで日常生活に 様々な不具合を生じています。 本日主治医に「精神障害者 福祉手帳3級」の申請をしたいと申し出た所、即座に拒否 されました。 理由は「通常の就労をしている人に交付した 事が無い」と言う事でした。 僕は通常の就労をしています が、役所や精神保健センターに確認をしましたが、通常の 就労をしている事が福祉手帳交付拒否の理由にはならない と言っていました。 主治医は保健所勤務も長い50台のベ テラン医師(精神科部長)なのですが、無下に拒否された 為に気分を害してしまいました。 通常の就労をしている事 が福祉手帳申請拒否に当たるのでしょうか。 お教え下さい A ベストアンサー 医師のいう理由は理由になりません。 日常生活に支障があり、治療によって社会生活を可能にしているのですから、就労が「手帳交付拒否」の理由というのは根拠のないことです。 実際に3級の保健福祉手帳は就労している人も交付されています。 ただ主治医の診断基準の中に手帳に該当するのは「就労できない人」という思い込みともいえる判断基準でもあるのではないでしょうか。 この思い込みを解消してもらうのはかなり困難だと思います。 複数の医師のいる所に通院してぃるのであれば、他の医師に書いてもらうという方策もありますが、実際にその医師に交付申請書を記載してもらわなければならないとしたら時間をかけて自分の気持ちを理解してもらうしかないと思います。 32条申請を受けているのであれば、(21条?)継続して通院治療を要し、精神疾患に起因する日常生活での障害があるということは認められているわけですが、保健福祉手帳の判定と程度の点でずれるという部分もあると思いますのでよく話し合ってみるしかないでしょう。 Q 鬱病にて、退職をし、症状がよくなったので、復帰しましたが、再発して現在無職です。 元SEをしていましたが、SE職種で再就職を考えると恐怖心がわいてくる為、SEではなく、他業種関連で再就職活動をしていますが、なかなか決まりません。 自分で何か、稼ぐ方法がないかも模索中です。 現在、抗鬱薬は飲んでなく、鬱症状が出た際のみ頓服でウインタミンと飲んでおり睡眠障害がある為ユーロジンを飲んでます。 鬱症状が出るのは、面接前や、一定の体力を使う(結婚式に参加や、勉強をする)などで精神的にある一定の負荷を超えた際に出ている気がします。 現在30代ですが鬱の為、今まで経験に沿った就職活動もできない状態なのですが、精神障害者手帳3級について、先生に話をした所、必要書類は書く事は出来るが、恐らく取れないだろうと回答がありました。 一応、申請はしてみようと思うのですが、以前、精神障害者手帳3級に落ちた場合の一括救済制度があるとどこかで見た記憶があります。 精神障害手帳3級に落ちた場合の救済制度をご存知の方がいらっしゃいましたが、回答お願いいたします。 Q アスペルガー症候群、不安障害、 また、手帳の診断書には書かれていませんでしたがうつ状態も持っています 、で精神障害者保健福祉手帳3級の交付を受けている者です。 質問ですが、精神障害者保健福祉手帳3級とは具体的にどのぐらいの病状で交付されるものなのでしょうか? ネットで調べてみても、 >精神状態の影響で、通常生活において制限を受ける、あるいは加える事が必要となる程度のもの。 という曖昧な表現でどの程度の病気の重さを示しているのか分かりません。 当方、就労継続支援A型作業所で就労しており、そこになんとか通える程度の病状 定期的に体調を崩してしまい、早退や欠勤をすることがあります なのですが、精神障害者保健福祉手帳3級では就労は可能なのでしょうか? 漠然とした質問で申し訳ないですが、回答いただけると嬉しいです。 A ベストアンサー 失礼いたします。 アスペルガー症候群を診断され、障害者手帳の3級を取得しているのもです。 ついでに、仕事は障害者雇用でフルタイム昼夜勤務をしています。 質問の要点としては3級の交付基準と、障害者雇用についてということですよね。 fukushihoken. metro. tokyo. geocities. html 少し詳しく書いてありましたよ。 キーワード「精神」「3級」「症状」で出てきました。 個々の実例については、具体例は難しいかと思いますが、お役に立ちますでしょうか? 障害者雇用についても、個々の事業所によるとしか言いようが無い部分もあるかと思います。 私の場合で言うなら、ほぼ普通の人と変わらない内容の仕事をしています。 最近、引継ぎも指示も無く仕事を移管されまして、対応に四苦八苦しています。 体調を加味してある程度の欠勤や遅刻早退を認めてくれる会社もあれば、病院など予定された休みを見るだけでよいと考える企業もあるでしょう。 自分がどの程度の労働に耐え得る状態であるかは、ご自身と医師・支援者で図っていくしかないのではないでしょうか? 逆に、障害者雇用であれば「自分はこれこれの業務強度・拘束時間に耐えられる」という部分から見て、仕事を探すものありだと思いますよ。 自分の耐えれる範囲の仕事を探すということです。 趣旨に沿った回答か自信がありませんが、お役に立てれば幸いです。 失礼いたします。 アスペルガー症候群を診断され、障害者手帳の3級を取得しているのもです。 ついでに、仕事は障害者雇用でフルタイム昼夜勤務をしています。 質問の要点としては3級の交付基準と、障害者雇用についてということですよね。 fukushihoken. metro. tokyo. geocities. html 少し詳しく書いてありましたよ。 キーワード「精神」「3級」「症状」で... Q いつもお世話になっております。 私は平成17年にうつ病と診断を受け、昨年7月ぐらいまで通院していました。 その後、少し様子を見てみましょうということで、約1年間診察を受けませんでしたが、今年の9月末に再び体調を崩して、短期間に2社退職してしまったことで診察を受け始めました。 今回再び通院を余儀なくされたことで、精神障害者保健福祉手帳の申請をしたいと考えています。 次回の診察の際に主治医に申請をしたい旨を伝えたいと思います。 このような状況で精神障害者保健福祉手帳の申請をした場合、手帳の発行は通るものでしょうか。 正式な判断としてどうなるかは申請してみないと分からないと思いますが、可能性として可能なものかどうか分かる方がおりましたら教えていただけませんでしょうか。 過去通院していた時は薬の服用をしてましたが、通院していなかった期間は薬は飲んでいません。 今は先週の診察のときから薬の服用を始めています。 A ベストアンサー 申請が通るか通らないかは、主治医の書く『診断書』次第ですが、申請要件(初診から6ヶ月以上経過)は満たされていますので、申請は可能です。 ちなみにOkachinさんの場合の初診日は、平成17年に「うつ病と診断」された際に最初に病院に行かれた日となります。 ちなみに、2級は「日常生活が著しい制限を受けるか、又は日常生活に著しい制限を加えることを必要とする程度」。 3級は「日常生活又は社会生活が制限を受けるか、日常生活又は社会生活に制限を加えることを必要とする程度」が審査基準になります。 手帳の申請が通るかどうかは分かりませんが、私個人の感想としては、「今年の9月末に再び体調を崩して、短期間に2社退職してしまった」などの状況から、日常生活にも様々に制限を余儀なくされていると思いますので、3級は通るように思います。 いずれにしても、無理をせず、病気の完治を目指してくださいね。 うつ病は、治らない病気ではありませんから。 Q はじめまして。 私は、23年6月に障害者手帳3級の交付を受けた者です。 私のケースで、住民税・所得税の減額が受けることができるのか、ご教授いただければと思いまして質問をさせていただきました。 私は、大阪府に在住しております。 各市町村によって、差異があるのかはわかりませんが、交付時に渡された「福祉のあらまし」という障害者手帳全般についての、サービス内容が書かれている冊子があるのですが、抜粋して下記のように記載されていました。 1.現在私は就業をしております。 2.就業時に書類を提出するときに「扶養控除等申告書」には、障害者控除の個所はなにも書かずに提出しています。 (交付前でもあり、会社には障害者であることを隠して就業しているため) 3.現在の額面としての収入額は20万です。 5.23年6月現在、前年度所得に応じた住民税の納付書が普通徴収として送られてきています。 この現状で、精神障害者3級としてのなんらかの控除を受けることはできるのでしょうか。 もしできるとするならば、どのような方法、手続きの流れになるのでしょうか。 私が、判断するに住民税の減額・免除は受けることができないと判断しています。 収入がある為、申し出ても減額対象にはならないと思っています。 気になっているのが、所得税の控除なのですが、「会社にばれず控除が適応させることができるのか」という点です。 現状のまま(会社に障害者であることを明かさず)で就業をし、年末調整が会社から入ります。 その後、確定申告時に自ら出向き、障害者控除適応をさせる手続きをしたいと申し出て、修正申告をするという方法が可能なのか。 と悩んでいます。 しかし、修正申告をする=会社に内容が通達されるとなるのであれば、所得税の控除もできないということになるのではないかと考えています。 あと、最後の質問ですが、もし住民税や所得税控除が適応できるのであれば、適応タイミングとしてはいつからになるでしょうか。 現在既に届いている、前年度の所得を元に算出された住民税は、今申請しても適応にはならないですよね。 交付日が6月であるということから、どのタイミングになるのか。 気になっています。 長文になってしまい、申し訳ございません。 要約しますと、 1.所得税・住民税の控除を受けることができるのか。 2.もし、適応が可能なのであれば、いつからになるのか(現在来ている住民税の減額は可能か) 3.修正申告で、所得税の控除を受けることができるか、また、会社にばれることはないか 4.処理の手続き、流れはどのようになるのか 税金・福祉関係にお詳しい方いらっしゃいましたら、ご教授ください。 よろしくお願いいたします。 はじめまして。 私は、23年6月に障害者手帳3級の交付を受けた者です。 私のケースで、住民税・所得税の減額が受けることができるのか、ご教授いただければと思いまして質問をさせていただきました。 私は、大阪府に在住しております。 各市町村によって、差異があるのかはわかりませんが、交付時に渡された「福祉のあらまし」という障害者手帳全般についての、サービス内容が書かれている冊子があるのですが、抜粋して下記のように記載されていました。 A ベストアンサー 私も全く同じケースでした。 1、所得税・住民税の控除は受けられます。 2、今年度分から適応されます。 3、修正申告(確定申告)で控除を受けることもできます。 ただし、会社にばれます。 4、確定申告に手帳を持って行って、精神障害者控除を受けると言えばよいです。 私も、控除を受けたいけれど、会社にはバレたくなかったので、色々と考えました(役所に相談にのってもらいました)。 区役所(東京なので)に3回。 税務署に3回相談に行きました。 「今年度分ではなく、2年たってから、2年前の分として控除してもらう。 2年後の6月以降に控除申請をすればよいのではないか」みたいな裏ワザ的なアイデアも、某役所からでました。 ところが、税務署によると控除申請は2年後の3月末までにしなくてはならないので、そのアイデアは現実的に無理だと言われました。 結局、どんな方法を使ったとしても、会社には「精神障害者控除がなされた」という連絡(?)が行ってしまうようです。 ただ、所得控除が27万円。 住民税控除が27万円。 仮に、それぞれ10%ずつ返ってきたとしても、両方で5万4千円にしかなりません。 私も全く同じケースでした。 1、所得税・住民税の控除は受けられます。 2、今年度分から適応されます。 3、修正申告(確定申告)で控除を受けることもできます。 ただし、会社にばれます。 4、確定申告に手帳を持って行って、精神障害者控除を受けると言えばよいです。 私も、控除を受けたいけれど、会社にはバレたくなかったので、色々と考えました(役所に相談にのってもらいました)。 区役所(東京なので)に3回。 税務署に3回相談に行きました。 「今年度分ではなく、2年たってから、2年前の分として控除... A ベストアンサー 現在精神障害者手帳3級で、一昨年の障害者面接会にて応募した地元の会社にて、障害者枠で事務(社会保険加入のパート社員)として働いている者です。 ちなみに、運良く初診時に社会保険付のバイトをしていたので、障害厚生年金も3級です。 8年前に長時間労働を禁止された際に、障害者手帳を取得いたしました。 病名はいまだ確定していないのですが、診断書によって「抑うつ不安障害」や「統合失調症」などになり「自身に自信がなく人と接するのが困難」と書かれているので、症状的には質問者様と似てると思います。 運良く市内に実績の高い障害者就労生活支援センターがあったので、市の障害福祉課とハローワーク(前職にて失業手当受給資格があったため)の勧めで登録、私の場合逆に未就労期間が短いため、就職活動のための履歴書作りや面接、あと基本カナ入力なのでローマ字入力の矯正をしました(今では両方打てます)。 独学で10年パソコン使ってたことが買われて採用されたようです。 あと障害者枠で同じく精神障害で入社した同僚(当時23歳、ほとんど社会人経験なし、作業所出身、パニック障害)がいます。 話によると、直属の上司はたまたま別の会社で若手社員のメンタル面でも面倒を見ていた経験があり、一生懸命勉強してくれたそうです。 センターの方も「知らせてくれた方が良いという会社もあるから言った方が良い」と言ってます。 ただ、先に「未就労期間が短かった」と書いた通り、無理に仕事してました。 等級2級になるとハローワークで仕事紹介してくれないと聞いていたので、初めの診断書は主治医に「それは困るから軽く書いて下さい」と頼んだ記憶があります。 理由はうつ病の母がいて、私は仮病だとずっと思われていたので自宅療養ができなかったからです。 学生時代の経験を活かしスーパーのレジ係を、1社目は障害承知で、2社目は隠して働いてましたが、やはり会社の理解を得られなくて退職勧告されたので、本腰を入れて就職活動して今に至る、という感じです。 で、他の方へのお礼を拝見したら、どうやら難しい状態のようですね…。 今は治療に専念されてはどうでしょうか。 そのくらいのレベルなら、もしかしたら障害基礎年金が支給されるかもしれません。 質問者さまが20歳を超えていてあまり実家に金銭的に迷惑をかけたくない、というなら申請されてみてはどうでしょうか。 もっとも、滞納がほとんどないことが条件ですけど。 それで、症状が軽減されてから、就業訓練なり就職支援されても遅くないと思います。 実際、一般の方でもすぐ決まるって方もそういないでしょうし。 デイケアなどは向き不向きがあるので、これも主治医に相談された方が良いと思います。 私は受けたことないですけど、当然外に出るきっかけもできるし、対人能力も上がるでしょうから私は良いと思いますけどね。 少なくとも、私は精神障害者として障害者枠で仕事していますからゼロではありません(ちなみに東京多摩部です)。 ただ思ったのは、何事も自分で行動しないと誰も助けてくれません。 私は8年前にもハローワークに障害のことを告げました。 地方だとわからないですけど、今は精神障害も障害者枠にカウントされます。 ちゃんと相談されて就職活動するべきだと思います。 今は無理でも諦めたら終わりですよ。 現在精神障害者手帳3級で、一昨年の障害者面接会にて応募した地元の会社にて、障害者枠で事務(社会保険加入のパート社員)として働いている者です。 ちなみに、運良く初診時に社会保険付のバイトをしていたので、障害厚生年金も3級です。 8年前に長時間労働を禁止された際に、障害者手帳を取得いたしました。 病名はいまだ確定していないのですが、診断書によって「抑うつ不安障害」や「統合失調症」などになり「自身に自信がなく人と接するのが困難」と書かれているので、症状的には質問者様と似てると思い... Q 私の妻がうつ病です。 先日精神障害者手帳を申請する為に、診断書を書いて頂き申請したところ、3級の手帳が交付されました が…3級の症状ではないと思うのです 診断書の書き方があまりにも大雑把で、妻の詳しい病状が一切書かれていません きちんと判断して欲しい為、等級変更の申し立てをしたいので、医者に改めて診断書を詳しく書いて欲しいと頼んだところ「私の見た所は3級が打倒だと思うし、他にひどい人はいっぱい居る。 病状はこの通りなので書き直す気はない、違う先生にするか病院を移って下さい」と言われビックリしました 大きい病院なので信用してずっと診療を受けてましたが あまりにもいい加減でこれが精神科医の言うべき事かと驚きを隠せません 妻の症状は、嘔吐がひどく、常に嘔気・頭痛・寒気・貧血・発熱がある状態 不眠もあり、うつ状態ひどく塞ぎがち。 人との対話を嫌がる 集中力がなくテレビなども集中して見る事ができず、記憶状態も悪く何記憶がない場合もある 何もする気が起きず興味も持たない 不安感が特に強く、不安な事が起きるとすぐに心臓の動悸が酷くなる 時にイライラ状態になる 少し心配事などがあると、気分が極度に塞ぎ、うつ状態酷く、体調も極度に悪化する ほとんど寝たきりの状態で、家事・食事摂取・身の回りの事などは、ほぼ出来ず外出もままならず、ひきこもり状態。 現状夫が食事摂取、入浴など身辺の介護をしている 入院が好ましいと思うが、金銭的に無理な事や、対人を嫌がる事もあり入院できずに居る現状 これだけの状態でも医者の言う様に 3級が打倒なのでしょうか? 医者の診断書には、「うつ状態、家事など出来ずひきこもりがち」しか書かれてません 普通の診断書はもっと詳しく書いて頂けるんじゃないのでしょうか? 今病院に抗議してるのですが、私が間違ってるでしょうか? 詳しい方、また専門の方教えて下さい よろしくお願い致します 私の妻がうつ病です。 先日精神障害者手帳を申請する為に、診断書を書いて頂き申請したところ、3級の手帳が交付されました が…3級の症状ではないと思うのです 診断書の書き方があまりにも大雑把で、妻の詳しい病状が一切書かれていません きちんと判断して欲しい為、等級変更の申し立てをしたいので、医者に改めて診断書を詳しく書いて欲しいと頼んだところ「私の見た所は3級が打倒だと思うし、他にひどい人はいっぱい居る。 病状はこの通りなので書き直す気はない、違う先生にするか病院を移って下さい」と言... A ベストアンサー なぜかはわかりませんが、お医者様は手帳、年金申請は嫌がりますね。 なんででしょうか? たしか、医師は診断書を書くだけで、判断はあくまで厚労省(違ったかな?お役所です)なので、医師にあなたは3級という資格はないですよね。 お医者様を変えたほうがいいかもしれません。 ただ、結果に不服がある場合、不服申し立てを何日以内にとかなんかルールがあった気がしますので、対応するなら早めにしたほうがいいかと思いますよ。 専業主婦さんですかね?障害厚生年金はでない方かな?3級ならでると思いますが専業主婦だとダメかな?障害基礎年金は2級からなので、状況から見ても最低2級に該当するべきでしょうね。 時期も悪いかも知れませんね。 年金受給に厳しくなってる風潮がありますから・・・。 大変でしょうが、がんばってみてください。 A ベストアンサー まず、障害年金と、精神障害者手帳の違いから。 精神障害者、厚生年金3級であれば、2ヶ月に一度現在9万ほど支給されます。 しかしこれは手帳の3級とは違います。 ohhori. htm 障害年金は精神障害者手帳とは違います。 障害年金をうける条件として、国民年金 役所の保険年金課 や、厚生年金 社会保険庁 を支払ってきていた方が、初診で病院にいったときから1年半を過ぎても症状が変わらないようなら申請できます。 初診時に厚生年金に加入していたのなら、3級で上にある金額が支給されますが、初診が国民年金でしたら、障害年金の支給は2級からです。 pinky200412さんがどちらかは存じないのですが。 7年も患ってらっしゃるので、一度医師に訪ねてみても良いかと。 医師に言って診断書を書いてもらう。 2年ごと更新~。 手帳の3級のメリット・・・、実は自治体により、非常に差があります。 私の住むところは1級じゃないとサービス面で何のメリットも無いのですが、大阪市は3級で地下鉄が半額だったように記憶していますし、神戸市は4級でもメリットがあったと知り合いが言ってました。 サービス面のメリットは、各市町村の役所の福祉課で教えてくれます。 説明したり、プリントした紙をくれると思う。 あと手帳の3級のメリットといえば、今の時期の確定申告ですよ。 障害者控除というのがありますが、こちらは手帳を提示します。 私も障害者控除やってきました。 税金には結構効きますよ~。 国民年金免除も通り易いですし。 お互いぼちぼち気長に行きましょ。 ohhori. htm まず、障害年金と、精神障害者手帳の違いから。 精神障害者、厚生年金3級であれば、2ヶ月に一度現在9万ほど支給されます。 しかしこれは手帳の3級とは違います。 ohhori. htm 障害年金は精神障害者手帳とは違います。 障害年金をうける条件として、国民年金 役所の保険年金課 や、厚生年金 社会保険庁 を支払ってきていた方が、初診で病院にいったときから1年半を過ぎても症状が変わらないようなら申請できます。 初診時に厚生年金に加入していたのなら、3級で... Q 宜しくお願いします。 先月、うつ病で休職期間満了のため会社をクビになりました。 ハローワークに医師の診断書 週20時間なら働ける旨 を 提出したところ、医師の意見書を提出すれば就職困難者として 給付日数が30日増えるよと言われました。 ただし、デメリットがあるので良く考えて決めろと説明を受けたのですが、 聞き返しても早口だし説明が抽象的 ? で、結局よく分からずじまいです。 その人の話から かろうじて汲み取れたのは、 『相談窓口が、必ず〝障害者用窓口〟でなくてはいけなくなるので、 ハーローワーク出張所等の障害者用窓口がない所だと窓口が使えない』的な事くらいです。 求職や検索は、健常者と同じようにやっても良いとの事。 デメリットは、本当にそれだけでしょうか? まだ手続きを始めたばかりで、今後の求職活動で それが どうデメリットに感じてくる事になるのか、いまいちピンと来ません。 うつ病などで就職困難者申請をした人で、 こういう点でデメリットを感じた、という具体例がありましたら是非お聞かせ下さい。 例えば、週あたりの労働日数や時間を限定されたせいでそれが足枷になり、 望む求人に応募できなくてorzな思いをしたとか? 例えば、障害者枠の求人を あっせんされて むげに断れなくて困ったとか? そういう時は こういうふうに回避したよ、というお話も聞ければ大変助かります。 宜しくお願いします。 先月、うつ病で休職期間満了のため会社をクビになりました。 ハローワークに医師の診断書 週20時間なら働ける旨 を 提出したところ、医師の意見書を提出すれば就職困難者として 給付日数が30日増えるよと言われました。 ただし、デメリットがあるので良く考えて決めろと説明を受けたのですが、 聞き返しても早口だし説明が抽象的 ? で、結局よく分からずじまいです。 その人の話から かろうじて汲み取れたのは、 『相談窓口が、必ず〝障害者用窓口〟でなくてはいけなくなるので、... A ベストアンサー 私はうつ病ではありませんが。 法律上は、うつ病の人は、精神障害者福祉手帳を保持していないと就職困難者扱いにはなりません。 診断書のみで就職困難者になるのは、統合失調症、躁鬱病、てんかんの人のみです。 あなたが手帳を保持していないのであれば、ハローワークの人の勘違いではないかと思うのですが。 (もっとも、勘違いをしているのがハローワークの人であれば、そのハローワークではそれで通用するのかも知れませんが。 試してみる価値はあるとは言えると思います。 ) 私も就職困難者に認定されたら、仕事探しは、企業に対して、障害者と説明しての就職活動しか出来ないと聞きました。 ただし、それは、増加された失業保険受給期間中のみです。 受給期間が切れたら、それをする義務はなくなります。 (ハローワークによって違うのかも知れませんが)。 増加された失業保険期間中に就職出来る自信がないのであれば、就職困難者として、失業保険を受給しても良いと思います。 後、ハローワークを経由しない、就職情報誌等を通じての就職活動についてはこの制約は受けません。 正直言って、「週20時間程度」の仕事を探すのは困難をきわまるので。 就職困難者と認定された方が気分的には楽だと思います。 「今の仕事がしんどいから、残業なしかほとんどないレベルの仕事に就きたい」ぐらいの人でないと、健常者としての失業保険を受ける利益はないと思います。 後、精神障害者を雇いたいという企業はめったにないため「障害者枠の求人をあっせんされてむげに断れなくて困った」とかいう心配は、杞憂に近い心配です。 むしろあっせんされた方は奇跡に近い幸福なのですが。 大体、精神障害者は仕事に受かる事は出来ても、仕事を続ける事が困難な障害とされているため、ハローワークはよほどの人でないと仕事をあっせんしてくれません。 私はうつ病ではありませんが。 法律上は、うつ病の人は、精神障害者福祉手帳を保持していないと就職困難者扱いにはなりません。 診断書のみで就職困難者になるのは、統合失調症、躁鬱病、てんかんの人のみです。 あなたが手帳を保持していないのであれば、ハローワークの人の勘違いではないかと思うのですが。 (もっとも、勘違いをしているのがハローワークの人であれば、そのハローワークではそれで通用するのかも知れませんが。 試してみる価値はあるとは言えると思います。 ) 私も就職困難者に認定され...

次の