大統領 一覧。 歴代アメリカ大統領一覧表

大統領令/アメリカ歴代大統領研究ポータル

大統領 一覧

アメリカ歴代大統領一覧 歴代 在任期間 名前 所属政党 1 1789年~1797年 ジョージ・ワシントン なし 2 1797年~1801年 ジョン・アダムズ フェデラリスト党 3 1801年~1809年 トマス・ジェファソン 民主共和党 4 1809年~1817年 ジェームズ・マディソン 民主共和党 5 1817年~1825年 ジェームズ・モンロー 民主共和党 6 1825年~1829年 ジョン・Q. アダムズ 民主共和党 7 1829年~1837年 アンドルー・ジャクソン 民主党 8 1837年~1841年 マーティン・バン・ビューレン 民主党 9 1841年 ウィリアム・ハリソン ホイッグ党 10 1841年~1845年 ジョン・タイラー ホイッグ党 11 1845年~1849年 ジェームズ・ポーク 民主党 12 1849年~1850年 ザカリー・テーラー ホイッグ党 13 1850年~1853年 ミラード・フィルモア ホイッグ党 14 1853年~1857年 フランクリン・ピアス 民主党 15 1857年~1861年 ジェームズ・ブキャナン 民主党 16 1861年~1865年 エイブラハム・リンカン 共和党 17 1865年~1869年 アンドルー・ジョンソン 民主党 18 1869年~1877年 ユリシーズ・グラント 共和党 19 1877年~1881年 ラザフォード・ヘーズ 共和党 20 1881年 ジェームズ・ガーフィールド 共和党 21 1881年~1885年 チェスター・アーサー 共和党 22 1885年~1889年 スティーブン・グローバー・クリーブランド 民主党 23 1889年~1893年 ベンジャミン・ハリソン 共和党 24 1893年~1897年 スティーブン・グローバー・クリーブランド 民主党 25 1897年~1901年 ウィリアム・マッキンリー 共和党 26 1901年~1909年 セオドア・ルーズベルト 共和党 27 1909年~1913年 ウィリアム・タフト 共和党 28 1913年~1921年 トマス・ウッドロー・ウィルソン 民主党 29 1921年~1923年 ウォーレン・ハーディング 共和党 30 1923年~1929年 カルビン・クーリッジ 共和党 31 1929年~1933年 ハーバート・フーバー 共和党 32 1933年~1945年 フランクリン・ルーズベルト 民主党 33 1945年~1953年 ハリー・トルーマン 民主党 34 1953年~1961年 ドワイト・アイゼンハワー 共和党 35 1961年~1963年 ジョン・ケネディ 民主党 36 1963年~1969年 リンドン・ジョンソン 民主党 37 1969年~1974年 リチャード・ニクソン 共和党 38 1974年~1977年 ジェラルド・フォード 共和党 39 1977年~1981年 ジミー・カーター 民主党 40 1981年~1989年 ロナルド・レーガン 共和党 41 1989年~1993年 ジョージ・ブッシュ 共和党 42 1993年~2001年 ビル・クリントン 民主党 43 2001年~2009年 ジョージ・W・ブッシュ 共和党 44 2009年〜2017年 バラク・オバマ 民主党 45 2017年〜 ドナルド・トランプ 共和党 アメリカ歴代大統の詳細 初代 ジョージ・ワシントン George Washington 在任期間 [1期目]1789年4月30日〜1793年3月4日 [2期目]1793年3月4日〜1797年3月4日 所属政党:なし アメリカ独立戦争を戦い、イギリスからの独立を勝ち取った。 その後、アメリカ合衆国憲法に基づく初の大統領として8年の任期を務め上げた。 2代目 ジョン・アダムズ John Adams 在任期間 1797年3月4日〜1801年3月4日 所属政党:連邦党 アメリカ独立宣言やイギリスからの独立を明記したパリ条約締結の中心となった人物。 アメリカ初代副大統領。 3代目トーマス・ジェファーソン Thomas Jefferson 在任期間 [1期目]1801年3月4日〜1809年3月4日 [2期目]1805年3月4日〜1809年3月4日 アメリカ独立宣言を起草した主要メンバーの1人。 4代目ジェームズ・マディソン James Madison 在任期間 [1期目]1809年3月4日〜1813年3月4日 [2期目]1813年3月4日〜1817年3月4日 所属政党 民主共和党 合衆国憲法の最も重要な解説書である「ザ・フェデラリスト」を共同執筆した「アメリカ合衆国憲法の父」。 5代目ジェームズ・モンロー James Monroe 在任期間 [1期目]1817年3月4日〜1821年3月4日 [2期目]1821年3月4日〜1825年3月4日 所属政党 民主共和党 国務長官時代に米英戦争を指揮し、その後大統領に選ばれた。 6代目ジョン・クインシー・アダムズ John Quincy Adams 在任期間 1825年3月4日〜1829年3月4日 所属政党 民主共和党 父は第2代大統領ジョン・アダムズ。 上下院を経験し、外交官として優れた手腕を発揮。 モンロー主義の確立に尽力した。 7代目アンドリュー・ジャクソン Andrew Jackson 在任期間 [1期目]1829年3月4日〜1833年3月4日 [2期目]1833年3月4日〜1837年3月4日 所属政党 民主党 民主党初にして貴族出身でない初の大統領。 8代目マーティン・ヴァン・ビューレン Martin Van Buren 在任期間 1837年3月4日〜1841年3月4日 所属政党 民主党 オランダ移民で、歴代で唯一英語が第一言語で無かった大統領。 9代目ウィリアム・ハリソン William Henry Harrison 在任期間 1841年3月4日〜1841年4月4日 所属政党 ホイッグ党 風邪・肺炎により、就任僅か1ヶ月で死去した。 在任期間中に死去した初めての大統領であり、在任期間31日は今も最短である。 第10代ジョン・タイラー John Tyler 在任期間 1841年4月4日〜1845年3月4日 所属政党 ホイッグ党 1841年9月13日に除名 無所属 ウィリアム・ハリソン政権の副大統領であったが、ハリソンが僅か1ヶ月で死去したため大統領に選任された。 11代目ジェームズ・ポーク James Knox Polk 在任期間 1845年3月4日〜1849年3月4日 所属政党 民主党 英国とのオレゴン境界紛争解決やテキサス併合、米墨戦争を勝利に導く。 12代目ザカリー・テイラー Zachary Taylor 在任期間 1849年3月4日〜1850年7月9日 所属政党 ホイッグ党 在任期間16ヶ月で、歴代2位の短命政権。 13代目ミラード・フィルモア Millard Fillmore 在任期間 1850年7月9日〜1853年3月4日 所属政党 ホイッグ党 インディアン政策によって領地を広げたものの、後年のインディアン戦争の火種を作った。 大陸横断鉄道建設を推進。 14代目フランクリン・ピアース Franklin Pierce 在任期間 1853年3月4日〜1857年3月4日 所属政党 民主党 大統領として米国史上最悪の大統領の一人として評価される。 15代目ジェームズ・ブキャナン James Buchanan, Jr. 在任期間 1857年3月4日〜1861年3月4日 所属政党 民主党 下院、上院議員を経て民主内閣では大臣を歴任した後、大統領に選出。 南北戦争を招いてしまったことで歴代最悪の大統領と言われることも多い。 16代目エイブラハム・リンカーン Abraham Lincoln 在任期間 [1期目]1861年3月4日〜1865年3月4日 [2期目]1865年3月4日〜1865年4月15日 所属政党 共和党 歴代アメリカ大統領で最も尊敬を集める内の1人。 就任直後に南北戦争が勃発。 奴隷制の是非を巡り国を二分する内戦で北軍の指揮を取り、勝利に導いた。 戦中に行った「人民の人民による人民のための政治」という演説でも有名。 5ドル紙幣の肖像に使われている。 17代目アンドリュー・ジョンソン Andrew Johnson 在任期間 1865年4月15日〜1869年3月4日 所属政党 民主党 リンカーンに気に入られ、民主党員ながら副大統領となった。 リンカーン暗殺後は大統領を務め、南北戦争の戦後処理に尽力した。 弾劾裁判にかけられたのは彼と第42代大統領ビル・クリントンのみである。 18代目ユリシーズ・グラント Ulysses S. Grant 在任期間 1873年3月4日〜1877年3月4日 所属政党 民主党 南軍のリー将軍と並んで最も有名と言われる南北戦争時の北軍総司令官。 19代目ラザフォード・ヘイズ Rutherford Birchard Hayes 在任期間 1877年3月4日〜1881年3月4日 所属政党 共和党 南北戦争後の南北和解や官庁改革に取り組んだ。 アメリカ史上最も議論を呼んだ選挙の結果大統領に就任した。 20代目ジェームズ・ガーフィールド James Abram Garfield 在任期間 1881年3月4日〜1881年9月19日 所属政党 共和党 大統領就任後の4ヶ月後、チャールズ・J・ギトーによって銃撃される。 その2ヶ月後、感染症により死去した。 21代目チェスター・A・アーサー Chester Alan Arthur 在任期間 1881年9月19日〜1885年3月4日 所属政党 共和党 ガーフィールド大統領の元で副大統領職に就くが、彼が暗殺されると繰り上がりで大統領職に就くこととなった。 「行政の父」と呼ばれるなど後世の評価は高い。 22代目グロバー・クリーブランド Stephen Grover Cleveland 在任期間 [1期目 22代目 ]1885年3月4日〜1889年3月4日 [2期目 24代目 ]1893年3月4日〜1897年3月4日 所属政党 民主党 歴代の大統領で唯一、大統領就任後に落選した後、次の大統領選で返り咲いた人物。 23代目ベンジャミン・ハリソン Benjamin Harrison 在任期間 1889年3月4日〜1893年3月4日 所属政党 共和党 ハリソンの政権で「マッキンリー関税法」と「シャーマン購銀法」が成立した。 24代目グロバー・クリーブランド Stephen Grover Cleveland 在任期間 [1期目 22代目 ]1885年3月4日〜1889年3月4日 [2期目 24代目 ]1893年3月4日〜1897年3月4日 所属政党 民主党 歴代の大統領で唯一、大統領就任後に落選した後、次の大統領選で返り咲いた人物。 25代目ウィリアム・マッキンリー William McKinley 在任期間 [1期目]1897年3月4日〜1901年3月4日 [2期目]1901年3月4日〜1901年9月14日 所属政党 共和党 1893年恐慌からの回復のため金本位制を導入。 1898年にはハワイ共和国を併合した。 26代目セオドア・ルーズベルト 在任期間 [1期目]1901年9月14日〜1905年3月4日 [2期目]1905年3月4日〜1909年3月4日 所属政党 共和党 副大統領就任中にウィリアム・マッキンリー大統領が暗殺され、歴代最年少の42歳で大統領となった。 国内では独占禁止法の制定で、寡占が進んだ鉄道業界にメスを入れた。 27代目ウィリアム・タフト William Howard Taft 在任期間 1909年3月4日〜1913年3月4日 所属政党 共和党 ドル外交と呼ばれる経済力を背景とした武力を伴わない平和的な外交を目指した。 28代目ウッドロウ・ウィルソン Thomas Woodrow Wilson 在任期間 [1期目]1913年3月4日〜1917年3月4日 [2期目]1917年3月4日〜1921年3月4日 所属政党 民主党 国際連盟の創設に尽力し、この功績でノーベル平和賞を受賞した。 29代目ウォレン・ハーディング Warren Gamaliel Harding 在任期間 1921年3月4日〜1923年8月2日 所属政党 共和党 大統領選挙で相手候補に史上最大の差 60. 30代目カルビン・クーリッジ John Calvin Coolidge, Jr. 在任期間 [1期目]1923年8月2日〜1925年3月4日 [2期目]1925年3月4日〜1929年3月4日 所属政党 共和党 ハーディング政権で副大統領を務めた。 ハーディングが在任中に急死したことからクーリッジが第30代大統領に就任。 31代目ハーバート・フーヴァー Herbert Clark Hoover 在任期間 1929年3月4日〜1933年3月4日 所属政党 共和党 大統領就任直後に世界恐慌が発生したが、積極的な政府介入を取らず、結果として恐慌が長引くこととなった。 32代目フランクリン・ルーズベルト Franklin Delano Roosevelt 在任期間 [1期目]1933年3月4日〜1937年1月20日 [2期目]1937年1月20日〜1941年1月20日 [3期目]1941年1月20日〜1945年1月20日 [4期目] 1945年1月20日〜1945年4月12日 所属政党 民主党 世界恐慌を打破したニューディール政策と第2次世界大戦でアメリカを勝利に導いたことで歴代屈指の人気を誇る。 アメリカ史上唯一の4期当選。 33代目ハリー・S・トルーマン Harry S. Truman 在任期間 [1期目]1945年4月12日〜1949年1月20日 [2期目]1949年1月20日〜1953年1月20日 所属政党 民主党 ルーズベルトの急死を受け、副大統領から昇格。 ポツダム宣言を主導。 日本への原子爆弾投下を承認したことでも知られる。 34代目ドワイト・D・アイゼンハワー Dwight David Eisenhower 在任期間 [1期目]1953年1月20日〜1957年1月20日 [2期目]1957年1月20日〜1961年1月20日 所属政党 共和党 アジアの西側陣営諸国との同盟やベトナム戦争への対応などを行った。 35代目ジョン・F・ケネディ John Fitzgerald Kennedy 在任期間 1961年1月20日〜1963年11月22日 所属政党 民主党 43歳で選挙戦に勝利した最年少大統領。 アポロ計画の立ち上げや公民権運動の支持、キューバ危機回避などで評価される一方、ベトナムへの介入拡大がベトナム戦争泥沼化を引き起こしたとも批判される。 1963年11月22日ダレスでのパレード中に狙撃され死亡。 鮮明な映像が残っていることや、事件に謎が多いことから特に有名な暗殺事件である。 36代目リンドン・ジョンソン Lyndon Baines Johnson 在任期間 [1期目]1963年11月22日〜1965年1月20日 [2期目]1965年1月20日〜1969年1月20日 政党 民主党 1963年11月22日にケネディ大統領暗殺事件で大統領に昇格、政権を引き継いだ。 37代目リチャード・ニクソン Richard Milhous Nixon 在任期間 [1期目]1969年1月20日〜1973年1月20日 [2期目]1973年1月20日〜1974年8月9日 所属政党 共和党 大統領就任後はベトナム戦争からの完全撤退、米ソ冷戦の緩和など外交成果は大きい。 民主党本部への盗聴と一連の捜査妨害 通称ウォーターゲート事件 によって米大統領として初の任期中の辞任に追い込まれた。 38代目ジェラルド・R・フォード 在任期間 1974年8月9日〜1977年1月20日 所属政党 共和党 1974年にはリチャード・ニクソンの大統領辞任をうけて大統領に昇格した。 39代目ジミー・カーター 在任期間 1977年1月20日〜1981年1月20日 所属政党 民主党 経済政策の失敗や石油危機で国内経済は低迷した。 40代目ロナルド・レーガン Ronald Wilson Reagan 在任期間 [1期目]1981年1月20日〜1985年1月20日 [2期目]1985年1月20日〜1989年1月20日 所属政党 共和党 経済政策で規制緩和と減税を推し進めた。 しかし歳出削減に失敗した結果、貿易・財政の「双子の赤字」を抱えることとなった。 41代目ジョージ・H・W・ブッシュ George Herbert Walker Bush 在任期間 1989年1月20日〜1993年1月20日 所属政党 共和党 マルタ会談ではゴルバチョフ書記長と会談し半世紀近く続いた冷戦を終結させた。 42代目ビル・クリントン 在任期間 [1期目]1993年1月20日〜1997年1月20日 [2期目]1997年1月20日〜2001年1月20日 所属政党 民主党 政策は中道的。 経済政策を重視し、産業構造をITや金融中心に作り変えた。 また財政赤字を解消し、2000年には財政黒字を達成した。 妻はヒラリー・クリントン 43代目ジョージ・W・ブッシュ George Walker Bush 在任期間 [1期目]2001年1月20日〜2005年1月20日 [2期目]2005年1月20日〜2009年1月20日 所属政党 共和党 ジョージ・H・W・ブッシュの息子。 親子2代の大統領就任はジョン・アダムズ親子以来2組目。 就任直後9・11同時多発テロが発生。 報復としてアフガニスタン戦争を開戦する。 44代目バラク・オバマ Barack Hussein Obama II 在任期間 [1期目]2009年1月20日〜2013年1月20日 [2期目]2013年1月20日〜2017年1月20日 所属政党 民主党 アフリカ系 アフリカ系黒人とヨーロッパ系白人の混血 、またハワイ出身の初の大統領。 国内では国民皆保険制度導入に尽力。 また核兵器廃絶を目指したことを評価されノーベル平和賞受賞。 45代目ドナルド・トランプ Donald John Trump 在任期間 2017年1月20日〜 所属政党 共和党 著名な実業家。 国内雇用を重視し自由貿易協定に反対の立場を示してTPPから離脱した。 試験などでも重要になってくる単語が多数出てきたと思います。 大統領と大統領が行った政策をセットにすると覚えやすいですね。 大統領の名前だけを覚えたい人は反復法で繰り返し・繰り返し暗記するのが近道かもしれません。

次の

【図解・国際】韓国の歴代大統領(2017年5月):時事ドットコム

大統領 一覧

スポンサードリンク 韓国大統領の末路一覧 理由を解説する前に、まず過去の大統領の結末をざっと見ていくことにしましょう。 これを受けて不正を糾弾する大規模なデモが発生、やがて暴徒化し、政府が非常厳戒令を宣布するまでに至りますが、それでも抑えきれず、5月に李承晩は夜逃げのような形で ハワイに亡命します。 亡命から5年後、養老院で90歳にて死去しています。 1990年に92歳で死去。 それらの評価は好悪分かれますが、1963年から1979年までの長い期間、大統領の座にあり続けました。 が、最後は、古くからの友人で、当時、中央情報部の部長であった金載圭に、なかば私的な恨みから 拳銃で暗殺されています。 犯人は政治的な意図をもって暗殺したと主張していますが、犯人と朴正煕との関係がこじれていたことから私怨で射殺されたという見方が優勢です。 最後は、再び起こった全斗煥を中心とした軍部主導のクーデターにより、 大統領辞任を余儀なくされています。 いろいろな思惑がありながらも韓国の民主化を進めました。 彼は同じ軍部出身の盧泰愚に大統領の座を譲る形で退任した後、盧泰愚に反旗を翻され、財閥からの莫大な不正な献金を受けていた 不正蓄財の罪に問われて、無期懲役の判決を受けています。 (ただし大統領特赦でのとに釈放) そしてさらに、盧泰愚政権が終わり対立勢力であった金泳三、金大中らの時代がやってくると、過去に金泳三たちを弾圧した際の罪を問われることになり、今度は 死刑判決を受けます。 が、長男、次男、三男が、いずれも職権乱用の 不正蓄財容疑で逮捕されています。 大統領在任中に、罷免にはならなかったものの、退任後に不正献金疑惑が浮上。 これを苦にして 2009年に飛び降り自殺。 自殺前には「大統領になろうとしたことは間違いだった」との文章を残しています。 本人についても複数家族を巡る政治資金不正使用などの疑惑があり、今後追求が激しくなりそうです。 大統領退任後には、同疑惑にからみ18件の容疑で起訴されている。 冒頭で述べましたが、基本的に韓国のお国柄として、儒教の国であることから 家族の結びつきが強いという特徴があることをもう一度確認してから解説を進めましょう。 大統領制における大統領は、日本のような議院内閣制の総理大臣に比べ、強大な権限が与えられています。 そのため、韓国では、 1期5年の任期を終えたら再任はできません。 これは、大統領に強い権力があるので、2期10年以上に渡り同じ大統領ということになると、独裁になってしまう恐れがあるからなのです。 が、逆に言うと、1期の任期である5年間はそれだけ権力が大統領周辺に集中した状態にあるということであり、 「やりたい放題」な状況にあるわけです。 そこに、例の「家族の結びつきの強さ」があだとなって、家族を不当に優遇したり、不正な蓄財が行われたり、収賄が行われたりといったことになりやすいわけです。 また、それだけ強大な権力を持った大統領、およびその親族には、周囲から不正な献金なども持ちかけられやすく、大統領とその親族は、任期中にできるだけ利権を活用したいという心理が働くことから、不正につながりやすいのです。 このクーデターに象徴されるように、それまで敵対していた勢力が政権を奪取した際に、新たな政権が敵対勢力に打撃を与えて息の根を止め、自分たちの良いイメージを殊更に強く印象付けるということがあります。 そのために前大統領の不正が徹底的に暴かれるわけです。 これは、野党勢力が与党側の不正を暴いて政権を転覆させる手法と似ていますが、大統領に強い権限がある韓国では、与党側の攻撃力が半端ではないため、前大統領が格好の餌食になるというわけです。 また、韓国では、敵対勢力ではなく同じ与党内の勢力が次期大統領になったとしても、前大統領の影響力を排除するために、裏切り行為とも取れるようなことまで行われています。 そのような財界と政界の癒着は非常に強く、1期5年に任期が限られた大統領へは、大統領が代わるたびに不法な働きかけが行われることとなります。 大統領側でも、限られた任期中にできるだけいい思いをしたいという親族が一人でもいれば、仮に大統領自身がそれを拒むことができたとしても、親族の誰かがそれらの誘惑を拒めず、不正に手を染めることとなってしまうわけです。 そして、大統領自身もそれを拒めないケースが多いというわけです。 レームダックというのは、要するに、多くの国民にとっても、財界、経済界にとっても、大統領は任期を終えればただの 「役立たず」「用済み」になるという認識が広まることをいいます。 そのような風潮が韓国ではなぜか非常に強く、それまで大統領を利用するだけ利用していた人々も手のひらを返したような仕打ちを浴びせるわけです。 それによって大統領への風当たりは非常に強くなり、それまで味方だった人々が一斉に大統領を叩き始める側に回るというわけです。

次の

韓国大統領歴代一覧と在任期間 なぜ暗殺や逮捕が多い?

大統領 一覧

スポンサードリンク 韓国大統領の末路一覧 理由を解説する前に、まず過去の大統領の結末をざっと見ていくことにしましょう。 これを受けて不正を糾弾する大規模なデモが発生、やがて暴徒化し、政府が非常厳戒令を宣布するまでに至りますが、それでも抑えきれず、5月に李承晩は夜逃げのような形で ハワイに亡命します。 亡命から5年後、養老院で90歳にて死去しています。 1990年に92歳で死去。 それらの評価は好悪分かれますが、1963年から1979年までの長い期間、大統領の座にあり続けました。 が、最後は、古くからの友人で、当時、中央情報部の部長であった金載圭に、なかば私的な恨みから 拳銃で暗殺されています。 犯人は政治的な意図をもって暗殺したと主張していますが、犯人と朴正煕との関係がこじれていたことから私怨で射殺されたという見方が優勢です。 最後は、再び起こった全斗煥を中心とした軍部主導のクーデターにより、 大統領辞任を余儀なくされています。 いろいろな思惑がありながらも韓国の民主化を進めました。 彼は同じ軍部出身の盧泰愚に大統領の座を譲る形で退任した後、盧泰愚に反旗を翻され、財閥からの莫大な不正な献金を受けていた 不正蓄財の罪に問われて、無期懲役の判決を受けています。 (ただし大統領特赦でのとに釈放) そしてさらに、盧泰愚政権が終わり対立勢力であった金泳三、金大中らの時代がやってくると、過去に金泳三たちを弾圧した際の罪を問われることになり、今度は 死刑判決を受けます。 が、長男、次男、三男が、いずれも職権乱用の 不正蓄財容疑で逮捕されています。 大統領在任中に、罷免にはならなかったものの、退任後に不正献金疑惑が浮上。 これを苦にして 2009年に飛び降り自殺。 自殺前には「大統領になろうとしたことは間違いだった」との文章を残しています。 本人についても複数家族を巡る政治資金不正使用などの疑惑があり、今後追求が激しくなりそうです。 大統領退任後には、同疑惑にからみ18件の容疑で起訴されている。 冒頭で述べましたが、基本的に韓国のお国柄として、儒教の国であることから 家族の結びつきが強いという特徴があることをもう一度確認してから解説を進めましょう。 大統領制における大統領は、日本のような議院内閣制の総理大臣に比べ、強大な権限が与えられています。 そのため、韓国では、 1期5年の任期を終えたら再任はできません。 これは、大統領に強い権力があるので、2期10年以上に渡り同じ大統領ということになると、独裁になってしまう恐れがあるからなのです。 が、逆に言うと、1期の任期である5年間はそれだけ権力が大統領周辺に集中した状態にあるということであり、 「やりたい放題」な状況にあるわけです。 そこに、例の「家族の結びつきの強さ」があだとなって、家族を不当に優遇したり、不正な蓄財が行われたり、収賄が行われたりといったことになりやすいわけです。 また、それだけ強大な権力を持った大統領、およびその親族には、周囲から不正な献金なども持ちかけられやすく、大統領とその親族は、任期中にできるだけ利権を活用したいという心理が働くことから、不正につながりやすいのです。 このクーデターに象徴されるように、それまで敵対していた勢力が政権を奪取した際に、新たな政権が敵対勢力に打撃を与えて息の根を止め、自分たちの良いイメージを殊更に強く印象付けるということがあります。 そのために前大統領の不正が徹底的に暴かれるわけです。 これは、野党勢力が与党側の不正を暴いて政権を転覆させる手法と似ていますが、大統領に強い権限がある韓国では、与党側の攻撃力が半端ではないため、前大統領が格好の餌食になるというわけです。 また、韓国では、敵対勢力ではなく同じ与党内の勢力が次期大統領になったとしても、前大統領の影響力を排除するために、裏切り行為とも取れるようなことまで行われています。 そのような財界と政界の癒着は非常に強く、1期5年に任期が限られた大統領へは、大統領が代わるたびに不法な働きかけが行われることとなります。 大統領側でも、限られた任期中にできるだけいい思いをしたいという親族が一人でもいれば、仮に大統領自身がそれを拒むことができたとしても、親族の誰かがそれらの誘惑を拒めず、不正に手を染めることとなってしまうわけです。 そして、大統領自身もそれを拒めないケースが多いというわけです。 レームダックというのは、要するに、多くの国民にとっても、財界、経済界にとっても、大統領は任期を終えればただの 「役立たず」「用済み」になるという認識が広まることをいいます。 そのような風潮が韓国ではなぜか非常に強く、それまで大統領を利用するだけ利用していた人々も手のひらを返したような仕打ちを浴びせるわけです。 それによって大統領への風当たりは非常に強くなり、それまで味方だった人々が一斉に大統領を叩き始める側に回るというわけです。

次の