ダイヤル キュー ツー と は。 国民のための情報セキュリティサイト 用語辞典(た行)

ツーショットダイヤル

ダイヤル キュー ツー と は

概説 [ ] 電話による有料の情報料金を、と一緒に回収するもので、分割化前のにより(平成元年)に開始された。 Quest、 Question、 Qualityなどの Qをもとにこの名称が付けられたとされる。 が"0990"ではじまっていることから後付けでこの名称となった説もあるが、定かではない。 NTTの固定回線以外の電話(、、、)からはかけられず、からも後述の事情によりかけられなくなった。 情報提供サービス業者のことをIP(Information Provider)と呼び、IPは情報提供サービスの審査をが指定した倫理審査機関によって受けなければならない。 サービスの問題点 [ ] 1989年(平成元年)のサービス開始当初、側は、や、会員などに向けた有料情報提供(後世の有料)、のような一般サービスに利用されることを想定していた。 しかしほどなく向け情報提供業者が目をつけ、課金料金上限一杯の3分300円という料金を設定し、男女間のな会話・音声の聴取サービスや番組、を提供するようになる。 爆発的な利用拡大に伴って、援助交際目的の利用が次第に増え、少年やの温床になったり、若年者が長時間利用したことによる数十万円から数百万円という高額な情報料が発生し、高額の利用料金請求などがとなった。 また同時に不当請求事件(回線所有者自身がQ2を利用した記憶がないにもかかわらずNTTからの請求がある) 、情報提供事業者が自ら・を利用し、から自らの提供番組に掛けて不当利益を得る、などの事案も起こった。 (平成3年)、世論や事態を重視したNTTは、情報提供事業者の電話回線の利用企画書をより厳しくチェックしたり、当初の利用企画書内容と異なる事業内容の番組の回線利用(すなわちツーショットダイヤル)をしている事業のQ2回線利用契約を更新しない、といった規制に乗り出した。 これにより(平成4年)にはダイヤルQ2回線を利用したツーショットダイヤル事業者は事実上消滅している。 さらに(平成7年)からは以下のような方策が採られた。 なお、当時NTTのはデジタル化途上で、未デジタル化地域ではこの方策を採ることができないため、すべてのダイヤルQ 2への発信ができなくなった(実際にサービスが提供されている番号でも「現在使われておりません」のアナウンスが流れた)。 電話番号の分割。 0990-3をアダルトに、0990-5・6を一般にする。 5と6の違いは情報料金による区分。 アダルト向けダイヤルQ 2への発信には制を導入して、パスワードを設定しない限り発信できなくした(それ以前に、ダイヤルQ 2への発信自体を停止することもできたが、一般情報内容も利用できなくなるためあまり使われていなかった)。 提供内容の審査を厳格化。 情報料の課金開始は着信後すぐには行わず、冒頭で番組名・情報提供者名(回線の名義人)のガイダンス が流れた後に「ピー」という音が鳴ると課金が開始されるようにした。 この結果、残留していたアダルト系情報は、課金に、国外への通話を発生させた際の着信国側の通信会社からの払戻を原資とした国際電話回線(参照)を利用するような状況もあった。 その後は、ダイヤルQ 2回線を利用する情報提供事業者はパソコンの有料サポートなどのテレフォン相談サービスや、募金を目的としたものなどが多くなったが、一般番号でなどの利用目的とし、実際はアダルトコンテンツの提供など利用目的を偽るケースや、の電話番号をダイヤルQ 2番号に書き換えてしまうを知らないうちにダウンロードさせて、ダイヤルQ 2番号に接続させる行為が後を絶たず、(平成10年)頃からは監視が強化され、悪質な場合には情報料を支払わないようにした。 (平成14年)からは、一般向け番号への発信にも、いたずら防止などのために、パスワード制が導入された。 また、この日より公衆電話およびからのダイヤルQ 2の利用が一切できなくなった。 (平成15年)には、他人のダイヤルQ 2無断利用について、その通話料の5割を超える部分について支払を請求することは許されないとした最高裁判決があった。 このように規制が厳しくなったため、また、ダイヤルQ 2サービスがそもそもコスト高であることから、もっぱら以下のジャンルに使用されていた。 (非会員向け情報サービス提供)• アダルト情報(上記のような詐欺的ではないものが生き残っていた)• 、人生相談(情報サービス提供名目)• 義捐金募集(大規模災害時に実施され、情報料分が、テレビ局などの災害募金番組提供者を通じて寄付金となる ) 終焉 [ ] 投資顧問では成功例が多く、多用されていたが、インターネットの普及などにより利用者が減少しているため、(平成23年)に同年をもって新規受付を終了、(平成26年)をもってサービス終了することが発表された。 これはNTT東西で1991年のピーク時には約8500もの番組から、サービス終了発表時には35まで減少しており、減少が続くと予想されたからである。 災害募金サービス [ ] ダイヤルQ2に代わる災害時の寄付募集用サービスとして、2014年(平成26年)より「災害募金サービス」が開始された。 「0990」から始まる番号は、以降このサービスで利用されることとなった。 災害募金サービスはNTT東西の固定電話に加え、ひかり電話(ひかり電話ビジネスタイプは不可)からもかけられるようになった。 類似サービス [ ] 類似サービスとして、が同社のを対象にした モバイルQがあった。 番号は「0990-204-xxx」または「0990-704-xxx」が割り当てられていた。 (平成10年)3月にサービスを開始したが、利用者は店頭で利用申し込みをしなければならず、また情報提供者は当時のドコモ中央のエリア(・)に限られたうえ、ドコモと直収サービスの契約をしなければならなかったため、広く使われるには至らず、また有料コンテンツの普及により、役目を終えたとして、(平成14年)に新規受付を終了、(平成15年)にサービスを終了している。 こちらは、当初からパスワード制が導入されていた。 iモードの「モバQ」はこのモバイルQの名残である。 脚注 [ ]• 当初は試験サービス。 本格サービス開始は(平成2年)。 サービス開始当初は公衆電話から利用可能だった。 ただし、やが行う災害への募集のための番組は両手数料を免除される場合があった。 例として、(平成22年)1月に発生したへの義援金を募集する番組である「テレビ朝日ドラえもん募金」()、「TBSカンガルー募金」()がある。 なお、この種の番組についてはダイヤルQ2サービス終了後も災害募金サービスとして継続する。 1991年6月1日付朝日新聞朝刊• この文言は企画書に記載されてあるとおりに流さなければならない。 テレビ朝日の「ドラえもん募金」などがこれにあたる。 東日本電信電話・西日本電信電話共同ニュースリリース 2011年11月15日• 2014年1月30日. 2014年3月4日閲覧。 2014年1月30日. 2014年3月4日閲覧。 関連項目 [ ]• - の設立当初よりこのシステムを使用した「ワクチン募金ダイヤル」を行っていたが、にサービスを終了した。 外部リンク [ ]• 公式サイト• - (2014年4月29日アーカイブ分)• - (2014年3月1日アーカイブ分)• 他人のダイヤルQ 2無断利用についての最高裁判例• 上記、判例に関するによる解説• - (2016年3月4日アーカイブ分).

次の

ダイヤルQ2はそれからどうなったのか : Timesteps

ダイヤル キュー ツー と は

あれは中学2年生の冬のある日だった。 私は母からリビングの机に呼び出され、とある紙を見せられた。 「こんな請求が来てたんだけど。 今回は払うけど、二度目はないよ」 いきなりの詰責に面食らったが、母の話を要約すると 「家の電話に突如高額な通話料の請求が来た」ということらしい。 2018年現在であれば、「すわ架空請求か」と疑ってしまうところでもあるが、当時は「ダイヤルQ2(ダイヤルキューツー)」というものを中学生ながらにぼんやり聞くことがあった。 ご存じない方もいらっしゃるかと思うので説明しておくと、ダイヤルQ2というのは、 ・見知らぬ女性といかがわしい会話ができる ・あるいは見知らぬ女性のあられもない音声を聞くことができる といったサービスであったように記憶している。 (本来は別にそれ限定のものではないのに、そうした利用がほとんどになってしまっていたようです) 私はなどで己の過去の数々の悪事を書いているが、こうしたいかがわしい雑誌にはいかがわしい格好をした美女が、 「この電話番号にかけてねアッハーン」 みたいに辛抱たまらない誘惑をしてくるいかがわしい広告が必ずのっていた。 しかしよく思い出してほしい。 でも書いたように、私はむっつりすけべのスペシャリストとして二重三重のたくらみを駆使して己のいかがわしい欲求を満足させる男である。 いかがわしい雑誌を買いに行くときだって、徹底ぶり。 そんな私が高額の通話料が請求される、いわば自分の足跡がくっきり残るようなサービスを利用するだろうか? いや、するわけがない。 反抗期でもあった私はハッキリと母に答えた。 「は? おれじゃないんだけど」 己のうちから湧き上がる《冤罪への怒り》を懸命にこらえつつの反論である。 何度か書いているが、谷口家は男三人兄弟である。 さすがに当時の弟は小学3年生なので除外されるとしても、2歳上の兄は高校1年生。 兄が犯人である可能性も大いにあるのに、まっしぐらに私のもとへ来た母親へも一方(ひとかた)ならぬ失望を覚える。 そしてこれはあえて言うのが恥ずかしいのでたしか書いていなかったが、私は中学生のとき生徒会長を務めていた。 生徒たちの範たるべき生徒会長が、ダイヤルQ2で高額請求をなされるとは? 「この電話番号にかけてねアッハーン」の誘惑にあっさり屈するとは? そんなことがあっていいはずはない。 私は静かに、しかし激しく瞋恚(しんい)の炎を燃やした。 ただ事実としては、「家の電話からなんらかの高額な通話料がかかる電話がかけられた」というものしか残っていない。 「やっていない」という証明ができるわけもなく(まさしく悪魔の証明である)、私と母の話は平行線のまま終わった。 憤った私は、しかし「このまま終わらせてなるものか」と真犯人をとらえる方法をつかむため、ひとり自室に戻るとしばし思案した。 その思案の深さたるやまるで深海に沈みゆくがごとき様相を呈しており、30分ほどの思案ののち、私はひとつの推論に逢着し、はじかれるように顔を上げた。 心当たり、あるわ…! なんか怪しい電話番号にかけてみて、ちょっとしたら怖くなってすぐ切っちゃった記憶、あるわ…っ!! お姉さんのアッハーンな声を聞きたくなった覚えが、おれにはある…っ!! というわけで犯人は私でした。 生徒会長、ダイヤルQ2から高額請求をなされるの乱。 (大塩平八郎の乱みたいに言うな) しかも兄の友人から「こーへい、ダイヤルQ2に電話しちゃったんだって?」と後日からかわれました。 言うんじゃないよくそ兄貴が。 恥ずかしいでしょうが。 青少年のキミは、怪しい電話番号にかけないよう気をつけよう! 青少年の子を持つ親御さんのあなたは、こどもも間違えることがあるし、恥ずかしさからついウソをついてしまうこともある。 優しい心で向き合い、諭し、導き、ゆるしてあげよう! めがねのお兄さんとの約束だぞっ!.

次の

ダイヤルキューネットワーク

ダイヤル キュー ツー と は

概説 [編集 ] 電話による有料の情報料金を、と一緒に回収するもので、分割化前のにより(平成元年)に開始された。 Quest、 Question、 Qualityなどの Qをもとにこの名称が付けられたとされる。 が"0990"ではじまっていることから後付けでこの名称となった説もあるが、定かではない。 NTTの固定回線以外の電話(、、、)からはかけられず、からも後述の事情によりかけられなくなった。 情報提供サービス業者のことをIP(Information Provider)と呼び、IPは情報提供サービスの審査をが指定した倫理審査機関によって受けなければならない。 サービスの問題点 [編集 ] 1989年(平成元年)のサービス開始当初、側は、や、会員などに向けた有料情報提供(後世の有料)、のような一般サービスに利用されることを想定していた。 しかしほどなく向け情報提供業者が目をつけ、課金料金上限一杯の3分300円という料金を設定し、男女間のな会話・音声の聴取サービスや番組、を提供するようになる。 爆発的な利用拡大に伴って、援助交際目的の利用が次第に増え、少年やの温床になったり、若年者が長時間利用したことによる数十万円から数百万円という高額な情報料が発生し、高額の利用料金請求などがとなった。 また同時に不当請求事件(回線所有者自身がQ2を利用した記憶がないにもかかわらずNTTからの請求がある) 、情報提供事業者が自ら・を利用し、から自らの提供番組に掛けて不当利益を得る、などの事案も起こった。 (平成3年)、世論や事態を重視したNTTは、情報提供事業者の電話回線の利用企画書をより厳しくチェックしたり、当初の利用企画書内容と異なる事業内容の番組の回線利用(すなわちツーショットダイヤル)をしている事業のQ2回線利用契約を更新しない、といった規制に乗り出した。 これにより(平成4年)にはダイヤルQ2回線を利用したツーショットダイヤル事業者は事実上消滅している。 さらに(平成7年)からは以下のような方策が採られた。 なお、当時NTTのはデジタル化途上で、未デジタル化地域ではこの方策を採ることができないため、すべてのダイヤルQ 2への発信ができなくなった(実際にサービスが提供されている番号でも「現在使われておりません」のアナウンスが流れた)。 電話番号の分割。 0990-3をアダルトに、0990-5・6を一般にする。 5と6の違いは情報料金による区分。 アダルト向けダイヤルQ 2への発信には制を導入して、パスワードを設定しない限り発信できなくした(それ以前に、ダイヤルQ 2への発信自体を停止することもできたが、一般情報内容も利用できなくなるためあまり使われていなかった)。 提供内容の審査を厳格化。 情報料の課金開始は着信後すぐには行わず、冒頭で番組名・情報提供者名(回線の名義人)のガイダンス が流れた後に「ピー」という音が鳴ると課金が開始されるようにした。 この結果、残留していたアダルト系情報は、課金に、国外への通話を発生させた際の着信国側の通信会社からの払戻を原資とした国際電話回線(参照)を利用するような状況もあった。 その後は、ダイヤルQ 2回線を利用する情報提供事業者はパソコンの有料サポートなどのテレフォン相談サービスや、募金を目的としたものなどが多くなったが、一般番号でなどの利用目的とし、実際はアダルトコンテンツの提供など利用目的を偽るケースや、の電話番号をダイヤルQ 2番号に書き換えてしまうを知らないうちにダウンロードさせて、ダイヤルQ 2番号に接続させる行為が後を絶たず、(平成10年)頃からは監視が強化され、悪質な場合には情報料を支払わないようにした。 (平成14年)からは、一般向け番号への発信にも、いたずら防止などのために、パスワード制が導入された。 また、この日より公衆電話およびからのダイヤルQ 2の利用が一切できなくなった。 (平成15年)には、他人のダイヤルQ 2無断利用について、その通話料の5割を超える部分について支払を請求することは許されないとした最高裁判決があった。 このように規制が厳しくなったため、また、ダイヤルQ 2サービスがそもそもコスト高であることから、もっぱら以下のジャンルに使用されていた。 (非会員向け情報サービス提供)• アダルト情報(上記のような詐欺的ではないものが生き残っていた)• 、人生相談(情報サービス提供名目)• 義捐金募集(大規模災害時に実施され、情報料分が、テレビ局などの災害募金番組提供者を通じて寄付金となる ) 終焉 [編集 ] 投資顧問では成功例が多く、多用されていたが、インターネットの普及などにより利用者が減少しているため、(平成23年)に同年をもって新規受付を終了、(平成26年)をもってサービス終了することが発表された。 これはNTT東西で1991年のピーク時には約8500もの番組から、サービス終了発表時には35まで減少しており、減少が続くと予想されたからである。 災害募金サービス [編集 ] ダイヤルQ2に代わる災害時の寄付募集用サービスとして、2014年(平成26年)より「災害募金サービス」が開始された。 「0990」から始まる番号は、以降このサービスで利用されることとなった。 災害募金サービスはNTT東西の固定電話に加え、ひかり電話(ひかり電話ビジネスタイプは不可)からもかけられるようになった。 類似サービス [編集 ] 類似サービスとして、が同社のを対象にした モバイルQがあった。 番号は「0990-204-xxx」または「0990-704-xxx」が割り当てられていた。 (平成10年)3月にサービスを開始したが、利用者は店頭で利用申し込みをしなければならず、また情報提供者は当時のドコモ中央のエリア(・)に限られたうえ、ドコモと直収サービスの契約をしなければならなかったため、広く使われるには至らず、また有料コンテンツの普及により、役目を終えたとして、(平成14年)に新規受付を終了、(平成15年)にサービスを終了している。 こちらは、当初からパスワード制が導入されていた。 iモードの「モバQ」はこのモバイルQの名残である。 脚注 [編集 ]• 当初は試験サービス。 本格サービス開始は(平成2年)。 サービス開始当初は公衆電話から利用可能だった。 ただし、やが行う災害への募集のための番組は両手数料を免除される場合があった。 例として、(平成22年)1月に発生したへの義援金を募集する番組である「テレビ朝日ドラえもん募金」()、「TBSカンガルー募金」()がある。 なお、この種の番組についてはダイヤルQ2サービス終了後も災害募金サービスとして継続する。 1991年6月1日付朝日新聞朝刊• この文言は企画書に記載されてあるとおりに流さなければならない。 テレビ朝日の「ドラえもん募金」などがこれにあたる。 東日本電信電話・西日本電信電話共同ニュースリリース 2011年11月15日• 2014年1月30日. 2014年3月4日閲覧。 2014年1月30日. 2014年3月4日閲覧。 関連項目 [編集 ]• - の設立当初よりこのシステムを使用した「ワクチン募金ダイヤル」を行っていたが、にサービスを終了した。 外部リンク [編集 ]• 公式サイト• - (2014年4月29日アーカイブ分)• - (2014年3月1日アーカイブ分)• 他人のダイヤルQ 2無断利用についての最高裁判例• 上記、判例に関するによる解説• - (2016年3月4日アーカイブ分).

次の