タイピング スコア。 Webライターのタッチタイピング上達の歴史とコツでも語ってみる

タイピング速度測定(タイ速)

タイピング スコア

それに、書きたくない日だってありますよね。 そこで、弊社では効率よくタイピングが速くなるように寿司打というタイピングゲーム(ブラウザで誰でも使える)にルールを作って、それをクリアするように頑張ってもらっています。 実際にうちのスタッフが3ヶ月でブラインドタッチを覚えた方法です。 なかなかタイピング速度が上がらない……という方は試してみてください。 この記事を閉じて、ホームボタンの合理性を学ぶことをオススメします。 タイピング練習前のライターさんの寿司打スコア• 使用するコースは10000円コースのみ(重要)• マイナス3000円ほど(表示で7000円分) 合格ラインとゴールライン• 合格ラインはプラス4000円以上でミス回数30回以内• 最終ゴールはブラインドタッチが出来るようになる事 間違えてはいけないのが、 寿司打というゲームでプラス4000円のスコアを出すことでは無く、ブラインドタッチが出来るようになる事です。 目的を間違えてはいけません。 ライター初心者さんにありがちな「間違った方向性の目標」 何記事納品できるか?も大切ですが、役に立つ記事を書けるようになる方が何倍も大切です。 その後で自分が1日何記事書けるのか!?にチャレンジしてみたらいいです。 — KACOO ライター募集 writerbosyu こういう事ですね。 最初に教えたタイピングのコツは3つだけ 1、ホームポジションは両指の人差し指だけ意識 ホームポジションはFに左人差し指、Jに右人差し指のみを意識してもらいました。 あとは勝手に手が動くようになりますし、絡まるような指の動きには絶対になりません。 人の指の構造上。 無理に意識しなくても良い。 2、タイプ中はキーボードを見ない 最初はどんなに間違えてもいいので、絶対にキーボードを見ない事を意識してもらう。 手の感覚を研ぎ澄ますことで、どれだけ指を移動させればこのキーが押せるというのが分かってくる。 目に頼ると感覚は鈍るのでタイピング上達まで時間がかかってしまう。 どうしてもキーボードを覗いてしまう場合には、手にタオルを置いてタイピングすると、見たくても見えないので結構良かったりします。 3、流れてくるワードをしっかり読む ゲーム中に流れてくるワードは心の中で読みながら打つ。 (周りに迷惑がかからなければ声に出すのもGOOD) この3つだけです。 これ以上アドバイスしても頭と指がチグハグになってしまうので、効果は薄いかなと思います。 1日の練習量はどれくらい? 自分の限界値を超える事が大切なので、時間で決められたルーティーンをこなしていても上達しません。 今の自分が8000円ぐらいのスコアを出しているのであれば、9000円になったら終了。 などの小さな目標を毎日立てていき、達成すれば終了としてもらいました。 これにより1日10分程度の日もあれば、1時間くらいやっている日もありました。 あまり長くやると腱鞘炎になるので、長くても1日30分以内に終わらせるのが目安です。 あくまで目標は今の限界を超えていく、小さな成功体験を積んでいくことです。 タイピング速度が上がらない人の特徴とその練習方法 前から練習してるけど上達しないよ!という人はここを読んでから実践に入っていきましょう。 ホームポジションとか指をスライドさせるとか余計なことばかり考えていませんか?• 毎日練習しない(不真面目)• 自分は速くならないと諦めている• 教えた方法を少しだけ変えたり、自分流になっている。 (ちょいちょいキーボード見るとか) ちなみに今回この記事のモデルとなってくれた方は、1年ぐらいスコアが上がらず諦めていたと話していました。 長期的で集中していない練習法は「タイピングは上達しづらい」のかもしれません。 ブラインドタッチは文章を書くこと以外にもメールでのやり取りやチャットツールでの反応の速さにも影響しますので、総合的に仕事のスピードを上げることができます。 「いつの間にか……」にいかに早く近づけるか?は個人差があるので1ヶ月で速くなった人もいれば、3ヶ月、4ヶ月とさまざまです。 今回モデルとなってくれた方は3ヶ月程度で合格ラインを越えて、ブラインドタッチが出来るようになりました。 ブラインドタッチを覚えるコツは、ホームポジションを後回しにすること 最後にアンチホームポジションのような書き方をしてしまったので弁明しておきます。 考え方として「ホームポジションができるようになるから、ブラインドタッチが出来るようになるのでは無くって」、「ブラインドタッチができるからホームポジションが覚えれる」のだと思っています。 (経験上) タイピングが上達しない人にホームポジションを教えても成長しづらいのはそのためかな?と思います。 ある程度タイピングのコツを掴んで、ブラインドタッチができるようになってからホームポジションを意識して、長期的に覚えていけば良いです。 ホームポジション自体は合理的に指を動かす事ができるので、覚えればより早く記事を仕上げることができるようになります。 ぜひタイピングのコツを掴んで、効率よく文章が書けるようになってください。

次の

ひよこタイピング

タイピング スコア

スコア: 333 レベル: Thunder 平均キータイプ数: 5. それ以外は、「S〜Fast」をうろちょろしていた感じです。 e-typingは毎週問題のバラエティが変わるので、問題によってちょっとずつ難易度は違っていると思います。 ちなみに、レベルは以下の感じになっているようです。 800~ Joker 750~799 Godhand 700~749 Jedi 650~699 Tatujin 600~649 Rocket 550~599 Meijin 500~549 EddieVH 450~499 LaserBeam 400~449 Professor 375~399 Comet 350~374 Ninja 325~349 Thunder 300~324 Fast 277~299 Good! 」あたりだったので、おそらくThunderは一般のタッチタイピングができる方よりかは少し早いくらいだという認識でいいのかな、と思います。 4 最長文字数: 147 どれだけ連続でミスしなかったか ミス入力数:?? 今までのタイピングゲームとは違って、結構ゲーム色が強いです。 加えて、海外のサイトなので、タイピングするのは全部英単語です。 画面に表示されている英単語を打つと、その英単語を破壊することができ、迫ってくる英単語が自分に衝突したらゲームオーバーです。 BackSpaceを押すことで、違う英単語に移動することができます。 Enterを押すと3回まで波動のようなものが出て、自分の近くの敵を一掃してくれます。 今回は使用しない場合のスコアを出しました 英単語を打ち慣れていない人からすると、少し難しく感じるかもしれませんが、結構楽しいです。 音が結構出るので、学校などでやる場合には音を消しておいた方が良いと思います。 入力速度: 237. ミス入力数: 13 美佳タイプは私がタッチタイピングを練習したときに使ったソフトです。 Windowsにしか対応していないのですが、ローマ字入力だけではなく、C言語などのプログラム言語のコマンドで練習できたりします ただし、記号には未対応。 ダウンロード: 最後に 以上、私のタイピングスコアはこんな感じでした。 ちょっと相場がわからないのでなんとも言えませんが、個人的にはもうちょっと練習したほうがいいかな、と思いました。 特に記号になるとどこに何があるか全然覚えていないので、プログラミングをする際にはキーボードをめちゃくちゃ見ながら打ってしまっています。 まずは、記号の場所をしっかりと覚えたいと思います。 ただ、記号を多用するタイピングゲームが存在するのでしょうか?あったら教えていただければと思います。 同じ理系大学生の皆さんはどれくらいの点数なのか興味があるので、コメント・お問い合わせから点数と学年・学科を書いていただけたら嬉しいです。 このブログに載ってもいいよって方お願いします 最後まで読んでいただきありがとうございました! 半年とか年1回くらいのペースで更新していけたらと思います。

次の

タイピング練習 (日本語編)|Benesseの大学・短期大学・専門学校の受験、進学情報

タイピング スコア

仕事の報告書、学生のレポートなど、一昔前は手書きだったのに今やパソコンで作成することの方が圧倒的に多くなってきています。 効率良く文章を入力するには、タイピングの速さも重要になってきます。 そんな時、 「 自分のタイピングの速さってどのくらいのレベルだろう?」 と思ったことはありませんか? 周りと比べて速いのか遅いのか気になりますよね? この記事では、 タイピングの速さを測定できるサイト、タ イピングの速さの基準について紹介します。 もし、記事を読み進めた結果「自分が平均よりタイピングが遅いけど大丈夫かな?」となっても問題ありません。 タイピングは練習で速くすることができます。 タイピングを速くするためのコツについても紹介していますので、気になった項目があれば取り入れてみて下さい。 タイピング速度を測定できるサイト web上でタイピングの速度を測定することができるサイトとして有名なものに「」があります。 「e-typing」はタイピングの練習サイトですが、タイピングレベルを診断することもでき、ランキング形式で他のユーザーと競うこともできます。 また、「e-typing」は、無料で使い勝手も良く利用者も多いです。 そのうえ、いろんなシチュエーションのタイピング練習ができるのでお勧めです。 一般的にタイピングの速さは、 WPM word per minute と呼ばれ、1分辺りの入力文字数 英数字キー で測定されます。 「e-typing」のタイピング測定では、タイピングの速さ WPMだけでなく、 文字入力の正確性(正確率)を掛け合わせた スコアという形で自分のタイピング速度を測定することができます。 スコアは以下の計算式とされており、WPMだけでなく正確率も重要になってきます。 どのくらいあればタイピングが速いと言えるの? 実務レベル まず、 実務レベルで必要なタイピングの速度の目安にできそうなものとして、 「 」という資格があります。 因みに、1タイプミスに対して3文字減といった基準になります。 一方、上述の 「」というサイトであれば、 スコア209~299が実務レベルとされています。 ある職場の研修では、スコア200以上が目標にされているといった記載もあります。 参照 e-typing タイピング技能検定「」 スコア209~299というのは、タイピングをミスなく入力した場合に1分で209~299文字のローマ字入力ということになります。 e-typingのタイピング数はローマ字換算なので、ひらがな1字はローマ字2字入力分とすると、 1分で105~150文字のひらがな入力 になります。 「e-typing」では、漢字変換が含まれませんので、ワープロ検定より厳しい基準になっているようです。 速いといえるレベル どこからがタイピングが速いと言えるかという基準ですが、「日本語ワープロ検定試験」「e-typing」ではそれぞれ以下の数値が目安となるかと思います。 日本語ワープロ検定試験:初段以上 10分で800文字以上の日本語。 e-typing: スコア300以上 タイピングを速くするための6のコツ タイピングを速くするためには、練習あるのみですが、適当に練習しているだけではなかなか上達しません。 そこで、タイピングの速くするためのコツをいくつか紹介します。 コツを知って練習するのと知らないで練習するのでは、タイピングの上達速度が大きく変わります。 正しい指でタイピングする キーボードには最適な手の配置箇所が決まっており、その基本となる場所を「 ホームポジション」と呼びます。 まずはこのホームポジションを覚えましょう。 ホームポジションでは、人差し指が右手は 「J」、左手は 「F」に置かれます。 パソコンのキーボードで 「J」と「F」には突起が付いているので、これを目印にすることで、手元を見なくてもキーボードを打ちながら手の位置を把握することができます。 そして、ホームポジションに手を置いた時、最も効率的にキーを押せる指が正しいキーの押し方になり、以下の図のようになります。 慣れないうちは自分の打ちやすい指でキーを打ってしまうと思いますが、決められた指でキーを打つ方が最終的には絶対にタイピングが速くなります。 慣れるまでは違和感があると思いますが、是非覚えましょう。 また、決められた指でキーを打つには、姿勢も大事です。 姿勢が悪いとタイピングが遅くなります。 「」 正直、厚労省のガイドラインは文字が多くてわかりにくいので、ポイントだけ抽出すると以下のようになります。 ディスプレイは視線の高さより下に設置低く• ディスプレイまでの距離は40cm以上• 肘の角度は90度以上• 無理なくキーボードに手が届く Fujitsuがもう少しわかりやすくまとめてありますので、より詳しい姿勢に興味のある方は以下を参照ください。 キーボードを見ない キーを打つ時、キーボードを確認しながら作業していると、視線が手元と画面を行ったり来たりします。 そのため、入力速度が遅くなるので、キーボードを見ないでタイピングするようにしてください。 因みに、キーボードを見ないで打つことを、 タッチタイピング 又はブラインドタッチなど と言います。 タイピングを速くするためには必須のスキルとなるのでぜひマスターしましょう。 タッチタイピングをしようとすると、最初のうちはどこに何のキーがあるかわからないと思いますので、まず各キーの位置を覚えることから始めます。 「e-typing」のレベルチェックや練習モードでは、キーボード及び使う指の図が表示されるので、練習を続けているとキーの位置が何となく覚えることができます。 また、練習時は、図を参考にしながら手元を見ないで指の感触だけで目的のキーを探すようにして下さい。 慣れないうちは、キーボードを見てしまいますが、「J」と「F」の突起でホームポジションがわかりますので、そこを起点に手元を見ないで各キーを打つ練習をします。 自分の苦手を把握する タイピングの練習をしていると、 頻繁にキーの場所を間違える、 特定のキーだけ何度も打ち間違えてしまう、といった 自分の苦手な部分がわかってきます。 まずは、自分が 苦手としている動作をしっかり把握しましょう。 e-typingでは、自分がどこでミスをしたかがわかるので参考にできます。 そして、苦手部分が分かったら、そこを重点的に練習しましょう。 特定の苦手部分が全体のタイピング速度をかなり遅くしている場合もあるので、改善するだけでタイピング速度が大幅に早くなることがあります。 使いやすいキーボードを買う 使いにくいキーボードを使っていると、入力ミスが増えたりタイピングが遅くなったりします。 特に「自宅はデスクトップで、外出時はノートPC」のように使い分けを行っていて、それぞれのキーボードのサイズが異なる場合は、片方のキーボードではスムーズに入力できるけど、もう片方では入力ミスが増えるということが起こり得ます。 そんな時は、 持ち運びできて 使いやすいキーボードを別途購入するといった方法も有効です。 使い勝手は人によって変わりますので、自分に合ったものを探してみましょう。 個人的にお勧めなのは、ノートパソコン、タブレット、スマホ、いずれのデバイスにも使えるBluetoothタイプのキーボード 「ロジクール Logicool Bluetoothワイヤレスキーボード K380BK」です。 どのデバイスを使う場合でもキーボードを変える必要がないので、タイピングミスが増えたりタイピングが遅くなる心配がありません。 辞書登録を使う 変換で一発で自分の使う単語に変換されないと、変換候補の中から目的のものを探さなければならず時間がかかってしまいます。 例えば、自分の名前を良く入力するのに、変換候補に漢字が含まれていない場合などは、辞書機能に登録しておくと、スムーズに変換できます。 入力回数を減らす ここでは、ある程度タイピングが速い中級者以上向けのテクニックを紹介します。 入力数が少ないキーを覚える ローマ字入力する場合、いくつかの方法で同じ文字を入力できることがあります。 例えば、「si」「shi」「ci」のいずれを入力した場合でも「し」となります。 ただ、「si」「ci」では2回の入力で済みますが、「shi」だと3回入力しなくてはいけません。 なるべく少ない入力回数で済む方が速度は速くなりますので、「 し」や「ち」を3回入力している人は、2回を使うようにしましょう。 ローマ字入力の早見表は、以下のサイトを参考にできます。 同じキーを複数回入力をしない 例えば、「ん」が含まれる単語の場合、「n」を2回入力しなくてはいけないケースと、1回で済むケースがあります。 「任意(にんい)」のように、 「ん」の次が母音であれば、「ninni」と 「n」を2回入力する必要があります。 しかし、「今度(こんど)」のように。 「ん」の次が子音であれば、「Konndo」のように2回入力しなくても、「Kondo」のように 「n」が1回でも入力できます。 これは上級者向けになりますが、同じ指を連続で使うよりは違う指を使った方が速いので、ある程度上達した人はチャレンジしてみて下さい。 同じ指を連続で使わないようにする 「いか」と打つ場合「ika」というように打つ人が多いと思います。 「i」と「k」はどちらも右手の中指を使うため、連続して同じ指を使うことになります。 しかし、「いか」は「ica」と打つこともでき、この場合、全て違う指で打つことができます。 同じ指を連続で使うよりは、違う指を使う方が速く入力できるので、複数の入力方法がある単語などは、使い分けることができるとより速くなります。 おまけ 長時間のPC作業をする場合は、手首や肩の疲労によりタイピング速度が低下することもありますが、そんな時はリストレストというアイテムを使うことで安定したパフォーマンスを発揮できることがあります。 タイピング速度にムラのある人は、手の疲労が原因かもしれないので、リストレストを試してみると改善するかもしれません。 また、負担を軽減できるので、タイピングの練習を始めたばかりでまだ慣れていない人にもお勧めです。 まとめ• お勧めのタイピング速度を測定するサイト:e-typing• タイピングの速さ• 日本語ワープロ検定試験基準: 実務レベル: 10分で500文字の日本語入力、上級者レベル: 10分で800文字の日本語入力• e-type基準: 実務レベル: スコア209~299、上級者レベル: スコア300以上• タイピングを速くするコツ• 正しい指でタイピングする• キーボードを見ない• 自分の苦手を把握する• 使いやすいキーボードを買う• 辞書登録を使う• 入力回数を減らす 最小限の入力キーを使う、同じ指の連続使用を避ける タッチタイピングを身につけて、高速でタイピングできるようになれば、パソコン作業の効率は大きく向上します。 タイピング技術は、身につけておいて損はないので、自分のタイピングが遅いと感じている人は、もっとタイピングを速くしたい、という人は、今回紹介したコツを頭に入れて練習してみて下さい。

次の