約束 の ネバーランド 177。 約束のネバーランド 177話 「母親」 ネタバレ イザベラとレイ

約束のネバーランド178話ネタバレ最新話確定!ついに人間世界へ!エマのごほうびなしで約束を履行

約束 の ネバーランド 177

2020年5月18日(月)に発売された週刊少年ジャンプ24号には 『約束のネバーランド』第177話が掲載されました! ついにグレイスフィールドに戻って来たエマ達は、フィルやシェリーと抱き合い喜びを分かち合います!そこに突然鬼が現れ、子どもたちを狙うのでした! 子どもたちの盾になったグランマ・イザベラは!? 今回は、『約束のネバーランド』第177話の ネタバレあらすじ、感想と考察を紹介します! こちらでは週刊誌で連載されている最新話の内容について記載しています! 単行本だけを読まれている方はネタバレに注意してください!! 大人気漫画の『約束のネバーランド』を無料でお得に読みたくありませんか? そんな方はこちらを御覧ください! 目次• 漫画『約束のネバーランド』第176話「ただいま!」振り返り グレイスフィールドに戻ってきたエマの目の前には フィルが! 「ただいま フィル!! 」笑顔で現れたエマにフィルは涙を流して 「おかえり!」と駆け寄ります!もちろん、 ギルダや ナット、 ドンもいます! そしてフィルは ノーマンや レイと再会し、安心から大号泣するのでした! そこには グランマ・イザベラの姿も。 グレイスフィールドのママに私達はもう自由で、 これからはただ普通に愛せるのだと伝えるのでした! グレイスフィールドを支配していた 鬼たちは王命で 全員逮捕されていました。 GFだけでなく、 全ての農園が終わるのです! 「変えよう世界」と誓ったあの日から、 仲 間 のおかげでここまで来れた これでもう「人間の世界」に行けると安堵していると… 鬼が一匹現れたのです!! 「今ここで私が食らい尽くす!! 」と襲ってきます! 鬼の攻撃から 子どもたちを守ったのはグランマ・イザベラでした!! 漫画『約束のネバーランド』第177話「母親」ネタバレあらすじ! グレイスフィールドを支配していた鬼の爪が グランマ・イザベラを貫いています! 「お前は母親にはなれない どけ」と言う鬼に、イザベラは 「子供たちには指一本触れさせない」と鬼の腕を掴み決して離しません! レイが銃で鬼を仕留めようとしますが、今撃つとママの体にも衝撃が! 襲いかかろうする鬼に対して、捉えに来た 別の鬼が後ろから首を切り落とすのでした! その場でイザベラは倒れてしまいます! 「エマ無事?みんな…誰もケガはない…?」 自分のことよりも子供達の心配をしています。 「ないよ!してない!」という返事に「よかった…」と安堵しています。 「ちゃんと生きて人間の世界に行こうと思ったのに ごめんね こんなずるい死に方をして」 そう思いながら、エマの頬に触れるのでした。 エマはママに対して「最初はずっと怖かった、解らなかった、どうしても許せなくて、ママもイイ暮らしがしたいだけなのか、ママは敵だ、ママを倒さなきゃ」と思っていました。 お母さん…!! 」 エマの言葉を聞いて 「生きたい 生きてちゃんとこの子達に償いたい」と思うイザベラ。 しかし、声が出ない、体が動かない、もう目も…命は尽きかけていました。 神様にお願いします!もう少しだけ力を、あと一度だけこの子達を抱きしめる力を! 最後の力を振り絞ると、子供達を抱きしめて言います 「だぁいすきよ」 そして、レイを呼びました。 「ごめんね…家族をお願いね…」 子供らしく甘えさせてあげられなかったこと、12年呪いたい人生を歩ませたことを。 レイも最後には ママが心からレイを愛していることが伝わり、「ママ…母さん…!」と大粒の涙を流すのでした!! そして、最後の力を振り絞ったイザベラは目を閉じて、 安らかに逝くのでした。 ありがとう。 さようなら、お母さん(ママ)。 『約束のネバーランド』第177話「母親」感想と考察 子供たちの盾となり、守り切ったグランマ・イザベラ! まさに本当に自分の子供達を守る母親として、子供達に見守られて逝きました。 イザベラが子供達を出荷していたことや、出荷されていった仲間達のことを考えれば、 すんなりと愛していると言えない部分もあったでしょう! でも、それでも最後には イザベラが心から子供達を愛していることが伝わり、子供達も12年間ママを呪い続けたレイも、 最後はママを本当の母親として受け入れています! 実際に受けていた愛は本物だったから。 出荷されるまでは心から愛する!それがイザベラが 自分の立場でできる最大限のことだったのでしょう。 それぞれの立場や状況によって、どうしようもないことは今の世にもたくさんあります。 その中で自分ができることは何かを考えることは至極まっとうだという部分もあります。 エマ達の自分たちができることに必死だったように、 イザベラも必死だったんではないでしょうか。 自分の死よりも子供達を心配するイザベラ。 もっと生きたい!でもそれは「子供達に償いたい」からです。 どこまでも子供達のことだけを思い続けています。 血が繋がっている繋がっていないは関係なく、家族を心から愛する。 漫画『約束のネバーランド』をU-NEXTで無料ですぐに読む! 以上、『約束のネバーランド』第177話の ネタバレあらすじ、感想と考察を紹介しました! でも、やっぱり 漫画は絵つきで読んだ方が面白いですよね!! U-NEXTなら 31日間の無料期間があり、期間内の解約なら 一切お金はかかりません!! 無料登録直後に600P貰えて すぐに無料で読むことができます!! 週間少年ジャンプの作品は、 最新話を無料で読むことはできませんが、最新刊や単行本コミックスは無料で読むことができるのでオススメです! 漫画だけでなく、無料動画も見放題作品がたくさん! 『約束のネバーランド』の漫画を無料でお得に読みたい方は、ぜひこちらをチェックしてみて下さい!! 解約方法は以下のボタンからご覧ください。

次の

【約束のネバーランド181話ネタバレ最新話速報】子供たちがエマを見つけるも番号がなくエマと断定できない?

約束 の ネバーランド 177

約束のネバーランド 約ネバ はアニメ2期の放送も決まり人気ですね。 2020年6月15日 月 発売号の週刊少年ジャンプに掲載予定の約束のネバーランド 約ネバ 本誌181話のネタバレ最新確定速報をお届けします。 約束のネバーランドの では、エマも人間世界に飛ばされていたことが判明。 しかし、電波も届かないような暮らしをする一般人に保護されていたため、エマ発見の知らせはラートリー家に届かなかったようです。 エマは家族との繋がり 記憶 を消され、自分のこともわからない様子。 そんな自分と向き合い、新たな人生を歩み始めたエマ。 しかし、その裏ではエマを捜索する子供たちの姿が…。 果たしてエマと子供たちは再会することが出来るのでしょうか? 今回は「【約束のネバーランド 約ネバ ネタバレ181話最新話確定速報】子供たちがエマを見つけるも番号がなくエマと断定できない?」と題し紹介していきます。 180話ではついに食用児たちが人間世界へと渡ることができましたが、これまでの話を読み返したいと思いませんか? アニメ2期も10月に放送決定し、実写の映画も公開が決まっています。 ここで読み返したくなった方も多いのではないでしょうか? またアニメも見返したくなりますね。 その場合は単行本を 電子書籍でお得に読み、アニメも無料でイッキ見しませんか? 皆様、お待たせしました! 『』18巻のカバーデザインを最速大公開!!!!! 表紙は、久々のエマ・ノーマン・レイの3人! 王家城内で、鬼絶滅計画完遂目前のノーマンと再会を果たしたエマとレイ。 彼らの行く末は…!? 来週3月4日(火)の発売を、どうぞお楽しみに!! 今すぐ読み直したいと思ったら下のリンク先で、おすすめのサイトを紹介していますのでチェックしてください。 しかし、お互いに気付くことはなく、そのまますれ違ってしまいます。 今後どうなるのでしょうか? 考えられる展開を紹介していきたいと思います。 本当に同じ時代に飛ばされたのか? 人間世界に飛ばされたエマ。 戦争によって仲間や家族が死んだと語るおじいさんや周りの建物の様子から、エマも同じ時代に飛ばされたようです。 しかし、最終ページに登場したフィルの姿が、かなり大人びているような…? レイやギルダは前と変わっていませんが、フィルだけ身長がグッと伸びていますよね? エマがおじいさんに発見されたのはおそらく冬。 街に出たのが春? そこまで月日が経っていないはずなのに、フィルだけ急成長しているような気がします。 実はエマは少し先の時代に飛ばされていたのか。 それともフィルもラムダの投薬実験を受けていたのか。 謎は深まるばかりですね。 エマの認識番号が消えている 人間の世界へ飛ばされたエマですが、首にあるはずの認識番号が消えているのです。 他の食用児たちはまだ認識番号が残っており、ニュースでも「謎の番号が書かれた子供たちが出現」と報道されていました。 なぜエマは認識番号を消されたのでしょうか? それは、家族との繋がりをすべて消し去るという「あの方」によるものでしょう。 認識番号は、エマをエマと判別できる大きなポイント。 しかし、認識番号が消されてしまってはエマをエマだと断定できなくなるのです。 もしエマに少しでも記憶が残っているのなら、話を聞いてエマだと判別することもできるでしょう。 ですが、エマは家族の記憶どころか自分のことさえも分からないのです。 この先子供たちがエマと再会できたとしても、エマが家族を認識できなければ真の再会とは言えないでしょう。 181話で完結? 6月15日発売の週刊少年ジャンプで、約束のネバーランドがセンタカラーを飾ることが発表されました。 これまでの作品もセンターカラーで最終回を迎えるパターンが多く、最近では鬼滅の刃も同じ流れで最終回を迎えています。 さらに、181話ではページ数が27ページも増えるとのことで、ますます完結する可能性が高くなっているのです。 これまでも「完結間近」「超クライマックス」といった煽り文句が書かれてきた約束のネバーランドですが、181話でついに完結を迎えるかもしれませんね。 未回収の伏線 クライマックスの約束のネバーランドですが、まだまだ未回収の伏線が多数存在します。 ムジカのペンダント お守り?• フィルとアンドリューの会話• アダムの謎• レイの寿命と誕生日• ノーマンとアイシェの会話 他にも未回収となっている伏線が多く、すべて回収しきれるのかどうか…。 謎を残したまま最終回を迎える可能性もあるため、鬼滅の刃のようにスピンオフが作製されるかもしれません。 できれば、レイの出生の秘密は明らかになってほしいですね。 ごほうびはやっぱりあった。 代償は家族との別れと記憶、エマが何も覚えてないのつらいなぁ。 こんな雪国だと誰にも会えないだろうな……と思ったら普通に近場に街あるのかよ!それですれ違うのかよ!!! え!?こんなはやく会えるフラグ来るの!? ビックリした。 別れたエマとの再会と、クリスティの目覚めと、、あと、ノーマン達の健康を回収して欲しいなぁ — Miy b00kmeyah 約束のネバーランド…次号は超クライマックスだって。 前はクライマックス。 今度こそ最終回なのかな?センターカラー増ページだし。 でも超々クライマックスって予告が来週に来るかも? — ういろう uirou666 約束のネバーランド読みながらこれさすがにあと1. 2回で終わってまうな思っとったけど ちょっと次で終わる確信のようなもん得てもうた 1つ目漫画の最後の編集者?のコメントに超クライマックスって書いてた 2つ目来週センターカラー センターカラーで一気に確信力が上がったわ — 黒門 ナギ nagi2085.

次の

【約束のネバーランドネタバレ177話】イザベラが母として最期の意地を見せる

約束 の ネバーランド 177

約ネバ通信VOL. 内容は 個人的な妄想や感想です。 予めご了承ください。 さよなら、お母さん ママ。 次号へ… 泣いちゃう… これは泣いちゃうやつ。 ありがとう。 そして、ママの最後のセリフよね。 これでよし、 行ってらっしゃい え、これは最終回最終ページですか? 約ネバを知らない人に、 「これ、約ネバ最終回の最終ページだよ!」っていう噓付いてもバレないくらいの最終回感!!笑 本当の最終回も、これに近い雰囲気であってほしいと心から思います。 前回も一部言及しましたが、イザベラは 「もう少し時間が経ってからの死」、もしくは、 「生きながら罪を償う」、のどちらかであってほしかったです。 「少し死ぬのが早かったかな」という印象を受けましたが、いざ描かれてみると、、、すぐに感情移入してしまいました…。 レイにとっては本当のお母さんですからね。 レイの気持ちを考えるだけでボロボロ泣けてきます。 「もっと取り乱して泣いていいんだよ!」と声をかけたいくらいでした。 展開としては前回言及した通り、あっさりと(1話で)終わりましたね。 おそらくですが、これでようやく 「コードSolid」や 「鬼の頂点との約束絡み」の展開に突入していくのかなと思います。 ママがエマたちに秘密裏に何かを託していた、という展開も考えましたが、ピーターが「コードSolid」という餌を与えている以上、これ以上のモノが出てくるのは考えづらい…。 となると、このまま「コードSolid」に向かう流れなのかなと思います。 今回は物語的進展がほぼありませんでしたので、 「コードSolid」について、これまでmaesaquが考えてきたことを改めて整理していきたいと思います。 やはり 「コード=CODE」なので、プログラムが作動するようなイメージですよね。 ピーターの叔父が 「Solid」と機械入力するようなシーンがなんとなく目に浮かびます。 「コードSolid」についてはこんな感じですかね。 「ごほうび」については先日、こんな記事を備忘録的に書きました。 「始末」をなぜ「抹殺」に?というテーマです。

次の