ケン ちゃん ラーメン 八戸。 ケンちゃんラーメンとは (ケンチャンラーメンとは) [単語記事]

大人気店 ケンチャンラーメン山形へ行ってきたよ

ケン ちゃん ラーメン 八戸

ケンちゃんラーメンとは、 永遠の新発売である。 概要 でおなじみのサンヨー食品が展開していた向け「」で、それまで売られていた「おもしろ」(発売)の後継としてから発売を開始。 当供の高かったをに起用した、レート商品の先駆けとも言えるものだった。 味は味・味と、に追加されたの「」で全3種。 前身である「おもしろ」はの標準添付をセールスにしていたが、本品はくじ付きの入りに変更し、を削って当たりが出たら品と取り替えてもらえるを採用。 かなりクセが強めである。 される品は定期的に入れ替わっていて、・・スライドなどが用意されていた。 ではションでりの値段が付く場合も散見され、もっと凄いと ではなく(特に当たりのもの)が高額取引される例もあった。 この他にも の最後で常に 「新発売」という旨を説明するというがあり、も自身の内で「 8年経ってまだ新発売だもんなぁ…」とにしていた。 ごろに販売を終了。 しかし今でもケンちゃんラーメンは新発売のまま、(一部)の心の中に生きているのだ。 関連動画 関連項目•

次の

ケンちゃんラーメンとは (ケンチャンラーメンとは) [単語記事]

ケン ちゃん ラーメン 八戸

しかも定休日が月曜日な上に、電話番号はおろか住所も分からない状態でしたが、イチかバチかで青森県八戸市へ。 山形が誇るソウルラーメン「ケンちゃんラーメン」の八戸店。 青森県では初の出店でケンちゃんラーメンとしては11店舗目。。 店内に入って左側にある券売機で食券を購入。 ケンちゃんラーメンの基本カスタマイズである味の「こい口」「うす口」や油の「油ぽく」「油ぬき」は、券売機に「こい口」のボタンだけないので、その場合は食券を渡す際に店員さんに伝えるシステム。 店員さんに食券を渡すと座る席の番号を聞かれるので、カウンター1~18番かテーブル席かを伝える。 子供用イスが完備されているのでお子様連れでも安心。 ケンちゃんラーメン 八戸店のメニューなど ケンちゃんラーメン 八戸店の中華そば 中華そば 小盛 650円 スープは豚などの動物系+煮干し、昆布などの魚介乾物系と思われる清湯ベースの醤油味で、そこにモモ肉チャーシュー、細切りメンマ、ネギ、海苔がトッピングされた、ケンちゃんラーメンの王道な具材&スープがヒタヒタな丼顔の一杯。 今まで食べた他のケンちゃんラーメンで、何処が雰囲気的に近いか思いを巡らせても、なかなか浮かばない味のバランスで、敢えて例えるなら山形店と真逆な感じと言えばしっくり来るかも。 そう言った意味では万人向けなケンちゃんラーメンとも表現できると思うので、最初は八戸市民に合うようなケンちゃんテイストにしつつ、様子を見て落とし所を探っているのかもしれません。 まずはデフォルトが無難かもしれませんが、ケンちゃんフリークなら「こい口」「油ぽく」が必須かも! 麺は自家製の平打ち太縮れ麺で程よいコシがありツル・ピロな食感。 モモ肉チャーシューはミシッとした歯応えがありながらも、薄切りにして食べやすくしている感じ。 新着記事一覧.

次の

サンヨー食品

ケン ちゃん ラーメン 八戸

正に「ラーメン二郎」でしょ?これ。 もう一つ「ラーメン二郎」に似ているのが、コールがあることです。 やさい、ニンニク、あぶらとか、マシマシ等ではないですが、簡単なコールがあり、お客さんは自分好みのコールをして注文します。 内容は、スープの味付け「こい口」、「うす口」と油の量「油ぬき」と「油ぽく」です。 これに、オフィシャルにはないコールに麺の硬さ「固め」、脂身を入れる「身入り」があります。 お店によっては、これにトッピング(有料)のメニューもありますが、無料のコールは以上のコールです。 注文する際に「普通、こい口、油」とか「大盛り、濃い口、身入り、麺固め」とか注文時にこのようなコールが飛び交います。 何も知らない一見さんだと少々戸惑いが生じたり、注文するだけで結構緊張する感じも「ラーメン二郎」ですよね笑 ケンちゃんラーメン鶴岡店のメニュー ケンちゃんラーメンは一度食べたらもう一度食べたくなる味です 煮干しが効いた醤油ベースのスープに、独特の縮れ麺が特徴的なんですが、特別に超うまいって訳じゃないんですこのラーメン。 なんか、安心する味です。 不思議とまた食いたくなる味なんです。 これは実際に食わないとわかりません笑 すいません、表現力が無さすぎて。 けど何回も行きたくなる店ってなんか安心感がありますよね? めっちゃ美味しいではなく「これこれ、この味」って感じがまた行きたくなります。 地元には美味しいラーメン店がいくつもありますが、「これこれ」って食べたくなるラーメンってなると限られてきます。 実食レポ 基本情報として、ケンちゃんラーメンはどこの店も量は多いです。 普通盛りで麺300グラムはあると思います。 ですので、小盛りが一般的な普通盛り、普通が一般的な大盛り、大盛りは特盛りって感じです。 注文するときは要注意です!自分はいつも小盛りを頼みます。 今回は、「小盛り、普通」と頼みました。 本来、麺固めにするんですが、久々の鶴岡店なのでベーシックにしました。 これがケンちゃん鶴岡の「小盛り、普通」です。 小盛り、普通(700円) それでは、実食! この独特な縮れ麺が煮干しの効いたスープをよく絡め、このわしゃわしゃとした食感が本当に絶妙です。 鶴岡店は、スープは少しカラメな印象。 麺はケンちゃんにしては細いので、麺固めがベストかも。 今回トッピングはしませんでしたが、岩海苔は本当にこのスープに合うので、岩海苔のトッピングをした方が良かったかと少し後悔。 今度来たときは「小盛り、うす口、麺固め」でいきたいかな。 因みに卓上には白胡椒と七味唐辛子が置いてますが、オススメは七味唐辛子です。 胡椒よりも、唐辛子の辛味の方がこのスープには合います。 是非試してみてください! 鶴岡店はケンちゃんラーメンの中では店内は広いほうです。 座れる人数は多い方かと。 その為回転も早くて行列も出来にくいのか、今回はスムーズに入店できました。 他店ですと平日でも関係なく行列がやばい支店もあります。 実際、本当は別の支店で食べようとしましたが、行列がヤバくて鶴岡店に変更した経緯があります。 あまり並ばずにケンちゃん食べたい人は良いかも。 ケンちゃんラーメン店舗レポ:山形県内陸で唯一のケンちゃん山形支店編(2019. 自分もやっとの事で駐車できました。 実食レポ ケンちゃんラーメン各店舗のスタイルをチェックするためにここも注文はいつもの「小盛り、普通」をお願いしました。 気分的に海苔マシも追加。 この店舗は食券制で事前に購入して後は待つスタイル。 いちいち定員さんにコールしなくて良いのでそこは楽かな。 程なくして無事着丼。 小盛り 普通 海苔マシ 800円 見た目の印象は、スープの色が薄い、チャーシューはパサ気味、メンマがメッチャ細い。 麺はどんな感じかなと、 ケンちゃん店舗の中でも太めの安定の縮れ麺です。 これこれ。 「では、いただきます」 ちなみにレンゲや水など全てセルフです。 各自で取りに行きましょう。 一言で 「マイルド」 ケンちゃんラーメンと言うと、スープは煮干しの風味全開で、少しスープに塩っけから来るカドがあるスープが特徴ですが、山形店はそれがありません。 初めて食べる人には食べやすい仕様です。 ケンちゃんラーメンフリークからすると若干物足りない感じかな(まずいとかではありませんよ!好みの問題です)。 麺は平打ちの縮れ麺でケンちゃんラーメンの店舗では太い方かな。 これはどこのお店でもそうですが、コシが強い麺が好みの方は固めが良いかも。 ここも胡椒と七味唐辛子が置いてありますが、七味唐辛子をチョイス。 山形店は、煮干しの風味も強くなく、スープがマイルドで非常に食べやすいケンちゃんラーメンと言う感想です。 やはりこの店舗も沢山のお客さんがケンちゃんラーメンを求めて来店されていました。 どこの店舗もそうですが、時間に余裕を持っていかれる事をお勧めします。 このお店も大人気のお店でした。 内陸唯一のケンちゃんラーメンです。 是非一度足を運んでみてはどうですか? ケンちゃんラーメン店舗レポ:ここでしかできないトッピングとサイドメニューがある大山支店編(2020. 21追記) 店舗情報 ケンちゃんラーメン 大山店 住所:〒997-1123 山形県鶴岡市友江町16ー37 営業時間:11時から14時 定休日:火曜日 *2019年11月より前金制になっています。 駐車場は狭いです。 8台停めれば一杯になります。 席は12席と小上がりが2つ(4、5人くらい座れるかな?) 実食レポ 山形県の支店の中では意外と穴場の店舗です。 食べに行った日は休日だった為、ケンちゃんラーメン特有の?店舗の狭さから並びは必須でした。 でも、回転が速くわずかな時間だったので苦ではなかった。 店内に入り席に座ると、他のケンちゃんラーメンではないサイドメニューが。 ゆで卵50円。 これは中々珍しい。 他にもトッピングメニューが他の店舗には無いメニューがありました。 普段のオーソドックスなケンちゃんに、ちょっとアクセントが欲しい人は大山支店いいかも。 そして、注文。 今回も「小盛り普通」で注文しましたが、折角トッピングがここでしか無いものもあるので「岩海苔(黒ばら海苔)」をトッピングしました。 また、加水率が低い麺ですので、過去2店舗とも麺については注文つけませんでしたが、今回は「麺固め」でお願いしました。 しばし待ち、着丼。 見た目は、麺固めにしたんで見るからにバキボキ麺、チャーシューはパサ系で小さめ(自分にはこれくらいでちょうど良いかも)、細切りメンマに海苔、ネギといつものけんちゃんスタイル。 そこにこれでもかと岩海苔が。 それではいただきます! 食べてみると、麺はやっぱり固めが好み。 これからは麺固め必須だな。 加水率が低いので、すぐ柔らかくなってしまうんですかね? 麺はケンちゃんラーメンとしては少し細め、縮れは強い印象。 スープにメッチャ絡む麺。 今回は、岩海苔をトッピングしました。 これは正解! 魚介系のスープに岩海苔が最高に合います。 潮の風味が強くなるので好き嫌い生じるとは思いますが、個人的には大山支店でケンちゃん食べるならおすすめのトッピングです! 今回はライスを注文しませんでしたが、いっぱい食べられる人であれば是非ライスも食べてみては? ライスがトッピングにあるのも大山支店だけだと思います。 今回も美味しく頂きました。 普段のケンちゃんラーメンとは少し違い、トッピングが楽しめる支店です。 麺系の老舗店が多い大山地区にあるケンちゃん、大山支店。 大山地域は麦切りだけじゃありませんでした! ケンちゃんラーメン店舗レポ:麺のうまさがダントツのケンちゃん三川支店編(2020. 1追記) ケンちゃんラーメンの支店では個人的最強支店。 席はカウンターと小上がり有り(小上がりは2テーブルあり、家族連れでも行けますが、混雑時は待ち時間は覚悟した方が良いかも) 実食レポ さて、ケンちゃんラーメンの中では行列の長さは支店の中でも随一を誇る三川支店。 自分が我が家から最も近く、全体のバランスも自分好みなお店なんでケンちゃんラーメンの中では良く行くお店です。 今回は、時間も早目にいき(平日の11時ちょっとすぎ)、行列を回避する事ができました(この後行列ができていました)。 休日は間違いなく行列ができます。 覚悟していってください。 けど、並んでも食べる価値はあると思います。 今回も来店し、いつもの注文。 小盛り、普通、ノリトッピング です。 注文し、札をもらいカウンターで待ちます。 この時間でも24番目。 1日で訪れる人数どのくらいなんだろう? しばし待ち着丼。 海苔は別皿で。 いつもの細切りメンマににネギ少々。 チャーシューは他の店舗と違い、バラ肉のチャーシュー。 脂身が多くジューシー。 麺はこんな感じ。 他のケンちゃん全然違う。 食べ比べると一目瞭然です。 加水率も多分他のケンちゃんより高いし、小麦ももしかしたら違うのか?(ビジュアルが全然違います) 普段、固めでオーダーしますが、三川支店に関しては、麺について特段オーダーしません。 ちょうど良いかたさで、最高の麺です。 自家製麺の特徴が他のケンちゃんと全然違う。 個人的に上位に入るケンちゃんです! 自分は総合的にも大好きな支店です。 それは自分だけでなく、結果行列が絶えない有名店となっています。 食べたいと思って行っても、その行列の長さに挫折して諦めたことも何回もあります。 しかし、ケンちゃんラーメン三川支店に行けるなら絶対いって欲しい名店です! ケンちゃんラーメン店舗レポ:山形県最北端にある支店、遊佐支店編(2020. 交差点の近くの一軒家がお店なので、比較的発見できます。 山形最北端にある遊佐支店。 自分は2度目の来店です。 ケンちゃんラーメンの支店では好きな支店です。 久々の再会で楽しみ! 実食レポ はやっ! 立ち食いそば並の早さです。 まあ、待たなくていいのに越したことはありません。 自分だけ、たまたまかなと思ったら、その後に来るお客さんも入店から着丼まで大体同じくらいでした。 事前に麺を茹でてんのかな? 謎です。 びっくりするくらい早いです。 他の店舗と全然違います。 それでは、いただきます。 これが遊佐支店のケンちゃんラーメンです。 明らかに他店と違うのはチャーシュー。 結構パサ系のチャーシューでした。 味もしっかり染みていますが、硬いです。 きっちり肉感がある感じ。 さて麺はどんな感じ? 太さ、縮れ具合。 やっぱりケンちゃんはこうじゃないと。 固さは、今回普通と注文したんですが、やや固めで自分は好きな茹で加減でした。 スープはいつもの醤油なんですが、遊佐支店は油の量が多いです。 その為、最後までスープは熱々でした。 このコッテリとしたスープは完全に男の胃を鷲掴みするでしょう。 お店の客さんが男性しかいないのも納得です。 笑 やっぱり、全体的に自分は好きなラーメンでした。 食べれまわかりますが、本当に硬派って感じです。 お店の雰囲気やラーメンの味に感じる、無骨な感じが自分は嫌いではありません。 お店はローカル色強めで、地元のお客さんで一杯でした。 場所を問わずに、地域の方に愛されているお店。 それが遊佐ケンなのかな?.

次の