山内 相席食堂。 「相席食堂」これだけは見て欲しい神回ランキングTOP11

「相席食堂」これだけは見て欲しい神回ランキングTOP11

山内 相席食堂

2ちゃんねるで『悲報、かまいたち山内面白くなかった』のスレッド立ったの言わないで下さい!!! 2度と出ません!!! — 山内健司 yamauchi0117 じゃぁコンビでもう一回VTRを見て検証してみよう、と、濱家同席の元で確かめる2人。 かまいたちはわしらの後を全部継いでるから、という千鳥に「ハードルあげてるよね」とさっそく噛みつく山内。 しかし濱家は見逃さない。 山内が最初に自己紹介した時点で「硬いねん」「オンエア見ててこの時点でめっちゃ不安だった」という。 「(千鳥にボタンを)押されようとしてるのが あざとい」とハッキリ言う。 実際、山内はあざとかった。 スキー場のレストランで家族と相席したとき。 カレーを食べる前に、向かいの家族連れに「僕ひとりでロケできるのか試されてるので、食レポできるか見てもらっていいですか?」と振った。 これからボケますよ!と言ってるようなもの。 ここでも濱家が 「これはもう最低のフリ方」とダメ出し。 濱家「向こうの感想がほしいねんけど、向こうに『感想を求めてますよ』ってのを限りなく臭い消してやらなあかんのに、『できるか見てもらっていいですか』なんて、絶対ダメ」 山内「…… 素晴らしい!」 案の定、身構えてしまった家族連れはノーリアクション。 ノブはロケVTRを止め「濱家がいるわ!」と叫ぶ、さらにそのVTRを見ている山内も 「本当にに濱家がいる」とダメ押し。 山内のボケがあざとくなってしまったのは、 「千鳥がVTRを止めてツッコんでくれる」を前提にしたからだ。 濱家がいない分、ツッコミを画面の外にいる千鳥に任せるようにした。 だがそれは同時に、画面の中ではスベってしまうことを意味する。 ツッコミを前提としたボケを、ひとりでやっているから。 それを感じ取った千鳥は、あえてVTRを止めなかった。 山内と共犯関係を結んで予定調和になるよりも、 画面内でスベる山内にツッコむことを選んだ。 山内が想定していたレイヤーの、その一枚上を行った。 やがて山内も「『なにがあかんねん』ってフィルター外すと、これヒドいな」と現実を見始める。 ラスト、「ボケたのにカメラが押さえていない」「ボケたのに編集で切られる」という散々な流れに納得いかない山内だったが。 濱家「 それも感謝よ。 それもあったから千鳥さんから『ハサミ入れられてるやんけ』って笑いにもなってるし、カメラさんがお前を切り捨てたのも笑いになってるし」 このあとフルバージョンのボケを見たが、やはり……という感じで検証は終わった。 イジってほしくなかったのにイジられた濱家 かまいたちの検証が終わった、約1時間45分後。 25:30。 『あちこちオードリー』がはじまる。 ゲストはかまいたち。 ついさっき大阪で散々なロケVTRが流れたのに 「いま一番各所で結果を出さなきゃいけない2人」と紹介されるかまいたち。 東京と大阪のロケの違いを聞かれ、山内は「東京のロケは短い」 「大阪は15分のロケに16時間撮る」と嘆き、若林は 「黄金伝説のやり方」と驚く。 番組後半は、濱家がメインだった。 東京に出てきてキャラが変わってしまったという。 大阪では劇場の番長として慕われ、ネタもMCもロケもできる「超万能兄さん」だった。 でも、東京に出てきたら大イジりされるようになってしまった。 若林「誰がイジり始めてくれたの?」 濱家「 一番最初はフジモンさんですね」 MCで回す側の人間だと思っていたから、イジられるとは思っていなかった。 フジモンにイジられたあと、濱家は首をかしげながら楽屋に入ってきたという。 でも「イジられる側じゃないのにイジられる側になった」のは、若林もそうだ。 最初は春日の影で「じゃない方芸人」の位置にいたのに、『笑っていいとも!』ではタモリにイジられて何度も無茶振りされた。 若林「俺も アルタ首かしげながら出てた(笑)」 東京でイジられてから、濱家はスランプになってしまったという。 どう振る舞ったらいいかわからない。 スベりにいくコメントをしたり、パニックになった振りをしたり、山内がボケたのにさらにボケたり。 そんな濱家を引き戻したのは「台本」だった。 今まで自分が進行していたのに、山内が進行になっていたのだ。 これはあかん。 イジられても、進行できる部分はしっかり残しておかないと。 若林「イジられるのは絶対あるとして、 その一歩渡っちゃダメってのあるよね」 濱家「僕ホンマに渡りそうになってました」 イジられるツッコミとして、若林を「自分が目指すべきはここ」と目標に置く濱家。 このあと2人は、「カメラが止まっているのにイジってくるやつ」「一線を越えてイジってくる局員」について話に花を咲かせていた。 * * * * * イジってほしかったのにイジってもらえなかった山内は、ツッコミの大切さが身に染みてわかった。 濱家がほしいと思った。 イジられるつもりはなかったのにイジられるようになった濱家は、ツッコミかつイジられるポジションがわからなくなった。 若林に共感を求めた。 6月22日の夜。 東京の番組と大阪の番組で、かまいたちはそれぞれ壁にぶつかり、悩みを吐露していた。 「いま一番各所で結果を出さないといけない2人」が、弱みを見せた夜。 しかし、それもまたひとつの「結果」だろう。 大阪では千鳥に、東京ではオードリーに、先輩たちに救われながら、かまいたちは画面の中でアップデートを続けていくのだと思う。

次の

かまいたち山内「相席食堂」で雪山に、見取り図ヘッドコーチのキャンプSPも

山内 相席食堂

・登場シーン 長野県は茅野市 ちのし 、ピラタス蓼科 たてしな スノーリゾートから。 スノボやソリではしゃいでる一人の男が映ってる。 もう、かまいたち山内だと遠目でわかってしまう。 <<ちょっと待てぇ~い>> 大悟「映っちゃってるで山内」 大悟「わざとらしかったな」 ノブ「ちょっと焦ってるかもな」 若干不安な立ち上がりですね😅 そして山内さん、 挨拶もなく、いきなり歌い始める。 山内「ご飯食べた時の食レポみたいなん、」 山内「あれができるか見てもらって良いですか?」 山内「16年間であみだした鉄板のやつがある」 山内「いただきまーす」 カレーを食べて一言 山内「うん・・・うん。 」 山内「・・・」 山内「これ今 何待ちですか?」 相席してる家族、一言も発しない。 大悟「わしらの方を笑かしにかかってるやん」 山内「僕がもし忍者だったら、」 山内「お屋敷に忍び込んでる場合じゃないなって思います」 相席してる家族、苦笑い。 山内「まだあります」 山内「ああ、うまい」 山内「僕このカレーに、7万2000円出せます」 相席してる家族、愛想笑い。 あぁ、つらい!! 見ててつらい!😅 スキーはそこそこに、ギャグだけが滑り倒してます。 ・そば屋でスベる、山内 カフェ風のそば屋「傍 katawara」での一コマ。 相席したおじさんの前でまたもや食レポ。 山内「うんうん。。 」 山内「言いすぎって思われるかもしれないですけど、」 山内「もう死んでもいいです」 おじさん「そばで?」 ノブ「ああ、気まずい・・・」 うう、しんどい。 しんどいなあ~~ ・風呂だのみ、山内 アイスクライミングでもハネず、 近所の施設、もみの木荘へ。 相席食堂名物、困った時の「入浴映像」に入ります。 と、 偶然おじさんが1人先に入浴中。 おじさんに話しかける山内さん。 山内「お風呂入った時に毎回やって絶対にウケてるギャグみたいなんあるんですけど」 山内「見てもらって良いですか」 おじさん「はい」 最後のシーンで名誉挽回なるか? 山内「はあ~、ちょっとだけ頭まで浸かってみよかな」 山内、髪の毛を中央だけに集めて整える 山内「どうも、最近の矢沢永吉です」 おじさん「・・・悪いねぇ」 <<ちょっと待てぇ~い>> ノブ「もうカメラさんも下手になってる」 ノブ「『どうも、』でもう逃げてる」 そうだったのか😄😄 もう一度Vを見直す。 山内、髪の毛を中央だけに集めて整える 山内「どうも、」 カメラがおじさんの方に切り替わる <<ちょっと待てぇ~い>> 大悟「逃げたなぁ!」 大悟「カメラさん的には相当勇気いりますよ」 大悟「ロケに何回もいってるカメラさんやから」 大悟「あ、この流れの『どうも』はウケないという判断」 ノブ「芸人があれされたら終わりやな・・・」 ひどい🤣🤣 「汚名を挽回」してしまったほうだなあ。 というわけで、 最後までグダグダのまま終了してしまった・・・ これは貴重なポンコツ回でした。 しかし中身を見れば同時押しが1回しかなく、大悟7ノブ10の17マテイとなりました。 今週のお誕生日おめでとう 大悟「お誕生日おめでとう、甲本ヒロトさん」 ノブ「ブルーハーツだ」 大悟「岡山のスターですから」 なるほど、「岡山のスター」っていう選び方もあるのね。 ノブ「テレビで初めて岡山弁しゃべった」 大悟「生放送でチケット余ってるけぇ買ってくれみたいな」 ノブ「あの後しゃべったん俺らやからな」 大悟「まぁまぁそうなるかな」 ほんまかいな。 今週のおかわり賞 第46回おかわり賞「カメラさんが芸人から逃げた瞬間」 「どうも、」で面白くないと見切ったカメラさんのファインプレー😄😄 さいごに 山内さんは「かまいたちの頭脳」だと思ってましたが、 一人だとこんなにも空回りするんですね・・・ 濱家さんの重要性が分かるという、 貴重な「ポン回」でした。 そして 来週は安藤なつさんと彦摩呂さんによる、 超巨漢グルメ相席旅! これもどういう仕上がりか予想できないです。 そいではまたー.

次の

山内が“1人ロケ”で大暴走…!? ノブも思わずツッコミ「濱家が要るわ」

山内 相席食堂

引用元: その宣伝通り、開幕男性カメラマンに「 デート風で、今日は私だけ撮っててくださいね」の一言でメロメロにしました。 個人的には「バラエティだからかな?そうだとしたらめちゃくちゃロケうまいなぁー」と思って見ていましたが、視聴者の方々は「 見ている側が恥ずかしくなってしまう」「 須田亜香里があざとすぎて無理」「 あざといけど顔が可愛くない」など色々な批判口コミをされてしまいました。 そして、ロケを見守る千鳥のお二人からも「 2位以外の奴の方がかわいいぞ」「 ブスやん」と番組特有の辛口コメントが飛び出しました。 しかも、冒頭でもお伝えしたように須田さんは現在バラエティ番組に引っ張りだこの人気アイドルなのです。 この人気の背景には2つの理由があると考えられます。 そして、2017年のAKB48選抜総選挙のスピーチで須田さんは「 いまだに須田亜香里をネットで検索すると『可愛くない』『なぜ人気』と出てきますが、私はこの疑問が凄く嬉しい」 また、 私より可愛い人、キラキラしている人はいっぱいいるけど、上位に選ばれたのは見た目以上に中身を信頼していただいてるから、というようなコメントをされています。 献身的なファンへの対応がまずAKB48,SKE48ファンに評価され、人気になり始め、今のテレビでの活躍に繋がっていると考えられますね。 その評価逆転の背景には、当時付き合っていたオリラジの藤森さんと破局し、自ら自分の思いや本音などを暴露し、 嫌われていた女性視聴者から逆に支持されるようになりました。 まとめ 今回は「須田亜香里があざとい・可愛くない!なぜ人気なのか?【相席食堂】」というテーマでご紹介させて頂きました。 また相席食堂には続編という形で出演されるようです。

次の