名古屋 商科 大学。 これから伸びそうな注目の大学!名古屋商科大学 Global BBA

名古屋商科大学 進路・就職情報|大学ポートレート

名古屋 商科 大学

名古屋商科大学ってどんな大学? 名古屋商科大学は、愛知県日進市に本部を置く私立大学。 学部偏差値は35-37. 5(河合塾提供)と高くないながらも、海外の大学ランキングでは評価されている大学です。 (日本版を含む) 例えば、2018年3月28日に発表された、THE(Times Higher Education ranking)の日本版では、国際性の分野で国内第7位、中部地区第1位にランクインしています。 大学院(ビジネススクール)は、• フィナンシャルタイムズのMBAランキングで国内大学初となるランクイン(アジア太平洋18位)• Eduniversal Best Masters Ranking 2018で、全ての大学院課程が、国内1位、アジアベスト10にランクイン• QS社のEMBAランキングで、国内1位、アジア太平洋14位、世界111位にランクイン という実績があります。 (EMBAとはExecutive MBAのことです。 ) より また、偶然ですが、最近のニュースでこの大学の名前を目にしました。 高校の校舎や寮は、名古屋商科大学のキャンパス内に建てられる計画のようです。 名古屋商科大学 Global BBAとは? 名古屋商科大学のGlobal BBAは、全ての授業が英語で行われるプログラムで、2018年9月に開講されました。 日本初のBBAです。 名古屋商科大学の 栗本博行教授(経営学部長)は次のように述べています。 BBAの教育課程は単なる経営学部としての学修とは異なり、 実践的なマネジメント教育を行うビジネススクールの色彩が強くなります。 よくある質問として「BBA」と「Bachelor of Business(BB)」とで何が異なるのか?それは、 広範なマネジメント領域に関する実践的な意思決定やコミュニケーション能力をケースやプロジェクトを通じて修得するBBAと、単に経営学を網羅的に座学的に学ぶBBの差になります。 それ以上のオタクっぽい話は嫌われるので省略しますが 「インターンシップ」が重要なキーワードになります。 授業数はもっと多くても良いかも?と感じたそうです。 その中に長男が少し興味を持っているイタリアのBocconi Universityも含まれていたので、さらに好感度アップ。 Global BBAの紹介ビデオ まとめ 今回、名古屋商科大学について調べてみて、新しい事にどんどんチャレンジする、時代の先端を行く大学という印象を持ちました。 偏差値的な評価は高くありませんが、世界的な大学ランキングでは評価されている大学です。 これから伸びる注目の大学ではないかなぁと思いました。

次の

「名古屋商科大学大学院」と「MBA」について

名古屋 商科 大学

Contents• MBAとは 一般的に日本国内の大学院で経営学を専攻して取得できる学位は、「修士(経営学)」です。 これに、法科大学院などのような専門職大学院制度が加わったことにより、ビジネススクールと呼ばれる大学院で学んだ場合には、「経営学修士(専門職)」という学位が授与されるようになりました。 この学位は日本国内でのみ認められた学位ということになります。 これに対して、名古屋商科大学大学院で授与している学位は、これらの日本国内で取得できる学位の他、国際認証機関で認証されたMBA(「Master of Business Administration」の略称)を取得することができます。 この辺りのシステムについては、認証機関が複数あることなどから正確な比較は難しいのですが、はっきり言えることは、 国際認証機関による認証を受けた「MBA」という学位を取得できる大学院は、現在の日本国内には、「慶應義塾大学大学院経営管理研究科」と「名古屋商科大学大学院」の2校しかない(この記事後、「早稲田大学大学院経営管理研究科」が国際認証を取得したので、国内で国際認証を受けている大学院は3校となりました。 2018. 6記事追記)ということです。 したがって、それ以外の大学院で取得できる学位は、国際認証機関のない学位です。 私が受験した専攻はTAP TAPとは、「Tax Accountant Program」の略称で、大々的に税法免除を謳っている通常2年間のコースになります。 このコースを卒業すると、日本の学位である「修士(経営学)」が取得できる他に、国際認証の専門学位として、税法学コース場合は、「MSc in Taxation」の学位が、会計ファイナンスコースの場合は、「MSc in Accountancy」の学位が取得できます。 そして、「順調に単位取得が進めば」という条件はつきますが、このプログラム2年目には、MBAに関する科目も履修が可能であることから、履修科目によってMBAも併せて取得することができます(こちらは、卒業生の方からも、問い合わせをした事務局の方からも確認できています) なぜMBA取得も目指すのか? 当然、第一目標は税理士試験の税法免除ですが、併せて可能な範囲でMBAも狙いたいと考えています。 もちろん、MBAという企業経営の考え方が、直接、管理組合という非営利組織の運営に役立つと考えているわけではありません。 ただ、マンション管理士というコンサルタントの立場としては、アドバイザーとしての機能の他に、ファシリテーターとしての機能が必要と考えています。 これは以前に、分譲マンション管理組合のマンションコミュニティについて記事化した際にも少し触れましたが、 管理組合運営には「企業経営」までの感覚は必要ないのですが、『経営「的」感覚での組織運営も必要』と考えていることなどに起因しています。 そして、組合員の皆さんそれぞれに当事者としてのリーダーシップを発揮していただけるような環境構築の模索に、MBAが資する部分もあるのではないかと考えています(この部分は、現時点では、あくまで一個人の妄想であって、具体的なものではありません:笑) MBAを学んでいる知り合いには、輝いている人が多い 他人に支配的で、反面教師にしたい逆メンターな方もかなりいるのですが、同数以上に、私が直接知っているMBA取得者には、とても輝いている人が多いと感じています。 MBAの取得は、万人向けではないとも思っていますが、目指す方で、またその力が十分にあると感じる方は、資格を取得する過程で、さらに自身の能力や自信を高めていると考えています。 そのため、 MBAを取得することよりも、取得する過程で身につけられるものが重要です。 自分にその力があるのかどうかは、これからのチャレンジ次第なのですが、自分に自信をつけられる方向で学ぶことができれば、学位取得以上に、私にとって大きな価値のあるものになり得ると思っています。 まとめ 学歴コンプレックスがないわけではありませんので、ミーハーな気持ちがゼロとまでは言えませんが、税法免除の取得以外にもMBAの取得も併せて狙うことは、私にとって、少なくない価値があると考えています。 また、すでにこのチャレンジ自体が私を鍛えてくれています。 税理士試験でもそうでしたが、大きな成果を出すためには、私にとっては日々コツコツ積み上げることが結果的に早道でした。 このチャレンジにおいても、「早起き」や「家計簿をつけること」、「事前準備を整えること」、「メモを残すこと」、「一定期間ごとに振り返りを行うこと」など、小さな積み重ねを他の人が真似できないレベルで行えれば、それなりの成果に結び付けられるのではないかと考えています。 大浦智志(おおうらさとし) 現在、税理士法人にてパート勤務する(一社)神奈川県マンション管理士会 湘南支部所属『マンション管理士』。 営繕工事担当から業界に入り、管理営業、フロント担当、管理職(損害代理店業務含む)と転職を通じて、独立系・開発会社系を問わず、分譲マンション管理会社にて約15年間勤務。 100以上の管理組合の理事会・総会に出席。 11震災を機に、メインキャリアのチェンジを決意し、準備期間を経て、税理士試験に挑戦。 簿記論・財務諸表論・消費税法に合格。 2018年3月に名古屋商科大学大学院 会計ファイナンス研究科 税法学コース修了。 修士(経営学)、Master of Business Administration(MBA)。 大学院修了後、税理士試験免除申請し、2018年11月に免除決定通知書を受領。 実務経験要件満了(2019年2・3月頃)後に税理士登録申請予定。 2018年8月より一級建築事務所 株式会社さくら事務所と業務提携(パートナー契約)開始。 Facebook: 個人事業Facebookページ: 人気記事• 大浦智志(おおうらさとし) 現在、税理士法人にてパート勤務する(一社)神奈川県マンション管理士会 湘南支部所属『マンション管理士』。 営繕工事担当から業界に入り、管理営業、フロント担当、管理職(損害代理店業務含む)と転職を通じて、独立系・開発会社系を問わず、分譲マンション管理会社にて約15年間勤務。 100以上の管理組合の理事会・総会に出席。 11震災を機に、メインキャリアのチェンジを決意し、準備期間を経て、税理士試験に挑戦。 簿記論・財務諸表論・消費税法に合格。 2018年3月に名古屋商科大学大学院 会計ファイナンス研究科 税法学コース修了。 修士(経営学)、Master of Business Administration(MBA)。 大学院修了後、税理士試験免除申請し、2018年11月に免除決定通知書を受領。 実務経験要件満了(2019年2・3月頃)後に税理士登録申請予定。 2018年8月より一級建築事務所 株式会社さくら事務所と業務提携(パートナー契約)開始。 Facebook: 個人事業Facebookページ:.

次の

名古屋商科大学の偏差値や倍率と評判は?合格最低点やボーダーライン、キャンパスの立地条件の口コミは?

名古屋 商科 大学

社会・経済が急速に変化する今、求められている人材は、高度な専門職業人であり、新しい道を自ら切り拓いていく力を備えたビジネスパーソンです。 名古屋商科大学では、このような社会の動きを先取りする形で、大学教育は教養教育と専門基礎教育を担い、高度な専門職業人育成は大学院で行なうことを教育方針としています。 すでに名古屋商科大学大学院への進学を円滑にする種々の制度が確立されています。 本学を3年次で早期卒業して大学院へ進学するコースが整えられ、5年間で学士と修士の学位を取得することが可能です。 大学在籍中に、大学院の講義を受けられる制度もあり、最大4単位が大学院入学後の単位として認定されます。 さらに、本学の卒業生が引き続いて、本学大学院に入学を許可された場合、もしくは卒業し3年未満で入学をされた場合は、入学金(270,000円)が免除されます。 【研究科プログラム】 ・会計ファイナンス研究科 修了者は税理士試験の一部科目の免除申請が可能です。 ・マネジメント研究科 ビジネスの課題やニーズを発見し、創造的なアプローチで組織や社会に変革を起こすプロセスを身につけます。 名古屋商科大学では、学生の仕事感、人生観を醸成、残りの学生生活でやるべきことを明確にする目的と将来、海外で就労を希望している学生を対象に2種類のインターンシップを実施しています。 【国内インターンシップ】 夏休み中の短期プログラムの斡旋の他、通常講義期間中の長期プログラムの紹介をしています。 金融、ホテル、旅行、小売り、公務など希望に応じて、企業を紹介しております。 また事前に研修を実施しており、参加の目的、マナーなどを学び臨んでいます。 【海外インターンシップ】 日本の多くの企業が規模に関わらず、海外進出をしている現在、海外で活躍できる若い人材が求められています。 本学では国際的な視野を持ったグローバル人材を育成するため、アジア新興国での海外インターンシップを実施しています。 夏、春休みを利用して、製造、IT、ホテル、コンサルティング企業等に派遣しています。 学生は、本学建学の精神「フロンティアスピリット」を胸に体当たりで挑みます。 「仕事の厳しさとやりがいを知る」というインターンシップ本来の趣旨に加え、海外の異文化に触れられる経験を積み、国際感覚を高めています。 名古屋商科大学は税理士育成の専門プログラム「税理士・公認会計士コース」を開設し、税理士の資格取得を目指す学生を全面的にサポートしています。 講義時間外に行われる特別講義などによって「日商簿記検定1級」または「全経簿記能力検定上級」に早期合格を目指し、通常より早い時期から税理士試験の受験資格が取得できます。 さらに、本学大学院へ進学することで、税理士試験科目全5科目のうち最大3科目の免除が可能となり、毎年多くの内部進学を受け入れています。 資格取得を強力にサポート• 日商簿記1級と全経簿記上級の受験料相当額を支給• 日商簿記1級合格者に受験学期の授業料50%相当額支給• 税理士試験の受験料相当額を支給• 大学院税理士養成プログラム(TAP)への入学金免除• 大学院修了による税理士試験科目免除(最大3科目) 会計ファイナンス学科の在学生が、公認会計士試験に合格しました。 6月の短答式試験合格に続き、今回論文式試験にも合格。 公認会計士資格という合格率8. 9%という狭き門に、大学3年次で合格という快挙を成し遂げました。 合格した在学生は、「税理士・公認会計士コース」に所属し、まず日商簿記1級に合格。 会計士になる為の土台を身につけました。 また、所属する商学部の正規科目となる会社法や監査論などの専門科目を早期に受講することで、会計士につながる知識を蓄積。 さらに、先生方の熱心な指導と、切磋琢磨できる仲間との出会いが大きな力になったとのことです。 公認会計士への道• 2011年4月 商学部入学• 2012年2月 全経簿記能力検定上級 合格• 2012年6月 日商簿記1級 合格• 2013年11月 公認会計士試験 合格 就職において重要なのは、企業と仕事内容に対するミスマッチを防ぐことです。 事前にあまり企業や仕事内容についてよくわからないまま就職すると、ミスマッチとなり早期での退職というリスクが高まります。 そこで就職活動中において重要となってくるのが、OG、OB訪問です。 名古屋商科大学では、企業に対して毎年行なっている在籍情報や本学独自の同窓生サイトにより常に最新の卒業生情報を大学で管理しております。 最新の在籍情報を管理することにより、就職活動中の学生が希望するOB、OGの紹介をスムーズに行なえております。 また、在籍年数も把握できることから、入社後も長く働くことが実現できている優良企業の紹介も可能となっております。 学生たちは、具体的な仕事の内容や就職対策を先輩から直接聞けることができ、より優位な就職活動を送っております。 毎年学生からは、OB、OG訪問を機会に納得のいく、就職活動を送り、内定を獲得できたとの報告を多く受けております。 主な内定先企業等一覧 金融・保険業 野村證券(株) 東京フィナンシャル・ホールディングス(株) 第一生命(株) (株)中京銀行 (株)三重銀行 (株)第三銀行 (株)富山第一銀行 (株)福邦銀行 瀬戸信用金庫 西尾信用金庫 豊川信用金庫 岐阜信用金庫 製造業 トヨタ自動車(株)パナソニック(株)(株)伊藤園 日野車体工業(株) タカラスタンダード(株) (株)パロマ 大和冷機工業(株) アイカ工業(株) カネ美食品(株) 井村屋(株)日本食研(株) 富士機工(株) (株)協豊製作所 河村電器産業(株) 卸売業 岡谷鋼機(株) 日通商事(株) (株)静岡日立 リコージャパン(株) サントリービバレッジサービス(株) (株)スズケン 渡辺パイプ(株) 中北薬品(株) (株)西原商会 (株)太田廣 (株)椿本興業 (株)東陽 小売業 (株)セブンイレブン・ジャパン (株)ファーストリテイリング 青山商事(株)(株)ゲオ マックスバリュ中部(株) (株)アオキスーパー 愛知トヨタ自動車(株) 愛知日産自動車(株) 東海マツダ販売(株) (株)ホンダカーズ愛知 建設・不動産業 積水ハウス(株) 大和ハウス工業(株) パナホーム(株) 住友林業(株) セキスイハイム中部(株) 大東建託(株) (株)竹中工務店 アサヒグローバル(株) 住友不動産販売(株) 積和不動産中部(株) (株)ユニホー 情報通信業 ソフトバンク(株) トランコスモス(株) ITX(株) 旭情報サービス(株)(株)オークファン 運輸業 日本郵政(株) 名古屋鉄道(株) 西濃運輸(株) 名鉄運輸(株) サービス業 (株)JALスカイ 中部国際航空旅客サービス(株) (株)ドリームスカイ名古屋 (株)エイチ・アイ・エス クラブツーリズム(株) 名古屋ヒルトン(株) (株)ナゴヤキャッスル (株)マイナビ (株)ベストブライダル リゾートトラスト(株) 生活共同組合コープあいち あいち中央農業共同組合 官公庁 豊橋市役所 警視庁 愛知県警本部 三重県警本部 静岡県警察本部 防衛省自衛隊愛知地方協力本部 男 女 計 専門的・技術的職業従事者 研究者 0 0 0 技術者 農林水産 0 0 0 製造 (開発) 機械 8 1 9 電気 4 0 4 化学 10 1 11 その他 7 1 8 製造 (開発除く) 機械 0 0 0 電気 0 0 0 化学 1 0 1 その他 0 0 0 建築・土木・測量 2 0 2 情報処理・通信 11 1 12 その他 1 0 1 教員 幼稚園 0 0 0 小学校 0 0 0 中学校 0 0 0 高等学校 2 0 2 中等教育学校 1 0 1 高等専門学校 0 0 0 短期大学 0 0 0 大学 0 0 0 特別支援学校 0 0 0 その他 1 0 1 医師等 医師・歯科医師 0 0 0 獣医師 0 0 0 薬剤師 0 0 0 保健師・助産師・看護師 0 0 0 医療技術者 0 0 0 その他の 保健医療 従事者 栄養士 0 0 0 その他 4 0 4 美術・写真・デザイナー・音楽・舞台 0 0 0 その他 0 0 0 管理的職業従事者 36 3 39 事務従事者 82 29 111 販売従事者 219 50 269 サービス職業従事者 20 10 30 保安職業従事者 5 0 5 農林漁業従事者 農林業従事者 0 0 0 漁業従事者 0 0 0 生産工程従事者 9 1 10 輸送・機械運転従事者 0 0 0 建設・採掘従事者 0 0 0 運搬・清掃等従事者 1 0 1 上記以外 23 4 27 男 女 計 農業、林業 2 1 3 漁業 0 0 0 鉱業、採石業、砂利採取業 0 0 0 建設業 14 4 18 製造業 食料品飲料・煙草・飼料 9 6 15 繊維工業 3 1 4 印刷・同関連業 2 0 2 化学工業、石油石炭製品 13 1 14 鉄鋼業、非鉄金属・金属 8 1 9 汎用・生産・業務用機械 6 5 11 電子部品・回路・デバイス 3 0 3 電気・情報通信機械器具 9 1 10 輸送用機械器具 12 2 14 その他 24 7 31 電気・ガス・熱供給・水道業 2 0 2 情報通信業 34 10 44 運輸業、郵便業 18 3 21 卸売業、小売業 卸売業 50 12 62 小売業 40 8 48 金融業、保険業 金融業 18 2 20 保険業 8 3 11 不動産業、物品賃貸業 不動産取引・賃貸・管理 7 3 10 物品賃貸業 0 0 0 学術研究、専門・技術サービス業 学術・開発研究機関 0 0 0 法務 0 0 0 その他専門技術サービス 25 5 30 宿泊業、飲食サービス業 6 3 9 生活関連サービス業、娯楽業 2 0 2 教育、学習支援業 学校教育 6 1 7 その他教育、学習支援業 3 2 5 医療、福祉 医療業、保健衛生 38 3 41 社会保険・福祉、介護 3 8 11 複合サービス事業 28 0 28 サービス業(他に分類されないもの) 宗教 0 0 0 その他のサービス業 36 8 44 公務(他に分類されるものを除く) 国家公務 7 0 7 地方公務 11 1 12 上記以外のもの 0 0 0 男 女 計 北海道 1 0 1 青森 0 0 0 岩手 0 1 1 宮城 1 0 1 秋田 0 0 0 山形 0 1 1 福島 0 0 0 茨城 2 0 2 栃木 2 0 2 群馬 0 0 0 埼玉 6 2 8 千葉 1 1 2 東京 103 26 129 神奈川 13 4 17 新潟 1 0 1 富山 6 0 6 石川 4 2 6 福井 6 1 7 山梨 0 0 0 長野 4 0 4 岐阜 20 1 21 静岡 22 4 26 愛知 193 44 237 三重 14 4 18 滋賀 2 0 2 京都 4 1 5 大阪 21 3 24 兵庫 3 0 3 奈良 1 0 1 和歌山 1 0 1 鳥取 0 0 0 島根 1 0 1 岡山 1 0 1 広島 1 2 3 山口 1 0 1 徳島 1 0 1 香川 1 0 1 愛媛 2 0 2 高知 1 0 1 福岡 3 0 3 佐賀 0 0 0 長崎 0 0 0 熊本 0 0 0 大分 0 0 0 宮崎 0 0 0 鹿児島 0 0 0 沖縄 1 0 1 その他(外国等) 3 4 7 『就職支援』とは? 学生の就職活動に対して大学・短期大学が行う支援やサポートなどの取り組み。 『進学支援』とは? 進学を希望する学生に対して大学・短期大学が行う支援やサポートなどの取り組み。 『インターンシップ』とは? 進路指導として学生の就業体験や社会貢献活動への参加を制度化し、学生が自らの適性や将来のキャリア、業種や職種等に対する理解を深めたうえでの進路選択を実現するための取り組み。 『キャリア教育』とは? 学生に勤労観・職業観及び職業に関する知識や技能を身につけるための教育を行い、自らの個性や適性を理解し、主体的に進路を選択する能力を育てるための教育。 『資格取得(国家資格受験資格)』とは? 国家資格試験を受験し合格することを目的に、学校が資格取得講座などを用意し、学生が望む進路を実現するための支援をする取り組み。 『卒後調査の活用』とは? 卒業生を対象に、在学中の進路選択のための教育内容が就職や進学にどのように役立ったなどについて調査し、その結果を在学生の進路選択の教育に活用する取り組み。

次の