ステンドラ・ジェネリック 通販。 ステンドラ(アバナフィル系ED治療薬)の比較、まとめ

【アバナ】(ステンドラジェネリック)の通販詳細

ステンドラ・ジェネリック 通販

セックスの途中で萎えてしまうことがある、なかなか勃起しなくなってしまった!こうした勃起不全症状(以下EDと記載)に悩んでいる方が年齢問わず増えてきていることを知っていますか?実はストレスや生活習慣など、意外と ひょんなことからEDになってしまう人が多いと言われています。 そんなEDの悩みを持つ方にオススメなのが、Vivus社のステンドラです。 ステンドラはこれまで使用されることの多かったバイアグラやレビトラなどのお薬の良いところを併せた 新しいタイプのED治療薬です。 バイアグラ、レビトラは効果を得るまでに約1時間かかりましたが、このお薬はとても 早く30~45分、早い人では 15分で効果が現れることもあるようです。 これだけ早いと、時間を気にしながら飲む必要がないのでうれしいですね!また、 食事の影響も受けにくいとされているので、空腹時を狙って飲む必要もありません。 ステンドラは2012年にアメリカFDA(日本の厚生労働省にあたる機関)から認可されていますので、 安全性も保障されています!発売されたばかりのお薬ですが多くの人に支持されているお薬です。 通常ポイントも他決済の2倍ポイントが付きます。 こちらも併せての付与ポイントとなります。 大変お得なこの機会に是非、お買い求めくださいませ。 【キャンペーン期間】 7月21日12時から7月31日15時まで 【注意事項】 ・現在配送遅延が発生しております。 ご迷惑をお掛け致しますが、別途記載の配送遅延情報をご確認くださいませ。 ・期間中のご注文、お振込みの方、条件両方が揃った方のみ対象となります。 ・お薬ラボの特典ポイントは、銀行振込み方のみ対象とさせて頂きます。 ・ご注文後いただき決済された後、3営業日以内にポイントが付与されます。

次の

アバナフィル ステンドラ・ジェネリック

ステンドラ・ジェネリック 通販

ピックアップ• オススメ商品• カテゴリー• ED治療薬• AGA治療薬• 女性薄毛治療治療薬• シャンプー・トリートメント• STD(性感染症)治療薬• 早漏防止薬• ナイトライフ• メンタル・脳(機能)• 肌ケア・トラブル• アンチエイジング• 多汗症・ワキガ• ホワイトニング• ダイエット・筋肉増強• 禁煙治療• その他• 関連コラム• ステンドラの目次• 日本国内においては未承認のため販売されていませんが、日本の厚生労働省にあたるアメリカの機関「FDA」で承認された薬です。 ステンドラは当初、日本で開発が進められていたものでした。 有効成分アバナフィルの開発研究を進めていた日本の田辺三菱製薬社が、 2001年に製造・販売権をアメリカのVivusse社に譲渡し、FDAで承認されたという経緯があります。 EDの直接原因である酵素PDE5の働きを阻止してスムーズな勃起を促すというメカニズムは従来のED治療薬と同じですが、数あるED治療薬の中で最も即効性があり、と並びつつも効果が持続するバランスの取れたED治療薬です。 早ければ服用後15分ほどで効果が現れたというデータもあります。 ED治療薬は服用のタイミングを計算するのが面倒ということで敬遠していた方にもお薦めの薬と言えます。 ステンドラは精力剤ではない ステンドラは、有効成分アバナフィルの働きでペニスの血管を拡張し、陰茎組織への血流量を増加することによって勃起不全を解消するED治療薬です。 視覚や聴覚、触覚を通して与えられる性的刺激があって初めて勃起のメカニズムが働き、アバナフィルが効果を発揮します。 この薬自体に性的欲求を高めて勃起を促す、いわゆるのような働きはないので、その点には注意する必要があります。 その他のED治療薬との違い ステンドラが登場する2012年より前、ED治療薬といえば、、の3大ED治療薬と韓国で製造されたザイデナでした。 これらとステンドラとの間には違いがあります。 ステンドラの作用のメカニズムは、その他のED治療薬と同じく 勃起を妨げる酵素PDE-5を阻害し、勃起に必要なcGMP(環状グアノシン一リン酸)を分解させずに、十分な血液量を陰茎内部に運ぶことで勃起を保つまでは同じです。 しかし一方で、その効果が現れるまでの時間がこれまでのED治療薬に比べ格段に早いという大きな違いがあります。 ステンドラは服用後15分というより早い時間で効果を現します。 またその効果がピークに達するのは服用後3~6時間とバランス性に優れています。 力強さがバイアグラ、即効性はレビトラ並みの効果があることから、新しいED治療薬として今注目を集めています。 ステンドラジェネリックとは 2012年にアメリカのFDAによって承認されて販売がスタートして以降、欧米を中心に新たなED治療薬として注目されているステンドラですが、2019年現在、日本では承認されておらず、ED専門クリニックなどの医療機関でさえ処方してもらうことはできません。 一方、世界的にはすでに高い評価を受けているステンドラは、特に効果が現れるまでの時間が短いこと、副作用が他のED治療薬に比べて少ないことで多くの支持を集めています。 現在国内の医療機関でED治療薬の処方と言えば上項にも並べた3大ED治療薬のみですが、良い所取りをしたステンドラ、またそのジェネリック医薬品は通販サイトを利用しなければ購入することができない、日本では特別なED治療薬なのです。 ジェネリック(後発医薬品)とは ジェネリック医薬品は、後発医薬品とも呼ばれ先発医薬品の特許期間が切れた後に、同じ成分、同じ製造過程で開発され、販売されるお薬のことです。 含有成分や効果などは先発医薬品と同等でありながら、価格を抑えて購入することができ、医療費においては、患者の自己負担額の削減にも繋がっています。 また、お薬によっては価格が安いだけでなく、薬の形状を改善するなどして、飲みやすくするための工夫が施されている場合も多く、先発薬で補いきれなかった不足点を改良して販売されているものも多く存在します。 ジェネリック医薬品と聞くと、多くの人がまだ知識不足のため嫌がる人も多いのが現状ですが、ジェネリック医薬品を販売するにあたって承認審査があります。 この承認審査では先発薬の成分と比較して 成分・品質・効き目・安全性など厳しい試験に合格したものだけが販売されるため、安心して服用することが可能です。 ステンドラとの違いは? ステンドラとそのジェネリック医薬品との大きな違いは、味や形状そして価格にあります。 有効成分は上記でお話ししたようにいずれも同じアバナフィルとなっているため効果は全く同等の物となります。 ジェネリック医薬品は別名、後発医薬品とも呼ばれ、成分の変更は認められませんが味や形状の変更は問題ないとされているため、大きさを小型化したり、味が付いて服用しやすいものも登場しています。 また、先発薬を製造するように開発費や臨床試験の費用をかけることがないため、その分価格を抑えることで安値販売されるのも違いの1つです。 ステンドラジェネリックがオススメな人 ステンドラやそのジェネリック医薬品の最大の特徴はレビトラにも負けない即効性とバイアグラと同等の力強さを兼ね備えている点になります。 しかし同時にED治療薬を服用することはできず、どちらか一方のメリットを取るしかありませんでした。 ステンドラは双方の良いところを兼ね備えていることから、どちらを選択するか迷っている人にはおススメな商品です。 また、先発薬であるステンドラでさえ日本国内では承認を受けていないため入手することができず、医療機関を使ってED治療薬を入手している人は、保険適用外となり、高額の医療費がかかっています。 経済的負担を減らす意味でもステンドラのジェネリック医薬品は非常にお得です。 副作用の点でも他のED治療薬と比較して、少ないとされています。 過去に違うED治療薬で副作用が生じてしまった方でも、ステンドラやステンドラジェネリックであれば副作用の悩みも軽減できるでしょう。 その点でもお薦めできる商品となっております。 海外のステンドラジェネリック ・ドラスマ インドのLecmaz(レクメズ社が製造販売している製品です。 丸く白い錠剤が特徴で、日本人が監修に入っていることから安心面でも高い商品です。 ネットのくすり屋さんでは1錠500円(最安値)~購入可能です。 ステンドラジェネリックを通販で購入するメリット 先発薬であるステンドラ自体が日本で未承認のため販売されておりません。 そのため、ステンドラジェネリックも当然ですが日本では処方されることがないため、通販サイトを利用する以外は入手不可能となります。 バイアグラとレビトラを兼ね備えた力を持つステンドラを入手できるだけでもメリットが大きいかと思います。 また、従来のED治療薬を国内の正規ルートで入手する場合、 診察費用、検査費用、薬代、場合によっては交通費などすべてが実費扱いとなりますが、通販サイトではそういった費用を必要とせず、スマホ1台で注文可能な面でも魅力の1つです。 どこでも 手軽に注文することができ、誰かと顔を合わせてしまいプライバシーが損なわれる必要がない、日本国内では購入できないステンドラの購入、これこそが通販サイト最大のメリットでしょう。 ステンドラの偽物に注意 ステンドラは第4のED治療薬として世界的に人気を集めています。 その人気に乗じて、通販サイトの中には偽物を取り扱っている悪徳サイトが見られます。 ステンドラと称して中身が違うものを販売していたり、支払いを済ませても一向に届かず、問い合わせようとするとそのサイトはもう消えていたりと、非常に悪質な行為が行われていることもあるようです。 市民が信用しているクリニックでさえも 一部悪質な医療機関では販売しているなど、国内未承認の医薬品は店頭に並んだりクリニックで処方されることは絶対にありません。 偽造品のステンドラを服用してしまうと、思わぬ副作用、健康被害を受けることになるため、絶対に購入や服用は避けることが大切です。 有効成分アバナフィルとは EDの直接的原因は、 PDE-5(ホスホジエステラーゼ5)という酵素が活性化することで、勃起に必要なcGMP(環状グアノシン一リン酸)を分解してしまい、勃起状態が持続できない状態となっています。 性的興奮度が高まると、男性は脳から性器へとサインを出し、結果的にcGMPの量が増え、血液が性器内部の海綿体へと流れ込むことで勃起します。 アバナフィルには、勃起の妨げになるPDE-5の働きを阻害する働きがあり、勃起に必要なcGMPの濃度を高め、十分な血液量が性器に行き渡ることでEDが解消されます。 また、性的興奮が静まると勃起状態を維持しているcGMPへPDE-5が働きかけて、ペニスを静めますが、アバナフィルの効果が持続している時は、PDE-5へ働きかけているため、ペニスが静まりにくく、勃起状態を維持することができます。 また、アバナフィルには、胃腸で溶けやすい性質があり、その分だけほかのED治療薬の有効成分よりも最高血中濃度に至るのが早いという特徴があります。 アバナフィルの臨床試験結果 アバナフィルがEDに対して効果を認められたのは、臨床試験でしっかりと効果を立証できたためです。 EDに悩む男性を対象にアバナフィルを服用してもらい、割合を出したところ、臨床試験前では膣内成功率が46%、射精まで性行為を続けられたのは、わずか13%程度でした。 臨床試験ではアバナフィル100mgを服用し、性行為を行ってもらったところ 膣内成功率が46%から73%、射精まで性行為を続けられたのは13%から57%まで上昇しています。 同時にアバナフィルの用量50mgも検証され、挿入成功率64%、性行為が射精までできた割合57%と、どちらの用量でも大幅にEDが解消されたことから、アバナフィルの効果が立証されています。 ステンドラの服用方法 ステンドラの基本的な服用方法は、性行為の30分前、空腹時に成分量50mgを服用することが推奨されています。 1回で服用できる上限は200mgまでで、次に服用するまでには24時間以上の間隔を空ける必要があります。 小柄な日本人にとっては50mg程度がちょうど良いとされていますが、日本人でも大柄な体型の男性は50mgでも効果を得られない可能性もあるため、低用量から初めて、自身に合った用量を決めてください。 効果をより得るために、成分量を増加することは危険であるだけでなく意味がありません。 初めてステンドラを服用する方は50mgから服用し、効果を感じづらい場合は成分量を増やし、ご自身にあった適切な量を理解することが大切です。 用量や服用方法を守らなければ確かな効果を得られず、重篤な副作用が生じる恐れもあるので十分注意が必要です。 さらにステンドラの効果を最大限に安全に引き出すためには、正しい服用方法と気を付けるべきことを把握する必要があります。 食事との関係 ステンドラは、他のED治療薬と比較し、食事の影響を受けにくいと言われてはいますが、やはりまったく受けないというわけではなく、効果が十分に得られない場合もあります。 空腹時に服用するか、あるいは食後、消化がある程度進んでから服用するのが正しい方法です。 ステンドラは、服用後早ければ15分ほどで効果を発揮し始めます。 どうしても食事が避けられない場合は食後2時間後に服用することでどんな食べ物でも消化され、効果が存分に発揮されます。 アルコールとの関係 ステンドラ服用にあたって、食事やアルコールの影響を受けにくいとされています。 医薬品の中には、服用の前後には絶対にアルコールを口にしてはならないと決められているものもありますが、ステンドラの場合はあまり気にする必要はありません。 少量であれば、アルコールは心の緊張を解きほぐして性的な刺激や快感をより高める働きがあり、EDの症状をやわらげる効果があります。 ただし、口にするアルコールの量が多すぎる場合は身体機能が全体的に下がるために感覚が鈍り、ステンドラジェネリックを服用しても性行為に支障をきたす場合やアバナフィルによって血管が拡張していることから アルコールが回り過ぎて急性アルコール中毒を引き起こす場合もあります。 飲み過ぎないことが大切ですので適量に収めてください。 グレープフルーツとの関係 グレープフルーツをはじめとした一部の柑橘類には、フラノクマリンという成分が含まれており、体内にある代謝酵素の働きを阻害します。 フラノクマリンの働きによって、薬の成分の分解が遅くなり、過剰に体内に吸収されてしまうといった現象が引き起こります。 過剰摂取となってしまうと副作用が強く出る場合もあるため、フラノクマリンが含まれる柑橘系は併用しないようにしてください。 クレープフルーツジュースにもフラノクマリンが含まれているため、注意が必要です。 レモン、ミカン、オレンジ、ゆずなどの一般的に多く食される柑橘類にはフラノクマリンは含まれておりませんが、八朔、甘夏、ライム、ざくろなどにはフラノクマリンが含まれています。 ステンドラの副作用 医薬品には全て副作用というものが存在します。 それはステンドラのジェネリック医薬品も例外ではありません。 薬の本来の目的通り働く効果を主作用といい、本来の目的以外で出てしまう効果を副作用と言います。 一般的に薬に含まれる成分は、1つの症状にのみ作用するわけではなく、望む治療効果以外にも作用してしまう場合が多いです。 服用時の体の体調によって副作用が生じる場合や、成分に対するアレルギー症状が副作用として生じる場合があります。 起こりやすい副作用 ・顔のほてり ・鼻づまり ・頭痛 ・動機 ・目の充血 ・血圧低下 これらの副作用はステンドラの臨床試験にて多く確認されたものです。 いずれもアバナフィルによる血管拡張作用によって引き起こされているもので、軽度なものになります。 血管が拡張し、血流が良くなっていることで顔のほてりや動悸、目の充血などが起こります。 鼻づまりは鼻腔の毛細血管が圧迫されることで引き起こし、頭痛に関してはこめかみ付近の神経を圧迫することで引き起こしています。 どれも一時的な症状であり、アバナフィルの持続時間である6時間を経過すれば、解消されていきます。 深刻に捉える必要はありませんが、症状が重い場合や長引く場合には、医師にご相談ください。 重篤な副作用 ステンドラジェネリックの副作用で本当にごく稀に確認される重篤な副作用が存在します。 ・非動脈炎性前部虚血性神経症 ・プリアピズム 上記のような重篤な副作用が生じる可能性があります。 これらの副作用の症状が現れた場合、直ちに服用を中断し、医師にご相談ください。 軽い副作用は効果のあらわれ? 初めてステンドラやそのジェネリック医薬品を服用した方であれば、どのタイミングで効いているのか分からない場合も多いでしょう。 目安としては、軽度の副作用が生じたタイミングであれば、既にアバナフィルが身体に馴染んている証拠だと捉えて問題ありません。 アバナフィルには血管を拡張する作用があるため、顔のほてりや充血などが現れます。 つまり性器周辺にも十分な血液が行き届くサインでもあるため、目安とすることができます。 ステンドラの併用禁忌薬・注意薬 医薬品を服用する際には、併用禁忌薬と併用注意薬というものが存在します。 併用禁忌薬はステンドラと一緒に服用することで体に重大な影響を与えてしまう可能性のある医薬品です。 ステンドラを服用する際には、自分が現在服用中の薬をしっかりと確認する必要があります。 併用注意薬はステンドラと一緒に服用することで体に様々な影響が及ぶ可能性があり注意が必要な医薬品です。 薬の効果を弱めてしまったり、逆に強めてしまう場合があるので、注意してください。 併用禁忌薬 ・硝酸剤及びNO供与剤 (ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビドなど) 併用することで降圧作用を強めてしまう恐れがあります。 ・アミオダロン塩酸塩 併用することでQTc延長作用が強めてしまう恐れがあります。 ・CYP3A4阻害薬 (抗生剤、抗HIV薬、ケトコナゾールなど) 血中濃度の上昇により、血中半減期が減少する恐れがあります。 狭心症や心不全などに用いられる硝酸剤と併用すると、降圧作用が重複し、著しい血圧低下を招く恐れがあるため、併用は禁止されています。 その他の医薬品も同様に、低血圧を引き起こす可能性があるため、併用してはいけません。 併用注意薬 ・グレープフルーツ 成分の分解が遅れることで必要以上に吸収し、副作用を招く恐れがあります。 ・CYP3A4阻害薬・誘導薬 ・降圧剤 併用することで一時的に血圧が下がりすぎると、めまい、たちくらみを起こす恐れがあります。 ステンドラを服用してはいけない方 ・重度の肝機能障害のある方 ・重度の腎機能障害のある方 ・低血圧、医師の診断がされていない高血圧の方 ・脳梗塞、脳出血、心筋梗塞の既往歴が最近6ヵ月以内にある方 ステンドラ、またはそのジェネリック医薬品を服用して過敏症になったことのある方は服用しないでください。 再度服用すると、過敏症が強く表れる恐れがあります。 アバナフィルを服用した状態での性行為は脳や心臓、血管に負担がかかるため、血圧に異常がある方や、心血管系の持病がある方も服用しないでください。 同様の理由から、半年以内に脳や心臓の疾患を患った方も同様です。 アバナフィルは、肝臓で代謝を受け、その後腎臓で排泄されるため、腎機能、肝機能の障害がある方は、アバナフィルが血中に留まってしまい、高い血中濃度となる恐れがあるため服用できません。 ステンドラの豆知識 日本国内においては未承認のため販売されていないステンドラですが、世界的には多く利用されています。 保存する場合には、直接日光や高温多湿を避け、室温で保存します。 ED治療薬の中では比較的新しいED治療薬であるため、まだまだ種類が少ないのが現状です。 しかし、その効果はこれまでにない、即効性と力強さを兼ね備えつつも、副作用の少ないアジア人に人気のED治療薬となっています。 ステンドラの開発史 ステンドラは現在、アメリカに本社を構えるVivus社で製造・販売が行われています。 しかし、ステンドラの主成分であるアバナフィル、 実は日本の製薬会社で開発が進められていたものであるという経緯があります。 もともとは、アスパラドリンクなどの製品を世に送り出している田辺三菱製薬社が、即効性があり副作用の少ない、アジア人の体にもほどよくなじむED治療薬として開発を進めていたものでした。 そんなアバナフィルは2001年、Vivus社に製造販売権が譲渡され、2012年にアメリカでの承認を受け、ステンドラとして販売がスタートしたのです。 アジア人の体質にあったED治療薬 ステンドラは日本で開発が進められていたこともあり、アジア人になじみやすいED治療薬といわれています。 開発途中から、アジア人向けのED治療薬が開発されるということで注目を集めていました。 従来のED治療薬だと、アジア人は海外男性と比較し、小柄ですので服用量に気をつけなければ副作用が出やすいというのがネックでした。 しかしステンドラは日本で開発がスタートしたということもあって、より気軽にアジア人が服用できるED治療薬として注目されているのです。 ステンドラは女性にも効果がある? ステンドラの有効成分であるアバナフィルには血管を拡張させ、血流を増やす働きがあります。 女性には陰茎海綿体や尿道海綿体といった組織がないため、勃起という現象は起こりえませんが、血流の増加によって女性器周辺の血流が良くなることでより敏感になり、快感を得やすいようになる可能性はあります。 女性が服用することで、副作用であるめまいや頭痛といった症状を引き起こすだけで思ったような効果が出ない可能性もあるため、そのような効果を得たい場合には女性用バイアグラ、媚薬などの使用をお薦めしています。 ステンドラジェネリックに関するよくある質問 Q. ステンドラジェネリックを通販で購入するのは違法ですか? A. 結論からいえば、違法ではありません。 個人で服用するために通販を利用して医薬品を海外から輸入することは認められています。 ただし、あくまでも個人使用に限って認められているという点には留意すべきでしょう。 たとえば個人で輸入したにも関わらず、それを他人に譲渡・転売する行為は禁止されています。 ちなみに、薬事法で使用が禁止されている医薬品を輸入することはできません。 ステンドラジェネリックの本物と偽物を見分けるにはどうすればいいですか? A. ステンドラやそのジェネリック医薬品は日本で承認されていないので、実際に医師の保証がある本物を目にする機会はなかなかありません。 そのため見分けるのは困難ですが、方法がないわけではありません。 たとえばインターネット上にアップされている商品画像と品物を比較して形状やサイズを見比べるという方法があります。 ステンドラジェネリックはいつ国内で処方されるのでしょうか? A. ステンドラやそのジェネリック医薬品は、もともと有効成分であるアバナフィルの開発が日本で進められていたにも関わらず、現在は日本国内での販売の認可が下りていません。 いつ認可が下りるのか、処方されるようになるのかということも現在のところ明らかになっていません。 とはいえ通販による個人輸入は盛んです。 クリニックに足を運び、医師と顔を合わせて診察を受ける必要もなく、気軽に手に入れることができます。 成分量が多いステンドラのジェネリック医薬品はどうやって服用すればいいですか? A. ステンドラのジェネリック医薬品は1錠あたりの成分量が50~200mgとさまざまですが、日本で定められているED治療薬の基本的な用法用量は50mg錠を1日1錠です。 多すぎる場合はより成分量を減らし、少なすぎる場合は成分量を増やします。 お手もとのステンドラジェネリックが100mg、200mgのものである場合は、錠剤を固定して鋭い刃で割ることができるピルカッターを使用するのがお薦めです。 2分割、4分割することで服用する量を調整できるでしょう。 ステンドラは、服用してから最短15分というレビトラを超える即効性、また副作用が生じる可能性が低いというシアリスのような安定性を備えています。 これまでに世に出たED治療薬の、まさにいいとこ取りです。 そんな優れた薬が生まれた背景には、そもそも有効成分アバナフィルの開発が日本の田辺三菱製薬でスタートした当初、即効性が高く、誰もが安心して服用できる副作用の少ないED治療薬を目指していたことがあると言えます。 2001年、アメリカのVivus社に製造・販売権が譲渡されたあともそのスピリットが生き続け、今に至っているのです。 関連ページ その他のED治療薬• ・ 世界初のED治療薬です。 他のED治療薬と比較して、力強い勃起力が特徴です。 ・ 世界で3番目に開発されたED治療薬です。 他のED治療薬と比較して、持続する時間が長く、副作用も少ないのが特徴です。 ・ 世界で2番目に開発されたED治療薬です。 他のED治療薬と比較して、即効性に優れており、服用後早い段階で効果を発揮します。 ・ ED治療薬の中でも新しい治療薬です。 他のED治療薬と比較して、即効性に優れつつ、比較的身体の小さいアジア人向けに製造されています。 参考サイト ・.

次の

【ランキング】通販で買えるED治療薬のおススメはどれだ!

ステンドラ・ジェネリック 通販

アバナフィル [ステンドラ] 2012年に承認されたばかりの最新ED治療薬ステンドラのジェネリック医薬品 アメリカで、許可されているED治療薬で、バイアグラと一緒のPDE5阻害薬です。 陰茎の血管を広げて、血流を促し、 EDを改善します。 ED治療薬でシェア最大のバイアグラは、服用後、効果が表れるまでに30分〜1時間を要しますが、 今回発表されたステンドラはバイアグラより大幅に短い15分以内で効果が表れるということです。 更にステンドラは食事の影響を受けにくということがこの薬の特徴です。 食前、食後、食事と同時併用も可能 頭痛、鼻づまり、鼻咽頭炎、顔の発火、背中の痛みが起こる可能性がある。 当サイトはお客様のご要望により運営されており、当サイトを利用することによって世界中の先進医薬品および未承認薬を購入することができますがあなたの持病に対しアドバイスするものではありません。 当サイトに表示される製品の情報(使用方法、成分、効果、効能、副作用、使用上の注意)は、できる限り正しい情報を掲載するよう努めておりますが情報は間違っている可能性もあり、医療専門家によって提供されるものではありません。。 当サイトはあくまでも、お客様のご要請により個人輸入の代行を承っております。 ご購入された医薬品に関する使用は、医師の指導のもと自己責任でお願いいたします。 個人輸入された医薬品、サプリメントの使用で万が一、健康被害にあった場合の保証が無い事を理解したうえで、ご利用くださいませ。

次の