日立 造船 コロナ。 日立造船などのグループ、324億円で落札 佐賀県東部ごみ処理施設建設 鳥栖市

日立物流バンテックフォワーディング/新型コロナ感染者発生

日立 造船 コロナ

鳥栖市真木町にごみ処理施設の建設を予定している佐賀県東部環境施設組合(2市3町、管理者・橋本康志鳥栖市長)は18日、組合議会の全員協議会を開き、建設と運営の落札業者を日立造船九州支社(福岡市)、大島組(鳥栖市)など13社からなるグループに決定したと報告した。 8月下旬に組合議会で工事の議決を得て本契約を締結後、本年度中に実施設計を始めて2021年度着工し、24年4月の利用開始を目指す。 入札には、神鋼環境ソリューション(神戸市)など9社でつくるグループも参加し、副首長や学識者による選定委員会が8日、点数化して日立造船グループに絞り込み、18日の首長会で決定した。 入札価格(税抜き)は日立造船が324億円、神鋼環境が309億円だった。 価格の評価点と価格以外の評価点を比較し、価格面では神鋼環境が上回ったが、安全・安定性、環境面、地域貢献などを含めた合計点が高かった日立造船に決めた。 日立造船の落札額は378億円の予定価格を54億円下回った。 住民から懸念が示されている建設予定地の3~5メートル未満の浸水想定に対しては、盛り土や建物による防水で計5・5メートルの浸水対策を行うとしている。 全員協議会では、構成市町の議員から建設予定地への不安と執行部の説明不足が強く指摘された。 副管理者の末安伸之三養基郡みやき町長は「今まで特に神埼郡吉野ヶ里町、神埼市に十分説明をしていなかったことは強く反省している。 信頼関係を構築し、住民の不安の払拭に最大の力を注ぎたい」とした。

次の

【新型コロナ】造船各社「修繕」フル稼働、中国停滞で日本に需要|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社

日立 造船 コロナ

予想欄「-」は会社側が未発表。 ・「連」:日本会計基準[連結決算]、「単」:日本会計基準[非連結決算 単独決算 ]、「U」:米国会計基準、「I」:国際会計基準 IFRS 、「予」:予想業績、「旧」:修正前の予想業績、「新」:修正後の予想業績、「実」:実績業績、「変」:決算期変更• ・[連結/非連結]決算区分の変更があった場合は、連続的に業績推移を追えるように、連結と非連結を混在して表示しています。 連結と非連結が混在しない場合は、「連」「単」表記は省略します。 ・前期比および前年同期比は、会計基準や決算期間が異なる場合は比較できないため、「-」で表記しています。 ・米国会計基準と国際会計基準では、「経常益」欄の数値は「税引き前利益」を表記しています。 ・業績予想がレンジで開示された場合は中央値を表記しています。 【注意】「決算速報」「個別銘柄の決算ページ」で配信する最新の業績情報は、東京証券取引所が提供する適時開示情報伝達システム TDnet において、上場企業が公表する決算短信と同時に配信されたその企業自身の作成によるXBRL 企業の財務情報を電子開示するための世界標準言語 に基づいたデータをそのまま使用しています。 また、業績予想がレンジで開示された場合はレンジの中央値を予想値として採用しています。 なお、この配信されたデータには、新興企業を中心に誤ったデータが配信される場合が希にあります。 投資判断の参考にされる場合は、より正確な決算短信のPDFファイルを併せてご確認くださいますようお願いします。

次の

住民反対のパーム油発電「消滅」 日立造船が撤退方針、市も計画推進 舞鶴|経済|地域のニュース|京都新聞

日立 造船 コロナ

日立物流バンテックフォワーディングは4月13日、本社(東京都中央区晴海1-8-10 晴海アイランド トリトンスクエアオフィスタワーX棟 26階)に勤務する派遣社員1名の新型コロナウイルス感染が判明したと発表した。 感染者は2020年4月4日に発熱したため自宅療養していたが、PCR検査を受けた結果、4月10日に新型コロナウイルスの陽性と判明した。 当該者は4月4日より出社はしておらず、現在、所轄保健所の指示に従い自宅にて療養中。 所轄保健所の指導のもと、感染者の行動履歴の把握ならびに濃厚接触者を確定しており、ビル管理会社とも連携し、「濃厚接触者の14日間の自宅待機(在宅勤務、各種休暇等)及び健康観察」「当該者の勤務していたフロアの消毒作業」「ビル管理会社による共用区画の消毒作業対応」している。 なお、当該者は3月中旬以降に勤務地施設以外の拠点を訪問していないことから、他のグループ拠点・事業への直接の影響はないとしている。 最新ニュース• (06月26日)• (06月26日)• (06月26日)• (06月26日)• (06月26日)• (06月26日)• (06月26日)• (06月26日)• (06月26日)• (06月26日)• (06月26日)• (06月26日)• (06月26日)• (06月26日)• (06月26日)• (06月26日)• (06月25日)• (06月25日)• (06月25日)• (06月25日)• (06月25日)• (06月25日)• (06月25日)• (06月25日)• (06月25日)• (06月25日)• (06月25日)• (06月25日)• (06月25日)• (06月25日).

次の