ダウンタウン オードリー。 オードリー若林「隠れて筋トレしてみたら本当に大変で」ゴールドジム原宿店で2日に1回ペースで筋トレを始めていた!

春日「中山秀征はオチなしクソ野郎」ダウンタウンはもっとボロクソ言ってた

ダウンタウン オードリー

メンバー [ ]• (わかばやし まさやす、 - )(41歳)既婚者 出身。 ツッコミ(ボケに回ることも多い)・ネタ作り担当。 立ち位置は向かって左。 として、2014年に映画『』で話題賞俳優部門を受賞。 身長170cm、体重67kg、足のサイズ26cm。• (かすが としあき、 - )(41歳)既婚者 出身。 ボケ担当(ツッコミに回ることも多い)。 若林からは「春日ってボケてない。 変な言い方してるだけ」と言われている。 立ち位置は向かって右。 2015年に、フィンスイミングリレーで銅メダル、2016年には銀メダルを獲得。 血液型B型。 身長178cm、体重86kg、足のサイズ28. 5cm。 略歴 [ ] 共に出身。 中学2年生の時にクラスメイトになり、若林の前の席が春日だったことから仲が良くなる。 に高校に進学し再びクラスメイトになる。 共に高等部から入部が許可される部に入部した(ポジションは若林が、春日が)。 若林は、小学生時代に見たやのような大人に憧れ芸人を志し、高校生の時アメリカンフットボールで関東代表に選ばれていた春日を見て「春日がいい」と思い、高校3年生の時から誘うようになる。 中学・高校時代の同級生にに渡り厩舎のになった人物がおり、後に担当馬を第30回に出走させるため一時帰国した際のスポーツ新聞のインタビューで、オードリーについても語ったことがある。 この同級生によると「学生当時とは2人のキャラクターが違っている」そうであり、春日は勉強が出来て、おとなしくて真面目である一方、若林の方がやんちゃなグループに入っていたという。 春日は中高皆勤であった。 、高校を卒業。 春日はで合格して現役で経営学科、若林は第二部に進学。 大学に入学した後も芸人に春日を誘い続けていたという。 しかし一方で、「よくつるんでいた11人グループの中で面白い奴から順に声を掛けていって、春日は上から 8番目に電話を掛けた相手」との話もある。 4月、事務所主催のライブに「若林春日」で参加しようとするものの「コンビ名がないと参加できない」と言われ、春日がその場で思いついた「 ナイスミドル」というコンビ名でのデビューを余儀なくされる。 4月、コンビ名を「オードリー」に改名。 これは、事務所の社長から「うにいくら」、「オードリー」の2択を迫られ、その場が寿司屋であったこともあり、「うにいくら」は社長の思いつきと判断。 そのため「オードリー」に決定した。 社長は、「華が無い二人なので、華のあるから採った」としている。 その後、自身のラジオで、その他のコンビ名の候補として「チーズワイン」と「兼定 」があったことを明かした。 売れていない頃は、単独ライブを行える会場もなかったため、春日の自宅に客を呼んでライブをしていた。 10月、新宿のシアターモリエールにて初の単独ライブとなる「シャンプーおじさん」を行う。 1月1日、系『』に出演し、地上波の放送で初めて念願の ネタを披露する。 ただしテレビそのものはこの番組が初出演ではなく、これより約2年前の2006年5月にの『(第4回)』に出演している。 当時は、とのものまねでの出演であった。 また、駆け出しの頃には『桂芸能社! 』()に数回、VTRを送っている。 VTRの内容は、床に置いたフラフープの輪に入った春日に、若手皆で(なども参加している)、「熱湯鉄砲」で集中攻撃をしたり、「」で背中を炙って、どこまで輪から出ないで耐えられるかという、若手芸人ならば一度はチャレンジするようなギリギリのリアクション芸であった。 このVTRを見た当時の若林の彼女からは、「お願いだから普通に就職して」と頼まれたという。 2008年12月21日、『』で敗者復活戦から決勝進出を果たし、決勝ファーストラウンドを1位通過し、総合2位。 2009年1月1日、フジテレビ『新春お笑い大賞2009!! 』でニューウェーブ大賞 1位(視聴者による電話投票で212,036票中76,009票獲得)。 2009年8月30日、『』に出演した際に、春日さらに続いて若林がの疑いがあるA型インフルエンザに感染し完治するまで休業となった。 1月、春日がTBS『』のロケ中に左足を骨折したが、春日は大して痛みを感じておらず、違和感があったため病院に行ってみたところ骨折していたことが判明した。 若林はその時ばかりは「春日は強いな」と驚きとともに感心した。 一時休養し、の『笑っていいとも! 』で復帰。 2月7日、『』のロケでをゲスト解説として現地観戦。 春日は骨折のため、松葉杖を付きながらの参加となった。 以降毎年、のゲスト解説を行なっている。 2011年9月、2年間にわたり出演していた『』を卒業。 10月から『笑っていいとも! 』のの『』に水曜レギュラーで出演。 2016年2月24日、『ヒルナンデス』内で630万回のテストに耐えた「壊れない」の椅子をプレゼンした際、耐久力をアピールするために春日が椅子に座って暴れるパフォーマンスを行ったところ、椅子を破壊してしまった。 なお、椅子の売り上げは伸びた。 2017年、『』のMCに就任。 なお、オードリーにとってはアイドル番組の司会およびコントは初となる。 2018年4月9日、けやき坂46(現 )の初冠番組『』 現『』 のMCに就任。 なおオードリーにとってはアイドル番組の司会は通算2回目だが系および恒久的な放送は初となる。 が毎年調査しているでは、2010年に507本の番組に出演し1位を獲得した。 は424本で5位だった。 近年 [ ]はネタ見せ番組も減りテレビで漫才を披露する機会は少なくなる一方、若林は番組司会者や俳優・CMタレントとして、春日はアスリート・ボディービルダー等として単独でメディア出演する機会が多くなっている。 芸風 [ ] 漫才 [ ] この節には 複数の問題があります。 やでの議論にご協力ください。 がまったく示されていないか不十分です。 内容に関するが必要です。 ( 2015年8月)• が含まれているおそれがあります。 ( 2015年8月) 主に「ズレ漫才」と呼ばれる(若林による命名)漫才を行う。 話を進めようとする若林に対し、春日が意味不明なツッコミやタイミングの悪い発言を行うのを若林がたしなめたり、逆に若林が突っ込んだりするため、話がほとんど進まないうちにネタが終わる。 基本的に、春日は意味不明なツッコミをしながら若林の背中を叩き、間髪入れずに若林が自分の方を向いた春日の額の左側(肩の場合もある)を叩きながら逆ツッコミをする。 これをスピーディーにテンポよく続けるのが彼らの漫才の持ち味となっている。 また、春日は七三分けのをワックスで固めたヘアスタイルに淡いピンク色のベストという衣装をしているが、これがオードリーが持つ強烈なインパクトの一因となっている。 若林はツッコミの際、意識的にこのテクノカットの水平にカットされたモミアゲ部分をひっぱたくのだが、それによってさらにモミアゲ部分が強調される。 かなりスタイルが崩されているが、内容的にはに分類される(『選挙演説』『転入生』などはである)。 漫才ネタを始める際、若林はすぐにセンターマイクに着く。 春日は胸を張ってセンターマイクにゆっくりと歩み寄り、少し遅れて到達してから、若林が「えー、オードリーと言う者でございますけれどもね。 今日も若林 ・春日で頑張って漫才やって行きたいなと思いますけどもね」などと自己紹介する。 春日はそれを無視して、客に「皆さん、本物の春日ですよ」「皆さん、夢でお逢いして以来ですね」などの自信過剰な挨拶を行う。 その後、若林は客席に向かって話しつつも「まぁ偽者がいたら見てみたいんですけれどもね」などと言ってやんわりと春日に突っ込むと、春日はあざ笑うような不敵な笑みを見せながら客に「ヘッ! 」と言うのが通例。 ネタの終わりには、若林は普通にお辞儀し、春日は左手を高く挙げ「バァイ」と言って締める。 一般的な締め方をしていたこともあった。 スタイル確立へ [ ] 当初はのようなスタイルの漫才を目指し、若林がボケで春日がツッコミだった(をモチーフとした「わかを」や「味覚」などのネタがある)。 金髪にしてみたり、時事ネタをしてみたり、後述のショートアメフトネタをやるなどかなりの試行錯誤もしている。 しかししばらくは伸び悩む時期が続き、同期の中でも特に落ちこぼれてしまった。 若林は解散や芸人を辞めることを何度も考えたという。 春日は「自分では出来ているつもりだった」がツッコミ間違いが多く、何度やっても上手くいかなかった。 結成6年目の頃、『』の若手オーディションにおいて、彼らのネタを見た構成作家に「どう見ても春日はツッコミとしてポンコツでまったく伸び代がない」と指摘された。 それを受けて、若林が自分たちのトークライブのビデオを見直した時、春日のツッコミ間違いを数えてみたら2時間で28回(31回中)もあったという。 しかしその映像で「春日が変なところでツッコんでくるのを、『おいそのツッコミ違うだろ』とツッコミ返す部分がお客さんの反応がいい』ということに若林は気付き、「じゃあそれをそのまま漫才にすればいいんだ」という発想に辿り着く。 こうして、ごろに「春日の間の悪いツッコミに対して、若林が逆にツッコミを返す」という現在のスタイルができあがっていった(今の春日の髪型と衣装もこの頃に完成した)。 しかしその新しいスタイルでも、これまでと大きくスタイルを変えたために(特に春日の容姿)周りに違和感を持たれた事もあってオーディションには落ち続け、事務所と作家に否定され続けた。 若林は2011年7月30日放送の「オードリーのオールナイトニッポン」において、自分たちが長い間売れなかった理由を「自分たちが生来持っている物・持っていない物を無視して、頭の中で描いていた理想の漫才の形にこだわりすぎたせい」と分析している。 しばらくして、で行われた主催のオーディションに参加。 そこで主催の渡辺本人から「これはM-1の決勝に行ける漫才だよ」と絶賛された。 そこで多くのアドバイスを渡辺から貰い、若林はその日の帰り道に原付を運転しながら、渡辺に称賛された感動で涙が止まらなかったという。 また、そのオーディションでは当時既に若手のトップクラスに君臨していたとも対面していてからネタを褒められたそうで、若林はその時の恩義故に今でも小沢と番組で共演する際、彼の発言にツッコミを入れる事をためらってしまうという(2015年7月4日放送「オードリーのオールナイトニッポン」より)。 上記のネタ見せで、渡辺は「(ツッコミが激しすぎて)お客さん引かない? 」と問題点を指摘し、「『激しいツッコミは漫才の中だけ』『本当は2人は仲がいい』ということがお客さんに伝わるような部分を入れるといい」とアドバイスした。 その1か月後の同オーディションに参加。 そこで若林が用意したのが漫才の中に「お前それ本気で言ってるのか? 」「本気で言ってたら何年も一緒に漫才やってねえよ」「ヘヘヘヘッ! 」というやり取りを間に入れる漫才だった。 それを見た渡辺は再びオードリーを賞賛した。 以来、2回戦落ちの常連であったM-1、まったくオンエアされることのなかった『』でも結果を残せるようになった。 また「」の特番「芸人ちゃんネタ祭り」では指を使ったり、擬音を多用するなど様々な漫才のスタイルを見せることがある。 ネタ作成 [ ] ネタは主に若林が作っているが、春日も参加している。 春日と合わせる時には、レコーダーを置いてまず若林が一人でしゃべり、春日がアドリブでそれに入る、ということを何度も繰り返し、まとめている。 台本にして演技指導をしていくと春日の頭がパンクしてしまうためレコーダーが必要不可欠であり、他の方法は出来ないとのこと。 若林は春日の宣材写真を置いてネタを作ることもある(若林自身がやりたいと思ったネタでも、春日のできる範囲に仕上げなければならず常に春日をイメージして考える必要があるため)。 2011年ごろからは若林と作家(事務所の後輩であるの佐藤満春)の共作となった。 に傾倒した若林が、著書にある「伝わらないものをやれ」というメッセージに感化され、面白さよりも客をイライラさせる方針をとった。 ネタ中に春日がする胸を張るポーズや苦虫を噛み潰したような顔も、岡本の作品『』がモチーフである。 その他 [ ]• ブレイク当初、世間では「ダメつっこみ漫才」というネーミングで紹介されていたが 、あまり的を射ていないと感じていた若林は「ズレ漫才」と自称している。 以降テレビ番組では「ズレ漫才」と紹介されることが多くなった。 2人が高校時代に部に所属していたこともあり、アメフトに関連したもある(ショートアメフト)。 2人がアメフト選手の格好でオチがほぼ全部タックルという物で、初期の頃のネタだという。 春日の決めゼリフである「トゥース! 」という言葉は、もともとアメフトでハドル(作戦会議)前に集合の合図として出す掛け声である。 かつては若林もネタとして使用していたことがある。 しかしその後、母校のアメフト部が「ふざけていると思われる」という理由から「トゥース」を自粛したという話もある。 の冠番組『』が始まる際、掴みの挨拶として春日が「チュードーン!」という挨拶を行なっており、以降は毎回言い方を変えながら継続していた。 グループ名がに改名した後、番組も『』にリニューアルした際には、の渡辺正行がコントで披露していたセリフ「待たせたな!」を使用している。 2015年が悪意のあるユーザーによって改ざんされ、皇居内に「オードリ春日トゥース」などと書き込まれた。 『』では初となるアイドル番組のMCの他に、普段はやらないコントにも挑戦した。 受賞歴 [ ]• 2008年 準優勝• 2009年 新春お笑い大賞2009!! ニューウェーブ大賞 出演 [ ] 単独での出演歴については、を参照。 現在のレギュラー番組 [ ] テレビ• (、2009年4月5日 - )• (日本テレビ、2011年10月5日 - )水曜レギュラー• (制作・、制作局:2012年4月8日 - ・系列局:2019年4月 - ) MC・• (、2015年4月15日 - )- MC• (テレビ東京、2016年9月30日 - )- MC• (日本テレビ、2016年9月 - ) MC・冠番組• (、2017年1月26日 - )準レギュラー• (、2019年2月3日 - ) MC• (テレビ東京、2019年4月8日 - )- MC• (テレビ東京、2019年10月5日 - )- MC・冠番組 ラジオ• (、2009年10月10日 - )- 冠番組 過去の出演番組 [ ] 2008年 - テレビ• (テレビ朝日、2008年7月12日 - 2009年5月3日)不定期放送 不定期放送からレギュラー化(、2008年10月4日 - 2009年3月28日)• (テレビ朝日、2008年11月15日 - 2009年9月26日)月1回の不定期放送。 2009年 - テレビ• シーズン1(、2009年4月6日 - 2009年4月17日)• (フジテレビ、2009年4月10日 - 2010年3月19日)• (日本テレビ、2009年4月25日 - 2010年7月3日)「ビューティフルライフ」のコーナー担当。 3週に1回出演• (日本テレビ、2009年10月3日 - 2009年12月26日)• (フジテレビ、2009年10月9日 - 2011年9月26日) 2009年10月9日-2011年4月1日まで金曜レギュラーとして出演。 月曜レギュラーに移動し2011年4月4日 - 9月26日まで出演• (フジテレビ、2009年10月11日 - 2011年10月2日)• (、2009年10月18日 - 2010年7月25日)準レギュラー ラジオ• オードリーのオールナイトニッポンR(、2009年2月28日) 冠特番• (、2009年4月7日 - 2012年3月28日) 冠番組 2010年 - テレビ• (日本テレビ、2010年1月16日 - 2010年3月27日)• (日本テレビ、2010年4月3日 - 2010年5月29日)(深夜から21時に昇格、2010年7月27日 - 2011年9月13日)• シーズン2(NHK教育、2010年4月5日 - 2010年4月16日)• (テレビ朝日、2010年4月15日 - 2016年9月22日)• (、2010年4月8日 - 2011年5月27日)隔週木曜• (日本テレビ、2010年4月21日 - 2011年3月9日)• (中京テレビ、2010年4月24日- 2010年8月28日)「コレがベストアンサー! 幸せ知恵袋」に毎月1回の出演• サマースクール(NHK教育、2010年8月2日 - 2010年8月13日)• (テレビ東京、2010年10月2日 - 2011年9月24日) 2011年 - テレビ• シーズン3(NHK教育、2011年4月4日 - 2011年4月15日)• (中京テレビ、2011年4月9日 - 2012年3月31日)• (テレビ東京、2011年10月1日 - 2012年3月31日)• (テレビ東京、2011年10月14日 — 2012年9月7日)• (、2011年12月23日 - 2013年3月) 2012年 - テレビ• (テレビ朝日)「抜き打ち発掘レストラン」のコーナーに出演。 (TBS、2012年7月30日 - 2012年10月29日)• (テレビ東京、2012年10月 - 2013年9月・2014年1月)• (テレビ東京、2012年11月5日 - 2013年3月26日 )• (テレビ東京、2012年7月 - 2014年3月) 2013年 - テレビ• (NHK総合、2013年4月6日 - 2016年3月26日) MC• (TBS、2013年6月2日 - 2016年3月6日)• (TBS、2013年10月16日 - 2014年9月9日) 2014年 - テレビ• (フジテレビ、2014年10月18日 - 2015年9月15日) 2015年 - テレビ• (テレビ東京、2015年10月 - 12月) - グルメブロガー・中華の魔人 役(春日)、AV女優の熱心なファン・発田 役(若林)• (、2015年10月18日 - 2017年3月19日) MC• レギュラー放送からは若林のみの出演だったが、共にMCを務めていたが2016年1月31日放送回をもって休養に入ったため、同年2月7日放送回より代役として春日が出演。 なお、春日は特番時代にもパイセンリポーターとして出演していた。 2016年 -• (テレビ朝日、2016年10月2日 - 2017年3月5日) MC(週替わり交代制) 2017年 - テレビ• (日本テレビ、2017年1月27日 - 3月31日) MC• (、2017年4月13日 - 2017年9月28日) MC• (、2017年10月22日 - 2018年9月30日) MC 2018年 - テレビ• (テレビ東京、2018年4月9日 - 2019年4月1日) MC 2019年 - テレビ• 史上最悪の1日(TBS、2019年5月30日) MC• のぞき見ドキュメント 100カメ(NHK、2019年8月21日・2019年12月16日・2020年1月27日・2020年3月23日・2020年4月13日) MC ゲスト出演 [ ]• 戦績4勝7敗 最高481KB• 「ナイスミドル」時代に3回、「オードリー」時代に8回参戦。 オンエアは「オードリー」から。 初挑戦から3戦連続で100KB台を出すなど、出場初期はかなり苦戦していた。 初オンエアまでは初挑戦から6年かかっている。 初オンエアは2008年4月24日放送回。 8回目の挑戦で初オンエア。 8回目の挑戦で初オンエアは彼らとの2組のみである。 またの11回、の9回に続く歴代3位の記録となっている。 2008年度にチャンピオン大会の出場資格(年間ランキング13位・合計1884KB)を得ていたが、スケジュールの都合 により出場を辞退 している。 4回のオンエア中3回が481KBで全て2位通過 という珍しい記録を残している。 2001年度(0勝1敗)• 2002年度(0勝1敗)• 2003年度(0勝1敗)• 2005年度(0勝1敗)• 2006年度(0勝1敗)• 2007年度(0勝2敗)• 2008年度(4勝0敗)• 、2009年12月31日) 系列• 、2008年・2009年2月7日・2月14日・2月28日・5月9日・10月31日• 、2008年6月17日・2009年4月7日・6月9日・12月1日・2010年1月19日・7月13日• 、2008年7月17日• 、2008年8月23日• 、不定期出演 - キャッチコピーは「高速の温度差」• 、2008年10月6日• 、2008年11月21日・2009年4月17日• 、2009年1月12日• 、2009年1月25日・3月30日• 、2009年2月10日• 、2009年3月8日(での公開収録)• 、2009年5月16日• 、2009年6月7日• 、2009年8月26日・9月2日・2017年6月28日• 、2010年2月8日• (制作)、2010年6月10日• 、2010年7月24日• 、2011年8月20日・21日(中京テレビ)• 、2013年10月13日・2015年9月13日・20日• 、2016年8月24日• 、2020年1月1日• 、2008年12月9日・2009年7月21日・12月8日・2010年3月9日・3月16日・7月6日• 祭り・秋の大豊作SP、2009年10月6日• ネオバラエティ祭り・『ぷっ』すま3時間スペシャル、2010年3月30日• 2008、2008年12月21日• 芸能人雑学王最強No. 1決定戦、2009年1月7日• 、2009年4月9日・5月14日・6月4日・10月29日・2018年3月29日• ロンドンブーツクリスマス ロンスポ2010 芸能界悲惨なNEWSアワードSP、2010年12月25日• 、2020年5月18日• 、不定期出演 系列• 、2008年3月27日• 、2008年10月29日• 、2008年11月10日• 、2008年11月30日• 、2008年12月12日• 、2008年12月29日-キャッチコピーは「超気持ちいぃ〜ズレ漫才」• 、2009年1月1日• 新型芸人オークション キリウリ お金のためならここまでやります、2009年1月4日• 、2009年7月16日• グランドスラムにリーチをかけるも、最終アトラクションでホンジャマカに完敗。 しかし若林がダーツでを獲得。 (制作)、2010年2月2日・6月8日・6月15日・6月22日• (毎日放送制作)、2010年2月23日・3月2日• 新春歴史ロマンSP・戦国武将の真実…時代を変えた奇跡の瞬間! 愛と野望の開運伝説 2011年1月2日• 2014年10月20日• 2017年9月15日• 2020年5月1日• 、「キモンスターチャンプ」第2回・第3回に出演• 、2007年6月18日・2008年1月1日、キャッチコピーは「お笑いタッチダウン」• 、不定期出演、キャッチコピーは「心地よいズレ漫才」• 、2008年8月7日• 鍵穴、2008年10月10日• 、2008年10月31日 - 11月4日・2009年10月26日 - 28日• 、2009年1月5日・3月18日・4月9日(テレフォンショッキング)・5月4日・6月18日・7月22日• 、2009年1月24日・11月12日・2016年10月13日• 、2009年1月27日• 、2009年2月2日• 、2009年2月11日・4月1日・7月15日• 、第4回• 、2008年10月22日・2009年2月25日・4月1日・11月4日・12月23日・2010年8月25日・2012年7月18日• 、2009年2月・2010年1月・2011年1月• 、2009年2月14日・4月25日・5月23日・6月27日• 、2009年7月19日• 、2009年11月24日• 、2010年7月10日• スペシャル、2010年7月21日• 、2010年7月22日• 、2010年1月1日・2011年1月1日• 、2012年10月7日・2017年8月6日- 春日のみ その他• ()、2010年2月20日• ()「読売ツウ」• () 2005年 -• (、2005年6月14日、5月11日、12月13日) 2009年 -• (文化放送、2009年1月15日、7月9日)• レコメン! (文化放送、2009年1月19日、2月17日、3月30日、4月13日、5月25日、6月15日、8月18日、10月19日)• (、2009年1月30日)• 高須光聖の御影流(、2009年7月26日) 2010年 -• (ニッポン放送、2010年2月15日)• 大竹まこと ゴールデンラジオ! (文化放送、2010年2月17日)• (ニッポン放送、2010年4月21日)• (TBSラジオ、2010年5月23日)• レコメン! (文化放送、2010年6月15日)• テリーとたい平 のってけラジオ(ニッポン放送、2010年6月24日)• (TOKYO FM、2010年10月29日)• 福山雅治のラジオ・チャリティー・ミュージックソン(ニッポン放送、2011年4月9日 )• (ニッポン放送、2011年4月21日)• (ニッポン放送、2011年6月18日)• (ニッポン放送、2011年10月18日)• 第37回ラジオ・チャリティー・ミュージックソン(ニッポン放送、2011年12月24日) 2012年 -• (ニッポン放送、2012年2月25日) 2013年 -• (ニッポン放送、2013年10月21日) 2014年 -• バカリズムのオールナイトニッポンGOLD(ニッポン放送、2014年4月21日、10月20日) 2015年 -• バカリズムのオールナイトニッポンGOLD(ニッポン放送、2015年8月24日) 2016年 -• (ニッポン放送、2016年4月12日) 2019年 -• 高田文夫のラジオビバリー昼ズ(ニッポン放送、2019年6月10日) ドラマ [ ]• (、2009年3月28日)第10話 - 情報屋役• 帰ってきたベタドラマ (、2009年8月-2010年10月31日)第1話—第8話• (、2009年8月8日)第2話 - 新人警官役• (フジテレビ、2009年11月15日)電気店店員役• (2004年) インターネット配信 [ ]• 面接王(、2005年6月10日 — 12月22日 )• 今日の一宿一通2(、2007年3月 - 2008年9月)火曜日レギュラー• (、2007年5月 - 2009年8月 )レギュラー• (GyaOジョッキー、2007年9月 - 10月)レギュラー• (GyaOジョッキー、2007年11月 - 2009年8月 )レギュラー• After School TV内「突撃! ハイスクール」(、2008年3月 - )レギュラー• (2018年1月13日 - 6月30日、) - MC CM [ ]• 「」(2009年2月14日 - )• (2009年3月2日 - )と共演• (2009年3月5日 - )• 「ドラフトワン」(2009年7月 - )と共演• 「メンズドラッグワックス」(2009年9月19日 - )• 「」(2009年10月)と共演• 「」(2009年11月 - )• 「ノ・ミカタ」(2009年11月 - ) の企画• (2010年6月)と共演• (2010年7月)(西田夢蔵名義)と共演• 映画『』宣伝キャプテン(2010年)• 映画『』(2011年)• 「スルーラックデリジェンヌ」(2013年10月7日)、と共演• (2014年6月12日 - ) - 先行して若林が、と共演する家電事業のCMが放送されていたが、2015年から法人事業のCMに春日が出演。 「フロスティ 成長応援グラノラ」(2016年)• 「」(2017年4月1日 - 2019年3月31日)• 「」(2017年1月31日 - )• Rudel「ドラゴンエッグ」(2018年1月19日 - )• (2019年) - 「キッカケ」編には若林も出演。 春日のみと共演。 TAPGO「menu」(2020年4月19日 - ) ミュージックビデオ [ ]• 僕はB型〜A型の君に恋してる〜() 声優 [ ] テレビアニメ• (、朝日放送:2009年8月23日 、朝日放送を除く:2009年8月9日 、第27話) 本人役• 春日:ニュースキャスター役。 若林:お天気キャスター役 劇場アニメ• (2009年8月22日劇場公開) 本人役で出演する他、春日:サウンドマシン役。 若林:ダンシングフラワー・メカ役• 『まめ』vol. 2 〜若手芸人コンプリート・カタログ〜(2005年9月21日発売)• 爆笑解禁 ケイダッシュライブ Volume. 2(2006年6月21日発売)• 原口あきまさの波乱万場 〜Life of Comedians〜 (2008年3月19日発売)• M-1グランプリ2008完全版 ストリートから涙の全国制覇!! (2009年3月31日発売)• ゴッドタン 再放送禁止! フルスイング傑作選 〜M女VSキモンスターVSドイヒーVSおっぱい見せて〜(2009年6月17日発売)• ゴッドタン 第6弾 絶叫のカオス 傑作集(2010年9月8日発売)• テレビドラマ『帰ってこさせられた33分探偵』(2009年6月26日発売)• オードリーDVD(2009年7月22日発売 発売元CCRE)• の恋愛中毒 〜カンニング竹山 VS 小沢仁志〜(2009年8月25日発売)• 映画『劇場版ヤッターマン 新ヤッターメカ大集合! オモチャの国で大決戦だコロン! 』 (2009年12月19日発売)声の出演。 タカアンドトシが選ぶゴールドモジりベスト10(2009年12月23日発売)• ぜんぶウソ VOL. 1〜3(2009年11月27日発売)• ぜんぶウソ VOL. 4〜6(2010年1月27日発売)• テレビドラマ『イケ麺そば屋探偵~いいんだぜ! ~』(2009年12月25日発売)• オードリーのオールナイトニッポンDVD(2010年1月8日発売)• 爆笑レッドカーペット 〜花も嵐も高橋克実〜(2010年3月30日発売)• DVD 7(2010年1月27日発売)• アメトーークDVD 10(2010年11月10日発売)• アメトーークDVD 12(2010年11月10日発売)• アメトーークDVD 15(2011年3月30日発売)• アメトーークDVD 16(2011年9月28日発売)• アメトーークDVD 21(2012年3月28日発売)• テレビドラマ『こちら葛飾区亀有公園前派出所』(2010年2月10日発売)• 潜在異色 vol. 1〜3(2010年5月28日発売 発売元ハピネット)• LIVE! 潜在異色 特別版 【SUIDOBASHI秘宝館】(2010年8月27日発売 発売元ハピネット)• 映画『劇場版 きかんしゃトーマス ミスティアイランド レスキュー大作戦!! 』(2011年10月28日発売)声の出演。 Vol. 21(2010年7月7日発売 発売元アニプレックス)• 内村さまぁ~ず Vol. 26(2011年2月23日発売 発売元アニプレックス)• オードリー春日のカスカスTVシリーズ(2010年8月〜2011年8月発売)• おどおどオードリーシリーズ(2012年5月〜2013年6月発売)• ニッポン放送開局60周年記念 オードリーのオールナイトニッポン5周年記念 史上最大のショーパブ祭りDVD(2014年11月8日発売)• オードリーのまんざいたのしい(2014年2月11日発売)• 第28回大会完全版(2016年1月13日発売)• オードリーのオールナイトニッポン 10周年全国ツアー in 日本武道館 DVD(2019年6月14日発売) 書籍 [ ]• オードリーの小声トーク 六畳一間のトークライブ(2010年9月24日発売、)• オードリーの悪いようにはしませんよ。 (2011年4月28日発売、)• オードリーの悪いようにはしませんよ。 ゆるっと7年史(2016年9月1日発売、)• オードリーのオールナイトニッポン 一年史(2011年5月6日発売、)• オードリーとオールナイトニッポン 自分磨き編(2018年9月15日発売、)• オードリーとオールナイトニッポン まだまだ30代! 編(2018年12月20日発売、扶桑社)• オードリーとオールナイトニッポン 死んでもやめんじゃねーぞ編(2019年3月4日発売、扶桑社)• オードリーとオールナイトニッポン 最高にトゥースな武道館編(2019年4月22日発売、扶桑社)• オードリーのNFL倶楽部 若林のアメフト熱視線(2018年1月25日発売、) - 編: 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• - 2010年11月24日付• 麻布台出版社『』2008年8月号の記事• 服部翔太『オードリー春日伝説』コアラブックス、27ページ。 若林が刀の名前から取った物である。 ORICON STYLE 2010年9月16日. 2014年6月3日閲覧。 - 2011年10月5日• 2010年1月14日 読売新聞より• Exciteニュース 2010年9月28日. 2014年6月2日閲覧。 2009年1月17日. 2015年4月7日閲覧。 2014年6月27日. 2015年4月7日閲覧。 JAPAN. COM 2010年2月3日. 2015年4月7日閲覧。 JAPAN. COM 2009年8月23日. 2015年4月7日閲覧。 2015年4月7日閲覧。 CNET Japan ニュース 2015年4月21日• 原則として、若林はMC、春日はパネラー席に着席する。 ニフティニュース 2018年11月26日. 2018年11月26日閲覧。 2015年9月9日. 2015年9月9日閲覧。 ファイナルのとの調整がつかなかったため。 同大会では同じく出場資格を得ていた(年間ランキング10位・合計1900KB)もスケジュールの都合(2人が出演した舞台「」がセミファイナル両日にあったため)により出場を辞退しており、彼らの代わりに年間ランキング21位のと22位のが繰り上げでチャンピオン大会出場となった。 そ のうち1回は441KBで5位通過。 映画ナタリー. 2019年1月11日. 2019年1月11日閲覧。 スポニチアネックス. 2016年3月24日. 2016年3月24日閲覧。 プレスリリース , 公益財団法人JKA, 2017年3月28日 , 2017年3月29日閲覧。 に伴い、臨時枠移動。 2週で放送。 お笑いナタリー. 2016年8月2日. 2016年8月3日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - ケイダッシュステージ.

次の

オードリー春日俊彰は私生活で春日語を使用、松本人志「怖い」

ダウンタウン オードリー

今僕は大学1年生だ。 高三の夏、受験勉強と共に聴き始めたのがオードリー。 塾の休み時間に読んだ『社会人大学人見知り学部卒業見込』が面白くて心にもグサッと刺さった。 そこからよりオードリーが好きになった。 2018年春、ラジオにてオードリーの武道館ライブが発表された。 僕はそんなに人が集まるとは思えず余裕で行けると思っていた。 が、現実は全く違った。 10月の一次先行、11月の二次先行どちらも落選。 その後バックスタンド席が発表されて12月の三次先行、1月の四次先行のバックスタンド席もどちらも落選。 1月の一般発売は即完。 ライブのチケットの争奪戦に参戦したのはこのライブが初めて。 が全く繋がらず、やっとの思い出一瞬結構ページが進んで文字を入力するとき手が震えていた。 チケットが取れないのがこんなに辛いとは思わなかったしこんな落胆するとは思わなかった。 そこから毎日ぴあのページを眺めていたら戻しが発生していて座席を購入することができた。 チケットは武道館の1万2000人とライブビューイング1万人が売り切れた。 ライブ前日、ワクワクしすぎて眠れなくなった。 そんなイベントは初めて行ったと初めて行ったのライブ以来だ。 物販はクリアファイルくらいはせめて買いたいなと思っていたが、会場に着いた15時には完売していた。 武道館周辺にリトルトゥースのバックやTシャツを身につけた人がたくさんいてなんだかおかしかった。 僕の周りの友達にはラジオを聴いてる人なんていないので、架空の存在だと思っていたリトルトゥースが可視化されただけでなんか面白かった。 ラジオなんて1人で聴くものだからぼっち参戦が多いのかと思ったけど結構友達連れやル(!?)が多くて驚く。 もちろん僕はぼっち参戦。 座席は2階席。 武道館に来たのは初めてだったので席に着くとかなり急で高くて意外と怖い。 開場BGMの選曲が面白い。 注意事項のナレーションも付け焼き刃の皆さん(青銅さん、石井さん、奥田さん)がやられていた。 奥田さんは武道館に合わせたのことを喋っていて前の男性が大ウケしていた。 まずはVTRから開始。 ナッツの「よふかしのうた」が流れてオードリーの説明が入る。 <オープニングで40分以上喋る。 曲をかけない。 ガチャ切りをする。 >次に青森〜愛知〜福岡の行程、客が7人の(2005年)から始まったことが映し出されVTR終了。 オードリーがアリーナ席から登場。 若林はプロレスマスクを被って入場(毎回はけてブースに戻るとリングに上がるような仕草をしてたのは若林のプロレス愛故か)、春日はゆっくり歩いて手を振り登場。 舞台にはラジオブースのセット。 若林の岡田マネの話からスタート。 みんなリトルトゥースなのかと疑い始め「お弁当に〜」と振ると「グーーーット」と客がレスポンス。 若林の着てるパーカーには自分と相方の親のイラストが描かれていて客が大爆笑。 ロクでもないリトルトゥース。 このイベントは単独お笑いライブではなくラジオのイベントだと強調して「内輪ウケを本気でやりに来てますから」と若林。 そこから通常放送と同じく30分のオープニング。 ここ最近の武道館公演した有名人リストを見て上か下か決めるくだり、若林の「コンビ組んでくれてありがとう」発言。 復ビンしそうになると会場のボルテージは上がる。 オープニングが終わるとCMが入る。 今回はいつものラジオと同じ構成なのでCMも同じタイミングで入る。 CMには垣花アナの、宗岡芳樹の宣伝、岡田マネとヘイたく、ビビる大木、、ナッツなど。 次に若林のゾーン。 父親の骨壷をどうするかをイタコに相談した話。 次に春日のゾーン。 フライデーに載ったことで彼女と旅行に行き互いの家族と食事会した話。 どちらも家族の話で渾身のやつを武道館にぶつけてきた感じ。 武道館で聞く骨壷の話やガンガンの下ネタはより面白く感じた。 春日がオチで「付き合ってる」と言った瞬間、場内で「ヒュー」の嵐になり若林がペットボトルの水を床にブチ撒いたのが笑った。 続いてひろしのコーナー。 武道館玉ねぎを被った春日にボールを投げつける若林。 だんだん荒れ出しバレーボールマシンや直接殴りにかかり最後はドロップキックで締め。 途中でクミさんが登場したりスクリーンに映る春日の両乳首で場内大爆笑したりと大いに盛り上がった。 ここで15分休憩が入り後半戦へ。 後半はショーパブゾーンからスタート。 まずはバーモンド秀樹とが登場。 が歌う「」に場内は聞き入ってた。 お世話になったショーパブの先輩を出すあたり義理堅さが伺える。 続いて松本明子が「131位の〜」という触れ込みで「オスメスキッス」を熱唱。 ボディビルポーズを決める春日と最後はキス。 次にシークレットゲストのが「夢芝居」を熱唱。 そこにMCwakaが乱入。 ガンガンにラップを重ねてく。 近くの客がと同じテンションのノリで盛り上がってた。 最後はにケツバットで金テープ発射。 こんなテープ発射今後の武道館で2度とないだろうな。 春日と若林どちらも特技を使った素晴らしいコーナーだった。 続いてブースセットが復活して死んでもやめんじゃねーぞのコーナー。 武道館に下ネタと笑い声がこだまする。 ここ最近の放送でファンメールが超面白かったデレクカーさんのメールが読まれいつもと変わらぬラジオの感覚に。 そこからエンディングになり2人が退場。 スクリーンにはスタッフのエンドロールとに出てきたイタコと春日家の写真。 その後「SHOWがはじまる」の出囃子と共に漫才衣装のオードリーが登場。 センターマイクへ向かう2人の姿に最近見た「芸人交換日記」がダブった。 「芸人交換日記」とは原作の小説で2011年に舞台化され若林とが役として出演してる。 僕はこの舞台のDVDを見て泣いたのだが(映画とか見て涙を流すなんてほぼ無いのに)それは劇中の設定(弱小事務所で10年目で全く売れない)がオードリーとダブるからかもしれない。 今はもう閉鎖された若林のブログにこんな文章がある。 「だれも助けてくれなかった。 でもこの方法しかなかった。 この漫才が受け入れられなかったら死のうと思った。 家も追い出された。 何度も解散しようと思った。 その度になぜか泣いて引き止めるのは春日だった。 コツコツ頑張って少しずつ露出が増えてきた。 どんずまって地球割れろと思った。 春日はに挑戦した。 ある日おもしろ荘に出ることになった。 運命の歯車は回り始めた」(おもしろ荘オードリー初登場の動画のコメント欄より) この文章を読むと感動すると同時に元気が出る。 クラスで面白い奴から声かけて10番目だった春日と組んだ若林。 これは本当なのか冗談なのか照れが入ってるのか分からないしどうでもいいけどこうしてコンビを組んだ2人が芸能界を駆け抜けて武道館で漫才をしてる事実が僕の目の前のそこにある。 漫才は春日が超能力が使えるということで魂を抜いて正面の1階席に投げる。 そんな魂を抜く春日を使って天国の若林の父親をイタコのようにおろす。 柔らかい脇に魂を入れて。 最後は春日と若林の魂を交換することになる。 本当に最高に笑った。 内容が中学生ノリなのもいつものラジオの感じでオードリーの真骨頂だった。 約30分の漫才(翌週の放送で実際は24分の漫才だったことが明かされる)が終わるとそこからラジオ10年間を振り返る音声と映像がの「10年20年」と共に流れる。 「」で優勝する若林や「すべらない話」でMVSを獲る春日が映し出されるとオードリーの凄さが実感できる。 「日曜芸人」で号泣する若林や「ナンデス」で椅子を破壊するオードリーで大爆笑の会場。 そこから2人が再度登場して拍手の会場に手を振る2人の姿はスターだった。 がラジオで同世代の芸人でスターとしてオードリーを挙げて「春日には華がある」と話してた。 千鳥やも春日のスター性を褒める。 今年の年末年始、僕がテレビで確認しただけで春日は「フレンドパーク」「笑ってはいけない」「正解は一年後」「」「有吉の壁」「出川の充電旅」と出まくっていた。 2人はずっとテレビに出続けてるスターだ。 『藝人春秋』の解説で若林はやにはなれないことを自覚することで新しい人生が始まったと書いている。 僕が中学生の頃が最強の芸人で支えになっていた。 こんな好きな芸人はこれ以上ないと思っていた。 高校生になってオードリーのラジオを聞くまでは。 僕の中ではとオードリーが同じくらい好きで同じくらい心の支えでどちらも偉大なスターだ。 それはが武道館で行ったラジオイベントの15年後に同じく武道館でラジオイベントをしてるオードリーが証明している! 武道館公演の関係者席には沢山の人が来てたらしい。 花もたくさん来ていた。 ナッツは3月5日のラジオで、は3月17日のラジオで熱く語っていた。 本当に楽しい3時間半で今年これより楽しいことはもう無い気がする。 オードリーからは粘り続けることの偉大さに気付かされたし今また黄金期でこれからずっとスターであり続けるだろう。 誰かに気持ち悪いなってツッコまれるような駄文ですみませんでした。

次の

オードリーの本音トーク! ウッチャンナンチャンは「いける」 ダウンタウンは「いけない」:あちこちオー...|テレ東プラス

ダウンタウン オードリー

スタッフや後輩が言っていたオードリー春日の口コミまとめ• いい加減引っ越せ!(いらっしゃいませ風)• ヒルナンデス! でスベってましたっ!(以下掛け声風)• 友達少ないぞ!• プライベート暗いぞ!• あの家もう誰も笑ってねーぞ、むつみ荘引っ越せ!• 体育会TVで全然しゃべってませんでした!• ごちゃごちゃ言ってないで米食えバカ!• 拷問でした!(ごちそうさまでした風) 後輩の ウーマンラッシュアワーの 中川パラダイスさんと一緒に ジンギスカンを食べつつ、 隠しカメラで観察。 後輩が 「お腹がいっぱいになってきました的なことをいうと、 オードリー春日さんが 「食べ放題なんだから、 肉を食べなきゃもったいないぞ!!」 的なことを言って肉をさらに勧めます(笑) こういう環境で育てられている羊肉を取り扱っているゆきだるまさんは素材にこだわっている証拠! オードリー春日さんが食べていたのが 「食べ放題なんだから、肉食え、肉!」という 2名様以上90分のジンギスカン食べ飲み放題コース! (2019年3月現在4480円でご案内とのこと! 金額や内容に変動があるかもしれませんので、 ご来店の際は直接お店にお問い合わせください!) ゆきだるまさんの口コミをチェックすると、 夏場などお酒が進む混んでいる時期は、 特にゆきだるまさん本店の予約が困難とのこと。 本店よりもはなれの方が店内落ち着きがあり、 カウンターも広々していて居心地も良いし、 空調も良く快適にジンギスカンを楽しめるということで 今度行くときに参考にします(笑).

次の