安倍晋三 麻生太郎 吉田茂 家系図。 安倍家と麻生家の家系図を辿ってわかった歴代総理の異常な親戚関係

大久保利通と麻生太郎元総理は血縁!家系図にみる意外な関係!

安倍晋三 麻生太郎 吉田茂 家系図

そして麻生太郎さんの母は、戦後日本を導いた吉田茂首相の娘、和子さんです。 さらに妹は、三笠宮寛仁親王と結婚した信子妃ですから、麻生太郎さんは、皇族とも縁戚関係があります。 また麻生太郎さん自身、鈴木善幸元首相の娘を嫁にしています。 さらに家系をたどると、明治の元勲大久保利通をはじめ、岸信介元首相や、現内閣総理大臣である安倍晋三さんにもつながる麻生太郎さん。 家系図をひもとくと、まさに麻生さんの家系は華麗なる一族なのです。 なんだか響きが凄いですよね。 麻生家は旧華族や皇室との結びつきが濃い家系!? 麻生太郎さんは前述したように、1983年に元首相の鈴木善幸さんの三女である千賀子さんと結婚し、一男一女をもうけました。 弟の泰さんの妻和子さんの祖母は、「伯爵 牧野伸顕」の二女利武子であり、利武子の姉雪子は吉田茂の妻です。 妹の雪子さんは、「子爵 相馬恵胤」の息子で相馬家当主の相馬和胤と結婚しました。 末の妹の信子さんは、寬仁親王妃となり彬子女王と瑶子女王をもうけました。 つまり、麻生家は旧華族や皇室との結びつきが非常に濃い家系になるのです。 なんとなく麻生さんの奔放な発言に納得してしまいました。 麻生太郎・麻生家始まりのストーリー! 麻生家は1857年に生まれた「麻生太吉さん」から始まります。 当時はまだ庶民が、 西アフリカでダイヤモンド採掘業にも従事しました。 1973年には麻生セメントの社長になり、1962年の原油の輸入自由化によって衰退していた炭鉱業からセメント業への転換を成功させました。 1979年の衆議院議員総選挙に福岡から出馬して、 定員5名中4位で初当選して政界へ入りました。 狭き門ですね。 そして、1996年に橋本内閣の経済企画庁長官に就任して初入閣します。 2001年には自民党総裁選に出馬して、元首相の小泉純一郎さん、橋本龍太郎さんと戦って3位、となりました。 麻生太郎が総理大臣に就任・そして辞職! 小泉政権で党政務調査会長を務め、2003年に総務大臣として入閣して、郵政民営化を進めました。 2006年に再び自民党総裁選に出馬するも現総理の安倍晋三さんに敗れ、外務大臣として入閣しました。 2007年に自民党総裁選に出馬した際は福田康夫さんに敗れ、 2008年4度目の自民党総裁選でついに自民党総裁となり、9月に第92代内閣総理大臣に就任しました。 しかし、たった一年後の2009年8月の衆議院議員総選挙で自民党が民主党に惨敗して第1党の地位を失い、9月に麻生内閣が総辞職しました。 3年後の2012年の衆議院議員総選挙で自民党が政権を奪還、第2次安倍内閣が成立すると、副総理兼財務大臣兼内閣府特命担当大臣(金融担当)として入閣して、今日の麻生太郎さんに至ります。 麻生太郎さんの経歴も、祖父や父に負けず凄いです。 麻生太郎の年齢はいくつ?経歴・学歴や大学もものすごい!? 麻生太郎さんは、1940年生まれの77歳。 現閣僚の中では最長老です。 学習院大学を卒業後は、アメリカのスタンフォード大学や、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスに留学。 帰国後は麻生セメントの社長に就任。 自社の経営に努めました。 麻生太郎の政界入りは比較的遅く1979年、39歳で衆議院議員に初当選。 一度の落選をのぞいて、以後12回の当選を果たしています。 麻生太郎さんは、自他ともに認める、おしゃれで明るい性格ですが、少し口が軽く、ときおり問題発言をしていますね。 また意外ですが、1979年のモントリオールオリンピックに、クレー射撃の日本代表として出場していることでも有名です。 やはり現役で活躍している麻生さんは元気ですよね。 これは元スポーツ選手というところから来ているのかもしれませんね。 麻生太郎の家系図・学歴や経歴が疑われる声も!? 現閣僚の中でも長老の麻生太郎さんですが、どうやら漢字の多様な読み方は苦手なようでで、漢字の誤読が多さが、マスコミ格好のネタとなっています。 例えば、怪我を「かいが」、完遂を「かんつい」、焦眉を「しゅうび」、順風満帆を「じゅんぷうまんぽ」、 措置を「しょち」、思惑を「しわく」などと読み違えています。 誰でもひとつは間違えてしまいそうなものばかりですが、やはり他の政治家たちより、麻生太郎さんは、圧倒的に漢字の誤読が多いですね。 なんだかお茶目で可愛いですですけどね。

次の

【家系図】安倍晋三と麻生太郎は親戚だった!天皇家や歴代首相とも…

安倍晋三 麻生太郎 吉田茂 家系図

学習院大学政治経済学部を卒業• 1966年:実家の会社・麻生産業に入社• 1973年:麻生セメント 現・株式会社麻生 の代表取締役社長• 1976年:モントリオールオリンピックでクレー射撃の日本代表選手• 1979年:衆議院議員選挙に当選• 1996年:橋本龍太郎首相の元で経済企画庁長官に就き入閣• 2001年:経済財政政策担当大臣就任• 2008年:第92代内閣総理大臣に就任• 総務大臣や外務大臣、副総理などを務める 皇族との繋がり 家系図を見ると、安倍家は皇族との繋がりもあることがわかります。 遠い親戚に当たる麻生太郎氏。 その妹の 信子さんが宮家に嫁いだことにより、皇族との繋がりができたのです。 大正天皇の孫で、昭和天皇の甥に当たる 三笠宮寛仁親王(愛称はヒゲの殿下)に、見初められた信子さん。 当時、26歳の寬仁親王から求婚された信子さんは、まだ16歳の高校生という若さでした。 まだ、若すぎるということで、婚約は8年後だったそうです。 麻生太郎氏と、寛仁親王妃信子様を介して、安倍家は皇族との繋がりができたと言うことですね。 1956年12月:毎日新聞社退社、外相秘書官に就任• 1957年2月:首相秘書官に就任• 1958年5月:衆議院議員に当選• 1967年11月:農林政務次官• 1974年12月:農林大臣に就任• 1976年12月:自民党国会対策委員長に就任• 1977年11月:内閣官房長官に就任• 1979年11月:自民党政調会長に就任• 1981年11月:通商産業大臣に就任• 1982年11月:外務大臣に就任• 1986年7月:自民党総務会長• 1987年10月:自民党幹事長に就任し安倍晋三が幹事長秘書となる• 1991年5月15日:死去 東京帝国大学法学部(現在の東京大学)に進学し、息子の安倍晋三首相へも東大へ行くよう強く言っていたそうです。 勉強嫌いだった安倍晋三首相を、辞書で叩いたりともしていました。 それでも安倍晋三首相は東大には行けず、心配をかけたそうです。 安倍晋太郎氏は、内閣総理大臣目前で病死しています。 安倍晋三の兄:安倍寛信 2歳年上の兄・ 安倍寛信氏は、三菱商事パッケージング社長です。 幼少期から、安倍晋三首相とは正反対の性格で大人しかったそうです。 成蹊小学校からエスカレーター式に大学まで上がる• 成蹊大学経済学部を経て、東京大学院に入学• 東京大学大学院を卒業し1975年に三菱商事に入社• 関西支社副支社長兼中国支社長などの経歴を経て、代表取締役社長に就任 兄の安倍寛信は、親の期待通りに東京大学進学するところから、真面目な性格が伺えます。 安倍晋三の弟:岸信夫 安倍晋三首相の弟の 岸信夫氏は、生後すぐに岸家の 養子に出されました。 安倍晋三首相とは、5歳の歳の差があります。 母親の安倍洋子さんの兄弟の岸信和氏に子供がいなかったことから、養子縁組されました。 しかし、本人は養子だということを知らされてなく、大人になってから知ったのです。 大学進学時に戸籍謄本を見て、真実に気がついたのでした。 当時、とてもショックを受けてしまい、1か月ほど錯乱状態となり体調を崩してしまったそうです。 幼少期は、元総理大臣で祖父に当たる岸信介氏にとても可愛がられたそうです。 しかし、そのことを安倍晋三氏は面白く思っていなかったというエピソードがありました。 慶応義塾幼稚舎からエスカレーター式で進学• 慶應義塾大学経済学部を卒業• 1981年:住友商事に入社• 2002年:住友商事を退社• 2004年:参議院議員選挙当選• 2010年:参議院議員選挙再選• 2012年:参議院議員を辞職し、 衆議院議員選挙に立候補し当選• 2016年:衆議院外務委員長、外務副大臣に就任• 2017年:3度目の衆議院議員選挙当選• 2018年:衆議院安全保障委員長に就任 優秀な兄弟と父親に囲まれている、安倍晋三首相。 「無能」などと言われてしまうのは、幼少期からの性格なのかもしれません。 生まれ持った性格は、家系や血筋ではカバーできないということなのかもしれません。 安倍晋三が家系図上、韓国人という噂 安倍晋三首相の家系図について調べて行くと、ネット上には、「先祖に韓国人がいる」という噂があります。 家系図を見る限り、 韓国人との繋がりはなさそうですが、話の出処となりそうな記事がありました。 事の発端は、安倍晋三首相の父親・安倍晋太郎氏が亡くなった時でした。 生前、 安倍晋太郎氏の家政婦をしていた女性の証言が「週間朝日」に掲載されました。 家政婦によると、安倍晋太郎氏は「私は朝鮮だよ」と発言していたというのです。 家政婦の久保ウメさんは、40年間岸家と安倍家に仕えていました。 「パパ(安倍元外相)は誰にも言えないことを私には言ってくれた」とし「(安倍元外相死去直後)入棺のとき、この人の骨格を見ながら本当に日本人の物ではないと思った」と説明した。 それとともに「頭からつま先までまっすぐに横になっていたが、完全に韓国人の体形だ。 (安倍元外相)自らも『私は朝鮮だ。 朝鮮』と言っていたが、この人は朝鮮人だと思った」 という証言でした。 しかし、この「朝鮮」というのは、朝鮮半島のことではなく、今はない渤海 ぼっかい という中国の朝鮮半島北部周辺にあった国のことだったようなのです。 安倍晋太郎氏が、安倍家の家系図を見て、平安時代の武将で「朝鮮」出身者がいたのを発見したらしいのです。 この「週間朝日」の記事を引用し、世界日報(保守系新聞)が『安倍日本首相の父親「私は朝鮮人だ」』という見出しで掲載したのです。 そこから、安倍家や安倍政権に不満を持つ人たちなどの間で一人歩きしてしまったようです。

次の

【家系図】安倍晋三と麻生太郎は親戚だった!天皇家や歴代首相とも…

安倍晋三 麻生太郎 吉田茂 家系図

天皇と親戚 ということになります。 そして安倍晋三の一族は過去に総理大臣をしている人が多く、安倍一族が日本の政治の中心にいるということがわかります。 さらに気になる情報について調べていきます。 安倍晋三の家系について。 分かることは岸信介元総理の孫であり、弟が岸信夫! 安倍晋三の家系について調べていくと分かることがあります。 実は安倍晋三のおじいさんが岸信介という内閣総理大臣の孫にあたるということです。 また安倍晋三には兄弟がいます。 安倍晋三は次男にあたり 長男:阿部寛信 三男:岸信夫 ということです。 安倍晋三の父親である阿部晋太郎と母親である岸洋子との間には子供が3人いるということです。 安倍晋三と岸信夫の行動が似てると感じる人も多いようですが、僕の解釈では兄弟ですから似てるよなというのも納得ですね。 そして実は気になるのが安倍晋三の兄についてです。 ここからは安倍晋三の兄について調べていきます。 安倍晋三の兄弟について。 気になる兄はどんな人なのか? 安倍晋三の兄である安倍寛信は三菱パッケージングという会社の社長です。 この三菱パッケージングという会社は主に段ボールを販売したり、紙を輸出したり輸入したりということをしている会社のようです。 安倍寛信は三菱パッケージングの社長ですが周囲からは親の七光りで社長になったのではないか?と言われています。 真相に関しては分かりません。 弟である安倍晋三が首相になっていることが関係しているのかもしれませんが確証がないのでなんともわからないという感じです。 そしてネット上で多くの人が気になる安倍晋三が在日なのではないか?という噂ですが実はこの噂の出所について考えられる可能性があるのでそのことについて書いていきます。 スポンサーリンク 安倍晋三の父親が久保ウメに在日朝鮮人とカミングアウトしたって本当? 安倍晋三は在日朝鮮人という噂があります。 僕は安倍晋三は在日朝鮮人だと思います。 その理由は李家と深く関係していることが根拠です。 さらに実は安倍晋三の父親が長期間家政婦をしてきた久保ウメに自分が在日朝鮮人であるということを言ったという情報があります。 この安倍晋三の父親が在日朝鮮人というのは週刊朝日が報じたことでもあり、なんといっても安倍晋三の父親が自ら言ってということであれば信ぴょう性が高いのではないのかな?と僕は思います。 この安倍晋三が在日朝鮮人ではないか?ということもネット上で多くの太の関心がある内容ですね。 さらにここから気になる内容について書いていきます。 【安倍と麻生は親戚?】安倍晋三と麻生太郎の仲良しの真相について。 安倍晋三と麻生太郎は仲良しということで知られています。 家系図を調べていくと安倍晋三と麻生太郎は遠い親戚関係になるということです。 安倍晋三と麻生太郎は仲良しなのは親戚だったということも関係しているんですね。 そしてここから少し関連する麻生太郎について調べていきます。 麻生太郎の家系図から吉田茂と親戚!また気になる佐藤栄作との関係について。 麻生太郎について調べていきます。 実は麻生太郎は家系図から吉田茂総理の孫にあたるということがわかります。 そしてこの記事文中に書きましたが安倍晋三のおじいさんである岸信介の弟が佐藤栄作であり、このことからこのような人間関係であるということがわかります。 麻生太郎・安倍晋三・吉田茂・岸信介・佐藤栄作という人間は親戚関係にあるということです。 このことから分かりますが、日本の総理大臣は親戚関係のなかから選ばれているということですね。 そして最後に麻生太郎に関する気になる情報について触れていきます。 麻生太郎には妹がいるが結婚相手が衝撃的! 麻生太郎には妹がいますが、妹は三笠宮寛仁親王と結婚しております。 このことから麻生太郎は皇族とも親戚関係であるということですね。 日本の上の方にいる安倍晋三と麻生太郎そして天皇家が密接に関係しているということが今回の記事でわかりましたね。 ということで今回の記事はここで終わりです。 最後までごらんいただきましてありがとうございました。

次の