ハクビシンのフン 画像。 ハクビシンのふんのにおい、大きさなどその特徴について

ハクビシン駆除に有効な6つの方法

ハクビシンのフン 画像

ハクビシンによる農作物への被害は増加している 少し前のデータになりますが、平成18年度の農林水産省の調査資料によると、年間の農作物への被害金額は、平成18年度で2憶3千万円にも上り、この時点で アライグマやタヌキよりも農作物の被害額の多い害獣となっています。 この調査自体10年以上前の物で、現在ではこの増加の流れから言ってもさらに被害額は多くなっていることが予想できます。 上のグラフは、ハクビシンの全国の捕獲数の推移です。 平成6年度からハクビシンは狩猟鳥獣に指定され、それ以降狩猟での捕獲数がグラフに表示されていますが、狩猟での捕獲数は各年度別に見ても大きな変化はありません。 しかし、有害鳥獣捕獲数は平成13年度頃まで、年間平均150~300頭で推移していたのが、 平成14年度から一気に増えていることからも、都市部などでの繁殖による増加が問題になってきていることが分かりますね。 ハクビシンの詳しい生態については「」でご紹介しましたが、出産までのサイクルが短く繁殖力が強いので、どんどん数が増えて問題になっています。 確かに、農家さん自身もハクビシンの事をよくわかっていないで、よく見かけるタヌキやイタチと勘違いしている人も多いのが実情なんじゃよ 痕跡から見るハクビシン被害の見分け方 ハクビシンによる農作物への被害を減らすためにも、農作物に被害を与えている害獣がハクビシンなのかタヌキなのかをしっかり見分けられている必要があります。 実際に農家さん自身も、作物を荒らしているのが何の害獣なのかわかっていないことも多く、適切な対策がとれていないことが原因で食害を食い止められていない例も多いのです。 ハクビシンによる食害の特徴を整理しましょう! 1.足跡を見て判別する!ハクビシンの足の指は何本? ハクビシンの手足の指は 5本です。 実際のは検索してみると分かりやすいですよ。 農作物に被害を及ぼすその他の動物の足跡で、よく混同されやすいものを比較すると 【ハクビシンの足跡】• 足の指は 「5本」• 前足の方が後ろ足に比べ小さい 【アライグマの足跡】• 足の指は 「5本」• 前足の方が後ろ足に比べ小さい• 足跡は、指と掌がつながっている 【タヌキの足跡】• 足の指は 「4本」• 前後の足の大きさに大きな差はない 【アナグマの足跡】• 足の指は 「5本」• 前後の足の大きさに大きな差はない• 掌の面積が小さく、指がまっすぐ一列に並んでいる 畑に残る足跡なら見分けやすいと思うぞい。 屋根や塀の足跡でも、ネコ 指が4本 かハクビシンの可能性が高いので、見分けも付きやすいじゃろう 2.食べた痕跡で判断をする! 足跡が見つからない場合は、食べた痕跡で判断をしましょう! 特にわかりやすいのが 「とうもろこし」です。 ハクビシンが食べたトウモロコシは、 茎が斜めに折れ完全には横倒しにならないのが特徴です。 中途半端に横に倒されたとうもろこしがあればハクビシンの仕業でしょう。 一方で、 タヌキやアライグマは 「完全に茎を倒して」食べます。 その時に 手を使って起用に皮を剥いて実を全て食べるのが アライグマで、 かぶりつくように食べますが土の付いた部分は食べずに残すのが タヌキの特徴です。 上の写真は我が家のトウモロコシ畑が荒らされた時の物ですが、完全に茎を倒して食い散らかしているのがわかりますよね? ハクビシンなら茎は倒れないし、アライグマならもっときれいに食べるので、この犯人は「タヌキ」です。 詳しくは下記記事もご覧ください。

次の

巣・糞の除去

ハクビシンのフン 画像

ハクビシンによる農作物への被害は増加している 少し前のデータになりますが、平成18年度の農林水産省の調査資料によると、年間の農作物への被害金額は、平成18年度で2憶3千万円にも上り、この時点で アライグマやタヌキよりも農作物の被害額の多い害獣となっています。 この調査自体10年以上前の物で、現在ではこの増加の流れから言ってもさらに被害額は多くなっていることが予想できます。 上のグラフは、ハクビシンの全国の捕獲数の推移です。 平成6年度からハクビシンは狩猟鳥獣に指定され、それ以降狩猟での捕獲数がグラフに表示されていますが、狩猟での捕獲数は各年度別に見ても大きな変化はありません。 しかし、有害鳥獣捕獲数は平成13年度頃まで、年間平均150~300頭で推移していたのが、 平成14年度から一気に増えていることからも、都市部などでの繁殖による増加が問題になってきていることが分かりますね。 ハクビシンの詳しい生態については「」でご紹介しましたが、出産までのサイクルが短く繁殖力が強いので、どんどん数が増えて問題になっています。 確かに、農家さん自身もハクビシンの事をよくわかっていないで、よく見かけるタヌキやイタチと勘違いしている人も多いのが実情なんじゃよ 痕跡から見るハクビシン被害の見分け方 ハクビシンによる農作物への被害を減らすためにも、農作物に被害を与えている害獣がハクビシンなのかタヌキなのかをしっかり見分けられている必要があります。 実際に農家さん自身も、作物を荒らしているのが何の害獣なのかわかっていないことも多く、適切な対策がとれていないことが原因で食害を食い止められていない例も多いのです。 ハクビシンによる食害の特徴を整理しましょう! 1.足跡を見て判別する!ハクビシンの足の指は何本? ハクビシンの手足の指は 5本です。 実際のは検索してみると分かりやすいですよ。 農作物に被害を及ぼすその他の動物の足跡で、よく混同されやすいものを比較すると 【ハクビシンの足跡】• 足の指は 「5本」• 前足の方が後ろ足に比べ小さい 【アライグマの足跡】• 足の指は 「5本」• 前足の方が後ろ足に比べ小さい• 足跡は、指と掌がつながっている 【タヌキの足跡】• 足の指は 「4本」• 前後の足の大きさに大きな差はない 【アナグマの足跡】• 足の指は 「5本」• 前後の足の大きさに大きな差はない• 掌の面積が小さく、指がまっすぐ一列に並んでいる 畑に残る足跡なら見分けやすいと思うぞい。 屋根や塀の足跡でも、ネコ 指が4本 かハクビシンの可能性が高いので、見分けも付きやすいじゃろう 2.食べた痕跡で判断をする! 足跡が見つからない場合は、食べた痕跡で判断をしましょう! 特にわかりやすいのが 「とうもろこし」です。 ハクビシンが食べたトウモロコシは、 茎が斜めに折れ完全には横倒しにならないのが特徴です。 中途半端に横に倒されたとうもろこしがあればハクビシンの仕業でしょう。 一方で、 タヌキやアライグマは 「完全に茎を倒して」食べます。 その時に 手を使って起用に皮を剥いて実を全て食べるのが アライグマで、 かぶりつくように食べますが土の付いた部分は食べずに残すのが タヌキの特徴です。 上の写真は我が家のトウモロコシ畑が荒らされた時の物ですが、完全に茎を倒して食い散らかしているのがわかりますよね? ハクビシンなら茎は倒れないし、アライグマならもっときれいに食べるので、この犯人は「タヌキ」です。 詳しくは下記記事もご覧ください。

次の

ハクビシン駆除に有効な6つの方法

ハクビシンのフン 画像

たぬきの特徴!何を食べてどこに住んでいるの? まずは、たぬきの特徴について解説していきましょう。 日本ではポピュラーな動物であるたぬきですが、普段は何を食べて暮らしているのでしょうか。 たぬきの習性 日本全国に生息しているたぬきは、主に森林で暮らしている動物となります。 ですが森林伐採により住処やエサが少なくなった近年では、残飯などのエサを求めて住宅地に姿を表すこともあるそうです。 たぬきは警戒心が強く臆病な性格をしており、驚いただけで一時的に気を失ってしまうほどです。 ですが、そうして気絶することによって天敵をやり過ごすとされており、「たぬき寝入り」という言葉もこうしたたぬきの性質が元となっているのです。 たぬきは普段何を食べる? たぬきは雑食性の動物で、果実や野菜はもちろんのこと、カエルやミミズにネズミといった小動物も捕食するとされています。 また、魚介類や鳥も捕食対象であり、本当にいろいろなものを食べてしまうのです。 このように非常にさまざまなものを食べる食性なので、たぬきのふんには動物の骨や鳥の羽、昆虫の足に植物の種子など、いろいろなものが混ざっています。 そのため、たぬきのふんはとても臭いことで有名なのです。 たぬきの習性「ためふん」とは? かわいらしい見た目から人に害を加えるイメージの薄いたぬきですが、じつは人の生活に悪影響を与える害獣の1種なのです。 なかでも、「ためふん」がもたらす被害は大きいとされています。 ためふんとは? たぬきは決まった場所に何度もふんをする「ためふん」という習性があります。 ただでさえ臭いたぬきのふんが何個も集まるわけですから、ためふんの臭いは非常に不快なものになってしいるでしょう。 たぬきがためふんの習性を持っているのは、ためふんの臭いや位置でほかのたぬきに自分の健康状態やエサ場などの情報を伝えるためといわれています。 また、ためふんは1種のマーキング行為でもあり、エサを巡って争うハクビシンなどの動物に自分の存在を知らしめるという役割もあります。 ためふんの弊害 先ほどもいった通り、たぬきのふんは非常に臭いので、ふんが集まっていると極めて強い悪臭を放ちます。 ですので、畑や家の天井裏などにためふんをされると、その畑や家にいる人たちは悪臭に悩まされることになってしまうでしょう。 もし天井裏にためふんを作られるとより厄介です。 ためふんによって悪臭が家全体に広がるだけでなく、ふんが天井に染み込むことでしみができたり腐ったりして、最悪の場合腐食した天井が崩れてくることさえあるのです。 なお、たぬきだけでなくイタチやハクビシンも、同じ場所に何度もふんをする習性があります。 ふんの形や臭いはそれぞれ異なりますが、天井裏に大きな被害を与えるのは同じなので、見つけたら一刻も早く取り除くべきでしょう。 いろいろな動物のふんの特徴 家屋に侵入して天井裏などに棲みつく動物は何種類もいます。 どの動物が棲みついているかの判断は、ふんの違いから見分けることもできます。 ここでは家屋に棲みつくたぬきなどの動物が出すふんの特徴を紹介していきます。 ・たぬき たぬきのふんは約2~3cmだとされており、丸っこくて黒い形をしています。 ただし、ためくそによってふん同士が混ざり、約5cmにまでなっている場合もあるそうです。 食べた虫の欠片や果実の種が混ざっている場合があり、臭いも非常に強烈です。 ・ネズミ ネズミのふんは小さくてポロポロと乾燥しているのが全体的な特徴です。 ネズミはその種類によっては形状やサイズも変わってくるため、種類ごとに特徴を把握しておくようにしましょう。 ・クマネズミ:約1cm前後の細長いふん ・ドブネズミ:約1cm以上の丸くて太いふん ・ハツカネズミ:約0. 5cm前後の小さい、先のとがったふん ・コウモリ コウモリのふんは約0. 5~1cmの細長い形をしており、ネズミのふんとよく似ています。 コウモリは昆虫を主食としますので、ふんはパサパサしていて昆虫の足や胴体などが入っています。 ネズミのふんと見分ける際には、昆虫の欠片が混入しているかどうかがカギとなるでしょう。 ・イタチ イタチのふんの大きさは個体差がありバラバラです。 両端の先は細長くてねじれており、独特な強烈な臭いを発するのが大きな特徴です。 また、イタチも同じ場所にふんをする習性があるとされています。 ・ハクビシン ハクビシンのふんは約5~15cmの丸くて長いです。 果物が主食のため、果物の種子が多く含まれているという特徴があります。 イタチと同様に一か所に何度もふんをする習性がありますが、ハクビシンのふんはイタチのものと違って甘く生臭いそうです。 ・アライグマ アライグマのふんは約5~18cmの大きさです。 アライグマは雑食性なので、食べているもので色や形が変わります。 アライグマはあまり咀嚼しないので、動物の骨や昆虫の足などが残っていることが特徴です。 たぬきがもたらす被害はためふんだけではない 野生のたぬきが引き起こす被害は、なにもためふんによるものだけではありません。 森林伐採などによって住処を追われ、人間の居住区にもエサを求めてやってくるようになったたぬきは、以下のような害を人間におよぼすのです。 食害 たぬきはさまざまなものを食べるため、畑で栽培されている野菜からごみ袋の中に入った残飯まで、人間の生活の中にあるさまざまな食物をエサにしてしまうのです。 特に農家の場合は、野菜を食べられてしまうので堪ったものではないでしょう。 また、運が悪いとたぬきがためふんをしていく場合があります。 そうなるとほかの個体も寄ってくるので、食害がより悪化する可能性があるでしょう。 ほかにも、たぬきが学校や民家の庭に侵入して、飼育している鯉や鶏などを食べてしまう事例もあります。 騒音被害 たぬきは木登りが得意なため、屋根から天井裏などに侵入してくる場合があります。 侵入するだけならまだいいのですが、そこに棲みつかれて繁殖でもされてしまうと、騒音などの被害に苦しめられることとなります。 夜行性であるたぬきは寝静まっている時間帯にドタドタと足音を鳴らすため、睡眠が阻害されるおそれがあるでしょう。 また、天井裏に棲みついたたぬきがためふんをして、屋内に悪臭が充満するおそれもあるのです。 病気に罹るリスクも 野生のたぬきには「ヒゼンダニ」というダニが寄生しているときがあります。 このダニが人間に寄生すると、「疥癬(かいせん)」という皮膚病を引き起こしてしまうのです。 疥癬はヒゼンダニが皮膚で増殖する病で、ひどいときには数百万ものヒゼンダニが繁殖して皮膚がボロボロになってしまう場合があります。 野生のたぬきの体にはさまざまな病原菌が付着しており、素手で触ったり噛まれたりすると、疥癬以外にも感染症を発症するおそれがあります。 ですので、もし野生のたぬきを見かけても、決して素手で触らないようにしましょう。 たぬきのふん害を防ぐためにできる対策 たぬきのふん害を防ぐためには、たぬきの棲みやすい環境を作らないことが大切です。 そのために以下のようなことを普段から心がけるようにしましょう。 防獣ネットでたぬきの侵入を防ぐ たぬきが入ってきそうな箇所に防獣ネットを張っておくことで、たぬきの侵入を未然に防ぐことができるでしょう。 もし防獣ネットを使う場合には、たぬきが入れるような隙間を作らないようしっかり張るのが大切です。 また、雑食性のたぬきは生ごみもエサとして食べるので、生ごみを捨てる場所に防獣ネットをかけておけば、生ごみを漁られるのを防ぐことができます。 たぬきに餌付けをしない 市街地にいる野生のたぬきにエサをあげると、たぬきはエサをもらった場所を餌場だと学習し、ほかの個体を呼び寄せる場合があります。 そうなるとたぬき同士が接触する機会が増え、結果的に繁殖する可能性を増やしてしまいかねません。 腹をすかしたたぬきがかわいそうだと思う気持ちはわかりますが、野生のたぬきの増殖は衛生環境の悪化を招いてしまいます。 ですので、どれだけ動物が好きでも野生の個体にエサを与えるのは控えるようにしましょう。 においを使って追い出す たぬきは嗅覚が発達しており、匂いでエサを探し当てるとされています。 そのため、たぬきが危機感を抱いたり不快感を抱いたりするような匂いを使った対策が有効なのです。 「危機感を抱く匂い」は天敵であるオオカミの尿の匂い、「不快感を抱く匂い」はミント系や木酢液の強い匂いが該当しています。 特にミント系の匂いは害虫対策にもなるので、家にミントの香油や水で薄めた木酢液などを置いておけば、衛生環境の改善にもつながるでしょう。 たぬきを殺すのはダメ!困ったら業者に相談してみましょう。 たぬきはためふんや食害などで私たちに被害を与える厄介な害獣です。 だからといって、害虫のように殺してしまってもいいわけではありません。 もし野生のたぬきを殺してしまうと、大変なことになってしまいます。 たぬきは法で守られています。 たぬきをはじめとした害獣のほとんどは「鳥獣保護管理法」という法律に守られています。 これは生態系を守るために制定されたもので、野生のたぬきを殺したりペットにしたりする行為は禁じられているのです。 そのため、家の中にいるたぬきを駆除しようとする場合、効果的に追い出すしか方法が限られてきます。 ただし、自治体にあらかじめ申請を通しておけば、傷つけないという条件で捕獲が許可される場合があります。 しかし、たぬきは臆病かつ警戒心が強い動物なので、個人で罠をしかけて捕獲するのは非常に難しいといっていいでしょう。 困ったら業者に相談しましょう たぬきは駆除しなければならない害獣ですが、自分で駆除するのはなかなか大変です。 ですので、もしたぬきの被害で困ってしまったら、害獣駆除専門の業者へ駆除を依頼してみるのをおすすめします。 害獣駆除の業者はたぬきの駆除だけでなく、イタチはハクビシンの駆除も取り扱っている場合が多いです。 ですので、もし天井裏から動物の足音がするようであれば、業者に相談してみるのがいいでしょう。 まとめ たぬきのふんだけに限らず、害獣のふんによる被害は毎年数多く起こっています。 とくにたぬきは「ためふん」という習性から、屋根裏に棲みついてしまうと衛生面に大きな被害が及ぶでしょう。 そうならないためにも、たぬきが棲みづらい環境をつくることを心がけるのが大切なのです。 もしすでにたぬきが棲みついてしまった場合は、追い出すという形で駆除するようにしましょう。 とはいえ、たぬきを家から追い出すのは手間がかかるうえに困難な行為です。 もし自力での駆除が難しいのであれば、業者へ駆除の依頼をすることをおすすめします。 屋根裏害獣の駆除を依頼できる業者や料金 依頼できる業者や料金について、詳しくは「」の「」をご覧ください。 (この記事は2018年07月16日に加筆・修正されています).

次の