マンウィズ ドラマ。 マンウィズ新曲がドラマテーマソングに!全世界配信も決定

MAN WITH A MISSION、初となる音楽ドキュメンタリー映画のメインビジュアルが遂に解禁

マンウィズ ドラマ

『 BORDER』(ボーダー)は、の小説家・原案によりから開始された、、のプロジェクト。 作品はテーマと主要人物の基礎設定を共有し、メディア毎に別の作家による異なったストーリーを展開する。 主人公はある事件によって頭に銃撃を受け、脳に弾丸を残したまま奇跡的に一命を取り留めると共に、死者と交信する能力を手にした・石川安吾(いしかわ あんご)。 テレビドラマ版は金城自身が脚本を手掛ける。 タイトルの「BORDER」とは、この能力により主人公が直面し葛藤する、生と死、正義と法、死者からもたらされる真実と事実とのギャップなど、様々なを表している。 構想当初から主人公・石川のキャラクターはドラマ版に主演するのイメージで作られた。 プロジェクト全体としてのは「 人は死んだら、どこに行くんだろう。 共通する主要登場人物 [ ] 石川安吾(いしかわ あんご) 警視庁刑事部捜査一課第二強行犯捜査・殺人犯捜査第4係第一班の刑事。 階級は。 ある事件で頭に銃撃を受け、一度仮死状態になり奇跡的にする。 退院後仕事に復帰するが、その時から死者と交信する能力が発現した。 事件の証拠となる弾丸は摘出されず脳内に留まったまま、予断を許さない状態にある。 一連の現象がなぜ自分の身に起きたのか、これが精神的ショックによる症状なのか、あるいは付近に達した銃弾が、人間が使わなくなった何らかの機能のスイッチを押し未知の物を見せているのか、判然としないままその能力と付き合うことになる。 遺体が火葬されると、交信できなくなる。 立花雄馬(たちばな ゆうま) 警視庁刑事部捜査一課第二強行犯捜査・殺人犯捜査第4係第一班の刑事。 階級は巡査部長。 石川の同僚。 比嘉ミカ(ひが ミカ) 警視庁刑事部に所属する警察官。 階級は。 現場における遺体の検分と医局でのを一手に担う、特別。 死因究明の先進国である米国型システムのモデルケースであり、従来のと呼ばれる刑事やと、司法解剖にあたるやなどの役割を統一したもの。 市倉卓司(いちくら たくじ) 警視庁刑事部捜査一課第二強行犯捜査・殺人犯捜査第4係第一班の班長。 階級は。 石川や立花らの上司。 漫画 [ ] 『 BORDER』のタイトルで、2013年12月号(2013年11月2日発売号)から2015年5月号(2015年4月4日発売号)まで『』にて連載された。 作画は。 漫画版登場人物 [ ] 主人公。 観察力が鋭く捜査に熱心な刑事。 ドラマ版よりは独善的・高圧的では無く常識人で他人に対しても優しく振舞う事が多い。 撃たれながらも生き延びたことに使命感を感じており、同時に、いつ死を迎えるか内心では怯えている。 能力を得て以来、より繊細になり被害者の無念を晴らしたいという思いが強い。 事件関係者に真摯に接する半面、必要に迫られれば違法な捜査も行う。 未知の能力について試行錯誤を重ねている。 詳細は不明だが劇中のセリフからドラマ版と違い撃たれる以前から違法手段を用いていたようで、ドラマ版とは異なるハッカーや情報屋を利用している。 遥南(はるな) 幹部科在学中。 階級は警部補。 漫画版オリジナルキャラクター。 捜査一課の現場研修生で、市倉から石川の監視を命じられコンビを組む。 非常に記憶力がよく知識量が豊富な女性。 独り言が癖で著名人の言葉や引用をよく口にする。 男性主義の中にあって実力を発揮する女性の特別検視官。 有能で闊達な変わり者。 不可解な石川の言動にも真剣に向き合い、捜査に助力する。 石川と同期の同僚。 石川とは互いに信用し合っているが、復帰して以来手柄の多い石川に焦りを感じている。 石川と立花の上司の刑事。 書誌情報 [ ]• 小手川ゆあ(漫画)、金城一紀(原案)『BORDER』〈〉、全4巻• 第1巻、2014年3月26日発売 、• 第2巻、2014年5月2日発売 、• 第3巻、2014年12月4日発売 、• 第4巻、2015年5月2日発売 、 小説 [ ] 金城を原案とし、によるオリジナルで小説化。 漫画版に次いで2014年にの版が発売された。 書誌情報(小説) [ ]• 『BORDER 警視庁捜査一課殺人犯捜査第4係』 角川書店〈角川文庫〉、2014年2月25日発売。 小説版あらすじ [ ] この節のが望まれています。 テレビドラマ [ ] BORDER ジャンル 脚本 監督 出演者 製作 プロデューサー 山田兼司(テレビ朝日) 太田雅晴() 制作 放送 音声形式 放送国・地域 BORDER 警視庁捜査一課殺人犯捜査第4係 オープニング 「」 放送期間 - 放送時間 木曜 21:00 - 21:54 放送枠 放送分 54分 回数 9 BORDER 衝動〜検視官・比嘉ミカ〜 放送期間 ・ 放送時間 金曜 23:15 - 翌0:15 放送分 60分 回数 2 ドラマスペシャル BORDER 贖罪 オープニング MAN WITH A MISSION「evils fall」 放送期間 放送時間 日曜 21:00 - 22:54 放送分 114分 回数 1 特記事項: 初回は15分拡大(21:00 - 22:09)。 ドラマスペシャル『BORDER 贖罪』は、当初予定されていた10月22日に投開票が行われるの特別番組のため、放送日を10月29日に変更。 『 BORDER 警視庁捜査一課殺人犯捜査第4係』(ボーダー けいしちょうそうさいっかさつじんはんそうさだいよんがかり)は、2014年4月10日から6月5日まで毎週木曜日21:00 - 21:54に、系「」枠で放送された。 金城一紀によるオリジナル脚本で、連続ドラマでは珍しく当初から結末までプロットを制作して撮影されていた。 本項での「 SP. 」はスペシャルを表す。 衝撃的かつ挑戦的な結末などが評価され、最優秀作品賞などを受賞している。 2017年10月29日21:00 - 22:54にドラマスペシャル『 BORDER 贖罪』が放送された。 当初10月22日の放送を予定していたが 、同日に行われるの特別番組のため放送日が変更された。 ドラマスペシャルに先立って、同月6・13日23:15 - 翌0:15に2週連続のスピンオフドラマ『 BORDER 衝動〜検視官・比嘉ミカ〜』も別途放送された。 熱心で野心的。 昼夜を問わず激務に追われるあまり私生活を犠牲にし、殺人事件の捜査だけに楽しみを感じる空虚な生活を送っていた。 しかし銃撃事件により生死の境をさまよったことで考えを変え、死者と接触して以来被害者をより意識するようになる。 その事件の犯人は捕まっておらず、石川の脳内にある弾丸が唯一の手掛かり。 それを取引材料にして上層部と交渉し現場復帰したとも言われている。 真犯人を検挙するため違法な手段に手を染めるようになるが、同時に人間らしさを取り戻していく。 元々観察力に優れており、理性的で計算高い。 巡査時代に事件現場で容疑者を逮捕したことをきっかけに手柄を上げ昇進し、異例の抜擢で本庁捜査一課に配属された。 捜査としてまず事件現場の周りを歩くことを習慣にしている。 兄が自殺している(第6話)。 父親がの有名な政治学者であり幼少期から反発していたことが、刑事になったきっかけ。 石川の能力には制限も多く見受けられ、死体がに付されると死者の姿が見えなくなったり、必ずしも死者の姿を発生させることは出来ず、能力自体もコントロール出来ているわけではない。 元々、独善的でプライドが高かった事もあり、死者の叫びや裏社会の住人との接触、犯人逮捕の失敗(石川にとっての「敗北」)、法や自身の限界など、数々の境界線に直面し、次第に心身ともに病んでいく。 それを象徴するかのように、話数を重ねるごとに服装に変化が表れ 、顔もやつれていく。 それでも執念の捜査で自身を銃撃した犯人を追いつめ、逮捕に成功。 終止符が打たれたかに見えたが、最終回で自身とは対極(同類?)の存在たる究極の「悪」とも言える安藤に挑発され、最後は周囲の警告も耳に届かず、遂には煽られる形で彼を殺害し、己の信じる正義と悪の境界線を越えてしまう。 しかし、スペシャルドラマにて監察の取調移送中に真実と出会って事件を解決したことで改めて安藤に向き合い、今度は「悪」側の人間となって悪を裁き、そうすることで自らが背負ってしまった罪を償い続けるという自分なりの「正義」を見い出す。 〈31〉 演 - 警視庁捜査一課第二強行犯捜査・殺人犯捜査第4係第一班の刑事。 石川と共に配属されてから3年来のコンビ。 正義感があり犯人に対する嫌悪感が強い。 石川に反感を持ち同僚として対抗意識を抱いていたが、復帰後間もない石川の体調を気にかけることもある。 強引な捜査をするようになった石川の変化に戸惑う。 曾祖父から続く警察官一家で、警察という職業にプライドを持っている反面、捜査一課に配属されたのは警視庁にいる親戚のコネだと思い込み、密かにコンプレックスを感じている。 そのため自分の能力を証明しようと躍起になっている所がある。 次第に心を病んでいく石川を心配し、終盤では止めることこそ出来なかったものの、その後の石川の反応から少なからず思いは届いていた様子。 反対に比嘉に対しては何かと馬が合わず、敵視した言動をとることが多いが、スペシャルドラマでは比嘉にかつて自分も石川と似た境遇にあったことがあると明かし、もし再び彼が道を踏み外しかけたら、今度こそ二人で呼び戻そうと決める。 〈44〉 演 - 警視庁捜査一課第二強行犯捜査・殺人犯捜査第4係第一班の班長。 石川らの直属の上司。 地道な捜査と地取りや取り調べの手腕に長けた経験豊富な刑事。 嘘を見抜く鋭さと、清濁併せ呑む度量を持ち合わせる。 情に流されずシビアな状況判断をするものの、優秀で実直な石川を高く買っており自らの班にスカウトしたため、時には独断専行になりがちな彼の捜査をある程度放任しながらも、事件で撃たれて以降犯人検挙を焦るようになった姿を内心では心配しており、スペシャルドラマで監察官に目をつけられた石川を三人で見張っていくことを告げる。 家族構成は妻と高校生の息子が一人。 連続ドラマ開始の半年前は永正大学医学部法医学教室の助手をしていた。 現場を回り独自の観察眼と推理力を発揮する異例の存在。 辛辣な物言いをするが職業意識が高く、医師として石川の相談にのることもある。 日本有数の法医学者、柳田健一教授の講義に学生として授業を受け、彼女の才能に気付いた教授が後継者として助手に抜擢。 千体近くの解剖を手掛ける中で数々の難事件解決に寄与した。 その能力に目を付けた関係者から請われるも断っていたが、退官する教授の強い推薦により、検死システムの改正を図る上層部の意向により、準キャリアとしてに入庁し特別検視官の役職に就く。 男社会的な警察組織のために、彼女のことを良く思わない上司も多いが、女性でも引けは取らないと考えている。 死因究明が蔑ろにされる警察の官僚主義に不満を抱いているが、次第に刑事としての石川を認め、しばしば単独で捜査する彼に助力し、市倉と立花同様その身を案じている。 彼女自身に霊能力などは無いが、祖母が沖縄でをしている。 宮里 演 - 医学生で比嘉の助手。 3人の中では先輩。 橋爪 演 - 医学生で比嘉の助手。 金原 演 - 奥間唯 医学生で比嘉の助手。 一番新米で、記録係などのサポートを担当する。 石川の協力者 [ ] 赤井〈44〉 演 - 市倉が使っている情報屋。 石川の慎重さを評価し秘密裏に依頼を受ける。 穏やかな物腰だが強かで考えを読ませない人物。 石川の希望に応えてサイモンとガーファンクル、スズキを紹介する。 サイモンとガーファンクルとは前職からの付き合いで腕を買っている。 新橋の「立ち飲み屋 情」の実質オーナー。 大学卒業後は外資系の大手金融機関を転々としていた。 職をやめてからは情報や人脈を使い、投資で儲けていた。 妻の浮気による離婚歴がある。 スペシャルドラマでは三人に命じて安藤の事件解明と石川の救出に乗り出し、その理由として、いずれは自分たちが犯した罪を裁きたいと思っており、それは「悪」側に堕ちてもなお正義を貫き通そうとする石川にこそ相応しいと考えているからだと明かす。 ガーファンクル 演 - (第2話 - ) サイモンとコンビを組む。 仕事場にはアーティスト「」のジャケットを模した写真が飾られている。 IQテストで180をたたき出したことがある天才。 高校時代に破壊行為に興味を持ち、爆弾製造の罪で少年院に収監され、そのときにサイモンと出会う。 社会復帰後、情報操作で巨万の富を得て事務所を開業した。 サイモン 演 - (第2話 - ) ガーファンクルとコンビを組むハッカー。 お互いに仲がいい。 石川の人柄を認め依頼を受ける。 スペシャルドラマにて彼を「白馬に乗った騎士」と称する。 風俗店で働いていた男運の無い母親のせいで、幼少期は転校を繰り返していた。 孤独な時間に母親の男からおもちゃ代わりに与えられた使い古しのパソコンに没頭しハッキングを始める。 16歳の時には「仕事人」と呼ばれるようになった。 暴力的な母の愛人を刺して少年院に収監された際にガーファンクルと出会う。 開高 演 - バーテンダー。 赤井の仲間。 スズキ〈36〉 演 - (第3話 - ) 裏世界の便利屋。 や文書偽造など非合法な技術を身につけている。 仕事ではスリルを楽しんでおり、趣味と実益を兼ねている。 変装には毎回テーマがあり具体的に設定がある。 高校卒業後、10以上の職業を転々とした後、興信所の調査員となり裏社会の知識を得る。 自作の盗聴器が高性能で裏社会で話題になり、それを警察が違法捜査に利用しはじめ警察御用達の便利屋になった。 暴力団の依頼も受けている。 スペシャルドラマでは自分の不手際を挽回することも兼ねて石川に協力する。 その他 [ ] 国田 演 - (第1話・第4話・第8話) 脳外科医。 石川の担当医。 鴨川重春 演 - (第3話・第5話 - 第8話) 警視庁刑事部捜査第一課 管理官。 検視官出身。 神坂 演 - (第7話) 裏社会の掃除屋。 情報操作や依頼人の周りの証拠を消すためなら、殺人も厭わない。 格闘に長けており、知力も高い。 石川の熱心さに何かを感じ気に入る。 元々はヨーロッパでスパイのような活動をしており、その後世界中で掃除屋をしていた。 「調和がとれた状態が好き」という理由で現在の裏の仕事をしている。 を誘拐して殺害する。 いわゆる 『絶対悪』と呼ばれる真性のであり、自分が人を殺すのは「悪」の為だからだと平然と言い切る。 石川を挑発する形でビルから突き落とされるが、死者となってもなお彼にまとわりつき、ことある事に「こちら側」へ引き込もうとする。 その後石川が『「闇」側の人間として「悪」を裁く』という正義を見出すと、いずれまた自分の様な連中が現れるだろうと半ば悔しがるように忠告し消える。 市倉の調べによると「安藤周夫」は偽名で赤の他人の戸籍を使って生きており、本物の「安藤周夫」は5年前に行方不明になっていた(スペシャルドラマ)。 ゲスト [ ] 連続ドラマ(2014年) [ ] 第1話「発現」• 倉橋由子(保険外交員・貴志の母) -• 倉橋貴志(無職) -• 吉原(刑事) -• 田所(ホームレス) -• 西山(神の光教団) -• 谷山(看護師) -• 光永(神の光教団 幹部) -• 早川(神の光教団) -• 救急看護師 -• 岸谷(警視庁杉並中央警察署案内係) -• 岩田美智子(一夫の元恋人) -• 中井(刑事) -• 篠田(刑事部上司) -• 鹿島裕美(連続猟奇殺人事件の7人目の被害者) -• 久住(鹿島家の隣人) -• 岩田勇樹(一夫と美智子の息子) - 田代輝• 宅間(メリー運送 配達員) -• 久田(メリー運送 配達員) -• マンションの住民 -• 被害者女子高生 -• 女子高生 -• 植松(刑事) -• 安西真由子(連続猟奇殺人事件の6人目の被害者) - 第3話「連鎖」• 島村靖雄(夢の丘母子殺害事件遺族) -• 鎌田(夢の丘ニュータウン自治会青少年指導員) -• 清水(夢の丘ニュータウン自治会児童委員) -• 小谷(夢の丘ニュータウン自治会民生委員) -• 青沼(夢の丘ニュータウン地区消防団団長) -• 藤崎(夢の丘ニュータウン自治会長) -• 磯貝久美(夢の丘ニュータウン自治会員) -• 原(夕玄書房 編集者) -• 南雲(刑事) -• 加山(刑事) - 第4話「爆破」• 八巻功一(警察官採用試験不合格者) -• 木山(八巻の元アルバイト仲間) -• 添野(刑事) -• 早川(刑事) -• 高久(刑事) -• 東(刑事) -• 堀池(爆弾処理班班長) -• 井浦(トラオム南阿佐ケ谷の住人) -• 松井(機動隊員) -• 大山(殺害遺体発見者) -• 富田(看護師) -• 芦原(殺害遺体発見者・大山の彼氏) - 諒太郎• 三浦(鑑識課員) -• 野口(爆弾処理班の処理員) -• 島袋(救急隊員) - 第5話「追憶」• 綿貫(所轄刑事) -• 野本公子(苑子の母) -• 坂下(強盗事件被疑者) -• 岡部彩(岡部の妻) -• 則松(高校野球部部員) -• 袖崎(高校野球部部員) - 平安伸伍• 佐久間(ホテルフロント) -• 野本苑子(身元不明死体発見者) -• 三上(コンビニ店長) -• 田沼(鑑識) -• 岡部美夏(岡部の娘) - (2歳: ) 第6話「苦悩」• 久保田(舞子の兄) -• 河島(河島メンタルクリニック 院長) -• 大木彩香 -• 藤野(救命救急センター 案内係) -• 木島(刑事) -• 杉田(鑑識員) -• 久保田舞子(自殺未遂経験者) -• 霧島(河島メンタルクリニック 受付) -• 谷山(久保田舞子を発見した女性) -• 織田(芳賀佳子を発見した男性) - 第7話「敗北」• 横森寿美子(横森の母) -• 宇田川圭介 (外務大臣の息子) -• 滝川真奈(宇田川の彼女) -• 久島(交通事故の目撃者・会社社長) -• 丸田(フランス料理「プラン・ソレイユ」店長) -• 中山(刑事) -• 田上 -• 菅沼(巡査) -• 出光(滝川真奈の友人) -• 本庄(刑事) -• 大学生 - 第8話「決断」• 荒木妙子(荒木の妻) -• 亀田(鑑識) -• 植田和彦(前第五課・元池袋東警察署刑事課 巡査部長) -• 藤本(アベックの男) -• 宮本(アベックの女) -• 野呂(刑事) -• 田宮(刑事) - 最終話「越境」• 天川真理子(弘志の母) - (SP. 2017にも出演)• 天川芳雄(弘志の父) - (SP. 2017にも出演)• 郷田(刑事) -• 2017にも出演)• 湯島(刑事) -• 長島(スター玩具 社員・の上司) -• 本田(スター玩具 社員・安藤周夫の同僚) -• 山口(警備員) -• 和尚 -• 所轄刑事 - スピンオフ(2017年) [ ] 「衝動」• 中澤史明(警視庁西原警察署捜査一課 刑事) -• 小椋明音(西原中学校3年2組 生徒) -• 三島義明(無職・元学習塾講師) -• 福地景子(永正大学医学部法医学教室 助手・の同僚) -• 石田光(西原中学校3年2組 生徒) -• 有本(警視庁西原警察署捜査一課 管理官) -• 2017にも出演)• 町山(東都テレビ報道センターのスタッフ) -• 谷(警視庁西原警察署捜査一課 刑事) -• 山岸(警視庁西原警察署捜査一課 刑事) -• 小島(稲山市西原町内会のメンバー) - (前篇のみ)• 金内(稲山市西原町内会のメンバー) - (前篇のみ)• 中村(稲山市西原町内会のメンバー) - (前篇のみ)• 戸山史代(リポーター) -• 高山(西原中学校3年2組 教師) -• 静岡(東都テレビ報道センターのスタッフ) -• 火野歩(西原中学校3年1組 生徒・第一被害者) -• 坪井美咲(西原中学校 3年2組 生徒・第二被害者) -• 安藤(西原中学校3年2組 生徒) -• 寺島(西原中学校3年2組 生徒) -• 戸田(西原中学校3年2組 生徒) -• 水野(西原中学校3年2組 生徒) -• 池上(西原中学校3年2組 生徒) -• 友田(西原中学校3年1組 生徒・歩の友人) - (前篇のみ)• 仲野(西原中学校 教師) -• 坪井公子(美咲の母) - (前篇のみ)• 西村(西原中学校 教師) -• 小椋史子(明音の母) - (後篇のみ)• 細田隆弘(テレビ番組「モーニングタイム」キャスター) - (前篇のみ)• 辻(東都テレビ報道センターのカメラマン) -• 矢島(東都テレビ報道センターのスタッフ) -• 横川(深夜の2時9分に「大井西一丁目一家4人 強盗殺人事件」の現場に進入しようとした比嘉ミカを呼び止めた警官) -• 明星 - (前篇のみ)• 浅川透(永正大学医学部法医学教室 教授・比嘉ミカの上司・テレビ番組のコメンテーター) - ドラマスペシャル(2017年) [ ] 「贖罪」• 植田(石川安吾を所轄に連行した刑事) -• 吉野正孝(マンション「フォンセ洗足」1101号室の入居者・悪友と児童ポルノのファイルのやり取りをしている男) -• 光岡百合(原口の恋人) -• 斑島(通報で「埼玉県熊谷市西野原1261」に駆けつけた警察官) -• 樺屋(通報で「埼玉県熊谷市西野原1261」に駆けつけた警察官) -• 片山(マンション「アートルム目黒」の入居者・愛犬ジョンの飼い主) -• 花井(特命チーム刑事) -• 内田(マンション「アートルム目黒」管理センターの従業員) -• 井賀(所轄に来た吉野を案内する刑事) -• 男 -• 山崎順治(久高の部下) -• 村田正生(久高の部下) -• 原口知幸(事件の重要参考人・マンション「アートルム目黒」1801号室の入居者) -• 久高喬(警視庁監察管理官) - スタッフ [ ]• 原案・脚本 - 金城一紀• 音楽 -• 監督 - 、、• 主題歌 - 「」()• 監督補 - 松川嵩史• 撮影監督 - 会田正裕• トータルアートデザイン -• 特殊メイク -• アクションコーディネーター - 宮木ヨシオ、• ガンエフェクト -• 操演 - 大宮敏明• 警察監修 -• 法医学監修 - 高木徹也• 法医学現場指導 - 奈良明奈• 科学捜査指導 - 山崎昭• 医療監修 - 中澤暁雄、山本昌督• 看護指導 - 石田喜代美• 法律監修 - 平岡敦• 技術協力 - 、• 照明協力 -• CG・美術協力 -• ゼネラルプロデューサー - (テレビ朝日)• プロデューサー - 山田兼司(テレビ朝日) 、太田雅晴(5年D組)• 協力プロデューサー - 池田宏之(KADOKAWA)• ラインプロデューサー - 田上リサ(5年D組)• AP - 新井富美子、海老原誠二• 企画協力 -• 制作協力 -• 制作著作 - 放送日程 [ ] 連続ドラマ [ ]• 各話 放送日 サブタイトル 監督 視聴率 備考 第1話 2014年 4月10日 発現 発現〜一家惨殺事件重なった赤い足跡 橋本一 09. 真犯人と全ての真相 波多野貴文 12. 枠で放送。 作品の時間軸は、連続ドラマ開始の半年前。 放送日 タイトル 監督 2017年10月6日・13日 BORDER 衝動〜検視官・比嘉ミカ〜 常廣丈太 ドラマスペシャル [ ]• 作品の時間軸は、連続ドラマ最終話の直後。 当初10月22日に放送が予定されていたが、同日に投開票が行われるの特別番組のため、放送日が10月29日に変更された。 放送日 サブタイトル 監督 視聴率 2017年10月29日 贖罪 常廣丈太 7. BORDER BOX、2014年9月26日発売。 BORDER BOX、2014年9月26日発売。 2枚組• 2枚組 受賞 [ ]• 2014年6月度 月間賞受賞• 第81回• 最優秀作品賞• 主演男優賞(小栗旬)• 脚本賞(金城一紀)• 2014年 作品賞・優秀賞(連続ドラマ部門)• 2017年11月度 月間賞受賞 - 『BORDER 贖罪』 系 前番組 番組名 次番組• KADOKAWA 2013年12月18日. 2014年4月13日閲覧。 2014年2月4日. 2014年4月13日閲覧。 、、2014年6月8日閲覧。 、、2014年6月8日閲覧。 、、2015年1月29日閲覧。 、、2015年5月2日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2017年10月1日. 2017年10月1日閲覧。 2017年6月14日. 2017年7月18日閲覧。 第81回ドラマアカデミー賞」『週刊関西版』第20巻33号(2014年8月22日号)、、2014年8月22日、 22-26頁。 ・・・ 2017年10月29日. インタビュー. 2017年10月29日閲覧。 2017年9月12日. 2017年9月12日閲覧。 2017年6月14日. 2017年7月18日閲覧。 - スターダストプロモーション• 2014年4月3日. 2016年8月29日閲覧。 - ホリ・エージェンシー• - 春輝オフィシャルブログ 2014年2月23日• - ABP inc. - NAME MANAGEMENT• - ダックスープ• - Twitter 2014年4月17日• - Tristone 2014年4月10日(アーカイブ)• 2014年5月15日. 2016年8月29日閲覧。 モデルプレス 2014年5月29日. 2014年6月7日閲覧。 2014年5月29日. 2016年8月29日閲覧。 - 青年座映画放送• - ヒラタオフィス• - オリオンズベルト• - ベンヌ• - スマイルモンキー• - ケイエムシネマ企画• - ウォーターブルー• - アジア・ビジネス・パートナーズ(アーカイブ)• - ケイエムシネマ企画(アーカイブ)• - トライストーン・エンタテイメント• - 芸能プロダクションギフト(アーカイブ)• - スマイルモンキー(アーカイブ)• - アンカット• - Twitter 2014年4月17日• - ビビット(アーカイブ)• - テアトルアカデミースタッフブログ 2014年5月8日• - クローバー(アーカイブ)• - ステッカー• - ギュラ• - モダンスイマーズ• - ヒラタオフィス• - 中野笑店(アーカイブ)• - NeoAgency• モデルプレス 2014年4月22日. 2014年5月2日閲覧。 - ケイファクトリー• - ケイエムシネマ企画• - 舞夢プロ• - スターダス・21(アーカイブ)• - アンカット• - 舞夢プロ• - 芸能プロダクションギフト(アーカイブ)• - 中野笑店• - ディーダッシュ・カンパニー 2014年5月1日• - テアトルアカデミー• - ジェイエフシーティー• - ディーダッシュ・カンパニー 2014年5月8日• - ジェイエフシーティー• 毎日新聞デジタル 2014年5月1日. 2014年5月9日閲覧。 2014年5月1日. 2016年8月29日閲覧。 - クローバー(アーカイブ)• - 中野笑店• - アンセム• - 五社プロダクション• - ELBS Entertainment• - ウォーターブルー• - イトーカンパニー• - 高岡事務所 Official Website 2014年5月13日• - ボックスコーポレーション• - ワーサル(アーカイブ)• - ビビット(アーカイブ)• - アンカット• - ホリプロ• - 中山由香オフィシャルブログ 2014年5月19日• - 生島企画室(アーカイブ)• - SET(アーカイブ)• - フリップアップ(アーカイブ)• - スパイスガーデン(アーカイブ)• - グリーンメディア• - SET(アーカイブ)• - ケイエムシネマ企画(アーカイブ)• - アンカット• - ケイエムシネマ企画(アーカイブ)• - 宮本大誠オフィシャルブログ 2017年10月28日• - ヒラタオフィス(アーカイブ)• - Twitter 2014年6月5日• - CITY MAGIC• - アンカット• 2017年9月12日. 2017年10月29日閲覧。 2017年10月6日. 2017年10月29日閲覧。 - Twitter 2017年10月13日• - Twitter 2017年10月6日• - 東宝芸能• - エムズエンタープライズ(アーカイブ)• - オフィス北野(アーカイブ)• - 山本修夢 公式サイト• - ニチエンプロダクション• - Twitter 2017年9月27日(アーカイブ)• - Facebook 2017年10月13日• - スペースクラフト(アーカイブ)• - スエニョ• - オフィスフォルツァ• - スエニョ• 2017年8月6日. 2017年8月9日閲覧。 - Twitter 2017年10月28日• - グリーンメディア• - ケイファクトリー• 2014年5月24日. 2016年8月29日閲覧。 山田兼司 2017年10月27日. インタビュー. 2017年10月29日閲覧。 山田兼司 2017年10月28日. インタビュー. 2017年10月29日閲覧。 2014年6月6日. 2017年1月19日閲覧。 2014年6月6日. 2016年8月29日閲覧。 日刊スポーツ. 2017年10月30日. 2017年10月30日閲覧。 シネマトゥデイ. 2014年10月23日. 2014年10月23日閲覧。 スポニチ 2017年12月20日 , 2018年1月25日閲覧。 外部リンク [ ]• - プロジェクト公式サイト リンク切れ• - ・漫画特設サイト• テレビドラマ• テレビ朝日• (アーカイブ)• - (2017年10月10日アーカイブ分)• - (2017年10月15日アーカイブ分)• - テレ朝動画• - テレ朝動画• - テレ朝動画• - TELASA• - TELASA• - TELASA この項目は、に関連した です。 この項目は、に関連した です。

次の

マンウィズ、月9ドラマ「ラジハ」主題歌を初披露

マンウィズ ドラマ

2020年2月14日(金)公開になる、MAN WITH A MISSION初の音楽ドキュメンタリー映画「MAN WITH A MISSION THE MOVIE -TRACE the HISTORY-」のメインビジュアルが解禁。 限定特典付きのムビチケが、全国の上映劇場で1月17日(金)より販売されることも決定した。 「ムビチケ」劇場窓口購入者特典はオリジナルステッカー(先着数量限定)、「ムビチケオンライン」購入者特典はスマホ壁紙2種類となる。 特典ステッカーはムビチケ1枚につき1枚付くが、なくなり次第終了となるので早めの予約をお忘れなく。 2日目の8月30日はMAN WITH A MISSION史上初の野外ワンマンライブを開催する。 ゼブラヘッドからコメントが届いている。 「マジで最近、いろいろあるけど んー、そうだなぁ、俺たちに出来る事か、、、。 うまく言えないけど、こんな時だからこそ いい音楽を沢山届けられるよう、最近は ずっと楽曲制作のことを考えているんだ。 たまに ふざけてしまうけど、本気だぜ。 「MAN WITH A MISSION」の初となる音楽ドキュメンタリー映画『MAN WITH A MISSION THE MOVIE -TRACE the HISTORY-』の予告篇映像が解禁された。 最新映像には、謎につつまれている、頭はオオカミ、身体は人間という究極の生命体5匹からなるロックバンド「MAN WITH A MISSION」の生態を10年間追い続けたアメリカ人ジャーナリスト「カール・クーパー」が2010年に単身来日して以降、メンバーや関係者へのインタビューや、レコーディング、ライブなどに潜入取材した記録の一部が今回、トレーラーとして初解禁。 予告篇 映像 30秒という短い映像ながら、疾走感溢れるライブシーンや、そのライブでタオルを振り回し熱狂するファンの姿、彼らの類い稀なる才能に心を掴まれた男たちの姿が映し出され、これまで見たことがなかった彼らの一面が切り取られた、究極の生命体5匹からなる「MAN WITH A MISSION」の魅力がギュッと詰まった内容が楽しめる。 ぜひチェックしてほしい。 まずは結成10周年記念日となる2020年2月9日には、Zepp Tokyoにてスペシャルライブの開催が決定。 当日はライブ以外にも10周年を振り返るトークセッション、映画「MAN WITH A MISSION THE MOVIE -TRACE the HISTORY-」の一部を放映する特別企画も実施し、同時に同公演の全国ライブビューイングも開催する。 そして、結成10周年プロジェクト第一弾となるMAN WITH A MISSIONの活動10年間の軌跡を追ったドキュメンタリー映画、「MAN WITH A MISSION THE MOVIE -TRACE the HISTORY-」の公開が 2020年2月14日(金)に決定した。 こちらの映画は2020年2月14日(金)~2月27日(木)の2週間限定で劇場公開となっている。 2020年はますますMAN WITH A MISSIONから目が離せない1年となりそうだ。 10月23日にニューシングル「Dark Crow」をリリースするMAN WITH A MISSION。 前作シングル「Remember Me」がロングヒットの中、10月13日(日)、熊本城ホールを皮切りに全国17か所を巡る「Remember Me TOUR 2019」がスタート。 ツアースタートの地、熊本は自身主催の復興支援フェス「GAMADASE KUMAMOTO」を開催したゆかりがある土地、また今回会場となった熊本城ホール(イベント展示ホール)に「GAMADASE KUMAMOTO」の収益(支援金)で制作された、各種催事で利用可能となる仮設ステージを贈呈、そんな経緯から熊本城ホールこけら落とし公演も担うことにもなった。 ミュージックビデオ「Dark Crow」 また、ツアー初日に合わせて、10月23日(水)に発売のニューシングル「Dark Crow」の先行配信と、同ミュージックビデオが公開された。 特報映像 さらに、毎回重大発表が行われるライブ終盤のアンコールムービーでは、自身初の音楽ドキュメンタリー映画、「MAN WITH A MISSION THE MOVIE -TRACE the HISTORY-」が2020年に公開される事が発表され、会場を沸かせた。 今後の詳細に期待しよう。 2019年9月からバンド初となるカナダ、メキシコ公演を含む、5年ぶりの単独北米ツアーを敢行中のMAN WITH A MISSION。 そんな中、本日9月20日(金)に公開となった映画「3人の信長」の主題歌である「86 Missed Calls feat. Patrick Stump」が、映画公開を記念して、10月23日(水)のシングル発売に先駆けて先行配信がスタートした。 こちらの楽曲には2019年グラミー賞、最優秀ロックアルバム賞ノミネートアーティスト、フォール・アウト・ボーイのボーカル、パトリック・スタンプと共作をし、ゲストボーカルとしても参加した夢のコラボ楽曲。 先月8月17日に行われたSUMMER SONIC TOKYOでは、パトリックがMAN WITH A MISSIONのステージにサプライズゲスト出演をし、超満員のオーディエンスを前に「86 Missed Calls feat. Patrick Stump」を初披露。 大きな話題を呼び、今回待望のリリースとなる。 合わせて10月23日(水)発売のニューシングル「Dark Crow」の対象店舗での購入者特典である「リフレクトステッカー」の、店舗別絵柄が公開された。 フラッシュをたいてステッカーの写真撮影をすると、メンバー別に特別な絵柄が浮き出る仕組みとなっている。 jp限定特典】の記載があるページからの購入のみが対象となりますのでお気をつけ下さい。 先行配信シングル「86 Missed Calls feat. jp限定特典】の記載があるページからの購入のみが対象となりますのでお気をつけ下さい MAN WITH A MISSION 公式HP:• 今年3月にリリースされたデビュー作「inside you EP」でレコチョク上半期ランキング2019にて新人ランキング1位を獲得するなど、華々しいデビューを飾った新人シンガーソングライターmilet(ミレイ)。 先月8月21日には、現在放送中のTVドラマ「偽装不倫」主題歌「us」を収録した通算3作品目となる3rd EP「us(アス)」をリリースし、オリコンデイリーデジタルシングルランキングにて初登場1位を記録した。 表題曲「Drown」は現在NHK総合にて放送中のTVアニメ「ヴィンランド・サガ」の2クール目エンディング・テーマに決定しており、新曲「Drown」に関してmiletは「一歩一歩、大地を強く踏みしめるようなビートに感情をぶつけて歌いました。 」と語っている。 さらに、TVアニメ「ヴィンランド・サガ」2クール目オープニング・テーマはMAN WITH A MISSION「Dark Crow」に決定したことも発表されたが、そのMAN WITH A MISSIONの10月23日発売ニューシングル「Dark Crow」に収録される新曲「Reiwa」にmiletがゲストボーカルとして参加することも明らかになった。 ワールドワイドに活躍するMAN WITH A MISSIONと、miletのコラボレーションが一体どんなものになっているのか、今から期待が高まる。 milet コメント 『ヴィンランド・サガ』について: 原作の世界に潜ると、今までにない初めての感覚に陥りました。 生と死の狭間で見えない感情の波に溺れ、自分の知らない自分に出会いながら生きていくトルフィン。 私自身の中で渦を巻く痛みや希望や強さ、そして愛を重ねて曲を書かせていただきました。 一歩一歩、大地を強く踏みしめるようなビートに感情をぶつけて歌いました。 こんなに素晴らしい作品の一部になれることがとても嬉しいです。 作品とともに楽しんでいただけたら幸いです。 Photo by 酒井ダイスケ MAN WITH A MISSION 「Reiwa feat. milet」について: 「Reiwa」をはじめて聴いた時、真っ直ぐに優しく包み込んでくれるような歌声と、白く輝く世界が広がっていくような壮大で力強いサウンドに胸を揺さぶられました。 令和という新しい時代に、平和への祈りを込めながら、また生きている幸せを噛み締めながら歌わせていただきました。 そして以前からずっと大好きだったMAN WITH A MISSIONさんの音の中に溶け込むことができ、ただただ嬉しさでいっぱいです。 MAN WITH A MISSIONさんとmiletの融合をぜひ楽しみにしていてください。 MAN WITH A MISSION Kamikaze Boy コメント miletさんノ唄声ヲ初メテ聴イタ時、新シイ時代ノ象徴トナリ、ソレヲ牽引シテイクヨウナアーティストガマタ新タニ出現シタナト感ジマシタ。 今回、新曲「Reiwa」ヲ制作スルニアタッテ、ソノメロディーヲ描イテイク時、ナゼカズット頭ノ中デmiletさんノ声ガ楽曲イメージト重ナリ、皆ト相談サセテ頂イタ結果、思イ切ッテオファーサセテ頂キマシタ。 miletさんノ唄声ガ入ッタ途端、コノ楽曲ニ新シイ時代ノ息吹ノ様ナモノガ注ギ込マレタ気ガシテイマス。 2018年9月から初となるカナダ、メキシコ公演を含む、5年ぶりの単独北米ツアーが決定したMAN WITH A MISSION(マンウィズアミッション)。 新曲「86 Missed Calls feat. Patrick Stump」が、9月20日(金)公開のTAKAHIRO主演映画、「3人の信長」の主題歌に決定した。 この楽曲はアメリカのロックバンド、フォール・アウト・ボーイのボーカルであるパトリック・スタンプと共作をした楽曲で、「Dead End in Tokyo」に続き二作目の共作となる。 映画「3人の信長」本予告60秒youtube映像 「86 Missed Calls feat. Patrick Stump」の楽曲が使用された映画の本予告が解禁となったので、早速チェックしてほしい。 2019年、海外公演を開催する日本人アーティストまとめver. 4を紹介します。 ・あいみょん 新世代シンガーソングライター・あいみょんの上海ワンマンライブが決定。 今年2月に発売したアルバム『瞬間的シックスセンス』の収録曲「マリーゴールド」MV撮影はオリエンタルな異国情緒溢れる上海で撮影され話題となった。 新アルバムを携えた日本全国ツアー中のあいみょん、海外ワンマンライブは台湾開催以降2回目。 現在海外での人気が急上昇しているあいみょんに、ぜひ注目してほしい。 英語の歌詞を流暢に歌う彼らは海外でも注目を集める。 今回は、中国本土で初めてワンマンライブを開催する。 そんなゆずが、9月28日と29日に台湾・台北のLegacy MAXにて単独公演「YUZU ASIA LIVE 2019 YUZUNOMI~拍手喝祭~」を開催する。 北米ツアーは2017年秋に開催したJimmy Eat WorldとStone Sourとのツアー以来で、単独ツアーとしては2014年6月以来、5年ぶり。 詳細は後日オフィシャルHPにて発表となるのでお見逃しなく。 彼らのワールドツアー開催が発表された。 ヨーロッパ・アメリカ・ロシアをまわる大規模なツアーとなっている。 世界で人気を集める彼女たちの動向から目が離せない。 そしてアルバムがリリースされる9月4日から、東名阪・韓国・香港・台湾を周るツアー「Say Goodbye to the System」の開催が発表された。 上海、台湾、香港、Los Angels、New York、Paris、Londonでのライブ開催、世界のアーティストと積極的にコラボを続けるSKY-HI。 海外で活躍するSKY-HIの今後の展開にも期待が高まる。 現在初のアリーナツアー真っ只中のMAN WITH A MISSION(マンウィズアミッション)だが、合間を縫ってイギリスへ渡英した。 6月12日(水)には過去にThe WhoやSex Pistols、The Clashなど早々たるロックレジェンドたちが演奏をしてきた、由緒正しきロンドンでのライブハウス100 Clubでのソールドアウトワンマンライブを行い、現地ファンを魅了。 6月14日(金)にはSlipknot、Tool、Def Leppardらがヘッドライナーを務めた、来場者のべ7万人の世界最大級のメタルフェスであるDownload Festival(ダウンロード フェスティバル)に出演。 2018年9月にスタートした自身5枚目のアルバムを引っさげた「Chasing the Horizon」ツアーだが、日本のみならずアジア・ヨーロッパを経て、6月29日(土)に福島県の南相馬BACK BEATにていよいよファイナルを迎える。 現在初のアリーナツアー中で、ニューシングル「Remember Me」が主要デジタルサイトのデイリー・ウィークリーチャートで軒並み1位を獲得しているMAN WITH A MISSION(マンウィズアミッション)。 そんな中5月21日(火)、5月22日(水)と計2万6千人のファンの前で横浜アリーナ公演を行った。 本公演は、チケット販売開始と同時に即完売したプレミアム公演となった。 ライブ中盤には「我々ガバンドヲ始動シタノガ9年前デスケド、横浜アリーナデ2日間、コンナニモ多クノ方ニ観テ頂ケルナンテ想像モツカナカッタデス。 本当ニコレダケ集マッテクレテアリガトウゴザイマス!」と感謝を述べた。 初日の公演にはさらに、サプライズ演出としてフジテレビ系月9ドラマ「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」主演の窪田正孝をはじめ、本田翼・広瀬アリス・浜野謙太・丸山智己・矢野聖人・山口紗弥加・遠藤憲一が応援に駆け付けた。 「MAN WITH A MISSIONのファンの皆さん元気ですかー?」という窪田正孝の挨拶に観客のボルテージも最高潮に達し、「オ前ラ今日イチ盛リ上ガッテルジャネーカ!」とジャン・ケン・ジョニーが観客に突っ込む場面も。 「もしもしにっぽん」は日本のポップカルチャー(ファッション・音楽・アニメ・フード など)を世界に向けて発信するプロジェクトです。 日本のファンとそしてこれから好きになってくれる人たちに日本に訪れるきっかけを作りたいと考えています。 また、「もしもしにっぽん」は日本を代表する様々なコンテンツと手を組み、オリジナルのオールジャパンを目指すとともに、各国内企業のローカライズ支援も行っています。 アウトバウンドとインバウンドの両側面から、国内経済のさらなる活性化を目指しています。

次の

マンウィズ、窪田正孝主演月9ドラマ主題歌が10冠達成

マンウィズ ドラマ

MAN WITH A MISSIONの新曲「Freak It! feat. 東京スカパラダイスオーケストラ」。 2018年1月12日金曜深夜0時52分スタートのテレビ東京ドラマ25「MASKMEN(マスクメン)」のオープニングテーマに決定した。 ドラマ25「MASKMEN」は、野性爆弾のくっきーが初プロデュースする新人芸人・人印(ピットイン)の成長過程を記録したドキュメンタリードラマとなっている。 feat. 東京スカパラダイスオーケストラ」は、東京スカパラダイスオーケストラからホーンズのNARGO、北原雅彦、GAMO、谷中敦、そしてキーボードの沖祐市、パーカッションの大森はじめが参加した楽曲。 2018年2月2日(金)に全世界でのデジタルリリースが決定している。 さらに、3月18日(日)に幕張メッセで開催されるツタロックフェス2018への出演も決定した。 勢いが止まらないMAN WITH A MISSIONの活動に今後も要注目だ。 feat.

次の