安田 菜津 紀 講演 会。 フォトジャーナリスト 安田菜津紀 / Natsuki Yasuda

安田菜津紀 講演依頼 プロフィール|pix.crash.net(スピーカーズ)

安田 菜津 紀 講演 会

安田菜津紀さんの講演会に皆さんが参加して「人権について」 一緒に考えて "差別意識をなくし、地域の協力や絆を深めよう" というプロジェクトです プロジェクトに至る背景 このプロジェクトは大分県内にて就農協力,食育活動,人権学習,障害者支援,ボランティア活動など"地域づくり"を進めようとする有志のチームにより企画しました。 私達は地域に役立つ事を行いたいと活動しています。 地域の問題は様々ですが、先ず自分達のできることに取り組むことにしました。 地域活動で必要なことは人との繋がりです。 しかし身近にも差別など人権についての問題が実在します。 まだ根付いている身近な差別意識をなくし、人と人が労り協力する環境にするには、心の教育が必要です。 地域活性や営利の為のイベントをする前に、心を育むイベントを行おうと考えました。 震災以降、我々日本人の意識は変わったと言えます。 熊本地震後の対応や救援でその変化が現れていたのではないでしょうか? しかし、ボランティアのモラルなど課題となる事も多いのも実情です。 その事を踏まえて現地のでの体験談や実状を聞いて皆さんで考えて、貧困差別,イジメ,格差社会,障害者不平等をなくそうと講師とゲストを迎えてのイベントを企画しました。 今後の展開 このイベントを通じて協議会など近隣活動ともコンタクトをとり、これを皮切りに県内の他の市でも講演会を展開したり、人権学習を進めていきたい。 また、人権以外のイベントの企画開催や他団体との共有をはかり地域活性にも繋げたいと考えています。 主催メンバーの紹介 糸永伸哉さん【 職業:高校教師] ・震災後は福島など被災地と交流を持ちながら、講演会や「さくら祭」などを主催したり、無農薬農業教育、障害者・福祉の支援や人権にも力を注いでいます。 東 由衣 さん 【ハービックヒーリングカンパニー代表】 ヒーリングサロンを行いながら、地域イベントやボランティア、食育などの活動をしています 村田光貴さん【無農薬農業】 ・3. 11震災後に陸前高田市から大分県移住し無農薬のお米を生産販売しています。 また、講演会やイベントにも積極的に参加しています。 今回は主催兼ゲストとして参加します 後藤公明【社会教育課 嘱託職員、セラピスト】 ・講演会、イベントスタッフ、農作業協力、病院・介護施設のボランティア活動など行っています このイベントの内容 このイベントは一般参加の講演会とトークイベントです。 講演会の講師にフォトジャーナリストの安田菜津紀さんをお迎えして、カンボジアや中東、震災後の取材を通して感じた事や貧困,格差差別など人権問題の内容を盛り込んで講演して頂こうと企画しています。 また後半は、〈震災復興支援や人権問題に取り組む〉スカルリーパーエイジ議員と〈義足のアスリート〉中西麻耶さん、〈震災を乗り越えて大分県で農業を営む〉村田光貴さんのお三方を加えてのトークイベントを計画しています。 「講演会・講師」安田菜津紀さんについて 安田 菜津紀さんはフォトジャーナリストです。 カンボジアを中心に東南アジア、中東、アフリカで貧困や難民の問題を取材。 東日本大震災以降は陸前高田を中心に記録を続けています。 16歳の時、「国境なき子どもたち」友情のレポーターとして参加。 カンボジアで貧困にさらされる子どもたちを取材。 その時の気持ちの変化をきっかけにジャーナリストの道に入り現在もカンボジアを中心に、東南アジア、中東、アフリカ、日本国内で貧困や災害の取材を進める。 東日本大震災以降は陸前高田市を中心に、被災地を記録し続けている。 2012年、「HIVと共に生まれる -ウガンダのエイズ孤児たち-」で第8回名取洋之助写真賞受賞。 11』 トーク・ゲストについて ・スカルリーパーエイジさん スカルリーパーエイジ議員は大分市議会議員でもあり、九州で活躍しているプロレス団体FTO の代表という顔も持っています。 FTOは、ボランティア活動にも積極的で、その経歴も長く発足当初から行っています。 議員は災害や震災の復興や障害者福祉支援、自殺対策や人権・差別・イジメ問題に力を注いでおり、3. 11震災後は石巻市とも深く関わっています ・中西麻耶さん リオデジャネイロ・パラリンピックで金メダルを目指す、義足のジャンパー・中西麻耶選手です。 9年前、事故で右足を失い始めた陸上で一躍トップ選手となり、日本記録を持つまでに。 義足を自分の足のように使えるまで、ひたすら練習を繰り返しました。 その矢先に3. 11震災が発生して壊滅的な被害となりました。 調達の経過を見ながら不足分をコレクター以外の一般参加のチケット販売と自己負担でカバーをします。

次の

フォトジャーナリスト 安田菜津紀 講演会「写真の力 ~東北、中東から~」

安田 菜津 紀 講演 会

フォトジャーナリストとして東南アジア、中東、アフリカ、日本国内など、 国内外を飛び回り、貧困や災害の取材をされている、フォトジャーナリスト、安田菜津紀さんの講演に参加しました。 カンボジア取材 家族の不幸をきっかけに、「家族ってなんだろう?」と考えた安田さんは、高校2年生で「国境なき子どもたち」というNPO団体に参加。 初めてカンボジアを訪れたそうです。 講演では、そこで出会った「トラフィック・チルドレン」と呼ばれる子どもたちの話をして頂きました。 「トラフィック・チルドレン」とは、組織的に子どもを物乞いや物売りとして、 過酷な条件のもとで働かされている子どもたちの事を指します。 当時、子どもたちにインタビューして感じた事を、現地で撮った写真と一緒に紹介されました。 10数年前までカンボジアで内戦が起こっていた事はご存じでしょうか。 そして未だに、400万個という地雷が残っています。 この地雷は、今のペースですべて取り除いても、100年以上はかかるそうです。 両足の膝から下を地雷で失い、腕と太ももの力だけを使って木にのぼり農作業を続ける「ココナッツおじさん」という方のお話と写真を見せて頂きました。 シリア難民キャンプ取材 2011年にデモをきっかけに内戦が始まったシリア。 今、シリアと聞くと「戦争している国」とイメージする方もたくさんいると思います。 内戦が起こる前、シリアはバックパッカーや観光客がたくさんいて、治安もよく人柄もすごくあたたかい国だったと語る安田さん。 現地で撮影した写真を紹介しながら、心があたたかくなるようなエピソードいくつかお話して頂きました。 戦争が始まって7年、現在では、2200万人いた国民が1200万人以上、国外や国内の安全の場所に逃げているそうです。 戦争になれば何の関係もない人々が、何年も何十年にも渡って傷つけられていきます。 せめて、この現実を伝え続けることで、命をつないでいきたいと思っています。 「伝え続けることが、助からなかった命をつないでいくことになる」と熱いメッセージを頂きました。 安田菜津紀さんは、人権講演会、平和講演会、命の講演会などにに是非、おすすめの講師です。 ぜひ一度プロフィールをご覧ください。 ご相談は、見積り無料!コ~エンプラス㈱オフィス愛までお問い合わせください。 ブログや弊社ホームページに掲載していない講師の方も多数ご紹介しております。 投稿担当:オフィス愛 営業 森本啓仁 検索 最近の投稿• カテゴリー• アーカイブ•

次の

安田菜津紀

安田 菜津 紀 講演 会

posted at ヘイトスピーチ対策が不十分として、コカコーラなどの企業が続々とフェイスブックへの広告掲載を中止。 「変えてほしい」から「変えていきたい」への変化は、そこから始まると思う。 Retweeted by retweeted at あるとき、「日本には表現の自由、投票の自由があるけれど、特に若い人たちの投票率が低い」と話したとき、シリアの友人が絶句してしまい、それ以上、何も言えなかったのを覚えている。 その「自由」を得るために9年以上、あまりに多くの人々が命を奪われてきたから。 Retweeted by retweeted at 「スウィング・キッズ」上映している映画館が少なくて、本当にもったいない。 オンライン配信もしているので、多くの方に届きますように。 posted at しばらく、この映画の衝撃から抜け出せずにいる。 朝鮮戦争の捕虜収容所で、ルーツもばらばらのメンバーで結成されたタップダンスチームの物語。 隣人同士を分断する戦争の理不尽さはもちろん、今の に通じる黒人差別の問題も。 Retweeted by retweeted at 日本でもドイツでも「他者」だった彼が今、難民と向き合って思うこと - 安田菜津紀|論座 - 朝日新聞社の言論サイト 引用【「排斥を訴える声を耳にする度に、彼らは難民と呼ばれる人たちにちゃんと会ってるのかな?と考えてしまいます。 人として見てない、ただ難民という Retweeted by retweeted at 選挙権を持っていきなり「さあ選んで」ではなく、政治とどう向き合うか、もっと教育の場で触れた方がいいな、と思う。 単に目を引く、派手な振る舞いではなく、目立たなくてもその人が何を積み上げてきたかを見られるように。 逆に、どんな問題発言や行動をしてきたのかも、冷静に考えられるように。 Retweeted by retweeted at 「この対決構図は、多数派vs少数派ではないんです。 」 日本でもドイツでも「他者」だった彼が今、難民と向き合って思うこと - 安田菜津紀| Retweeted by retweeted at 日本でもドイツでも「他者」だった彼が今、難民と向き合って思うこと - 安田菜津紀|論座 - 朝日新聞社の言論サイト Retweeted by retweeted at 「投票では何も変わらない」というけれど、今何に問題意識を持っていて、何を変えたいのか、そう考えながら候補者を選んでいる時点で、自分自身が既に変わっているのだと思う。 「変えてほしい」から「変えていきたい」への変化は、そこから始まると思う。 posted at あるとき、「日本には表現の自由、投票の自由があるけれど、特に若い人たちの投票率が低い」と話したとき、シリアの友人が絶句してしまい、それ以上、何も言えなかったのを覚えている。 その「自由」を得るために9年以上、あまりに多くの人々が命を奪われてきたから。 posted at 選挙権を持っていきなり「さあ選んで」ではなく、政治とどう向き合うか、もっと教育の場で触れた方がいいな、と思う。 単に目を引く、派手な振る舞いではなく、目立たなくてもその人が何を積み上げてきたかを見られるように。 逆に、どんな問題発言や行動をしてきたのかも、冷静に考えられるように。 posted at オススメの記事です。 居場所とは何か、自分は無意識に誰かを差別していないか、考えさせられます。 人種差別、男女差別、あらゆる問題に共通する問題提起を牧野さんがしてくれています。 Retweeted by retweeted at しばらく、この映画の衝撃から抜け出せずにいる。 朝鮮戦争の捕虜収容所で、ルーツもばらばらのメンバーで結成されたタップダンスチームの物語。 隣人同士を分断する戦争の理不尽さはもちろん、今の に通じる黒人差別の問題も。 posted at さんのTwitterはフォーロしてしているが、彼にこのような過去があったのか。 ー ー ー ー 「あなたのルーツを教えて下さい」 フォトジャーナリスト 日本でもドイツでも「他者」だった彼が今、難民と向き合って思うこと Retweeted by retweeted at 7月1日より、ジャグリングショップハジャにてディアボロ『ソアリン』のノーマルアクセル、ハイブリッドアクセル、サンバイリンアクセル各種のちゃんへん. モデルのプレミアムレッドの先行受付を行います。 10日より毎週金曜日の出荷予定です。 ( 2020. 「それが読者にウケる」と思われているなら、「求めてません」の意思を示すことも大切なんだろうな。 Retweeted by retweeted at 小池さん、関東大震災後、朝鮮半島にルーツを持つ方々が命を奪われたのは、「自然災害」ではありません。 警察などの公権力もデマに流されたことで虐殺が起きたことが指摘されています。 だからこそ公人が、繰り返さないための意思を示す必要があるのではないでしょうか。 Retweeted by retweeted at 「どうしても、人は違いに目がいきがちです。 posted at ほんの先日まで「誹謗中傷は人の命を奪うほど深刻な問題」と伝えていたメディアで、「嫌いな女優ランキング」といった「ここに叩いていいターゲットがいる」と旗振りするような特集が組まれる。 「それが読者にウケる」と思われているなら、「求めてません」の意思を示すことも大切なんだろうな。 posted at 本日20時からのChoose TVに安田菜津紀 が司会として参加します。 「パブリック 図書館の奇跡」は実際の記事から着想され、大寒波に見舞われた冬の一夜、ホームレスの方々と図書館に立てこもることになった図書館員の奮闘を描いた映画。 今問われる公共の在り方、声をあげる力について。 Retweeted by retweeted at 日独ハーフの牧野アンドレさん 1年間すごした東京・八王子市のクラスでは外国人と見られていました。 でもドイツに行けばアジア人と見られる 授業でナチスについて学んだ時、いじめられていた時期とも重なって『おいナチス』と名指しされた事がありました:趣意 Retweeted by retweeted at 本日20時〜、オンラインで出演します。 Retweeted by retweeted at 沖縄の言葉「ちむぐりさ」は、「あなたが悲しいと、私も悲しい」という共感の言葉。 沖縄の問題を「自分事」として皆で考えるため活動する、坂本菜の花さん。 高校時代を沖縄で過ごし、歴史や戦争の爪痕に触れてきた坂本さんの想いを安田菜津紀 が伺いました。 映画の舞台は真冬の米オハイオ州の街、路上生活の方の凍死が相次ぐ中、「ルールだから」と暖かい図書館から人々を追い出す…?命よりも「ルール」が大切…?「公共」とは何か、日本の「今」とも向き合いながら考えます。 posted at 日独にルーツがある牧野アンドレさん。 小学校の時、同級生から「おいナチス」と名指しされ、「なんでドイツのハーフとして自分を生んだの?」という話を親にしてしまったことも。 それがヘイトとして固定化してしまう前に、子どもたちに何を伝えるべきだろう。 posted at 【告知】6月28日20時〜配信💥映画「パブリック 図書館の奇跡」から考える、いま日本の公共に求められることは?映画配給会社ロングライドとの共同企画!公共性や声をあげる力について考えます。 ただ、「友人がいる」ことは差別をしていいという免罪符ではありません。 Retweeted by retweeted at 大学院時代をイギリスでともに過ごしたアンドレ()についての記事。 生い立ちから現在の仕事までがよく分かるので、ぜひ読んでみてください! 日本でもドイツでも「他者」だった彼が今、難民と向き合って思うこと - 安田菜津紀|論座 - 朝日新聞社の言論サイト Retweeted by retweeted at 小池さん、関東大震災後、朝鮮半島にルーツを持つ方々が命を奪われたのは、「自然災害」ではありません。 警察などの公権力もデマに流されたことで虐殺が起きたことが指摘されています。 だからこそ公人が、繰り返さないための意思を示す必要があるのではないでしょうか。 posted at 取材協力、ありがとうー! posted at 尊敬する安田菜津紀さんに、僕のここまでの半生を書いていただきました。 「他者」というものがずっと僕の中のテーマであり、そこに行き着くまでの僕のルーツを丁寧に綴ってくれています。 この写真を見るたび、このヤジディの男の子のことを思い出す。 元気にしてるかな。 の声がなぜ今あがっているのか、考えていくヒントをくれるはず。 他のコミックの紹介も、ぜひご覧下さい。 posted at 日本でもドイツでも「他者」だった彼が今、難民と向き合って思うこと - 安田菜津紀|論座 - 朝日新聞社 Retweeted by retweeted at 連載『あなたのルーツを教えて下さい』、今回は イラク駐在職員の牧野アンドレさん。 ドイツでは「アジア人」、日本では「外国人」、常に「他者」として見られてきた牧野さんが、「難民」とくくられ、時には排斥されてしまう人々と出会い、何を感じてきたのか。 日本の漫画とは一味ちがう表現で描かれ、気軽に読むことのできる社会派海外コミック3冊を紹介しています。 ぜひご覧ください。 東大のキャンパスにある銅像は日本人と白人の男だけ。 景観に差別の力学が染みこんでいます。 日常的に見ている光景が「当たり前」となり、誰もおかしいと言わない」(本文より) posted at 外国人や様々なルーツを持つ人々に対するヘイトを繰り返している人物に対して、「嫌われるのを覚悟でよくぞ言ってくれた」という声が所々であがっているけれど、「嫌われるのを覚悟」、ではなく、過激な言葉で煽れば「一定の層に受ける」、だと思う。 それは「美談」とは真逆だよね。 Retweeted by retweeted at 小野たいすけさん、先ほど で、過去差別的なツイートをしてきたことを指摘された際に、「自分にも在日の友人がいる」とおっしゃいました。 ただ、「友人がいる」ことは差別をしていいという免罪符ではありません。 そ う語る「せやろがいおじさん」に話を聞きました。 そこに映る人々や光景から、皆さんは何を感じるでしょうか。 佐藤慧が綴ります。 Retweeted by retweeted at 『好き勝手やって、それで笑いとってて、でも陰で「うっ…」って傷ついてる人たちが大勢いたんですよね。 「うっ…」とさせ続けるんかい?それは違うでしょうと、向き合わんといけないよね、お笑い界が』 「せやろがいおじさん」こと榎森耕助さん インタビュー。 (Dialogue for People 安田菜津紀) Retweeted by retweeted at 外国人や様々なルーツを持つ人々に対するヘイトを繰り返している人物に対して、「嫌われるのを覚悟でよくぞ言ってくれた」という声が所々であがっているけれど、「嫌われるのを覚悟」、ではなく、過激な言葉で煽れば「一定の層に受ける」、だと思う。 それは「美談」とは真逆だよね。 posted at• 前のページ•

次の