火事場 モンハン。 攻撃力と武器倍率について|モンスターハンターポータブル2ndG広場

スキル:底力(火事場力+2、+1)の効果。食事:ネコの火事場力との違いは?

火事場 モンハン

火事場極意とは EX斎天防具を4部位で発動するシリーズスキル。 火事場力のレベル上限が7になります。 今までは攻撃力1. 15倍が上限だったので、かなりの強化となっています。 火事場ガード散弾ヘビィ装備 火事場と渾身の極意を発動した構成。 スキル枠が足りないので業物とガード強化は発動できていません。 火事場の発動と維持は簡単ではないですが、かなりのダメージ上昇となります。 歴戦キリンに対して 1ヒットあたり50のダメージとなります。 ガード強化や業物が無いので、歴戦クエストなどを安定して周回するのは難しいですが、タイムアタックにはおすすめの装備になるかもしれません。 火力特化・火事場散弾ヘビィ装備 シールドを捨て、すべてを火力に回した装備です。 シールドが無いので防御面は脆いですが、火力は最も高い装備であると思います。 トレーニングエリアで試し撃ち。 火事場発動時は特殊照準無しでも 1ヒットあたり70のダメージとなっています。 1リロード間の総ダメージは3920となりました。 特殊照準使用時は、なんと 1ヒットあたり90のダメージとなりました!1リロード間の総ダメージは5000を超えています。 防御は捨てているとはいえ、恐ろしい火力となっています。 実践投入は難しいですが、マルチプレイで罠などの拘束を行なえば強力な武器となりそうです。

次の

スキル/底力

火事場 モンハン

スキル名 数 説明 渾身・極意 2 渾身スキルのレベル上限が解放される。 火事場力・極意 4 火事場力スキルのレベル上限が解放される。 攻略ガイド• イベント情報• 装備情報• おすすめ・最強装備• その他の装備情報• スキル情報• モンスター情報• 新モンスター攻略• NEW• クエスト情報• ストーリー進行• 素材・アイテム情報• マップ情報• アイスボーンマップ• MHWのマップ• ピックアップ情報•

次の

スキル/底力

火事場 モンハン

かつ攻撃力が1. 3倍になる。 効果を見れば分かるが、 実際に使われるのは火事場力+2の方である。 攻撃力1. 3倍という上昇率は、アイテムやスキルなど、あらゆる強化系の手段の中でも最大級の倍率である。 一方、 火事場力+1は防御力のみしか上がらないので、スキル発動の重さの割に効果が空気気味。 G級装備で下位や上位のクエストに行くならば、その高い防御力によって、体力60付近であれば効果が実感できる場合もある。 G級クエストでは、やはり敵の攻撃力が高いので、殆ど意味がない。 「」や「」のように、腕が光ったりはしない。 発動したかどうか知りたい場合は ステータス画面を見よう。 攻撃力が大幅に上がっている。 当スキルを発動させる場合、 タイムアタックを目的としているケースも多いため、 如何にして 効率よく、体力60以下まで減らすかの技量も問われる。 もっともメジャーなのは 大タル爆弾G等で自爆して削る方法だろう。 自爆の吹き飛びでエリアチェンジするようにすれば、時間的ロスを抑えられる。 体力60付近では、赤ゲージの自然回復を抑えるために、にが虫や小タル爆弾で調整する場合もある。 もしくは、大タル爆弾Gをモンスターの近くで爆破して、ダメージも与えてしまう方法も有効。 敢えて最大体力が100の状態で出撃し、栄養剤グレートと爆弾ダメージのコンボで発動させる方法もあり。 (栄養剤グレートは、体力の最大値だけを増やすアイテム。 回復はしない) また、「招きネコの悪運」に懸ける方法もあり。 発動すれば体力が25の状態から始まるので、いきなり火事場状態になる。 しかも回復薬1回なら、発動圏内である。 (MAX体力150の場合) ただし、体力25になるかどうかは運であり、基本的にリタマラする羽目にもなる。 立ち回り 体力が40%以下と言うのが絶対条件であり、 自分のランクより相当下位のモンスを狩るとき以外は、 基本的に被弾してはいけない。 ちなみには体力64以上なので、これに頼ることも出来ない。 一応体力が60近くあれば、同ランクのモンスターであっても、威力の低い攻撃なら1発くらいは耐えられる。 大技を喰らった場合は… お察しください。 このため、当スキルは 上級者向けスキルであるが、 攻撃力が1. 3倍と言うのは非常に大きく、モンスターによっては 簡単に怯みを奪える。 怯み動作中に次の怯み値までダメージを与えられることもあり、動き出す前に次の怯み… と怯みループを出来る場合もある。 こうなると、火事場発動の方がかえって楽。 と言う状況も珍しくない。  スポンサーリンク パーティプレイでは? 基本お勧めされないことが多い。 熟練者の場合、ソロならほぼノーダメージで立ち回れたとしても、 パーティでは他人狙いの弾でも、運悪く巻き添えを貰うこともある。 そうすればあっさり1乙するし、他の人のダウン回数の猶予を減らしてしまうため、よっぽど自信が無い限りオススメとは言えない。 また、実施する場合は事前に打ち合わせは必須。 そうしないと、ピンチに皆が率先して粉塵を撒いてくれるので、火事場状態が維持しづらくなるからだ。 それでも、他の味方のピンチになった場合は、粉塵を撒かれてしまうことは覚悟しないといけない。 食事「ネコの火事場力」との違いは? 食事スキルにも「」と言う似た効果のスキルが存在する。 双方の違いを表で纏めた。 3倍 1. 5倍 スキル圧迫 15ptと重い 食事のみ ネコの火事場力は食事で発動できるので、 スキルの圧迫がなく、更に火力を盛れる。 しかも攻撃力上昇も 1. 35倍と、当スキルを上回る。 そのため、ガチのタイムアタックでは「ネコの火事場力」の方が採用されやすい。 最大の欠点は、体力10以下にしないと発動しない点。 10%ではなく10以下である。 そのため、軸合わせの脚に掠ったり、虫に刺されるだけでTHE ENDと言う将に絶体絶命の状態である。 なお、これら2つのスキルは、 防御力のみ重複し、攻撃力の方が効果の高い方のみが発動する。 MHP2のシリーズのみ、攻撃力も重複した W火事場というものが存在。 攻撃力はなんと 1. 95倍ととんでもない強化である。 流石に強すぎたのか、以後のシリーズでは重複しなくなっている。 いずれのスキルも、タイムアタックのランキング掲示板では、• 体力の装衣• 転身の装衣 との相性が良好。 体力が35%を切ったら装備しよう。 体力の装衣は 100ダメージ分肩代わりしてくれるので、よっぽど大ダメージを受けない限りは倒れなくて済む。 ただし、肩代わり残量が僅かな時に大技を喰らうと、肩代わり分を超過して力尽きることがあるので注意したい。 転身の装衣は、吹っ飛び以上の被弾を自動回避で無効化してくれる。 大ダメージな攻撃ほど、吹っ飛びも大きくなる傾向にはあるが、 仰け反りや尻餅系の攻撃は普通に受けるので、 削られて倒れることのないように注意したい。 35%境界くらいの体力を保っておけば、歴戦個体でもない限りはまあまあ安定するかも? 問題点は発動の難易度か? 上記の通り、装飾品は出にくい、装備は少ない、護石もLv2までと、 他のスキルを圧迫しやすい。 過去作に比べると「火事場込み」系動画は比較的少ない。 それより、会心率を高くし、超会心などで補強して火力を盛る方が人気に見える。

次の