ほら ここ で 君 が 笑う シーン が。 115万キロのフィルム(Official髭男dism) / コード譜 / ギター

結婚式・余興で人気のBGMや曲!シーン別

ほら ここ で 君 が 笑う シーン が

5位 コーヒーとシロップ 社会人の苦難をリアルに描く 『コーヒーとシロップ』 社会はストレスとの闘い。 そんな中、一緒にいてくれる誰かを求めたりと、特に新卒の社会人は、歌詞の主人公の境遇が痛いほどわかるのではないでしょうか。 苦い思いを飲み干す。 それを繰り返すことで、いつかきっと自分を導いてくれる希望の光を待ち続けています。 社会人への応援歌とも言えますね。 それと、開始からほんの数秒で、ボーカル藤原聡さんの歌唱力の高さを再認識できます。 ほんとに、どの曲も完成度が高い。 例えば 何十年か後に 偉くなれたなら そしたら「これで良かった」と 笑えるんだろうか? 例えば 明日僕が会社を休んだなら そしたら「代わりはいるさ」と 笑い出すのか? 嫌な事全部飲み干して その場をただただやり過ごして カップの底見つめ ふがいなさのシロップを落として とにかく全部飲み干して いつかは全部吐き出して それで笑って、歌っていられたらな 4位 SWEET TWEET 遠距離恋愛を歌う 『SWEET TWEET』 MVの完成度が高いことでも話題に。 歌詞では胸がキュッとなるような 切なさが込められています。 笑うときだけいつもの声より二音半あがる など、歌詞の細かい描写に センスを感じられずにはいません。 曲調は、 The!髭男!というような爽やかでお洒落。 なおかつ、キャッチな印象です。 少しかすれた 低くも高くもない普通のトーンで 笑うときだけ いつもの声より二音半あがる 君の口癖や適当な相槌さえも 記憶のど真ん中に色濃く焼き付いたんだ 愛する君の声が どんな歌より聴きたくなった なにを話しても心はフワッと宙に浮いたまま 本当はもっとちゃんと 気の利いたことも言いたいんだ でも難しくて黙ったまんま見上げた秋の星空 スポンサーリンク 3位 115万キロのフィルム いよいよ ベスト3の紹介です。 続いて紹介するのは 『115万キロのフィルム』 フレーズの最後に音が上がるところに、髭男らしさがありますね。 主人公の愛の大きさが伝わる、 圧倒的なラブソングです。 大切な記念日に聴くことを推奨します。 きっと幸せが溢れすぎて、涙しちゃいます。 また、情景が目に浮かぶような、 丁寧な歌詞の描写にも注目です。 これから歌う曲の内容は僕の頭の中のこと 主演はもちろん君で 僕は助演で監督でカメラマン 目の奥にあるフィルムで作る映画の話さ ほら、ここで君が笑うシーンが 見どころなんだからさ Ah 写真にも映せやしない とても些細なその仕草に どんな暗いストーリーも 覆す瞬間が溢れてる どれかひとつを切り取って サムネイルにしようとりあえず今の所は 2位 恋の去り際 アルバム 「MAN IN THE MIRROR」の収録曲 『恋の去り際』が2位にランクイン! アルバムの収録曲の片鱗に過ぎないため、知名度は低いのではないでしょうか。 しかし、知名度と楽曲の良さは、比例するわけではありません。 是非、未視聴の方には聴いて頂きたいです。 第1印象は心地良いリズム。 そこから、歌詞の切なさにグッときます。 心に染みる 失恋ソングです。 毎回毎回そうですが、髭男は歌詞の描写が細かく、情景を具体的に想像させることに長けていますね。 個人的に あんなに好きだと言い合って 頬をくっつけ笑って撮った写真 の部分が、たまらなく好きです。 もう忘れたいんだ あの瞬間 真っ白な光に 照らし出された ねえ あの時 君はどんな思いで傍にいたの あんなに好きだと言い合って 頬をくっつけ笑って撮った写真にも こっそり写り込んでいた 悲しい恋の去り際 君から貰った幸せの全てが 目から心から音も無く消えた まだ信じられないまま.

次の

結婚式・余興で人気のBGMや曲!シーン別

ほら ここ で 君 が 笑う シーン が

5位 コーヒーとシロップ 社会人の苦難をリアルに描く 『コーヒーとシロップ』 社会はストレスとの闘い。 そんな中、一緒にいてくれる誰かを求めたりと、特に新卒の社会人は、歌詞の主人公の境遇が痛いほどわかるのではないでしょうか。 苦い思いを飲み干す。 それを繰り返すことで、いつかきっと自分を導いてくれる希望の光を待ち続けています。 社会人への応援歌とも言えますね。 それと、開始からほんの数秒で、ボーカル藤原聡さんの歌唱力の高さを再認識できます。 ほんとに、どの曲も完成度が高い。 例えば 何十年か後に 偉くなれたなら そしたら「これで良かった」と 笑えるんだろうか? 例えば 明日僕が会社を休んだなら そしたら「代わりはいるさ」と 笑い出すのか? 嫌な事全部飲み干して その場をただただやり過ごして カップの底見つめ ふがいなさのシロップを落として とにかく全部飲み干して いつかは全部吐き出して それで笑って、歌っていられたらな 4位 SWEET TWEET 遠距離恋愛を歌う 『SWEET TWEET』 MVの完成度が高いことでも話題に。 歌詞では胸がキュッとなるような 切なさが込められています。 笑うときだけいつもの声より二音半あがる など、歌詞の細かい描写に センスを感じられずにはいません。 曲調は、 The!髭男!というような爽やかでお洒落。 なおかつ、キャッチな印象です。 少しかすれた 低くも高くもない普通のトーンで 笑うときだけ いつもの声より二音半あがる 君の口癖や適当な相槌さえも 記憶のど真ん中に色濃く焼き付いたんだ 愛する君の声が どんな歌より聴きたくなった なにを話しても心はフワッと宙に浮いたまま 本当はもっとちゃんと 気の利いたことも言いたいんだ でも難しくて黙ったまんま見上げた秋の星空 スポンサーリンク 3位 115万キロのフィルム いよいよ ベスト3の紹介です。 続いて紹介するのは 『115万キロのフィルム』 フレーズの最後に音が上がるところに、髭男らしさがありますね。 主人公の愛の大きさが伝わる、 圧倒的なラブソングです。 大切な記念日に聴くことを推奨します。 きっと幸せが溢れすぎて、涙しちゃいます。 また、情景が目に浮かぶような、 丁寧な歌詞の描写にも注目です。 これから歌う曲の内容は僕の頭の中のこと 主演はもちろん君で 僕は助演で監督でカメラマン 目の奥にあるフィルムで作る映画の話さ ほら、ここで君が笑うシーンが 見どころなんだからさ Ah 写真にも映せやしない とても些細なその仕草に どんな暗いストーリーも 覆す瞬間が溢れてる どれかひとつを切り取って サムネイルにしようとりあえず今の所は 2位 恋の去り際 アルバム 「MAN IN THE MIRROR」の収録曲 『恋の去り際』が2位にランクイン! アルバムの収録曲の片鱗に過ぎないため、知名度は低いのではないでしょうか。 しかし、知名度と楽曲の良さは、比例するわけではありません。 是非、未視聴の方には聴いて頂きたいです。 第1印象は心地良いリズム。 そこから、歌詞の切なさにグッときます。 心に染みる 失恋ソングです。 毎回毎回そうですが、髭男は歌詞の描写が細かく、情景を具体的に想像させることに長けていますね。 個人的に あんなに好きだと言い合って 頬をくっつけ笑って撮った写真 の部分が、たまらなく好きです。 もう忘れたいんだ あの瞬間 真っ白な光に 照らし出された ねえ あの時 君はどんな思いで傍にいたの あんなに好きだと言い合って 頬をくっつけ笑って撮った写真にも こっそり写り込んでいた 悲しい恋の去り際 君から貰った幸せの全てが 目から心から音も無く消えた まだ信じられないまま.

次の

115万キロのフィルム

ほら ここ で 君 が 笑う シーン が

5位 コーヒーとシロップ 社会人の苦難をリアルに描く 『コーヒーとシロップ』 社会はストレスとの闘い。 そんな中、一緒にいてくれる誰かを求めたりと、特に新卒の社会人は、歌詞の主人公の境遇が痛いほどわかるのではないでしょうか。 苦い思いを飲み干す。 それを繰り返すことで、いつかきっと自分を導いてくれる希望の光を待ち続けています。 社会人への応援歌とも言えますね。 それと、開始からほんの数秒で、ボーカル藤原聡さんの歌唱力の高さを再認識できます。 ほんとに、どの曲も完成度が高い。 例えば 何十年か後に 偉くなれたなら そしたら「これで良かった」と 笑えるんだろうか? 例えば 明日僕が会社を休んだなら そしたら「代わりはいるさ」と 笑い出すのか? 嫌な事全部飲み干して その場をただただやり過ごして カップの底見つめ ふがいなさのシロップを落として とにかく全部飲み干して いつかは全部吐き出して それで笑って、歌っていられたらな 4位 SWEET TWEET 遠距離恋愛を歌う 『SWEET TWEET』 MVの完成度が高いことでも話題に。 歌詞では胸がキュッとなるような 切なさが込められています。 笑うときだけいつもの声より二音半あがる など、歌詞の細かい描写に センスを感じられずにはいません。 曲調は、 The!髭男!というような爽やかでお洒落。 なおかつ、キャッチな印象です。 少しかすれた 低くも高くもない普通のトーンで 笑うときだけ いつもの声より二音半あがる 君の口癖や適当な相槌さえも 記憶のど真ん中に色濃く焼き付いたんだ 愛する君の声が どんな歌より聴きたくなった なにを話しても心はフワッと宙に浮いたまま 本当はもっとちゃんと 気の利いたことも言いたいんだ でも難しくて黙ったまんま見上げた秋の星空 スポンサーリンク 3位 115万キロのフィルム いよいよ ベスト3の紹介です。 続いて紹介するのは 『115万キロのフィルム』 フレーズの最後に音が上がるところに、髭男らしさがありますね。 主人公の愛の大きさが伝わる、 圧倒的なラブソングです。 大切な記念日に聴くことを推奨します。 きっと幸せが溢れすぎて、涙しちゃいます。 また、情景が目に浮かぶような、 丁寧な歌詞の描写にも注目です。 これから歌う曲の内容は僕の頭の中のこと 主演はもちろん君で 僕は助演で監督でカメラマン 目の奥にあるフィルムで作る映画の話さ ほら、ここで君が笑うシーンが 見どころなんだからさ Ah 写真にも映せやしない とても些細なその仕草に どんな暗いストーリーも 覆す瞬間が溢れてる どれかひとつを切り取って サムネイルにしようとりあえず今の所は 2位 恋の去り際 アルバム 「MAN IN THE MIRROR」の収録曲 『恋の去り際』が2位にランクイン! アルバムの収録曲の片鱗に過ぎないため、知名度は低いのではないでしょうか。 しかし、知名度と楽曲の良さは、比例するわけではありません。 是非、未視聴の方には聴いて頂きたいです。 第1印象は心地良いリズム。 そこから、歌詞の切なさにグッときます。 心に染みる 失恋ソングです。 毎回毎回そうですが、髭男は歌詞の描写が細かく、情景を具体的に想像させることに長けていますね。 個人的に あんなに好きだと言い合って 頬をくっつけ笑って撮った写真 の部分が、たまらなく好きです。 もう忘れたいんだ あの瞬間 真っ白な光に 照らし出された ねえ あの時 君はどんな思いで傍にいたの あんなに好きだと言い合って 頬をくっつけ笑って撮った写真にも こっそり写り込んでいた 悲しい恋の去り際 君から貰った幸せの全てが 目から心から音も無く消えた まだ信じられないまま.

次の