厚 揚げ の 作り方。 ガッテン!フライの揚げ方の3つのコツ。衣のバッター液の作り方も紹介!

賀茂とうふ 近喜の京揚げ・飛龍頭の作り方

厚 揚げ の 作り方

まず、とんかつの 揚げ鍋はフライ鍋がベストとされています。 もしなければ、フライパンや中華鍋を使用しましょう。 次に、とんかつの揚げ油。 使用済みの油でも大丈夫ですが、劣化の進んだ油ではとんかつの醍醐味である、カラッとした仕上がりになりません。 そのため、使用済み油の量は半分くらいにして、あとの半分は新しい油を追加しましょう。 上手に揚げるためには、 油の量はとんかつの厚さの2倍以上の深さを目安にしましょう。 油は多めのほうがよいのです。 油の量が少なくて肉が鍋底に接触してしまうと、焦げ付いてしまって、見た目が悪くなってしまいます。 また、とんかつのサイズにもよりますが、 大き目サイズであれば一枚ずつ揚げましょう。 2枚以上入れたり、油の量に対してとんかつが多すぎると、油の温度が下がってしまい、きれいに揚がりません。 油の温度にも注意しましょう。 簡単な目安として、パン粉を油に落としたとき、 パン粉が鍋底まで沈んで浮き上がったら油の温度は160度以下です。 真ん中まで沈んで浮き上がってきたら170度で、全く沈まなかったら180度です。 とんかつを揚げるには170度が最適とされています。 揚げ時間は、5~6分が目安です。 片面1~2分、返して3~4分がいいでしょう。 揚げあがったら、網にとり、 火のそばから離して5分を目安に油切りをしましょう。 しっかりと油切りすることも、サクサクのとんかつに仕上げるコツですよ。 次に、とんかつの揚げ上がりの目安です。 とんかつを油に入れた直後にはたくさんの大きな泡が出ますが、この 泡が小さくなってくればOKです。 また、揚げ始めのボコボコという低めの大きな音が、チリチリチリという高音になったころも目安になります。 その他にも、 とんかつを箸ではさんだときに、指に振動が伝わってくると揚げあがった目安になります。 これは、とんかつの中の肉汁が沸騰している感触なのです。 沈んでいたとんかつが浮いてきたときも、OKですよ。 とんかつの衣がキツネ色に色付いてきたタイミングを目安にしてもいいですね。 しかし、油の温度によっては、衣だけが揚がって中が生焼けということもありますから、注意してくださいね。 このように揚げあがりの目安はたくさんありますから、何種類か覚えておけば便利ですね。

次の

揚げ物ついでに作る☆なすの揚げびたし レシピ・作り方 by mrtem|楽天レシピ

厚 揚げ の 作り方

まず、とんかつの 揚げ鍋はフライ鍋がベストとされています。 もしなければ、フライパンや中華鍋を使用しましょう。 次に、とんかつの揚げ油。 使用済みの油でも大丈夫ですが、劣化の進んだ油ではとんかつの醍醐味である、カラッとした仕上がりになりません。 そのため、使用済み油の量は半分くらいにして、あとの半分は新しい油を追加しましょう。 上手に揚げるためには、 油の量はとんかつの厚さの2倍以上の深さを目安にしましょう。 油は多めのほうがよいのです。 油の量が少なくて肉が鍋底に接触してしまうと、焦げ付いてしまって、見た目が悪くなってしまいます。 また、とんかつのサイズにもよりますが、 大き目サイズであれば一枚ずつ揚げましょう。 2枚以上入れたり、油の量に対してとんかつが多すぎると、油の温度が下がってしまい、きれいに揚がりません。 油の温度にも注意しましょう。 簡単な目安として、パン粉を油に落としたとき、 パン粉が鍋底まで沈んで浮き上がったら油の温度は160度以下です。 真ん中まで沈んで浮き上がってきたら170度で、全く沈まなかったら180度です。 とんかつを揚げるには170度が最適とされています。 揚げ時間は、5~6分が目安です。 片面1~2分、返して3~4分がいいでしょう。 揚げあがったら、網にとり、 火のそばから離して5分を目安に油切りをしましょう。 しっかりと油切りすることも、サクサクのとんかつに仕上げるコツですよ。 次に、とんかつの揚げ上がりの目安です。 とんかつを油に入れた直後にはたくさんの大きな泡が出ますが、この 泡が小さくなってくればOKです。 また、揚げ始めのボコボコという低めの大きな音が、チリチリチリという高音になったころも目安になります。 その他にも、 とんかつを箸ではさんだときに、指に振動が伝わってくると揚げあがった目安になります。 これは、とんかつの中の肉汁が沸騰している感触なのです。 沈んでいたとんかつが浮いてきたときも、OKですよ。 とんかつの衣がキツネ色に色付いてきたタイミングを目安にしてもいいですね。 しかし、油の温度によっては、衣だけが揚がって中が生焼けということもありますから、注意してくださいね。 このように揚げあがりの目安はたくさんありますから、何種類か覚えておけば便利ですね。

次の

超分厚いサクサクジューシー!トンカツの作り方

厚 揚げ の 作り方

卵焼き(厚焼き玉子)の焼き方 卵焼き器を用意し、焼く途中に油を補充するためのキッチンペーパーもできれば用意しておきます。 油をなじませたキッチンペーパーがあれば焼く面、側面ともに油をさっと広げます(なければ油を全体に流し広げます)。 卵液を流し入れたら、端や四隅のほうから固まってくるので、 箸先を底に当てながら角から中央に箸を動かし、固まった卵を中央に寄せます(そうすることで、全体を均一に半熟より少し固まった状態できます)。 そうなれば、奥から手前へ箸でつかみながら巻いていきます(1回目は崩れても全く問題ないので雑に手前に巻けばOKです)。 巻いたものを奥にすべらせ、手前に油をさっとひきます。 残りの半分の卵液を空いたところに流し入れ、 奥の卵の下に箸を入れて持ち上げ、卵焼きの下にも卵液を流し入れます。 あとは残った卵液で同じことを繰り返します。 巻いた卵を奥に移動し、残りの卵液を流し入れます。 卵の下にもまた卵液を流し入れ、半熟から少し固まったきたタイミングで手前に巻きます。 あとは表面を好みの焼き色にまで焼いて、取り出して食べやすく切って完成です。

次の