坂本 九 飛行機 事故。 坂本九の死因は日航機墜落による事故死!遺体や遺書など謎が多い真相を徹底調査

日航機墜落事故の真相!『幻のトロンOS』に対する陰謀とは?

坂本 九 飛行機 事故

柏木由紀子のオーラ診断 いつも搭乗している航空会社の飛行機の予約がどうしてもとれない。 泣く泣く別の航空会社の飛行機に乗ることにしたのですが、数時間後、信じられない事故が耳に届きます。 そして、亡旦那が今日伝える愛のメッセージ。 どうぞ、ごゆっくりとご覧くださいませ。 プロフィール 生年月日 1947年12月24日 出生地 東京都世田谷区 本 名 大島由紀子(おおしまゆきこ) 血液型 A型 学 歴 玉川学園短期大学卒業 事務所 坂本九音楽事務所 スピリチュアルチェック 〇 苦手なものなんですか? 「夕方です」 〇 心惹かれる街はありますか? 「プラハです」 〇 今、怯えています。 どこにいますか? 「船の上、海の真ん中です」 〇 常に持ち歩いているものは? 「主人がしていた笠間稲荷のペンダントです」 怯える場所「船の上」 柏木がこの事についてこう言います。 「泳げないのもありますが、水が嫌い。 水辺も嫌で夜はもっと嫌ですね。 明るい所がとっても好きです」 夕方が苦手 柏木がこの事についてこう言います。 「夕方は夕日もあって素敵なんですけど、何か寂しいものを感じてしまいます。 ですので苦手ですね」 この事を聞いた江原がこんな事を言います。 「実は、私も何故か夕方が苦手なんですよ」 霊感 ここで国分が霊感のことについて尋ねます。 すると、柏木が旦那、坂本九の飛行機事故の事を語りだします。 「子供2人と一緒にデパートに出掛けた時のことです。 いつも出掛ける時と全然違っていて、空を見上げこう言いました『今日の飛行機、いやだな~』って。 この事を聞いた江原がこう言います。 「ある種の予感もあるし寿命もあります。 人は誰しも最期があるため、心構えを作っていたのでしょう。 そのことを魂が分かっていました」 オーラの色 柏木のオーラの色は赤(情熱と頑固)と紫(情愛)柏木自身は穏やかな性格の持ち主だが、強さや頑固な性格を持っているため、一度、言い出したら他人の意見は聞かない。 守護霊(補助霊) ここで江原が霊視しこう伝えます。 「守護霊は尼僧です。 補助霊は亡き旦那の坂本九さんです。 」 ここで補助霊の坂本九からのメッセージが届きます。 「昔、貰った宝石箱の中に入る物を買ってもいいよ」 これは、今まで贅沢をしないで過ごしてきた妻の柏木由紀子のために、これからの人生を自由にお洒落を楽しみなさい。 という事だったのです。 そして、この事故でこの世を去った時の事をこう伝えます。 「奥様と子供と離れるのがとっても辛かった。 本当に辛かった。 今まで普通に家族と触れていたことが当たり前だった。 それが、この飛行機墜落事故で一瞬にして無くなってしまった。 」 「本当に辛い。 天国から今でも子供の事をいつも見守っているよ。 君のおかげでここまで子供たちが育ってくれた。 本当に感謝している」 前世 東ヨーロッパの高貴な女性で政治的な問題を抱え逃げていました。 それも川沿いをずーっと旅しながら。 だから水が嫌いなのです。 周りが見えないのが嫌い。 せき立てられるのが苦手。 だから、柏木がチェコのプラハに行くと何故か心が惹かれてしまうのはこのわけからきています。 性格 ここで美輪明宏がこんな事を話し出します。 「由紀子さんの性格は複雑ですね」 この事に柏木はこう返します。 「確かに滅茶苦茶な部分もありますが、デリケートな部分もございます」 これに江原がこう言います 「柏木さんは生まれ変わっている回数が多いです。 色々な経験を積んでおります。 だからその為、人の痛みが分かる方。 これは意識の下で覚えていらっしゃるからです」 魂の年齢 これは魂の年齢と江原は語ります。 そして、こう言います。 「この世での年齢だけではなく、魂にも年齢がございます。 この世で歳をとった人全てが人格者になるわけではありません。 人の痛みが分からない。 それは、その経験が足りていないからになります」 現在 娘2人と家族ユニット「ママエセフィーユ」を結成。 坂本九の楽曲カバーしたのを中心に、坂本九の映像や歌声を使った家族4人(長女・大島花子、次女・舞坂ゆき子)の共演コンサートを全国で活動している。 次は「」.

次の

「上を向いて歩こう」だけではない、歌手・坂本九が遺した偉大な功績…今日は31回目の命日。 【大人のMusic Calendar】

坂本 九 飛行機 事故

坂本九飛行機事故で遺書! あの日、坂本九はなぜ日航機に乗り、飛行機事故にあったのか? 坂本九さんは、 『上を向いて歩こう』や『見上げてごらん夜の星を』など 前向きな応援ソングで人気の歌手で司会などもこなすタレントでした。 『上を向いて歩こう』は『スキヤキ』として、 多くの外国人歌手にカバーされており、 この『スキヤキ』を通じて日本の歌や日本が好きになったという 外国人も多くいますよね。 私も大好きな歌です。 そんな坂本九さんは、34年前の飛行機事故で亡くなりました。 享年43歳。 小学生の娘を二人持つ、幸せいっぱいの家庭の大黒柱でした。 飛行機事故が起きたのは1985年8月12日。 世間は夏休みでお盆間近。 しかし売れっ子の坂本九さんは仕事で過密スケジュールをこなしていました。 前日の8月11日夜に『クイズクロス5』(テレビ新広島)の収録のため広島入りし、 翌12日に同番組の収録(同年8月16日放送分)を行っています。 翌日の13日は、元マネージャーが選挙に立候補するため 事務所を開設。 その応援をかねて車で大阪に入る予定でした。 『歌謡スペシャル』(NHK-FM放送)の司会を、 夏休み休暇中のうつみ宮土理の代役を務めるために 急遽一旦東京に戻ります。 そして、『歌謡スペシャル 秋一番!坂本九』の収録を無事に終えてから 前述の選挙応援(事務所開設立ち合い)に参加するために 東京から大阪入りしたのです。 あまり知られていませんが、坂本九さんは 飛行機の移動は『全日空』を指名していたようです。 当時の日本航空は事故が多く、それを嫌ったためと言われています。 マネージャーや家族などはそれを知っているため 飛行機チケット手配は、全日空に統一していたようですが、 事故を起こした飛行機のチケットを手配したのは、 元マネージャーの側近だったといいます。 お気に入りの全日空は満席だったため、 仕方なく日本航空の飛行機チケットになったとも言われていますが お盆時期にあたる飛行機ですから、いちばん 改めて大阪入りするため、 事故を起こした飛行機(日航機)に搭乗したのです 坂本九さんは、仕事のため、全国各地を飛び回る歌手でしたが 飛行機での移動の際は、全日空を好み、日本航空は利用していなかったようです。 しかし、事故当日は、夏休み中でしかもお盆休み前の 一番の繁忙期。 急遽の飛行機チケット手配となったため、好みの全日空チケットが取れず、 日本航空のチケット手配となりました。 チケットを取ったのは、坂本九さんの元マネージャーの側近でした。 坂本九さんは、元マネージャーが選挙に立候補するため、 その事務所開設が13日に行われるため、大阪入りしたようです。 そのため、この元マネージャーが繁忙期に折角取ってくれたチケットが いつも愛用する全日空ではなかったものの、文句を言わずに搭乗したようです。 遺書は? 身元判別が難しいほど、遺体の損傷が激しかった飛行機事故。 奇跡的に遺書を残せた犠牲者たちもいますが、 坂本九さんは遺書がなかったようです。 いつも通り、仕事をこなし、元マネージャーの晴れの日を 見届けようと仕事の合間を縫って、乗った飛行機がまさか事故にあうとは 想像してもいなかったでしょう。 身元判別が困難なほど、遺体はひどく損傷していました。 坂本九さんの場合は ・常時着用していた笠間稲荷のペンダント ・首の太さ が身元確認の決め手になったとされています。 戦争中1歳だった幼少期、疎開先で乗り合わせた列車が衝突事故に。 列車に乗っていたのは幼い坂本九さん(坂本九さんは9人兄弟の9番目と言われています)と母親。 列車の衝突が激しく多くの犠牲者を出した車両に 母親と坂本九さんは乗っていましたが、 運よく、事故直前に別の車両に移動したため 事故の犠牲になることを逃れました。 それ以来、一家は「笠間稲荷神社の神様が自分たちを救ってくれた」と 終生信仰していたと言われています。 妻(嫁)の柏木由紀子さんとの結婚式もこの笠間稲荷神社で挙げています。 スポンサーリンク 身代わり説や明石家さんまとの関係,原因や真相は? 明石家さんまの搭乗予定だった!身代わり説とは この飛行機事故で亡くなったのは有名人だけでも ・坂本九(歌手) ・北原遥子(女優・元宝塚歌劇団雪組娘役) ・石田一雄(阪神電気鉄道常務取締役) ・浦上郁夫(ハウス食品工業(現・ハウス食品グループ本社)代表取締役社長) ・塚原仲晃(医学博士・大阪大学基礎工学部教授) ・辻昌憲(元自転車競技選手・シマノレーシング監督) ・竹下元章(元広島カープ捕手、指月電機製作所社員) ・石野喜一(神栄石野証券代表取締役社長) ・藤島克彦(コピーライター) ・緋本こりん(同人漫画家) ・山本幸男(ミサワホーム専務取締役) ・和田浩太郎(美容研究家、ミス日本審査員) と挙げればキリがありません。 帰省に利用していた人もいれば、仕事の移動に利用していた人 家族と乗っていた人など本当に多くの人がまさか事故にあうとは思っていなかったでしょう。 実は、明石家さんまさんもこの飛行機に搭乗予定でした。 明石家さんまさんは「オレたちひょうきん族」 フジテレビ の撮影終了後、 「MBSヤングタウン」 MBSラジオ に出演するため 日本航空123便に乗る予定でした。 しかし「オレたちひょうきん族」の収録が早く終わったため、 予定より便を早めて全日空の飛行機に搭乗したのです。 この飛行機には、明石家さんまさん同様、急なスケジュール変更で 搭乗予定が変わった飛行機利用者も多くいたでしょう。 《日航機123便に搭乗予定だったとされる人々》麻実れい(女優) 逸見政孝(フジテレビアナウンサー)とその家族 稲川淳二(タレント) 久万俊二郎(阪神電気鉄道社長・阪神タイガーズオーナー) 佐々木正(電気工学技術者、シャープ副社長) 木戸克彦(阪神タイガース選手)の妻 勝谷誠彦(コラムニスト) 笑点メンバー(五代目三遊亭圓楽・桂歌丸・林家木久扇・林家こん平・三遊亭小遊三・六代目三遊亭圓楽・桂才賀・山田隆夫) そういった人の入れ替わりがあった繁忙期の飛行機を考えると 坂本九さんが乗らなかったら、誰か他の人が乗っていたでしょう。 しかし、そういったことを身代わりという表現をするのは 適切ではありませんね。 原因や真相は? 坂本九さんの遺体が発見されたのは事故から99時間後。 『九ちゃん(きゅうちゃん)』と呼ばれて愛された坂本九さんの名前と 数字の一致がファンの涙を誘いました。 事故翌日には、坂本九さんが出演した(事前収録の) フジテレビ『なるほど! ザ・ワールド』200回記念が放送されました。 この時点では坂本九さんの安否はまだ分かっていませんでした。 テレビ局は、予定通りに放送をすると判断し 番組の最後に「坂本九さんの無事をお祈りします」 というコメントを出しました。 妻(嫁)の柏木由紀子さんは、生存を祈っていると 記者会見も行いました。 520名の犠牲者を出した 飛行機事故の原因や真相は様々言われていますが、 飛行機の整備不良と言われています。 8日の『シンソウ坂上』では、その辺も放送されると思います。 犠牲者のご冥福を心よりお祈りいたします。 最後までお読みいただきありがとうございます。

次の

「あんなの人間の遺体やない!」日航機事故で娘3人を失った夫妻の怒り(西村 匡史)

坂本 九 飛行機 事故

左から)舞子さん、花子さん、柏木由紀子、坂上忍 坂本は、エルビス・プレスリーに憧れ歌手を目指し、1959年17歳でデビュー。 『見上げてごらん夜の星を』、『明日があるさ』、『幸せなら手をたたこう』などヒット曲を連発。 中でも最大のヒット曲となった1961年の『上を向いて歩こう』は国内のみならず、全米音楽ヒットチャート誌「ビルボード」で3週連続1位を獲得、日本人初の快挙を成し遂げた。 その後も世界中(およそ70カ国)で販売され、累計1,300万枚以上のセールスを記録した。 坂本と共演した過去があり、自身も『上を向いて歩こう』をカバーしたことのある南こうせつは、坂本の歌声がなぜ世界中から愛されたのかを解説する。 坂本の自宅を訪問した坂上は、妻の由紀子さんと二人の娘(花子さん、舞子さん)に迎えられる。 坂本の死が確認されると、芸能人たちも追悼。 中でも事故から9日後に、坂本の後輩にあたる森進一が『夜のヒットスタジオ DELUXE』(1985年8月21日放送)に出演し、涙ながらに『見上げてごらん夜の星を』を熱唱する姿など、貴重な映像も公開する。 事故当日の坂本九の「不可解」な行動の真相とは!? 左から)小峠英二、坂上忍、三田寛子 また坂上のインタビューによって、家族から見て「不可解」だったという坂本の行動も明かされる。 事故当日の朝、空を見上げながら坂本が舞子さんに語った予言のような言葉とは!?そして、坂本が自宅を出る際、由紀子さんに最後に見せた生前最後の表情とは!?飛行機に乗る前に行ったラジオの公開収録で、当初予定になかった歌を歌ったのはなぜなのか!?番組では坂本が羽田空港に向かう直前に収録されたこのラジオ番組の貴重な音源を公開。 それまでメディアでは披露したことのない『心の瞳』というこの曲は坂本が最後に残した歌声となったが、その後日本中に広がり、悲しみに暮れる家族たちを救うことになるまでの軌跡を紹介する。 さらに、番組では、坂本が由紀子さんに渡した直筆のメモや、プライベート旅行の様子を収めたホームビデオをはじめとした貴重な遺品を特別に公開。 また、由紀子さんが語る坂本とのなれそめや、自宅で夫婦だけで行っていた歌手ならではの遊びを公開。 さらに二人の娘が語る自宅での父親・坂本九のエピソードをもとに、素顔に迫っていく。

次の