今宮 純 フジ テレビ。 今宮純のお別れ会の日程や場所はどこで発表はいつ?体調不良はいつから

今宮純が死去。病気なのか体調不良で激ヤセ…森川オサム公表

今宮 純 フジ テレビ

F1ジャーナリストとして一時代を築いた今宮純さんが虚血性心疾患のため1月4日に急逝した。 70歳だった。 今宮純さんのTwitter 選手やチームを常にリスペクトする姿勢 多くのモータースポーツファンから愛される存在で、昨年もCS放送、フジテレビNEXTのF1中継で解説者を務めた。 F1はルールや技術が複雑になってきたが、それらに精通していない初心者に対しても、スマートな語り口で分かりやすく伝え、選手やチームを常にリスペクトする姿勢を貫いた。 私も1996年から東京中日スポーツのF1担当記者として10年近く今宮さんと一緒に仕事をした。 「スーパーバイザー」の肩書でプレビュー、解説、レビューを執筆していただいた。 当時はサーキットのプレスルームにLAN回線のようなものはなかった。 レース結果やチームのプレスリリースは現地で紙で配られていたため、日本からファクスを持ち込んで1枚ずつ送った。 記者の原稿はワープロに電話回線をつないで送信していたが、今宮さんの場合は手書き。 プレスリリースのA4用紙の裏にボールペンで書き込み、それを現地でファクス送信していた。 原稿の書き出しも、その時々の情景を取り入れ、まるで紀行文のようだった。 F1ブームの火付け役となった故アイルトン・セナをこよなく愛する人でもあった。 昨年1月に平成時代を振り返る連載企画で今宮さんに取材をさせてもらったが、セナに怒られた話など、数々のエピソードをまるで昨日のことのようにニコニコと語る姿は今でも忘れない。 「2:17」。 赤い字ではっきりと時刻がつづられていた。 セナはスタート直後のタンブレロコーナーで直進し、コンクリートウオールに激突した。 今宮さんはその時、現地の放送ブースで解説をしていた。 当時はフジテレビの地上波でレースが中継され、欧州ラウンドは深夜に録画で放送される形式だった。 その日は中継前のニュース番組の枠でセナの事故や容体が伝えられ、F1中継も冒頭ですぐに緊急生中継に切り替わり、ピットウオールから実況メンバーが最新の情報をリポート。 その後もレースの録画放送を挟みながら番組が続けられた。 セナ死亡の一報が届いたのは日付が変わってから。 すぐさま、ピットウオールの映像に切り替わり、今宮さんは声を震わせながら「モータースポーツで働いている者の1人として受け止めなければならない。 再来週のモナコGPにセナはいませんが、F1は続いていくわけです」と伝えた。 今宮さんの言葉を借りるなら、今宮さんが鬼籍に入ってもF1は続いていく。 どうか天国からF1を見守ってください。 本当にお世話になりました。 ありがとうございました。 cnc.

次の

訃報

今宮 純 フジ テレビ

F1解説者として活躍した今宮純氏の急逝に、同じくモータージャーナリストとして活躍する今宮雅子夫人がコメントを発表。 「幸せな70年の人生であったと思います」と語った。 今宮純氏は、1987年フジテレビがF1の全戦テレビ中継を開始するとレギュラー解説者として起用され、日本のF1人気向上に大きな役割を果たした。 1994年のサンマリノGPでアイルトン・セナが亡くなった際には「セナはいませんがF1は続いていくわけです」と悲しも押し殺しながら気丈に語る姿が印象的だった。 今宮純氏は、1月4日の朝に亡くなった。 享年70歳だった。 10日に近親者のみで葬儀告別式が営まれた。 後日、お別れ会が予定されている。 本日10日、故郷、小田原の菩提寺にて密葬を執り行いましたので、謹んでご報告いたします。 皆様には、生前のご厚誼に心より感謝いたします。 昨年末より少し体調を崩してはおりましたが、亡くなる前日にも親族の集いに参加し、帰宅後は楽しそうにその様子を語っていました。 あまりに突然の出来事に、私共もまだ信じられない気持ちでおります。 子供のころからモータースポーツが大好きで、レースを愛し、F1を愛し、その喜びを伝えることを職業とし、皆様に支えられながら歩んできた、幸せな70年の人生であったと思います。 2020年シーズンをとても楽しみにしておりました。 突然の終止符は本人にとっても驚きであったと思いますが、先に旅立たれた先輩の方々と一緒に、大空の何処かからモータースポーツを見守り、笑顔で拍手を送り続ける姿を想像しております。 後日、お別れの会を開かせていただく所存でございますので、詳細が決まりましたらあらためて連絡いたします。 これまで夫、純を支えてくださった方々、親しく言葉を交わし、たくさんの思い出を共有してくださった方々、ファンの皆様に——心から、ありがとうございました。 令和2年1月10日 今宮 雅子.

次の

「【訃報】今宮 純氏、逝く」タッチ_のブログ | 人馬一体!はそれとして…w

今宮 純 フジ テレビ

経歴 [ ] 生まれ。 、卒業。 大学時代から自動車研究会に所属するかたわら、アルバイトを兼ねて「」などの自動車専門誌にレース関連の記事を寄稿。 (昭和48年)にはヨーロッパへ取材を兼ねたレース観戦旅行に出かけ、を観戦。 大学卒業後もフリーのジャーナリストとしてレース雑誌を中心に執筆活動を続ける。 ちなみに当時は第一次直後で日本の自動車メーカーが一斉に活動から手を引いた時期であり、フリーの今宮もジャーナリストとしての仕事がほとんどもらえない状態だったため、一時として生計を立てていた時期もあったという。 (昭和51年)、F1日本初開催の「」を密着取材し、4万字のレポートを「」に寄稿。 以後、レギュラーの仕事が増え、海外でF1や、ヨーロッパを取材する。 (昭和56年)からは系で放送されたやのテレビ中継でピットレポーターを務めたほか、(WEC)やのテレビ中継で解説を務める。 この頃、一緒にピットレポーターとしてコンビを組んでいたのが(現ニュースキャスター)で、全日本F2選手権を舞台にした映画『』(1984年公開)に本人役で共に出演している。 また(平成6年)のF1では安藤がゲストリポーターを務め、久々のコンビ復活となった。 (昭和62年)にがF1の全戦テレビ中継番組『』を開始すると、レギュラー解説者として起用され、(平成6年)シーズン終了まで全戦で解説を務める。 同局の『』のF1コーナーや情報番組『』にも出演。 また、が(平成2年)の紙面リニューアルでモータースポーツ面を強化したことに伴い、同紙のスーパーバイザーに就任している。 日本でが加熱すると今宮の認知度も高まり、バラエティ番組などにも出演。 解説・執筆・講演など多方面の活動を通じて、モータースポーツを世間に広める役割を果たした。 1994年のでが事故死した際には、レース後の生中継で涙をこらえながら「こういう事実は、とくにモータースポーツに働いているものの一人とすれば、やはり受け止めなければいけない」「来来週のモナコグランプリにセナはいませんが、F1は続いていくわけです」とコメントした。 (平成7年)は同じくフジテレビが全戦の放映権を取得したの解説を務め、(平成8年)から再びF1中継の解説に復帰。 (令和2年)、のため東京都内の自宅で急死。 70歳没。 6日前の(令和元年)付の公式ツイッターに、F1ファンへの年末の挨拶のメッセージを残していた。 主な著書 [ ]• エキサイティングエフ・ワン(曜曜社出版 1987 )• F1大百科シリーズ( ケイブンシャブックス)• F1おもしろクイズグランプリ( 別冊ベストカー 1991 )• F1ロマネスク(勁文社 1992 )• ミスターF-1 フライング・ジャパニーズ 中嶋悟の20年( 1992 )• F1グランプリ パドック・パス 1992(講談社 1992 )• モータースポーツ・ジャーナリスト 青春編( 1998 )• F1ドキュメント( 2000 )• F1ジャパン・グランプリ1976( 2014 ) 脚注 [ ] []• AUTOSPORT web 2020年1月10日. 2020年1月10日閲覧。 このオランダGPではの死亡事故が起きている。 『モータースポーツジャーナリスト青春編』p. F1-WORLD by Jun Imamiya. 2020年1月10日閲覧。 motorsport. com. 2020年1月10日. 2020年1月10日閲覧。 イギリス製作のドキュメンタリー映画『』(2010年)にこの場面の中継映像が使用されている。 f1-world by IMAJUN [ f1worldbyimajun] 2019年12月29日. ツイート. より 2020年1月10日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• ( f1worldbyimajun)-.

次の