バボラ ピュア ストライク。 ピュアストライク2019の16/19と100を打ち比べた感想と、100を選んだ理由(インプレ)|テニスマテリアル

ピュアストライク 100/16×19/チーム【インプレまとめ】バボラ Babolat

バボラ ピュア ストライク

0-23. 0mm 21. 0-23. 搭載されているテクノロジーで、気になるのはこの2つ。 「ピュアドライブ」「ピュアアエロ」に搭載され、コアテックスから進化を重ねてきた「ピュアアフィール」テクノロジーを新たに採用。 振動対策のエキスパート企業 SMAC社の高機能素材をフェイス部に応用することで、振動吸収性の最適化を図り、よりピュアなタッチを実現しました。 (出典:) ボックス形状と楕円形状を組み合わせた独自のフレーム構造を採用。 従来のボックス形状フレームに比べ、ハードヒットにおける安定性とレスポンスが格段に向上し、高精度なボールコントロールを可能にします。 (出典:) これらのテクノロジーが搭載されたので、僕にでも使えるかもと思ったんです! というのも、今回のピュアストライクは3代目になるんですが、1代目も2代目も試打したことはありました。 ただ、やっぱり固い感触が苦手というか、 バボラっぽい(ディスってるわけではないです)独特の打感が苦手で、買うには至らなかったんですよ。 ピュアストライク2019のデザインはいいものの、 バボラ苦手勢であり、ボックス形状を愛する人間なので、一抹の不安を抱えたまま試打に向かいました。 サーブもコントロールしやすいですし、回転もかかりやすかったです! ボレーは運ぶ感じですかね。 当てただけでは飛びませんが、テンションを30ポンド台にするといい感じになりそう。 ストロークに安定感が出ると、他のすべきことに意識を向けられるので( フットワークとかポジショニングとか)、いい意味でまとまったテニスができますねー! 上記でも取り上げました 「control frametechnology」というラケット形状ということもあり、ボレーの長短などタッチ系のショットもしやすいです。 飛びがいいのにタッチもいいのが、ピュアストライク100の一番の特徴かも。 ここは微妙かも サーブが若干あかん! ボールは飛ぶんですけど、なんかスイングと実際のボールでイメージがずれます。 思ってたよりも回転がかからない、というか 回転がかかる前に飛んでいっちゃう感じ。 まだ使い始めてから日が浅いので、ラケット重量やストリングテンションなどなど、もう少し使い込んでみて調整します! 今使ってるストリングとテンション テクニファイバーのアイスコード1. 25 を45ポンドで張ってます! 前にBX305を使ってたとき張ってみたんですが、もう少し硬いラケットのほうが合うなと感じたので。 アイスコードは、 ボールがフェイスに当たったとき「グシャ」っという潰れてくっつくような感触があり、ピュアストライク100のパワーと合わさることで、 飛びと打感のバランスが気持ちいいです! あとは、 ストリングの色が白だから。 笑 せっかく白いラケットなんだから、 すべてを「白」で統一させたかったというのが、一番の理由でございます。 なので、もちろん振動止めも白!グリップも白! オールブラックスならぬ、オールホワイツです!• スペックを比較しながら、自分に合ったラケットを探すのこそ王道ですが、こういうデザイン最優先の選び方があってもいいですよね〜 ラケットに自分を合わせていく感じ、とでもいいましょうか。 おかげで見るたびに、 「かっこいい!デザイン最高!」って思いますし、 ラケット握ってコートに出るだけで楽しくて仕方ないです!笑 インプレまとめ さて、ラケットのかっこよさで興奮した気持ちを冷まして、どんな人が合うのかじっくり考えてみました。

次の

ピュアストライク 16×19と18×20 どちらがいい?

バボラ ピュア ストライク

住友ゴムグループの(株)ダンロップスポーツマーケティング(社長:尾島 祐輔)は、日本での販売総代理店契約(ウエアを除く)を締結しているバボラ VS社 (社長:エリック・バボラ Eric Babolat)の新製品テニスラケット「ピュア ストライク」シリーズ6機種を、8月から世界に先駆けて日本で先行発売します。 メーカー希望小売価格は、34,000円+税です。 また、同ラケットに合わせたラケットバッグを、メーカー希望小売価格8,000円+税~15,000円+税で10月に新発売します。 「ピュア ストライク」シリーズは、攻撃的なスピードテニスに対応するコントロール系ラケットとして2013年に誕生。 今回発売する3代目「ピュア ストライク」シリーズは、従来のコントロール性能や打感の良さに加え、強打で鋭い打球を狙うことができる技術を集結させました。 ハードヒットにおける安定性と反発性、そしてピンポイントで狙える鋭角なコントロール性を同時に実現しました。 また来年2月には、一般プレーヤーからジュニアまで幅広く使用できるコントロールラケット「ストライク エボ」をメーカー希望小売価格22,000円+税で、発売予定です。 ・C2エボフィール(「ストライク エボ」に採用) SMAC社の高機能素材をフェース部4ヶ所に応用し、優れた振動吸収性とソフトで快適なフィーリングを実現しました。 今回のバージョンアップでは同社の協力により、最新の航空機などに使われている独自の素材(SMACWRAP=細い粘弾性のゴム)を応用しています。 (2)高精度なボールコントロールを可能にする「コントロールフレームテクノロジー」 ボックス形状と楕円形状を組み合わせた独自のフレーム構造を採用しました。 従来のボックス形状フレームに比べ、ハードヒットにおける安定性とレスポンスが格段に向上し、高精度なボールコントロールを可能にします。

次の

バボラテニスラケット「ピュア ストライク」シリーズを日本先行発売~鋭い打球とコントロール性を実現~

バボラ ピュア ストライク

扱いやすさを重視• スピンも重視• 軽量だけど競技系 バボラ「ピュアストライク」シリーズには、これらに加えて2機種がラインアップされています。 ピュアストライク ツアー• スピン重視の最重量モデル• コントロール重視の重量級モデル 両方とも 筋力に自信のある人向きですね。 それ以外にも「VS」がつく、• ピュアストライク VS• ピュアストライク VS ツアー がありますが、これはピュア コントロール系統の性質の異なったモデルです。 バボラ ピュアストライク シリーズの特徴 「」「 」「」の3機種の試打を行い、共通して感じた特徴は次のとおりです。 【オススメガットの記事】• フレーム厚が「すこーしだけ薄め」ではありますが。 メーカーの公式サイトより バボラ「ピュアストライク」シリーズの、プレスリリースへのリンクです。

次の