テラリア ポーション 作り方。 Ironskin Potion

【任天堂スイッチ】テラリアの序盤攻略 操作方法は?進め方は?

テラリア ポーション 作り方

アイテム区分を検討 宝箱には最大40個のアイテムを保管できるのですが、どういう区分で保管するかが重要になってきます。 これについて、僕らはの情報を参考にしました。 ちなみに、僕らは無謀にもアイテムコンプリートを目指しているので、アイテム全数を保管するこを前提にしてます。 そうでない場合、ここまでやんなくてもよいですね。 マネキンも活用 防具や衣装は、宝箱じゃなくてもマネキンに着せて保管することもできます。 個人的にはマネキンの方が見た目が良いので好きです。 また、家具などの装飾品は、部屋を作ってインテリアとして設置するのも楽しいですね。 ただしマネキンに飾った場合、カーソルで選択しただけではアイテム名などの詳細情報が表示されません。 ピッケルで剥がして自分のアイテム欄に入れないといけないのが、ちょっと面倒くさいかも。 区分ごとに宝箱の種類を変える 宝箱は区分毎に種類を変えると分かりやすくなります。 序盤は宝箱のバリエーションを確保するのが難しいと思うので後述の目印を併用することになると思います。 ちなみに、僕らはTerrariaをプレイし始めてかなり初期にジャンパイさんが考案した宝箱を土に埋めるスタイルを採用しています。 土に埋まっている分だけ無駄にスペースが消費されるのですが、見た目がかっこいい。 まぁ、普通にプラットフォームなどの上に置くのが一番手軽だと思います。 宝箱に目印をつける 宝箱に何が入っているのかをあらわす目印はアイテムフレームが最も手軽だと思います。 アイテムフレームには任意のアイテムを飾ることができるので分かりやすい目印になります。 類似アイテムにウェポンラックってのもありますが、こちらは武器専用でサイズがちょっと大きめ。 とっておきのものを飾るにはこちらもアリですね。 アクセサリーの保管はしっかり 武器や防具は、過去に取得したものを再び使うということはあまり無いと思います。 しかしながら、アクセサリーは状況によって使い分けたり、合成したりするので「この前拾ったアレどこいったっけ?」というケースが多々あります。 ですので、少なくともアクセサリーを保管する宝箱は明確に決めといたほうが良いです。 あとよく使うのはポーションや鉱石関連ですかね。 一時置き用の宝箱 厳密にアイテムを保管しようとすると、保管する作業自体がかなり面倒くさくなります。 なので、一時的に保管する用の宝箱を別途設置すると便利に使えると思います。 終わりに 繰り返しになりますが、重要なのはどういう区分でアイテムを保管するかだと思います。 Terrariaのアイテム数は膨大なので、最初から拡張性を意識して設計すると後で楽になりますよ。 まぁ、偉そうなことを言っといて、僕らも上手く実装できてないんですけどね…。 日々精進です。

次の

テラリア

テラリア ポーション 作り方

ダンジョン探索 ダンジョンはレンガブロックでできていて、整った通路ができあがっています。 ドアがあったりもします。 壁には「きのあしば」がたくさんあって、その上に「ほん」やポーション類が置かれていますので、ハンマーで回収しながら進んでいきます。 探索のじゃまになるとげとげのトラップ「スパイク」。 ダンジョン内の天井や壁などいたるところに設置されています。 あたるとけっこうダメージを受けますので、ハンマーで壊しました。 ときどき「ほん」に混ざって「ウォーターボルト」という魔法武器が置いてあることがあります。 クラフティングレシピには無いようなので、ダンジョンで探して手に入れておくと良いかと思います。 ダンジョンのモンスターたち。 基本的にスケルトン(ほねっぽいやつら)の強化版みたいなのが多いです。 きんのたからばこと、きんのかぎ(浮島のぶんも) 鍵のかかった「きんのたからばこ」がありました。 あけるためには「きんのかぎ」が必要です。 きんのかぎは 消耗品です。 ひとつの宝箱を開けるのに、ひとつのかぎが必要となります。 ダンジョンのモンスターがときどき「きんのかぎ」をドロップしますので、かぎが手に入ったら宝箱を開け、またかぎが手に入ったら宝箱を開け…をくりかえしました。 ダンジョン内ではそれほど頻繁にモンスターに遭遇するわけではないため、集めるのにけっこう時間がかかってしまいました。 「ダンジョンスライム」を倒すと必ずドロップするのですが、めったに出てきません。 「きんのかぎ」は 浮島の宝箱を開けるときにも使いますので、浮島探索をするならダンジョンで余分に集めておくと良いです。 それからときどき「シャドウキー」という鍵が宝箱に入っていることがあります。 これは、地底世界(地下のいちばん深いところ)にある「シャドウチェスト」を開けるために必要な鍵です。 シャドウキーはきんのかぎとは違い消耗品ではありませんので、ひとつあれば大丈夫です。 (シャドウチェストは、こんなの) とらわれたメカニック救出 ダンジョン探索をはじめてすぐに、とらわれたメカニックを見つけました。 トラップや、アイテムを増殖する装置などをつくるための材料を売っています。 なわをほどいてあげました。 このひとも、家を建てると、新しいNPC「メカニック」としてむかえることができます。 あらかじめダンジョンなどの宝箱から手に入れていた じゅうりょくのポーションを3つを使って浮島を発見することができたのですが、他の方法も試してみました。 順にご紹介します。 ブロックを空高く積んで探す(失敗) まずは、ブロックを空高く積み上げ、ある程度の高さになったら左右にブロックを伸ばし、歩きながら探す方法を試しました。 でも、積み上げている間に、空中のモンスター「ハーピー」に落っことされてしまいました。 たくさんブロックを用意して、もっと幅広く積んでいったほうが良いのかもしれません。 ウォーターボルトを使って探す(失敗) ダンジョンで手に入れた「ウォーターボルト」は、壁で跳ね返る水弾をうつ魔法武器です。 その性質を利用して、空に向かって(真上に)撃ち、水弾が跳ね返ってくればそこに浮島がある…という探し方を試してみたのですが、残念ながらうまくできませんでした。 わかりづらい画像ですが、このように上に向かって撃った水弾がブロックに跳ね返ってきます。 発見した浮島の真下で撃っても跳ね返ってこなかったので、やりかたが間違っているのでしょうか。 じゅうりょくのポーションを使って探す(成功) じゅうりょくのポーションを飲むと、重力を自由に操作することができるようになります。 左スティックの上を押すと空へ向かって落下、下を押すと地面に向かって落下します。 ある程度の高さになると、景色がこうなります。 星空というか宇宙というか。 じゅうりょくのポーションについて注意すること じゅうりょくのポーションの効果は 3分間です。 また、その3分間、キャラクターは浮いているのではなく「落下」をしていますので、着地の際にはダメージがあります。 着地するときには上下キーでうまく減速する・びんづめのくもをつかうなどなど、地面にたたきつけられないように注意します。 地面や浮島に近づく前にポーションがきれてしまいそうになったら、「まほうのかがみ」などで急いで帰ってしまえば、ライフを失わずにすみます。 これが空中のモンスター「ハーピー」です。 こんなにかわいいのに攻撃は強いし、いっぱい湧くし、ダメージの大きな羽弾をたくさん降らせてきます。 ハーピーがドロップする「はね」を使い「じゅうりょくのポーション」をつくることもできますので、次の浮島探しのために集めておきます。 浮島探索 浮島をひとつ発見しました。 島はそれほど大きくなくて、こんなふうにきらきらのレンガに囲まれた宝箱がふたつありました。 鍵がかかっていますので、開けるにはダンジョンで手に入れた「きんのかぎ」が必要です。 浮島探索中にもハーピーがいっぱい襲ってきました。 落下ダメージが無くなるという便利なアクセサリー「こううんのおまもり」が見つかることがあるそうなのですが、今回は残念ながらありませんでした。 宝箱から見つけたレアなアイテムは、魔法武器「スターフューリー」とアクセサリー「あかいろふうせん」でした。 じゅうりょくのポーションの作り方 手持ちのポーションがなくなってしまいましたので、ハーピーからもらった「はね」を使って作りました。 まずは ビンの作業台をつくっておきます。 きのつくえやワークベンチなどの上に、ビン・ピンクのかびん・コップのどれかを置くことで、ポーション類をつくるための作業台になります。 下の画像は「きのつくえ」の上に「ビン」を置いたところです。 なお、ビンの材料は砂ブロック(をガラスにしたもの)、ピンクのかびんの材料は粘土ブロック。 どちらも作成には「かまど」が必要です。 次に「ビンづめのみず」を用意します。 海や水たまりなど、 水のちかくでビンを手に持ち、作成画面を開いてつくります。 「ビンづめのみず」ができたら、先ほど用意したビンの作業台のちかくに立って、以下の材料から「じゅうりょくのポーション」をつくります。 ビンづめのみず• デスウィード(不浄の地にはえてる)• ファイアブロッサム(地底世界にはえてる)• ブリンクルート(ふつうの地下などにはえてる) このワールドでは浮島がひとつしか見つからなかったので、別のワールドを作成し、じゅうりょくのポーションを使いながら浮島探しと探索をつづけました。 他のワールドでもやっぱり、ひとつずつしか浮島はありませんでした。 あと、「こううんのおまもり」もまだ手に入れていません。 とっても便利そうなので、もうちょっと探してみようと思っています。 追記140706:ちいさな浮島が2つあるワールドもありました。 その場合、浮島ひとつに宝箱ひとつでした。 次回、さいごのボスに挑む 地底世界(地下のいちばん深いところ)で召喚できるさいごのボス「ウォールオブフレッシュ」に挑んだときのメモをかくつもりです。 これまでのボスとは段違いに強くて、現時点ではまだいちども勝てていません。 がんばる。

次の

テラリアPC版 ポーション作成入門:hanのブロマガ

テラリア ポーション 作り方

テラリアのスイッチ版がいよいよ登場。 マルチプレイヤー機能ももちろん搭載。 スイッチなら寝テラリア(寝ながらテラリア)もできるので便利です。 任天堂スイッチ版テラリアとは? テラリアは2Dサンドボックスタイプのゲームです。 マイクラのように採掘し、クラフトしていけます。 ただし自由に作って遊ぶというよりは、展開が明確です。 進めば進むほど、いい鉱石をゲットして強い武器が作れるため、ロールプレイングゲームのように進行します。 ちなみにスチーム版ではうちは最もプレイ時間の長い作品でした。 このたび任天堂スイッチ版が登場したのでそちらも購入してみました。 起動するとこんな感じ。 マルチプレイヤーもサポートされています。 最初にキャラを作ります。 ランダムで作ると早いです。 今度はワールドを作成します。 大きいと動作に影響する可能性もあるので、とりあえず小で作ってみます。 ワールドのデータが生成されるのには時間が少々かかるのでしばし待ちます。 序盤攻略 最初はまず操作になれましょう。 そして、シェルターを作ったり防具をパワーアップして身の安全を確保していきましょう。 基本操作になれる 画面を拡大・縮小 ゲームプレイ画面です。 うちはスイッチライトでプレイしてるのですが、さすがに画面は小さく感じます。 プレイできないというほどではありませんが...。 画面でピンチ(2本指を置いて、指の間を開く動作)をするとプレイ画面の拡大や縮小ができます。 これで見ずらい問題はクリアです。 基本操作 基本操作は• ZL:ジャンプ• ZR:武器の攻撃• R,L:アイテムの切り替え です。 マイナスキーを押すと全体の地図が確認できます。 プラスキーで「設定」や「セーブ」があります。 やめるときはこちらから「セーブしてやめる」を実行します。 Xボタンで、アイテムの作成画面となります。 アイテム画面の使い方については以下参照ください。 掘り進める 食料を集める 序盤は、きのこが採取できます。 スロットで選んでZRで食べてライフを回復します。 赤いビンのライフポーションが集まってくれば、ポーションのほうが効率よくライフを回復できます。 材料を集める スロットを切り替えて、ツルハシや斧にして木を伐採したり地面を掘りましょう。 左スティックで人物が移動します。 右スティック(あるいは十字ボタン、あるいは画面タップ)でグリッド(方眼紙のようなやつ)が移動します。 グリッドの中心がパソコンで言うところのマウスカーソルの位置となります。 パソコン版テラリアでの操作になれていたためもあって、なぜか木が伐採できなくて最初は困りました.... 木を伐採するには、• LRボタンを使ってスロットを斧にもちかえる• 左スティックで人物を木の近くへ移動• 右スティックでグリッドの中心が木の幹のところへ来るように移動• ZRを押しっぱなしにし、採掘できるまでホールド... という手順になります。 これだけだと左と右スティック両方使って進まないといけないので不便です。 一気に掘り進むには? 左スティックを一度押し込むと、スイスイモード?にかわります。 このモードの場合、ボックス上のカーソルが現れ、その方向をどんどん掘りながら人物も移動します。 シェルターを作る テラリアでは夜になるとゾンビなど、敵も増えて大変です。 昼のうちにシェルターを作っておきましょう。 伐採した木を配置すれば防御壁が作れます。 地面を掘っていって、上をふさぐことでも安全な場所を作ることができます。 アイテムを作る まず「 たいまつ」を作りましょう。 地面や洞穴は暗くて見えませんので、たいまつは必須です。 たいまつを置けば、その場所はずっと明るくともされます。 xボタンを押すと、左下に作れるものの一覧が出てきます。 「たいまつ」は「木」やスライムの青い塊が材料です。 AボタンやZLで作成。 スロットなどへドラッグしておきましょう。 ドアを作ると、自分は通れるがゾンビは通れなくなります。 (たまに通ってくる不届き物もいますが... ) ワークベンチを作る ワークベンチがあると、製作可能なアイテムの種類が増えます。 まずワークベンチを作りましょう。 ワークベンチを地面へ置き、そのそばに立っている状態で Xボタンを押します。 Rキーを2回押すと、作れるものの一覧がぱっとでます。 かまどをつくる 「かまど」を作ると、鉱石を製錬できます。 地面に置くとこんな感じ。 近くに立ってXボタンを押し、Rボタンを2度押すとインゴットなどが作れるメニューに出てきます。 かなどこ さらに「かなどこ」もつくりましょう。 この付近でXボタンを押し、Rボタンを2度押すと金属の刀や防具などを作ることができます。 金属を集め、かまどでインゴットを作成。 さらに金床で武器や防具を作っていきます。 防具は早めに作り、いい鉱石があつまったらさらに強い防具へとアップグレードして敵にやられにくくしていきましょう。 移動範囲を広めていく 地中、海中、あるいは空へと、テラリアではどんどん進んでいくことができます。 最初は下へどんどん進み、鉄やプラチナなどを集めていくといいと思います。 進めば当然敵も強くなり死にやすくなります。 対策を講じて、なるべく死亡頻度を減らしましょう。 操作方法をもっと増やす テラリアの操作は多いので、いろんな操作方法があるのでマスターしていきましょう。 まずRボタン長押しで自分の周りにスロットを一覧できます。 これならRやLでスロットを慌てて移動させるよりもすぐ選択できます。 Lボタン長押しなら、お気に入り?アイテムを表示します。 Xボタンを押した後、アイテムを選択し、Rスティックを長押しすることでビルディングモードとなります。 余計なボタンが隠れ、大きなグリッドを表示させてブロックを配置したりできます。 じっくり部屋をクラフトしたい場合などはこのモードでもいいかもしれません。 部屋を作りNPCを誘致する テラリアでは部屋を作ると、NPCと呼ばれるキャラクターたちを誘致することができます。 キャラからは情報を得たり、アイテムを買えたり売ったりできるので役立ちます。 部屋を作るには、ちゃんと部屋をブロックで囲います。 土ブロックなどでも構いません。 ドア、机(またはワークベンチ)、椅子、あかり(たいまつなど)を配置し、背景に壁を塗ってうめつくします。 あまり小さすぎないようにします。 10x6以上?が目安でしょうか。 部屋ができているかは部屋アイコンを選び、?アイコンをタップして調べることができます。 部屋ができると、NPCとよばれるキャラたちがやってきます。 話しかけるとアイテムが買えたりします。 拠点を作る 途中途中でアイテムを管理したり、ライフを回復するための拠点は必要となるでしょう。 いちからつくってもいいのですが、ところどころにある部屋をそのまま拠点として整備したほうが、手間を減らすことができます。 みつけたら、蝙蝠がはいってこないように壁を整備したり、ゾンビからすぐ逃げ込めれるようにドアを整備しておきましょう。 基本的には回復、アイテム管理 保存や作成)ができればいいと思います。 たからばこ• たきび• ワークベンチ• かまど• ベッド... などを整備しましょう。 また「ちょきんばこ」があれば、どの場所からも同じ箱の中身へアクセスできます。 ベッドを作る テラリアPC版ではベッドを作って回復地点を指定できます。 ただスイッチ版では今のところやり方はわかりません。 部屋の中にベッドを置くようにしましょう。 部屋の作り方は上記にあります(椅子やテーブル、あかりをおき、背景に壁を敷き詰める)。 ベットは以下のように作ります。 ワークベンチで「 のこぎり台」を作ります。 「のこぎり台」で「 はたおりき」を作ります。 蜘蛛の巣をある程度集めたら、「はたおりき」で「 シルク」を作れるようになります。 「 シルク」がたまったら、「のこぎり台」で「 ベッド」が作れるようになります。 ベッドを部屋の中に置き、選択してBボタンを押すと「ふっかつ地点を設定しました」という文字が出てきます。 ポーションを作る ポーションがあれば、敵の攻撃をかわしたり、移動速度をアップしたり、水中に長時間いたりすることができ自由度がアップします。 作るには、まず 砂ブロックから ガラスをかまどで作ります。 ガラスから ビンをかまどで作ります。 ワークベンチの上にビンを置きます。 ビンが複数必要なものはテーブルの上にその数だけビンをおかないと、作れるメニューに出てきません。 素材があればポーションが作れます。 ビンx2、キノコx1、ジェルx2があれば、ちいさなライフポーションが作れるもののところに出てきます。 種類についてはこちらを参照ください。 便利な武器や道具を作る 進んでいくと便利な武器としては「 いばらのチャクラム」があります。 これは「ジャングルのほうし」と「はり」から作ります。 威力があるうえ、遠隔攻撃が可能。 さらに戻りも早いです。 移動ではフック類が便利。 「B」ボタンで発射します。 ZLで解除します。 ウェブスリンガーを使うと複数のフックを発射できるのでより便利です。 イベント・ボス戦など 画面の右側へ進んでいくと、砂漠の世界となります。 左側は氷の世界です。 上はある程度のとこまでいけます。 空には「浮島」とよばれる着地可能なところがいくつかあります。 地下にどんどんいくと溶岩なども出てきますので注意しましょう。 ブラッドムーン 定期的にイベントがおきることもあります。 こちらは画面全体が赤みを帯び、血の雨が降る中でコートを着たゾンビが大挙して押しかけてくるという定期的な?イベントです。 隠れていて?朝が来るまでやりすごすのも1つの手です。 クイーンビー(巨大なハチの巣) 巨大なハチの巣では、巣を掘るたびに鉢が出てきて厄介な場所です。 巣の中央を攻撃すると出てくる女王バチがクィーンビーで、結構強敵です。 やられても復活ポイントまできている場合があり、そんなときは何度か死にながらも攻撃して倒すことができます。 クトゥルフののうみそ 「しんくの大地」と呼ばれる通常のツルハシでは壊せない赤い場所へ移動します。 入り口があるのでそこから降りることはできます。 心臓のようなものは、ボムで爆破すると壊せます。 心臓もボムで破壊してアイテムを入手します。 3つぐらい?壊すと、怖い怖い脳みその化け物が出てきます。 巨大ミツバチやスライムおうかんのように復活ポイントまでは追ってきませんした。 メテオ 隕石が落下するイベント。 隕石が落下します。 落下地点にそのまま行くと、燃えてしまうので長時間はいられません。 また、メテオヘッドなる隕石の子供たちも出現するので結構うっとおしいです。 ただしダイナマイトなどで破壊して入手できるメテオライトは、かまどでメテオライトインゴットに変換。 すると• メテオハンマアックス(22ダメージ)• スペースガン(21魔法だめーじ)• メテオヘルム(5しゅびりょく)• メテオスーツ(6しゅびりょく)• メテオレギンス(5しゅびりょく) などがつくれます。 ゴブリンぐんだん ゴブリンたちが大挙して攻めてきます。 100%クリアになるまでひたすら倒しまくりましょう。 スライムおうかん でかいスライムです。 左端にある緑色の廃墟?付近へ行ったら出現してきました。 おっかけてきて、こちらが復活したポイントでも襲ってくるので大変でした。 キングスライムの召喚方法やアイテムドロップについては以下参照ください。 巨大遺跡 地下の巨大な空間です。 外壁は普通のピッケルでは砕けませんので入り口を探しましょう。 カギを見つけないとは入れないので、ドロップする敵をみつけましょう。 ぐぐってみるとハードモードにしておく必要があるようです。 クトゥルフのめだま 夜間にあやしいめだまを使うと登場。 巨大な目玉とのし烈なバトルが始まります。 出現にはライフ200、しゅび力10以上、NPCが3人以上出現している必要があります。 ダンジョン・スカルトロン 緑色のダンジョンで、ろうじんに「夜来い」といわれたので、 よる来たら「やめておけ」という。 むかーっときて、そのまま無視して進むと、 ボスのスカルトロンくんが出現。 巨大な骸骨です。 装備を強くしてからいくべきでした。 お年寄りの言うことはちゃんと聴きましょう。 ウォールオブフレッシュ 地下にいる強敵。 呼ぶには「ガイドのにんぎょう」がいるそうなので捨てないようにしましょう。

次の