トトリ の アトリエ ps4。 【PS4版】トトリのアトリエDXレビュー

トトリのアトリエDX攻略メニューページ

トトリ の アトリエ ps4

トトリのアトリエ 〜アーランドの錬金術士2〜• 記事の最後では、アトリエシリーズ最新作の『ルルアのアトリエ 〜アーランドの錬金術士4〜』についても紹介しています。 アトリエシリーズとは? 主人公は錬金術師となって、アイテムを調合したり街の人の悩みを解決したり、ときにはバトルをしたりしながら物語を進めていきます。 アトリエシリーズは2017年に20周年を迎え、これまでに20本ものソフトが発売されています。 そしてレビューサイトでも軒並み高評価で、長らくファンに愛されている作品です。 私もプレイする前から評判が良いのは知っていましたが、パッケージを見て「どうせ萌え要素が強いだけのキャラゲーだろ」と思ったきりでした。 ある日1つのゲームをやり終えて、次の新作が発売されるまでどうしようと何となく手に取ったのが、 「ロロナのアトリエ 〜アーランドの錬金術士〜」でした。 あまり期待せずにとりあえず繋ぎの意味でプレイしてみたところ、ドはまりするという 笑 気づいたら暇を見つけては探索と調合を繰り返して、良いアイテムを作ることだけに没頭してしまいました。 私と同じように、「人気があるのは知ってるけど、美少女のイラストがなんとなくオタクっぽくてキモい」と敬遠している人はいませんか? 確かに萌えキャラが出てきたり百合っぽい展開もあったりして、正直プレイするのを止めようかなと思うこともありました。 そういうのに耐性がある人は、とりあえず騙されたと思ってプレイしてみてください。 …と言いたいところなんですが、ソフトの数が多いのでどれから始めたらいいか困ると思います。 ロロナのアトリエ 〜アーランドの錬金術士〜• トトリのアトリエ 〜アーランドの錬金術士2〜• メルルのアトリエ 〜アーランドの錬金術士3〜 のように3つの物語(3つのソフト)で構成されていますが、前編・中編・後編のような繋がり方はしていないので、そこは安心してくださいね。 確かに時系列で追っていった方が前作のキャラクターやネタが出てきたりして、思わずニヤリとすることもあると思います。 ですが私は、アトリエシリーズの魅力は物語よりもアイテムの合成と調合にあると思っています。 ソフトごとに物語やキャラだけではなく、アイテム合成や調合といったゲームの根幹のシステムも一新されているので、どれから遊んでも新鮮な気持ちでプレイできるというのもポイントです。 前置きが長くなりましたが、ここからはPS4で発売されているアトリエシリーズの中から、2つのおすすめのソフトを紹介していきます。 アトリエ初心者の方でも気軽に錬金術士気分を味わえるように、ナンバリングは無視して調合システムが分かりやすいものをピックアップしてみました。 【PS4版】トトリのアトリエ 〜アーランドの錬金術士2〜• ロロナのアトリエ 〜アーランドの錬金術士〜• トトリのアトリエ 〜アーランドの錬金術士2〜• 行方不明となった母親の軌跡をたどるため、主人公・トトリが仲間とともに冒険者として「アーランド」の世界を巡る。 調合・探索・戦闘を駆使して依頼を達成し、冒険者として、錬金術士として成長していくトトリ。 母の歩んだ道をたどったその先、旅の終わりにトトリを待つ物語を一緒に体験しよう。 引用: 調合システムはアトリエシリーズの中で一番わかりやすい 引用: まず簡単に調合システムについて説明していきます。 調合とは異なるアイテムを組み合わせて全く別のアイテムを作り出す合成システムです。 それにはアイテムの設計図にあたるレシピと、素材となるアイテムが必要になります。 今作は素材の特性を引き継ぎながらコストレベルを上げていく、シンプルながら奥深い調合システムへと進化を遂げています。 アイテムの種類と品質、材料についている特性、完成したアイテムのコストレベルの3つの要素が強いアイテムを調合するのに重要になってきます。 そのためには良い効果のつく素材を使っていくのがビギナー卒業の第一歩なので、失敗を恐れずに色々なパターンを試してみましょう。 バグやフリーズ、ゲームの強制終了がある• とあるエンディングを見るためには所持金が影響してくるのに、お金が貯まりにくいシステムになので苦労する• 萌え要素が強い。 男女の恋愛要素はあまり無い代わりに、百合をイメージさせるものが多い 萌えキャラは人を選ぶかも 引用: 特にトトリの姉のツェツィの人気が高く、他にも個性豊かなキャラが登場します。 一人ひとりに固有イベントも用意されているので、必ずお気に入りのキャラが見つかるはずです。 オマケ要素として、前作の主人公や子供だったキャラが成長した姿で登場します。 ですが物語にガッツリと絡んでくることはないので、今作から始めた人でも置いてけぼりを食らうことはないはずです。 萌え要素が多めなので好き嫌いが分かれるかもしれませんが、調合のチュートリアルも丁寧でわかりやすいのでおすすめです。 【PS4版】 ソフィーのアトリエ 〜不思議な本の錬金術士〜• 駆け出し錬金術士のソフィーと一緒に、錬金術の記憶を再生する旅へ出掛けよう。 錬金術士・ソフィーを主人公に、わかりやすくなった調合システムやファンタジー感あふれる冒険を楽しめる本作。 材料の採取や調合、時には魔物との戦闘を通じて、ソフィーの成長が描かれていく。 時間経過で天候や人々の生活が変化し、それに応じて多彩なイベントが発生するのも特徴だ。 街はずれのアトリエに住むソフィーは、錬金術が何より大好きな女の子。 しかし、独学による調合は失敗続きで、錬金術の師匠もいないソフィーは限界を感じていた。 そんなある日、ソフィーはアトリエの本棚にしまわれた1冊の本と出会う。 それは自らの意思で動き、言葉を発し、プラフタと名乗る不思議な本。 プラフタの教えを受け、錬金術士として成長していくソフィー。 やがて彼女は、かつて人間だったというプラフタを人の姿に戻すため、さらなる一歩を踏み出していく。 アトリエシリーズでは初!パズルみたいな調合が楽しい ここからは簡単に調合システムについて説明していきます。 調合は今までのシリーズとは違い、パズルのように材料をはめ込んでいくシステムに変わっており、レシピも調合やバトルの中で思いついていきます。 まず釜に入れる材料を選びます。 同じ材料でもサイズや特性にバリエーションがあり、完成アイテムに大きく影響してきます。 次に調合釜を選択。 その種類によって入れた材料を回転させたりパネルの数が多くなったりと、いろんな効果があるので、目的に合った釜を選びましょう。 そして材料をパネルにはめ込んでいきます。 パネルを埋めたり同じ属性のパネルが多かったりするほど完成アイテムの品質が高くなります。 全て入れ終わると、一番パネルを埋めている属性の分だけ完成アイテムに効果が上乗せされます。 最後に入れた材料それぞれが持っている特性を完成アイテムに引き継いで調合終了。 錬金術のレベルが上がると引き継げる特性の数も増えていくので、どんどん調合していきましょう。 適当に材料選ぶだけでもそれなりのアイテムが完成するので、今までのシリーズよりも直感的になっていると言えます。 日数制限が無くなったので、のんびりと探索できるのでおすすめ 調合システム以外にも日数制限にも大きな変更がなされています。 それは今までのアトリエシリーズにあった日数制限が無くなったことです。 それによるメリットとデメリットを、ネットのコメントから幾つか紹介していきます。 デメリット• 月の課題みたいなものも無いので、いつまでに〜しなければならないような緊張感が無い。 これは良く言えば自由度が高いわけだが、悪く言えば直近の目標が無く退屈になる危険性がある• 期限に向かってある程度計画的に調合や採取をしていくことこそが、アトリエシリーズの醍醐味• 効率を考えて調合と採取をしてエンディングを目指すのが好きな方にはおすすめできない …PS4でアトリエシリーズを始めるなら入門に最適だという声が多かった反面、従来のファンにとっては難易度的に物足りなかったようです。 ですが私は日数制限を無くしたのは英断だと思っています。 初めてプレイしたアトリエシリーズが「ロロナのアトリエ」だったので、周回プレイなどのやりこみ要素が減ったのは残念でしたが、その分ゆっくりキャライベントや調合に浸れたのは良かったです。 「アーランドシリーズ」は依頼を急かされたり後先き考えながら調合したりするのが煩わしい時があったんですが、このシリーズからは自分のペースで進められるようになって、それが一番嬉しかったです。 そのおかげでじっくり探索や調合が出来ましたし、溜まったサブクエストを好きな順番でこなしていくことにも役立ちました。 幼馴染や年上のお兄さんは出てきますが、「トトリのアトリエ」のような際立ったキャラは登場しないので、萌えを意識しすぎた、いわゆるお約束の展開もありません。 かと言ってストーリーが薄っぺらいかと言われるとそうでもなく、万人受けしやすいタイプになっていると思います。 調合システムはアトリエシリーズの中では普通ですが、パズルというシステムが斬新でした。 PS4でおすすめのRPGを探している人にも、この不思議シリーズはおすすめです。 追記:『ルルアのアトリエ 〜アーランドの錬金術士4〜』も初心者の人におすすめです アーランドシリーズ4作目に当たる『ルルアのアトリエ 〜アーランドの錬金術士4〜』は、このトトリのアトリエとソフィーのアトリエの良いところ取りをした作品になっています。 ナンバリングは4でメルルのアトリエから数年後の世界が舞台なんですが、こちらからプレイしてもストーリーが分からなくて置いてけぼりになることはありません。 もしもアトリエシリーズに興味が出てきたと言う人は、 という記事でも解説していますし、1周目をノーマルエンドでクリアした感想はという記事でもさらに詳しく解説しています。 どちらもネタバレは避けているので、気になった人は是非チェックしてみてくださいね。

次の

アーランドのアトリエのどれから?におすすめする順番を答える

トトリ の アトリエ ps4

同じ世界観の中の同一軸上で物語が展開され、登場キャラクターもある程度共通しています。 私は去年このシリーズに手を出してハマりました。 ロロナのアトリエ 記念すべきアーランドシリーズ第一作です。 PS3で2009年6月に発売されました。 その四年後にグラフィック、キャラクターのモデリング等を一新し、新要素を追加したリメイク版の「新・ロロナのアトリエ」がPS3とPSVitaで発売され、その二年後なんと3DS版で更にリメイク版が発売されました。 3DS版は「新・ロロナのアトリエ」にさらに新要素が追加されていますが、戦闘がシミュレーションRPGみたいになっていたり一部のシステムが大きく異なっているのが特徴です。 それにしてもロロナどれだけ人気なんだよ。 これからプレイしたい人はPS4かSwitchの移植版が発売するまで待つのが良いかもしれません。 どれからやるのがおすすめ? このシリーズにおいてどれからやるのか勧める時にやっかいな要素となっていることがあります。 それはシリーズ第一作の時系列上で一番古い「ロロナのアトリエ」がシステムを一新して一番最後に発売されてしまっているところです。 時系列順にプレイするか、システム順にプレイするか非常に悩むところです。 しかもシステムが一部違い「新ロロナのアトリエ」からさらに新要素が追加されている3DS版なんていうのもある。 この順番に落ち着いた根拠を書いてみる。 システムが不便になることはかなりのストレス アトリエシリーズは可愛い女の子がいっぱい出てきて、目と耳の保養になりイベントも楽しいゲームですが、 アトリエシリーズというゲームのウリというか真髄はあくまで錬金術とそれに関係する過程を楽しむことです。 限られた時間やお金で各地を回ったりモンスターを倒したりして材料を集めて錬金術を繰り返す、そういうゲーム。 なのでこの手のゲームでシステムの便利さはプレイする上で物凄く重要なのです。 そんな中 プレイしていくに従ってシステムが不便になっていくことは、この手のゲームではストレスになる可能性が高いです。 実際自分はメルルをプレイした後にトトリをもう一回プレイしたらそう感じた。 システム面ではトトリメルル新ロロナでトトリが一番古いので、やはりトトリのアトリエからプレイするべきだと考えます。 トトリから初めてシナリオは置いてけぼりにならないか? たまになります。 でも、トトリのアトリエはトトリが主人公で、あくまでトトリを中心にして話が進んでいくので、前作をプレイしていないと話の本筋がわからなくなるとかそういう事はないです。 ただ前作の知識があると話がより面白くなるよ、とそういうことです。 例えばトトリのアトリエのこのイベント、 ロロナのアトリエに登場したロロナ(中央)、クーデリア(中央左の座っている女性)、イクセル(右端の男性)、ステルク(左端の男性)の四人が前作に登場した人物の話で盛り上がっているのですが、トトリは全然知らないので?マークを浮かべる他ありません。 完全おいてけぼりです。 画像のトトリのセリフはトトリから始めたプレイヤーの心境を代弁しています。 逆に、ロロナのアトリエの事を知っている人にとっては物凄く印象に残るイベントになるでしょうが。 二番目はメルルか新ロロナか? 二番目は新ロロナをプレイした方が良いように思えます。 システムが古い順番からプレイすることを前提とするならメルルを推したい所ですが、• トトリメルル間とメルル新ロロナ間だとシステムの内容にあまり開きを感じない• メルルのアトリエはキャラクター、戦闘、ボスキャラ、ED等、あらゆるボリュームが他の二作より圧倒的に多い この二つの理由から先に新ロロナをプレイすることをお勧めします。 人物面も、トトリに登場しなかったロロナのアトリエの登場人物が何人か登場する。 トトリのアトリエをプレイしている時よりも、メルルのアトリエをプレイしている時の方が、登場人物の会話に?となることが多かったので、事前にロロナをプレイしていた方が色々楽しめたように思う。 特にアストリッドに関してはメルルのアトリエをプレイする前に絶対に詳しく知っておいた方が良い。 メルルからプレイすると悪い印象を植えつけられる可能性が高い。 システム面では新・ロロナのアトリエの方が洗練されているのだが、トトリメルル間の比ではない。 メルルのアトリエはボリュームが凄いので多分そんなに気にならない気がする。 新・ロロナには後日談としてメルルのアトリエのED後のメルルトトリの二人がタイムスリップしてくる、というエピソードがあるが、これはこの順番でプレイするならメルルのアトリエのED後にプレイすると良いかもしれない。 どれかひとつやってみたい ちなみに、三部作全部はプレイするつもりはないがどれか一つプレイしてみたい、という人にもトトリのアトリエをオススメします。 理由は以下の二つ。 手を出した結果ハマってしまって他のゲームにも手を出したくなることを考えると。 トトリのアトリエは単体のシナリオの評価が高い。 新・ロロナのアトリエの3DS版との比較 自分は3DS版をプレイしていないのですが、特徴を書き出すと• 戦闘システムは全然違う• PS3・PSVitaの新・ロロナのアトリエの要素はほとんど継いでいる• 難易度変更可能• キャラクターデフォルメ化• グラフィックは期待するな• アストリッドのアトリエ(アストリッド編)がある 気になるのは一番最後のやつです。 若き日のステルクとのエピソードや、ロロナが錬金術士にさせられたきっかけを描いている、とのことらしいですが、これは気になる。 新・ロロナとアトリエとメルルのアトリエはシステム面で酷似しているので(特に戦闘面はレイアウトもそっくり)新鮮さを求める人で、かつ3DSを所持しているなら、3DS版の新・ロロナのアトリエをプレイするのもありかもしれません。 トロフィーとか気にしている人はやめた方が良いが。 そういう人はどっちもプレイして、どうぞ。 理由はトトリはシステムが古いけど、新ロロナとメルルはそんなにシステムの利便性の開きがないから。 登場キャラクター等、ゲーム内容のボリュームがあるから真に楽しむためにも、メルルを最後に回すといいです。 追記:ルルアのアトリエ 2019年3月にルルアのアトリエ・アーランドの錬金術師4が発売されました。 アーランドシリーズ第四作目で、メルルのアトリエのさらに未来の世界を舞台に物語が展開されます。 システムは近日発売したアトリエシリーズのものに近く、過去シリーズではお馴染みで、アーランドシリーズにもあった締め切り要素は存在しません。 主人公はアーランドシリーズ初代主人公のロロナの娘、ルルアを中心に物語が進みます。 プレイヤーキャラクター含め登場するほとんどのキャラクターが過去シリーズの登場人物に縁のある人物ばかりで、 前作を知っていると知らないではお話の面白さは大分変わってくるのではないかという印象です。 自分的にはファンサービスのような作品という印象が強かったです。

次の

トトリのアトリエ ~アーランドの錬金術師2~ DX

トトリ の アトリエ ps4

286• 413• 813• 141• 133• 978• 120• 208• 819• 128• 1382• 253• 179• 102• 115• 102• 180• 104• 1375• 189• 155• 109• 162• 170• 120• 1345• 271• 218• 193• 138• 137• 110• 128•

次の