ショート メール と は。 ショートメールを使いこなそう!送り方の解説と応用テクニック3つ

ビジネスでこそ威力を発揮!SMS(ショートメール)のよさ6つ

ショート メール と は

仕事でショートメールを使うと、仕事がはかどり効率が上がります。 しかし、スマートフォンからピコピコと送信するのは大変なのでパソコンから直接ショートメールを送るようにしています。 なぜ、ショートメールは仕事の効率が上がるのか 今はほどんどの人が携帯電話を持っているので連絡を取り合うのが楽になりました。 でも、 知らない番号からの電話にはなかなか出てくれなかったりして、仕事の関係で電話連絡を使うのは効率が悪いのです。 ひとり社長も賃貸管理の仕事をしていると、家賃の支払いについて、共用部の清掃、ちょっとした注意事項など、電話で伝える必要がある場合がたくさんあります。 しかし、 会社の電話や社用携帯から連絡しても全然電話に出てくれないし、折り返しもなかなかもらえません。 そして何度も連絡をするのも面倒なので、最近では 電話に出なかった場合はすべてショートメールを送るようにしています。 ショートメールの場合は送信できたか、できなかったか、わかりますし、 お客様の方としてもショートメールで気軽に返信ができるのでお客様との連絡手段としては大変良いと思っています。 小ネタ!できるだけ電話に出てもらえるようにする方法 ひとり社長は 電話をして出ない場合はすぐにショートメールを送るようにしています。 時間をおいてから電話しようと思っていても忘れてしまったり、再度出なかったりすると時間と労力の無駄だからです。 しかし、できるだけ電話で伝えたいと思うこともあります。 そのため、できるだけ電話に出てもらえるように 誰の電話番号かわかるようにしています。 スマートフォンには、自分のスマホに登録のない電話番号から電話がきた場合に、電話番号を自動的に瞬時に調べてくれる機能がある機種やアプリがあります。 一般的には迷惑電話を防止する目的に使いますが、この機能(アプリ)に自分で自分の電話番号が誰からの番号なのかわかるように登録するのです。 やり方は電話帳ナビ( )の口コミ欄に自分でその電話番号の所有者を記入するだけです。 上記は弊社の昔の電話番号ですが、電話帳ナビに登録しておくことによって、 登録のない電話番号から電話がかかってきた場合でも、誰から電話がきたのかがわかるようになります。 電話に出なかった場合でも、その番号を調べると電話帳ナビのページで該当番号を確認できますので折り返しお電話を頂ける可能性が高くなります。 知らない番号から電話がきて、その番号を調べても誰の番号かわからなかった場合は折り返し電話を頂ける可能性は低くなります。 ひとり社長はL字デスクで作業効率をあげています。 ご参考まで。 仕事のショートメールはパソコンから送る ショートメールの欠点はスマホから送らなくてはいけないことと、ショートだけに70文字しか送れないことです。 まぁ、70文字に関してはショートメールを2つ、3つ、続けて遅れは140文字、210文字と遅れますので問題はないのですが、スマホから送るのは結構面倒なんです。 そこでパソコンから送るように変更しました。 実は起業当初もショートメール(SNS)を使った業務用のシステムを利用していたのですが、利用料が有料なのと、送信はできるけど受信はできない…などデメリットがあったため使うのをやめました。 お知らせを一方的に通知するだけなら良いのですが、相手の返事が必要な場合がほとんどですから一方的にショートメールを送信するサービスは役に立ちませんでした。 まぁ、書類でお知らせを郵送するより安く済むという程度の話です。 しかし、ショートメールは大変便利なシステムです。 相手のメールアドレスを知らなくても、電話番号がわかっていれば、メッセージを送ることができるのですから、 有効活用すれば仕事の効率が上がるのは明らかです。 そこでパソコンからショートメールを送るようにしました。 Chromeブラウザの拡張機能を利用してgmailとスマホを連動させることでパソコンからショートメールを送ることができるようになります。 上記インストール画面から「Chromに追加」を押して、確認画面が出たら「拡張機能を追加」を押します。 そして、Chromに追加されましたと表示されれば無事に拡張機能を利用することができます。 3)パソコンのGmailと連動させる パソコンでGmailを開くとMighty TextがGoogleアカウントにアクセスする権限をリクエストされますので「許可する」を押してください。 そうするとダイアログが表示されますので、その状態で次はスマートフォンにアプリをインストールしていきます。 4)Androidと連動させる ひとり社長は仕事ではAndroidを使用していますので、androidの場合の話になります。 まずは、Google Playよりアプリをインストールします。 Mighty Textのアプリをダウンロードしたらアプリを起動して「Complete Setup」を押します。 そうするとGoogleより許可を求められますので「ALLOW(許可)」を押します。 「Success!」と表示されれば連動が完了です。 簡単です!! 2、パソコンからショートメールを送る方法 1)パソコンのGoogleブラウザからGmailを開く。 開くと画面左側に 「COMPOSE SMS」というボタンが表示されていますのでクリックをする。 ひとり社長の場合はWi-Fiが繋がっていてもSMSをパソコンから送信できています。 2)画面右下に「New Messeage」という小窓が開く。 そうしたら、To(宛先)に電話番号を入れてenterを押します。 enterを押すと数字が反転します。 次にその下の欄にメッセージを70文字以内で書き込んで「送信ボタン(右矢印)」を押すだけです。 簡単ですね!なお、正常に送信されている場合はスマホのSMSに利益が表示されます。 まとめ 相手がなかなか電話に出てくれない、折り返しが来ない、何度も電話しなくてはいけない、予定が消化できない、これは無駄な行為ですね。 連絡するのも一回で伝われば、それで終わりなのです。 しかし、電話に出ない、折り返しがないことで予定は消化されずに、いつまでもその業務が残っていくのです。 これでは仕事の効率が上がるはずがありません。 しかし、すべてのお客様からメールアドレスを取得して、それを管理するのも面倒なものです。 電話番号を利用したショートメールは大変便利な機能です。 これを利用して仕事の効率を上げて行こうという話です。 実際にパソコンからショートメールをバンバン送るようになってから仕事の効率がものすごく上がっています。 スマホからだとなんとなく送り難いものがパソコン作業の途中にパソコンから気軽にショートメールを送ることができます。 例えば、面倒な家賃滞納者には滞納したら督促を行いますが、その後の入金予定期日の前に家賃の支払期日を明記したショートメールを送るだけで家賃滞納はグッと減ります。 そうすれば、面倒な督促業務をしなくて良くなりますので仕事の効率が上がるのです。 その他にも相手が仕事中であっても気軽に連絡することができますので、相手が休日だとか、お昼休みだとか、考えなくてもよくなりました。 ほんのちょっとしたことですが、 ショートメールを活用するだけで仕事が飛躍的に効率良くなります。 アイデア次第ではいろいろな用途に使える汎用性もありますので、これからもショートメールを利用したサービスの仕組を作っていきます。 詳しくはこちら を参照ください。 rajincom.

次の

【電話09060029477】配達不在通知のSMSショートメールに注意して!リンクを開いては絶対ダメ!

ショート メール と は

こんにちは! 悩める営業女子の味方です。 今日はお客様のハートをがっちり掴む!心理学を使った営業テクニックと、それに伴い私が営業シーンで用いていた ショートメール大作戦 について書いていきます。 みなさん営業で結果を出すために、日々試行錯誤されていると思います。 具体的にどんなアクションを起こしたらいいのか分からない…必死に企画書を作って提案しても受注に繋がらない…等営業シーンにおける悩みって尽きないですよね。 自分なりに頑張っているのに結果が出ないとなかなか辛いものです。 営業として結果を出すにはまずお客様と距離を縮めることが1番大切だと思っています。 小難しい企画書を何ページも作ることよりも、お客様と距離を縮めて信頼を勝ち取ることが1番大切なのです。 私がそのためにフル活用していたのが ショートメール(SMS)です!!結論から言うとショートメールは全く失礼ではなく、むしろガンガン使ってほしい営業ツールです。 それではどうそ! もくじ• 買って買ってー!と言い続けるだけで商品は売れないですよね?そのための過程が大切になってきます。 なのでまずはお客様の信頼を勝ち得て距離を縮めていく必要があります。 そこで有効なのが単純接触効果という心理学を応用した方法なのです。 分かりやすく例にあげると社内恋愛はこの単純接触効果が働いています。 社内恋愛が何で多いかというとズバリ、相手と毎日顔を合わせるからです。 初めは何とも思っていなかった同僚でも一緒にいる時間が長くなれば長くなるほど「あれ?ちょっといいかも…」となっていくのです。 これはまさに単純接触効果が働いており、無条件に相手に好意を抱いている状態といえます。 営業シーンでとにかくお客様に会いに行け!といわれるのもこの単純接触効果に基づいています。 私もお客様との接触回数を大切にしていましたが、会いに行く以外に自分なりに工夫をしていたのが ショートメールでの接触です。 ん?ショートメール?と思った方、ショートメール、あなどれないですよ 笑 ショートメール SMS は失礼ではない!有効な接触ツール 今の時代ショートメール~?一昔前のやつでしょ~?今はLINEの時代じゃんねー。 それは全部偏見です!!ショートメール、めちゃくちゃ使える営業ツールなんです! また、営業シーンでショートメールは失礼ではないかとの話がたまに上がりますが、LINEなどが常用化されている今の時代全くそんなことはありません。 私がショートメールを営業でフル活用していた理由が下記になります。 Eメールより手軽、LINEより軽くない• とにかくすぐに見てもらえる• では詳しく解説していきますね。 Eメールより手軽、LINEより軽くない お客様と連絡を取る手段としてはこの3つがメインになります。 メール(Eメール、ショートメール)• LINE 文章で相手に伝えるときは2. 3になりますよね。 LINEはそもそもお客様と交換する機会自体少ないですし、ビジネスシーンで使うには不向きとされています。 ですのでビジネスシーンではメールを用いることが多いと思います。 そこで使えるのがショートメール!先方の電話番号さえ知っていれば送れちゃいます。 ショートメールの魅力は何といっても手軽さです! Eメールで文章を作成するとどうしても畏まった文章になります。 この導入で始めるのがビジネスでは絶対ですよね。 もちろんEメールで送るのが一般的なのですが、それよりもライトな状況のときに私はショートメールを活用していました。 その為ショートメールの導入は お世話になります。 ~~ お世話になりますの文言は絶対ですが、その後はスグに本題に入ります。 ショートメールの具体的な活用方法としてはアポの後にすぐ送るお礼メール、先方への簡単な確認ごと等です。 単純接触効果に基づいてアポのすぐ後にショートメールで接触することでより丁寧なイメージを相手に与えることができます。 とにかくすぐに見てもらえる 送る先は相手の携帯電話です、今の時代どこに移動するにも携帯は必ず持って動いていますよね。 なので携帯に送ればすぐに相手に見てもらえるのです。 「PCのメール!?見逃してたわ~!」という担当者さんめちゃくちゃいました。 しかし!携帯に送れば嫌でも見てもらえます! 笑 携帯を持ち歩いているからです。 見てもらえてこそお客様に自分の存在を印象付け出来ますからね。 ショートメール、使えます。 これも単純接触効果に基づいています。 伝えたいことだけ簡潔に ショートメールは文字数制限があるのはご存知だと思います。 文章をダラダラ打つことが出来ないので、要点だけ絞ってお客様に伝える事が必要になってきます。 これが逆に効果的です、長い文章だと読む気が失せますよね。 ショートメールは相手に接触することが目的なので要点だけを伝えればいいのです。 後は追って電話を入れるかEメールでさらに詳しい内容を伝えます。 具体的なショートメール活用方法 では私が実際にどのような時に活用していたかと、文章例です。 本当に要点だけサッっと送っていました。 アポ後の御礼 お世話になります。 本日はお時間頂戴しましてありがとうございました、またお電話させていただきます。 急ぎの用 お世話になります。 ご依頼いただいていたお見積もりをPCに今お送りいたしました、ご確認お願い致します。 先方と電話が繋がらなかったとき お世話になります。 お忙しい中申し訳ありません、また〇時頃にこちらから改めてお電話致します。 ショートメールで送ることで伝え漏れもなくなりますし、 小まめに連絡をくれる営業というイメージ付けも出来ます。 これがまさに単純接触効果です。 今日から実践していただける単純接触効果を用いたショートメール活用のテクニックになります。 ちょっとした一工夫でお客様からの好感度をグッと上げることができますよ! 営業マンは世の中にたくさんいます、もちろんあなたの営業先にも多くのライバルが来て営業をかけていきます。 なので他の営業と何か少しでも違うアクションを起こしてお客様に選ばれる必要があるのです。 接触回数を増やしてお客様が商品を買いたいなと思ったときに真っ先に自分の事が思い浮かぶ状況にしておくことが大切です。 企画書を時間をかけて作成したり、トークの練習をしたりするよりもはるかに効果的ですよ。 是非取り入れてみてくださいね! でも日々の営業の悩みや困っている事などお気軽にご相談して下さい。 あなたの営業人生が少しでも楽しくなりますように願っております、お読みいただきありがとうございました!.

次の

【電話09060029477】配達不在通知のSMSショートメールに注意して!リンクを開いては絶対ダメ!

ショート メール と は

パソコンからショートメール この記事は、「パソコンからショートメールを打つ方法が知りたい」という方に向けて、ショートメールとEメールの違いや、ショートメールの送信方法に関しての情報を提供します。 ショートメール、Eメール、LINEなど、さまざまなメッセージングサービスがありますが、そのなかでも最も古く、どの端末であっても必ず使用できるのがショートメールです。 しかし、Eメールなどと異なり、マルチデバイス対応(複数の端末で同じメッセージを扱える)ではありませんので、パソコンに集中しているときなどは気づかないこともあります。 では、パソコンでショートメールを扱うことはできないのでしょうか?この記事では、そんな疑問にお答えします。 ショートメールについて ショートメールとは 正式な名称は、ショートメッセージサービス(英: Short Message Service、SMS)で、携帯電話やスマートフォンで電話番号を送受信者の識別に使い、短いテキスト(文字)によってメッセージを送受信するサービスです。 テキストメッセージと呼ばれることもあります。 個人的には、SMSで知人などと連絡をとることはほとんどなくなりましたが、その一方でインターネットサービスの2段階認証などで活用されるようになり、パスコードの受信などで使用しています。 そのため、私はパソコン側でも受信できるように同期設定を行っています。 ショートメールの利点 電話番号で送信者/受信者を識別しますので、よぶんにメールアドレスやIDのようなものは必要ありません。 電話をかけることができるお相手であれば、だれにでもメッセージを送ることができます。 電話回線を利用しますので、送受信の遅延がほとんどなく、送達確認も可能です。 ショートメールの欠点 テキスト(文字)しか送る機能がありませんので、写真や今どきのスタンプなどはありませんでした。 そんな仕様の中で、多彩な表現をできるように発達したのが絵文字(内部的には文字扱い)です。 今では世界に通じるEmojiとなりました。 また、発信者/受信者を電話番号で識別しますので、パソコンなどからの送受信には対応していませんでした。 電話回線を利用しますので、パケット定額とは無関係に1通ごとに送信料が必要です(受信は無料)。 2.にアクセスします。 3.「SMS」をキーワードで、拡張機能を検索してください。 パソコンでGmailを開き、上記の拡張機能がアカウントにアクセス許可を求めるダイヤログを表示するため、「許可する」をクリックします。 4.お手元のAndroidスマートフォンからPlay Storeを開き、「Mighty Text」を検索し、 「Mighty Text-コンピュータからSMS」というアプリをインストールします。 5.上記アプリを起動し、「Complete Setup」をタップします。 6.パソコンのChromeブラウザから「Gmail」を開きます。 7.画面左のメニューに「COMPOSE SMS」が表示されていることを確認、クリックします。 8.画面右下に表示される「New Message」の宛先に電話番号を入力してメッセージを書き込み送信ボタンをクリックします。 このアプリ/機能拡張は、共に が提供元になっています。 SMS(ショートメッセージサービス)は、あくまで電話回線を用いて送受信しますので、お手元のAndroidスマートフォンと連携する必要があります。 2.Webサイトにアクセスします。 AndroidメッセージのPC版となりますが、Webサービスの形態を採用しています。 3.QRコードを使ってAndroidスマートフォンとPCを連携します。 Google純正で、設定もQRコードのみですので、最も簡単で安心な方法だと思います。 Windows 10とAndroidスマートフォンを結びつけて使用するMicrosoft純正のアプリです。 現在のバージョンはAndroidのみがテキストメッセージに対応していますが、将来的にはiPhoneも対応が検討されています。 1.Androidの場合は、Google Playで「スマホ同期管理アプリ」をインストールします。 2.MicrosoftアカウントでPCと連携します。 Microsoft純正のアプリで、設定もMicrosoftアカウントのみで完了しますので、簡単で安心な方法だと思います。 音声、写真、動画、スタンプなど、今となっては当たり前のマルチメディアデータを扱うことができません。 メールアドレスのように変更したり、好きな名前に設定したりすることはできません。 また、国番号を付けることで、世界中で使用することができます(国番号を付けないと海外へは送れない)。 [余談] 去る2018年5月9日に、+メッセージ(プラスメッセージ)と呼ばれる新サービスが、NTTドコモ、au、ソフトバンクの3キャリアでスタートしました。 +メッセージはSMSを拡張したRich Communication Services(リッチコミュニケーションサービス、RCS)をベースにしており、電話番号だけでやりとりできる便利さはそのままに、文字数が全角2730文字までに増え、画像、動画、現在地情報なども送れるようになりました。 メッセージ画面にはLINEのようにチャット風のフキダシが表示され、スタンプの利用やグループでのやりとりも可能です。 また、iPhoneとAndroidの両方にも対応しています。 まとめ この記事では、「パソコンからショートメールを打つ方法が知りたい」という方に向けて、ショートメールとEメールの違いや、ショートメールの送信方法を解説しました。 ショートメール、Eメール、LINEなど、現在はさまざまなメッセージングサービスがありますが、そのなかでも最も古く、そしてどの端末であっても必ず使用できるのがショートメール(SMS)です。 しかし、電話番号に紐づくシステムのため、マルチデバイス対応(複数の端末で同じメッセージを扱える)ではありませんので、パソコンなどでは普通は使用できません。 そこで、スマートフォンとアプリで連携/同期することでパソコン側からもショートメールを扱うことができるようになります。 特に、GoogleやMicrosoft純正のサービスは、簡単でかつ安心して使用できると思います。 最近はもうSMSで連絡を取り合うことはほとんどないと思いますが、2段階認証などでも活用されるようになってきましたので、パソコン側でも受信できるとPCでの作業時間が長いビジネスマンなどは、便利な機能だと思います。

次の