異 世界 男子 の チート。 異世界男子のチートな腰使い|ネタバレ2話!陽介は電車内でマキの中に爆発w

異世界チート開拓記(コミック) 分冊版 7巻 |無料試し読みなら漫画(マンガ)・電子書籍のコミックシーモア

異 世界 男子 の チート

JavaScriptが無効です。 JavaScriptを有効にしてください。 『 Lv. 99の巨チンでイク…っ! 99の巨チンでイク…っ! ~異世界男子のチートな腰使い~』を今回はご紹介します。 うだつの上がらない陰キャな主人公がトラックとの衝突事故に遭ってしまい、目を覚ますといつもの自宅の朝…?タイムループしたかと思うと、そこは女性上位になってしまった異世界でした…!という、めくるめくような異世界でのエロが楽しめる作品です。 紹介作品 倉庫に響くあえぎ声…グチュグチュと攻め立てる相手は…イジメていたはずの男子! 男なんかに…なんで負けちゃうの…っ! 亭主関白の父 主人公の陽介は何気ない朝を迎えていました。 それは父親の厳しい言葉に、ただ黙って従っている母親がいる光景でした。 支配者のように威張り散らす父の態度に陽介は思うところがあってか「母さんにちょっと厳しすぎない?」と父に尋ねますが、「女に対して堂々としなければならない、お前も男に尽くす女を選べよ」とすげなく言い返されてしまいます。 報われない陰キャ 学校では影の薄い陰キャとして扱われている陽介は、陽キャグループが図書室で楽しそうに話しているところを隠れて眺めていました。 「新しいラブホに行こう」「パンツ見せてよ」など、陽介には無縁のリア充会話をコッソリと聞いていましたが、そこに相川沙織がいることに気づくのでした。 沙織は陽介が気になっている女の子で、彼女が流れに乗せられてパンツを見せようとすると、陽介は居ても立っても居られず飛び出していきます。 しかし、陽介は制止するよう割って入ったものの勢いよく転んでしまい、陽キャグループはしらけて立ち去っていくのでした。 結果的に沙織を助けることはできましたが、彼女から蔑むような目で見下ろされ、「陰キャが余計なことすんのやめてくれない?」と言われてしまいます。 気になっている相手からキツイ言葉を浴びせられ、さらに「二度と話しかけてこないで」とまで言われた陽介はどん底に落ちてしまいました。 トラックに跳ねられ目が覚めたら… 学校からの帰路、「俺の人生ってずっとこうなのかな…?」と、陽介は憂鬱でした。 そんな自己嫌悪中であっても、沙織を見上げたときのパンチラを思い出して勃起してしまいます。 性欲の強さだけが取り柄だったのです。 不幸にも陽介は暴走してきたトラックに跳ねられてしまいます。 陽介は宙に舞い、「どうせならあいつらを見返したかった」と思い浮かべたのは自分を見下してきた陽キャグループの面々。 すると、「お前の願いを叶えてやろう、お前の才能を活かせる理想郷でな」という謎の声が聞こえました。 陽介が目を覚ますと、そこはいつもの自宅の食卓。 ですが、違和感を覚える光景で、母が父に向かって「味噌汁が冷たい」と文句を言い、エプロン姿の父は「すいません」と謝罪しています。 母がでかけるときは、父は三つ指をついて「いってらっしゃいませ」と送り出しました。 そして父は陽介に、「お前もお母様に頭を下げろ!」と頭を下げさせたのです。 女性上位の世界 外に出た陽介は、女性が男性を虐げている様子を目の当たりにします。 「女尊男卑」が当たり前の世界になっていました。 学校では、女子は当然のように男子をパシリに使い、沙織もまた男子に肩を揉ませて悪態をついています。 女子たちは、陽介たち男子を体育倉庫に連れていき、金銭を出すよう命じるだけに止まらず、パンツを脱いでアレの長さを測ることを強要しました。 この世界においては、男子は女子に抵抗できません。 男子は順に女子から辱めを受けて泣き出していきます。 陽介にも順番が回ってくると、沙織が勢いよくパンツを脱がせますが、ビュルン!と勢いよく現れたのは女子たちが驚くほどの巨根でした。 無敵のイチモツを持つ陽介 「この世界でお前のイチモツは無敵だ、その女に〝本物の男〟を教えてやれ」と、またも謎の声が陽介の頭の中で響きました。 予想外の巨根に怯える女子たちですが、陽介はその反応を見逃さず、沙織にジワリと迫り寄っていきます。 沙織以外の女子は逃げ去り、沙織はへたり込んでガクガクと震えていると、陽介によってパンツを脱がされてしまうのでした。 「恥ずかしいからやめて!」と涙を浮かべる沙織は、「男なんてひ弱な生き物なのに!なんでこんなに力が強いの!?」と戸惑います。 けれど陽介は、「僕たちだって辱めを受けてたんだから」と止める素振りを見せません。 陽介はこれまで受けた屈辱を晴らさんとばかりに、沙織のアソコを執拗に攻め、言葉で煽ります。 やがて沙織は絶頂を迎えてしまいました。 沙織に〝本物の男〟を教える 「女なんて簡単に男に屈するのさ」と、それまで陰キャだった陽介が支配者のように言います。 他の男子たちが取り巻き、陽介は全裸にした沙織をさらに攻めていきました。 沙織は体を動かせず、屈辱にまみれたまま、性感帯をいじられ続けます。 もはや沙織も限界に達している様子で、陽介もまたいい頃合いだと見計らい、彼女の耳元で「挿れようか」と囁くのでした…。 アニメやライトノベルで流行の異世界転生がエッチなメンズコミックでも登場です。 転生した世界での陽介は無双状態!チート級な腰使いにも期待できます! 姫野こもも先生の手によって、どのように展開されていくのか楽しみですね。 オールフルカラーのメンズコミック、『Lv. 99の巨チンでイク…っ! ~異世界男子のチートな腰使い~』はコミックフェスタで配信中ですので、ぜひチェックしてみてくださいね! 紹介作品 倉庫に響くあえぎ声…グチュグチュと攻め立てる相手は…イジメていたはずの男子! 男なんかに…なんで負けちゃうの…っ!

次の

異世界男子のチートな腰使い|ネタバレ2話!陽介は電車内でマキの中に爆発w

異 世界 男子 の チート

JavaScriptが無効です。 JavaScriptを有効にしてください。 『 Lv. 99の巨チンでイク…っ! 99の巨チンでイク…っ! ~異世界男子のチートな腰使い~』を今回はご紹介します。 うだつの上がらない陰キャな主人公がトラックとの衝突事故に遭ってしまい、目を覚ますといつもの自宅の朝…?タイムループしたかと思うと、そこは女性上位になってしまった異世界でした…!という、めくるめくような異世界でのエロが楽しめる作品です。 紹介作品 倉庫に響くあえぎ声…グチュグチュと攻め立てる相手は…イジメていたはずの男子! 男なんかに…なんで負けちゃうの…っ! 亭主関白の父 主人公の陽介は何気ない朝を迎えていました。 それは父親の厳しい言葉に、ただ黙って従っている母親がいる光景でした。 支配者のように威張り散らす父の態度に陽介は思うところがあってか「母さんにちょっと厳しすぎない?」と父に尋ねますが、「女に対して堂々としなければならない、お前も男に尽くす女を選べよ」とすげなく言い返されてしまいます。 報われない陰キャ 学校では影の薄い陰キャとして扱われている陽介は、陽キャグループが図書室で楽しそうに話しているところを隠れて眺めていました。 「新しいラブホに行こう」「パンツ見せてよ」など、陽介には無縁のリア充会話をコッソリと聞いていましたが、そこに相川沙織がいることに気づくのでした。 沙織は陽介が気になっている女の子で、彼女が流れに乗せられてパンツを見せようとすると、陽介は居ても立っても居られず飛び出していきます。 しかし、陽介は制止するよう割って入ったものの勢いよく転んでしまい、陽キャグループはしらけて立ち去っていくのでした。 結果的に沙織を助けることはできましたが、彼女から蔑むような目で見下ろされ、「陰キャが余計なことすんのやめてくれない?」と言われてしまいます。 気になっている相手からキツイ言葉を浴びせられ、さらに「二度と話しかけてこないで」とまで言われた陽介はどん底に落ちてしまいました。 トラックに跳ねられ目が覚めたら… 学校からの帰路、「俺の人生ってずっとこうなのかな…?」と、陽介は憂鬱でした。 そんな自己嫌悪中であっても、沙織を見上げたときのパンチラを思い出して勃起してしまいます。 性欲の強さだけが取り柄だったのです。 不幸にも陽介は暴走してきたトラックに跳ねられてしまいます。 陽介は宙に舞い、「どうせならあいつらを見返したかった」と思い浮かべたのは自分を見下してきた陽キャグループの面々。 すると、「お前の願いを叶えてやろう、お前の才能を活かせる理想郷でな」という謎の声が聞こえました。 陽介が目を覚ますと、そこはいつもの自宅の食卓。 ですが、違和感を覚える光景で、母が父に向かって「味噌汁が冷たい」と文句を言い、エプロン姿の父は「すいません」と謝罪しています。 母がでかけるときは、父は三つ指をついて「いってらっしゃいませ」と送り出しました。 そして父は陽介に、「お前もお母様に頭を下げろ!」と頭を下げさせたのです。 女性上位の世界 外に出た陽介は、女性が男性を虐げている様子を目の当たりにします。 「女尊男卑」が当たり前の世界になっていました。 学校では、女子は当然のように男子をパシリに使い、沙織もまた男子に肩を揉ませて悪態をついています。 女子たちは、陽介たち男子を体育倉庫に連れていき、金銭を出すよう命じるだけに止まらず、パンツを脱いでアレの長さを測ることを強要しました。 この世界においては、男子は女子に抵抗できません。 男子は順に女子から辱めを受けて泣き出していきます。 陽介にも順番が回ってくると、沙織が勢いよくパンツを脱がせますが、ビュルン!と勢いよく現れたのは女子たちが驚くほどの巨根でした。 無敵のイチモツを持つ陽介 「この世界でお前のイチモツは無敵だ、その女に〝本物の男〟を教えてやれ」と、またも謎の声が陽介の頭の中で響きました。 予想外の巨根に怯える女子たちですが、陽介はその反応を見逃さず、沙織にジワリと迫り寄っていきます。 沙織以外の女子は逃げ去り、沙織はへたり込んでガクガクと震えていると、陽介によってパンツを脱がされてしまうのでした。 「恥ずかしいからやめて!」と涙を浮かべる沙織は、「男なんてひ弱な生き物なのに!なんでこんなに力が強いの!?」と戸惑います。 けれど陽介は、「僕たちだって辱めを受けてたんだから」と止める素振りを見せません。 陽介はこれまで受けた屈辱を晴らさんとばかりに、沙織のアソコを執拗に攻め、言葉で煽ります。 やがて沙織は絶頂を迎えてしまいました。 沙織に〝本物の男〟を教える 「女なんて簡単に男に屈するのさ」と、それまで陰キャだった陽介が支配者のように言います。 他の男子たちが取り巻き、陽介は全裸にした沙織をさらに攻めていきました。 沙織は体を動かせず、屈辱にまみれたまま、性感帯をいじられ続けます。 もはや沙織も限界に達している様子で、陽介もまたいい頃合いだと見計らい、彼女の耳元で「挿れようか」と囁くのでした…。 アニメやライトノベルで流行の異世界転生がエッチなメンズコミックでも登場です。 転生した世界での陽介は無双状態!チート級な腰使いにも期待できます! 姫野こもも先生の手によって、どのように展開されていくのか楽しみですね。 オールフルカラーのメンズコミック、『Lv. 99の巨チンでイク…っ! ~異世界男子のチートな腰使い~』はコミックフェスタで配信中ですので、ぜひチェックしてみてくださいね! 紹介作品 倉庫に響くあえぎ声…グチュグチュと攻め立てる相手は…イジメていたはずの男子! 男なんかに…なんで負けちゃうの…っ!

次の

異世界男子チートな腰使い1巻はzipやLHScanではもう無料で読めないの?

異 世界 男子 の チート

JavaScriptが無効です。 JavaScriptを有効にしてください。 『 Lv. 99の巨チンでイク…っ! 99の巨チンでイク…っ! ~異世界男子のチートな腰使い~』を今回はご紹介します。 うだつの上がらない陰キャな主人公がトラックとの衝突事故に遭ってしまい、目を覚ますといつもの自宅の朝…?タイムループしたかと思うと、そこは女性上位になってしまった異世界でした…!という、めくるめくような異世界でのエロが楽しめる作品です。 紹介作品 倉庫に響くあえぎ声…グチュグチュと攻め立てる相手は…イジメていたはずの男子! 男なんかに…なんで負けちゃうの…っ! 亭主関白の父 主人公の陽介は何気ない朝を迎えていました。 それは父親の厳しい言葉に、ただ黙って従っている母親がいる光景でした。 支配者のように威張り散らす父の態度に陽介は思うところがあってか「母さんにちょっと厳しすぎない?」と父に尋ねますが、「女に対して堂々としなければならない、お前も男に尽くす女を選べよ」とすげなく言い返されてしまいます。 報われない陰キャ 学校では影の薄い陰キャとして扱われている陽介は、陽キャグループが図書室で楽しそうに話しているところを隠れて眺めていました。 「新しいラブホに行こう」「パンツ見せてよ」など、陽介には無縁のリア充会話をコッソリと聞いていましたが、そこに相川沙織がいることに気づくのでした。 沙織は陽介が気になっている女の子で、彼女が流れに乗せられてパンツを見せようとすると、陽介は居ても立っても居られず飛び出していきます。 しかし、陽介は制止するよう割って入ったものの勢いよく転んでしまい、陽キャグループはしらけて立ち去っていくのでした。 結果的に沙織を助けることはできましたが、彼女から蔑むような目で見下ろされ、「陰キャが余計なことすんのやめてくれない?」と言われてしまいます。 気になっている相手からキツイ言葉を浴びせられ、さらに「二度と話しかけてこないで」とまで言われた陽介はどん底に落ちてしまいました。 トラックに跳ねられ目が覚めたら… 学校からの帰路、「俺の人生ってずっとこうなのかな…?」と、陽介は憂鬱でした。 そんな自己嫌悪中であっても、沙織を見上げたときのパンチラを思い出して勃起してしまいます。 性欲の強さだけが取り柄だったのです。 不幸にも陽介は暴走してきたトラックに跳ねられてしまいます。 陽介は宙に舞い、「どうせならあいつらを見返したかった」と思い浮かべたのは自分を見下してきた陽キャグループの面々。 すると、「お前の願いを叶えてやろう、お前の才能を活かせる理想郷でな」という謎の声が聞こえました。 陽介が目を覚ますと、そこはいつもの自宅の食卓。 ですが、違和感を覚える光景で、母が父に向かって「味噌汁が冷たい」と文句を言い、エプロン姿の父は「すいません」と謝罪しています。 母がでかけるときは、父は三つ指をついて「いってらっしゃいませ」と送り出しました。 そして父は陽介に、「お前もお母様に頭を下げろ!」と頭を下げさせたのです。 女性上位の世界 外に出た陽介は、女性が男性を虐げている様子を目の当たりにします。 「女尊男卑」が当たり前の世界になっていました。 学校では、女子は当然のように男子をパシリに使い、沙織もまた男子に肩を揉ませて悪態をついています。 女子たちは、陽介たち男子を体育倉庫に連れていき、金銭を出すよう命じるだけに止まらず、パンツを脱いでアレの長さを測ることを強要しました。 この世界においては、男子は女子に抵抗できません。 男子は順に女子から辱めを受けて泣き出していきます。 陽介にも順番が回ってくると、沙織が勢いよくパンツを脱がせますが、ビュルン!と勢いよく現れたのは女子たちが驚くほどの巨根でした。 無敵のイチモツを持つ陽介 「この世界でお前のイチモツは無敵だ、その女に〝本物の男〟を教えてやれ」と、またも謎の声が陽介の頭の中で響きました。 予想外の巨根に怯える女子たちですが、陽介はその反応を見逃さず、沙織にジワリと迫り寄っていきます。 沙織以外の女子は逃げ去り、沙織はへたり込んでガクガクと震えていると、陽介によってパンツを脱がされてしまうのでした。 「恥ずかしいからやめて!」と涙を浮かべる沙織は、「男なんてひ弱な生き物なのに!なんでこんなに力が強いの!?」と戸惑います。 けれど陽介は、「僕たちだって辱めを受けてたんだから」と止める素振りを見せません。 陽介はこれまで受けた屈辱を晴らさんとばかりに、沙織のアソコを執拗に攻め、言葉で煽ります。 やがて沙織は絶頂を迎えてしまいました。 沙織に〝本物の男〟を教える 「女なんて簡単に男に屈するのさ」と、それまで陰キャだった陽介が支配者のように言います。 他の男子たちが取り巻き、陽介は全裸にした沙織をさらに攻めていきました。 沙織は体を動かせず、屈辱にまみれたまま、性感帯をいじられ続けます。 もはや沙織も限界に達している様子で、陽介もまたいい頃合いだと見計らい、彼女の耳元で「挿れようか」と囁くのでした…。 アニメやライトノベルで流行の異世界転生がエッチなメンズコミックでも登場です。 転生した世界での陽介は無双状態!チート級な腰使いにも期待できます! 姫野こもも先生の手によって、どのように展開されていくのか楽しみですね。 オールフルカラーのメンズコミック、『Lv. 99の巨チンでイク…っ! ~異世界男子のチートな腰使い~』はコミックフェスタで配信中ですので、ぜひチェックしてみてくださいね! 紹介作品 倉庫に響くあえぎ声…グチュグチュと攻め立てる相手は…イジメていたはずの男子! 男なんかに…なんで負けちゃうの…っ!

次の