レイシズム 意味。 レイシズムとは

人種主義

レイシズム 意味

発生的にせよ環境の作用であるにせよ、諸人種の間には優劣の差があり、優秀な人種が劣等な人種を支配するのは当然である、という思想ないしイデオロギー。 人種の優劣説にはまったく科学的根拠がないにもかかわらず、最盛期の19世紀ほどではないにしても、人種主義はいまなお根強く信奉されている。 人種主義は、同一人種から構成される一部の部族社会に身体上の特徴(身長や皮膚の色)に基づいて現れたり、また一部の社会にそれぞれ独立して局地的に現れる場合もあるが、人種主義を世界規模に拡大し定着させたのは植民地主義である。 その意味で人種主義は、人類史を通じて全地球上に現れる普遍的な思想ではない。 これに対して、エスノセントリズムethnocentrism(自己集団中心主義。 人種・民族を含めてあらゆる異質集団に対して、自分の属する集団を中心に据え、これを尺度として評価を下す態度ないし思想)、および、ある集団または個人が身体的ないし文化的特徴の著しく違う者に違和感・距離感を抱くのは自然の現象であり、普遍的である。 もともと人種という概念が科学的に明らかにされ、人間の類別を意味するようになったのは19世紀であり、こうして西ヨーロッパに発達した人種思想と結び付いて、人種主義は政治・経済上の諸条件に基づいて歴史的に形成されたのである。 科学的人種主義という皮肉な呼称もこうした歴史的事情から生まれた。 こうして形成された人種主義はやがて、思想ないしイデオロギーのレベルを超えて、現実の慣行や態度をも含めて、人種差別、ないし人種上の不利益を生む諸要因を包摂した複合体をもさすようになった。 もともと人種主義が生まれるのは、ある社会に異なる複数の人種、または同一人種内の集団差が存在し、その身体的特徴の集団差が不平等な社会的地位や文化の相違と結び付く場合である。 歴史的には、軍事的征服、植民地や支配地域の拡大、および強制を伴う移民や奴隷に付随して、白人の有色人に対する人種主義として現れる場合が多いが、しばしば黄色人の黒人に対する人種主義も現れる。 このことは、人種主義を大規模に展開したのが主として植民地主義ないし帝国主義であることを物語っている。 ヒトラー、T・ルーズベルト、南アフリカ共和国のアパルトヘイト政策の生みの親であるフルウールトらは、大衆操作のイデオロギーとして人種主義を利用した典型的な政治家である。 イギリスの詩人キップリングに代表されるように文学の世界はもちろん、一般的な世論においても、人種主義は、大衆の心に深く浸透し、世界の全域に行き渡っている。 日本におけるアイヌ系、朝鮮人・韓国人、アジア系、および黒人についても、日本人の人種主義は深く作用している。 最近、とくに第三世界では、有色人は白人よりも優秀だとする対抗人種主義counter racismが台頭している。 こうした現状から推して、人種主義を克服するには多くの困難が横たわっている。 [鈴木二郎] 人種(race)に基づく思想や差別のことであり、「 人種主義」や「 人種差別」としばしば訳される。 しかし、人種概念そのものがきわめて曖昧(あいまい)であり(ヒトという種は生物学的には一つしかない一方で、身体的特徴には無限のグラデーションがある)、レイシズムは 民族差別について広く使われている。 最初の人種主義的思想は、15世紀末のスペインでユダヤ教徒とイスラム教徒を追放・改宗させたことに端を発する。 とくにキリスト教徒に改宗することの多かったユダヤ教徒とその子孫が、改宗しても「変わらぬ血(血筋)」を追及されたために、ユダヤ教徒が「ユダヤ人種」化されていった。 さらに16世紀以降、大航海時代に世界の植民地分割と奴隷貿易が進展すると、ヨーロッパ人が植民地の先住民やアフリカからの奴隷を支配・酷使することを正当化するために、人種的差異化をはかった。 このヨーロッパの「内なるレイシズム」と「外なるレイシズム」が、それぞれナチス・ドイツの ユダヤ人迫害と南アフリカ共和国の アパルトヘイトという形で頂点に達する。 現代世界では、グローバル化が進み移住労働者が世界規模で増加すると、自民族中心主義・排外主義も横行し、移住者や民族的マイノリティーに対する迫害が多発するようになる一方で、インターネットの普及によって差別発言が無規制に広まっていった。 こうした差別を指弾する際に「 レイシスト」という名指しが使われるようになり、日本でも2000年代以降、対アジア関係の悪化にともない、街頭やネット空間で朝鮮人や中国人や非正規の移住労働者に対する攻撃的言動が蔓延(まんえん)してきているが、それを批判し対抗する行動もまた活発となり、その文脈で「レイシズム」という言葉が広まっていった。 [ 早尾貴紀]• 百科 50• 日本大百科全書 30• 世界大百科事典 20• Encyclopedia of Japan 0• 日本語 6• デジタル大辞泉 5• 日本国語大辞典 1• 新選漢和辞典Web版 0• 字通 0• 故事俗信ことわざ大辞典 0• 全文全訳古語辞典 0• 数え方の辞典 0• 日本方言大辞典 0• 歴史・地名 0• 国史大辞典 0• 日本歴史地名大系 0• 日本史年表 0• 古事類苑 0• 江戸名所図会 0• 英語 1• ランダムハウス英和 1• プログレッシブ英和 0• プログレッシブ和英 0• コウビルド英英和 0• Oxford Advanced Learner's 0• 理化学英和辞典 0• 医学英和辞典 0• ビジネス技術実用英語 0• プログレビジネス英語 0• SPED理工系英和 0• ヨーロッパ言語 10• 独和大辞典 1• ロベール仏和大辞典 3• 西和中辞典 2• 和西辞典 0• 伊和中辞典 0• 和伊中辞典 2• 羅和辞典 0• 和羅辞典 0• ポケプロ独和 0• ポケプロ和独 0• ポケプロ仏和 0• ポケプロ和仏 0• ポケプロ西和 2• ポケプロ和西 0• ポケプロ伊和 0• ポケプロ和伊 0• 東アジア言語 1• ポケプロ中日 1• ポケプロ韓日 0• ポケプロ日中 0• ポケプロ日韓 0• 用語・情報 6• 現代用語の基礎知識 2019 1• イミダス 2018 4• 会社四季報 2020春 0• 法律用語辞典 0• デジタル大辞泉プラス 1• 図書館情報学用語辞典 0• 人名・文化・宗教 18• 日本人名大辞典 0• 世界人名大辞典 15• 世界文学大事典 3• 日本架空伝承人名事典 0• 能・狂言事典 0• 歌舞伎事典 0• 仏教語大辞典 0• 日本人物文献目録 0• 新日本古典籍データベース 0• 自然科学 0• 高校数学解法事典 0• 旺文社 物理事典 0• デジタル化学辞典 0• 旺文社 化学事典 0• 岩波 生物学辞典 0• 旺文社 生物事典 0• 地学用語集 0• 法則の辞典 0• 統計・年鑑 0• 日本統計年鑑 0 new! 日本長期統計総覧 0 new! 記事・コラム 1• 週刊エコノミスト 2019-20 1• 生活便利帳 0• 叢書・日本文学 74• 東洋文庫 1• 日本古典文学全集 0• 文庫クセジュ 73.

次の

racism(レイシズム)の意味|ヘイトスピーチやヘイトクライムもわかりやすく解説

レイシズム 意味

発生的にせよ環境の作用であるにせよ、諸人種の間には優劣の差があり、優秀な人種が劣等な人種を支配するのは当然である、という思想ないしイデオロギー。 人種の優劣説にはまったく科学的根拠がないにもかかわらず、最盛期の19世紀ほどではないにしても、人種主義はいまなお根強く信奉されている。 人種主義は、同一人種から構成される一部の部族社会に身体上の特徴(身長や皮膚の色)に基づいて現れたり、また一部の社会にそれぞれ独立して局地的に現れる場合もあるが、人種主義を世界規模に拡大し定着させたのは植民地主義である。 その意味で人種主義は、人類史を通じて全地球上に現れる普遍的な思想ではない。 これに対して、エスノセントリズムethnocentrism(自己集団中心主義。 人種・民族を含めてあらゆる異質集団に対して、自分の属する集団を中心に据え、これを尺度として評価を下す態度ないし思想)、および、ある集団または個人が身体的ないし文化的特徴の著しく違う者に違和感・距離感を抱くのは自然の現象であり、普遍的である。 もともと人種という概念が科学的に明らかにされ、人間の類別を意味するようになったのは19世紀であり、こうして西ヨーロッパに発達した人種思想と結び付いて、人種主義は政治・経済上の諸条件に基づいて歴史的に形成されたのである。 科学的人種主義という皮肉な呼称もこうした歴史的事情から生まれた。 こうして形成された人種主義はやがて、思想ないしイデオロギーのレベルを超えて、現実の慣行や態度をも含めて、人種差別、ないし人種上の不利益を生む諸要因を包摂した複合体をもさすようになった。 もともと人種主義が生まれるのは、ある社会に異なる複数の人種、または同一人種内の集団差が存在し、その身体的特徴の集団差が不平等な社会的地位や文化の相違と結び付く場合である。 歴史的には、軍事的征服、植民地や支配地域の拡大、および強制を伴う移民や奴隷に付随して、白人の有色人に対する人種主義として現れる場合が多いが、しばしば黄色人の黒人に対する人種主義も現れる。 このことは、人種主義を大規模に展開したのが主として植民地主義ないし帝国主義であることを物語っている。 ヒトラー、T・ルーズベルト、南アフリカ共和国のアパルトヘイト政策の生みの親であるフルウールトらは、大衆操作のイデオロギーとして人種主義を利用した典型的な政治家である。 イギリスの詩人キップリングに代表されるように文学の世界はもちろん、一般的な世論においても、人種主義は、大衆の心に深く浸透し、世界の全域に行き渡っている。 日本におけるアイヌ系、朝鮮人・韓国人、アジア系、および黒人についても、日本人の人種主義は深く作用している。 最近、とくに第三世界では、有色人は白人よりも優秀だとする対抗人種主義counter racismが台頭している。 こうした現状から推して、人種主義を克服するには多くの困難が横たわっている。 [鈴木二郎] 人種(race)に基づく思想や差別のことであり、「 人種主義」や「 人種差別」としばしば訳される。 しかし、人種概念そのものがきわめて曖昧(あいまい)であり(ヒトという種は生物学的には一つしかない一方で、身体的特徴には無限のグラデーションがある)、レイシズムは 民族差別について広く使われている。 最初の人種主義的思想は、15世紀末のスペインでユダヤ教徒とイスラム教徒を追放・改宗させたことに端を発する。 とくにキリスト教徒に改宗することの多かったユダヤ教徒とその子孫が、改宗しても「変わらぬ血(血筋)」を追及されたために、ユダヤ教徒が「ユダヤ人種」化されていった。 さらに16世紀以降、大航海時代に世界の植民地分割と奴隷貿易が進展すると、ヨーロッパ人が植民地の先住民やアフリカからの奴隷を支配・酷使することを正当化するために、人種的差異化をはかった。 このヨーロッパの「内なるレイシズム」と「外なるレイシズム」が、それぞれナチス・ドイツの ユダヤ人迫害と南アフリカ共和国の アパルトヘイトという形で頂点に達する。 現代世界では、グローバル化が進み移住労働者が世界規模で増加すると、自民族中心主義・排外主義も横行し、移住者や民族的マイノリティーに対する迫害が多発するようになる一方で、インターネットの普及によって差別発言が無規制に広まっていった。 こうした差別を指弾する際に「 レイシスト」という名指しが使われるようになり、日本でも2000年代以降、対アジア関係の悪化にともない、街頭やネット空間で朝鮮人や中国人や非正規の移住労働者に対する攻撃的言動が蔓延(まんえん)してきているが、それを批判し対抗する行動もまた活発となり、その文脈で「レイシズム」という言葉が広まっていった。 [ 早尾貴紀]• 百科 50• 日本大百科全書 30• 世界大百科事典 20• Encyclopedia of Japan 0• 日本語 6• デジタル大辞泉 5• 日本国語大辞典 1• 新選漢和辞典Web版 0• 字通 0• 故事俗信ことわざ大辞典 0• 全文全訳古語辞典 0• 数え方の辞典 0• 日本方言大辞典 0• 歴史・地名 0• 国史大辞典 0• 日本歴史地名大系 0• 日本史年表 0• 古事類苑 0• 江戸名所図会 0• 英語 1• ランダムハウス英和 1• プログレッシブ英和 0• プログレッシブ和英 0• コウビルド英英和 0• Oxford Advanced Learner's 0• 理化学英和辞典 0• 医学英和辞典 0• ビジネス技術実用英語 0• プログレビジネス英語 0• SPED理工系英和 0• ヨーロッパ言語 10• 独和大辞典 1• ロベール仏和大辞典 3• 西和中辞典 2• 和西辞典 0• 伊和中辞典 0• 和伊中辞典 2• 羅和辞典 0• 和羅辞典 0• ポケプロ独和 0• ポケプロ和独 0• ポケプロ仏和 0• ポケプロ和仏 0• ポケプロ西和 2• ポケプロ和西 0• ポケプロ伊和 0• ポケプロ和伊 0• 東アジア言語 1• ポケプロ中日 1• ポケプロ韓日 0• ポケプロ日中 0• ポケプロ日韓 0• 用語・情報 6• 現代用語の基礎知識 2019 1• イミダス 2018 4• 会社四季報 2020春 0• 法律用語辞典 0• デジタル大辞泉プラス 1• 図書館情報学用語辞典 0• 人名・文化・宗教 18• 日本人名大辞典 0• 世界人名大辞典 15• 世界文学大事典 3• 日本架空伝承人名事典 0• 能・狂言事典 0• 歌舞伎事典 0• 仏教語大辞典 0• 日本人物文献目録 0• 新日本古典籍データベース 0• 自然科学 0• 高校数学解法事典 0• 旺文社 物理事典 0• デジタル化学辞典 0• 旺文社 化学事典 0• 岩波 生物学辞典 0• 旺文社 生物事典 0• 地学用語集 0• 法則の辞典 0• 統計・年鑑 0• 日本統計年鑑 0 new! 日本長期統計総覧 0 new! 記事・コラム 1• 週刊エコノミスト 2019-20 1• 生活便利帳 0• 叢書・日本文学 74• 東洋文庫 1• 日本古典文学全集 0• 文庫クセジュ 73.

次の

レイシズムとは

レイシズム 意味

0:前提 白人は人間の本質を渇望してきた 西洋文明は奴隷の存在を前提とするので、彼らは人間の本質や人間と家畜の線引きを重視してきた。 だから、彼らは誰が人間であるかを知りたかった。 古くから、人間の本質は形や要素や機能や法律や宗教などで規定されてきた。 東洋人は奴隷や家畜の概念を持ってこなかったので、彼らは奴隷や家畜の意味を認識できてこなかった。 さらに悪いことに、彼らは人間の本質を渇望するという知的好奇心すら持ってこなかったので、彼らは人間の意味すら認識できてこなかった。 1:Racismでは、人間の本質とは人種である Racismでは、人間の本質は人種である。 だから、異人種は人間でないので、奴隷や家畜と同じである。 だから、たとえ白人が異人種を虐殺するとしても、その行為は殺人行為でないので、罪でない。 具体例として、人間の本質には、形や要素が存在する。 実際、古代ギリシアでは、形相と質料が重視された。 また、宗教や機能や法律も人間の本質として重視されてきた。 例えば、西洋では、異教徒は人間でないと考えられてきたので、キリスト教徒以外の人間は虐殺されてきた。 さらに、近世から近代では知能が人間の本質として考えらてきた。 観察すれば、動物と人間の違いとは宗教や形でなく知能である。 だから、人間の本質とは知能であるので、知能の低いホモ・サピエンスは奴隷であり家畜である。 近代は白人の時代であった。 そこで、白人種は人間の本質を人種の中に見た。 これはracismである。 racismとは黒人を人種的に侮辱することでなく、白人種は黒人を人間でなく奴隷や家畜と認識したことであった。 なぜなら、黒人種は白人種でないので、人間でない。 この考えは日本人を含む東洋人やモンゴロイド人種にも応用された。 以上がracismの本当の意味である。 不幸なことに、アメリカにおいてもracismの意味が曖昧になっているように思える。 2:なぜ白人はBlack slavesを採用したか? 白人種は黒人を奴隷として扱ってきた。 なぜなら、白人は黒人を人間と認識してこなかった。 Rcacismでは、黒人種は白人種にとって異人種であるので、人間の本質を持たない、つまり黒人(私たち色付きも)は人間でなかった。 白人種が明確な根拠を持って黒人奴隷を採用した。 大栗博司や菊池誠を始めとする日本人の学者もどきのように白人気分を味わいたくて「雰囲気」で行動したわけでない。 白人種は高慢であるが、宗教的にも非常に真面目な人種であり続けてきた。 白人種の生真面目さは敬遠なイスラム教徒のアラブ人に匹敵する。 彼らもまたノリや雰囲気や白人気分を味わいたくて、イスラム教を信仰してきたわけでない。 俺の勝手な憶測によると、白人種は黒人が人間であるかを非常に真面目に議論してきたはずである。 その最終的な結論として、白人種は黒人種を人間でないと審判した。 その後、黒人奴隷制度が形成されていった。 黒人奴隷が儲かるから、白人は黒人を奴隷にしたのではない。 もし人種主義がracismであるならば、宗教主義はreligeonismで知能主義はIQ-ism?白人種にとって、黒人種は人種的にも宗教的にも人間でなかった。 たとえ俺がこれを指摘するとしても、東洋人は奴隷や家畜の概念を持たないので、彼らは俺の発言の意味をいまいち掴めない。 なぜなら、東洋人は黒人を同じ「人間」とみなす。 東洋人にとって、黒人の知能指数の低さは奴隷や家畜を暗示しない。 東洋人にとって、その意味は単なる馬鹿な「人間」である。 3:西洋文明は奴隷、家畜文明である。 ウィキペディア コンゴとベルギー 日本人は人間の意味や奴隷の意味や家畜の意味を認識できない。 なぜなら、東洋文明は奴隷家畜文明でない。 西洋に関する日本人の発言がトンチンカンであるのは奴隷の意味を認識できてこなかったからである。 たとえ俺が上記の画像を提示するとしても、日本人を含む東洋人はこれを可哀想な黒「人」と認識する。 しかし、白人はそう認識しない。 白人は上記を黒いsubhumansと認識する。 白人は上記の画像を黒いlivestocksと認識する。 白人は上記の画像を黒いslavesと認識する。 racismでは、日本人を含む東洋人も人間でなく上記の画像と同じである。 おまけ:sexismとは? sexismでは、異なる性別の人間が家畜や奴隷と考えられることである。 sexismも奴隷文明に特有の単語である。 熱心なイスラム教の世界では、女性は男性によって所有されてきた。 これは一種のsexismである。 馬鹿な日本人女性は日本人男性をsexistと侮辱する。 しかし、彼女らはsexismの意味を認識できてこなかった。

次の