ジャスト スマイル ドリル ログイン。 市川市|ようこそ市川市教育委員会ホームページへ

ジャストシステム、小学校向けドリル学習ソフト「ジャストスマイル ドリル」

ジャスト スマイル ドリル ログイン

ジャストスマイル ドリル(サーバー版)が起動しない場合や、正しくログインできない場合は、以下の確認を行います。 Windows 8. 1環境で、ジャストスマイルドリル(クライアント)を起動すると、「コンピューターに api-ms-win-crt-utility-l1-1-0. dll がないため、プログラムを開始できません。 この問題を解決するには、プログラムを再インストールしてみてください。 」のメッセージが表示され起動できない場合には、以下の手順を行います。 もしくはにアクセスし、お使いのWindowsに対応するパッケージをダウンロードします。 ダウンロードしたMSUファイルは、クライアント機でダブルクリックして実行します。 ジャストスマイル ドリルを起動して学年、組、名前、を選択し、正しいパスワードを入力してログインボタンを押しても、再度ログイン画面が表示される場合、以下のいずれかの操作を行うことで、この不整合を回避できます。 [インターネットオプション]を選択します。 [接続]シートを選択します。 [LANの設定]をクリックします。 [設定を自動的に検出する]がOFFになっていればONにします。 【インターネットオプションの信頼済みサイトにジャストスマイル ドリルのサーバーを追加する】• [インターネットオプション]を選択します。 [セキュリティ]シートを選択します。 [セキュリティゾーン]で[信頼済みサイト]を選択します。 [サイト]をクリックします。 [このWebサイトをゾーンに追加する]にジャストスマイル ドリルのサーバーのURLを入力し、[追加]をクリックします。 example. example. com:51080」を追加します。 アクセスできない場合は、以下の項目を確認します。 DNSやIPアドレスの設定は正しいか• ポート番号(51080)は使えるようになっているか Windowsファイアーウォールやセキュリティ対策ソフトの設定を確認し、ポートを使えるようにしているか。 Webブラウザーのプロキシ設定は正しいか ジャストスマイル ドリル サーバー管理ツールを起動し、サーバー サービスが「稼働中」になっているか確認します。 「稼働中」になっていない場合は、サーバー サービスを一度停止し、再開します。 それでも「稼働中」にならない場合は、他に起動しているアプリケーションを停止し、もう一度サービスの停止/再開を試します。 これで起動する場合は、サーバー機のメモリが不足している可能性があります。 ジャストスマイル ドリルのインストールが、正しく完了していないことが考えられます。 端末機能をインストールし直してどうか確認します。 端末のWebブラウザー(Microsoft Internet Explorer/Microsoft Edge)で、Cookieが有効になっていない可能性があります。 cookieが有効になっているか確認します。 [インターネットオプション]を選択します。 [プライバシー]シートを選択します。 [設定]にある[詳細設定]をクリックします。 [自動Cookie処理を上書きする]をオンにします。 [ファーストパーティのCookie]を[承諾する]にします。 [サードパーティのCookie]を[承諾する]にします。 [常にセッションCookieを許可する]をオンにします。 [OK]をクリックして、表示されている画面を閉じます。

次の

タブレットで学ぶ小学生向け通信教育「スマイルゼミ」|【公式】スマイルゼミ

ジャスト スマイル ドリル ログイン

ジャストスマイルには、年組でログインする方法と名前または番号でログインする方法があります。 それぞれの場合に応じて操作します。 Windowsの[スタート]をクリックし、[すべてのプログラム-ジャストスマイル-ツール-ジャストスマイル設定ツール]を選択します。 先生用のパスワードを入力し、[OK]をクリックします。 [設定 -先生用-]画面が表示されます。 [ユーザー管理]で、[使用しない]を選びます。 学年や組の名前を変更したり、新しく登録したい場合は、以下のFAQを参照してください。 [終わる]をクリックします。 次の手順で操作します。 デスクトップ上の をダブルクリックします。 ジャストスマイル管理メニューが起動します。 [ユーザー管理ツール]の をクリックします。 [ログイン設定]ダイアログボックスが起動します。 ガイドメニューのログイン方法を選びます。 [名前でログインする]を選んだ場合 ユーザー管理ツールの名簿に登録されている個人名でログインします。 [番号でログインする]を選んだ場合 ユーザー管理ツールの名簿に登録されている、各個人の番号でログインします。 [OK]をクリックします。 「ログイン設定が完了しました。 」のメッセージが表示されます。 ジャストスマイル管理メニューに戻ったら、ひきつづき、以降の操作を行います。 [ジャストスマイル]の をクリックします。 [フォルダ設定]ダイアログボックスが表示されます。 画面上部の[SmileDataフォルダ(名簿やフォルダ情報の保管場所)]に設定されているパスを確認し、メモ書きするなどしてひかえておきます。 [キャンセル]をクリックします。 [閉じる]をクリックします。 2 ジャストスマイル設定ツールの設定を変更する 以下の操作は、ジャストスマイルをセットアップしているすべてのパソコンで行います。 Windowsの[スタート]をクリックし、[すべてのプログラム-ジャストスマイル-ツール-ジャストスマイル設定ツール]を選択します。 先生用のパスワードを入力し、[OK]をクリックします。 [設定 -先生用-]画面が表示されます。 [ユーザー管理]で、[使用する]を選びます。 [フォルダの設定]で、[データや情報を置くフォルダ]をクリックします。 [データや情報を置くフォルダの設定]ダイアログが表示されます。 [新しいフォルダ]に、 1の手順6. で確認した内容と同じパスを入力します。 [新しいフォルダ]にパスを入力した場合は[OK]を、[現在のフォルダ]にすでにパスが入力されていた場合は[キャンセル]をクリックします。 [終わる]をクリックします。 デスクトップの をダブルクリックします。 ジャストスマイルのログイン画面が表示されます。 それぞれの場合に応じて操作します。 名前または番号でログインする設定の場合 ユーザー管理ツールの名簿で、[先生]の属性を設定している名前でログインします。 年組でログインする設定の場合 以下のFAQを参照してください。 詳しい操作手順については、以下のFAQを参照してください。

次の

休業期間中の学習支援など|学校サイト

ジャスト スマイル ドリル ログイン

ジャストスマイル ドリル(サーバー版)が起動しない場合や、正しくログインできない場合は、以下の確認を行います。 Windows 8. 1環境で、ジャストスマイルドリル(クライアント)を起動すると、「コンピューターに api-ms-win-crt-utility-l1-1-0. dll がないため、プログラムを開始できません。 この問題を解決するには、プログラムを再インストールしてみてください。 」のメッセージが表示され起動できない場合には、以下の手順を行います。 もしくはにアクセスし、お使いのWindowsに対応するパッケージをダウンロードします。 ダウンロードしたMSUファイルは、クライアント機でダブルクリックして実行します。 ジャストスマイル ドリルを起動して学年、組、名前、を選択し、正しいパスワードを入力してログインボタンを押しても、再度ログイン画面が表示される場合、以下のいずれかの操作を行うことで、この不整合を回避できます。 [インターネットオプション]を選択します。 [接続]シートを選択します。 [LANの設定]をクリックします。 [設定を自動的に検出する]がOFFになっていればONにします。 【インターネットオプションの信頼済みサイトにジャストスマイル ドリルのサーバーを追加する】• [インターネットオプション]を選択します。 [セキュリティ]シートを選択します。 [セキュリティゾーン]で[信頼済みサイト]を選択します。 [サイト]をクリックします。 [このWebサイトをゾーンに追加する]にジャストスマイル ドリルのサーバーのURLを入力し、[追加]をクリックします。 example. example. com:51080」を追加します。 アクセスできない場合は、以下の項目を確認します。 DNSやIPアドレスの設定は正しいか• ポート番号(51080)は使えるようになっているか Windowsファイアーウォールやセキュリティ対策ソフトの設定を確認し、ポートを使えるようにしているか。 Webブラウザーのプロキシ設定は正しいか ジャストスマイル ドリル サーバー管理ツールを起動し、サーバー サービスが「稼働中」になっているか確認します。 「稼働中」になっていない場合は、サーバー サービスを一度停止し、再開します。 それでも「稼働中」にならない場合は、他に起動しているアプリケーションを停止し、もう一度サービスの停止/再開を試します。 これで起動する場合は、サーバー機のメモリが不足している可能性があります。 ジャストスマイル ドリルのインストールが、正しく完了していないことが考えられます。 端末機能をインストールし直してどうか確認します。 端末のWebブラウザー(Microsoft Internet Explorer/Microsoft Edge)で、Cookieが有効になっていない可能性があります。 cookieが有効になっているか確認します。 [インターネットオプション]を選択します。 [プライバシー]シートを選択します。 [設定]にある[詳細設定]をクリックします。 [自動Cookie処理を上書きする]をオンにします。 [ファーストパーティのCookie]を[承諾する]にします。 [サードパーティのCookie]を[承諾する]にします。 [常にセッションCookieを許可する]をオンにします。 [OK]をクリックして、表示されている画面を閉じます。

次の