おかゆ トッピング。 中華粥のレシピ(作り方)

飽きないお粥トッピング15選★その効能で梅雨~夏に負けない身体を

おかゆ トッピング

Contents• そこで、日本人なら誰でも知っている「お粥」に注目してみました。 お粥って病気の時に食べるだけの食べ物ではないのです。 その効能を知ればあなたも驚くはず。 お粥について お粥って日本特有の食べ物?と思ってる方も多いでしょうか。 筆者が20代の頃、長年ペンパルだった台湾人の子に会いに2週間の台湾滞在をした時のこと。 その歴史がちょっと気になりますよね。 お粥の歴史 日本に米が伝わったのは紀元前1世紀の頃で、本格的に米が作られるようになったのは弥生時代。 今のお粥と同じような、土鍋で作る水分が多いものが文献に登場したのは、11世紀ころの様です。 でも日本よりもっともっと昔からお粥が食されていたのはやはり、中国の様です。 その歴史は 3000年以上前からと言います。 お粥の効能 先日、体調を崩して3日ほど寝込んでしまった筆者です。 3日ぶりにやっと起き上がることが出来たので、スポーツ飲料以外のものを口にしようと思って、買い置きしてあったお粥を食べたんです。 その時にす~っとなんだかカラダの中に沁み込んでいく様な感じがして、日本では病気の時に食べる物と言われる意味が分かった様な気がしました。 カラダに優しく入っていくお粥の効能ってどんなものがあるのでしょう。 禅宗の世界の教えで、お粥の 十の 功徳という意味の 「 粥有十利 (しゅうゆうじり)」という言葉があります。 つまり、 お粥の効能十項目という事ですが、具体的には次のようになっています。 そして、胃に優しく消化にいいので便秘改善のときのもおすすめです。 胃腸に良いというのは新陳代謝の活性にもつながるので、 お肌にもいいということになります。 この様なことからお粥は美容と健康の面でもとてもカラダにいい食べ物なんです。 人日の節句と言って、日本の1年で5つある節句の一つです。 その名の通り、七草の入ったお粥を、松の内の最後の日の1月7日の朝に食べるものです。 お正月にたくさん食べて飲んだカラダを、胃腸に優しい七草粥で休めてあげるなんて良く聞きますね。 七草粥の風習は唐の時代からの風習「人日の日」として、七種類の野菜を入れたとろみのある汁物を食べて無病息災を祈るという風習と、日本の昔からある「若菜摘み」の風習からきている様です。 邪気を払って病気が退散するとも言われています。 【材料】1人分 米 1合 チキンスープ 1400ml ねぎ 青い部分 1~2本分 しょうがの薄切or千切り 1枚 鶏の皮 2~3枚 100g 塩 少々 ブラックペッパー 少々 ザーサイ等 適量好みで。 【作り方】 1. お米はよくといで水に30分以上つけてから、ざるにあけて水気をきっておく。。 鶏の皮はさっと湯通しして、食べやすい大きさに切っておく。 圧力鍋or深めの鍋にお米、チキンスープ、ねぎ、しょうが、鶏の皮を入れて火にかける。 クツクツ沸騰したら弱火にしてさらに約10分火にかける。 火をとめて塩で味をととのえる。 器に盛ったら最後に刻んだザーサイを好みで。 鍋で湯を沸かし、沸騰したら牛挽肉を入れてゆでる。 アクはしっかりとりましょう。 米を洗ってから時間があれば30分程水に浸す。 ライスクッカーか、厚みと深さのある鍋に2を入れます。 その鍋の中に水と鶏がらスープを加えて蓋をして中火にかけます。 沸騰して吹きこぼれないように注意します。 沸騰したら、1. の牛挽肉も加えて、弱火でさらに約20~25分炊きます。 油揚げを2cm角程に切って、軽く塩をしてから油度ひかないでフライパンで炒る。 カリカリになったら、キッチンペーパーに乗せて、余分な脂を切る。 これが台湾のお粥で使っている揚げパンの役目とします。 お粥が炊きあがったら火を切って5~10分蒸らして完成。 ピータン(orゆで卵)と油揚げをトッピングして完成。 *ナンプラーは醤油でもOK。 【作り方】 1. お米は軽く洗って水に浸しておく。 茹で玉子を作って縦半分に切っておく。 (半熟卵は常温にした卵を沸騰したお湯に入れて8分茹でるとOK。 ) 3. ベーコン、にんにく、タマネギ、生姜みじん切り。 フライパンにサラダ油大さじ2を熱し、弱火でベーコン、にんにくをカリカリになるように炒める。 炒めたらとりだしておく。 注*ベーコンを入れた後しばらく経ってからにんいくをいれる(焦げやすいため)。 同じフライパンでタマネギと生姜を中火で炒める。 香りが出てから鶏ガラスープ、水をきったお米を入れる。 煮立ってから火は弱火、アクを取りながら煮込む。 注*煮汁が少なくなったら適宜水を加える。 1カップ程度まで。 20分ほど煮てお米が柔らかくなったのを確認して、ナンプラーで味を調整。 トッピング:刻んだ葱、茹で玉子、レモン汁少々かける。 カリカリのベーコン、にんにくを乗せる。 最後にブラックペッパーかけて完成。 沸騰したら、一度こげないように混ぜる。 弱火にしてさらに炊く。 豚肉に塩麹をもみ込み15分くらい置いておく。 (スチームケースがなければ耐熱皿でOK). 出来たお粥に細かく切った高菜漬けを乗せ、3のもやしとお肉を乗せる。 最後に蒸し汁をまわしかけて出来上がり。 鍋に水を入れて手羽先・長ネギの青い部分・タマネギ・にんにく・残りの野菜などと一緒にいれて、30分以上煮込む。 煮込んだスープは笊でこす。 手羽先は骨から肉をとり千切りにする。 にんじん、ニラ、長ネギの白い部分、タマネギはみじん切り。 2の煮込んであったスープにご飯2杯と鶏肉、4の野菜を入れて、弱火でじっくりと混ぜながら煮る。 ご飯粒が柔らかくなったか確認して火を止める。 塩、コショウしてニラを入れよく混ぜる。 粥は器に盛る。 ごま油とすりごまはお好みで入れる。 卵の黄身を真ん中に入れて、すりごまをその上に乗せ手完成。

次の

【みんなが作ってる】 おかゆ トッピングのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

おかゆ トッピング

知って得する「中華粥」情報 よりおいしいスープを作るには? 骨つき肉 骨つき肉からおいしいだしが出ます。 骨つき鶏もも肉のぶつ切りで煮てみましょう。 骨から鶏の身がスッとはずれるくらいになったら、鶏を取り出し、食べやすい大きさに手で裂いてお粥の上にトッピングします。 干し貝柱 干し貝柱(ホタテ貝の貝柱)もよく用いられます。 干し貝柱はきれいに洗ってぬるま湯につけてもどし、ほぐして使います。 戻し汁はいいだしが出ているので捨てないで、スープに使います。 前の晩に水に浸けておいてもいいです。 貝柱の水煮の缶詰 干し貝柱は高いので、ホタテの貝柱の水煮の缶詰を利用する人も多いです。 汁ごと加えます。 インスタントのおいしい中華スープは? ウェイパー ウェイパー(味覇)という調味料が、中華スープの素として売られています。 プロも使うおいしいだしだそうです。 中華粥のよくある質問 レシピに関連したよくある質問の答えです 中華粥の特徴や、日本のお粥との違いは? スープで炊く 日本のお粥は、水だけで炊きますが、中華粥は、鶏や干し貝柱などの スープの旨みで煮込みます。 米粒の原型がなくなる 日本の粥に比べて米が原型を残していないのも特徴。 どの程度まで煮込むかは、地域によって異なりますが、なかでも広東粥は、半分形が無くなる程度まで煮込むことが多い。 中華粥は日本のドロッとしたお粥と違って、サラサラした食感になります。 デンプンが溶け出るのでとろみはつきますが、ゆるくてトロッとしたスープといった感じです。 トッピング 日本は梅干しですが、中華粥はいろいろな具をトッピングしていただきます。 かき混ぜながら煮る 日本の粥の場合は、炊くときにかき混ぜると米が崩れ、粘りが出て味が落ちるので、あまりかき混ぜません。 吹きこぼれない程度の強火で、米が自然に対流するように炊きます。 中華粥の場合は、お米の形が崩れてもいいので、かき混ぜながら煮ます。 米と水の割合は? 中華粥の水分量は、五分粥と同程度。 体積比で 米1に対してスープ10の割合です。 例:米1合は体積180ccなので、水1800cc)1対12の緩い粥を好む人も多いです。 水加減は計って、最初からジャストの分量で煮た方が良いようです。 水分が減ったら適宜足せるので、おかゆの硬さを好みに加減できます。 米を研いだ後、1時間水に浸して水分を充分含ませておくといいでしょう。 米を研いだ後、水浸しないですぐにザルに上げる場合は、水分量をもう少し増やしましょう。 トッピングの具材は何? 中国では、鶏肉、ピータン、豚レバー、揚げパン(油条)、ゴマ、落花生、くこの実、揚げワンタンなどがトッピングされます。 魚の刺身をのせた魚粥もあります。 トッピングを和風にアレンジ ピータンの代わりにゆで卵、豚レバーの代わりに焼き豚、揚げパンの代わりに油揚げ、揚げワンタンの代わりにコーンフレーク、ザーサイの代わりに高菜漬けなどで代用できます。 揚げワンタンの作り方は? ワンタンの皮を半分に切り、さらに1cm幅に切る。 180度の油でカラッと揚げる。 薬味は? ネギ、生姜、香草(パクチー) 定番の付け合わせ(トッピング)は? 揚げパン(油条) 油条とは 中国の家庭で日常的に食べられている揚げパンのことを、 油条 北京語でヨウティアオ といいます。 小麦粉を練って油で揚げたもので、細長くねじれた形をしています。 味は付いておらず、皮はサクサクと軽く、中はモチモチとしてコシのある食感が特徴。 朝食の定番の具で、温かい 豆乳に浸して食べます。 油のコクがあるので、あっさりした粥にちぎって入れて食べます。 中華粥も朝ごはんの定番メニューのひとつ。 実際マロンの知り合いの中国人の方は、横浜中華街で毎朝中華粥を食べて一日を始めておられます。 花を咲かすとは? 米粒の原型がなくなるまで長時間煮込むことで、花が咲いたように、 米粒が割れた状態になります。 出来上がりの目安になります。 一見すると砕かれた米粒、道明寺粉かなと思うような感じです。 短時間で花を咲かせる方法は? お米が割れて、「花が咲いた」ようになるのが中華粥の特徴。 本来は3〜4時間煮ますが、水気を切ったお米を油で炒めることで、短時間で花を咲かせることができます。 作り方• お米1合を洗って、30分ザルに上げる。 最初に鶏を煮たスープに加え、鍋底にくっつかないように、混ぜながら沸騰させる。 弱火にして50〜60分炊く。 米が割れてきたら火を止める。 塩を入れて味付けをする。 人によっては、炒めないで乾いたお米に、油をまぶすだけの方もおられます。 といで水気を切ったお米に油をまぶし、30分置いてなじませ、温めたスープに入れて炊きます。 米を油で炒めたり、なじませておく理由 米を油でコーティングすると、火の通りが早くなります。 油で炒めると米が潰れず、よりふっくらとし、口当たりもよくなります。 つやをよくしたり、甘味やコクも出ます。 米が溶けにくくなるので、粘りを防ぐ効果もあるようです。 花もよく咲くようになるそうです。 カロリーは上がりますが、満足感や腹もちをよくしてくれるメリットがあります。 さらにダイエットの工夫ができる? やはり、ドロドロより噛み応えのあるお粥の方が血糖値の上昇を抑えられます。 ほうじ茶で煮るのように、お米を洗ったらザルに上げないで、すぐにスープに投入。 吹きこぼれない程度に強火で一気に煮る。 出来上がったらコップ1杯の水を加える。 そうするとサラッとした噛み応えのあるお粥になります。 冷やご飯で作りたい ドロドロしたお粥を食べたい時は、冷やご飯をそのまま入れましょう。 米が割れやすく花が咲きやすいです。 サラッとさせたい場合は、洗ってぬめりをとるか、電子レンジで加熱してから入れ、短時間で煮ましょう。 店の中華粥が見てみたい 下の写真は、和風にアレンジされたホテルの中華粥。 上にのっているのは揚げパンと桜の花の塩漬け。 トッピングは向こうに見えるように、小皿に盛られています。 温度は熱々ではありませんが、ぬるいわけでもありません。 こだわりの料理長なので、考え抜かれた温度だと思います。 トッピング トッピングは和風にアレンジ。 右端はザーサイの千切り。 青いのは大葉の千切り、赤いのは梅干しと何かのお漬物、白ごま入りの高菜漬け、大根の漬けものでした。

次の

【みんなが作ってる】 おかゆ トッピングのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

おかゆ トッピング

Contents• そこで、日本人なら誰でも知っている「お粥」に注目してみました。 お粥って病気の時に食べるだけの食べ物ではないのです。 その効能を知ればあなたも驚くはず。 お粥について お粥って日本特有の食べ物?と思ってる方も多いでしょうか。 筆者が20代の頃、長年ペンパルだった台湾人の子に会いに2週間の台湾滞在をした時のこと。 その歴史がちょっと気になりますよね。 お粥の歴史 日本に米が伝わったのは紀元前1世紀の頃で、本格的に米が作られるようになったのは弥生時代。 今のお粥と同じような、土鍋で作る水分が多いものが文献に登場したのは、11世紀ころの様です。 でも日本よりもっともっと昔からお粥が食されていたのはやはり、中国の様です。 その歴史は 3000年以上前からと言います。 お粥の効能 先日、体調を崩して3日ほど寝込んでしまった筆者です。 3日ぶりにやっと起き上がることが出来たので、スポーツ飲料以外のものを口にしようと思って、買い置きしてあったお粥を食べたんです。 その時にす~っとなんだかカラダの中に沁み込んでいく様な感じがして、日本では病気の時に食べる物と言われる意味が分かった様な気がしました。 カラダに優しく入っていくお粥の効能ってどんなものがあるのでしょう。 禅宗の世界の教えで、お粥の 十の 功徳という意味の 「 粥有十利 (しゅうゆうじり)」という言葉があります。 つまり、 お粥の効能十項目という事ですが、具体的には次のようになっています。 そして、胃に優しく消化にいいので便秘改善のときのもおすすめです。 胃腸に良いというのは新陳代謝の活性にもつながるので、 お肌にもいいということになります。 この様なことからお粥は美容と健康の面でもとてもカラダにいい食べ物なんです。 人日の節句と言って、日本の1年で5つある節句の一つです。 その名の通り、七草の入ったお粥を、松の内の最後の日の1月7日の朝に食べるものです。 お正月にたくさん食べて飲んだカラダを、胃腸に優しい七草粥で休めてあげるなんて良く聞きますね。 七草粥の風習は唐の時代からの風習「人日の日」として、七種類の野菜を入れたとろみのある汁物を食べて無病息災を祈るという風習と、日本の昔からある「若菜摘み」の風習からきている様です。 邪気を払って病気が退散するとも言われています。 【材料】1人分 米 1合 チキンスープ 1400ml ねぎ 青い部分 1~2本分 しょうがの薄切or千切り 1枚 鶏の皮 2~3枚 100g 塩 少々 ブラックペッパー 少々 ザーサイ等 適量好みで。 【作り方】 1. お米はよくといで水に30分以上つけてから、ざるにあけて水気をきっておく。。 鶏の皮はさっと湯通しして、食べやすい大きさに切っておく。 圧力鍋or深めの鍋にお米、チキンスープ、ねぎ、しょうが、鶏の皮を入れて火にかける。 クツクツ沸騰したら弱火にしてさらに約10分火にかける。 火をとめて塩で味をととのえる。 器に盛ったら最後に刻んだザーサイを好みで。 鍋で湯を沸かし、沸騰したら牛挽肉を入れてゆでる。 アクはしっかりとりましょう。 米を洗ってから時間があれば30分程水に浸す。 ライスクッカーか、厚みと深さのある鍋に2を入れます。 その鍋の中に水と鶏がらスープを加えて蓋をして中火にかけます。 沸騰して吹きこぼれないように注意します。 沸騰したら、1. の牛挽肉も加えて、弱火でさらに約20~25分炊きます。 油揚げを2cm角程に切って、軽く塩をしてから油度ひかないでフライパンで炒る。 カリカリになったら、キッチンペーパーに乗せて、余分な脂を切る。 これが台湾のお粥で使っている揚げパンの役目とします。 お粥が炊きあがったら火を切って5~10分蒸らして完成。 ピータン(orゆで卵)と油揚げをトッピングして完成。 *ナンプラーは醤油でもOK。 【作り方】 1. お米は軽く洗って水に浸しておく。 茹で玉子を作って縦半分に切っておく。 (半熟卵は常温にした卵を沸騰したお湯に入れて8分茹でるとOK。 ) 3. ベーコン、にんにく、タマネギ、生姜みじん切り。 フライパンにサラダ油大さじ2を熱し、弱火でベーコン、にんにくをカリカリになるように炒める。 炒めたらとりだしておく。 注*ベーコンを入れた後しばらく経ってからにんいくをいれる(焦げやすいため)。 同じフライパンでタマネギと生姜を中火で炒める。 香りが出てから鶏ガラスープ、水をきったお米を入れる。 煮立ってから火は弱火、アクを取りながら煮込む。 注*煮汁が少なくなったら適宜水を加える。 1カップ程度まで。 20分ほど煮てお米が柔らかくなったのを確認して、ナンプラーで味を調整。 トッピング:刻んだ葱、茹で玉子、レモン汁少々かける。 カリカリのベーコン、にんにくを乗せる。 最後にブラックペッパーかけて完成。 沸騰したら、一度こげないように混ぜる。 弱火にしてさらに炊く。 豚肉に塩麹をもみ込み15分くらい置いておく。 (スチームケースがなければ耐熱皿でOK). 出来たお粥に細かく切った高菜漬けを乗せ、3のもやしとお肉を乗せる。 最後に蒸し汁をまわしかけて出来上がり。 鍋に水を入れて手羽先・長ネギの青い部分・タマネギ・にんにく・残りの野菜などと一緒にいれて、30分以上煮込む。 煮込んだスープは笊でこす。 手羽先は骨から肉をとり千切りにする。 にんじん、ニラ、長ネギの白い部分、タマネギはみじん切り。 2の煮込んであったスープにご飯2杯と鶏肉、4の野菜を入れて、弱火でじっくりと混ぜながら煮る。 ご飯粒が柔らかくなったか確認して火を止める。 塩、コショウしてニラを入れよく混ぜる。 粥は器に盛る。 ごま油とすりごまはお好みで入れる。 卵の黄身を真ん中に入れて、すりごまをその上に乗せ手完成。

次の