ドラパルト評価。 【S5最終2位】ドラパミミスタンダード

ドラパルト|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ドラパルト評価

皆さんこんばんは、バイソンです。 今回はシングル環境最強格のドラパルトについて解説していきたいと思います。 このは型の種類が非常に多く、型の判別が難しいので対戦する際に立ち回りに困っている方も多いかと思います。 そこで今回はこのドラパルトというの型をできるかぎり皆さんに紹介してこのに関する理解をより深めていただければと思います。 余りにも型が多種多様なのですべてを紹介することは不可能ですが、少なくとも上位帯で見かける型はすべて紹介していきたいと思います。 最後に自分たちが考案した特殊な型のドラパルトもご紹介するので最後まで目を通してくれると幸いです。 今回は物理編、特殊編、補助編の3つに分けて紹介していきます。 型紹介 ドラパルトは非常に型が多彩ということは先述しましたが、物理でも 鬼火や 大文字などの役割破壊技を持っている可能性が十分にあり得ます。 それを念頭に入れて以下の記事をお読みください。 ~物理編~ 物理型の持ち物は主に 等があります。 順に紹介していきたいと思います。 を持っている型は基本的には耐久に振らず、ASやCS等の火力&素早さぶっぱになります。 このアイテムを持たせる利点は行動保証による対面性能、ックスを切らずとも一定の活躍が保証される点にあります。 行動保証を利用したターン稼ぎを行うこともでき、+襷で最低3ターン稼いでックスを使わせられるのも強みになっています。 メインウェポンのほかに好きな技を選択でき、柔軟に対応できるのも魅力の一つです。 またこの行動保証を利用したストッパー性能はもちろんのこと、これを利用した龍舞型も存在しています。 保険が適用されたときの爆発力は凄まじく、簡単に相手のPTを崩壊させてしまうことができます。 ほとんどの 持ちが 空を飛ぶ ( ダイジェット)を持っているので 持ちで上から破壊することが困難なことも魅力の一つです。 ただし保険が発動しなかったときの弱さが際立ってしまい、上手な処理をしてくる相手にはなかなか難しい立ち回りを強いられてしまうことになります。 また、弱点保険を バトンタッチで裏につなぐ型も存在します。 最近最上位帯で ミラーが散見されるので 採用をするのであれば基本的に最速が安定する。 有利対面での制圧力、不意打ちでの縛り性能の高さが主な利点です。 A補正の理由は 等の高耐久に対する乱数が変化するので選択肢の一つになります。 HPを犠牲に火力と範囲を手に入れているので耐久調整を行うことが難しいからです。 その分 以上の火力を確保しながら では実現できなかった柔軟性を得ることができる扱い易さが利点です。 積技からの全抜きを狙う単純な型ですが、その単純さが強いです。 持ち物による状態異常耐性が非常に魅力的で意識の外から欠伸などに合わせられるとそのまま負けに直結するパワーを秘めています。 基本的に特殊の利点は受けてくる 、対 性能で差別化されていることが多いです。 鬼火で機能停止に陥らないのもGOOD。 それでは順に紹介していきたいと思います。 特殊 の利点は物理と大体同じですが、対面から勝てるなどが若干違い や に役割を持てることが利点です。 HCベース等の選択肢もあり、耐久を高めながらサイクル戦に参加しやすい型も存在しています。 利点はほとんど同じですが見れる範囲が変わります。 AS は ダイサンダー でックス込みでも確1が取れているので対面からでならワンパン、死に出しからでも切り返しができるのが利点です。 また、私が採用する受け崩しのドラパルトがこの道具を選択しています。 この場を借りて紹介していきたいと思います。 その構築においてや受けループ系の構築の処理に手間取っていたので考案された。 初期構想ではHBベースだったがHCベースのほうが対面性能が格段に向上し、PTコンセプトにあうことが発覚して今に至る。 大抵のこのより遅い物理型には勝つことができ、誘うに対する 役割破壊に特化しているので非常に使いやすい。 命の珠にすると や に対する確定数が変わってはくるが、その反面定数による自滅のリスクが向上してしまうため での採用となっている。 に対する処理の不安は若干残るが、それ以上に耐久振り 鬼火 & 祟り目による圧倒的な対物理性能が確保されている。 構築を組む際に受け破壊枠にでこいつを採用するレベルの強さと完成度になっているので是非試してほしい。 また に強いはこの型にも強いので同居はオススメできない。 は主に壁貼り型で採用されています。 特性呪われボディでの採用も多い。 呪いや蜻蛉帰り等の自主退場技も併せ持っていることもしばしば。 等の積みダイジェット勢や、その他積みがいた場合は特に気を付けたい。 耐久振りで安全にアッキ龍舞を起動させ、 バトンタッチで裏のエースを超強化する。 構築は選んでしまうが決まってしまえば Easywinを狙うことができる。 場合によって他もあり。 かなりの長文になってしまいましたが最後までお付き合いいただきありがとうございます。 (書くのに4時間かかりましたw) 歴代で最も型が多彩でまだまだ開拓されてない型も多数あると思います。 何かありましたら bisonMUTEKIまでよろしくお願いします。 マジで強い。

次の

【ポケモン剣盾 S4】進級回避ドラパヒトムジーナ【最終2010/338位】

ドラパルト評価

どうも、いろはです。 今回は剣盾シーズン2で使用した構築を紹介します。 4枠目の「龍の舞」は、ックスターンを節約しながら全抜きするための火力と素早さを確保したり、「ダイウォール」によるさまざまなターン管理を可能にする。 ただし「龍の舞」は簡単に積める技でもないので、+あくびのループで起点作成が可能で、使い慣れていたを相方として採用することに決めた。 ドラパルトとの攻撃の相性補完に優れ、の展開からックスで全抜きも可能なを2枚目の"ックス枠"として採用。 しかし、展開はメタ対象にされやすく、すべての構築に通用する訳ではないともわかっていたので、もうひとつの軸を用意する必要があると感じていた。 そこで最後の枠に持ちのを採用することで、「++」や「ックス++トリルエース」のような対面選出が可能になり、二つ目の軸を用意することができ構築が完成した。 なるべく行動回数を増やしたかったので、特防方面に厚くをさいた。 「ふきとばし」は「岩石封じ」と迷ったが、ドラパルトがすりぬけではなくでの採用であるため、相手の「みがわり」へのスムーズな解答となり得る「ふきとばし」を選択した。 対策のされやすいであるため、選出するときはどの場面で着地させるか慎重に考える必要性を感じた。 を簡単に狙わせないよう、HPが1でも良いので簡単に切らずに、残しながら戦うよう意識した。 1〜90. 5〜119. ダイドラグーンとダイスチルによる対物理への打ち合い性能の高さ、ダイホロウによる受け回しへの崩し性能に着目して採用した。 特性は、と打ち合う際にダイホロウで防御を下げられなくなることや、ミラーアーマーでの反射を受けなくなるため一択だと考えている。 持ち物は、メインでックスさせようと考えていたため、単純に相性もよく、ックスせずとも火力を確保できる命の珠を持たせた。 技構成は、タイプ一致で連打も可能な「ドラゴンアロー」、ダイホロウによる崩しが優秀な「」、ダイスチルでとの打ち合いに勝つための「鋼の翼」、ダイウォールにもなり積んでしまえば相手を完全に破壊しうる「龍の舞」で完結した。 スタンに対しては単純にックスして殴るだけでも充分戦うことができ、龍の舞を積んでしまえばックスしたでさえドラゴンアローで確定を取れるためなかなか止められることはない。 受け回しに対してはさらに本領を発揮し、を撒いてドラゴンアローを連打し、タイミングをみてックスを切ってしまえば基本的に破壊することができる。 のトーチカ、ヌオーのまもるに合わせて「龍の舞」を選択できればもっと楽に試合を運ぶことができた。 A特化命の珠の火力は癖になるのでぜひ使ってみてもらいたい。 悪巧みを採用していないため、素での火力が欲しい場合が多く特攻にをかなりさいている。 素早さの調整に関してはかなり悩んだが、後述するのからの切り返しでを使用する場合もあったのでこのあたりで正解だったと考えている。 ラムのみを持ちながら「」まで搭載しているため、・ヌオー・にかなり強めの構成となっている。 「」と「」は選択だが、前期を使用していたこともあり命中不安をなるべく避けたい思いがあったのと、交換読みでうつことが多い炎技が命中不安で当たらなくては意味がないと考え、「」を選択した。 を持つことで悪巧みを持った系統やとの打ち合いにかなり強く出ることができた。 また特性が厚い脂肪であることにより、流行っていたやの氷の一貫をきることができた。 ックスに「」をうって勝った試合が数回あったので、「ヘビーボンバー」より優先度が高いと考えている。 「ほのおのパンチ」をックスにうつことがなかったので、「ヒートスタンプ」の方がよかったとシーズン終了後に気づいた。 後述するのを絡めて、上からックスを押し付ける戦い方が多くのスタンに対し有効で、何度もイーな対戦を作ってくれた。 を持つことで環境に存在する多くの攻め駒と打ち合うことができる。 「てっていこうせん」を採用するとを「」と合わせて突破することが可能だが、「」があまりに考慮されなかったので最後まで使用し続けた。 「シャドークロー」でない理由としては構築全体で「鉄壁」持ちのアーマーガアやが重いためである。 先発で出すことも多かったが、後述するのから展開しックスを使用することで、シールド状態に戻れないデメリットを無視しながら殴り続ける立ち回りをすることもあった。 終盤増加していた命の珠を持ったが絶対と言っていいほど選出されたので、それを切り返すために入ってきた。 やドラパルトでックスして暴れたあと、が出てきた場合、相手はダイジェットを押すしか選択権がないため、そこに後出しを決め、で切り返す。 やウオノラゴンがありえないほど突っ張ってきたので仕方なく攻撃技はじゃれつくを採用した。 相手のパーティによってはからドラパルトやを展開するパターンも存在したため、かなり頭の使うであった。 【選出について】 1. で先発と殴り合い、でを展開、でックスして試合を決める。 【雑感】 今期は最終日3日前くらいまで3000位近くでいろんな構築で遊んでいたため間に合うか怪しかったが、何とか最終日に勝つことができて安心している。 ただ、構築を考える時間が少なかったため細かな調整がガバガバなのでその辺り参考にする方はもう一度ダメージ計算を回してもらいたい。 17時頃からぶっ続けで潜り、3時半頃に21位と25位になり、25位の方で潜り始めると集中力を欠いたようなプレイを連続し、体力の限界を感じたため撤退した。 次やる時は、あらかじめ順位をあげておいて、最終日の0時にスタートさせ朝8時頃でも体力の残っている状態でやろうと思った。 「+龍の舞ドラパルト」に関しては可能性を感じたため、今後誰かが発展させてくれることを期待したい。 ここまで読んでいただきありがとうございました。 の方に動画もアップロードしていますので、そちらも参考までに。

次の

【ポケモン剣盾】ドラパルトの育成論と弱点・対策まとめ【弱点保険物理アタッカー型 】

ドラパルト評価

皆さんこんばんは、バイソンです。 今回はシングル環境最強格のドラパルトについて解説していきたいと思います。 このは型の種類が非常に多く、型の判別が難しいので対戦する際に立ち回りに困っている方も多いかと思います。 そこで今回はこのドラパルトというの型をできるかぎり皆さんに紹介してこのに関する理解をより深めていただければと思います。 余りにも型が多種多様なのですべてを紹介することは不可能ですが、少なくとも上位帯で見かける型はすべて紹介していきたいと思います。 最後に自分たちが考案した特殊な型のドラパルトもご紹介するので最後まで目を通してくれると幸いです。 今回は物理編、特殊編、補助編の3つに分けて紹介していきます。 型紹介 ドラパルトは非常に型が多彩ということは先述しましたが、物理でも 鬼火や 大文字などの役割破壊技を持っている可能性が十分にあり得ます。 それを念頭に入れて以下の記事をお読みください。 ~物理編~ 物理型の持ち物は主に 等があります。 順に紹介していきたいと思います。 を持っている型は基本的には耐久に振らず、ASやCS等の火力&素早さぶっぱになります。 このアイテムを持たせる利点は行動保証による対面性能、ックスを切らずとも一定の活躍が保証される点にあります。 行動保証を利用したターン稼ぎを行うこともでき、+襷で最低3ターン稼いでックスを使わせられるのも強みになっています。 メインウェポンのほかに好きな技を選択でき、柔軟に対応できるのも魅力の一つです。 またこの行動保証を利用したストッパー性能はもちろんのこと、これを利用した龍舞型も存在しています。 保険が適用されたときの爆発力は凄まじく、簡単に相手のPTを崩壊させてしまうことができます。 ほとんどの 持ちが 空を飛ぶ ( ダイジェット)を持っているので 持ちで上から破壊することが困難なことも魅力の一つです。 ただし保険が発動しなかったときの弱さが際立ってしまい、上手な処理をしてくる相手にはなかなか難しい立ち回りを強いられてしまうことになります。 また、弱点保険を バトンタッチで裏につなぐ型も存在します。 最近最上位帯で ミラーが散見されるので 採用をするのであれば基本的に最速が安定する。 有利対面での制圧力、不意打ちでの縛り性能の高さが主な利点です。 A補正の理由は 等の高耐久に対する乱数が変化するので選択肢の一つになります。 HPを犠牲に火力と範囲を手に入れているので耐久調整を行うことが難しいからです。 その分 以上の火力を確保しながら では実現できなかった柔軟性を得ることができる扱い易さが利点です。 積技からの全抜きを狙う単純な型ですが、その単純さが強いです。 持ち物による状態異常耐性が非常に魅力的で意識の外から欠伸などに合わせられるとそのまま負けに直結するパワーを秘めています。 基本的に特殊の利点は受けてくる 、対 性能で差別化されていることが多いです。 鬼火で機能停止に陥らないのもGOOD。 それでは順に紹介していきたいと思います。 特殊 の利点は物理と大体同じですが、対面から勝てるなどが若干違い や に役割を持てることが利点です。 HCベース等の選択肢もあり、耐久を高めながらサイクル戦に参加しやすい型も存在しています。 利点はほとんど同じですが見れる範囲が変わります。 AS は ダイサンダー でックス込みでも確1が取れているので対面からでならワンパン、死に出しからでも切り返しができるのが利点です。 また、私が採用する受け崩しのドラパルトがこの道具を選択しています。 この場を借りて紹介していきたいと思います。 その構築においてや受けループ系の構築の処理に手間取っていたので考案された。 初期構想ではHBベースだったがHCベースのほうが対面性能が格段に向上し、PTコンセプトにあうことが発覚して今に至る。 大抵のこのより遅い物理型には勝つことができ、誘うに対する 役割破壊に特化しているので非常に使いやすい。 命の珠にすると や に対する確定数が変わってはくるが、その反面定数による自滅のリスクが向上してしまうため での採用となっている。 に対する処理の不安は若干残るが、それ以上に耐久振り 鬼火 & 祟り目による圧倒的な対物理性能が確保されている。 構築を組む際に受け破壊枠にでこいつを採用するレベルの強さと完成度になっているので是非試してほしい。 また に強いはこの型にも強いので同居はオススメできない。 は主に壁貼り型で採用されています。 特性呪われボディでの採用も多い。 呪いや蜻蛉帰り等の自主退場技も併せ持っていることもしばしば。 等の積みダイジェット勢や、その他積みがいた場合は特に気を付けたい。 耐久振りで安全にアッキ龍舞を起動させ、 バトンタッチで裏のエースを超強化する。 構築は選んでしまうが決まってしまえば Easywinを狙うことができる。 場合によって他もあり。 かなりの長文になってしまいましたが最後までお付き合いいただきありがとうございます。 (書くのに4時間かかりましたw) 歴代で最も型が多彩でまだまだ開拓されてない型も多数あると思います。 何かありましたら bisonMUTEKIまでよろしくお願いします。 マジで強い。

次の