してもらいたい 敬語。 敬語でこれを言いたいときは?「送ってください」の場合

もらいたいの敬語を教えてください。!

してもらいたい 敬語

「頂きたい」は、人に何かをしてほしいときに使う敬語です。 「頂きたい」は、ビジネスシーンだけでなく、日常生活でも活躍します。 しかし、「頂きたい」の使い方がわからない、だから自信を持って使えない、と感じている人も少なくないのではないでしょうか。 「頂きたい」を自信を持って使うために、まずは「頂きたい」が何の敬語表現なのか、そして「頂きたい」とはどういう意味の言葉なのか、といった点を学んでいきましょう。 「頂きたい」という言葉を、「頂く」と「たい」のふたつにわけて、それぞれの意味を見てみましょう。 「頂く」とは 「頂く」は「もらう」の謙譲語(へりくだった言い方)です。 「もらう」にはさまざまな意味がありますが、この場合は「相手にあるおこないを依頼し、それによって利益を受けること」という意味になります。 「たい」とは 「たい」の意味は、「~したい」と言い換えると分かりやすいでしょう。 「話したい」「歩きたい」のように、おこないや行動を希望するという意味があります。 なお、「たい」という言葉自体は、敬語表現ではありません。 「頂きたい」の意味 「頂く」と「たい」それぞれの意味を踏まえると、「頂きたい」という言葉は、「相手にあるおこないを依頼し、それによって利益を受けること」を希望する、という意味になります。 平たく言うと「~してもらいたい」という意味です。 「~してもらいたい」の敬語表現である「頂きたい」は、具体的にはどのように使う言葉なのでしょうか。 「頂きたい」の敬語の種類とあわせて解説していきます。 敬語の種類 「頂きたい」の「頂く」は、「もらう」という言葉を謙譲語にした敬語表現です。 つまり、「頂きたい」の敬語の種類も謙譲語ということになります。 使い方 謙譲語には、へりくだる(自分の位置を下げる)ことで相手を立てる、というはたらきがあります。 そのため謙譲語は、自分のおこないに対してしか使うことができません。 分かりやすく「言う」の謙譲語「申し上げる」で例えると、「私から先生に申し上げる」という使い方が正しく、「先生が私に申し上げる」という使い方は間違っているということになります。 「頂きたい」の場合も同じで、「~してもらいたい」と自分から相手に伝えるときにのみ、「頂きたい」を使うことができます。 「頂きたい」は文書でも口頭でも使える言葉 「頂きたい」という敬語は、文書でも口頭でも使うことができます。 ただし、「~してほしい」とお願いすることは、言う側にとって気が引けるというだけではなく、相手に時間や手間を取らせてしまうことでもあります。 「頂きたい」と何かをお願いするときには、「頂きたい」に別の言葉や敬語表現を加えたり、「お忙しいところ恐縮ですが」のようなクッション言葉を使ったりして、より柔らかい文章で表現できるよう努めましょう。 メールでの使い方 これから、「頂きたい」を敬語で使うときの例文をいくつかご紹介します。 どのフレーズも、特にビジネスシーンでは見かけることが多い文章ですが、正しく使いこなすには意味をきちんと理解しなければいけません。 例文を見ながら、「頂きたい」の使い方の雰囲気を掴み、敬語表現するときの意味をしっかり覚えていきましょう。 頂きたいと存じます 「存じます」とは、「思う」の謙譲語「存じる」に、丁寧語の「ます」が付いた敬語表現です。 そのため、「頂きたいと存じます」は「してほしいと思います」という意味の敬語表現になります。 「頂きたいと存じます」という敬語表現は、社外宛ての文書やメールでの使用が適切です。 たとえば、「恐れ入りますが、出欠票をご返信頂きたいと存じます」のように使いましょう。 頂きたいと思います 「頂きたいと思います」は、「頂きたいと存じます」と同じ意味の敬語表現です。 ただし、「思います」の部分が謙譲語ではなく丁寧語なので、社外の人よりは、社内の上司や先輩などに対して使うのが適切といえます。 頂きたい次第です 「次第です」とは、事情や成り行きといった意味の言葉です。 そのため「頂きたい次第です」は、「Aという事情があったため、Bをお願いしたいです」という意味の内容を伝えるときに使います。 「(事情Aの説明)。 つきましては、Bを(して)頂きたい次第です。 」のように表現しましょう。 事情を説明せずに「頂きたい次第です」を使うのは不自然なので、注意してください。 「頂きたい」という言葉は、相手に何かをしてもらいたいときに使います。 そのため、「頂きたい」を使った文章では、要求などを柔らかく丁寧に伝える効果がある「クッション言葉」を上手に活用することが重要です。 これから、「頂きたい」におすすめのクッション言葉をいくつかご紹介します。 「頂きたい」に直接結びつけて使ったり、「頂きたい」のメールや文書の結びの挨拶に使用したりして、少しでも優しい印象の文章にできるよう心がけましょう。 お忙しいところ恐れ入りますが 「お忙しいところ恐れ入りますが」は、社外メールや、社内の目上の人にも使えるクッション言葉です。 「頂きたい」と一緒によく使われるクッション言葉でもあります。 「恐れ入ります」には、「申し訳ございません」という意味とともに、「ありがとう」というニュアンスも含まれています。 また、「恐れ入りますが」は同じ意味の言葉である「恐縮ですが」に置き換えることもできます。 相手がとても忙しいことが分かっている場合は、「大変」を付けて「お忙しいところ大変恐れ入りますが(恐縮ですが)」と表現するなど、謝罪や感謝の気持ちを一層強く相手に伝えましょう。 ご多忙中のところ誠に恐縮ですが 「ご多忙中のところ(誠に)恐縮ですが」というクッション言葉も、ビジネスシーンでよく使われる敬語表現です。 意味は「お忙しいところ恐れ入りますが」と同じですが、より丁寧な表現なので、社内よりも社外宛てのメール・文書に向いている敬語だといえます。 恐れ入りますが お手数をおかけいたしますが 「お手数をおかけいたしますが」は、「ご面倒をおかけしてすみませんが」という意味のクッション言葉です。 「頂きたい」と相手にお願いすることは、相手に面倒をかけてしまうことでもあります。 面倒をかけることに対して、直接謝罪と感謝の気持ちを表すことができるのが、「お手数をおかけいたしますが」という敬語表現です。 「お手数をおかけいたしますが」は「お手数をおかけしますが」という丁寧語に言い換えることで、堅苦しさがなくなり、社内の先輩や同僚に対して、またビジネス関係以外の相手に対しても使える敬語になります。 すみませんが 日常生活でもよく使われる「すみませんが」も、クッション言葉のひとつです。 「恐れ入りますが」などとは違い、「すみませんが」という敬語自体には、感謝の気持ちを表すニュアンスはありません。 また、「すみませんが」は文書には向かない敬語です。 社内の先輩や同僚宛てのメールであれば使うこともできますが、社外宛のメールで「すみませんが」を使うのは不適切なので、気をつけましょう。 「頂きたい」の別の敬語表現例 「頂きたい」には、類語の敬語表現もいくつかあります。 しかし、目上の人への使用が適切ではない敬語表現もあるため、あわせて確認しましょう。 してほしいです(してもらいたいです) 「してほしいです(してもらいたいです)」は、「頂きたい」を直接的に表現した敬語です。 「してほしいです」や「してもらいたいです」の敬語の種類は丁寧語であり、相手に敬意を表す意味は含まれていません。 そのため「してほしいです(してもらいたいです)」という敬語を使える相手は、ビジネスシーンでは同僚や部下、日常生活でも自分と同じくらいかそれより下の立場の人に限られます。 社外の人や目上の人に「してほしいです(してもらいたいです)」を使うと失礼になってしまうので、注意してください。 頂けないでしょうか 「頂けないでしょうか」は、「頂きたい」よりも相手に許可を求めるニュアンスが強い言葉です。 「頂きたいと存じます」や「頂きたい次第です」などは、伝えた時点で相手に何かをしてもらうことがほぼ決まっているのに対し、「頂けないでしょうか」は、「良いですよ」という相手の返事(同意)があって初めて、要求が叶うことになります。 して頂けると助かります 「して頂けると助かります」は、相手に何かをしてもらった結果、こちらがどういう状態になるかまで盛り込んだフレーズです。 しかし、「助かります」には目上の人から目下の人に対するニュアンスが強いため、使いどころが難しいフレーズでもあります。 「してもらえると助かります」のように敬語のレベルを少し下げ、同僚や部下、日常生活では自分と同じくらいかそれより下の立場の人に対して使うのが適切でしょう。 「頂きたい」でやりとりを円滑に!.

次の

お願いするときの敬語表現|ビジネスと日常・間違いやすい敬語表現

してもらいたい 敬語

~してもらっていいですか?と言われても言葉に困るという人も多いものです 次のような言葉はよく耳にしますし、自分でも使っているという人も多いのではないかと思われますが、言われたほうは実は何だか気になる、不快、押しつけがましい……などと感じることも多いと聞きます。 1「こちらにお名前を書いてもらってもいいですか?」 2「こちらにお名前を書いていただいてもよろしいですか?」 1と2は、公共機関の窓口や受付などでよく耳にします。 これはいずれも相手にその行為をしてもらおうとする場合に、婉曲に表現することによって配慮を表しているととらえることはできます。 「~してもらってもいいかどうか」と、相手に伺う、相手の判断や許可をあおぐような言い方をすることにより、相手への配慮を表すというわけです。 日常生活で 「ちょっと貸してもらってもいい?」というのに同じく、「書いてもらっていいですか」「書いていただいてよろしいですか」ということで敬語表現に言い換えているという点では、言葉遣いとして間違いというものではないでしょう。 しかし、実際にはたとえ2のように言われても、何だか不自然だと感じたり、適切でない言葉に響くといわれるのはなぜかと考えると、次のような点が原因なのではないかと思われます。 「~してもらってもいいですか」違和感や不快感を与える理由とは? 「お名前を書いていただいてもよろしいですか」以外にも、「こちらに印鑑を押していただいてもよろしいですか」「カードを入れていただいてもよろしいですか」なども同じような例として挙げられます。 この言葉が使われている場面を考えると、これらは、名前を書いても書かなくてもいいわけではなく、カードも入れても入れなくてもいいわけでない。 どちらもそうしてと依頼しているわけですね。 もっといえば、特に制限をもうけず任意でというのではなく、そうしてもらわなければならず、相手に選べる余地はないのです。 そのような点から考えて「~してもらっていいですか」と許可を求めるのもおかしいと感じるのも理由のひとつのようです。 また、もうひとつは「~してもらう」というのは、相手に何らかの手間を掛けるとうことですから、きちんとお願いの気持ちをこめた言葉を用いるべきだという点でしょう。 それらの理由から、もっと適切な言葉に言い換えるばらば、次のような言い方ができるでしょう。 「こちらにお名前を書いてもらってもいいですか」の言い換え例文 「お手数お掛けしますが(ご面倒をお掛けしますが)こちらにお名前をお書きいただけますか」「こちらにご署名願います」……と、言い換えることができます。 また、「こちらにカード入れてもらっていいですか」も言い換えるならば、「恐れ入りますが、こちらにカードをお入れいただけますか」「こちらの機械にカードを差し込んでいただけますか」「こちらにカードをお入れください」……などの言い方ができます。 ほかにも、「デジカメのシャッター押してもらってもいいですか(旅行先で)」「もう少し上にあがってもらってもいいですか(美容院で)」「これ渡してもらってもいいですか(会社で)」など、挙げたらきりがないほど「~してもらってもいいですか?」という言葉はあふれています。 しかし、どれもみな選べるものでも断れるものでもない雰囲気が漂っています。 相手に依頼する言葉も色々ですが、場面に応じて適切な言葉を使い分けるのも相手を不愉快にさせない心配りですね。 【関連記事】•

次の

「ご連絡ください」は間違い?連絡をお願いする際の敬語と例文集

してもらいたい 敬語

ビジネスシーンでは、相手に何かを欲求する、何かが欲しい時に、どのような敬語を使うのが正しいのでしょうか。 欲求を意味する言葉の使い方は、非常に奥が深いとされています。 ターゲットとなる「欲しい」と思えるものが、自分なのか他者なのかにより、その使い方は違ってきます。 そもそも、敬語の中でも主人公が誰なのかを知っておくのが大切でしょう。 謙譲語は自分の動作に対して、相手にへりくだる時に使われ、尊敬語は相手に対して使われています。 「欲しい」のビジネスシーンでの使いわけは主に2つ ビジネスシーンでは、「欲しい」「もらう」「受け取る」などのやり取りが頻繁に発生しています。 その中でも、動作の対象が上司や顧客である場合や、部下や同僚など階級別に使い分けておくことが、社会人としてのマナーと言えるでしょう。 ここでは、敬語の中でも、自分自身が欲しいものがある時に使う謙譲語と、相手が欲しいものに対する尊敬語の2つに分けて検証してみましょう。 自分が欲しいもの:「頂戴する」 まずは、自分自身を対象にした敬語である、謙譲語をご紹介します。 自分が欲しいものを指して、へりくだって言う時は「頂戴する」、「頂く」と表現します。 例えば、クライアント先へ訪問したときに、お茶を出してくださった際には「頂戴いたします」というのが正しい表現と言えるでしょう。 へりくだることで、欲しいと言う直接的な表現を、柔和させて伝えられます。 相手が欲しいもの:「お受け取りになる」 相手が欲しいものを、「お受け取りになる」など、相手が主人公となる表現を指しています。 単語の頭に「お」を付けておくと成り立つ点から、さらに丁寧な表現になると「お納めになる」等、目上の人に対して使うことも多いとされているのです。 敬語の中でも、尊敬語は比較的迷いやすいものとされていますが、「お」を付けると通じることで判断してみるのをお勧めします。 あくまでも依頼(お願い)なので、大変申し訳ありませんが、と前置きを付けておくことにより、さらに丁寧さが伝わると言えるでしょう。 「欲しい」を敬語にする際は丁寧さが伝わるようにすべき 上述のとおり、ビジネスシーンでの「欲しい」に関する敬語をご案内しましたが、自分を良く見せようとするあまり、変な敬語になってしまう時もあるでしょうか。 そんな時は、間違ってもいいので、尊敬心や敬意がきちんと相手に伝わればヨシとすることを、自分自身の中で折り合いをつけておくことをお勧めします。 後で、変な日本語でなった事に気が付いたら、「失礼いたしました」の一言で、その場がとても明るくなることは間違いないと言えるでしょう。 「欲しい」対象が自分か相手かで「頂戴する」「お受け取りになる」など敬語が違ってくる ビジネスシーンでは周りの人間関係を良好に保っていくために、正しい敬語を使うことをお勧めします。 特に、何かを欲する時には、欲しいと思う対象が自分か相手なのかで、尊敬語や謙譲語に分けて使うことが出来ます。 目上の人やお客様には、特に気を付けて使いたいところですが、正しい日本語が使えなくても、敬意を払うべく立ち居振る舞いを、兼ね備えておくことが大切です。

次の