ブルー グリーン アルジー。 ブルーグリーンアルジーの効果効能。スピルリナとの違い、栄養素や副作用について|スーパーフード百科

pix.crash.net: 【AFAブルーグリーンアルジー】 シャスタ タブレットタイプ 60g 300粒: 食品・飲料・お酒

ブルー グリーン アルジー

Social Problem あなたの周りで起きている問題• Your Problems あなたのお悩み• Healthy Food 健康的な食生活• Hot Topics 人気の話題• Organic Recipe 今日食べたいオーガニックレシピ• Organic Shop オーガニック・ベジタリアン店• 日本を代表する自然療法活動家東城百合子の弟子の元で食養を学びアシスタントを務めていた経験を持つ。 NYのIntegral Yoga Instituteにて全米ヨガアライアンス認定インストラクター(ERYT200, YACEP)の資格を所持し、国内外のスタジオやスクールで豊富な指導経験を持つ。 (講師歴計10年)。 がん、心臓病、他の慢性疾患患者へのヨガの専門家としてアメリカで活躍するジャナーニ・チャップマン氏に従事。 ジャナーニ・チャップマン氏の監修のもとYCat Yoga(ガン&慢性疾患患者のためのヨガ)を提供できる唯一の日本在住日本人。 私たちに必要なアミノ酸全20種類を有し、 炭水化物・脂質・13種のビタミン・70種類以上のミネラルなどの5大栄養素のほか、 食物繊維や葉緑素、核酸、 不飽和脂肪酸までをも理想的なバランスで含む完全栄養食が存在すると聞いたら信じられますか? 数多く存在する栄養素や、ビタミン、ミネラル。 「栄養素のバランスが大切っていうけれど、一体何をどれだけ摂ったらいいの?」 「いちいち考えながら食事をするのも面倒。 」 そんな私のような(笑)、 スボラさんにピッタリなのが、 「ブルーグリーンアルジー」。 ブルーグリーンアルジーは 私たちに必要な栄養素を理想的なバランスで含む「完全栄養食」。 今までのスーパーフードとは別次元のパワーを持つ「ブルーグリーンアルジー」に、 今、世界中が注目しています。 米国国立がん研究所、米国国立衛星研究所、米国ガン学会、 米国医学会などでも高く評価されている 純天然のスーパーフード、「ブルーグリーンアルジー」。 その知られざる実態に迫ります! ブルーグリーンアルジーって一体なに? AFAブルーグリーンアルジーは「藍藻類」で、 世界で一か所だけ、アメリカオレゴン州、 「聖なる湖」アッパークラマス湖のみに自生します。 周辺の山々から流れる雪解け水や、 絶えず湧きでる水により湖には酸素が豊富、 そして湖底に蓄積している火山灰のミネラルが 栄養源となりブルーグリーンアルジーが誕生します。 約35億年も昔から、 地球のダイナミックな変動に耐えながら、 その形態を変えずに現在に至る唯一の生命。 植物から動物にいたるまで、 全ての生物の先祖といえるブルーグリーンアルジーには、 現代を生きる私たちに必要な豊富な栄養素がたっぷり。 現在、 私たちが毎日口にする現代の食品には、 栄養素や人体に有効な微生物が充分に含まれていません。 そのため、 果実や野菜などをいくら食べても必要な栄養を十分に摂取できず、 逆に食品添加物や残留農薬といった不必要なものを摂取してしまい、 様々な現代病につながっていくとも言われています。 そんな私たちに現代人が、 注目すべきスーパーフードが、 この天然のブルーグリーンアルジーなのです。 栄養素が105種類、 私たちの理想的栄養素バランスにきわめて近い比率で含まれている 100種類以上の栄養素を持つブルーグリーンアルジーは、 35億年前から生息する原始のエネルギーを秘めた神秘のスーパーフード。 105 種類の天然栄養成分が、 人間の理想的栄養素バランスにきわめて近い比率で含まれています。 ブルーグリーンアルジーが生息するアッパークラマス湖の湖底には、 約7000年前に噴火した火山灰が厚さ11メートルに及び堆積しています。 ブルーグリーンアルジーは、 その火山灰に含まれる豊富なミネラルを充分吸収した、 天然ミネラルの宝庫。 37種類の必須ミネラルがバランスよく含まれています。 ブルーグリーンアルジーの栄養素を包んでいる細胞膜は、 消化可能な動物性たんぱく質でできており、 分子構造が血液と同じヘモグロビンであることも、 そのパワーの理由と考えられています。 ブルーグリーンアルジーは、 地球最古の理想的なたんぱく質食品で、 含まれるたんぱく質は乾燥重量で53~65%をしめ、 その中に20種類の異なるアミノ酸が48. 2%含まれています。 ブルーグリーンアルジーに含まれるたんぱく質は分子重量が軽く、 そのアミノ酸は食物中もっとも消化吸収されやすいことがわかっており、 さらに、含まれる必須アミノ酸のバランスは、 人体に必要とされる比重にほぼ等しく含まれています。 <必須アミノ酸の主な働き> アルギニン・・・免疫系の向上、感染抵抗力の増強、筋肉形成、脂肪燃焼促進 ヒスチジン・・・代謝プロセスを助ける イソロイシン・・・エネルギー組成、筋肉組成、血中の糖の安定化 ロイシン・・・エネルギー組成、低血糖緩和 リジン・・・骨の育成、コラーゲン形成、鉛毒の排泄、慢性疲労緩和 メチオニン・・・肝臓脂肪、酸化防止、記憶向上神経伝達、気分向上、解毒 様々な研究で立証されているブルーグリーンアルジーのパワー 米国を中心に欧米の研究機関がブルーグリーンアルジーに注目し、 40年以上研究を続けています。 米国国立がん研究所、米国国立衛星研究所、米国ガン学会、 米国医学会などでも高く評価されている純天然のスーパーフードです。 人体に必要なほとんどの栄養素がバランスよく含まれていることから、 NASAの宇宙食にも採用されました。 ブルーグリーンアルジーを生活に取り入れるメリット4 ブルーグリーンアルジーは、 私たちに必要な全ての栄養素が理想的な割合で含まれている完全食。 健康を維持するためには欠かせないアイテムですが、 それ以外にも意外なパワーがあります。 様々なパワーの中から、 現代を生きる私たちが気になるパワーをまとめました。 メリット1:ダイエット ダイエットには大敵の甘いものなどへの過度な食欲をおさえ、 エネルギーを増幅させるほか、 気分を向上させる可能性があると報告されています。 メリット2: 肌の健康維持 AFAブルーグリーンアルジーに含まれる様々な成分の相乗効果によって、 お肌の再生に効果的と報告がされています。 メリット3:最高のブレインフード 勉強を頑張りたいお子さんや、 お仕事のパフォーマンスを上げたいパパの食事にこっそり一振! ブルーグリーンアルジーはその豊富な栄養素と生命力から、 最高のブレインフードと言われています。 メリット4:心の健康維持 最近の栄養学研究で、AFAブルーグリーアルジーに「喜びの分子」、 フェニルエチルアミン(PEA)の存在が明らかになりました。 ブルーグリーンアルジーに豊富に含まれるPEAで「こころの健康」もキープできます。 ブルーグリーアルジーは老若男女問わず全ての人におすすめしたい食品 ブルーグリーンアルジーは食品。 だから老若男女問わず、 誰でも、いつでも、家族みんなで摂取できます(小さなお子さんもOK。 その中でも、特に次のような方は、 ブルーグリーンアルジーの力を借りてみて。 朝食前や日中などの空腹時に摂るのがお勧めです。 食生活編: ・食事が不規則でバランスが悪い方 ・最近外食が続いている方 ・ビーガン、菜食主義の方 ・忙しくて簡単な食事になりがちな方 体調管理編: ・もっと元気になりたい方 ・なるべく薬は使わずに、健康を維持したい方 ・血圧が高い、血糖値が高めの方 ・便秘に悩んでいる方 ・花粉症、アトピーなどアレルギーに悩まされている方 ・肌のくすみがきになる方 ・適正体重を目指したい方 ・運動により燃焼効果を高めたい方 ・デトックスしたい方 ・アンチエイジングしたい方 ・風邪を引きやすくなったと感じている方 心の健康編: ・記憶力が低下したように感じている方 ・勉強や仕事のパフォーマンスを上げたい方 ・心の安定と前向きなモチベーションをキープしたい方 ・健康にダイエットしたい方 ・イライラしがちな方 女性特有: ・子どもを授かりたいご夫婦 ・母乳で赤ちゃんを育てたいママさん ・生理不順な方 ブルーグリーンアルジーには私たちに本来宿る生命力を引き出してくれる力があります。 次第に自分に備わっている生命力が目を覚ましていく、 そんな感覚があるかもしれません。 より良いブルーグリーアルジーの選び方は? 健康のためだからこそ、 よりクオリティーの高いブルーグリーンアルジーを選んでほしい。 カンタン!選び方のポイントをまとめました。 35億年前から生息する原始のエネルギーを秘めた神秘のブルーグリーンアルジー100%を、 無加工・無添加で商品化したのが「プレミアムスーパーフード・アクアファータ」。 同じブルーグリーンアルジーであっても、 「プレミアムスーパーフード・アクアファータ」は 湖の好条件のエリアで摂取されたもののみを集めています。 オーガニック認定採取業者からダイレクトで輸入し日本国内で生産。 また、色、風味、香り、酵素、 栄養素などをほとんど損なうことなく乾燥できる 独自の低温乾燥法(特許:バイオアクティブハイドレーション)で乾燥しています。 オレゴン州におけるUSDAの認定機関、 オレゴン・ティルスの認証をはじめ、コーシャなど各種認証も取得済み。 「奇跡の藻」ブルーグリーンアルジーを最高な状態で摂れるアイテムなのです。 私たち現代人への地球からの贈りもの、 理想的なスーパーフード、ブルーグリーンアルジー。 あなたと、あなたの大切な人の毎日を、このブルーグリーンアルジーで変えてください。 あなたの目に映る景色が、さらに輝くことを願っています。

次の

pix.crash.net: 【AFAブルーグリーンアルジー】 シャスタ タブレットタイプ 60g 300粒: 食品・飲料・お酒

ブルー グリーン アルジー

ブルーグリーンアルジーの効果・効能• 栄養バランス調整、健康状態改善効果• 免疫補強作用• 抗ウイルス作用• ADHD(注意欠陥、多動性障害)改善作用• コレステロール低減作用 ブルーグリーンアルジーの偉力(詳細は下記を確認下さい)• ブルーグリーンアルジーの特長/免疫補強・栄養バランス改善• ブルーグリーンアルジーは、免疫細胞の活動を刺激・促進する効果を持つ• ブルーグリーンアルジーは、「スーパーフード」と称される• ADHD(注意欠陥、多動性障害)改善作用が確認されている• ブルーグリーンアルジーは、35億年前に誕生し、あらゆる動植物の起源とされ、含まれている栄養バランスが人体組成に近いとされる ブルーグリーンアルジーは、学名を、Aphanizomenon Flos Aquae(アファニゾメノン・フロス・アクア)といい、学名の頭文字をとって、「AFA」とも呼ばれる藍藻ハーブです。 ギリシャ語で、「目に見えない水の中の花」という意味を持ちます。 ブルーグリーンアルジーは、35億年前に地球上に最初に誕生した生物(藍藻)で、あらゆる動植物の起源と言われています。 人間の体内に必要とされる栄養素の多くを含有し、その数は89種類(50種のミネラル、13種のビタミン、20種の必須アミノ酸、4種の脂肪酸、2種の色素)にも及びます。 また、そのバランスは人体に必要とされる理想値に近いとされています。 藍藻類の中でもブルーグリーンアルジーは光合成能力がずば抜けており、地球上で最大級に葉緑素に富む生物です。 また、ブルーグリーンアルジーの細胞は、構造が動物細胞に近いとされており、細胞膜が薄く消化しやすいため、栄養素を人間の体内に効率良く吸収させることができます。 その吸収率は95%以上で、他の藍藻類を大きく上回る数値です。 ブルーグリーンアルジーは藍藻類の1つですが、ブルーグリーンアルジーと呼ばれる種が生息しているのは、米国オレゴン州のアッパー・クラマス湖だけです。 アッパー・クラマス湖は、アメリカ合衆国のオレゴン州南部にある、カスケード山脈の東に位置する、海抜約1,000mにある大きくて浅い淡水湖で、世界最古の湖のひとつとされています。 この地は、世界七大聖山のひとつ、北米屈指のパワースポット「マウント・シャスタ」の麓でもあります。 クラマス湖は、カスケード山脈の火山地帯の中央部に位置し、隣接するクレータ湖から、火山地帯特有のミネラル豊富な水が地下水となってクラマス湖に流れ込んできます。 また、クラマス湖は太平洋に流れ込んでいるため、その水は淀むことなく常に流れており、湖水には常に新鮮な酸素が供給されています。 そして、年間約300日が晴天とされる恵まれた天候の中、地球上でもっとも光合成能力の強いブルーグリーンアルジーは、その体内にたくさんの栄養素を詰め込んでいきます。 ブルーグリーンアルジーは、やクロレラと同じ藻類に属していますが、その成り立ちや組成は大きく異なります。 栄養成分量の豊富さ、人間の身体への消化吸収率の点等、あらゆる点において、ブルーグリーンアルジーに軍配が上がると言えるでしょう。 その理由の1つ目は、生息環境にあります。 スピルリナとクロレラの多くは、人工池にて培養されることが多く、栄養成分の量・質の両面において、課題が残ります。 一方、天然の栄養分が常に豊富に供給され続けているクラマス湖に自生するブルーグリーンアルジーは、栄養成分の量・質共に、世界最高級の藍藻ハーブと言えるでしょう。 2つ目の理由は、細胞膜の薄さにあります。 ブルーグリーンアルジーは、とクロレラと比べると、非常に薄い細胞膜を持っており、人間の体内で消化吸収されやすい構造になっています。 一方、特にクロレラは、細胞壁が非常に硬く、人工的に細胞壁を破壊等しなければなかなか吸収されません。 そのため、クロレラ製品を摂取しても、その多くは体内に吸収されないため、緑便(緑色の便)が出ることがあります。 3つ目の理由は、栄養成分のバランスにあります。 ブルーグリーンアルジーの栄養成分バランスは、人間の体内の栄養成分バランスに近く、無駄なく吸収された栄養素は、効率良く体内で利用されていきます。 ブルーグリーンアルジーは、サプリメントとしてはまだまだ日本では馴染みのない成分のため、それほど選ぶのに苦労はしないでしょう。 むしろ、きちんとオーガニック認証を受けて品質が保証されている商品を選ぶのが良いでしょう。 また、並行輸入製品は、価格メリットはあるかもしれませんが、日本で許可されていない成分が含まれていたり、欧米人向けにカプセルサイズが大きすぎたり、安定的に手に入らない等のデメリットがあります。 できれば、きちんど日本法人を通して正規輸入された製品を選ぶのが、賢い選択だと言えそうです。 (0120-33-9799)• (味覚障害、前立腺肥大)• / (血液サラサラ、血流改善)• / (完全栄養食品、ポーレン)• (ビタミンC、美肌)• (抗糖化、リラックス効果)• (骨粗しょう症対策)• (燃焼力向上)• / (リウマチ、自己免疫疾患)• / (膀胱炎、前立腺炎、腎盂腎炎、尿道炎、排尿トラブル)• (関節痛緩和)• // (神経障害、リウマチ)• (抗酸化作用、細胞活性化)• // (静脈瘤(むくみ)、静脈炎)• (プリプリ素肌、関節の健康)• (便秘、腸内毒素排出)• / (冷え性対策、体ポカポカ)• / (鬱(うつ)対策)• (体内浄化、解毒)• / (偏頭痛(片頭痛)緩和)• / (アレルギー性鼻炎 花粉症 )• // (前立腺肥大)• / (不眠症、鎮静効果)• (眼精疲労、アントシアニン)• (更年期の症状緩和)• / (栄養バランス調整、免疫強化)• (抗菌作用、抗炎症作用)• (ダイエット、食欲調整)• (精力増進、美容、疲労回復)• /// (肝機能障害、シリマリン)• (栄養バランス)• (老化防止、生活習慣病予防)• / (更年期障害、イソフラボン)• (下肢静脈瘤、浮腫(むくみ)).

次の

ブルーグリーンアルジー

ブルー グリーン アルジー

ブルーグリーンアルジーとは ブルーグリーンアルジー(AFA)は、 35億年前、最初に地球上で誕生した藍藻類(らんそう類)で、藍色細菌(らんしょくさいきん)の一つです。 理想的な栄養バランスのため、宇宙食としてNASAからも注目されている「スーパーフード」なんです。 酸素発生型光合成細菌と言って、 光合成によって酸素を生成します。 ブルーグリーンアルジーと聞けば馴染みが薄いかもしれませんが、欧米などの地方では、1950年代頃から健康食材として親しまれているんです。 ブルーグリーンアルジーの栄養素 ブルーグリーンアルジーは、理想的な栄養バランスのスーパーフード。 では、どのような栄養素が含まれているのでしょうか。 ミネラルが50種、ビタミンが13種、必須アミノ酸が20種、脂肪酸が4種、色素が2種含まれています。 ミネラル ミネラルは、必須ミネラル16種(カルシウム、リン、カリウム、硫黄、塩素、ナトリウム、マグネシウム、亜鉛、クロム、コバルト、セレン、鉄、銅、マンガン、モリブデン、ヨウ素)を全て含んでいます。 多く含まれるのは、鉄やビタミンB12と一緒に働く貧血を予防するコバルト。 ビタミン ビタミンB群(ビタミンB1、B2、B6、B12)がとても豊富です。 藍藻類にはめずらしく、脳や循環機能、細胞の働きにかかわる成分コリンも含まれています。 必須アミノ酸 必須アミノ酸9種を全て含み、20種類のアミノ酸がブルーグリーンアルジーには豊富に含まれています。 また、人間の理想とする必須アミノ酸の構成比率に近い構成となっています。 脂肪酸 体内では作り出せない「オメガ3必須脂肪酸」と「オメガ6必須脂肪酸」が含まれています。 体内で作られないので、食事で摂る必要がある脂肪酸なんです。 人間が必要とするバランスは、オメガ3:オメガ6=1:4と言われています。 ブルーグリーンアルジーには、現代人が圧倒的に不足している「オメガ3必須脂肪酸」が多く含まれています。 色素 ビタミンの1000倍パワーがあるアスタキサンチンや、抗酸化作用や抗炎症作用があるクロロフィルaが含まれています。 このように、ブルーグリーンアルジーの栄養は豊富で、配分は、人間の細胞のバランスに近く理想的なんです。 「」の著者、もブルーグリーンアルジーをすすめています。 ブルーグリーンアルジーの効果 ブルーグリーンアルジーは、 良質で消化の良いたんぱく質が乾燥重量の約70%を占めています。 なお、このたんぱく質は、• 免疫力を高めてくれる「糖たんぱく質」• 吸収されやすく脳や神経を活性化しれくれる「アミノ酸ペプチド」 からなっています。 吸収率や消化率が高く、利用する際や消化する際に必要となるエネルギーが少量で済むため、ブルーグリーンアルジーに含まれているたんぱく質は、とても良質なたんぱく質であると言えます。 もちろんそれだけではなく、 クロロフィル・鉄分などのミネラル類や、ビタミンB群・ビタミンCをはじめとしたビタミン類を豊富に含んでいます。 これにより、 持久力や体力をつけて、免疫力や抵抗力を高める効果があります。 さらに、 血液の質を高める効果もありますよ。 ブルーグリーンアルジーに期待されている 最大の効果が「抗酸化作用」です。 ブルーグリーンアルジーは、脂肪酸とたんぱく質の原料となっている アミノ酸を豊富に含んでいます。 それにより、 肌の細胞を合成して、傷付いた肌を修復して回復させることができるんです。 肌のハリや弾力だけでなく、 肌の老化の原因となる活性酸素の分泌を抑制する働きもあります。 なお、ブルーグリーンアルジーには、悪玉コレステロール低下させるオメガ3とオメガ6の 脂肪酸を豊富に含んでいます。 悪玉コレステロールの値を下げることで中性脂肪が増加するのを防止することができ、それに加えて脂肪の燃焼を促進してくれるんです。 ブルーグリーンアルジーに副作用はあるの? 高い美容効果を得られるブルーグリーンアルジーですが、その副作用は気になるところですよね。 副作用の内容によっては摂取すらためらわれるところです。 簡潔に一言で言うならば、 ブルーグリーンアルジーに副作用は特にないとされています。 これだけ聞けば安心するかもしれませんが、それはあくまで過剰摂取を避けた場合です。 どんな栄養素、どんな物質でも過剰摂取は身体に毒です。 最近では、粉末パウダーやタブレットなど摂取しやすい形のものが増えています。 それもあって、つい口にしてしまう方も多いですが、その量を間違い過剰摂取になってしまうと、身体にさまざまな悪影響を及ぼす可能性があります。 多く摂取すれば、その分現れる効果が大きい、早く効果が現れる…というわけではありません。 適量を守って摂取し、効果が現れるのを焦らずに待ちましょう。 ブルーグリーンアルジーとスピルリナの違い ブルーグリーンアルジーが、どんなものかは大体理解できたと思われます。 では、ブルーグリーンアルジーと見た目が似ているスピルリナとは一体何なのでしょうか? スピルリナもブルーグリーンアルジーと同じく、藍藻類に分類されるスーパーフードの一つです。 スピルリナは、約35種類ほどの種類が存在していて、その中でも特に栄養価の高いものを食用とします。 スピルリナは栽培しやすく、人工的に栽培することも可能です。 それにより入手も難しくなく、価格も比較的安価なのが魅力ですね。 たんぱく質やビタミン類、ミネラル類など栄養を豊富に含んでいます。 その上、消化率が95%としっかりと体内で消化されてくれるんです。 では、そんなスピルリナとブルーグリーンアルジーの違いについてです。 ブルーグリーンアルジーとスピルリナは同じ藍藻類ですが、 生息する場所が違います。 ブルーグリーンアルジーは淡水を好むのに対し、スピルリナは海水などの塩水を好みます。 また、ブルーグリーンアルジーは野生環境でも育ちますが、スピルリナは野生環境でも管理された場所でなければ育ちません。 なお、栄養素の面でも違いはあります。 クロロフィルなどのミネラル類やビタミンB群やビタミンCをはじめとしたビタミン類は、ブルーグリーンアルジーの方が豊富です。 ブルーグリーンアルジーの粉末パウダーやタブレット 近年では、粉末パウダーなどの幅広い用途で使いやすいものや、タブレットなどの忙しい時でも手軽にブルーグリーンアルジーを摂取できるものが増えています。 Shasta(シャスタ) Shastaのブルーグリーンアルジーには、粉末タイプ、タブレットタイプ、カプセルタイプの3種類があります。 用途に合わせて使い分けると便利ですよ。 タブレットタイプの場合、1日2粒ほどから始めて5粒~10粒ほどで安定する方が多いそうです。 E3live(イースリーライブ) E3liveのブルーグリーンアルジーには、粉末タイプとカプセルタイプ、フローズンリキッドタイプがあります。 化学肥料や農薬、保存料などをはじめとした食品添加物も一切添加されていない、全てが天然のものからなるサプリメントです。 ナチュラルコスモ ナチュラルコスモのブルーグリーンアルジーには、粉末タイプとタブレットタイプの2種類があります。 粉末タイプは、ブルーグリーンアルジーにバオバブフルーツを混ぜ、黒煎茶という他とは違う特別なナチュラルコスモならではの加工を施して製造されています。 タブレットタイプの方は、でないトウモロコシのでんぷんを用いて形を形成しています。 ダイエットや美肌をはじめとした美容効果をもたらしてくれます。 適量を摂取している分には副作用も特にないため、安心して安全に服用できますね。

次の