塾生マイページ河合塾。 ログイン時にご注意いただきたいこと

河合塾コスモ名古屋校

塾生マイページ河合塾

河合塾の公式ページには、が掲載されていますね。 各大学の志望者が模擬試験を受けて割りだされた、河合塾独自で大学入学試験合格のボーダーライン偏差値のランキング表を見る事が出来ます。 どのぐらいの学力を持った人が受験をするのかが、大体分かるようになっていますね。 河合塾に入塾する為には入塾テストがあり、一定水準の成績を取らなければ、入塾が出来ないようになっていますね。 河合塾 模試 日程 河合塾のは、志望する大学別の模試であるか、センター試験や私大入試向けの汎用的な模試であるかによって違います。 河合塾の模試の日程を確認して模試を受けていきますが、模試はその時点での実力を知る為の手段ですね。 どこに弱点があるかを知る事で補強する方針が決められますね。 河合塾 冬期講習 申し込み 河合塾では、冬休みシーズンになりますとの申し込みを受け付けています。 河合塾では申し込みが出来る冬期講習でも、国公立大志望か私大志望かによって違いがありますので、目標に合ったコースを選ぶと良いでしょう。 河合塾 マイ ページ 河合塾の公式サイトには、がありますね。 河合塾 塾生のマイページでは、所属するコースごとのメニューに、今後の予定や事務手続き・各種お知らせ・緊急のお知らせが掲載されています。 休講情報や振り替え情報・ゼミ・サークル・模試・イベントなど自宅や校舎等からのパソコンで24時間いつでもアクセス出来ますね。 河合塾 マイページから、模試の申し込みの確認も行えます。 確実に申し込めたかを確認するために河合塾 塾生マイページを活用していくのが有効ですよね。 河合塾では、コース毎にテキストを独自に作成して、そのテキストに基づいて授業が進められていきます。 その為、志望校選びが重要であり、センター試験が必須である国公立大を受験する場合には、二次試験対策だけでなく、センター試験対策を行える国公立大向けのコースを選ぶ事が大切です。 難関私大向けのコースは、大学毎に特徴のある出題傾向がありますので、志望校に合わせた受験対策を行えるようにカリキュラムが構成されています。 河合塾では、塾生が力を付けられるような環境作りに努めています。 それは塾のテキスト以外でも参考書が市販されていますし、チューター制を導入する事で、きめ細かな指導をする事が可能になっているからです。 受験参考書の古典.

次の

河合塾マイページ!ログインやkeinet、パスワード設定やアプリなど解説★

塾生マイページ河合塾

河合塾に入るとkeinet会員になることができます。 会員登録は無料でできますし、会員になるといろいろなコンテンツを利用することができます。 利用方法は学籍番号がIDとなります。 そしてパスワードの登録をしてから使用が可能になります。 マイページのアプリを開くと志望校の合格可能性を示す模試判定システムを利用することができます。 スポンサー リンク たとえば、自分の受験をした模試の成績を入力して志望大学の合格達成度をみることができるので、自分のやらなくてはならない課題などを冷静にみることができます。 受験に関する情報も満載です。 たとえば模試で出題されたリスニングの音声をゲットすることもできます。 英語の読解などは理解できても、日本人はリスニングは苦手という人はまだまだ多いので、英語のリスニングを強化するのに力を貸してくれるのはとてもありがたいことです。 また、全国統一マーク模試や記述模試で出題された問題のうちに、ここはぜったいに押さえたほうがいいという問題を河合塾の講師が解説してくれるのを、動画でみることができます。 動画ですから自分の都合のいい時間にみることができ、何度もみることができるのが魅力です。 さらにはkeinet特派員と呼ばれる会員の大学生の情報をしることができます。 大学受験はなにかとわからないことも多いということや、悩みもありますが、先輩に悩みを相談したり質問をすることができます。 また前に質問していた内容などをみることができるので、受験に対して不安に思っているのは自分だけはないのだと感じることも不安解消になるのです。 またkeinetにログインできないときは、パスワードが間違っている場合や、ネットが込み合っているときなどが考えられます。 特にパスワードは管理が悪いと忘れてしまったり、わからなくなることが多いものですから、つくったときに、きちんと保管して自分だけがわかるようにしておくことが必要です。 時間をおいてログインしてみるのも1つの方法です。

次の

河合塾マイページ!ログインやkeinet、パスワード設定やアプリなど解説★

塾生マイページ河合塾

受験当日までの時間は限られています。 私は学力的に余裕がある方ではないという意識があったため、時間を有効に使うことを工夫しました。 今回は私の行った時間の使い方について紹介します。 時間の使い方をそろえる 1つ目は時間の使い方をそろえることです。 たとえば休日の場合でも、平日と同じく必ず6時に起きて8時の朝ごはんまで勉強し、食べ終わったらお昼の12時まで勉強する、夜は必ず0時には寝るetc……というようなかたちで、 毎日決まった生活をしていました。 特に夏休みのような長期休みで学校に行かないときはリズムが崩れやすいので、 自分でリズムを決めることが重要です。 初めは毎日朝6時に起きることは大変かもしれません。 その場合は、徐々に早めて体を朝型に慣らしていくことが有効です。 また、入試は朝から始まります。 朝型にしておくことは時間を有効に使うことだけではなく、 試験当日にも必ず役に立ちます。 長時間勉強できるようになるための対策 3つ目は長時間勉強できるようになるための対策です。 私は高3の春休みに一日10時間勉強することを目標にしていましたが、今までやっていなかったのに、いきなり春休みの初日から10時間勉強はできませんでした。 そのため、最初は5時間でも6時間でも構いません。 徐々に増やしていき、最終的には8〜10時間勉強できるように体を慣らしていきましょう。 また、勉強していると必ず立ちはだかるのが眠気と飽きです。 私は眠気がきたときは机で10〜15分仮眠を取るようにしていました。 私の場合は机では長時間眠れなかったことに加えて、起きたときにすぐ勉強する体勢になれました。 飽きてしまうことの対策ですが、1つの科目を数時間続けてやるのではなく、1時間~2時間で別科目をやるなど対策をしましょう。 途中で英文を音読する、内閣総理大臣を順番に空で言う、英作文を数題つくる、漢字の勉強をするなど、 短時間で気分転換になるようなことを挟むと、飽きが解消されると思います。 もちろん純粋な休憩時間も必要ですので、メリハリをつけて休むときはしっかり休みましょう。

次の