ツイッター 動画 保存しまっせ。 Twitterのダイレクトメッセージを保存する方法はありませんか?消えないと思って...

【簡単無料】Twitterの動画を安全に保存する方法-PC・スマホで使えるおすすめツールは?

ツイッター 動画 保存しまっせ

START Twitter(ツイッター) 動画保存・ダウンロードツール 当ツールはTwitter(ツイッター)の動画をmp4形式で保存することができます。 ダウンロードした動画をTwitterなど様々な場所に投稿することが可能です。 URLをコピーしてきて貼り付けるだけなので簡単!ぜひご利用ください! 動画のダウンロードは、著作権法に違反しない範囲で行ってください。 違法コンテンツと知りながら動画や音楽、画像などをダウンロードすることは刑事罰の対象となります。 本サイトはTwitter動画のダウンロード方法に関するツールを公開していますが、 違法コンテンツのダウンロードを助長するツールではないことをご理解ください。 使い方• iPhoneの場合• iPhoneでは直接、写真アプリに動画を保存できないので DropBoxのインストールをオススメします。 Androidの場合• 作成中• PCの場合•

次の

【Twitter動画保存】Clipboxを使ってTwitterの動画を保存する方法

ツイッター 動画 保存しまっせ

もくじ• 【手順1】Twitterの動画ページのURLを取得する【iPhone、Android共通】 まずはダウンロードしたい動画ページのURLをツイッターから取得します。 (この時点ではまだClipboxアプリは不要です。 ) ツイッターで保存したい動画の横の余白部分をタップして、動画ページを開きます。 動画ページが開いたら、右下の『上向き矢印』のマークをタップします。 画面下からメニューが表示されるので『その他の方法でツイートを共有』をタップします。 ブラウザが起動したら画面上部の『URL入力エリア』をタップします。 URL入力エリアを長押しすると『ペースト』の吹き出しが表示されるのでタップして、手順1で取得した動画ページのURLを貼り付けます。 URLを貼り付けたらキーボードの右下の『検索ボタン』をタップします。 動画ページが開くので、再生ボタンをタップして5秒ぐらい再生します。 【重要】5秒ぐらいでいいので必ず再生してください。 動画全部を見る必要はありませんが、少しでも再生させないとダウンロードに失敗することがあります。 5秒ぐらい再生したら、画面下部の『+』をタップします。 『Are you ok? 』をタップします。 『Really? 』をタップします。 (動画のサイズが大きい場合は表示までに少し時間がかかることがあります。 ) さらに『OK』をタップします。 (ファイル名を変更したい場合はこの画面でできます。 このままでもOKです。 【手順3】動画をさらに本体(カメラロール)に保存する Clipboxでダウンロードした動画はさらにカメラロールに保存できますので、iPhone、Androidの順に紹介していきます。 ) トップ画面で『マイコレクション』をタップします。 『Actions』をタップします。 選択モードに変わるので、保存したい動画にチェックを入れます。 さらに画面下の メニュー部分を右から左にスワイプします。 スワイプするとメニューの2ページ目が表示されるので、『カメラロール』をタップします。 写真へのアクセス許可を聞かれる場合は『OK』をタップすればカメラロールへの保存が完了します。 Clipboxをインストールできない時の対処方法 iPhone版のClipboxは、製作者の方がApp Storeでの提供を見送ることがごく稀にあるため、インストールできない時期があります。 そういう場合はClipboxの代わりに『 動画クリック再生 — 動画保存アプリ』というアプリを使って保存することができます。 『動画クリック再生 — 動画保存アプリ』のインストール アプリは以下のリンク先のApp Storeのページからインストールできます。 使い方 アプリを起動したら画面上部の『検索』をタップします。 画面中央の入力エリアを長押しして、手順1で取得した動画ページのURLを貼り付け、キーボードの『開く』をタップします。 再生ボタンをタップします。 (再生してすぐに止めてしまっても構いません) 画面下の『下向き矢印』をタップします。 Downloadリストに追加するか聞かれたら『CMを見ながら2倍速で保存』をタップします。 CM動画が流れるので終わるのを待ちます。 画面をタップすれば右下に残り秒数が出ます。 CMを見終わったら動画がDownloadリストに追加されているので、画面下の『家』のボタンをタップします。 ホーム画面に戻るので画面左下のボタンをタップします。 Downloadリスト画面が開き進行状況を確認できます。 動画リスト画面が開くので、ファイル名をタップすれば再生できます。

次の

Twitterの動画をiPhoneに保存する方法

ツイッター 動画 保存しまっせ

Dropboxは無料で2GBの容量のクラウドストレージを利用できるほか、WindowsPC・Mac・iPhone・Androidスマホなど、どの端末とも連携がとれる、使い勝手のいいクラウドストレージサービスです。 Dropboxはクラウドストレージサービスの先駆的なサービスでまだこうしたサービスが一般に定着していない頃から同サービスを手掛けてきているので、ユーザーフレンドリーで簡単操作で機能を利用できます。 今回はこのDropboxを利用して、TwitterのDMに届いた動画を保存する方法を紹介します。 Dropboxは基本的にデータ保存を担当するサービスなので、他に 「TwiDropper」という実際にTwitterから動画をダウンロードするツールと連携して作業を進めます。 まずは、Dropboxに会員登録しましょう。 Dropboxに会員登録するには、それぞれの端末で専用アプリをインストールする必要があります。 iPhoneであればAppストア、AndroidスマホであればGoogle Playから専用アプリをインストールし、PC・MacであればDropboxの公式サイト(dropbox. com)で会員登録・アカウント作成を行うと、手順の中でアプリのインストールも行われます。 会員登録・アカウント作成の作成はどの端末で行っても基本的に要領は同じで、iPhone・Androidスマホであればアプリを立ち上げ、PC・MacであればDropboxの公式サイトをブラウザで開いて、 「氏名・メールアドレス・パスワード」を入力して「アカウントを作成する」を選択します。 規約に同意し、 無料で2GBを利用できる「Basic」コースを選択して、その後は任意に手順を進めれば難しい手順なく会員登録・アカウント作成が完了します。 次にTwitterとTwiDropperを連携します。 TwiDropperはアプリではなくWeb上のサイトツールなのでそれぞれの端末でブラウザを通して利用します。 手順としては、まず、TwiDropperの公式サイト(twidropper. appspot. com)を開きます。 サイトを開くと画面上方のメニューがあるので、 「DM」タブを選んで 「ログイン」をクリック(タップ)します。 Twitterに外部アプリケーションを認証・連携する画面が表示されるので、自分のTwitterアカウント(もしくはメールアドレス)・パスワードを入力して「ログイン」を選択すればTwiDropperと自分のTwitterアカウントの連携は完了です。 連携すると、自分のTwitterアカウントのDMに保存されている動画が一覧で表示されます。 iPhoneの場合には、iOS11より標準で画面録画機能がついています。 ゲームの実況中継や、アプリ操作の説明によく利用されている機能ですが、この画面録画機能を利用して、 TwitterのDMに届いた動画の再生のありさまをそのまま録画するという方法があります。 TwitterのDMに届いた動画をうまく保存できないときは活用してみましょう。 「+」マークをタップするとiPhoneのコントロールセンターに「画面収録」のアイコンが追加されます。 アプリの準備はできたので、TwitterのDMに届いた動画を保存する手順に移ります。 chromeでTwitterサイトを開いて自分のアカウントにログインし、ダウンロードしたい動画のDMを開いて、動画を再生します。 chrome画面右上の 「Video DownloadHelper」のアイコンをクリックします(保存できる動画を認識するとアイコンの色がモノクロからカラーに変わります)。 次の画面で保存方法を選択すれば動画のダウンロードを開始します。 保存方法は「ダウンロード」(自分で保存先を指定)、「クイックダウンロード」(ブラウザに保存場所として設定されている場所に自動保存)から選びます。 シンプルな方法として、 外部アプリ・メールに動画を添付して再送信してもらうというやり方もあります。 LINEなどのメッセンジャーアプリ・チャットアプリを利用したり、動画のファイル容量がそれほど大きくなければ 一般的なメールに添付して送ってもらいましょう。 動画ファイルの容量が大きい、もしくは動画ファイル数が多い場合は、 ファイル転送サービスを利用してもらうのも1案です。 無料で利用できるサービスがいくつかあります。 一般的に良く知られているサービス例では、「Giga File便」「Firestorage」「FileMail」などがあります。 ファイル転送サービスをTwitterのDMの送信元(動画提供者)に利用してもらえば、後日ファイル転送サービスからメールが届くので、そのメール内に記載されているリンクを通して動画ファイルをダウンロードできます。

次の