インフルエンザ 注射 痛い。 インフルエンザ予防接種はなぜ痛い?注射後の痛みを軽くする方法

インフルエンザ予防接種の副作用って?こんな症状には注意!

インフルエンザ 注射 痛い

インフルエンザで胸は痛くなるの? インフルエンザの代表的な症状である関節痛や高熱以外に、胸の痛みが生じる人もたくさんではないですがいます。 しかし、ここで生じる胸の痛みの多くはインフルエンザでよくある筋肉の痛みの症状と同じで、大胸筋や肋間筋などの胸の筋肉が痛んでいるケースがほとんどです。 そのため、インフルエンザによる筋肉痛であった場合はインフルエンザが治まれば自然と治るものであるため、特別な対処方法はとくに必要ないと言えます。 ただし、注意点としてその胸の痛みが極端にひどかったり、呼吸ができないほどにつらいものであるならば、インフルエンザが重症化していたり、合併症を引き起こしている可能性があるので、一刻も早くお医者さんのもとへ行って診てもらうようにしてくださいね。 インフルエンザの胸の痛みがひどいのは合併症? 基本的にインフルエンザで胸の筋肉が痛むといった症状であるならば、特に心配いらないことが分かりました。 しかし、その胸の痛みがひどくて「息苦しい」ものであったり「呼吸が困難になる」ものであった場合は合併症の可能性があります。 そして、この時疑われる合併症は気管支炎や肺炎になりますので、それらの症状について説明いたします。 この病気に感染すると、喉と肺の途中にある気管や気管支に炎症が発生し、乾いた咳や胸の痛み、胸の苦しさが発生するようになります。 また、この時の炎症の原因は2パターンあって、一つはインフルエンザウイルスによるもの、もう一つは免疫力低下による細菌感染によるものとなっています。 ただし、この2つのどちらが原因かは痰の色で判別することができ、痰の色が透明である場合はインフルエンザウイルスによる炎症を、痰の色が黄色の場合は細菌感染による炎症を疑ってください。 というのも、どちらも気管支炎ではありますが原因が異なると治療方法も異なってくるため原因の特定は重要なことになるのです。 そして、基本的に気管支炎は治らない病気ではないので、胸の苦しみがひどいといった症状がでているならば必ずお医者さんのもとに行きましょう。 ただし、完治するまで期間が長くかかることが多いので、しっかりと病院通いをつづけて治療するようにしてくださいね。 この時の状態は気管よりも奥の肺の部分で炎症が起こっているため、基本的に気管支炎よりも症状が重くなり、はっきりと顔色が悪くなって唇が紫色になって肩で息をするようになり、かなり息苦しくなるでしょう。 また、この時の肺炎の原因は気管支炎と同じく2パターンあって、1つはインフルエンザウイルスによるものと、もう1つは二次性細菌性肺炎と呼ばれる免疫力低下による細菌感染によるものになります。 ここでどちらの感染パターンが多いかというと、後者の二次性細菌性肺炎のほうが多く、発症するタイミングはインフルエンザの治りかけの時期が多くなっています。 そして、この二次性細菌性肺炎は重症化する危険性も高く、特に注意が必要なのは免疫力が低い子供や50歳以上の高齢者、心臓や呼吸器に慢性的な疾患がある人、糖尿病や腎臓病持ちの人です。 なので、これらの重症化の可能性が高い人は、重症化しないようにあらかじめ予防接種を受けるようにしてくださいね。 また、ここでの肺炎に対する対処方法はとにかく重症化する前の段階で、医療機関で診てもらうことしかありません。 スポンサーリンク インフルエンザによる胸の痛みは肺炎や気管支炎以外にもあるの? インフルエンザによる合併症で多いのは気管支炎や肺炎なのですが、それ以外にも胸の痛みが生じる合併症はあります。 それはインフルエンザウイルスによる感染によって引き起こされるウイルス性心筋炎です。 この病気の症状は、インフルエンザウイルスによって過剰な免疫反応が心臓の筋肉に発生し炎症が発生して起こるもので、それが原因で心臓の働きが低下してしまいます。 そして、心臓の働きが低下すると、酸素を運ぶ血液が全身に行きわたらなくなってしまい酸素不足が発生して、呼吸が苦しくなったり胸が痛くなったり、最悪の場合は呼吸困難になってしまいます。 ちなみに、発症しているかどうかの見極め方法は、熱は治まったけど胸の痛みが治まらない、または息苦しいといった症状が続いているかどうかで、続いているなら合併症の可能性があるため病院に行って診てもらいましょう。 まとめ 以上、いかがだったでしょうか? 今回は、インフルエンザによって胸が痛くなった場合の原因と対処法について詳しくお伝えしました。 お伝えしたように、インフルエンザによる胸の痛みの原因は症状がそこまでひどくないなら筋肉痛によるもので、症状が重いなら気管支炎や肺炎などの合併症によるものということでした。 そして、インフルエンザによる筋肉痛が原因なら自然治癒するため危険性は少ないけれど、合併症を引き起こしているなら早めに医療機関に診てもらうことが大切であるということでしたね。 また、合併症を引き起こしているかの判断基準は症状の重さと熱がひいたのに胸の痛みが治まらないといった症状が続いているかどうかでした。 最後に、症状が重症化した時の対処法を知ることも大切ですが、最も大切なことはそもそもインフルエンザにならないことなので、感染しないようしっかりと予防をしてくださいね。

次の

今年のインフルエンザワクチンは痛かったですか? 痛くない注射について調べてみました。

インフルエンザ 注射 痛い

インフルエンザを予防するには手洗いやマスク、人混みはなるべく避けるなどありますが、予防接種をするという人も多いですね。 予防接種は感染すること自体を予防することはできませんがインフルエンザウイルスの増殖を抑え、発症を抑制して重症化を防いでくれます。 予防するためにはワクチンを打ちたいけど注射がとにかく苦手!という人のためにインフルエンザの予防接種の注射の痛みを少しでも和らげる方法を調べました。 接種後に注射のあとが腫れた時の対処法も一緒に調べているので参考にして下さい。 スポンサーリンク インフルエンザの予防接種が痛い理由 インフルエンザワクチンは不活化ワクチンと言われるウイルスを薬品などで毒性をなくしたものです。 日本では不活化ワクチンは皮下注射という皮膚と筋肉の間に注射する方法でしていますが海外では筋肉注射が主流のようです。 一般的に皮下注射より深く刺す筋肉注射の方が痛くないと言われていますが、深く刺すために針も太く慣れていないため筋肉注射の方が痛く感じる人が多いと思います。 日本でも以前は筋肉注射が一般にされていましたが、筋拘縮症(きんこうしゅくしょう)という筋肉組織の一部が破壊され運動機能に障害が残る疾患で乳幼児期に受けた筋肉注射が原因となってからは皮下注射が行われていました。 予防接種が痛いのはワクチンによる刺激なので全く痛みを感じないようにするというのは無理のようです。 ワクチンに入っている免疫補助剤が痛いという説やワクチンが冷たいと痛く感じるという話しもあります。 スポンサーリンク 予防接種の注射の痛みを和らげる方法 ・注射する場所を圧迫する 注射をする所を 強めに抑えて圧迫しておくと痛みを感じにくいと言われています。 手を離してたらすぐに消毒をして注射をしてもらいましょう。 ・注射する場所を冷やす 氷嚢(ひょうのう)や保冷剤などで注射する場所を冷やすと間隔が麻痺して痛みが感じにくくなります。 この方法は予防接種には向いていますが、 血管が冷えて収縮してしまうので点滴注射などの静脈内注射には向いていません。 ・リラックスする 医師や看護師と方達とお話しをして気を紛らわせたり、深呼吸をしてリラックスするようにします。 リラックスすると筋肉も柔らかくなるので痛みも少しはマシになりますよ! ・消毒のアルコールは乾かす 注射する所を消毒したアルコールが乾かないうちに針を刺すと アルコールが皮下に入り痛みが増すそうです。 「消毒のアルコールが乾いてから注射して下さい」と言いましょう! ・注射する所をつねる 注射する所を強くつねっておくと注射の痛みを感じにくくなるそうです。 注射している時に自分の太ももをつねるという方法もあります。 注射よりも痛い所があると注射の痛みを忘れるという事ですが自分の手で注射より痛くつねるのは難しそうですね。 ・局所麻酔テープを貼る どうしても我慢ができない時には 麻酔テープ【ペンレステープ】があります。 医師や看護師に相談してみましょう。 テープを貼ってから効果がでるまでに20分~30分程度かかるようです。 この麻酔テープは子供が使用する事が多いようで小児科で対応してくれるようですが病院によっては無い所もあるので予約する時に聞いてみるといいですね。 予防接種後の痛みの対処法 インフルエンザの 予防接種の後に注射した所が赤くなったり腫れたり、痛みがあったりする事もあります。 これはワクチンの副作用で接種した人の1割~2割の人にあらわれます。 ほとんどが2、3日のうちに自然に消失しますが、心配な時は病院を受診しましょう。 痒みがある場合もありますが掻いてしまうと余計に腫れてしまう事もあるので保冷剤などで冷やして掻かないようにしましょう。 腫れや痛みが注射した場所だけでなく 上腕部に広がっている時は受診したほうが安心できます。 予防接種後に揉むと腫れる? インフルエンザの予防接種後に揉むと腫れるのか、揉まないと腫れるのかと疑問に思った事はありませんか。 以前はワクチンがしこりにならないようにと揉むように言われましたよね。 最近ではそういう事はないと分かってきているので揉むように言われなくなりました。 揉むと早く体内に吸収されるので体調の変化が起こるかもしれないという理由もあって揉まなくなったようです。 腫れた、腫れなかったの違いは接種後に 揉むか揉まないかには関係がないようです。 スポンサーリンク まとめ インフルエンザの予防接種の痛みをやわらげる方法について調べてみました。 接種後に腫れる人は次の年の予防接種のあとも腫れる事が多いそうです。 副作用は腫れたりする他にも発熱や下痢など風邪のような症状がある場合があります。 ほとんどの場合は2,3日で症状は治るとされていますが長く続いたり症状が強い時は予防接種をした病院に行きましょう。 予防接種した当日は激しい運動は避けて飲酒もほどほどにしましょう。 お風呂も入って大丈夫ですが、接種から1時間以上たっている事と注射した所を強くこするのはやめて下さい。 スポンサーリンク インフルエンザに関する記事一覧 インフルエンザに関連する記事一覧.

次の

インフルエンザ予防接種後に腫れや痛みはいつまで続く?お風呂は大丈夫?

インフルエンザ 注射 痛い

目次 インフルエンザの予防接種による痛みは、注射を打つ場所やワクチンの刺激が原因であることが大きく、痛みの感じ方にも個人差があります。 この記事ではインフルエンザの予防接種はなぜ痛いのか、痛みに対する対処法などについて詳しく解説します。 インフルエンザ予防接種による痛みの理由として、皮下注射によるものと薬の刺激によるものの2つが考えられます。 皮下注射による痛み インフルエンザの予防接種に使われるワクチンは、日本では基本的に皮下注射での接種になります。 注射の種類は4種類あり、針が深く刺さる順に 「静脈注射 > 筋肉注射 > 皮下注射 > 皮内注射」となっています。 一般的に筋肉注射と皮下注射では、奥に刺さるイメージから筋肉注射の方が痛いのではと思われがちですが、筋肉注射より皮下注射の方が痛いといわれています。 なお、海外ではインフルエンザワクチンは筋肉注射により接種されることが大半です。 静脈注射 ・静脈へ注射する ・一般的に点滴の用途で使用 ・最も効き目が速い 筋肉注射 ・筋肉へ注射する ・皮下注射より吸収が速く、静脈注射の次に効き目が速い 皮下注射 ・皮膚と筋肉の間に注射する ・ワクチンやインスリンなどで用いられる方法 ・一般に吸収が穏やかで効果が長い。 ただし、インスリンの中には速く吸収されるものもある 皮内注射 ・皮膚の表面とすぐ下の真皮の間に注射する ・主に治療ではなくツベルクリン反応やアレルギー反応などの検査に行う 薬の刺激による痛み インフルエンザ予防接種の痛みの原因は、注射されたワクチンが浸透していく刺激によるものであるため、皮下注射であっても筋肉注射であっても同じような痛みを感じるといえます。 筋肉注射が用いられる部位には、肩付近の三角筋、お尻の中殿筋、太ももの前面などがあります。 筋肉へ注射するため皮下注射よりは太い針が使われるので皮下注射より痛みを感じるようにおもいますが、筋肉注射の痛みには注射される薬の種類が影響しています。 もともと、筋肉注射は刺激の強い薬を注射するために用いられており、筋肉注射が痛いのではなく、痛い薬を使うために筋肉注射になるとも考えられます。 日本人が慣れているのは皮下注射 1970年代までは日本でも風邪症状に対して筋肉注射が使用されるほど、筋肉注射は日常的に使われる接種方法でした。 しかしこの筋肉注射が原因で、膝が伸びずに歩けなくなる「筋拘縮症(きんこうしゅくしょう)」が幼児の間で流行し社会問題となり、日本のワクチン接種は皮下注射でおこなうものとなりました。 皮下注射に慣れていると筋肉への圧迫感など体験したことのない感覚が独特の痛みとして強烈に印象に残るため、筋肉注射は痛いという印象だけが強く残りやすくなります。 インフルエンザワクチンの筋肉注射をすることもある 1970年代以降、国内のインフルエンザワクチン接種は皮下注射のみとなっていました。 しかし、近年では筋肉注射の方が副反応が出づらいという認識も広まっています。 そのため、医師の判断によりインフルエンザの予防接種も筋肉注射でワクチン接種を行うケースもあります。 筋肉注射と皮下注射のどちらで予防接種をおこなうか気になる方は、事前に予防接種を受ける予定の病院に確認してみましょう。 注射が苦手だと伝える 注射の痛みそのものよりも、注射に対する恐怖心が痛みを増幅させていることもあります。 注射に限らず「こわいな、いやだな」と思う気持ちをひとりで抱え込んでいると、その気持ちに意識が集中してしまいます。 恥ずかしいと考える方もいるかもしれませんが、「注射が苦手なんですよね」と吐き出すことで、気持ちはぐっと楽になるでしょう。 状況によっては、そのまま医師や看護師が雑談を続けてくれると、気がまぎれて痛みが軽減される可能性もあります。 深呼吸をする 深呼吸にはリラックスする効果と同時に筋肉を緩める効果があります。 皮膚に針を刺す瞬間に筋肉がこわばると針が進みにくくなり、痛みが増してしまいます。 刺す瞬間に息を吐き出して筋肉を緩めることを意識してみましょう。 注射中は別の部位を刺激する 人体は複数の場所の痛みを同時には感じにくいという特徴があります。 そのため、針が刺さったら太ももなどをつねってみましょう。 痛みの感覚が太ももへ向き、注射の痛みを感じにくくする効果があります。 インフルエンザワクチンを接種すると、注射後に痛みを生じる場合があります。 これは「副反応」という症状のひとつであり、注射した部分が腫れたり痛んだりする以外にも発熱や頭痛、体がだるくなるなどの風邪のような症状が見られることも多くあります。 副反応による痛みは、個人の体質や体調によってはリンパが集まる脇や脇の下部分、肩に現れることもあります。 副反応は通常2~3日で落ち着きますが、それ以上痛みが続いたり、注射をした腕側以外に痛みが広がっている場合は早めに医療機関を受診しましょう。 痛みを和らげるには? 副反応の腫れ・発熱・かゆみをともなう痛みに対しては、冷たいタオルや保冷材で冷やすという方法が有効です。 温めると症状が悪化しやすいため、長めの入浴や激しい運動、飲酒なども控えましょう。 また、市販の解熱鎮痛剤を使用することも可能です。 予防接種後はどのような薬を使用しても問題ありませんが、市販薬を購入する際は薬剤師や登録販売者に相談しながら選ぶことをおすすめします。 インフルエンザ予防接種の効果や副反応については関連記事をごらんください。 関連記事 インフルエンザワクチンの種類 さまざまな病気の予防接種で使用されるワクチンは、大きく3種類に分けられます。 インフルエンザワクチンは「不活化ワクチン」に分類されます。 近年のインフルエンザワクチンではごく微量の鶏卵成分しか含まれておらず、アレルギー反応がでるおそれは低いとされていますが、過度な卵アレルギーを持っている場合は必ず医師に申告しましょう。 インフルエンザ予防接種の卵アレルギーについては関連記事をごらんください。

次の