ファイルー ず あい。 アイ・オー・データ機器 スマホ・TV・PC周辺機器総合メーカー IODATA

週刊 マーベル・ファクト・ファイル | シリーズトップ

ファイルー ず あい

今回は、普通では、開けない AIファイル というファイルを開く方法のご紹介です。 素敵な素材を見つけたけど、 AIファイルだから、開けない! と、諦めた方、。 是非お試しください。 AIファイルとは? AIファイルとは、拡張子が【. ai】となっているファイルのこと。 aiファイル,. ai形式 Adobe Systems社のグラフィックスソフト「Adobe Illustrator」で利用される画像データのファイル形式の一つ。 同ソフトの標準ファイル形式であり、ソフト固有の編集情報を完全な形で保存することができる。 内部は基本的にはベクタ形式の画像ファイルで、点の座標とそれを結ぶ線や面の方程式のパラメータ、および、塗りつぶしや特殊効果などの描画情報が記録されている。 基本的に、AIは、「Adobe Illustrator」ありきのファイル。 そして、ベクター素材のサイトでは、よく見かけるファイル形式です。 ベクターは、ここまで線を引いて、ここから色を塗ってと、いうことを計算して表示する画像のこと。 この計算により描ける、なめらかな曲線が特徴です。 縮小拡大しても、その都度計算し画像を表示するので綺麗な画像が維持されますが、複雑な画像である、写真や絵画などには向かないそうです。 ベクタ画像、ベクターイメージなどと、呼ばれます。 扱いは、ドロー系ソフトと呼ばれるもので、代表格は「Adobe Illustrator」。 フリーソフトでは、「Inkscape」。 WMF・PDF・SVG・EPSなどのファイル形式が、ベクターでは、使えます。 しかし、アドビ イラストレータは、高価なソフト。 ちょびっと背景や、ちょびっとアイコンのために購入するのは、かなり躊躇する。 ただし、開けないファイルも結構ある。 Ai Viewer あって邪魔になるソフトではないので、ダウンロードしておけば、取りあえずAIファイルの中身が見られ(ムリな時もあり)、ファイルの形式を変え保存が可能。 中身を編集・加工したい!場合 Inkscape AIファイルとして編集したい時には、断然これ!素材の色やサイズ変更くらいなら、直感的な操作で出来るし、仕上がりも綺麗。 残念なことに、開けないファイルも結構ある。 GIMP GIMPをダウンロードしただけでは、AIファイルは開けない。 開けるようにする設定は面倒(リスクもあり)だが、開ける確率が一番高い。 ただし、開いたファイルは、1枚の画像としの扱い。 素材の編集・加工をする操作も覚える必要あり。 Ai Viewer このソフトで直接加工は出来ないが、好きなファイル形式で保存し好きなソフトで加工が可能。 GIMPの設定が面倒・またパソコンの環境変数をいじりたくないって方には、オススメです。 私は、AIファイルの中身だけ見たい!ってことは、まずなくて、サイトの素材として使いたくて、AIファイルを開きます。 なので、まずは、Inkscapeで開いてみます。 ここで、開ければ、ラッキーですが、ムリな場合は、GIMPで開いてそのまま加工。 もしくは、GIMPで開いて必要部分を切り取り、Inkscapeに貼り付けて加工。 もしくは、Ai Viewerで開いて保存し、Inkscapeで加工をします。 それぞれ目的にあった形で、お楽しみください! おまけ Inkscapeでの加工 「Ai Viewer」の説明の時に使用した素材『Yin-yang Vectors』は、Inkscapeでも、開けるものでした。 と、いうことで、下記の画像は、Inkscapeで開いたものです。 グループ化されていることが多いので、解除しながら、目的の画像の色を変えます。 本当に、楽! 曲線も綺麗! Inkscapeの操作は、下記の記事をご覧ください。 Inkscapeで開けるAIファイルが増えますように!と、祈る管理人でした! 画像の加工楽しんでくださいね!.

次の

週刊 マーベル・ファクト・ファイル | シリーズトップ

ファイルー ず あい

メールやWebサイトからファイルや画像をダウンロードすることがありますよね。 でも、それらがどこに保存されたのか分からなくなり、つい探し回ってしまう…なんて場合がありませんか? この記事では、PC上でダウンロードしたファイルを探す方法や、保存先を自分で変える方法を主なブラウザ別にご紹介します。 まずはダウンロードフォルダを確認 ネットからダウンロードしたファイルは、デフォルトでは「ダウンロード」フォルダに保存されることが多いです。 Windows 10のメニューにない場合はタスクバーの検索ボックスから探してみましょう。 主なブラウザ別・ダウンロード先の変更方法 ファイルのダウンロード先は、初期設定の「ダウンロード」フォルダから変更することもできます。 主なブラウザである、「Google Chrome」「Microsoft Edge」「Firefox」での変更方法を、それぞれ説明いたします。 Google Chromeの場合 ブラウザのツールバーの右端にある「Chromeメニュー」(縦に3つ点が並んでいる部分)をクリックします。 「ダウンロード」 の「保存先」の右側にある「変更」をクリックし、ファイルの保存先を選択します。 これでダウンロードしたファイルは、新たに設定した保存先へ保存されます。 また、「ダウンロード前に各ファイルの保存先を確認する」をONにしておくと、その都度保存場所を設定できます。 Microsoft Edgeの場合 ブラウザの右端にある、横に3つ点が並んでいる部分をクリックします。 「設定」から「全般」をクリックして下方向にスクロールすると、「ダウンロード」という部分が出てきます。 ここで保存先の変更ができますし、「ダウンロード時の動作を毎回確認する」をONにすると、ファイルごとに保存場所を設定することができます。 Firefoxの場合 ブラウザの右端の部分、線が三本並んでいる「メニュー」をクリックします。 ここで、ダウンロード先のフォルダの変更とファイルごとに保存先の指定をすることができます。 よく使うブラウザの設定でダウンロードファイルの保存方式の変更方法を知っておけば、作業の効率がよりアップします。 ぜひ、頭に入れておいてくださいね。 関連記事 ・ ・ ・.

次の

フリーソフトで、AIファイルを開く方法

ファイルー ず あい

フォルダやファイル管理が上手い人ほど仕事が早い理由 フォルダやファイル管理が上手いと、仕事が早く信頼できる人として評価されます。 なぜなら、人からの質問に対してすぐに答えることができるからです。 例えば、他部署の人から「以前提出した資料Aを見たいので、メールで送ってください」と言われたとします。 そのため、質問が来てから1分そこらでササっとメールで返信することができます。 他部署の人からすれば、「こんなにすぐに資料が出てくるなんてありがたい。 仕事ができる人だ」と感じます。 このように、フォルダやファイル管理が上手いと、仕事が早く信頼できる人として評価されるのです。 仕事ができない人ほどフォルダやファイル管理が下手 一方で、フォルダやファイル管理が下手だと仕事が遅くなります。 そして、仕事ができない人と評価されがちです。 なぜならフォルダやファイル管理をしていないと、資料を探すのに何分も時間がかかるからです。 例えば、私が勤務していた会社の50代の社員は、資料一つ探し出すのに5,6個のフォルダをクリックして探していました。 結局、見つからず「後で連絡します」と言われました。 ファイル一つ探すのにこれだけ時間がかかるようでは、仕事一つを終わらせるのにどれだけ時間がかかるのだろうと感じてしまいます。 このようにフォルダやファイル管理が下手だと仕事が遅く、仕事ができない評価をされてしまいます。 仕事ができる評価をもらうためにも、これから紹介するフォルダやファイル管理のコツを実践してほしいです。 それでは、検索作成の効率化テクニックや上級技を一つずつ紹介していきます。 フォルダやファイルを正しく管理するルールや方針4つ|検索速度を上げる フォルダやファイルを正しく管理するコツについて紹介していきます。 ここで紹介するのは、フォルダやファイルの整理をするときのルールや方針やです。 フォルダを開いた瞬間に、どの資料がどこにあるかを分かるようにするのが狙いです。 以下の3つを紹介します。 コツ1|フォルダ名を仕事の順番にする コツ2|フォルダ名やファイル名の先頭文字は半角英数字にする コツ3|不要なファイルはTrashフォルダへ コツ4|テンプレートフォルダをコピペして使う それでは以下で詳しく説明していきます。 コツ1|フォルダ名を仕事の順番にする フォルダ名を付けるとき、仕事の流れや順番を意識するのが大切です。 なぜなら、フォルダが仕事の順番で並んでいれば、どのフォルダに資料が保管されているかすぐに予測できるからです。 例えば、記事作成を事例にすると、以下のようなフォルダ整理を行います。 このとき、「00」や「10」のような数値を先頭につけるのをお勧めします。 なぜなら、新しいフォルダを作成する必要が生じたとき、「01」や「11」といった名称でフォルダを作成することができるからです。 例えば、上記の画像で示したフォルダに「動画」というフォルダを追加したい場合があるとします。 このとき、上記であれば、仕事の流れで考えれば「40 画像」と「50最終資料」の間に入れたいです。 しかし、一桁の数字でフォルダを作成していた場合、「4 画像」と「5最終資料」の間にフォルダを作成するのが難しいです。 そのため、「00」や「10」のような数値を先頭につけるのをお勧めします。 仕事の流れや順番でフォルダを作成するのが難しい場合 仕事の流れから考えたとき、順番でフォルダを作成するのが難しい場合は、以下のようにフォルダ名を付けて整理を行っています。 このようにすることで、どこにどの資料が保管されているのか容易に予測することができます。 コツ2|フォルダ名やファイル名の先頭文字は半角英数字にする フォルダやファイル管理を行うときのコツとして、その名称の先頭文字を半角英数字にすることがあります。 それは以下の2つのメリットがあるからです。 [1] 順番に並べることができ、検索性が上がる フォルダやファイルの名称の先頭文字を半角英数字にすることで、数字やアルファベット順にフォルダやファイルを並びることができます。 その結果、フォォルダやファイルがどこにあるか一瞬で分かります。 一方で、フォルダやファイルを日本語で書いたとき、フォルダやファイルの順番がぐちゃぐちゃになってしまいます。 そのため、ファイルやフォルダが仕事の順番に並べることができなくなります。 それを回避するために、フォルダやファイルの名称の先頭文字を半角英数字にするのです。 [2] キーボードで移動できる フォルダやファイルの名前の頭文字が数字やアルファベットの場合、キーボードを押すだけで移動できるようになります。 フォルダやファイルの頭文字の数字やアルファベットを押すと、ファイルやフォルダに移動できるのです。 例えば、以下のフォルダがあるとします。 マウスで選択する必要がなくなるので、操作を早くすることが可能です。 コツ3|不要なファイルはTrashフォルダへ フォルダを開いたとき、ファイルがあればあるほど、どれが最新版なのか分からなくなることがあります。 例えば、以下のような状態です。 これでは、資料を探すだけでも一苦労です。 そのため、フォルダをできるだけ削除します。 しかし、ファイル削除するとき、「おそらくもう使わないけれど、削除してしまうと不安」と感じる場合があります。 そこで、「Trash」というフォルダを作成し、そこに入れておくことで対処します。 コツ4|テンプレートフォルダをコピペして使う 仕事でルーティンを行うとき、必要なフォルダが入ったテンプレートフォルダを作成しておくと便利です。 なぜならテンプレートフォルダをコピペすることで、ムダな操作が減るからです。 例えば記事作成を行うとき、以下のフォルダをコピペして使うようにしています。 そうすると、「template」フォルダに含まれるフォルダ(以下)を作成する手間が省けます。 それ以外にも、「template」フォルダに含まれるフォルダを見ることで、仕事の流れを確認することもできます。 つまり、「template」フォルダが仕事を進めるときの手順書にもなるのです。 もし流れや順番が分かっている仕事であれば、必要なフォルダが入ったテンプレートフォルダを作成しておくと便利です。 フォルダやファイルへの移動を早くするコツ2つ|マウスではなくキーボードで移動する フォルダやファイルを探すとき、フォルダ間を移動することがあります。 このとき、仕事が早い人ほどマウスではなくキーボードで移動します。 それは、マウスを使うと探す時間がムダになるからです。 なぜなら、キーボードで移動した方が早いからです。 例えば、フォルダ内でファイルを検索するとき、フォルダをスクロールしながらマウスで探す人がいます。 しかし、早い人は違う探し方をします。 上記で紹介した通り、フォルダやファイル名の頭文字をキーボードで叩いて移動します。 これでフォルダやファイル名を確かめたり探したりせずに、フォルダ内を移動することができます。 そのため、フォルダ移動の基本はキーボードと覚えておきましょう。 コツ2|キーボードで目的のフォルダへ瞬間移動 仕事では、よく使うフォルダとあまり使わないフォルダあります。 このとき、よく使うフォルダをショートカットキー設定をするのがお勧めです。 そうすることで、一瞬でそのフォルダを開けるようになるからです。 例えば、3,4回クリックしてようやくたどり着く位置にあるフォルダをよく使っているとします。 このとき、このフォルダをショートカットキー設定をします。 これにより、マウスなしでショートカットキーを押すだけでフォルダ移動が可能になります。 よく使うフォルダを一瞬で開くように設定する方法は、こちらの記事を読んでみてください フォルダやファイル操作を早くする10個のショートカットキー フォルダやファイル操作を早くしたいならショートカットキーを使うのが重要です。 なぜなら、一度覚えてしまえば、仕事がありえないほど加速するからです。 例えば、マウスを3,4回クリックして作業であっても、ショートカットキーを使えば1回で終わります。 そのため、マウスでやっている作業をショートカットキーに切り替えることができれば、仕事をササっとこなせるようになります。 以下で紹介するショートカットキーを習得すれば、フォルダやファイル操作で困ることはなくなります。 1|[Ctrl]+[F]|ファイルを検索する フォルダ内でファイルを探したいとき、検索を行うことができます。 5|[F2]|フォルダ名やファイル名を変更する フォルダ名やファイル名を変更したいときがあります。 このとき、多くの人はマウスでファイルをクリックして名称を変更しようとします。 そして、そのファイルを開いてしまい、時間をムダにしてしまうのです。 しかし、[F2] のショートカットキーを使うことで、マウスを使わずにフォルダやファイル名を変更することができます。 例えば、同時に削除したい場合です。 7|Home|フォルダ内で最も上にあるフォルダを選択する フォルダ内でファイルを探したいとき、フォルダ全体を眺めたいときがあります。 このとき [Home] のショートカットキーを使うと、マウスを使わずにフォルダ内で最も上にあるフォルダかファイルを選択することができます。 8|[End]|フォルダ内で最も下にあるフォルダを選択する [Home]とセットで覚えたいのが[End]です。 [End]は [Home]とは逆で、マウスを使わずにフォルダ内で最も下にあるフォルダかファイルを選択することができます。 これを活用すれば、作業がラクになります。 例えば、私がよくやるのはメールにフォルダアドレスを貼る作業を全てショートカットキーで行うことです。 フォルダやファイルを最新版に維持する2つの方法|チームで共有 フォルダやファイルを管理する上で、大切なことに最新版を維持することがあります。 なぜなら、最新版を使うようにしないと誤った情報がインプットされてしまうからです。 例えば、チーム共通フォルダ内のファイルをコピーして個人PCのデスクトップで変更をしたとします。 そうすると、個人PCのデスクトップにあるファイルが最新版になります。 しかし、チームメンバーはそれを知りません。 そのため、チームメンバーはチーム共通フォルダ内のファイルを使って作業をします。 そうすると、「個人PCのデスクトップで変更したファイル」と「チーム共通フォルダ内のファイル」の両方が最新版になってしまうのです。 その結果、どのファイルを使えばいいのかわからくなってしまいます。 それを避けるために、最新版管理を上手く行うコツを紹介します。 方法1|デスクトップにファイルを置かない 方法2|DropBoxを使う(クラウドストレージ) 以下で詳しく解説していきます。 方法1|デスクトップにファイルを置かない フォルダ内のファイルを個人デスクトップに置かないことを意識するのが大切です。 実際、私もデスクトップはきれいにしています。 なぜなら、デスクトップに置いたファイルは存在を忘れてしまうからです。 さらに悪いこととして、デスクトップがファイルだらけになってしまうがあります。 残念ながらデスクトップで保管しても、メリットはありません。 そのため、情報更新は全てフォルダ内で行うことをお勧めします。 もし、デスクトップを掃除したい人は以下の記事を参考にしてみてください。 デスクトップをキレイにする方法を紹介しています。 方法2|DropBoxを使う(クラウドストレージ) チームでフォルダ管理をするとき、お勧めなのがDropBoxです。 メールアドレスを登録すれば、DropBox上でチームメンバーとファイルを共有できます。 このとき、クラウドストレージとしてGoogle Driveもありますが、DropBoxをお勧めします。 なぜなら、Google Driveだと登録するメールアドレスがGmailでなくてはならないからです。 実際、チームメンバーの中にはGmailを使わない人もいます。 そのようなときに対応できるように、DropBoxを使うのがお勧めです。 フォルダやファイルを効率的に作成する上級技やテクニック2つ ここからは、仕事を効率化させる上級テクニックを紹介します。 フォルダやファイル管理の方法を実践しよう ここまでフォルダやファイル管理の方法をお伝えしていきました。 本やインターネットで紹介されている時短術は、数多くあります。 ただ、まずはここで紹介しているものを使いこなせるようになってほしいと思います。 ここで紹介した内容でも、十分に仕事の速度を早めることができるからです。 もしかすると、すぐに使いこなせるようになるのは難しいと感じる人もいるかもしれません。 その場合は、「これは使えそうだ!」と思える内容から試してみることをお勧めします。 パソコンに付箋を貼って、いつでも目に入るようにしておくのもいいアイデアです。 もし、パソコン仕事全般に関してもっと時短技を知りたいのあれば、こちらの記事もお勧めです。 この記事を読んだあなたが、仕事は効率化して、より大切な仕事に集中ができるようになれば幸いです。 仕事効率化の関連記事 仕事を効率化するのに役立つ記事は以下で紹介しています。 仕事全般の効率化を目指す 仕事の効率化を目指すときのポイントは、以下の記事で解説しています。 ぜひ合わせて読んでみてください。 業務マニュアル(手順書)を作成して委任する 業務マニュアルや手順書作成を行うときに役立つテクニックは以下の記事で紹介しています。 パソコン仕事をさらに早くさせる パソコン仕事を加速させるのに役立つ記事は以下です。 仕事の自動化や仕組み化を目指す 業務自動化(エクセルマクロVBA)に関連する情報は、こちらの記事で解説しています。 ぜひ合わせて読んでみてください。 Filed Under: Tagged With:.

次の