第 五 人格 ボンボン。 第五人格について

【第五人格新】ボンボンの生い立ちを完全翻訳。バンバンとボンボンどっちが正しい?

第 五 人格 ボンボン

ガードNo. 26とは ガードNo. 26は、第五人格日本版に登場した新ハンターです。 このハンターは、十字に爆発範囲を発生させる爆弾を複数所持していて、その 爆発範囲内にいる全てのサバイバーに、通常攻撃の半分のダメージを与えられます。 範囲内であれば、たとえ障害物があっても 爆発が貫通するので、かなり強力なハンターと言えそうです。 ガードNo. 26のキャラ情報 キャラクター名 入手方法 ボンボン S8-真髄2 ガードNo. 26は、狂眼バルクの助手として製造されたロボットです。 しかし、助手をやっているうちに徐々に自我に目覚めました。 それに気づいたバルクは、何度もコアモジュールを変更し、プログラムを書き換えましたが、自我が消えることはありませんでした。 ガードNo. 26の評価 総合評価:A ・0.5ダメージを与えらる爆弾を持っている ・時限爆弾とリモコン爆弾の使い分けで強さを発揮! ・時限爆弾の補充が早い! スキル チェイス 探索 A A B サバイバーを牽制する爆弾 存在感0の状態から使用できる「 時限爆弾」は、2~40秒の間で自由にタイマーを設定し、任意の場所に設置あるいは投げられます。 設置してからその時間が経過すると、十字状に障害物を無視した爆発範囲が発生し、その中にいる 全サバイバーに通常攻撃の半分のダメージを与えられます。 ) さらに補充が非常に早く、最大6個まで同時に所持できるので、複数バラまけば様々な場面で活用可能です。 他の爆弾に当たれば誘爆させることもできるので、広範囲を爆破させたり、タイマーの設定ミスをカバーしたりできる他、誘爆させないように配置して 連続攻撃を狙ったりと、チェイスとキャンプどちらにも使用できます。 しかもサバイバーからはどのくらいで爆発するかわからないので、 置くだけでも牽制できますし、場所によっては通常攻撃を受けるか爆発を受けるかの2択を迫ることも可能です。 また、任意のタイミングで爆破できる リモコン爆弾(存在感1000以上で使用可能)は、タイマーの設定ミスをカバーし、サバイバーの動きに合わせられるので、時限爆弾よりも使い勝手がよくなっています。 補助特質に「異常」や「監視者」、内在人格に「崩壊」や「パニック」を採用していれば、暗号機を守って立ち回る遅延戦術も、狭いマップでは強力かもしれません。 万人向けではない ガードNo. 26は、複数の爆弾でサバイバーを牽制しながらダメージを与えられる強力なハンターです。 存在感が最大になれば、 時限爆弾の爆発範囲が拡大し、補充も早くなるので、サバイバーが逃げ切るのは困難でしょう!補助特質に「巡視者」を採用すれば、チェイスや救助狩りがやりやすくなると思います。 しかし、時限爆弾は投げてから起動するまでに若干ラグがあり、サバイバーからでも爆発範囲を確認できます。 そのため、1発1発を確実に当てるのは、非常に難しいです。 また、移動速度などの基本的な能力が何かずば抜けているわけではないので、爆弾の設置場所やタイマーの設定が勝敗の鍵になると思われます。 まとめると、ガードNo. 26は強力なスキルを持っていますが、知識や経験がないと性能を活かしきれないテクニカルなハンターと言えそうです。 ガードNo. 26のスキル ガードNo. 26の外在特質 外在特質 能力 爆発連鎖 ガードNo. 26は、その中に複数の爆弾を格納でき、いつでも設置あるいは投げることができる。 爆弾の爆発範囲は十字型で、爆発した際に、その範囲内にある他の爆弾を誘爆させられる。 範囲内にサバイバーがいた場合は、そのすべてに通常攻撃の半分のダメージを与える。 ただし、1人のサバイバーに対して、複数の爆発が同時に当たっても、0.5ダメージしか与えられない。 ガードNo. 26の形態変化 能力 効果 時限爆弾 時限爆弾を設置、あるいは投げることができる。 投げる前に爆弾のタイマーを調整でき、設定した秒数が経過すると、爆発する。 リモコン爆弾 特殊なリモコン爆弾を設置、あるいは投げることができる。 この爆弾を設置後、スキルボタンを再度タップすることで爆発する。 起爆されずに一定時間経過すると、自動で爆発する。 爆弾 EX 爆弾のチャージ時間を短縮し、全ての爆弾の爆発範囲が拡大する。 ガードNo. 26の立ち回り サバイバーのチェイスルートを制限しよう! ガードNo. 26は、存在感0の状態から任意の場所に「時限爆弾」を設置あるいは投げることができます。 時限爆弾のタイマーは、2~40秒の間で自由に設定でき、 サバイバーはあと何秒で爆発するかわからないので、サバイバーが通る確率が高い場所にこれを投げて牽制しましょう! 補助特質に「巡視者」を採用すれば、爆弾と通常攻撃のコンボも狙いやすくなります。 また、ある程度なら高低差にも対応しています。 サバイバーのいるところよりも下に置けば、 爆発範囲を隠して、ダメージを狙えるので、これも積極的に活用しましょう! 複数の時限爆弾を設置しよう! ガードNo. 26が同時に所持できる時限爆弾は最大6つで、補充も早いので、 短時間に複数投げるのがおすすめです。 こうすることで爆発を当てやすくなり、もしタイマーの調節を間違えても、後からカウントダウンが短めの爆弾を投げて、誘爆させられます。 また、自身の周辺や移動ルートに配置しておけば、スタンキャラによる風船救助にも対応しやすいので、積極的に使いましょう! 狭いマップであれば、補助特質「監視者」や「異常」と遅延系の内在人格で害悪な立ち回りも期待できそうです。 ただし、使いすぎると強みがなくなってしまうので、残量には注意してください。 リモコン爆弾でサバイバーを牽制しよう! 存在感が1000になると、 任意のタイミングで爆発させられるリモコン爆弾が使えるようになります。 同時に1つしか所持できず、クールタイムが長めなのが弱点ですが、これで爆発をかなり当てやすくできるので、積極的に活用しましょう! 救助狩りを狙おう! ガードNo. 26は、救助狩りが得意なハンターです。 サバイバーを拘束しているロケットチェア付近に、複数の時限爆弾を設置すれば、これだけで牽制になります。 また、 誘爆しないように置ければ、連続攻撃も狙えるので、爆弾を使ってキャンプしましょう! 下記動画は、サバイバー側の対策動画ですが、爆弾の置き方など参考になるところも多いので、ぜひご覧ください。 おすすめの内在人格 指名手配 指名手配は、サバイバーをロケットチェアに拘束した時に、他の3人のサバイバーが動ける状態(ダウンを除く)にあると、ランダムでその内1人の輪郭を表示する内在人格です。 ガードNo. 26は、爆弾を利用した救助狩りが得意なので、サバイバーの位置を探知できるこの内在人格は相性がいいと思われます。 特に救助が得意なサバイバーに指名手配がつけば、形勢は有利に傾くでしょう! 崩壊 崩壊は、攻撃が命中したサバイバーの自己治療もしくは仲間による治療にかかる時間が最大30%増加する内在人格です。 ガードNo. 26は、爆弾で複数のサバイバーを同時攻撃し、普通のサバイバーには回復できない0.5ダメージを連続で与えられるので、狭いマップで遅延戦術を採用する場合は、かなり有効だと思われます。 健康状態以外のサバイバーがいると、他のサバイバーの解読・治療・破壊速度が3%低下する「パニック」やダウン状態の自己治療上限が低下する「後遺症」をこれに組み合わせるといいかもしれません。 コントロール コントロールは、ロケットチェアのカウントダウン速度が最大9%上昇する内在人格です。 ガードNo. 26は、ロケットチェア付近に複数の爆弾を設置して、サバイバーを簡単に牽制できるので、この内在人格と合わせて、救助のタイミングを狂わせましょう! 引き留める 引き留めるは、ゲートを開けられる状態になると、通常攻撃のダメージが2倍になる内在人格です。 ガードNo. 26は、爆弾を上手く使いこなせれば、非常に強力なハンターと言えます。 しかし、時限爆弾のタイマー設定や設置場所は慣れないと難しいと思われるので、慣れていない時や解読が完了してしまった時の保険としておすすめです。 まとめ ガードNo. 26は、爆弾でサバイバーの動きを制限できることを強みとするハンターです。 サバイバーがよく通る場所にタイミングよく設置できれば、強さを発揮できると思います。 ただし、使いこなすには知識や慣れが必要なので、カスタムマッチや1対1で練習してから使うのがおすすめです。

次の

【第五人格】ガードNo.26『ボンボン』の評価や立ち回り!十字貫通爆発がエグイ! 【アイデンティティV】

第 五 人格 ボンボン

鏡像は障害物をすり抜けて移動でき、本体が攻撃すると鏡像も攻撃する。 鏡像を生成できるトリッキーなハンター 血の女王は、 設置した水鏡と対称となるような自身の分身 鏡像 を生成できる。 鏡像は本体の動きと連動しており 鏡に映った自分も操れるイメージ 、鏡像でサバイバーを攻撃することが可能だ。 軽くキャンプしつつ妨害することも可能なので、暗号機の解読ペースを遅らせやすい。 鏡像は障害物をすり抜けて移動する 生成した鏡像は本体と動きが連動しているが、鏡像自信は障害物をすり抜けて移動することができる。 鏡像を上手く扱えば、たとえ 強ポジでもサバイバーに攻撃を当てることが可能だ。 位置交換で遠くまで移動できる 鏡像との位置交換を利用すれば、遠くまで一瞬で移動できる。 補助特質「瞬間移動」とほぼ同じ感覚で使うことが可能なので、非常に強力な移動スキルだ。 信者を生み出す際に「魔女の記号」がその場に残る。 サバイバーは「魔女の記号」を拾うことで、信者を消滅させることができる。 高速移動でサバイバーを見つけ出そう 夢の魔女は、 自身が攻撃できない代わりに移動速度が非常に速い。 フィールド状を動き回り、サバイバーを効率よく見つけ出そう。 サバイバーに信者を寄生させて攻撃 サバイバーを見つけたらスキルで信者を寄生させ、サバイバーを宿主化させよう。 寄生で生み出された信者は 常に宿主の近くにいるため、効率よく立ち回り攻撃することが重要だ。 自動追尾モードで効率よく追撃しよう 寄生信者が行動範囲外に出た場合、 宿主となるサバイバーのすぐ近くまで自動で移動する。 この特性を利用すれば、サバイバーを追跡する時間を大幅に短縮させられるぞ。 また、形態によって高速移動で追跡したり、付近にいるサバイバーに調整を発生させて操作を反転させることができる。 2種類の形態を使い分けられる! 白黒無常には白と黒の2種類の形態が存在する。 形態によって得意不得意が変化するが、使いこなすことができれば非常に強力な立ち回りができるようになるぞ。 傘投げで遠くまで瞬間移動できる! スキル「諸行無常」を長押しすることで傘を投げ、その先に瞬間移動することができる。 障害物の先に投げることもできるため、 補助特質「瞬間移動」や「神出鬼没」と似たような使い方ができる。 アクションを制限して攻撃しやすい! 存在感が2,500貯まった状態であれば、スキル「諸行無常」で 長距離移動しつつ範囲内にいるサバイバーを一定時間アクション不能状態にできる。 板や窓などが使用できなくなるため、攻撃を当てやすい。 板前待機を無効化できる! 白黒無常が黒形態 范無咎 の時にスキル「吸魂揺魄」を使えば、 範囲内にいるサバイバーに調整を発生させられる。 調整判定が終わるまで板や窓枠でアクションを行えないため、攻撃を当てやすくなる。 ガードNo. ただし、サバイバーが同時に複数の爆弾の爆発に当たったとしても、与えられるダメージは1回分のみとなる。 爆弾の攻撃範囲は設置した場所の十字方向なので、サバイバーの行動を先読みして設置するのが理想的だ。 爆発連鎖で攻撃範囲を広げられる 設置した爆弾の爆発範囲内に別の爆弾があると、 爆発範囲内にある爆弾も爆発させることができる。 設置のしかたを工夫すれば広い範囲に攻撃できるため、サバイバーにダメージを与えやすくなるぞ。 救助者にプレッシャーを与えやすい ガードNo. 26は、リモコン爆弾や時限爆弾の時間設定で 爆発するタイミングを調整することができる。 特に仲間を救助しに来たサバイバーへとプレッシャーを与えられるので、操作ミスを誘発させやすくなるだろう。 存在感がたまると、魔の音デバフを付与する音符を遠くまで飛ばすことが可能 障害物すり抜け。 サバイバーは魔の音デバフを解除できるが、解除にはそれなりに時間がかかるぞ。 音符を飛ばして遠くからデバフを付与 存在感が1,000たまると、魔の音デバフを与えられる音符を遠くにまで飛ばすことができる。 チェイス中のデバフ付与はもちろんのこと、解読妨害や救助妨害にも使えるだろう。 範囲攻撃でダメージを与えられる ヴァイオリニストは存在感が2,500たまると、設置した 戦慄の弦楽を使って範囲攻撃できるようになる。 サバイバーの行動制限に役立つため、上手く利用してサバイバーを追い詰めよう。 倒れている板に真っ直ぐぶつかると、板をすばやく破壊することもできる。 存在感を溜めずにスキルが使える! フィールド上に散らばっている3種類のアイテムを拾うことで、武器を強化できる。 また、パーツ「推進器」を装備することで 存在感が0の状態でもスキルが使えるようになる。 マップ上を高速移動できる! 道化師のスキル「ロケットダッシュ」は、 高速でダッシュ移動しながら攻撃するというものだ。 そのため、スキルを使って高速移動で索敵しつつ、サバイバーや板を攻撃することができるぞ。 パーツ装備で無限ダッシュが可能! 道化師は、フィールド上に落ちているパーツ「推進器」を装備すれば ロケットダッシュでのダッシュゲージが減らなくなる。 無限ダッシュができるため、索敵や追跡で大いに役立つぞ。 ダッシュ攻撃は硬直時間が短い! 道化師のロケットダッシュで攻撃すると、通常時と比べて硬直時間が短くなる。 攻撃後すぐに動き出すことができるため、効率よく追跡したり拘束したりすることができるぞ。 また、最大で15秒前までにいた場所へスキルで移動も可能。 写真世界を生成できる! 写真家は、マップ上に出現しているカメラを使用することで写真世界を生成できる。 写真世界では白黒色になっている物は動かないため、一方的に攻撃することが可能だ。 そのため、現実世界のサバイバーを突然ダウンさせることも可能だ。 暗号機の解読進行度を減らせる! 写真家が写真世界を生成している間に進められた解読進行度は、 写真世界が消滅した時に半減させられる。 写真を撮るだけで試合時間を長引かせることができるため、ハンターとして立ち回りやすくなる。 壁に密着して攻撃すると、霧刃を壁の向こう側に飛ばすことも可能。 スキル解放で透明化できるようになり、透明状態だと移動速度が大きく上昇。 壁越し攻撃が強力! リッパーは、霧刃を最初から使える上に 霧刃で壁越しに攻撃できる。 慣れが必要なものの薄い壁一枚であれば攻撃を当てられるので、使いこなせばサバイバーを効率良く捕まえられる。 霧の刃をどこでも飛ばせる! リッパーの左手に霧がまとっている状態であれば、 どこでも霧の刃を一直線に飛ばすことができる。 霧の刃でサバイバーを攻撃できるため、遠距離攻撃が可能だ。 霧の刃通過後は霧エリアが生成される! 霧の刃が飛んだルート上には、霧エリアが生成される。 霧エリア内では移動速度が少し上昇し、 スキル「霧に隠れる」のクールタイムも大幅に短縮させることができるぞ。 逃走ルートに霧エリアを生成できる! サバイバーに霧の刃を当てると、 サバイバーが移動したルート上に霧エリアが生成される。 攻撃後の硬直も無いため、霧の刃で攻撃できると追跡が非常に楽になる。 透明時は移動速度が上昇! スキル「霧に隠れる」を開放したあと、一定時間移動以外の行動を取っていない状態が続くと透明になれる。 透明状態中は移動速度が上昇するため、サバイバーに追いつきやすくなるぞ。 結魂者が糸に触れると行動速度が上昇、最大で3回まで重ねがけ可能。 ただし、効果を重ねがけする際は別の糸に触れる必要がある。 糸で加速できる 結魂者の一番の強みは、 糸による行動速度の上昇効果だ。 糸を張る場所やタイミングを間違えると強く立ち回れないため、練習無しでいきなり使いこなすのは難しいだろう。 また、 移動速度を減少させることもできるため、糸を使えば効率よく索敵できる。 ロケットチェアがなくても拘束可能 結魂者は生成された糸を60消費することで、 好きな場所でサバイバーを拘束できる。 ただし糸の消費量が多く効率が悪いので、余裕がある時だけ使うようにした方が良いだろう。 存在感が貯まると対象のサバイバーを一定時間、触手に自動で攻撃させることもできる。 触手で遠距離攻撃を仕掛けよう! 黄衣の王 タコ を使用すると、フィールド上に触手を生成する事ができる。 カメラの中心にある触手に攻撃命令を出すことで、 触手の近くにいるサバイバーへ攻撃することが可能だ。 触手を好きな場所に生成させよう! 恐怖ゲージをためることで、好きな場所に触手を生成できるようになる。 サバイバーの行動を先読みして触手を設置することで、効率よく立ち回ることが可能だ。 自動攻撃状態で触手ゾーンへ追い込もう 存在感が2,500貯まると、視界内にいるサバイバー1人を触手自動攻撃状態にすることができる。 この状態の サバイバーが触手に近づくと触手が自動で攻撃を行うため、ダウンさせやすくなるぞ。 空中から索敵することもでき、空中から見つけたサバイバーの近くまで高速移動することも可能。 サバイバーの近くまで高速移動 芸者は、刹那生滅を使用することでサバイバーの近くまで高速移動できる。 板や窓枠、壁の向こう側にいるサバイバーにも一瞬で近づけるため、チェイスは得意なハンターだ。 空中からの索敵で見つけやすい 芸者は存在感を貯めることで、空中からサバイバーを探すこともできる。 再度スキル使用で地上に戻る際、 攻撃しながら着地すると攻撃後の硬直が発生しないのも強い点だ。 空中から刹那生滅を使用可能 芸者が空中から見つけたサバイバーに対して、刹那生滅を使用することもできる。 成功すれば、 サバイバーとの距離を一瞬で縮められる。 狙えそうなら狙ってみよう。 注視されても視線切りで近づける 本来はサバイバーに注視されると刹那生滅は使用できないが、 障害物などでサバイバーの視線を切れば刹那生滅を使えるようになる。 腐敗の領域内であれば、怨霊を引き寄せたり投げ飛ばしたりしてサバイバーに攻撃可能。 怨霊を駆使してサバイバーを攻撃! 泣き虫が引き寄せたり投げ飛ばしたりした怨霊がサバイバーに当たると、対象サバイバーに攻撃1回分のダメージを与えられる。 怨霊は壁を貫通して移動するため、 壁越しに攻撃することも可能だ。 移動速度上昇で追跡しやすい! 泣き虫は、 怨霊を引き寄せると一時的に移動速度が上昇する。 効果時間は短いものの、サバイバーに追いつきやすくなるぞ。 安息の道で行動速度上昇! 泣き虫がスキル「安息の道」を使用すると、指定した1直線上に泣き虫専用の加速エリアを生成できる。 エリア内であれば移動速度と行動速度が大幅に上昇するほげため、追跡しやすくなるぞ。 苗を植えて強ポジ対策が可能! 泣き虫であれば怨霊を使って壁越しに攻撃できるため、強ポジでも攻撃を狙いやすい。 サバイバーが強ポジへと逃げたら、安息松の苗を植えて怨霊を召喚しておこう。 ジャンプで効率よく移動できる 魔トカゲは体力を消費することでジャンプすることができる。 ジャンプで高所の窓枠に入れる ジャンプの向きや高さを上手く調整できれば、高所にある窓枠から屋内へと入ること可能だ。 ただし 狙って入るには慣れが必要なので、カスタム戦などで何度も練習して距離感を掴んでおこう。 落下攻撃で攻撃後の硬直無し 存在感が1,000たまると、落下攻撃スキルを解放できる。 落下攻撃をサバイバーに当てることができれば、攻撃後の硬直なしでダメージを与えることが可能だ。 天井が低いとジャンプできない ホワイトサンド精神病院や聖心病院の中央の建物など、天井の低い場所だとジャンプできない。 また、猫がいる方向へ高速移動することでチェイスが有利になる。 猫でサバイバーをスタン 放った猫は、警戒半径内にいるサバイバーにつきまとうことができる。 使徒が猫に近づくと 猫の麻痺エリア内にいるサバイバーはスタンするため、サバイバーからのスタンを受けずに攻撃しやすい。 ガイドで猫を操りやすい 存在感1,000で解放される「ガイド」は、猫の存在時間をリセットしつつ指定地点にまで移動させることが可能だ。 猫スタンを狙いやすくなるため、上手く使えば楽にチェイスできるぞ。 高速移動でチェイスしやすい 猫がいる方向へ高速移動できるため、追跡中のサバイバーに一気に近づくことができる。 アイコン長押しでパペットを投げて設置すること可能。 再度タップするとパペットと自分の位置を入れ替えることができる。 パペットとの位置交換で近づける! 復讐者のスキルでパペットを配置することで、パペットと位置交換ができるようになる。 位置交換後は数秒間移動速度も上昇するため、近くにサバイバーがいる場合は攻撃を当てやすくなるぞ。 パペットは索敵もしてくれる! 瞬間移動用に配置するパペットは、 近くにサバイバーがいるとスキルアイコンが変化する。 サバイバーの居場所も壁越しに表示されるようになるため、簡単に追撃できる。 パペットに索敵させることも可能! 追跡などで貯めた恨みの火を消費することで、 パペットがサバイバーを索敵して攻撃するようになる。 効果中のパペットと位置交換を行うことも可能なので、戦略の幅が広がるぞ。 分身も使えば追撃しやすい 自身の分身を召喚すれば、同じ場所で逃げ続けるサバイバーに対応しやすい。 仲間の救助にきたサバイバーを返り討ちにもできるため、使うタイミングを間違えなければ強力な能力だ。 チェーンが障害物に当たると、当たった障害物まで一瞬で移動する。 離れたサバイバーを引き寄せられる! 断罪狩人はスキルを解放することで、少し前を走っているサバイバーを引き寄せることができる。 スキルを上手く当てられれば、 サバイバーを追跡する時間を短縮させることが可能だ。 チェーンが貫通する障害物の把握が必要 断罪狩人のチェーンは、 高さの低い障害物であれば貫通させることができる。 障害物の先にいるサバイバーを捕まえられるため、貫通させられる障害物の種類はカスタムマッチなどで把握しておこう。 存在感1,000でチェーンにもダメージ判定 存在感が1,000溜まると、チェーンクロウが当たった際に0. 5ダメージを与えられるようになる。 5ダメージは現状医師しか治療できないため、上手く扱えば一度治療されても連続攻撃でダウンさせることが可能だ。 オーバークロックを使用すると、一定時間消費エネルギー量と壁生成のクールタイムが短くなる。 遠くの様子を制御台で確認できる! マップ上に設置された制御台やスキル「制御端末」を使うと、 指定したエリアの様子を上空から確認できるようになる。 サバイバーの種類や動きも判別できるため、特定のサバイバーを探し出しやすい。 壁を生成してサバイバーを攻撃可能! 狂眼が生成した壁の近くにサバイバーがいた場合、 サバイバーに0. 壁生成だけでダウンまで狙えるため、壁生成は積極的に行っていこう。 救助対策が簡単! 拘束したサバイバーの周辺に壁を生成しておくだけで、 救助へ向かってきたサバイバーの行動を大きく制限させられる。 救助不可能な状況を生み出すことも可能なので、壁生成は使いこなせるようになろう。 壁生成で解読妨害も可能! サバイバーが解読している暗号機付近の監視装置を利用して壁を生成すれば、 遠くにいても解読を妨害することができる。 暗号機の場所や状況によっては、そのままダウンさせることも可能だ。 アイデンティティ5他の攻略記事 第五人格の人気記事.

次の

【第五人格】ハンターおすすめ内在人格~この8つは必須! 【アイデンティティV】

第 五 人格 ボンボン

ガードNo. 26とは ガードNo. 26は、第五人格日本版に登場した新ハンターです。 このハンターは、十字に爆発範囲を発生させる爆弾を複数所持していて、その 爆発範囲内にいる全てのサバイバーに、通常攻撃の半分のダメージを与えられます。 範囲内であれば、たとえ障害物があっても 爆発が貫通するので、かなり強力なハンターと言えそうです。 ガードNo. 26のキャラ情報 キャラクター名 入手方法 ボンボン S8-真髄2 ガードNo. 26は、狂眼バルクの助手として製造されたロボットです。 しかし、助手をやっているうちに徐々に自我に目覚めました。 それに気づいたバルクは、何度もコアモジュールを変更し、プログラムを書き換えましたが、自我が消えることはありませんでした。 ガードNo. 26の評価 総合評価:A ・0.5ダメージを与えらる爆弾を持っている ・時限爆弾とリモコン爆弾の使い分けで強さを発揮! ・時限爆弾の補充が早い! スキル チェイス 探索 A A B サバイバーを牽制する爆弾 存在感0の状態から使用できる「 時限爆弾」は、2~40秒の間で自由にタイマーを設定し、任意の場所に設置あるいは投げられます。 設置してからその時間が経過すると、十字状に障害物を無視した爆発範囲が発生し、その中にいる 全サバイバーに通常攻撃の半分のダメージを与えられます。 ) さらに補充が非常に早く、最大6個まで同時に所持できるので、複数バラまけば様々な場面で活用可能です。 他の爆弾に当たれば誘爆させることもできるので、広範囲を爆破させたり、タイマーの設定ミスをカバーしたりできる他、誘爆させないように配置して 連続攻撃を狙ったりと、チェイスとキャンプどちらにも使用できます。 しかもサバイバーからはどのくらいで爆発するかわからないので、 置くだけでも牽制できますし、場所によっては通常攻撃を受けるか爆発を受けるかの2択を迫ることも可能です。 また、任意のタイミングで爆破できる リモコン爆弾(存在感1000以上で使用可能)は、タイマーの設定ミスをカバーし、サバイバーの動きに合わせられるので、時限爆弾よりも使い勝手がよくなっています。 補助特質に「異常」や「監視者」、内在人格に「崩壊」や「パニック」を採用していれば、暗号機を守って立ち回る遅延戦術も、狭いマップでは強力かもしれません。 万人向けではない ガードNo. 26は、複数の爆弾でサバイバーを牽制しながらダメージを与えられる強力なハンターです。 存在感が最大になれば、 時限爆弾の爆発範囲が拡大し、補充も早くなるので、サバイバーが逃げ切るのは困難でしょう!補助特質に「巡視者」を採用すれば、チェイスや救助狩りがやりやすくなると思います。 しかし、時限爆弾は投げてから起動するまでに若干ラグがあり、サバイバーからでも爆発範囲を確認できます。 そのため、1発1発を確実に当てるのは、非常に難しいです。 また、移動速度などの基本的な能力が何かずば抜けているわけではないので、爆弾の設置場所やタイマーの設定が勝敗の鍵になると思われます。 まとめると、ガードNo. 26は強力なスキルを持っていますが、知識や経験がないと性能を活かしきれないテクニカルなハンターと言えそうです。 ガードNo. 26のスキル ガードNo. 26の外在特質 外在特質 能力 爆発連鎖 ガードNo. 26は、その中に複数の爆弾を格納でき、いつでも設置あるいは投げることができる。 爆弾の爆発範囲は十字型で、爆発した際に、その範囲内にある他の爆弾を誘爆させられる。 範囲内にサバイバーがいた場合は、そのすべてに通常攻撃の半分のダメージを与える。 ただし、1人のサバイバーに対して、複数の爆発が同時に当たっても、0.5ダメージしか与えられない。 ガードNo. 26の形態変化 能力 効果 時限爆弾 時限爆弾を設置、あるいは投げることができる。 投げる前に爆弾のタイマーを調整でき、設定した秒数が経過すると、爆発する。 リモコン爆弾 特殊なリモコン爆弾を設置、あるいは投げることができる。 この爆弾を設置後、スキルボタンを再度タップすることで爆発する。 起爆されずに一定時間経過すると、自動で爆発する。 爆弾 EX 爆弾のチャージ時間を短縮し、全ての爆弾の爆発範囲が拡大する。 ガードNo. 26の立ち回り サバイバーのチェイスルートを制限しよう! ガードNo. 26は、存在感0の状態から任意の場所に「時限爆弾」を設置あるいは投げることができます。 時限爆弾のタイマーは、2~40秒の間で自由に設定でき、 サバイバーはあと何秒で爆発するかわからないので、サバイバーが通る確率が高い場所にこれを投げて牽制しましょう! 補助特質に「巡視者」を採用すれば、爆弾と通常攻撃のコンボも狙いやすくなります。 また、ある程度なら高低差にも対応しています。 サバイバーのいるところよりも下に置けば、 爆発範囲を隠して、ダメージを狙えるので、これも積極的に活用しましょう! 複数の時限爆弾を設置しよう! ガードNo. 26が同時に所持できる時限爆弾は最大6つで、補充も早いので、 短時間に複数投げるのがおすすめです。 こうすることで爆発を当てやすくなり、もしタイマーの調節を間違えても、後からカウントダウンが短めの爆弾を投げて、誘爆させられます。 また、自身の周辺や移動ルートに配置しておけば、スタンキャラによる風船救助にも対応しやすいので、積極的に使いましょう! 狭いマップであれば、補助特質「監視者」や「異常」と遅延系の内在人格で害悪な立ち回りも期待できそうです。 ただし、使いすぎると強みがなくなってしまうので、残量には注意してください。 リモコン爆弾でサバイバーを牽制しよう! 存在感が1000になると、 任意のタイミングで爆発させられるリモコン爆弾が使えるようになります。 同時に1つしか所持できず、クールタイムが長めなのが弱点ですが、これで爆発をかなり当てやすくできるので、積極的に活用しましょう! 救助狩りを狙おう! ガードNo. 26は、救助狩りが得意なハンターです。 サバイバーを拘束しているロケットチェア付近に、複数の時限爆弾を設置すれば、これだけで牽制になります。 また、 誘爆しないように置ければ、連続攻撃も狙えるので、爆弾を使ってキャンプしましょう! 下記動画は、サバイバー側の対策動画ですが、爆弾の置き方など参考になるところも多いので、ぜひご覧ください。 おすすめの内在人格 指名手配 指名手配は、サバイバーをロケットチェアに拘束した時に、他の3人のサバイバーが動ける状態(ダウンを除く)にあると、ランダムでその内1人の輪郭を表示する内在人格です。 ガードNo. 26は、爆弾を利用した救助狩りが得意なので、サバイバーの位置を探知できるこの内在人格は相性がいいと思われます。 特に救助が得意なサバイバーに指名手配がつけば、形勢は有利に傾くでしょう! 崩壊 崩壊は、攻撃が命中したサバイバーの自己治療もしくは仲間による治療にかかる時間が最大30%増加する内在人格です。 ガードNo. 26は、爆弾で複数のサバイバーを同時攻撃し、普通のサバイバーには回復できない0.5ダメージを連続で与えられるので、狭いマップで遅延戦術を採用する場合は、かなり有効だと思われます。 健康状態以外のサバイバーがいると、他のサバイバーの解読・治療・破壊速度が3%低下する「パニック」やダウン状態の自己治療上限が低下する「後遺症」をこれに組み合わせるといいかもしれません。 コントロール コントロールは、ロケットチェアのカウントダウン速度が最大9%上昇する内在人格です。 ガードNo. 26は、ロケットチェア付近に複数の爆弾を設置して、サバイバーを簡単に牽制できるので、この内在人格と合わせて、救助のタイミングを狂わせましょう! 引き留める 引き留めるは、ゲートを開けられる状態になると、通常攻撃のダメージが2倍になる内在人格です。 ガードNo. 26は、爆弾を上手く使いこなせれば、非常に強力なハンターと言えます。 しかし、時限爆弾のタイマー設定や設置場所は慣れないと難しいと思われるので、慣れていない時や解読が完了してしまった時の保険としておすすめです。 まとめ ガードNo. 26は、爆弾でサバイバーの動きを制限できることを強みとするハンターです。 サバイバーがよく通る場所にタイミングよく設置できれば、強さを発揮できると思います。 ただし、使いこなすには知識や慣れが必要なので、カスタムマッチや1対1で練習してから使うのがおすすめです。

次の