コナ コーヒー。 コナコーヒー

コナコーヒー

コナ コーヒー

ハワイのコーヒーの味や特徴には、どんなことが挙げられるでしょうか? ハワイのコーヒーは、酸味がやや強くフルーティーな味わいが特徴です。 しかし、同じハワイコーヒーでも、作られる地区により味の違いがあります。 場所によっては、酸味が少なく、まろやかな味が特徴のモノもあります。 じゃあ、違う特徴のコーヒーを買いたい場合、それぞれの栽培地区に行かなければいけないのかというと、そんなことはありません。 ハワイは、ご存知のように世界的に有名な観光地でもあります。 インフラが整っているハワイでは、島全般のコーヒー豆を、中心部のオアフ島のスーパーで気軽に買うことが出来るのです。 日本人も気軽に楽しめるハワイ州は、8つの島と100以上の小島からなる「ハワイ諸島」を表します。 なので、違う島のコーヒー豆が滞在先で自由に買える利便性は、ハワイが観光地である特徴から来ているともいえるかもしれません。 ところで、ハワイのコーヒー豆は、他の産出国に比べると値段が高めで、初めて買う時に驚いたという方はけっこう多いんですよね。 じゃあ、なぜハワイコーヒーの価格は、それほど高いのでしょうか? その理由は、ハワイコーヒーが世界で唯一、先進国で収穫されるコーヒーだからです。 コーヒーが栽培されている国は貧しいことが多く、人件費も非常に安いです。 なので、先進国であるハワイに比べると、コーヒーの価格をとても安く設定できます。 ただ、逆に言えば、ハワイがアメリカという先進国だからこそ、商品の管理や品ぞろえが充実し、通販や専門店で日本にいながら楽しめるとも言えるのです。 「他の島のコーヒーでも滞在先で買える」「通販も充実している」というのは大きな利点であり、特徴といえるでしょう。 ハワイコーヒーの特徴は、ピーベリーにもある? ハワイのコーヒーの中でも味、値段ともに高級と言われる 「ピーベリー」をご存知でしょうか? ピーベリーとは、普通のコーヒー豆が一つのチェリーから2つ採れるのに対して、1つだけで採れる 「まん丸い形」のコーヒー豆を指します。 コーヒー豆は、通常平たい豆が2つ重なった状態で出てくるのですが、1つの丸い形になった豆があるのです。 丸い豆は火の通りがよいので、入れると非常に美味しいといわれています。 しかし、この ピーベリーは希少性が高く採取が難しい豆です。 そんな希少性の高い豆だけを選んだものが、ピーベリーという形で売り出されているわけですね。 ピーベリーは、他国のアラビカ種でもブランド化され、高級豆として売り出され人気があります。 ハワイでも、美味しいコーヒーとしてピーベリーは人気があります。 もしコーヒー選びで迷った場合は、ピーベリーを選べばハズレはあまりないでしょう。 結構な値段ではありますが、それだけの価値はありますよ。 ところで、一言でハワイのコーヒーとは言っても、実はいろいろな種類があることをご存知でしょうか? それでは続いて、「ハワイコーヒーの豆の種類」についてお伝えしましょう。 ハワイコナとは?ライオンコーヒーとは? ハワイのコーヒー豆には、どんな種類があるのでしょうか? 今回は、数あるハワイコーヒーの中でも、代表的なものを4種類ご紹介しましょう。 (1)コナ・コーヒー~ハワイで最も有名なコーヒー~ ハワイのコーヒーで一番よく名前を聞くのは「コナ・コーヒー」ではないでしょうか? 日本でもかなり人気が高く、有名なコーヒー豆です。 コナコーヒーは、ホワイトハウスでも使われるなど、美味しいコーヒーとしてその知名度はゆるぎない存在です。 酸味がやや強めでフルーティーな味わいが魅力的なコナコーヒーは、ハワイ島マウナ・ロア山の東側にあるコナ地区限定のコーヒーです。 酸味は苦手という人も、コナコーヒーのそれは上品であるために、美味しいと感じる人も多いです。 さすがは、ハワイを代表するコーヒーだといえるでしょう。 コナコーヒーには「100%」のものと、「ブレンド」されたものがあります。 ちなみに、 全体の10%コナコーヒーを使用していれば、「コナブレンド」を名乗ることができます。 そのため、コナブレンドと言いつつも、残りをハワイ産以外でブレンドする場合もあるんですね。 なので、もしハワイのコーヒーの特徴を味わいたければ、ブレンドの割合に意識を向けると良いでしょう。 (2)カウコーヒー~近年の注目度が高い!~ 近年まろやかで酸味の少ない味として、人気急上昇中の 「カウコーヒー」という種類もハワイを代表するコーヒーになりつつあります。 こちらは、コナコーヒーとは反対側の斜面「カウ地区」で栽培されているコーヒーです。 コナコーヒーに比べ歴史は浅くはあります。 しかし、米国スペシャリティコーヒー協会主催のカッピングコンテストで「トップ10」にも入ったことのある実力派のコーヒーです。 コナコーヒーを抑え、ハワイの品評会でも1位を獲得! そんなカウコーヒーを除いては、ハワイのコーヒーは語れないと言えるでしょう。 実際、カウコーヒーは、バラク・オバマ大統領の就任式の際、晩餐会で招待客に振る舞われたほどの実力派のコーヒーです。 そして、日本でも、カウコーヒーを推す専門家は増えています。 なので、もし機会があれば両方を試してみて、好みに合うハワイのコーヒーを楽しむといいでしょう。 収穫量や知名度がコナコーヒーに比べ低いですが、カウコーヒーもハワイ産として把握すべき種類のコーヒーです。 世界が認める素晴らしい味のコーヒーが複数ハワイにはあるなんて、素敵ですよね。 (3)カウアイコーヒー~カウアイ島産のコーヒー豆~ カウアイコーヒーという名前は、聞いたことがある人もいるでしょう。 コナコーヒーやカウコーヒーは、ハワイ島で採れますが、カウアイコーヒーはカウアイ島で採れます。 実は、カウアイ島にはコーヒー農園が一つしかありません。 なので、島の名前がそのままコーヒーにつけられたのです。 購入する時は、「カウ」と「カウアイ」が似ているので、注意してください。 島に複数の農園があれば地区から名づけられる• 島に一つの農園しかなければ島の名前がつけられる コーヒー豆の名前だけで産地がわかることを覚えておけば、ハワイコーヒーを選ぶ時にも便利だと思いませんか? そういえば、名前ということで言うと、他にもおもしろいコーヒー豆があります。 それがハワイのコーヒーで有名な、ライオンコーヒーです。 (4)ライオンコーヒー~歴史あるコーヒー豆?~ ハワイ諸島にライオン地区という名前はありません。 また、ライオン島もないです。 では、ライオンコーヒーとはどのような種類のものなのか? 実は、ライオンコーヒーって、フレーバーコーヒーのお店で、アメリカでもっとも歴史があります。 ライオンコーヒーはフライパンで煎られ、味むらのあったハワイのコーヒーに安定した美味しさをもたらしました。 「コーヒーの王様」とも呼ばれています。 自社コーヒーの卓越したシンボルとして百獣の王ライオンをトレードマークにしたのです。 ファンシーローストといわれる焙煎とブレンドで、ライオンコーヒーファンを惹きつけて止まない甘い香りのフレーバーコーヒー。 とくに、フレーバーコーヒーは「バニラ・ココナッツ・チョコレート」などのエキスがブレンドされ、ほのかな香りが広がります。 近年、日本にも定着しつつあるマラサダと共にゆったりと楽しむのも良いですね。 コナコーヒー• カウコーヒー• カウアイコーヒー• ライオンコーヒー それぞれのコーヒーを飲み比べると、いろいろな味わいがあって楽しいですよ。 ところで、そんなハワイのコーヒーも、栽培されている農園によって、いろいろな特徴があります。 なので、その点にも触れてみたいと思います。 7つの代表的な農園をご紹介! カウコーヒーミル こちらも、カウコーヒーを育てている農園です。 コナコーヒーよりも知名度は低いカウコーヒーですが、世界でトップ10に入るほど高品質であることは前述しましたよね? こちらの農園のカウコーヒーがそのトップ10入りしたスペシャルティコーヒーなのです。 希少で高品質なカウコーヒーの農園ではありますが、大規模な農園としても有名で、他の農園に提供できるほど農地を所有しています。 また、その大規模さから土産物も充実しており「困ったときはここでハワイのコーヒーを買えばよい」と思わせるほど充実なラインナップです。 ハワイらしくフレッシュスムージーを飲みながら農園見学ができるというのもうれしいですね。

次の

コナコーヒー

コナ コーヒー

コナコーヒーとカウコーヒーとの違いは? 人気の品種のコナコーヒーとカウコーヒーはともにハワイ島で生産、収穫されています。 この2種類はどのような点が違うのでしょうか? まずはハワイ島の中でもこの2種類は別々のエリアで育てられています。 ハワイコナコーヒーはハワイ島の大きな山マウナロアの西側の コナ地区で栽培されています。 一方のカウコーヒーはマウナロア山の東側の カウ地区栽培されています。 コナコーヒーとカウコーヒーは生産されている地区の名前がついたコーヒー豆です。 コーヒー農園の土壌の違いは? 「コナコーヒーとカウコーヒー」この2種類の 大きな違いはコーヒー農園の土壌にあります。 コナコーヒーの栽培で有名なコナ地区は溶岩を多く含んだ土壌です。 一方、東側のカウコーヒー地区は赤土を豊富に含んでいることで知られています。 たかがコーヒー農園の土の種類くらいで何が違うの?と感じる方も多いかもしれませんが コーヒーは土壌、雨量、気候で大きくコーヒーのテイストが変化します。 その証拠にコーヒーは国や地域によってさまざまな味や風味の特徴を持っていますが 現在、世界中に出回っている多くのコーヒーがもともと同じような品種なんです。 コーヒーの味や香りの違い コナコーヒーは上 品は酸味と甘みが特徴のコーヒーです。 一方、カウコーヒーはコナコヒーほど酸味が強くなく マイルドな口当たりとフルーティーさが特徴です。 カウ地区はコーヒー栽培が盛んになる前はサトウキビの栽培が盛んに行われていました。 フルーティーさはサトウキビ栽培の歴史から来ているのかもしれませんね。 とても眺めがいい場所に アイカネプランテーションコーヒーはあります。 写真集や映画のロケ地としても世界中で人気のある場所なんです。 事前に申し込めばコーヒー農園内をバギーで移動しながら案内してくれますよ。 カウコーヒーミル カウコーヒーミルは品質の高いカウコーヒーを栽培しているコーヒー農園として有名です。 このコーヒー農園のカウコーヒーは世界でトップ10に選ばれたこともあるそうです。 とても広大な立地のコーヒー農園は自社栽培だけでなく他のコーヒー農園にも農地を貸し出しています。 大規模なコーヒー精製施設も完備しているので安定した品質のカウコーヒーの生産が可能となっています。 専門店でも人気のあまり入手することが困難になっているんですよ。

次の

ハワイコナコーヒーとハワイアンパンケーキの専門通販|ハワイアンコーヒーマーケット

コナ コーヒー

概要 [ ] アメリカ合衆国の州では、ハワイ州がコーヒーを商業ベースで生産している唯一の州であり、でもコナコーヒーが使われることもある。 なお、日本企業でも、やがコナコーストで観光農園を経営している。 嫌味のない酸味を持つ。 ブレンドに用いると良質な酸味が与えられると言われる。 に次ぐ高価な豆で、偽物も多い。 高価な理由は、希少価値というよりも、コーヒー豆の原産国のうち、唯一先進国のため、人件費・土地代などの費用が高いためと言われている。 高価なため、基本的にはブレンドされているので、配合比率を確認することが推奨される。 ハワイではこのほかに、やでもコーヒーが作られている。 コナコーヒー農場見学 [ ] コナコーヒーの農場はハワイ島の第二の都会であるの近くにあるので、ハワイ島西海岸にあるリゾートへ世界から集まる観光客にも住民にも、コーヒー農場の見学や販売店訪問が盛んである。 その地域は「」と呼ばれていて、カイルア・コナのダウンタウンまたはからの中腹へ上がり、海抜約500メートルにあり、がパラニ・ロード(Palani Road)に入る少し手前から出る(別名:North Kona Road)に沿っておもに展開しており、ホルアロア()の町を通り、カイナリウ()でに合流して、ケアレケクア()やホーナウナウ()あたりまで続く。 脚注 [ ]• ぴあレジャーMOOKS編集部 編者 2016年9月28日 日本語. 珈琲ぴあ 電子書籍. 旅行ガイド『地球の歩き方リゾート、ハワイ島』 (ダイヤモンド・ビッグ社、2007年)p. 72 「コナ・コーヒー物語」• 旅行ガイド『地球の歩き方リゾート、ハワイ島&オアフ島』 (ダイヤモンド・ビッグ社、2013年)p. 72 「コナ・コーヒー・ベルト探訪」 関連項目 [ ]• コーヒー 外部リンク [ ]• (英語).

次の