アマゾン キンドル 読み 放題。 Amazon読み放題サービス『Kindle Unlimited』 メリット・デメリット、解約方法など

Kindle Unlimitedの解約・退会方法を1分でわかりやすく解説する

アマゾン キンドル 読み 放題

しかも初回30日間無料体験をうまく活用すれば、 ハリーポッター全シリーズ一気読みや気になる漫画・雑誌・ビジネス書・小説などもタダで読むことができます。 しかし、Kindle Unlimitedの読み放題対象の本を検索しようにも、 検索方法がわかりづらいので自分が読みたい本が読み放題対象かどうか確認できないと悩んでる方も多いと思います。 そこで本記事では、Kindle Unlimitedの会員でなくてもできる 読み放題対象本の検索方法を紹介したいと思います。 直接Amazon公式の「Kindle Unlimited」読み放題対象本リストにとびます。 Kindle Unlimitedの読み放題対象本と対象外の本の見分け方 まずはKindle Unlimitedの読み放題対象の本と対象外の本を、Amazonのサイト上でどのように見分ければよいかを簡単に紹介します。 対象本 上の画像のように「Kindle版」の下に 「¥ 0 kindle unlimited」と表記されている本がKindle Unlimitedの読み放題対象の本です。 対象外の本 一方、Kindle Unlimitedの読み放題対象でない本は「Kindle版」の下には 本の価格のみ表記されています。 間違った検索方法「Kindle Unlimited 読み放題をクリック」 まずは間違いがちな検索方法を紹介したいと思います。 さらに、このページの「Kindle Unlimited 読み放題」をクリックしてもページは変わらず「Kindle Unlimitedの会員登録ページ」のままになってしまいます。 このページでは以下の画像のように、数冊のおすすめ本しか確認することができません。 下にスクロールすると、このように「Kindle Unlimited 読み放題」という表記が出てくるので、「読み放題対象タイトル」にチェックを入れます。 「読み放題対象タイトル」にチェックを入れると、上の画像のようにKindle Unlimitedの読み放題対象本のみがリストで表示されるようになります。 さらに絞って検索する場合はジャンルを選択するなどして検索します。 ちなみに、Kindle Unlimitedの読み放題対象タイトルは、2017年12月31日現在、約18万タイトルとなっています。

次の

Kindle Unlimitedの解約・退会方法を1分でわかりやすく解説する

アマゾン キンドル 読み 放題

Amazonの『Prime Reading』って何? プライム会員なら追加料金不要の読み放題サービス! Amazonの有料会員サービスである「Amazonプライム」はご存知の方も多いですよね。 配送料が無料になったり、タイムセール商品を一足先に購入できたり、Amazonプライムビデオなら対象作品を見放題で楽しめるなど魅力的なサービスです。 Amazonプライムのサービスについては、下記記事をご参照ください。 今回Amazonで新たに始まった『Prime Reading』は、プライム会員であれば、なんと追加料金なしで一部のkindle本が読み放題で楽しめます! ここでは、Prime Readingの使い方と魅力についてご紹介します。 Prime Readingの使い方をチェックしよう 対象作品を選び、さまざまな端末で読む 基本的な使い方は、Amazonの電子書籍kindle本と同じです。 パソコンのブラウザやスマホのアプリからKindleストアにアクセスすると、Prime Readingのカテゴリが選択できます。 対象作品を選んだら「読み放題で読む」ボタンを押すと、パソコンやスマホアプリからアクセスして読むことができます。 対象の端末はkindle、Fireタブレットはもちろん、AndroidやiPhoneのスマホ、WindowsやMacのパソコンに無料読書アプリ「Kindle」をダウンロードすれば、さまざまな端末から読むことができます。 Kindle Unlimitedとは何が違う? 少し前に、Amazonの読み放題サービス「Kindle Unlimited」が話題になりましたが、こちらは別途月額料金980円(税込)を支払って加入するサービスです。 Kindle Unlimitedは和書12万冊以上、洋書120万冊以上が読み放題なのに比べて、Prime Readingは和書・洋書含め数百冊。 Pime Readingの魅力をチェックしよう! 魅力その1:追加料金不要! 課金してまで読むのはちょっと……という本や、隙間時間に少しだけ流し読みしてみたいという本はありませんか?Prime Readingは、そんな方にぴったりのサービスです。 ただし、対象の作品を読む際、 「読み放題で読む」ボタンのすぐ下に有料の購入ボタンがあるので間違えて押してしまうこともありそう。 購入は落ち着いた場所で正確に行ないましょう! 魅力その2:雑誌やコミックスも読める! Prime Readingの魅力は、ジャンルを問わず選りすぐりのタイトルが読み放題であることにもあります。 小説だけでなく、雑誌、コミックス、絵本・児童書、洋書、ビジネス書など読んでみたかったあの本も、もしかすると対象になっているかもしれません。 外出先で退屈している子供に絵本を読むのもいいですよね! Prime Readingで時間を有効活用 Prime Readingは、隙間時間にぴったりの本がずらり。 普段あまり本を読まない人でも、気軽に読むことができそうです。 プライム会員の様々な特典にプラスされているサービスなので特典が充実し、より魅力的なサービスになったのではないでしょうか。 Prime Readingで隙間時間に読書を楽しめば、さらに時間を有効活用できそうです。

次の

読み放題サービス「Kindle Unlimited」の使い方と利用してみてわかったこと

アマゾン キンドル 読み 放題

Kindle Unlimitedを3年以上使ってみた筆者が本音で感想を語ります! 気がつけばKindle Unlimitedを3年以上使ってました 電子書籍読み放題サービス 『』は2016年8月にサービス提供が始まりました。 週末は5〜6冊ほど本を読む本好きの私は、サービス開始のニュースを読み、 「1冊1,500円程度払って読んでいる本が、 月額980円で読み放題ってお得すぎ…」と驚きました。 そして、 本好きの自分にとってはかなりの節約になるだろうと思い、すぐさま登録したことを覚えています。 (当時のニュース:) 気がつけば、を使い始めて早くも3年ほど経っていましたw 今回は、 3年以上使い続けたのベテラン? である私が、まだ使ったことのない皆さまのために、 「って実際どうなの?良い所、悪い所って何?」という点を誹謗中傷含めて 本音ベースでご紹介したいと思います(笑) 👇 気になる部分を目次からクリックして読んでみてください。 実際使ってみてどう?Kindle Unlimitedの良い所・悪い所を徹底レビュー それではまず、 を使ってみて「良い!」と思った点をご紹介したいと思います。 Kindle Unlimitedの良い所 読みたい本がたくさん!人気の本・良書は結構揃ってる 「読み放題のサービスだし、あんまり良い本ないんでしょう〜?」 と、思われる方が結構いらっしゃるのではないでしょうか。 「食べ放題」のレストランに行ってもあんまり美味しいものが食べれない、それと同じ論理で考えている人もいるでしょう。 僕もそのような考えの中、を使い始めました。 ところが、 思っていたより多くの人気の本が読み放題で読めたのです。 例えば、最近読んだ本の中でいうと… SHOWROOM代表取締役 前田さん話題の書籍 「人生の勝算」や、 Kindle書籍ランキング総合一位を獲得し、本屋でも立ち並んでいる 「モチベーション革命」、 大前研一さんの本 などなど…. 人気のビジネス書籍を揃えているのです…! また、ビジネス系の書籍だけではなく、以下の記事でまとめているような IT業界で働くSEが嬉しい技術書籍もあったりします! それだけではなく、 新海さんの人気作『君の名は。 』や、 池井戸淳さんの 『花咲舞は黙っていない』シリーズといった 小説も揃っていたり、 様々なジャンルの人気雑誌も揃えていたりします! (『家電批評』がブログ書きに捗ります…!) 雑誌だけではなくコミックも多数揃えていたりと・・・ 挙げ始めるとキリがないほどに、読みたい人気の本がでたくさん読めるのです。 ワンクリックでダウンロードしてすぐ読めるようになってしまうので、 私のように「本が好きすぎる・・・たくさん本を読みたい」という 本大好きっ子にとっては、すごく幸せになれるサービスなのですw その他のKindle Unlimitedで読めるおすすめの良書は、こちらでまとめていますので一度見てみてください。 「え、こんな本も読み放題なの…. 」とびっくりするはず。 普通に買うより圧倒的に節約できる!コスパがかなり良い そんな人気の書籍・良書を好きなだけ読めるは 月額980円で利用できます。 個人的にこの値段のおかげで 書籍を普通に買うよりめちゃくちゃ節約できています! 先月の利用履歴を振り返ってみると… ブログ運営の勉強をしたかったので「ここらで広告コピーの本当の話をします。 」という本と、 「いちばんやさしいコンテンツマーケティングの教本」を読み、 本業(IT会社のサラリーマン)に関する知識をつけるために、 『情報通信白書 ICT白書 2017』と、 「家電批評」を読みましたので、 合計4冊をで読んでいます。 これらの本を実際に定価で購入していた場合を考えると…. 書籍タイトル 定価 ここらで広告コピーの本当の話をします。 1,836円 いちばんやさしいコンテンツマーケティングの教本 1,922円 情報通信白書 ICT白書 2017 3,321円 家電批評 680円 合計7,759円も支払う必要があった事になります。 また、月980円でたくさん読めるのはかなりの自己投資になるので、コスパ最高のサービスだと思っています。 また、今だと1ヶ月無料でお試し体験できるので、支出なしで数千円分の本代を浮かせるチャンスです。 Kindle Unlimitedの悪い所 それでは、 Kindle Unlimitedの悪い所を本音でご紹介します。 実際に登録される前にぜひ読んで覚悟しておいてくださいw 面白くない本も多数ある まず一つ目は、 「どうしようもなく面白くない本もたくさんある」という事です。 最近は、誰でも電子書籍を作ってAmazonに出品することができる時代です。 すごく辛口で言うと、 浅い内容なのに本っぽくまとめて、Kindle Unlimitedの読み放題対象作品として出品している人が結構います。 冒頭でご紹介下通り良書もたくさんある一方で、そのような本がそれ以上にあるので、良書が埋もれてしまうことがあります。 おそらくこれが「Kindle Unlimitedは良くない」という方がたまにいらっしゃる原因なのではと思います。 非常に残念です。 ぜひAmazonさんにはKindle Unlimitedのユーザー満足度向上のために、一定の審査を設けるなどの施策をうって、「良質なコンテンツが読めるプラットフォーム」にしていってほしいと思います。 Kindle Unlimitedで対象本が検索しにくい 次に、 「の読み放題対象の本が探しにくい(検索しにくい)」という点です。 Amazonのページ上部で気になるキーワードを入れて、関連本を検索する際に、 で読める本のみに絞って検索結果を表示することができず探しにくいのです。 例えば、『株式投資』で検索すると、 こんな感じでKindle Unlimited対象本も非対象本もざっくばらんに表示されるため、対象本がどれかをパッと探すことができないので、少し不便です。 細かい点かもしれませんが、検索の仕様が悪い所の一つだと思っています。 一度に利用できる本は10冊まで 加えて、 Kindle Unlimited対象本は10冊までしか一度に利用できないという仕様が控えめに言ってすごく不便です。 10冊以上を利用しようとすると、別の一冊の利用を終了する必要があります。 誤解しないでいただきたいのですが、1ヶ月で10冊以上読めないという訳ではありません。 ライブラリ(マイ本棚)に登録できないというだけで、もちろんいくらでも読めます。 本は積ん読する派なのでこの制限は無くして欲しいですね。 どうせ読み放題なんだから必要ないですよ(アマゾンさんに語りかけています) ネットでの評判はどう? といったところで、私個人の観点での良いところ・悪いところをまとめてみましたが、他の方はどう思っているのでしょうか。 Twitter上での感想・レビューをいくつかピックアップいたします。 今お試しで使ってるKindle Unlimited て全然アンリミテッドじゃ無いやん。 通勤電車で雑誌をパラパラと見れたらいいな思ったんやけど同じ雑誌でも無料で読めるのとそうで無いのがあったりして…全部を読めるようにしてほしい。 必ずしも全てが読み放題ではないという点は事前に認識しておきたい点かもしれません。 Kindle Unlimited の有効活用って【月会費分の元を取る】とかそういう近視眼的なことよりも、「Unlimitedでなければ読まなかったであろう良書へのアクセスの機会」だと思っている。 実際、自分もそのように感じます。 Kindle Unlimitedにあったから読んでみたけど面白かった。 好きなことって、ある日突然運命のように見つかるのではなく、心のブレーキを外して、少しでも気になったものに手を出してみた結果見つかるものなのかなと。 — スーツは着たくない nasakemono2016 こういう面白い本を好きなだけ読めるのは本当にありがたいです。。。 調べてみると、Twitter上では8. 5割ほどの人たちがに満足しているようにみえましたw まとめ ということで、今回はのよいところ・わるいところをご紹介しました! 改めて整理すると、.

次の