休めない仕事。 「休めない職場」の6つの大問題

仕事を休めない(休める人と休めない人の差)

休めない仕事

Contents• 仕事の代わりがいない休めない職場を辞めるべき理由 仕事の代わりがいなくて休めないのがツラいなら、 そんな職場はすぐに辞めたほうがいいです。 というのも、「誰か代わりを見つけてほしい」「休ませてほしい」と訴えても状況はそう簡単に変わらないので。 自分の力だけでは変えられない状況に変わってほしいと願うよりも、自分自身が変わる方が早いです。 「会社を休めない」「会社のやり方に納得できない」など不満があるならさっさと辞めるのが賢い😌 会社に改善を求めても個人に組織を変えるほどの力はないので。 私は会社が嫌だったので転職活動したら2ヶ月で4社から内定GET。 第一希望の会社で在宅勤務OKで有休とりやすい環境で不満なく幸せです🌷 — Sara 脱OL目指す副業ブロガー SARA18olsb また、休めない会社に束縛されている間にも時間は過ぎていき、年をとっていきます。 人生には若いときしかできないこと、今しかできないことがたくさんあるのに、 休めない会社で働いているということはそれらを経験するチャンスを逃していることを意味します。 さらに 年齢を重ねるほど転職のチャンスは限定されていく事実も知っておいたほうがいいです。 たとえば未経験の仕事に挑戦したいなら年齢が若いほど有利ですが、30代からは新しい職種の仕事を手に入れることが難しくなってきます。 経験のある仕事だとしてもライバルが若ければそちらが必然的に有利になるのはわかりますよね。 我慢の限界を超えていざ転職しようと思ったときに「実はもう手遅れだった」なんてことは割けたいですよね。 賢い人ほど早く辞めてます。 彼らは「会社を変えるより自分を変える方が効率的」ということを知っているので。 」 今の会社を辞めるべきか悩んでいるという場合は以下の記事を参考にどうぞ。 休めない会社から転職してみた結果 実は私はこれまで2度の転職経験があるのですが、転職を重ねるごとに働く環境がどんどん改善されてきて、今はかなり恵まれた環境で働いていると思っています。 休めない会社から転職した結果、幸せになりました。 私が新卒で初めて入社した会社はまるで軍隊のような会社で、上司の言うことが絶対の環境。 なので生理痛がつらくても、熱があってダルくても会社に行っていました。 あまりにツラすぎて 「ここで働き続けていたら自分がダメになる」と恐怖を感じて転職した結果、比較的有休をとりやすい会社に転職成功。 5年以上勤めたあと、「もっと成長できる環境に身を置きたい」と考え、2度目の転職を決意。 2社目の会社も有休を取得しやすい観点からは働きやすい会社でしたが、転職した結果、 さらに働きやすい職場環境を手に入れました。 転職してもう一つよかったと思うことは、 会社を辞めるときに思いっきり休めたこと。 つまり、 残った有休をまとめて消化することができます。 の調査によると、転職するときに長期間の有休をとれた人の割合は意外にも多く、 1ヶ月以上の休暇をとれた人が3割という結果に。 それだけ仕事を休めず有休がたまっていた人も多いのでしょう。 ちなみに休暇をとった人たちの休暇の過ごし方はこんな感じ。 どうせ辞める会社なので、有休がとりづらくてもそこはしっかり有休の取得を主張しましょう。 応募する段階から応募企業の社員の働き方をリサーチする• 応募企業の状況を知っている人に聞いてみる• 過度に期待しすぎない 上記を実践するための具体的な方法を解説します。 転職も同じで、次の会社に入社したときのギャップを減らすために転職専用の口コミサイトを利用するのが賢い転職です。 おすすめの口コミサイトは以下の2つ。 300万件以上の情報が掲載されていて、 だいたいの企業の口コミは網羅されているので転職するなら登録マストです。 会社の「良い点」、「気になること・改善した方がいい点」、回答者の年収、有給取得率など生の口コミが読めます。 面接で聞かれたことなど転職活動に関する口コミもあるので私の転職でも役立ちました。 口コミサイトの閲覧はからどうぞ。 気になる企業の求人情報も見れますよ。 「入社理由と入社後のギャップ」や「ワークライフバランス」など分野別の口コミ情報が充実しているだけでなく、 「女性の働きやすさ」に限定した口コミがあるのもかなり参考になりました。 口コミ人気企業ランキングで応募したい企業を探すこともできるほか、掲載企業の最新の求人情報もチェックできて便利です。 転職活動全体をサポートしてくれるのがエージェントの仕事ですが、 取り扱う企業のことをよく知っているので実際の働きやすさや雰囲気などを直接教えてもらえます。 複数の転職エージェントを併用してどちらにも同じ企業の評判を聞いてみることで、より信憑性の高い情報を得られることもあるので、2つ以上の転職エージェントに登録しておくと安心です。 また、 面接では聞きづらい福利厚生面(たとえば有休の取得率や給与など)についてもヒアリングしてくれますし、内定をもらえた場合は 年収など条件面の交渉まで対応してくれるので、私の場合エージェントを利用していなかったら今の年収まで金額を上げれていなかったと思います。 さらに言うと、 転職エージェントを使ったら短期間で第一希望から内定をもらえましたよ。 まとめ 仕事の代わりがいないのはあなたの問題ではなく、会社や上司の問題。 あなたには会社を休む権利があります。 とは言え、一社員にはどうすることもできないので、その環境を甘んじている受け入れている間に3年、5年、10年と月日が過ぎてしまいます。 何年も経ってからその間にできたかもしれない経験を思って後悔しないためにも、「代わりがいなくて休めない」とあきらめたり状況が改善するのを待つのではなく、とりあえず転職活動してみるといいですよ。 転職活動では、再び「休めない会社(仕事)」を選んばないようにしっかり企業リサーチしましょう。 転職の口コミサイトや転職エージェントを上手に利用するのが後悔しない転職活動の第一歩です。 仕事が休めず忙しい人のための転職活動を始める方法を以下の記事にまとめました。

次の

仕事を休めない人の特徴!忙しくても平気で休む人の考え方とは

休めない仕事

ぺん子「1日でも仕事休んだら仕事が山積みになるから、仕事を休めないわ。 」 ぺん太「でも、仕事をしょっちゅう休む人がいるから不公平だよ〜」 ぺん子「ホント、普段仕事をしてない人って休みまくって給料同じだから腹が立つわ〜」 サラリーマンでいるうちは自由に仕事を休めない。。。 仕事を休みたくても休めない。 私はこのような状況に不満を持ちながら 仕事をしています。 今回の記事は私の 愚痴になることが大半になりそうです。 さて、仕事を休めない状況と言うのは主に 3つくらいあると思います。 1.仕事量が多すぎて休めない。 2.自分の代わりに仕事を知っている人がいない。 3.休めない雰囲気になっている。 1.仕事量が多すぎて休めない この場合は完全に人手不足です。 私の状況もこれに近いです。 誰も有休をとらないなら問題ないですが、 1人でも欠けるとたちまち深夜は当たり前の 残業になってしまいます。 それでも平気で空気を読まずに休みまくる 奴がいるので、たまったもんじゃありません。 お盆休みがない代わりに、任意で夏休みが 5日間与えられているのですが、有給も 消化できないのに、夏休みを与えられても 全く意味がありません。 もちろん空気を読まずに1週間くらい休む奴も います。 仕事ができないので仕事をほとんど 与えられずに、いつでも休めて同じように給料を もらう人間を腹立たしく思うものです。 2.自分の代わりに仕事を知っている人がいない 私の場合ですが、1日会社を休むとメールが 100通くらい来ています。 もちろんCCもありますが、誰もそのメールを処理して くれていません。 急ぎの見積もりのメールもあります。 つまり私が夏休みや有給をとっても、かえって 次の日が死にそうになるだけです。 1度頭痛がひどくて朝に半休をとりましたが、 仕事が気になって会社にくると、机の上は書類で ぐちゃぐちゃ。 メールは既に30件。 さらに頭痛がひどくなったのは言うまでもありません。 さすがにブチ切れそうになりました。 それでも私の部下の仕事は私が全ての仕事を 把握してますし、現に1ヶ月くらい部下が抜けた ことがありましたが、1人で2人分の仕事をして 切り抜けました。 別にこれに関する私の評価は0です。 私が仕事を知っているだけに部下ばかり休みまくり やがって自分が全く休めないのでは、ちょっと給料が いいだけでも 不満が溜まるのは当然です。 もちろん部下は積極的に私の仕事をとるつもりは 一切ありませんし、そもそも部下も日中は忙しい ので、仕事を振ることもできません。 残業も強要 できませんので。 3.休めない雰囲気になっている。 これは1と2が連動した結果になると思います。 そもそも人に余裕があって、チームで仕事 を把握しあっていれば、1週間1人が欠けても、 仕事は余裕で回ります。 それをみんなで回していけばいいだけです。 結局は1と2の条件があるから、3の休めない 雰囲気になっていることと思います。 もちろん仕事できない人間は、仕事をあまり していませんので、空気を読まず休む人は いますが、いかに空気を読まず休んでも その結果自分が休み明けに死にそうに なるなら、強行に休むこともできないでしょう。 結局仕事できないひとばかりが、同じ給料で 有休をとりまくることになります。 これでは不公平を感じても当然ですね。 こんなストレスが溜まる組織に属するのが嫌、 そもそも仕事勤めが嫌なのであれば、 自力でお金を稼いでストレスフリーの仕事を することをお勧めします。 詳しくは「」の記事からご参考下さい。 基本的なスタンスとしましては、いきなり自力で お金を稼ぐために会社を辞めるのではなく、 副業から自力でお金を稼ぐことを始めて 頂ければと思います。 「」の記事も併用して下さいませ。 ぺん子「やっぱり自由に仕事を休みたいならサラリーマンから離れることがいいってことね。 」 ぺん太「同じ給料で不公平を感じるのは嫌だよ〜」 は王「歩合制でない仕事なら、人と比べて不満が出てくるのは当然。 仕事ができる人、売上を伸ばす人でも給料がほとんぼ変わらず、しかも休みが稼がない人より少なくては不満が出るのも当然だな。 そんな組織から抜け出して、自力で稼げば全ての利益は自分のものになるので、副業をいち早く始めることを本当にお勧めするな。 」 仕事を休めない(休める人と休めない人の差)関連ページ 仕事でストレスがひどい場合、一時的なストレス発散では解消できません。 職場で気が合わない人は当然いることと思います。 そんな人と同じ土俵に立っていては、まともに進む仕事もうまくいかないでしょう。 仕事で後輩が言うこと聞かない場合の対策は、相手にしないか、逆らうと損をすると思わせるかのどちらかがいいでしょう。 人生の中で仕事は大半を占めます。 それが楽しくないのであり、工夫しようもないのであれば、今一度生き方を考えてみる必要があるでしょう。 家に帰っても会社の人のことばかり考えることは普通にありますが、ちょっと思考を変えるだけでそこから解放されるかもしれません。 職場の人間関係は働く以上一生ついて回るもの。 無理して付き合っていくこともまたないのです。 動悸の症状は人それぞれです。 職場環境や個人の性格も全く違いますので、ひとくくりにしないように気をつけましょう。 文句ばかり言う人を相手にする場合労力がいりますが、うまくいけばストレスは軽減することになります。 組合の仕事が辛ければ、手抜きすることも大事になります。 間違っても会社の敵にならないようにしましょう。 自分だけがしんどいと思うことはよくあることなので、その現状をどう捉えるかが重要です。 仕事で腹が立つことは多々ありますが、怒らないスキルを身に着けるのもまた仕事です。 サラリーマンで仕事で報われないのは普通です。 その頑張りを自分のために使ってみるのもいいでしょう。 仕事のストレスは受け入れるしかないですが、それでも限界はあるでしょう。 気軽にできる仕事のストレス解消は笑いかもしれません。 睡眠不足は通常以上のストレスを生むので、しっかりと休息はとるようにしましょう。 職場に人がいる限り、人間関係でイライラするのは生涯付きまとうものです。 必要以上に頑張って体を壊しても、誰も助けてはくれません。 早く帰りたいためにお昼に仕事をしても、体を休めなければ、かえって効率が落ちます。

次の

ぎっくり腰になったのに仕事が休めない!そんなときはどうしたら良いの?

休めない仕事

会社を休みたい、でも休めない。 そんなジレンマと戦っている人は少なくないでしょう。 日本のサラリーマンの多くが自分の仕事が好きなものでなく、生活するために我慢して働かなくてはいけないもの、と思っています。 しかし休みたいのに休めない会社で働き続けることはとても危険なことです。 一生その会社で本当に良いのでしょうか? 新卒で会社に就職してから定年退職まで40年、本当にその会社に自分の40年を尽くしたいと思えるでしょうか? 世の中にはたくさんの会社があります。 一つの会社に勤めるだけではわからないことがたくさんあるでしょう。 今回は休めない会社で働き続ける奇妙さについてお話しします。 休みたいは自分のサイン まず仕事をする上で、 理由があって休みたいと思うことはよくあると思います。 風邪を引いてしまった• 家族の具合が悪い• 子供を見てくれる人がいない• 子供の学校行事• 生理痛がひどい そんなことは誰にでもあって、こういった都合がない、ということはありえないことでしょう。 そしてそういう時に休めない仕事につくと、あとで後悔すると思うのです。 「 一生に一度の子供の運動会なのに、見れなかった……」となったら悲しいですよね。 休みたい時に休めないと、あとで後悔することになるのです。 休みたいのに休めないというのは 自分の優先順位を会社に決められてしまっているということです。 自分が進んで選択した道ではなく、会社に強制的に選ばされている道を歩んでいっているわけです。 もしあの時会社を休めていたら、なんてことがきっといつか訪れるでしょう。 さらにいえば、そういう休みたい、という気持ちは自分の体のサインである場合もあります。 休みたい時に休めないせいで、自分の体がどんどんボロボロになってしまうことだってあるのです。 休みたいと思った時に休めないというのはもはや人権侵害レベルだと思うんです。 関連記事: 責任を感じる必要はない 休みたいと思っている時に休めない人の多くの休めない理由は「自分が行かないと自分の仕事を代わりにできる人がいないから」というものだと思うんですね。 私の友人にも「 自分が仕事に行かないとお客様の対応ができないから」といって会社を休めないでいる人がいました。 しかしこれは会社の体制としてはとてもおかしなことなのです。 その個人にしかできない仕事をたくさん抱えているような会社というのは組織として成立していないですよね。 基本的には会社というのは個人をカバーしあうための組織であるはずです。 個人の仕事に頼りきっている会社というのはそもそも会社組織として不十分すぎます。 その個人が急に仕事を辞めてしまうことだってあるわけですからね。 そのリスクヘッジができていない会社ということです。 ですからそれは、自分が感じなくてはいけない責任なのではなくて会社側が感じるべき責任なんです。 休みたい時に「 代わりがきかないから」という理由で休めないような会社であり、 本当に自分に代わりのきかない技術的なスキルがあるなら、会社を辞めてしまってフリーランスとしても十分やっていけるでしょう。 違う?そうでしょう? 代替不可能が技術を持っているならそれはもう会社組織に依存する必要性がないのです。 休みたい時に休めない会社に依存するよりも自分で起業してしまったほうが快適に仕事をすることができるようになるでしょう。 休みたい時にきちんと休めるようになります。 今時代はデジタル化への過渡期で、多くの会社が縮小、倒産しています。 会社に就職したから将来安泰、という時代は終わってしまったのです。 だからこそ、被雇用者も「 この会社は本当に将来的に大丈夫なのか」という目を常に持っておくべきだと思います。 関連記事: 休めないまま過ごすと起こる怖いこと 休みたいという自分のサインを無視したまま休めない日々を送っていると、いずれ自分にガタがくる時が来ます。 そうやってうつ病になってしまった人をたくさん見ました。 そしてうつ病がさらに深刻化すると統合失調症という精神病を引き起こす恐れもあります。 そこまでいってしまったら仕事をするどころか一人で生活することもままならなくなってしまいます。 家族の介護が必要になる生活になってしまうのです。 一人で外出するのも難しければ、一人で自宅でじっとしていることも不安で恐ろしくなってしまう。 会社のせいでそんなことになるなんて嫌じゃないですか? 人生そのものが会社のせいで狂ってしまうんです。 休めない会社に勤務し続けることは本当に恐ろしいことなのです。 関連記事: 自分に合っている働き方を探そう 休みたいと思った時に休めない会社で働いている人はなるべく早く転職するために動き出しましょう。 仕事は自分にとって楽しいものであるべきです。 もし自分に合っている仕事がどんな仕事なのかわからない、という人はを使って自分の強みを診断してみましょう。 設問に答えていくだけで自分の強みやそれを活かすことができる仕事を紹介してくれます。 自分が楽しく働くことのできる会社に勤める、ということはとても大切なことなのです。 関連記事: 手遅れの状態になる前に、早く行動しましょう。 仕事を休めない、という状態のまま働くことが正しい、と言ってくる人もいると思う。 たしかにそういう時代もあったのかもね。 でも、いまはそういう時代じゃないんですよ。 好きなことをやって、自分の仕事を資産に、ブランド力に変えていく時代だと思う。 もっと自分の心に合った働き方をするべきなのです。 関連記事: では今日はこのあたりで。

次の