原爆 ドーム アクセス。 広島の原爆ドーム(平和記念公園)までの簡単なアクセス方法

原爆ドームや平和記念公園から広島城の行き方 そして思ったこと

原爆 ドーム アクセス

原爆ドームの場所は、広島県広島市中区大手町にある平和記念公園の中にあります。 まずは地図で確認してみましょう。 広島原爆ドームは、そごう、旧広島市民球場、本通りの近くに位置しています。 原爆ドームとは?(興味が無い方は飛ばしてください) 1996年12月、ユネスコ第20回世界遺産委員会メリダ会議で、核兵器の惨禍を伝える建築物として世界文化遺産に登録されました。 原爆ドームは、大正4年 1915年 に広島県内の物産品の展示・販売をする施設として建てられ、広島県美術展覧会や博覧会も催されていました。 設立当初は 「広島県物産陳列館」という名称でしたが、その後「広島県立商品陳列所」、昭和8年 1933年 には「広島県産業奨励館」に改名されています。 設計者はチェコの建築家ヤン・レツル氏で、その頃の広島は、都心部のほとんどは木造2階建ての建築であり、こうした大胆なヨーロッパ風の建物は非常に珍しく、川面に映えるモダンな美しさ とあいまって広島名所の一つに数えられていました。 そして昭和20年 1945年 8月6日午前8時15分。 原子爆弾がこの建物の南東約160メートル、高度約 600メートル地点に投下されました。 周辺の建物はすべて倒壊しましたが、この建物だけが残っていたため、今では歴史的建造物として、平和の象徴の建物として残され、保護されています。 原爆ドームまでのアクセス方法 一番分かりやすく&簡単な行き方は 「路面電車(広島電鉄)」を利用する方法です。 下車する駅は「原爆ドーム前」です。 下車すると目の前に原爆ドームがあります。 路面電車の路線図や乗車方法など知りたい方は、以下の関連記事をご覧ください。 所要時間約20分です。 徒歩5~10分で到着します。 所要時間約30分です。 いちいち乗り換えて原爆ドーム前まで行く必要はありません。 本通駅で下車後、西へ約400m歩いたところに原爆ドームがあります。 広島バスセンターから徒歩で5分~10分のところに原爆ドームがあります。

次の

広島 原爆ドーム A

原爆 ドーム アクセス

宮島へのアクセス 世界遺産に登録されて以来、陸のJRや広島電鉄に加え、海の道を使うルートで宮島へアクセスする方法が増えました。 広島観光をする際、どこを拠点として動くのか、また今回のメインはどこなのかによって、宮島へのアクセス方法も選ぶことができます。 JR広島駅から宮島を目指すのか、平和公園観光の後、宮島を目指すのか、または広島港、元宇品海岸から宮島を目指すのかで、ルートは変わってきます。 広島駅から宮島へ 陸のルートで言えば、広島駅からJRか広島電鉄を使って宮島に行くことができますが、断然JRが早くて快適と言えます。 世界遺産に登録後、年々海外からの観光客も増加する昨今、海外からの訪問客は、JRを利用する方が多いようです。 広島電鉄は、広島の街の顔でもある路面電車ですが、こちらは西広島駅からはJRと並行する専用線路を使用し、各駅停車となります。 西広島駅までは、街の中を運航しています。 若干道路事情の影響を受けるものの、広島の街を楽しみながら、ゆっくりと宮島へ向かいたいという方は、広島電鉄がオススメです。 また、原爆ドームを経由していくのであれば広島電鉄を使っていく方法もおすすめできます。 広島駅からの始発であれば、座って移動することも可能ですが、こちらはJRと違いタウンカーですので、車内は狭い車種もあります。 車イスの場合も、ベビーカーがある場合も対応してくれ、広島電鉄の車掌に声をかけると、手伝ってくれます。 JR広島駅から宮島までの所要時間 JRでは33分 宮島口まで410円 宮島口から宮島桟橋まで180円 合計590円 広島電鉄 では1時間15分 宮島口まで240円 宮島口まで180円 合計420円 JR・広島電鉄共に、午前10時前後~午後16時頃までは、比較的混み合うことがないようです。 しかしプロ野球シーズン中は、地元マツダスタジアムでのゲーム開催日をチェックすることを忘れず。 宮島口までは難なく移動できますが、宮島から広島市内へ移動される場合、スタジアムへ観戦に向かうファンで車内も広島駅周辺も、大変混み合います。 プロ野球ゲームのある日は、広島カープのラッピング車両が運行しています。 珍しいラッピング車両に会えるチャンスもありますので、頑張って混み合う電車を利用しても楽しいと思います。 ただし、ご高齢の方・赤ちゃん・小さなお子さんなど、ご家族での移動の場合は、JRも広島電鉄も避け、レンタカーなど車を利用するか、海のルートを使うなどする計画を立てられたほうが無難と言えます。 特に夏休み中のゲーム開催日は、利用する交通機関を検討されても良いでしょう。 原爆ドームから宮島へのアクセス 広島駅へ戻ってからJRで行く方法もありますが、原爆ドームからなら広島電鉄を使っても時間はあまり変わりません。 原爆ドーム前A 広島電鉄で約50分 宮島口まで240円 宮島口から宮島桟橋まで180円 合計420円 また、料金は高くなりますが、海の道を使うルートの「二つの世界遺産を繋ぐ航路コース」も考えてみましょう。 aqua-net-h. 広島港・グランドプリンスH広島から高速船で宮島へ 広島港 瀬戸内海汽船 約30分前後(潮流で誤差あります) 1,850円 プリンスH 約25分前後 1,850円 広島湾から宮島までの高速船です。

次の

平和公園(原爆ドーム)から宮島(厳島神社)へ行く方法を地元民が解説! | 広島スターストック

原爆 ドーム アクセス

広島観光で絶対に外せないのが宮島の厳島神社と平和記念公園 原爆ドーム。 世界遺産ということもあり、宮島と平和公園は多くの観光客が訪れます。 ただ、平和公園と宮島は少し離れた場所にあるので、 「平和公園から宮島まではどうやって行けば良いの?」 「原爆ドームを見た後で厳島神社に行くのに一番便利な交通手はなんだろう?」 という疑問を持っている人が多いです。 結論を先にお伝えすると、平和公園から宮島へ行く場合は「世界遺産航路」という高速船を使うのがベストです。 原爆ドームのすぐ側の川から乗れて宮島まで直行なので、一番簡単に宮島へ行けて、余計な移動の手間を省くことができます。 今回は平和公園 原爆ドーム から宮島に直接渡れる、世界遺産航路という高速船を紹介するので参考にしてください。 平和公園 原爆ドーム から宮島 厳島神社 へは直接行ける 県外の友達が広島に遊びに来る際に、『広島の観光地を案内してよ』と言われる事があるのですが、多くの場合、ホテルを広島市内に取っています。 そして市街地に近いということで初日に平和公園に行き、その後に宮島に行くというパターンが多いです。 そこで僕がおすすめしているのが、移動手段として平和公園から宮島へ直接行ける高速船を使うこと。 高速船の名前は『世界遺産航路』というのですが、その名の通り、平和公園 原爆ドーム と宮島 厳島神社 を直接行き来できるようになります。 通常は平和公園からJRの「新白島駅」駅まで移動して、そこから電車+フェリーで宮島へ行くという方法が一般的です。 ただ、初めて来た場所で電車で移動したり駅を探すのって疲れますよね? 正直、フェリーで宮島に渡るより料金が割高になってしまうので地元の人はあまり利用しません。 ただ、観光で広島に来られた方には、時間と手間を短縮して平和公園 原爆ドーム から宮島に渡れるのでおすすめです。 料金については後で詳しく解説します。 高速船の乗り方や乗り場を紹介 世界遺産航路の高速船乗り場は、原爆ドームから徒歩2〜3分の所にあります。 原爆ドームの横を流れる川が元安川という川なのですが、この川を少し下った所に橋があります。 その橋のすぐ下に見えるのが宮島までの高速船乗り場。 すぐ横にはおしゃれなカフェがあり、多くの人 外国人も多い がお茶をしているのですぐに分かると思います。 大きな看板には川の遊覧船乗り場となっています。 この乗り場からは宮島までの高速船だけでなく、川からの景色を楽しむ『ひろしまリバークルーズ』という船もあるのでお間違えのないように 笑。 宮島までの運行便は30分に1本くらいの本数があります。 基本的には予約が必要なので詳しくは公式ページで確認してください。 【平和公園と宮島を結ぶ】 そして、乗船する高速船が下記の写真。 川にいる間は町並みをじっくり楽しめるように、ゆっくり運行してくれるのでデッキに出ることも可能。 海に出てから宮島目指しての高速走行になります。 高速船は1度、原爆ドームの方に上り、そこから隣の本川に入って宮島を目指します 潮位などにより変更あり。 そのため、船の中から原爆ドームを眺める事ができるので、写真を撮る場合は、絶好の場所から写真が撮れることになります。 実際に高速船から原爆ドームを眺めるとこんな感じになります。 渋滞や電車のラッシュに巻き込まれることなく、平和公園と宮島を1番効率的に観光できるルートなので、ぜひ利用してみてください。 ちなみに、宮島では通常のフェーリーが到着するフェリー乗り場より少し奥にある小さな船着場に到着します。 高速船の乗船料金と宮島までの所要時間は? 世界遺産航路の料金は中学生以上が片道2000円。 往復で購入すると3600円なので400円が割引されます。 平和公園と宮島間の所要時間は約45分。 平和公園から宮島まで簡単に行きたい。 半日で世界遺産を巡って広島観光を効率的にしたい という方は、ぜひ世界遺産航路を利用してみてください。 広島駅や広島市内から高速船を使わずに宮島に行く方法は下記の記事で紹介しているので参考にしてください。

次の