ドラクエウォーク 7章8話。 【ドラクエウォーク】7章こころ評価【アームライオン・シルバーデビル】

『ドラゴンクエストウォーク』第7章9話(7

ドラクエウォーク 7章8話

ドラクエウォークストーリー情報 第7章 呪われた約束 8話 あやしい眼差し アルマン王から語られた真実。 それを見つめる者がいるようだ。 村に来る途中、森を抜けたときに何者かの視線を感じるというアルマン王。 スラミチは「妖精さんかも?」と森に様子を見に行くことに。 森につくと視線の主はメーダロードでホラービーストを倒したことも何もかも見ていたと…そして親方さまにかわって始末すると戦闘になる。 メーダロードをやっつけたあと、もともと「王子が18歳になったら魂をもらいうける」という約束が親方さまの仕組んだこと、そしてあくまの正体がホラービーストではないことを知る。 属性ダメージアップ• 属性の耐性• 状態変化の耐性• 系統ダメアップ&耐性•

次の

【ドラクエウォーク】7章9話(ガーゴイル)の攻略とおすすめこころ|ゲームエイト

ドラクエウォーク 7章8話

今回は武器の組み合わせが大事なのでおすすめ武器セットも紹介しています。 ドラクエウォークのレベリングの基本 「1ターンで敵の攻撃を受けずに倒し切る」 これがドラクエウォークレベリングの基本になります。 その上で、 ・3キャラで倒す ・2キャラで倒す 2パン ・1キャラで倒す ワンパン ・呪文で倒す ・カットイン特技 ギガスラなど を使わない ・メタル処理キャラを入れる などなど各個人の好みに応じてレベリングパーティを組んで行きます。 ただ… 上級者は皆口を揃えて「最強のレベリング構成はゴシパラ2」と言います。 りゅうき兵やゴールドオークといったモンスターはガード率 攻撃を弾く確率 が高く、弾かれて0ダメージにされた場合1,000ダメージ近く失うことになります。 そのためミスやガードを念頭に「追加で1,000ダメージ出すカバー用のキャラ」を入れる必要が出てくるので、必中の呪文を使った快適レベリングが好まれているのです。 ひとつめピエロやりゅうおうのこころを組み込めば、ひたすらマヒャドを打ち続けることも追い風となっていました。 アームライオンは出現率が低すぎて無理でした!シルバーデビル調べたので許してください! ざっくりとした感想は「デコボコがすごい!」だと思います。 6章では幅広い武器が活躍できるように 後発のメラ,ジバリア,イオは露骨な耐性持ちがいましたが 、極端な弱点・極端な耐性持ちモンスターはいない設定がされていたのです。 幸い1本持っていれば相方は『ゴシックパラソル』で良いのが救いでしょうか? なお、新武器『バロックエッジ』の全体スキル「ラッシュバースト」はイオ属性でモーションが非常に早いので、物理で考える場合優先して使いたい武器になります。 バギの代表といえば『黄竜のツメ』 リリース初期からカットイン大火力として常に第一線で活躍してきた武器です。 他には、• しかし、このカップルどちらも鈍足なため素早さについては気をつける必要があります! 特に夜出現のマッドフィンガーは推奨素早さ450なので要注意です。 最後にデインですが個人的に感動したのが『りゅうおうのつえ』とのコラボで確定2発できることです。 ゾーマS手に入ったら全敵行ける可能性あり。 検証データから各属性「通りの良さ」の配点を決めた上で、シールドオーガの守備力 468 を基準に算出した等倍与ダメをもとに数字を出しています。 ざっくり1,600ほど出せば7章モンスターは倒せるので、 大火力:ラーミア・ボル鞭・黄竜・ロト 中火力:アリ剣・バロック・冥獣など この大火力+中火力で2パンできないか?を考えていく形になります。 7章レベリング2パン狙える組み合わせ表 「こんな構成いいよー!」というおすすめあったらTwitterでリプもらえると嬉しいです!.

次の

【ドラクエウォーク】7章8話ボス「メーダロード」の攻略方法と弱点|全体麻痺攻撃に注意

ドラクエウォーク 7章8話

タップできるもくじ• それぞれのメリット/デメリットは下記の通り。 クエスト 有能こころ メリット/デメリット 5-10 キラーマシン キングスライム サイおとこ つむりんママ じごくのよろい 【メリット】 ・キラーマシンとキングスライムに集中できる 出現モンスターの種類が少ない ・キラーマシンが出やすい はぐれメタルが出現しないため『めったに見かけない』枠が固定される ・かっちゅうアリとしりょうのきしが出現しないため、オートバトルで敵を殲滅しやすい 【デメリット】 ・キラーパンサー、ヒイラギどうじ、ドラゴスライムが出現しない ・ストーリーを最後まで進めていないと周回出来ない 5-8 ホークブリザード はぐれメタル ヒイラギどうじ ドラゴスライム つむりんママ キラーパンサー ミニデーモン 【メリット】 ・5-10に出ない重要モンスターが多く出現する 【デメリット】 ・かっちゅうアリとしりょうのきしが出現するため周回が面倒 ・キラーマシンとキングスライムが出現しない 5章では『高難易度のボス戦で使える心』や『毎日の周回作業の効率を上げる心』が数多く登場します。 DQW 5章10話周回でキラーマシンやキングスライムを狙おう 特に5章10話で出現する『 キラーマシン 』『 キングスライム』『 つむりんママ』のこころはボス戦・雑魚戦ともに活躍するこころです。 それぞれのメリット/デメリットは下記の通り。 特に『 あくましんかん』『 ひとつめピエロ』『 ベビル』『 ボーンナイト』はかなり優秀。 5章がクリアできない人からクリア後のやり込みプレーヤーまで幅広く周回するメリットがありますよ。 DQW 4章10話周回でボーンナイトとあくましんかんを狙おう 4章10話では主に『 あくましんかん』『 ボーンナイト』の2点狙いとなります。 5章で手に入るこころに引けを取らないため、いずれもSランクこころ厳選対象となっています。 また、『 たてまじん』はレアではないですが、HPとみのまもりが高く、戦士をタンク役 壁役 にして『かばう』で味方の僧侶を守る戦法に使えます。 DQW 4章9話周回はひとつめピエロとベビルが出る重要なクエスト いっぽう、4章9話も重要な周回クエスト。 『 あくましんかん』『 ひとつめピエロ』『 ベビル』という僧侶&魔法使いに必須のこころが同時に出現します。 特出すべきは『 ひとつめピエロ』です。 「ときどき見かける枠」ですが、Sランクになると『毎ターンMP4回復』に加えて高い攻撃魔力、じゅもんダメージ+5%が付くというレア枠並みのステータスを誇っています。 それぞれのメリット/デメリットは下記の通り。 クエスト 有能こころ メリット/デメリット 3-10 ひくいどり はぐれメタル ごろつき ガチャコッコ ぐんたいガニ ブラウニー 【メリット】 ・ガチャコッコ、ぐんたいガニが手に入りやすいわりに強いこころに設定されている ・はぐれメタル、ひくいどりはレアだがこころゲット出来ればそれなりに活躍する ・ごろつきはあまり見かけないが、盗賊がメンバーにいる場合は集めても良い 【デメリット】 ・4章に登場するモンスターと比べて見劣りする ・最終的に上位互換モンスターが登場する ・ヘルビーストが出現しない 3-7 ヘルビースト ともしびこぞう タホドラキー ミニデーモン 【メリット】 ・ヘルビーストが強い ・タホドラキーとミニデーモンは中堅こころとして4章攻略&転職後のこころセットに使える 【デメリット】 ・ともしびこぞうはぶっちゃけ使わない ・4章周回までのつなぎクエストに過ぎない 3-2 デザートゴースト スマイルロック タホドラキー 【メリット】 ・スマイルロックはHPとみのまもりが高く、戦士をタンク役 壁役 に使う際に有効。 また、Sランクで『きあいため』を習得するため、後述のメタル系狩り手法に使える ・タホドラキーは中堅の僧侶こころとして有用 ・デザートゴーストはレア枠だが手に入れば4章前半まで使える 【デメリット】 ・4章周回までのつなぎクエストに過ぎない 3章は、中堅モンスターが数多く登場するストーリーです。 ここでしっかりこころ収集をしていれば、鬼門である3章10話のボス『キラーマシン2体』の攻略が楽になりますよ。 お詫びと共に訂正いたします。 DQW 3章10話周回でガチャコッコとぐんたいガニを集める 3章10話では主に『 ガチャコッコ』『 ぐんたいガニ』あつめがメインとなります。 これらは3章10話~4章中盤までの攻略を支える要のこころなので、しっかり入手しましょう。 最終的には別の上位互換こころにスタメン交代となりますが、中盤攻略までは使えるこころとなります。 なお、みんな大好き『 はぐれメタル』は強い耐性持ちのため、運よく手に入ればボス戦でそれなりに使えます。 また、『 ひくいどり』は合計ステータス値が「338」と4章並みの数値なので、こちらも運よく手に入れば魔法使いにセットしましょう! ストーリーを1話進めるごとに、敵から得られる経験値が50くらい増えますよ 多少の上下はありますが なお、 1章・2章は得られる経験値が低すぎるので周回する必要はありません。 3章・4章・5章をいかに数多く周回するかが効率の良いレベル上げのポイントとなります。 DQW 3章で得られる経験値の一覧 3章で得られる経験値の一覧は以下のとおり。 クエスト 経験値 3章1話 約500 3章5話 約700 3章10話 約900 DQW 4章で得られる経験値の一覧 4章で得られる経験値の一覧は以下のとおり。 クエスト 経験値 4章1話 約1,000 4章5話 約1,200 4章10話 約1,500 DQW 5章で得られる経験値の一覧 5章で得られる経験値の一覧は以下のとおり。 クエスト 経験値 5章1話 約1,550 5章5話 約1,750 5章10話 約2,100 3,4,5章いずれも奥へ進むほど獲得経験値が多くなり、だいたい50ずつ上がっていますよね。 (多少の上下はありますが…) ですので、レベル上げの効率は『いかに奥のダンジョンを素早く周回できるか?』が鍵になっているのです。 DQWのメタル系は出現率が低いため、必要最低限の対策だけでOK レベル上げと言えば大量経験値を持つモンスター「はぐれメタル」「メタルブラザーズ」「メタルスライム」です。 それぞれのモンスターから得られる経験値は以下のとおりです。 メタル系 経験値 はぐれメタル 1,0500 メタルブラザーズ 5,000 メタルスライム 1,500 これらのモンスターは「 めったに見かけない」レア枠設定。 最低限の準備として、 メタル系が 出現したら「2ターン以内」で確実にトドメを刺せる手段を用意しておけばOKです。 「メタル系を2ターンで確実にトドメを刺す方法」は以下3つです。 メタルはやぶさ斬りを装備しておく 持っていればこれがベスト• 会心の一撃が出る装備をしておく 通常火力が落ちるのであまりおすすめできない• まず、きあいための効果は以下の2つです。 次の攻撃が2倍になる• 4連続攻撃は「氷結らんげき」など、 メタル系が耐性を持っているスキルでも問題なく5ダメージを与えられます。 「はぐれメタル」のHPは8です。 でもちょっと待ってください! 単純に5章10話など最深部のダンジョンを周回していても• モンスターを全滅させるのに何ターンもかかる• 戦闘が終わる度に「まんたん」で回復 これでは逆に効率が上がりません。 1回の戦闘で得られる最大経験値より、「時間当たりの獲得経験値が高い場所 狩り場 」を選定してレベリングすべきなのです。 そこで、効率良くモンスターを1ターンで倒す方法をいくつかご紹介しますね。 全体攻撃スキルを習得すること• 職業に合った得意武器を装備すること 全体攻撃スキルを習得すること モンスターを1ターンで倒すには全体攻撃が必須です。 周回用の武器を入手したら優先的に強化してください。 以下の武器が狙い目です。 「ラダトームのつるぎ」は唯一、自力で誰でもゲットが可能。 他に強い武器が無い場合はしっかりと限界突破で強化しましょう。 職業に合った得意武器を装備すること 意外と見落としがちですが、職業ごとに得意武器があります。 職業ごとの得意武器は下記の通りです。 戦士:剣、斧、棍• 武闘家:槍、爪、鞭• 僧侶:杖、棍、ブーメラン• 魔法使い:短剣、杖、鞭• 盗賊:短剣、爪、ブーメラン 多少の攻撃力が劣っていても、得意武器を優先して装備させましょう。 DQW 1ターンでモンスターを全滅させるにはこころのセット内容も調整すべき 1ターンでモンスターをキルするには、いかに『火力』を上げるかが重要です。 攻撃ダメージを上げるには「こころ」を手動でセットすること。 おすすめセットに頼っていると『バランス優先』でこころが装備されてしまいます。 戦士、武闘家、盗賊の場合は「ちから」の高い順にこころをセット• 僧侶、魔法使いの場合は「こうげき魔力」の高い順にこころをセット これで周回が楽になります。 今回は以上になります! ぜひこの記事を読み返して、ベストな周回先を選んでいただけると幸いです! でもドラクエウォーク情報など呟いてますので、よければフォローしてくださいね!.

次の