拝読 させ て いただき まし た。 「拝読させていただく」が二重敬語でなく正しい理由

「拝読」は敬語!意味と使い方の例文「拝見」との違い、類語、対義語、英語も紹介

拝読 させ て いただき まし た

「拝読させていただく」は間違い敬語?二重敬語? とご心配のあなたへ。 正しい使い方にはたとえば、• 【例文】(上司あての)手紙を拝読させていただきました。 【例文】(上司の)ツイートを拝読させていただきました。 などあり。 あるいはまぁ許容される範囲の使い方にはたとえば、• 【例文】xx先生の新著を拝読させていただきました。 【例文】xx教授の論文を拝読させていただきました。 などあり。 意味は直訳すると「 読ませてもらいました」。 読むことにたいして上司なり目上など相手の許しを得なければいけない時に「 恐れ多くも読ませてもらったけど、許してね」「 読ませてもらったけど、いい?」のようなニュアンスでつかいます。 いっぽうで。 ちょっと日本語が変じゃないのか?と思われるような使い方にはたとえば、• 【日本語が変】WEB上に公開されている技術資料を拝読させていただきました。 【日本語が変】ブログ記事を拝読させていただきました。 などあり。 こんなシーンでは「 拝読しました/拝読いたしました」とするのが妥当です。 なぜこれらの使い方が日本語としておかしいと感じるのか、その根拠については本文にて。 それでは「拝読させていただく」が正しい敬語である理由とビジネスメールでの使い方、例文を紹介します。 この記事の目次• 「拝読させていただく」が二重敬語ではなく正しい理由 「拝読させていただく」「拝読させていただきました」は二重敬語ではありませんし間違い敬語でもありません。 正しい敬語です。 なぜなら謙譲語「拝読」を「拝読させてもらう」というように動詞にしたうえで「もらう」の部分に謙譲語「いただく」を用いているから。 さらに丁寧語の過去形「ました」をくっつけると「拝読させていただきました」という敬語になります。 これではあまりにも乱暴なので誰もが理解できるようにくわしく解説していきます。 「拝読」は「読むこと」の意味の謙譲語と考えることができますが品詞は名詞です。 このままではほとんど文章には使えません。 たとえば「資料を拝読ました」「本を拝読ました」では意味不明な文章になりますよね? そこで。 「読む」という意味にするには「する」をくっつけて「 拝読する」とします。 あるいは「読ませてもらう」という意味にするには「 拝読させてもらう」とします。 漢語や外来語の名詞に動詞「する」をくっつける用法はほかにも「返答する」「連絡する」「報告する」などいろいろあり。 果たしてなぜ中学生レベルの復習が必要だったのかというと…• 「拝読」=「読むこと」の意味の謙譲語(単体では名詞)• 「させていただく」=「させてもらう」の意味の謙譲語 がそれぞれ別の単語であることを理解するためです。 これが分かればすでに正解にたどり着いています。 ようするにビジネスメールでよく使う以下の敬語と同じことなのです。 【補足】そもそも二重敬語とは? 二重敬語とは「ひとつの語におなじ敬語を二回つかうこと」であり敬語のマナー違反です。 よくある二重敬語としては「お伺いする」「お伺いいたす」があります。 なぜこれらが二重敬語なのかというと…• 「伺う」は動詞であるために名詞「拝読」と違い「~する・~いたす」という動詞をくっつけることが日本語として既におかしい訳ですが… まぁいずれにせよ二重敬語なので間違いです。 ひとつの語に同じ種類の敬語を2回つかうことが二重敬語であり、敬語のマナー違反になります。 【使い方】拝読させていただく つづいて「拝読させていただく」の使い方について。 敬語としては正しいものの、使い方を間違えるとヘンテコな日本語になりますので十分にご注意ください。 」としたとき。 他人宛の手紙というのはプライバシーにかかわる情報が満載であるため本来であればヒトに読ませるようなものではありません。 それをあなたが黙って読んだとしたら、これはもう相手に謝罪しなければいけない事態です。 あるいは上司に頼んでもないのに見せつけられたにせよ、上司のプライバシーにかかわる部分を「悪いけど読ませてもらった」ということになります。 したがってそんなときに「 悪いけど手紙を読ませてもらったよ、許してね」というニュアンスで「拝読させていただく」をつかっても丁寧です。 」としたとき。 上司のtwitter投稿というのは公開されているものにせよ、プライベートに関わることです。 上司がtwitterを大々的に自慢しているわけでないのでしたらプライバシーにかかわることです。 そんなときには「 twitter投稿を読ませてもらったよ、許してね」というニュアンスで「拝読させていただく」をつかうのも正しい日本語の使い方です。 」とした場合。 先生としては誰かしらに読んでもらうために本を書いているわけです。 それなのにこの使い方だと「悪いけど新著を読ませてもらったよ、許してね」というようようなニュアンスになります。 でもまぁ、こう言われて悪い気はしないのでつかってもOKです。 完全に相手次第ですね。 言葉はロジックでは言いあらわせない何かがあります(完全に逃げ)。 あるいは。 」としたとき。 先生としては誰かしらに読んでもらうために論文を書いているわけです。 ただ、ひょっとしたらあなたには読んでほしくないような恥ずかしい内容である可能性もあります。 はたまた、別になんとも思ってないかもしれません。 本当のところは本人にしかわかりません。 従ってそんなときに「教授の論文を読ませてもらったよ、許してね」というニュアンスで「拝読させていただく」をつかってもまぁ間違いではありませんね。 結局のところ、こう言われて悪い気はしないのでつかってもOKです。 」とした場合。 私としては誰かしらに読んでもらうために記事を書いているわけです。 それなのにこの使い方だと「 記事を読ませてもらったよ、許してね」というようようなニュアンスになります。 もし私のブログが極秘情報や会社のスキャンダルで埋められていて誰にも読まれたくないようなものであれば、「記事を拝読させていただきました」でもまぁよいでしょう。 ところが常識的にはそうじゃない訳です。 記事を読んでもらってありがたいのは私の方であり、むしろこっちからお礼をしなければいけないのに…「記事を拝読させていただきました」だと記事を書いている私の方がエライかのように感じてしまいます。 でも実際にはそうじゃない訳ですよね!?読者がお客様でありライターはサプライヤーであるハズ。 したがってこんな時には「 記事を拝読しました/拝読いたしました」で十分に丁寧な敬語といえます。 あるいは。 会社としてはお客さんなり誰かしらに読んでもらうために技術資料を公開しているわけです。 それなのにこの使い方だと「悪いけど技術資料を読ませてもらったよ、許してね」というようようなニュアンスになります。 もし資料の内容がディープで誰にも見られたくないようなものであれば、「資料を拝読させていただきました」でもまぁよいでしょう。 ところが常識的にはそうじゃない訳です。 したがってこんな時にも「 拝読しました/拝読する」が妥当な日本語の使い方ということになります。 ただし相手によるし地域による ただし。 上記はおっさん営業マンである私の勝手な価値観です。 実際にはヘンテコな日本語の例文にあげたようなビジネスメールもしょっちゅうきますし、だからといって別にムッとしたりしません。 さらに地域ごとの差もあり関西人はなぜか「させていただく」というフレーズを多用します。 だからどれが正しいとか間違いとかは結局のところあまり気にしなくてもいいんじゃないかと思います。 でもテレビとか公にでるような仕事をなさっている方はご留意ください。 日本語を正しくつかえないとそれだけで頭悪そうに見えます。 【まとめ】シーン別の例文 例文にもしたとおり「拝読させていただく」はこのままでは使えません。 「拝読させていただきます」などのように、より丁寧な敬語にする必要あり。 そこでビジネスシーン別につかえる例文を以下にて紹介します。 現在「読ませてもらいます」としたい時 【例文】拝読させていただきます。 過去「読ませてもらいました」としたい時 【例文】拝読させていただきました。 希望「読ませてもらいたい」とする 【例文】拝読させていただきたく存じます。 【例文】拝読させてください。 「拝読」は著者なり資料を書いたヒトを立てるためにつかう敬語です。 NGとなる使い方にはたとえば。 これだとお客さんではなく上司を立ててしまうことになります。 ポジションとしては「お客さん >> 上司」であるハズなので丁寧語だけをつかい「読みました」とするのが妥当です。 あるいは。 これだと上司ではなく後輩を立ててしまうことになります。 「上司 >> 後輩」であるハズなので丁寧語だけをつかい「後輩のレポートを読みました」とするのが妥当です。 もっとも初歩的な敬語の使い方なのですが…「 ご拝読する」はNGです。 あるいは。 「お(ご)~いたす」のひとかたまりを謙譲語として見たとき。 「ご拝読する」でもいいんじゃないのか?とする意見もあります。 ただ「~」の謙譲語が「お(ご)~する」だという解釈を適用した場合には「拝読」が謙譲語であるため、そもそも二重敬語ということになります。 こちらも初歩的な敬語の使い方なのですが…「読んでほしい!読んでください!」と言いたいときに「拝読してください!」は間違い敬語です。 「拝読」は謙譲語であるため自分の行為につかい相手の行為にはつかいません。 たとえば以下の使い方は間違い敬語となりNGです。 十分にお気をつけください。 読むことの尊敬語「お読みくださる」や例外的に謙譲語「お読みいただく」をつかいます。 またはシーンに応じて見ることの尊敬語「ご覧くださる」をつかってもOK。 以下のようにすると正しい敬語になりますね。 「拝読いたします」は二重敬語だから誤りだという意見もあります。 ただし答えは二重敬語ではなく100%正しい敬語です。 ただし答えは…「二重敬語ではない」です。 二重敬語とは「ひとつの語におなじ敬語を二回つかうこと」であり敬語のマナー違反です。 たとえば「お伺いいたす」「お伺いする」などが二重敬語の例。 「行く・尋ねる」の謙譲語「伺う」をつかっているのに、さらに「お〜いたす」「お〜する」という謙譲語をつかっているためです。 ところが。

次の

気になる言葉

拝読 させ て いただき まし た

「拝読していただく」「拝読していただきありがとうございます」って正しい?間違い? ビジネスメールにつかっても問題ない? とご心配のあなたへ。 まずは結論。 「拝読していただく」「拝読していただきありがとうございます」はどちらも間違い敬語であるため上司や目上・取引先につかうのはNG。 正しい敬語の使い方としては。 または「お目通し=ひととおり見ること」をつかい「お目通しいただけましたか?」としても丁寧ですし「お読みいただけましたか?」でも丁寧。 さらには「ご一読=一度よむこと、ひととおり読むこと」をつかっても丁寧です。 あるいは。 それではその根拠をくわしく解説していきます。 拝読(読み:はいどく)の意味は・・・• 読むことを、その筆者を敬っていう謙譲語。 つまり「読むこと」の謙譲語ですね。 「読む」に謙譲表現「拝」をくっつけているため上記の意味になります。 「拝読する」だと「読む」の意味となり、本や資料の筆者を立てるためにつかう敬語となります。 身近な「拝読する」のたとえ・例文 「拝読する」って一体どんなシーンでつかえるのかというと身近ではたとえば…• 尊敬する人の書いた本を読んだ というとき「xx先生の著書を拝読する。 」or「拝読しました」• ブログ記事を読んだ というときに「ブログの記事を拝読する。 」or「拝読しました」• Twitter投稿を読んだ というときに「部長のTwitter投稿を拝読する。 」or「拝読しました」 こんなシーンでつかいます。 敬語をつかっているため実際にはもっと丁寧で「 つつしんで読む」の意味になります。 したがって「拝読していただく」だと意味は「読んでいただく」となり、日本語としてはなんとな~く正しいような気がします。 しかし。 敬語の使い方に誤りがあるため結局のところは間違い敬語ということになります。 そもそも謙譲語「拝読」はいったい誰を立てているのか(敬っているのか)という点についてみておきます。 たとえば。 この「拝読」はあなたが読んだ論文の著者を立てていることになります。 あなたが教授の論文を読んだのであれば教授を敬ってつかっています。 決して目の前にいる相手を立てている訳ではないのですよね。 あるいは。 もし上司が書いた本であれば上司を、会社が組織だって執筆した本であればその会社やそこに属する人たちを敬ってつかっているのですよね。 さらに。 もし上司が資料をつくったのであれば上司を。 取引先がつくったのであれば取引先を。 それぞれ敬ってつかっているのですね。 結果として「拝読していただく」だと相手を立てるのではなく自分を立てることになってしまいます。 」とした場合はいったい誰を立てているでしょうか? ここでも答えは本なり論文を書いた筆者です。 この場合、自分の書いた本を拝読していただきありがとう、としているため自分で自分のことを立ててしまっています。 決して本なり論文を読んだ上司や取引先を立てている訳ではありません。 「拝読」は目の前にいる誰かを立てている訳ではないのです。 もし上司なり目上・取引先に自分の書いた本を読んでもらったお礼をするのであれば・・・• /お読みいただきありがとうございます。 」 などというように「お目通し=ひととおり見ること」あるいは「ご一読=一度よむこと、ひととおり読むこと」「お読み」をつかいます。 ところで・・・ こう書くと上司を前にして「社長の書いた本を拝読いただきありがとうございます」はいいのか?という疑問が生じます。 この場合、立てているのは著者の社長ですので、上司を立てている訳ではありません。 でも結論としては、そもそもわざわざ上司を低めるような発言をすべきじゃないということ。 目の前にいる相手にも十分に気をつかうべきなのですよね。 この場合、自分の書いた本を拝読していただきましたか?、としているため自分で自分のことを立ててしまっています。 決して本なり論文を読む上司や取引先を立てている訳ではありません。 「拝読」は目の前にいる誰かを立てている訳ではないのです。 もし上司なり目上・取引先に読んだことを確認・催促するのであれば・・・• ところで・・・ こう書くと上司を前にして「社長の書いた本は拝読しましたか?」はいいのかという疑問が生じます。 この場合、立てているのは著者の社長ですので、上司を立てている訳ではありません。 でも結論としては、そもそもわざわざ上司を低めるような発言をすべきじゃないということ。 目の前にいる相手にも十分に気をつかうべきなのですよね。 べつの角度から「拝読していただく」が間違い敬語である理由を解説していきます。 マニアックすぎるので敬語について細かく知る必要のない方は読み飛ばしましょう。 謙譲語「~していただく」の使い方 「~していただく」は「~してもらう」の敬語(謙譲語)として使われます。 たとえば、• 例文「対応していただけますか?」• 例文「先生に指導していただいた。 例文「確認していただけますか?」• 例文「いつも利用していただきありがとうございます。 」 のようにして使われます。 「お(ご)~していただく」は間違い敬語 ところが…• 」 は間違い敬語とするのが妥当です。 なぜなら「対応・指導・確認」という語に「お(ご)~する」という謙譲語の基本形をくっつけているように見えるから。 謙譲語「お(ご)~する」をつかうと「自分がご対応します!・ご指導します!・ご確認します!」という意味になります。 したがって。 上司なり目上の相手に「~してもらう」という意味ではなく「自分が~することをもらう」という意味不明な日本語になります。 ようは「お(ご)~していただく」をつかうと、相手を立てるのではなく自分を立てることになってしまうのですよね。 「~していただく」は正しいものの謙譲語「お(ご)」をくわえて「お(ご)~していただく」とするだけで別の意味・敬語の使い方になってしまうのです… ちなみに。 正しい敬語にするには以下のように「して」の部分を取り除けばよいだけです。 ややこしければ謙譲語「お(ご)~いただく」をセットで覚えておくとよいでしょう。 /指導していただいた。 「拝読していただく」も「お(ご)~していただく」とおなじく変な敬語になる で。 ここまでの復習で頭のよい皆様はお分かりと思います。 「~していただく」は正しいものの謙譲語「拝読」をくわえて「謙譲語+していただく」とするだけで別の敬語と意味になってしまいます… 「~していただく」に謙譲語「お(ご)」をくわえて「謙譲語+していただく」とする使い方とおなじく、ヘンテコな敬語になるのですよね… 正しくは「拝読しました」「拝読いたしました」 以上のことから。 「拝読」の正しい使い方としては「拝読しました」「拝読いたしました」です。 あるいはシーンによって「拝読させていただく」をつかってもよいでしょう。 それ以外はありません。 こうすると意味は「読みました」の敬語(謙譲語)ということになります。 タイトルに対する結論は以上。 ここからは「拝読」の正しい使い方についてとビジネスメール例文を紹介します。 ご興味あるかたのみどうぞ。 「拝読」の丁寧な使い方.

次の

「ご拝読いただきありがとうございます」 の正しい言い方は?

拝読 させ て いただき まし た

目上の方に対する返事なので「拝見させていただきます」「拝見させていただきました」と敬語を使いたくなりますが、 「拝見させていただいた」という言葉遣いは誤り。 「拝見させていただく」という言葉が誤りである理由を説明します。 「拝見させていただきました」という敬語はなぜ誤りなのか 相手を敬う敬語は日本語独特の美しい表現ではあるのですが、相手を上にするのか(尊敬語)、自分が一歩下がるのか(謙譲語)、色々なルールがあって使い分けが難しいもの。 厳格にルールを覚えるよりも、声に出して正しい表現に馴染む方が実践的であると言えます。 「拝見させていただく」という言葉が誤用であることを知ったうえで「拝見します」「拝見しました」という正しい表現を声に出して覚えてしまいましょう。 「拝見させていただく」という表現は二重敬語になるので誤り。 シンプルに「拝見します」「拝見しました」と無駄を削いだ表現を覚えておく 「拝見」という言葉には「拝む」という字が含まれています。 拝むくらいですから、これが敬意を込めた表現であることは理解できますよね。 「いただく」という言葉も「いただきます」と手をあわせてご飯を食べ始めることを連想すれば、やはり敬意を含んだ表現であることがわかります。 相手を敬う気持ちは大きければ大きいほど良いのでしょうが、それはあくまで気持ちだけのもの。 「敬語+敬語」の二重表現は嫌味になってしまう可能性があるので、避けるべき言葉遣いであると言えるでしょう。 文法的な解説を行えば「見る」の謙譲語が「拝む」、「もらう」の謙譲語が「いただく」。 謙譲語と謙譲語が続くと二重敬語になるので誤りという言い方ができるのですが、冒頭でお伝えした通り、尊敬語や謙譲語という言葉がかえって敬語への苦手意識を高めているような気もしています。 「拝む相手だから」敬っている、「いただきます」と言うときにも手を合わせて拝むポーズをしているというこのイメージを思い浮かべて声に出してみる。 すると「二回も拝むのはやりすぎかな?」と印象に残りやすいと思うのですが、いかがでしょうか。 「拝見致します」という表現も二重敬語になって誤りになるのか 「拝見させていただく」という表現は誤りであることを説明しました。 では「拝見致します」「拝見致しました」という表現ではどうでしょうか。 議論があるのですが、今では 「拝見致します」という表現は誤りではないと言われるようになってきています。 文法的に考えると「する」という言葉の謙譲語が「致す」なので二重敬語になっているのですが、「致す」という言葉が一般に浸透した言葉であることから、ほとんどの辞書ではこの使用を認めるようになってきています。 言葉は時代にあわせて変化するというその典型ですね。 ただしもちろん、ルールを柔軟に解釈したものが「拝見致します」という言葉であることを考えれば、使う相手や状況によっては神経質な対応を迫られることもあり得ます。 「拝見」という言葉についてはシンプルに「拝見します」「拝見しました」という言葉ですぱっと言い切るリズムを身体に馴染ませてしまったほうが無難であると言えそうですね。 自分のことを話すよりも相手に質問をして話をしてもらった方が会話が弾むのは皆さんもご存じだろうと思いま 川柳や俳句の世界では、助詞の「も」は句意を弱くしてしまうと言われています。 「拝啓」で始まれば「敬具」で結ぶ、そして「前略」で始まって「草々」で 確かにtwitterやFacebookの方が気軽に書きやすく、反応も得られやすいとは思うのです。 それ 「共に」「供に」「ともに」という表記は、それぞれどのように区別して使い分けをしたらいいのか。 整理して 頼まれごとは、試されごと。 頼まれる仕事にNOではなく、その仕事によって自らが伸びる可能性を信 結婚式のスピーチの冒頭などで「お日柄もよく」という挨拶が使われることがあります。 この「お日柄」とはど 丸いと円いの違いについて。 丸いは立体的なもの 円いは平面的なもの たとえば、.

次の